ゾッとする言い回し、おしえて!

レス751
お気に入り44
トピ主のみ0

元気

学ぶ

このトピのレス

レス数751

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 背中を押してください

    初めて聞いた時は「自殺幇助?」と思いました。
    「あと一歩を踏み出せるように勇気づけて下さい」という意味らしいのですが。未だに違和感あります。

    トピ主さまのダメな「元気をもらった」は、もしかして吸血鬼のイメージなのかしらん。

    ユーザーID:

  • イタめし

    「イタリアン」のことを「イタめし」って言っちゃうような男性になぜかぞっとします。。。

    ユーザーID:

  • お試しあれ!

    ゾッとするまではいかないんですが、ネットでの情報交換なんかに使われる言い回しですがなんとなく嫌いです。「召し上がれ!」は良いんですけどね。

    ちなみに私は「元気をもらった」も「うちら」も嫌いですね〜。前者は捻くれてるせいかなんか白々しさや言い回しの古さを感じてしまうのかな?後者は関西弁をしゃべる方が言う分には良いのですが関東圏の娘なんかが言ってるとゾッとします。

    同様に「うちの嫁が・・」という言い方も関西圏の方は○。関東圏の男性がウケねらいなのか芸人さんの受け売りなのかそう言う方がいてゾッとしたことがあります。

    ユーザーID:

  • ありますねー

    面白い視点のトピで思わずレスしたくなりました

    私はゾッとする というかもぞもぞする言葉
    あります

    「自分探しの旅」
    「本当のわたし」

    もう 見るだけでげんなりです

    ユーザーID:

  • 私は

    ”元気印”と”手作りの選挙”。

    あと、芸能人の、好きな食べ物に書かれている”納豆”。
    もっと不愉快な気分になるのは、
    明日世界が滅亡するとしたら何が食べたいか?
    の質問に”納豆”と答える芸能人。

    ユーザーID:

  • 確信犯

    タイトルの言葉を、本来の意味も知らずに
    使われると「ゾッとする」と言うか「ムカッ!!」
    ときます。

    ここの書き込みにも、間違った使い方されてる方々が
    大勢いらっしゃるので、トピを読むたびに
    「ムカッ」「ムカッ」としています。

    ユーザーID:

  • シャイ

    調べると、
    shy;はにかむ=恥ずかしい
    という意味らしいのですが、
    「私、恥ずかしがり屋だから」と言われても何とも思わないのに、
    「私、シャイだから」と言われるとなんだかムカつくんですよね。
    ちなみに、実際言われたことはないのですが(ないんかい!)。

    >なぜかわからないけどチッと舌打ちしたくなる気分

    になるんですよ。
    なんでだろ?

    ユーザーID:

  • 全然平気

    ぜんぜん+肯定のことば
    はもう定着してるようだし
    もともといけない言い回しでもないらしいですが。
    ぜんぜんだめーはOKでも
    ぜんぜんへいきーは 違和感あってダメです。
    違和感ありながら使ってたりしますけど。

    ユーザーID:

  • なんか変な言い回し

    「元気をもらう」ってゾーっとしますね。
    「うちら」も。
    でも
    「背中を押す」は私はへいきかも。

    理由は人によって違いそうですが、
    「元気をもらう」については、
    「元気」って形が有るものでは無いし、形容的な表現の中で使われる言葉だから
    「もらう」のはおかしいって感じるからかな?

    「うちら」は20年くらい前のヤンキー(これもゾーッとする死語だけど)
    の女の子が使ってた言葉だから聞きたくないし、使いたくない。

    「背中を押す」は70年代のサラリーマン用語みたいだから関りたくない言葉かも。

    ユーザーID:

  • あります!

    よくドラマなどに出てくる
    『自分の気持ちに正直になれよぉ〜』
    というフレーズ

    なんかイヤだ。

    ユーザーID:

  • 連れ

    私は「連れ」ですねー。

    初めて聞いたのは大学に入ってからなので、
    地方の言葉なのかな?(私は江戸っ子)

    でも最近、地元の人でも「連れ」っていう人が増えて
    聞くたびに「うぎゃー」と思ってしまいます。

    私の旦那には絶対使わせないようにしなきゃー。
    (でも旦那も江戸っ子だから平気かな?)

    ユーザーID:

  • もらうもの?

    感動をありがとう!
    です。
    何回か前のワールドカップからでしょうか。この言い回し。
    もらうもんなの?感動って。
    テレビ局がなんでもかんでもこれで済まそうとしてる気がします。
    「安〜い」と感じます。

    ユーザーID:

  • 自分を表現するとき

    ずいぶん前からある「わたしって○○な人だから〜」という言い回しがずうっときらいですが、もうひとつ「〜という自分がいます」という表現もきらいです。こちらの方がゾッとします。酔いしおれているようで。

    あと「わたし的には」も大嫌い。とくに50代以上の人が使うともう身の毛がよだつほどゾッとします。

    ユーザーID:

  • マジっすか?

    マジッすか?と言われたり、話しているのを聞くと、ぞっとするほどではないですが、張り倒したくなります。何でだろう?

    ユーザーID:

  • 若いエキス

    子どもが小さい時、息子の手を握ったり頬に触れたりしてから「若いエキスを貰って若返った」って言う知らないオバチャン(またはオバアチャン)が結構居た。「やめてぇええええーー!!」って叫びたくなるほど嫌でした。
    「可愛いわね。」って言ってもらえて話し掛けてくれるのは嬉しかったですが・・。

    あと、昔から「タメ?」って言われるのが嫌いです。なぜか「タメ口」って言葉は嫌じゃないですが。

    ユーザーID:

  • 「バリバリ働く」

    小町でよく見かける言葉で、でもなぜか女性限定で発せられてますよね〜。

    「バリバリ働いてます」

    バリバリってどんな働き方なんでしょう?
    自画自賛しすぎで気持ち悪い言葉です。

    ユーザーID:

  • あるある

    「がんばった自分にごほうび。」なぜか虫唾がはしります。
    あとCMやコピーでよく使う「〜という〜」。
    特に「〜」の部分がわけのわからない英語だったりすると余計にゾゾ〜っときちゃいます。

    ユーザーID:

  • 女子アナ

    女子アナがよくいうセリフの「私達、普通のOLですからぁー」。

    「どこがやねん!」とつっこみたい。

    ユーザーID:

  • してあげる

    「わが子にはできるだけのことをしてあげたい」
    (チッ、そういうことは家の中で言え、外ではしてやりたいだろ)

    ユーザーID:

  • 心の闇

    よく少年犯罪のニュースで使われるお決まりの言葉。
    なんじゃそりゃ、と思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 誰か・・・・・・

    言わせてください。

     マツキヨに入ると「誰か私のストレス、もらってくれませんかぁ〜〜?」と、かったるそうな女性の声でCMを流しています。

     あれ、とってもイヤなんですけど・・・・・・

    ユーザーID:

  • 「あーね!」

    「あーね!」が駄目です。
    トピ主さんのお言葉を借りると、本当にゾッとします。
    「ああ、成る程ね!」という意味の肯定的な言葉だと思うのですが
    なんで頭(あ)とお尻(ね!)だけを取って、間(あ、成る程)を省略してしまうのでしょうねぇ。

    ユーザーID:

  • 偉人にはなれないので

    私のために、
    あなたのために、
    家族のために、
    友達のために。
    この位ならゾッとしない。

    日本のために、
    人類のために、
    地球のために、
    宇宙のために。
    広範囲すぎて嘘っぽくなる。

    ユーザーID:

  • あるある

    「地球に優しい」
    「私って心が狭いでしょうか?」
    「参考になったでしょうか?」

    ユーザーID:

  • ウチラ、旦那

    私も「ウチラ」嫌ですね〜。
    あとは夫としての意味での「旦那」
    多くの主婦の方は使うと思うんですが、聞く度にゾゾォ〜とします。「旦那」を連呼する人と一緒にいると、もうお願いだからやめてぇーって泣きそうになります。
    何故かな??

    ユーザーID:

  • 自分への御褒美。

    「自分への御褒美」

    この一言に『胸糞悪くなります』←この言葉がゾッとする人多いだろうなぁ。

    もともとゾッとするようになったのは、30代半ばにして働きもせず、親から生活費・小遣い全て援助してもらって、一日中、ワイン飲みつつ、テレビゲームとお昼寝という、1人暮らししている知人が、限定モノのブランド品を大切そうに撫で回しながら「これ頑張ってる自分への御褒美なの。」って言ったときからかなぁ…。
    この言葉にゾッとするようになったのは。

    それにしてもよく聞く言葉ですよね。
    「自分への御褒美」

    デパートなんかでブランド品を「買おうか…買うまいか…」と迷っている女性のお客様に「普段頑張っていらっしゃる御自分への御褒美にいかがですか?」と言うと、すんなり売れちゃうそうです。

    ユーザーID:

  • ありますねぇ、いろいろ。

    「自分探し」
     探そうなんて思ってる間は永遠にみつからないよと思う。
    「癒し」
     「癒す」と動詞のままならなんとも思わない。
    「私って〜な人だから」
     ふーん、そう。くらいにしか思わない。

    ユーザーID:

  • 自分の行動に擬音全般をつけて表現する人。

     良い例が浮かばないのですが
    「朝、牛乳をゴクゴク飲んでて」とか
    「ゴハンをパクパク食べた」とか
    「ぽてぽて歩いてたら」とか

     自分の行動に擬音をつけて喋られると、相手を突き飛ばしたい程、気持ち悪くなります。

     根拠は分からないけど、自己愛的というか、押しつけがましいというか、あああ想像しただけでダメ。

     言葉じゃないけど、飲料水のコマーシャルで、喉を鳴らす音もゾっとします。

     

    ユーザーID:

  • 私も気になってました・・・

    「うちら」「まじっすか?」「かみさん」
    「〜して過ごすのが気持ちいいです。」(女性誌の対談などで)主人には「かみさん」と言わないでと言ってます。

    ユーザーID:

  • ゲットした

    美味しい店の情報をゲットした
    欲しかったものをゲットした

    ゾゾ〜〜〜〜!!!

    ま、最近はあまり聞かなくなったけど

    ユーザーID:

  • 長崎の方言?

    「そ〜ね」長崎県人でもない叔母が夫の実家の長崎に行って帰ってきてから使うようになり、それに影響された母までもがつかうようになった。かなりムカつく。

    ユーザーID:

  • キス、ハグ、サプライズ

    もう何でも外国の真似事してればOKなのかって思ってげっそり。この言葉使う人とは大抵話が合わないからってのあるかな。雑誌の受け売りばっかりで面白い会話にならないこと多し。

    ユーザーID:

  • ペコリ

    テレビの影響だと思うんですけど、
    お辞儀をしたあとに自分でペコリって言う人がいるんです、知人に。

    「はじめまして〜、○○です。ペコリ」とか、
    「コレ貸してくれてありがとう〜、ペコリ」とか・・・

    虫唾がはしります!!

    ユーザーID:

  • これ

    「いつも貴方の幸せを考えてるのに」を連発する
    母の言葉。

    ユーザーID:

  • いろいろあります

    「〜してみそ。」
    と言われた時、寒気がしました。

    「ゲッツ」、「リアル」、「ぶっちゃけ」
    は苦手です。

    あと「○○っす」という人。
    どうして「○○です」と言わないのでしょうか。
    かっこいいと思っているのかな。

    ユーザーID:

  • 何かいいことな〜い?

    「何かいいことな〜い?」
    ですね。
    「とりあえず何不自由なく暮らしていられる事がいいことじゃん」とか思ったり、「今度TDL行くんでしょ?」とか言ったりします。
    自分で何かしたり気付こうとしない言葉で聞くたびに嫌になる言葉ですね。

    ユーザーID:

  • 不動産広告のタイトルほとんどすべて

    「○○に住まうという贅沢」とかね。
    なんだかとても嘘くさい。

    「〜じゃないですかぁ」も苦手。

    「〜のほうはよろしかったでしょうか」は
    もうぞっとするというほどには
    気にならなくなってしまいました。

    ユーザーID:

  • 相方。。。。

    結婚相手のことを「相方」という人。
    漫才コンビじゃあるまいしなんなの?あなた達って思う。。。
    「私達は夫婦だけど男女関係というよりは、世間とはちょっと違って愉快な対等な関係にあるんです!」っていう感じを暗に説明されているような気がしてげんなりしてしまうのかも。
    普通に妻とか夫とか言ってほしいな。

    ユーザーID:

  • 名前で言う

    自分の事を名前で言う人。
    子供なら良いのですが、27,8歳にもなって使っているのを聞くと、思わず舌打ちしたくなります。

    女子高校生も頻繁に使うのか、電車の中等で会話が聞こえてくると(しかも会話をしている2人共使ってる場合は特に)イライラしてきます。

    ユーザーID:

  • あたし

    この小町で、自分のことを「あたし」と書いてあるトピはスルーしてしまいます。

    ユーザーID:

  • コレ!

    私はこの言葉!
    「男のロマン」です。
    はっきりいってワケわかんない。
    都合よく使っているだけにしか思えない。
    この言葉を聞くたびに「ケッ」って感じです。

    ユーザーID:

  • あるあるある

    「地球に優しい」

    地球に優しい車、地球に優しい電気製品…。
    本当に優しかったら、自分で歩け、薪を使え。

    「元気/勇気を貰う」「感動をありがとう」

    トピ主さんをはじめ他の方も書かれていますが、この手のフレーズは気持ちが悪いです。

    「〜したっけ」

    方言ではありません。思い出を語るような文で、例えば「皆で遅くまで残ったっけ…」。
    うわぁ、打っていても鳥肌が立つ!

    ユーザーID:

  • ご主人様、先生

    「旦那」が嫌いというレスがありましたが、同感です。時代物のドラマの中の老舗か問屋の旦那みたいですよね。

    私も「主人」とは間違っても言いませんが、「ご主人様は?」と聞かれると、彼はご主人様じゃないんだけどと、不快になります。「奥様」っていうのも、本来、奥に居るからなんでしょうね。

    それから「先生」も。医者が先生でも、なんで政治家が先生で、大画家も先生なんでしょう。

    そう呼ばれることに満足する人がいるから、あるんでしょうね。

    ユーザーID:

  • 知ったかぶり

    知人で、ことわざや慣用句を
    得意げな顔で口にする人がいるのですが
    使い方が間違っていてぞっとします。

    女性誌がよく使う
    「○○(←その女性誌の名称)世代の××」
    という表現が嫌いです。
    さすがに最近は減ったようですが
    一部ではまだ使われています。

    ユーザーID:

  • 相手に向かって「自分」

    大阪にいたとき、友人同士、あるいは目下の者に対して「自分はなあ〜」っていわれたとき、けんか売っているのかと思いました。
    そうではないとわかってからもこの呼び方にはなじめません。

    ユーザーID:

  • お詫び申し上げたいと思います

    思うだけ?言わないの? と言いたくなります
    同じ意味で、
    お礼申し上げたいと思います
    感謝したいと思います
    も、嫌いです

    この国は・・・自分の国じゃないのかい?

    ユーザーID:

  • あるある〜

    「頑張った自分にご褒美」
    これ、本当に気持ち悪いです。
    綺麗ごと言ってごまかしてないで、
    「欲しいから買う」
    それでいいじゃないですか〜。

    ユーザーID:

  • 「癒し系」に「ナマ足」などなど。

    何によって癒されるかは、人それぞれなのに。
    「癒し系の…」という枕詞が付けられた商品は、まず手を出す気がしなくなります。
    大抵、ただの流行り物って場合が多いけれど…。

    今は減ってきたかも知れないけれど「ナマ足」は、本当に聞いていて気分が悪くなりました。
    「素足」って、昔からの表現があるのに、何故それを使わないのか、疑問で仕方ありません。
    それに、テレビでタレントを紹介するのに、「ナマ誰それです」と言ってるのを聞いた時には…
    「誰それさんが生出演してくださいました」じゃ駄目なのかしら?

    ユーザーID:

  • かぶりますが。

    簡単に軽く言わないで欲しい言葉。
    自分探し。本当の自分。癒し。癒されたい。アダルトチルドレン。

    地球に優しい。
    って、なんちゅー傲慢な言葉だ。人間は地球より上か!?

    「コピーとってきてあげようか?」「買ってきてあげる」等の「〜してあげようか?」「〜してあげる」という表現。「コピーとってこようか?」「買ってこようか?」でいいのでは。親切の押し売りみたいで嫌。「いや、自分でやるしいい」て断りたい。(実際は、ありがとう〜、になる事多いが)

    教えてやって下さい(頭を下げる絵文字付き)等の「〜してやって下さい」
    個人HP等ネットでよく見る表現。何か違和感。教えて下さい、では駄目なのか? 必要以上に自分を下げすぎて、逆に馬鹿にされてる気がする。最近は慣れたけど。
    ちなみに「うちら」は日常語です(関西人)。自分へのご褒美も最近使うなー。だって誰もプレゼントくれないし、誉めてもくれないんですもの!(苦笑)

    ユーザーID:

  • お節介 老婆心 私的

    自分で自分のことを“お節介”だとか“老婆心ながら”とか言って、あれこれ言いたい放題のオバサン!ムカッ
    私“的”には〜、オバサンが使うな!

    私が許せないのは、オバサンが若い子の言葉を使うこと。
    やめて〜!とくに掲示板で使っているオバサンには引く。

    私は、イマドキの若い子は別にどんな言葉を使ってもいいと思います。
    私もティーン(死語)の時は、バシバシ使ってましたから。
    悲しいかな私が若い頃は、間違っているのを解っていて使っていた言葉ですが、今の子は間違いに気がついていませんからね。

    ユーザーID:

  • 微妙〜(鼻声)、他

    とりあえず思いつくままに挙げてみました。

    ・微妙〜 (不適切な場面でも使われすぎ)
    ・自分へのご褒美 (勝手にやってろ)
    ・〜じゃないですかぁ? 
    ・〜ですかね?(自分で使ってゾゾッとすることあり)
    ・心の闇 (解明する必要なし)
    ・(口語で)カッチーーン(この言葉自体に腹立つ)
    ・ご理解とご協力をお願いします(2つも要求しないで)
    ・出会い系(系が余計)
    ・セレブ (間違って使われている)
    ・自分の夫を「だんなさん」妻を「奥さん」「嫁さん」など
    ・(小町限定)投稿の出だしで「私のことかと思いました(笑)」
    ・ママ友 (なんとなくいやな響き)
    ・入籍 (一般人が使うと特に違和感あり)
    ・キレイ目 きれい系 など(綺麗とは程遠い人が使ってると特に・・)

    ユーザーID:

  • ゾッとしてるくせに使ってしまう

    「元気をもらう」私もイヤですねーーー。
    でも、つい使ってしまう。人をほめる時に便利な言葉なので。「XXXさんと話すと元気がもらえる気がする」とか。。。ゾー。。。「元気が出る」でいいのにね。

    どなたかもおっしゃってましたが、
    「自分さがし」は多分私が一番ゾーッとする言葉かも。「自分さがしだー???自分はここにおるやん!」と突っ込みたくなります。

    それと、これも同じ意見があって、思わず深くうなづいてしまったんですが、「書き込みの中で、引用部分でも自分のことをペンネーム言う」というのも、読んでて恥ずかしいーくなります。

    ところで、私がここで使ってる、「かも。」という終わり方や、「突っ込む」や、「思わず、、、したくなってしまいます」なんてのも、もしかしたらここのレスに上がるかも?と、思わず心配になってしまいます(笑)。

    ユーザーID:

  • インタビューでの

    「では最後に、あなたにとって○○とは何ですか?」という質問。
    どのインタビュアーも、判で押したみたいに。

    それまでいろいろな質問に真摯に答えていた人に、「たった一言で全部言い表せ」と言ってるんですよね!
    「馬鹿にしてんの?たった一言で言えるほど薄っぺらいものじゃないわい!」と言いたい。

    「元気をもらう」「感動をありがとう」「自分へのご褒美」も大っ嫌い。
    どれもこれも、安っぽい表現だと思います。

    ユーザーID:

  • ガッツリ、心臓がバクバク、潜入、秘話、打ち明ける

    ゾッとするほどでもないが違和感ありということで

    ・元気をもらう
    元々「勇気付けられる」「励まされる」などと表現するところを、誰かが少しイレギュラーな形で少し個性的な言い方をしたところ、他の人も安直に使うようになったという印象。

    別に普通に「励まされる」とか言えばいいのではと思う。

    ・心臓バクバク
    昔はドキドキが一般的だったのが、インパクトのある個性的な表現として誰かが「バクバク」と言ったのが一般化した感じ。どうでもいいんだけど。

    ≪以下、マスコミ関係≫
    ・潜入
    別に普通に、「○○に行った」と言えばいいところを、わざわざ「潜入」って、相手の許可をとって普通に取材させてもらってるのに何を大げさな、という感じ。

    ・秘話
    特に皇室関係の話題などで。もってまわってたいそうに「秘話」なんで言わなくても、別に誰も特に隠してないでしょう、こういう微笑ましいエピソードがありましたというだけではと思う。

    ・打ち明けた
    インタビューなどで別に普通に話した内容を「打ち明けた」なんて大げさな。

    こういうマスコミの言い回しにも流行があるようで、どこかが使い始めると他のマスコミも追随したりする。

    ユーザーID:

  • 若者言葉?

    なるほどなぁ〜私も嫌だわ!などと頷きながら
    読みました。

    私がぞっとする言葉は
    「なにげに」「さりげに」などの言葉。
    何気なく、さり気なくって言ってよぉ!って
    思います。
    何気なくはまだ耐えられるけど、さり気には
    もう絶対嫌です。

    あとメールなどの文章でいやなのが
    「いちよ」あるいは「いちお」、「けして」など。
    耳で覚えた言葉をそのまんま何も考えないで使って
    いるんでしょうが、本とか読まないんだろうなぁと
    思います。
    これらの言葉をメールで多用する知人が以前いたの
    ですが、国文科出と聞いたときには驚きました。

    ユーザーID:

  • 安全運転でお過ごしください

    ラジオの道路交通情報でここのアナが、最後にこう言って終わるんですが、ゾッとするというか変な言い方ですよね。結構いい年のおじさんが言ってるんですよ。
    丁寧なつもりで言ってるんだと思うんですが、何も言わない方がまだましです。
    皆、何も言わないんですかねー。

    ユーザーID:

  • 政治家などが使う『いかがなものか』とか

    ○○の受け皿、とかもイヤですね。

    ユーザーID:

  • 野球の勝利インタビュー

    私は野球中継最後の“勝利投手・本日のMVPインタビュー”でのインタビュアーの話し方がぞっとします。

    「3回の裏に満塁というピンチがありました」
    「今日はホームランの後、2000本安打となるヒットもうまれました」などなど…。事実のみで質問になっていない。

    それを言うなら「(略)ピンチがありましたが、そのときの心境は?」でしょう。質問の形になっていない質問を投げかけられて苦笑する選手もいるようですが、ああいうインタビューがいつからまかりとおるようになったんでしょうか?不思議です。

    ユーザーID:

  • グルメ番組で・・・

    エビに対して→プリプリ
    ラーメンの汁等に対して→あっさりしてるのにこくがある、濃厚なのに濃すぎない
    焼きたてのパンに対して→外はカリカリなのに中はモチモチ(若しくはフンワリ)
    甘いケーキ等に対して→甘すぎない大人の味
    良質の肉に対して→口の中でほどける
    総合的に→出汁がきいてる、香ばしい
    などなど。。。
    グルメ番組でこのようなコメントがなされるたびにゾッとしています。どんなに好きな俳優でも一気に冷めます。

    ユーザーID:

  • 頑張ってください、かわい〜!

    ゾっとはしませんが、うんざりします。

    とりあえず、むやみに使ってほしくないです。

    人に使われても気にならないが、自分では使わない言葉は
    「でかい」「ヤツ」「〜だよ」
    「〜なんか」「〜って」「じゃないですか〜」

    また、私は東京台東区生まれ、代々職人の家ですが、自分で「江戸っ子」とは言えません。東京っ子とはいえるんですが。。安っぽく使いたくないのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 私の場合・・・

    私はなぜか「温度差」という言葉をきくとさぶいぼがでます。あと、これは東京の方言かもしれないので失礼かもしれませんが、「〜したらば」というのがだめです。「〜したら」でとめてほしい。

    ユーザーID:

  • 「お察しします」が嫌

    本当に察するのは絶対無理、と思います。
    「カキコする」も嫌。

    ユーザーID:

  • よく小町で見かける言葉で

    「自分磨き」
    この言葉見ると背中が痒くなります。

    ユーザーID:

  • ○○△■を男にしてください!

    ・・・と選挙演説で言う候補者の言葉、結構ゾッとするかな。

    じゃ、いったい今のアンタは何?と聞きたい(笑)。

    ユーザーID:

  • 泣ける映画

    泣ける映画です! とか この映画は泣けます! とか。
    泣くのが自己目的化してて変です。

    元気をもらう、勇気をもらうも気持ち悪いです。
    元気づけられる、勇気づけられる、ならいいんですが。

    ユーザーID:

  • 私の場合は・・・

    年賀状などで自分の子供のことを「やんちゃ坊主で困ります」「最近おてんばになってきました」と書いてあるもの。
    ゾッとするほどではないけど、冷静に「じゃあ他人に迷惑にならないようにしてね」と思う・・・。もう少し気の利いた書き方をしてほしいです。

    ユーザーID:

  • nanashiさんと同じ

    私も常々、スレッドで自分をハンドルネーム標記することに違和感を感じていました。他の掲示板では見かけませんね。文の途中で唐突に出てくるので、時々意味が分らなくなることも。ピーチパイも「チッ」て思います。

    ユーザーID:

  • ピッツァ

    いや、分かってます、PIZZAだもんね、正しい発音だって・・・だけど拙者日本人ですからぁ!

    それに準じて、日本語話している最中に横文字を入れる時、なぜかその横文字(多くは英語)だけをいきなり英語風に発音されるのにも抵抗あります。そういう人に限って実は英語出来なかったりして、更に抵抗があります。サブイボが出ます。

    外国語ネタばかりですが、VITTONは「ヴィトン」で全然問題ない(というか「ビトン」とかかれる方が抵抗ある)のですが、「ラヴレター」とか「ライヴァル」とか書かれるのもゾゾゾ。

    ユーザーID:

  • 「ぶっちゃけ」

    タレントが使っていた言葉のようですが、
    「ぶっちゃけ、何々〜」と使う人はたいてい安っぽくて、品がないです。

    ユーザーID:

  • よろしかったでしょうか?

    一番嫌いなのは、この「よろしかったでしょうか?」ですね。不愉快極まりないです。

    ユーザーID:

  • なぜだか生理的嫌悪感

    「○○(子供の名前)ママ」「旦那」


    小町上での「横ですが」「…でしょうに」で うっ!となる私は「気にし過ぎ」?「心が狭い」?ですよね〜。

    ユーザーID:

  • お粉

    フェイスパウダーのことですか?
    パウダーのファンデーションですか?

    なんで、「粉」に「お」が付くの?

    キモチ悪いですっ!!

    ユーザーID:

  • 自分が大好き

    ゾッとするというより ケッてカンジ

    「泣きました」 
     泣けばいい映画? 最近なんとかの一つ覚えのよう どの映画でも宣伝に使っていましたね

    「自分で自分を褒めてあげたいです」
     簡単に自己陶酔できる言葉になってしまった
     
     
     

     
     

    ユーザーID:

  • そのとき奇跡が!

    バラエティーでよく使われる「そのとき奇跡が!」とか「奇跡は起きるか!?」という言葉が大嫌いです。
    使われる殆どの場合が、見え透いたやらせか、良くて努力の末の結果なのに、何かというとすぐ奇跡。
    テレビで奇跡を乱用される度に、奇跡という言葉が嫌いになりました。

    ユーザーID:

  • とびきりの笑顔

    あります、あります
    この他にも・・・
    ・野菜たち・・のように物に「たち」をつけること
    ・〜させていただく(心から謙遜してないくせに)
    ・具材
    ・ジューシー
    ・食感
    ・元気をもらう
    ・ぼく的には・・という言い方
    ・関西人以外の人が使う関西弁
    ・東京人以外の人が使う東京弁
              などなど・・

    ユーザーID:

  • マジっすか?

    私と同じ意見の人がいてびっくりしました。
    私もぞっとする言い回しで 一番最初に思いついたのが「マジっすか?」なんですよ。
    前の会社で 新人クンが よく使ってたからかなぁ

    あと 男性が奥さんを指して「嫁」っていうとき 関西系の人が多いですが それもぞっとします。
    あと「嫁ぐ」とか 「旦那」とか 「主人」も!
    最近ではやたらと「うちの子が」っていう人!ぞっとするー!!

    ユーザーID:

  • 「ぶっちゃけ」

    タイトルどおり「ぶっちゃけ」です。虫唾が走る。生理的に受け付けません。

    「私って〜〜じゃないですかぁ???」の「じゃないですかぁ???」の部分。あんたのことなんか知らんよって感じ。

    電話での「お世話様です」。なんじゃそりゃ?

    「セレブな何とか…」理解不能。

    上げるときりが無いのでこの辺で失礼(笑)。

    ユーザーID:

  • 死語にゾ〜ッ

    いつも職場の先輩(30代後半)が使っていた死語に、ゾ〜ッとしてました。
    「アベック」「モーテル」「ど〜も〜」(顎に指をあてて)、幸田さんというお客様は必ず「シャーミン」と呼ぶ、等々。
    心の中で「よそで言うなよ〜、社内の後輩だからみんな笑ってやってるだけだぞ〜」と、いつも思ってました。

    今でも「おやじギャル」はカッコイイと思っていて、競馬してモツ煮込み食ってます。
    そして髪型は「ワンレン」です。もちろん独身・・。

    自分が「イケイケ」だった80年代に固執しすぎですよ、先輩。
    こんな先輩だけど、仕事はすごくできるし後輩思い。
    だからこんなでも、みんなに好かれてるんですね。

    ユーザーID:

  • うちら・・・

    関東圏ですが軽く方言があって「うちら」って言います。


    だめですかね。。。。。

    ユーザーID:

  • 体育会系

    「私、体育会系だから 〜 ・・・」
    ・・・には「挨拶はきちんとする習慣がある」とか
    「いい事と悪いことをはっきりさせないと許せない」とか、いろいろな言葉が入る。

    使う人は、「体育会系」を
    とてもいい意味で使っている。それがわからない。
    学生時代にスポーツをやっていたということ以外の
    何も意味しない言葉だと思うんだけど。

    しかも「非体育会系」の人に対する、
    ちょっとした優越感を漂わせながら使う。

    虫唾が走ります。

    ユーザーID:

  • 食べ物関係で

    「サラダ感覚」
    私はこの言葉を聞くと身震いしてしまいます。
    どんな感覚やねん!第一サラダ以外のものを、そんな感覚で食べたくありません。

    あと「コッテリしているようでアッサリしていて美味しい」
    これも大嫌い。
    アッサリしている=美味しい、という等式を勝手に作ってしまっているところが嫌です。

    ユーザーID:

  • 『身内』 みうち

    みうち・・・
    が だめです

    友達のことを『みうち』って・・・
    身内じゃないよね
    ともだちは ともだち!
    身内は身内!!!

    ユーザーID:

  • 私だけ?

    トピのタイトルを見た時、ケンカか何かで相手にすごんでみせたい時のセリフを探しているのかと思ってしまいました。「・・・って思ったのは私だけでしょうか?」
    これがイヤ。
    えぇ、えぇ、あなただけですとも!
    これが進化すると「・・・って思ったのは私だけじゃないはず」になる。

    あとニュースの決まり文句もイヤ。
    「ゴールデンウィーク最後の日曜」
    「夏休み最後の日曜日」
    「お正月休み最後の・・・」

    あっ、もういいですか?失礼しました。

    ユーザーID:

  • スローライフ

    ありますねぇ。

    「スローライフ」
    「ほっこり」
    「○○に住まう」
    「カフェごはん」
    「ジモティ」

    あとは通販の説明に良くある
    「○×のような△□に、☆○が映えて・・」
    というのも苦手です。

    ユーザーID:

  • あるあるー

    ”うちら”もぞぞーっとしますが、その姉妹語(?)の”俺ら”も嫌。
    昔、大嫌いだった彼が使ってて、後ろから蹴り倒そうかと思った。

    ユーザーID:

  • お嫁チャン、孫チャン

    関西のオバサンに多いのですが なぜか”うちのお嫁チャンが・・・”とか”孫チャンが・・”という言い方が苦手です。
     お嫁さん、とか言うより親しみを込めているのはよく分かるんですけどね〜。 なぜか田舎くさ〜い感じで・・・

    ユーザーID:

  • 未知との遭遇

    初めての子供を妊娠し、妊婦向けの雑誌を初めて読んだ時「赤ちゃんのお世話」と書いているのを見て虫唾が走りました。その他「うちの姫は〜」「我が家の王子様が〜」というコメントにも驚き呆れ、それ以来そう言った雑誌は手に取ったことがありません。

    子供の1ヶ月健診の時、「姫のお世話がパパの生き甲斐なんだ〜」と言ってる付き添いのお父さんがいて、目のやり場に困りました。

    ユーザーID:

  • 心の傷。癒し。

    心に傷がつく?見たことありません、そんなの。

    一番ムカつくのは、「心の傷」を「癒す」とかいうの。しかもそれをこころの専門家に頼むとかいうの。ああ、やめて。虫酸が走る。

    ユーザーID:

  • ははは!

    nanashiさんに1票! 急にあほらしくなるって言うの、わかる気がするわ。

    私がゾっとする言葉は「まだ生まれて○年なんだから」という言葉。わかってるっちゅーの!

    ユーザーID:

  • 私、○○じゃん!

    これを聞くと
    「ンなこと、知るか!」とマジ切れしそうになる。

    嫌いな人の口癖なんです。
    「私の出身、○○じゃん」
    「私、○○好きじゃん」
    「だって、私○○じゃん」

    知らん、っつーの!!

    ユーザーID:

  • この言葉、今でも使ってますか?

    今でも使われているかどうかわからないのですが、ゲットすると言う言葉、あれ大嫌いです。

    ユーザーID:

  • ぶっちゃけ

    「ぶっちゃけ」、「私的にはー」とか「思うです。」
    とか、若い人たちできちんとした言い回しをしないのにはイライラします。「思うんです。」でしょーって。!特に書き言葉で使われるとなおさら。

    ユーザーID:

  • ありますね

    私は「〜の分まで生きて欲しい」が嫌いです。
    例えば幼い子供が亡くなって、その近しい方がお友達に言う分には良いのですが、お友達の母親が子供に言うのはおかしいと思います。
    私が子を亡くした母親だったら、勝手に私の子供の命を取らないで!と言いたくなります。

    あと、地方、という言い回しも余り好きではありません。
    へ〜貴方達は中央なんだ、世界の中心なんだね〜、中華思想みたい、と思ってしまいます…。
    (きらさん、ご免なさい!!)

    ユーザーID:

  • 「ごめんなさい」

    ちょっと間違ったりした時や断る時に、「すみません」「失礼しました」の代わりに発せられる「ごめんなさい」。
    毎回、ぞっとしたり、イライラっとしたり。
    「ごめんなさい」に、高飛車な姫を感じます。
    一見謝っているかにみえて、実は相手に口を挟ませない拒絶にも思えます。
    あー、やめてくれー!

    ユーザーID:

  • ある!

    「これこれしかじか・・・そう思うのは私だけでしょうか?」
    嫌ですねえ。

    それから、「あれこれうんぬん・・・意味わかる?」も受付けません。

    ユーザーID:

  • やっぱり

    みなさんあるんですね。
    あまりこういう話を周りの人としたことなかったので、みなさんのレスを爆笑しながら読みました。

    私は「おデート」、「勝負下着などの勝負○○」
    (一番ダメなのは「勝負パンツ」)
    「シロガネーゼ」や「ニコタマダム」などは恥ずかしくて口に出せません。
    一度「ピンク」を「ピンツ」と言う人がいて、ゾクゾクしました。

    あと、「アピる」もダメです。
    某派遣会社の営業の男性に「元気にアピっちゃって下さい」と言われて、勘弁してくれと思いました。

    「連れ」や「うちら」は最初聞いた時、とても品がなく違和感のある言葉に聞こえましたが、最近耳慣れしてつい自分も使ってしまうことがあり、気をつけようと思いました。

    ユーザーID:

  • 馬鹿なコ

    っていう言い回しが嫌いです。
    ちょっとヘマしたときに
    「あー馬鹿なコになってるぅ」って
    自分に言う言葉。
    あと「おつ(おつかれ)」とか「よろ(よろしく)」
    っていうのも自分は使いたくないかも。

    ユーザーID:

  • そんな熟語ないだろ・・・?

     小町でよく目にするのが“義実家”“義両親”。義理の実家って・・・?

     あと、オークション用語でしょうか?
     “美品”・・・まあいいたいことは通じている・・・?

    ユーザーID:

  • 「心が痛い」

    ドラマなどで時々きく、
    「心が痛いの」という言葉。
    最近のドラマでも言ってましたね。

    聞いた途端ゾゾーッ。
    一瞬で全てが嘘くさく聞こえ、主人公の涙もくだらなく思えてしまいます。

    実生活で「私、心が痛いの」なんていわれたら・・・・
    なんちゅー悲劇のヒロイン気取りじゃ!ってあきれてしまうと思います。

    ユーザーID:

  • ○○な自分がいます

    たとえば、「そのくらい目をつぶればいい、と言いながらも、やっぱり許せないと思ってしまっている自分がいます。」というような表現が嫌いです。

    ありがちな表現なので、多分文章が上手な人が書いたらぜんぜん気にならないものだと思うのですが。

    ユーザーID:

  • 「がっつり」「テンパる」「ヘクる」

    がっちり+しっかり、の意味なんでしょうけど下品な感じがしてイヤ。「ガンガン」なら大丈夫(?)ですが。

    あと横ですが、他のトピで「テンパって」って意味がわからない(そんな言葉遣いをする人は・・・と以下批判が続く)と言っている方がいました。
    批判云々はさておき私も「テンパる」の正確な意味が知りたいです。

    また義理弟夫婦が以前「ヘクる」を連発していたことがありました。
    どうやら前後関係から判断するに「失敗する」の意らしいのですが、どなたか語源をご存じの方いらっしゃいますか?
    (義理弟夫婦は首都圏出身&在住なので方言ではないと思われます。ヤンキー言葉かも知れません)

    ユーザーID:

  • 未だに濁点の人

    掲示板で「トビ主です」って見るたびにゾッとします。

    「topicなんだからトピ、ヒにマルっ!アンタ鳶か。」

    と突っ込みたくなります。ま、しないけどさ。

    ユーザーID:

  • 私も一言

    「なんだかな〜」
    「旦那さま・旦那さん」
    これらを目にするたび、耳にするたび、不快感を覚えます。
    「なんだかな〜」を連呼する方へ:気持ちを言葉にする努力をしてください。もっと読書して、語彙を増やす必要があると思います。
    「旦那さま」を使う方:あなたは女郎ですか…と突っ込みたくなります。
    今まで疑問に思っていても、決して口にしませんでしたが、ここで言うことが出来てスッキリしました。
    ありがとうございます!

    ユーザーID:

  • 思い当たる言葉

    私がゾッとする言い回しですが、
    趣旨と少し変わるかもしれません。

    「藤岡弘、探検隊シリーズ」や「モーニング娘。」の
    「、」と「。」が苦手です。

    それぞれ意味があるということですが意味を理解できてもやはり苦手です。
    意味を調べる最中に「藤岡弘、探検隊シリーズ」のホームページを見ましたが、使用フォントの雰囲気と商売根性旺盛な点で益々嫌になりました。

    見た後は「藤岡弘、」だけでなく「探検隊シリーズ」にまで
    虫唾が走るようになりました。

    あと「新シルクロード」って番組名も聞くだけでなく
    文字として見るのも違和感があります。

    ユーザーID:

  • らぬき

    言い回しではありませんが、見れる・食べれる の類。お使いになられる方が増えていますが、慣れて気にならなくなる日が私にやって来ることは決してないでしょう。不細工でみっともないので、自分では絶対に使いません。

    ユーザーID:

  • 「〜という意見を聞いて驚いています」

     こんにちは。ぞっとするという程ではありませんが、私は小町で時々見かける「〜という意見を聞いて驚いています」という表現が嫌いです。

     「世の中に私と違う意見を持つ人などいるはずがない。そんな人がいるなんて信じられない」と言っているように聞こえます。

    ユーザーID:

  • 言い回しじゃないんですが

    ぞっとする仕草、でもいいですか。
    アメリカンホームダイレクトのCMで、「電話は今すぐ!」というときにやる、
    携帯電話のジェスチャー。
    親指と小指を立てて、電話みたいに耳のそばに持ってきて…… あ〜〜気持ち悪い!!
    あのジェスチャーが心底嫌いです。

    関東人が関西系の言い回しするのも嫌いです。
    「嫁さん」「〜やんか」等。
    お酒のつまみを「あて」っていうのも関西の言葉じゃないかなぁ。(違ったらごめんなさい)
    関西の人が言うのはいいんですが、関東の人に言われると、げんなりです。

    小町でよく見る、変な伏字もゾッとします。
    「シャネ○」とか「イ○ーヨーカ○ー」…
    web上では実名をはっきり出しちゃいけない、
    これは礼儀なんだ、と思わなくもないですが、
    なんか…なんか嫌…。

    きりがないのでここらで終わります。
    皆さんのご意見、激しく頷きながら読んでます。
    もっと続いてほしい、この話題!

    ユーザーID:

  • 全部に賛成

    で、追加
    「・・・と言えば嘘になる」
    これは嫌だ、聞いてていかにも借り物の表現。
    と、言葉そのものでは
    「生きざま」・・汚い!

    ユーザーID:

  • 「お父さん」も嫌だけど

    ダンナのことを
    「パパ」と呼ぶ人にゾッ。
    (大抵オバチャンに多い!!)
    お前の亭主は親父かい

    ユーザーID:

  • がっつり!

    人それぞれでおもしろいですね!
    私にもあります!なぜか腹が立つ言い方。

    ・〜をパクついて(食べてという意味)
    ・がっつり〜して

    特にがっつりの方は最近よく聞くようになり
    とても不快です。。

    ユーザーID:

  • うちら

    に 拒否反応が強いのにびっくりしてます。なんで?

    普通に会話で使って来ました。 うちら わたしら ぼくら きみら おまえら 他に あそこら こっちらへん うえらへん(上の方)したらへん(下の方)など等。

    「あんたら」には 「あんた」の部分「あたいら」には 「あたい」の部分で嫌な気がしますが。

    「うち」の部分でダメなのでしょうか?「ら」の部分でダメなのでしょうか? 嫌な言葉はなるべく控えたいですが、日常会話でよく子供からお年寄りまで使われる言葉なので戸惑っています。 

    ユーザーID:

  • キャリアウーマン?

    男性にはキャリアマンなんて使わないのに
    いまだに働く女性にだけ「キャリアウーマン」
    って?
    むずむずしてしまう。私だけかな?

    あと、自分の夫を「連れ」という人。

    ユーザーID:

  • つっこみを入れたくなる

    <ちょっと悪いんだけど、〜してくれない?>
    悪いと思うなら、頼まないで欲しい。自分だけ? 恐れ入りますが、を敬語じゃなくしたら、成り立たなかったって感じだろうか。

    <彼氏>
    付き合っている人のことを、彼氏と表現することに抵抗が。「今の彼氏?」って訊かれると、そうよって言えない「ああ、うん(曖昧な感じ)」。友達っていう言葉も同じく。うん知り合い〜なんて言い直してしまう(ひねくれもの?)

    <私天然だから>
    天然は自分で天然って言わない。化粧落としてやりたくなる(のも私だけ?)

    ユーザーID:

  • お宅・・

    ぞっとするというか むっとくる言葉かな〜
    家にこもってるお宅ではなくて
    「お宅の場合どうですか?」
    「次はお宅です。」
    などなどに使われる「お宅」です。
    しかも 義母が私に対して 使うもんだから
    そのたびに 「むかっっっ」としてしまいます。

    ユーザーID:

  • 食べてくれる

    このメニューは子供や主人が喜んで「食べてくれます」

    食べて頂かなくて結構。

    ユーザーID:

  • あります。あります。

    ネット上で自分のことを「おいら」という女性。
    なんか、元気で明るい少年のような私、を演出してる感じがダメです。
    実際に明るい女性だったり、男性だったらいいのですが。

    きっかけは仕事関係で知り合った女性が自分のHPで
    自分のことを「おいら」「おいら」と連発しながら
    他人の批判ばかりしていたためですが、その女性、
    実際はとても気が弱そうな地味な女性だったので。

    あと、おたく系のやたら理屈っぽい女性がやはり、
    自分のことを「おいら」と言っていたこともあって、
    「おいら」って言う人みんな引いてしまうように。

    それと、ずっと地方在住なのに「〜でさあ」て言う人。
    べたべた関西弁なのに「〜でさあ」を使う人。

    ユーザーID:

  • 感動感動ってうるせーんじゃ

    「感動をありがとう」
    「感動をください」
    「ちょっといい話ください」
    全部ヤーな感じです。

    感動なんて、人からもらうもんか?物欲しげでげんなり。

    「〜という自分がいます」
    これもぞっとします。
    あーそーですか。そんな自分がいますか。よかったですね。と意地悪気分になっていく。

    ユーザーID:

  • 立派な人達

    私も言わせてください。

    「私はあっさりした性格だから」
    これを言った人であっさりした人にあったことありません。

    「何でも白黒はっきりさせないと気がすまないの」
    時によりけりだろ〜もっと柔軟になれよ、と思う。

    私も「自分を褒めてあげたい」には鳥肌が立ちます。
    自分を褒める前に人を1回でも褒めろよ!

    「自分探し」も本当に嫌です。
    そこに居るじゃない。勝手に探せばいいけれど、
    みうらじゅんさんの言葉を借りれば
    探しすぎて「自分なくし」ですかぁ。

    ユーザーID:

  • どこがいいの?

    私は「じぃじ」「ばぁば」という呼ばせ方に嫌悪感を持ちます。

    ユーザーID:

  • 「○○な人だから〜」がゾゾッ!

    既に他の方も書いていますが、「私って○○な人だから〜」が本当にぞーーーっとします。
    以前後輩が「私ってワガママな人なんですぅ〜」と言ったので、「自覚があるんだったら直せば良いんじゃない?」と言ったらその娘に泣かれました。
    泣くくらいなら言うなっ!

    ユーザーID:

  • ごはん

    ぜんぜん平気ー。はじめは違和感があり
    自分は言わないぞーと思いつつもふと使ってしまい
    我ながらゾッ!

    この頃タレントさんのトーク番組での
    「誰々さんとご飯食べに行く」
    「今度ご飯食べに行こうか」
    とても気になります。
    楽屋話ではないのです。
    それと大きな声で「ウメェー」
    下品ですよね。特に女性の場合は。
    せめて「食事に行く」「おいしい」と
    言ってもらいたいものです。
    日本語が乱れるのも当然の事のようですね。

    ユーザーID:

  • 私が性格悪いだけなんですが

    「私、○○大好きっ子なんです」

    歳いくつなんだよっ!

    夫の不倫で悩める主婦の

    「子供がパパ大好きっ子なので・・・」

    「夫大好きっ子」って言ってる訳じゃないんだからと、

    思うのですが、やっぱゾッとするんだなー。

    ユーザーID:

  • 若いエキス

    うちの姑は1歳になる娘を抱っこするときに

    『若いエキスをもらおうかね〜』
    と言って抱っこします。

    なにかを吸い取られそうで気持ち悪いです。

    ほんと思い出しただけでもゾッとする。

    やめてぇ〜!!

    ユーザーID:

  • じゃぁ誰のよ?

    「自分の言葉で」
    を聞くと何言ってんの?と思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • ミタイな。

    「〜ミタイな。」はゾッとします。

    同年代の知人・友人で使わない人はいないのでは
    ないかと思うほど浸透したいい回しですが、やはり
    聞くたびに嫌な気分になります。

    「〜ミタイな。」なんて言い出したのは
    とんねるずだったと記憶してます。

    ユーザーID:

  • ナーバスになってるんで〜

    皆さんのレスを読んで「なるほどなー、うんうん」と納得してる次第ですが、私はこれ。

    昔、つきあってた彼がしょっちゅう言っていたんですけど、本当にゾゾゾ〜って感じでしたね。
    日本語会話に英語や外来語を入れる事全てに文句があるわけでは決してありません。
    でもあと「リスペクトしてます」って言い方も大嫌いー。。どうして「尊敬してます」じゃ駄目なのかな?
    固くなっちゃうから?
    わかりません〜。

    ユーザーID:

  • ました!ました!

    長い話をするときに、普通なら、
    「そこで私が『うん』と言って、ドアを開けたんです。そうしたらお巡りさんが来て…」などと言うようなところを

    「そこで私が『うん』と、言いました!
    ドア開けました!お巡りさん来ましたっ!」

    って、全部「ました」で言う言い回しありますよね?
    若いタレントさんなどがテレビで使ってる気がしますが。
    もーーーーーーけとばしたくなります!

    でも良く考えたら、何がいけないのかわからない。

    ユーザーID:

  • 「セレブな感じ?」

    なんとも、嫌な気分です。
    「スイーツ」も、なんだか安っぽい気がします。

    最近ずっと思っているのがライブドアの社長。
    受け答えの感じが特に苦手です。
    「だからぁ、〜ったじゃないですか?」
    ・・二の腕のパツパツ具合と相まって×です。

    余談でした。

    ユーザーID:

  • あるある!

    会社の同僚が使う言葉なんですが、
    「今日もりもり食べてしまった。」
    「そこの棚にもりもり入ってるから。」
    「ここは人がもりもりいる」

    “もりもり”って…と思いながらなんだか
    微妙な気持ちになるのです。何となく
    下品な方向に想像が働いてしまって
    聞くたびにいや〜な気分になります。
    彼女は「いっぱい」という意味で使って
    いるのらしいのですが、私にとっては
    あまり良い表現には聞こえません。

    ユーザーID:

  • デビュー!?

    こういうトピック待ってました!!

    私が凄く苛付くのは、「(何々)デビュー」という言葉です。

    「田舎デビュー」とか「納豆デビュー」とか、、、、

    何か自分に酔ってる人の言葉に感じてしまい気分が悪くなります。

    ユーザーID:

  • 相方・連れ・逆に言うと

    が、ダメですね〜。

    連れ・相方・・・恋人のことなのか、パートナーってことなのか、ただ単に一緒にいるってだけなのか、謎です。

    逆に言うと・・・この言葉を使う人は、説教が長いと思います。

    本当の自分、モテ期到来・愛され顔・・・など、雑誌に連呼されているこれらの言葉も苦手かも。

    ユーザーID:

  • うちのパパ

    ゾッとするというか、むずむずしてしまう言い回しです。
    「うちのパパがね〜」です。
    パパというのは配偶者のことですね。

    家ではパパ、ママ、と呼び合っていても良いと思うのですが
    人に話す時に「パパが」と言われると
    「パパって、愛人かよ!」とつっこみたくなりますね。

    ユーザーID:

  • カフェめし

    「カフェめし」「極上の味」「至福の一時」等、
    最近の女性誌を見ていると、ゾッとして本を閉じてしまいます。

    何だか、下品な感じがして嫌なのです。

    ユーザーID:

  • 元気をもらう

    元気をもらうって気味悪いです。
    だって元気をくれる元の人(○○さん)がくれると言っているわけじゃないですか。たまたま○○さんの近くにいたりしてその元気の素を勝手にすいとってるわけでしょ。
    本来、○○さんのおかげで元気が出た、○○さんとお話したら元気になりました、っていうべきものだと思うんですよ。それをあえてもらったと表現することによって、自分の意志じゃないんですけどくれるというからもらっちゃったわけで・・・みたいな心が読み取れちゃって。
    図々しい感じがして私は嫌いですね

    ユーザーID:

  • 絶対コレ!

    一緒に同じ墓に入ってくれ・・・
    ↑ダメなんですよ〜(笑)
    別に夫に言われたわけじゃないし 仲が悪いわけでもないけど
    なんじゃそりゃ??なんです。

    ユーザーID:

  • 不思議

    ぞっとする言葉ってなんだろうって考えてみたのだけど。。。もしかしたら同じ言葉でも使ってる人によって感じ方が違うのかも?と思いました。

    大好きな人が言うのときらいな人が言うのでは全然受け止め方が違う気がします。

    言葉ではあまりなかったんだけど、嫌だなと感じるものにCMでは時々ありますね。聞いていてやめて〜とかおもってしまう。
    生理的なものなのかな?

    ユーザーID:

  • ありますあります!

    就活マニュアル本とか資格試験の合格体験記なんかによくあるフレーズ。
    どうしてこの職業を目指そうと思ったか?という問いに対し、「人の役にたつような仕事をしたかったからです」という答え。
    世の中に、人の役に立ってない仕事なんてあります??
    そりゃ、直接的で役に立っていると実感しやすい職業はありますよ。だけど、自分の仕事だけが人の役に立っているかのような発言は、すごく気分悪いです。
    あと、上にも書かれてる方いらっしゃいますが、「自分探しの旅」。これ、私も嫌い。オゲーって思います。

    ユーザーID:

  • 「わたしって○○な人だから〜」に一票

    私の友達でこの言葉をよく使う子がいて、正直うんざりします。 そういう人にかぎって、人のことも「○○は〜な人だよね」と決めつけたがる!
    言葉以前にそんなに人を「〜な人」で分けたいのでしょうか  不思議です。

    あと、女性で「食った」と言ってる人を見るとゾッとします。

    オリンピックのとき、感動をありがとう!ってテレビでよく使われてましたよね  相当、普段から感動が欲しいと思っているのでしょうか・・

    このトピを見て思ってるのは自分だけでないと思ってホッとしました。

    ユーザーID:

  • TOBI

    トピ(TOPI)主をトビ(TOBI)主と書きながら
    トピ主を大批判したレス。

    人間誰にも謝りはあるけれども、
    カッコわるすぎ!

    ごめん。

    ユーザーID:

  • ふれあい、ふるさと

    ふれあい広場、とか ふれあいの町 とか
    心のふれあい とか
    ふるさと列車とか ふるさと再生とか


    とにかくこのふたつの言葉がつくものは
    ぜーんぶ気持ち悪いんです。

    ユーザーID:

  • いくつかあります!

    ぞっとするというか、嫌いない言いまわしです。。

    「俺的には〜」
    「っていうか、〜でしょ?」
    「かなり○○入っちゃってるじゃん?」
    「〜系」
    「うっそ〜、マジマジィ?」(古い?)


    女性雑誌などで、
    「マストアイテム」
    「アクセいらず」(アクセサリー要らない)

    などです。

    ユーザーID:

  • 面白い〜

    私は、「友達」って言われるとぞっとしますね。
    第三者を「友達がね・・」と話すのは全く問題ないのですが、自分のことを「友達だよね」みたいな感じで言われるとだめです。相談に乗ってて「友達っていいよね」とか。
    夫は「このご時世」がだめなようです。
    ぞっとするかわかりませんが、聞くと苛立つと言ってました。

    ユーザーID:

  • 「〜〜と言ったらうそになる」

    あまり積極的に肯定(否定)したくないときに、苦し紛れに言う言葉。
    「買いたくないといったらうそになる」
    「知りたくないといったらうそになる」
    だったらハッキリ言え〜〜〜!!と思いますね。
    他にも、今までトピに挙がった言葉、ほとんど私も嫌いなものばかりです。特に
    「自分への御褒美」キライだ〜〜!同じように考えているかた、いらっしゃったんですね。嬉しい!

    ユーザーID:

  • 自分探し

    同じ意見があって嬉しいです。

    「自分探し」大嫌いです、この言葉。

    良識のありそうな作家の方や評論家の方が「自分探しをしています」などと書いたりお話したりしているとガッカリします。

    ゾッとするというより、失望するというのが近いです。

    自分は、今、ここにしかいないの!何を探しているの!?と怒鳴ってやりたい。

    少なくとも成人した年齢の大人が言うセリフじゃない。小学生じゃあるまいし、もう体の成長も止まっているのに。

    中身だって飛躍的に伸びるわけがないでしょう。

    「今の自分」が最高の状態で「今の自分」が大好きと言えない人は、いくら自分を探したってムダ。

    言い過ぎかも知れないけれど、この言葉を使う人に頭の良い人はいない。そんな感想を持ちます。

    ユーザーID:

  • 私の場合・・・

    「連れ」と「相方」ですね。
    普通に「夫」でいいのに・・・って思います。
    初めてこれらを聞いたとき「誰のこと?」って本気で思いました。

    ユーザーID:

  • って言うか・・・

    「って言うか・・・」
    →イチイチ人の言うことに反論しないで欲しい

    「うちら」
    →これって方言ですか?私たちと言って欲しい

    「連れ」
    →これは20年前に東海地方の友人がよく言っていたけど、最近は東京でも使う人がいるみたい・・方言でしょ!?

    「チンして」
    →電子レンジにかけて・・・と言って欲しい

    「〜じゃん」
    →すごく育ちが悪くて、ハスッパな感じがしす

    「ムカつく」
    →些細なことで使われると人間性を疑いたくなります
    音の響きも綺麗でない

    ユーザーID:

  • 「あげる」と「とか」と「なります」

    言っても仕方のないことですが、愛玩動物にまで「あげる」と言われると、犬公方を思い出します。単一の事象の表現に「とか」と言われると、思わず駑下を連想します。「お待たせしました。ハヤシライスになりま〜す。」と言われると、初めからハヤシでしょ、と言いたくなります。

    言っても、仕方のないことですが、ほんと。

    ユーザーID:

  • 絶対

    「絶対うまくいくって!」
    「そんなことないよ、絶対!」

    …すごーく無責任に感じます。
    それに「絶対」なんて、ありえないですから。

    ユーザーID:

  • 勝ち組 負け組

    中吊り広告で盛んに使われてますよね?

    「これが勝ち組の法則だ!」
    「負け組にならない○○術!」

    目にするとドッと疲労感に襲われます。

    ユーザーID:

  • 世界水泳、世界陸上

    世界選手権でいいじゃないか?
    テレビ局が無理に盛り上げようとしてるみたい
    でなんかやだ。

    ユーザーID:

  • なんなんですかぁ〜?

     一度トピを立てた位(レスが付かず消滅)嫌なんですが、TVのグルメ番組などでレポーターが「これって、なんなんですかぁ〜?」とか、アナウンサーまで「これは、いったいなんなんでしょう」
     私としては、「いったいなんなんだ!まったく!」などとちょっとキレ気味の時に使うというイメージがあるので、質問する時に使うのはどうかと思うのです。
     人から「これは、なんなんですか?」と聞かれたら、むっとするかもしれません。

     あと、「〜してもらえますぅ?」も嫌。ずっと前勤めていた会社で、後輩からそう言われるたびになんだかムカムカしていました。 
     

    ユーザーID:

  • タレントがよく使う。。。

    『この映画に出させて頂いて。。。』
    『この仕事をやらさせて頂いて。。。』
    丁寧に言ってるつもりなんだろうけど
    常識なさすぎ。頭、悪すぎ。

    ユーザーID:

  • 一生社会と関わって生きたい

    こう言うキャリアウーマンを気取る女の人。
    ただ普通に仕事してるだけじゃないのよ。
    そう言う人に限ってとつぜん休むし。風邪引いたとか腹痛とか言ってるけど、しょっちゅうじゃん。
    たのむから風邪引かないようにきっちり会社に貢献して!

    ユーザーID:

  • めっちゃとだよ〜ん♪

    実際会った時には使わないのに、メール文に
    「楽しかったよ〜ん♪」このよ〜んと「めっちゃ」にぞっとします。
    しかも使う知り合い2人はどちらも36と37歳女性。

    後は、「〜っすよ。〜っすね。」「〜かしらん」

    ユーザーID:

  • あるある

    ●楽しみます!
    オリンピックの時、選手が使ってて何か違うと思いました。

    ●元気をもらう
    もう、これ大嫌い!ぞっとする!

    ●手料理
    「君の手料理が食べたいな」なんて言われたらゾゾゾっとして死にそうになります。普通に「ご飯作って」って言えーー!

    ●〜だっつってぇ〜
    関西人の私には違和感ありまくりです。

    ●お試しあれ
    私も嫌いです。最悪。

    ●しませうか。そうでせうか。やりませう。
    わざわざ昔の言い回しをよかれと思って書いてる人がいますけど、普通に書け(言え)って思ってしまいます。

    ●ホムペ
    ホームページの略なんだそうですが、うちのホムペが〜と得意そうに言う人ってダサって思います。

    逆に「うちら」は普通に使ってた自覚のない方言(?)だったので嫌な人が多くてびっくりしました。

    ユーザーID:

  • うちら、は方言です

    多分。普通に「うちら、○○やな」とか言います。

    私がちょっとイヤな言い回しは
    「東京は、お台場に来ておりま〜す」とか
    「ここ、アメリカはハリウッド」
    とかいう、「(地名)は(地名)」です。
    普通のいい方かもしれないけど、違和感あります。

    ユーザーID:

  • 今まで出てないようなので

    「宇宙船地球号」

    勘違いエコロジーを主張する人が使いがち。

    ユーザーID:

  • 父兄

    父兄会なんてプリントに書いてあったら
    夫に出席してもらいます

    いつまで家父長制度を引きずってるんだか?

    ユーザーID:

  • いちいち笑う。または文尾の(笑)

    女性に多いと思うんですが、いちいち何か言った後に「ふふ」って笑う人いるじゃないですか。
    あれ、ぞっとします。
    「頭に花が咲いてしまったのかな?」と思ってしまう。

    「おはようございまーす。ふふ」など。
    なぜ挨拶するのがそんなにおかしいのか?と。

    私の周りの男性ではちょっとキョドった感じの人がよく何か言った後にいちいち「ふふ」って笑います。

    仕事の話をしていても笑う。
    「これは仕様だから運用で対処してもらわないといけないんですよね。ふふ」など。

    同じ意味で、言い回しじゃないですけど(笑)やwがてんこ盛りなメールや書き込みを見てもゾゾっとします。

    ひどい場合には、一文ごとに(笑)がついてるのあるじゃないですか。

    「しばらくぶりです。元気でした?(笑)」とか。

    文句を言っているような文でも「あの時本当はあなたからそう言ってもらいたかったです(笑)。」とか「これからは気をつけてくださいね(笑)」と書かれると、ゾッとするを超えて、キャェアアアアアアとなります。

    ユーザーID:

  • 私は・・・・

    雑誌の特集
    「自然な私・・」「前向きな私・・・」
    綺麗事に聞こえて嫌
    最近だと「モテ子のファッション」

    ユーザーID:

  • えっと…

    もっと早く出てくるかと思いきや意外と皆さん気にならないみたいですね。
    これを書くことによって文章を書き始めやすいから使っている人が多いのでしょうが、友人とのメール間などならまだしも、不特定多数の人が見る様な所(まあいわゆる掲示板が多いですね)で「えっと。。。」と書いてあるのを見るとなんか脱力します。

    大体頼りなげな風を装って「えっと。。。」などと始めてあるのに後の文章が結構「頑固(というか意思強固、そんなにはっきり言えるなら初めからはっきり始まれ!!)」な意見が多かったりするのをよく見てきたせいかな。まあ実際は内容にもよりますが。

    でも、ここでも大騒ぎして他の人が使う言葉を「気持ち悪い」とか「嫌だ」と言ってる人達のなかにも実は「えっと…」派がいそうですね。

    ユーザーID:

  • 遺憾に思います

    政治家が何かというと”遺憾に思います”・・
    こればっかり!
     とにかく口先で”残念です”と言いながら内心は面倒で問題から逃げたい、という気持ちがアリアリと現れている気がします。

    大嫌いな言葉ですね。

    ユーザーID:

  • オタクの人が使う擬態語、擬音語

    オタクの人が使う擬態語、擬音語が
    鳥肌立つくらい気持ち悪いです。

    キャー、とか
    ウピョーン、とか
    ドテ(ギャグに受けるフリ?をしながらこける真似して)とか。。。

    これを抑揚のない、
    1オクターブくらい上がった作り声で言われた瞬間には、
    人間失格になるのは覚悟の上で、
    蹴り飛ばしたくなります。

    ユーザーID:

  • させていただいてます

    芸能人が「誰某さんとお付合いさせていただいております」「○○の役をやらさせていただいてます」など、最近特によく聞くようになりましたが、へりくだり過ぎてて気持ち悪い。
    付き合うのはギブ&テイクじゃないの?付き合って”貰ってる”の??
    大役を貰うことにへりくだるんならそもそも「やる+させる」の組み合わせはおかしいでしょう?
    これと同じで「ゴルフやられるんですか?」などの言い回しも嫌い。「される」「なさる」じゃないの?

    あと「〜という」「こういう」を「〜とゆう」「こうゆう」って書き方。これはゾッとします。

    ユーザーID:

  • 正直・・・です

    「正直・・・です」が抵抗あります。昔バラエティ番組でお笑いの人たちが言ってたイメージがとても強くて。すっかり市民権を獲得しているようですが「正直言って」という書き込みを見ると安心します。

    「いい感じー」(語尾をあげる)
    今このアクセントで言う人はいないかもしれませんが
    海外在住で大体1年に一回くらい日本に帰国するのですがある時はやっていたようで数人の友達からこの言葉を発せられたとき何故かたまらなくなって「お願いだからやめて」と言いました。

    「タメ」。自分でも絶対言わないし言われるのもだめですね。

    「ぶっちゃけ」も抵抗あります。

    ちなみに「元気をもらう」は抵抗ないです。

    ユーザーID:

  • 暮らし系サイトで

    日常の暮らしを公開しているサイトをよく覗く
    のですが、見るたびにゾゾゾとする言い回しが
    「オットさん」
    「お買い上げ」(自分で買ったのに)
    「○○です〜」(〜と伸ばすのがなぜかイヤ)

    ゾゾゾとするなら見なきゃいいのですが、これ以外は
    大好きなサイトなので・・・。

    ユーザーID:

  • いろいろありますが・・・。

    特に「?」と思うのが、スポーツ選手や芸能人がインタビュー等でよく言う「みんなに勇気を与えられるような」という表現が嫌!どうも傲慢に聞こえてしまう・・・。

    あと「そうゆう」「みよじ(苗字の事)」「ふいんき」などの間違いも、いい大人が言っているのを聞くと、「何とかならないかな?」と思います。

    ユーザーID:

  • ホー

    小町定番シリーズ

    ・私の心が狭いのでしょうか
    ・私のことかと思いました
    ・自分が書いたのかと思いました
    ・それがもし男女逆だったとしたら

    その他

    ・××トモ
    ・癒し
    ・お口ポカン
    ・お粉
    ・ホー ※下に例を示します

    ホーの使用例:
    ランチセットのほうのドリンクのほうは紅茶のほうでよろしかったでしょうか

    上記の例に対する回答見本として
    「はい、紅茶でよろしかったでホーホー」
    をあげておきます。

    ユーザーID:

  • 考えすぎかなぁ?

    最近、テレビを見ていると若い女性タレントが物を食べて「うま〜い」って言うの、イヤですね。
    男性が「これ、美味いですね」って言うのは何とも思わないのですが、女性はちょっと…感じです。
    しかもあまりにも美味しいのでしょうが、「うまい!」を連呼するとチャンネルを変えたくなりますね。

    ユーザーID:

  • かぶりますが

    「かぶる」という言葉、虫唾が走る。大嫌いです。

    ユーザーID:

  • あります。

    私もあります。ゾッとする言い回し。

    有名人の交際が発覚したときに、ワイドショーなどで必ず使われる〔熱愛発覚〕・・・
    なんで〔熱愛〕なんだよって思います。
    熱愛=熱烈に愛すること。
    勝手に強烈扱いするなよ、と毎回思います。
    〔交際発覚〕じゃダメなんでしょうかね。

    ユーザーID:

  • そう言われるといっぱいあるなあ

    「お名前様」バカ丁寧武装が気持ち悪い。
    「キモイ」この言葉を発する人って自己中で傲慢な感じがする。
    「モー娘の歌の歌詞全般」最近耳にしないから良いけど。
    「私って心が狭いのでしょうか」どなたかも挙げられてますが。この手のいいまわしをする人ってたいてい狭い人が多いですもんね。

    ユーザーID:

  • 私の場合は…

    例えばAちゃんという名のお子さんを持つ母親が「Aちゃんママ」というペンネームを使用することが気になります。自分というものがないのかしら?と思います。

    高校野球で勝ったほうの監督がインタビューされた時の「選手/生徒が、○○してくれた…」という答え方が嫌です。監督だけのために「してあげた」わけでもあるまいし。一歩引いているようで、その実おこがましく感じます。

    このトピ、興味深いですね。

    ユーザーID:

  • 頑張れ・お前・あんた

    「頑張れ!」と「お前」と「あんた」です。

    「頑張れ」ってやたらとよく使われますが、聞くとゾッとする。いっぺんに気持ちが萎える。

    「お前」なんて、夫にも友達にも絶対言われたくない。あと「あんた」も。
    名前知ってるならちゃんと名前で呼んで。知らないのならせめて「あなた」と言って欲しい。

    ユーザーID:

  • ちび

    自分の子供のことを「うちのチビが〜」とか言うのが嫌ですね。

    ユーザーID:

  • パパが〜

    何で旦那のことを「パパ」って言うんでしょう?言いやすいのか?
    旦那は妻のことを人前で「ママ」って言っていないのに。

    「うちのパパがね」とか言われると、「それは自分の旦那?それともあなたの父親のこと?」って思わず聞きたくなります。

    ユーザーID:

  • リスペクト

    キム○クがインタビューで言っていました。それも何度も。
    普通に「尊敬する」じゃいけないの〜?

    ユーザーID:

  • 野球中継で

    球団の成績を表す言葉で「貯金〇〇」「借金〇〇」。なんかいやです。
    先日、連敗中の球団のことを「借金生活」と言ってたのには背中がぞくぞくしました。

    なんでお金になぞらえて表現するのかしら。
    こういうのっていつから一般的になったのでしょう?

    ユーザーID:

  • イケメン

    恥ずかしくて私にはとても口にできない言葉です。
    ワイドショーなどで、おばさんリポ−タ−がダミ声で連呼しているのを聞くと、はっきり言って、とても嫌な気分になります。

    大の大人のくせに、「ポッケ」だの、「ほっぺ」だのいうヤツ・・・(時々、男性にもいるんですよ)、「ワンワン」や「ブーブー」を使う大人はいないのに、いったい何故?

    「○○かなー?、みたいな・・・」も嫌いです、馬鹿っぽい。

    「心からのエールを送ります」というのも、なんか嘘くさくて嫌なのは、私がひねくれているから?

    ユーザーID:

  • ぞぞっ

    「生きざま」「死にざま」
    格好いい言葉のつもりで、疑問も抱ずに使っている人が多いのに驚きます。

    あと、「早急」を「そうきゅう」と読むのもすごくイヤ。

    ユーザーID:

  • 「〜してあげてくださいね」

    料理番組などで、講師の先生が
    「茹でたら、水にとって冷ましてあげて下さい」
    「焼き色がついたら、ひっくり返してあげて…」
    と、素材や材料に対して「してあげる」と言う言い方にゾ〜っとします。
     
    同じく、美容関連の仕事の人の
    「これをつけて、マッサージしてあげて…」とか
    洋服屋の店員さんの
    「洗濯するときはネットに入れてあげて下さいね」
    などという言い方も、嫌悪感をもってしまいます。

    「物」や「自分(や他人)の身体の一部」に対して「〜する」ではなく「〜してあげる」という言い方にはとても抵抗があります。

    ユーザーID:

  • 「友達がね〜」

    会社の同僚の口癖にゾーっとしています。

    彼女が語る話題の80パーセントに、この言葉がついている。
    「昨日友達の家に行ってね」
    「それ友達が同じもの持ってるよ」
    「(ププっといきなり笑って)友達から変なメールきた〜(仕事中)」

    おかげで私は、面識もない同僚の「友達」の過去・家族構成・趣味・日々のスケジュールなど、すべて知っています。
    も〜いい加減にして!そんな同僚に寒すぎてゾーっとしています!

    ユーザーID:

  • 私の場合

    掲示板やメールで「ワタシ」、「オット」←何でわざわざカタカナなのかがよくわからん。

    「私のお友達が〜」←何故「お」をつけるのか。
    上品ぶっている感じであまり好きじゃない。
    「誰々さんのお友達」みたいな使い方なら不快ではない。
    親や身内の事を他人に話す時と同じ感覚かな?

    ユーザーID:

  • どうしてもイヤ!

    おなかいっぱい
    どうよ?

    このふたつがとてもイヤ!

    ユーザーID:

  • 変な丁寧語が嫌

    洋服を「お洋服」という人が嫌いです。
    そういう人って、まだ4月なのに
    流行先取りで初夏の格好をしていたりする。

    食べるを「いただく」もちょっと嫌。
    「からしじょうゆを付けていただくと
    格別のお味」とか。
    何を気取っているのか。

    ユーザーID:

  • 『価値観が同じ』および『価値観が違う』

    ムシズが走る。。
    価値観なんて言葉を使っていて、確固たる自分の価値を見出している人が何人いるか。
    大体、芸能人と、芸能人の言動を流行として使いたがる人たちがこの言葉を使っていると、

    ちっ。って感じです。

    ユーザーID:

  • 自分の子供を…

    自分の娘を「姫」、息子を「王子」と呼ぶ。
    ネットの日記でよく見かけます。
    日記の中だけであることを祈ります。

    ユーザーID:

  • 着せてあげる

    服を買いに行ったとき、TVで服のコーディネートの話などを見たとき、「インナーをこんな色にしてさし色にして着せてあげると引き締まりますね」などと使われると、(着せてあげるう〜???)(あげるって・・・???)とゾッとします。

    ユーザーID:

  • 「私、サバサバした性格だから」

    他にも「男っぽい性格」など女性が使うと
    ゾッとします。でも自分で言う人に限って、
    大抵本人がそう思いこんでるだけなのよね。

    ユーザーID:

  • たくさんあります

    *ちょいワルオヤジ
    最近流行っていますが、本当に気持ち悪い言葉です。
    鳥肌が立って口に出せません。
    これを目指している人たちには、開きすぎの開襟シャツに日サロ焼け、素足に革のドライビングシューズなど・・・日本人には無理です。

    *プレママ
    お腹に赤ちゃんがいるなら、もうママでいいのでは?
    何も新しい呼び名作らなくても・・。
    かわいい名前つけて受け入れられようっていう無理やりさを感じます。

    *○○くんママ
    何かの投稿などのペンネーム。
    とっさにペンネーム考えるのは難しいものですが、安直に子供の名前+くんorちゃん+ママ、を使う人が多いので。
    「ママ」って言葉自体があまり好きじゃないからかな?
    20代になっても「母」と言えない人は苦手です。

    *「すいません」と文字で書く
    口ではそう言っても、「すみませんが・・」等と書きますよね?
    正式には「申し訳ありません」とかですが。。。
    40代の社会人男がこう書いていて吐き気がした。

    ユーザーID:

  • 「永遠の少年」「ちょい悪オヤジ」

    タイトルの言葉を聞くと、全身の毛が逆立つような気持ち悪さです。

    少年な自分が大好きな男は女を抱く資格なし!おかあちゃんのおっぱい吸ってろ!

    枯れたくないオヤジ、何がイヤってその「あきらめてない感」、「俺ってまだいける」と思っているその勘違いなギラギラ感。私たち20代の女が考える「素敵なオヤジ」には、若い女にもてることを意識している時点でもう失格ですので。

    でも私は女なので、同姓が同じようなことを言っててもそれはOKですけどね。

    ユーザーID:

  • いいトピですね〜

    福祉関係のイベントなんかでよくある当て字?の
    「ふれ愛」が大嫌いです。ウソくさい・・・

    「〜〜と思ってるのは私だけでしょうか?」という
    書き方も嫌。そういうのに限って、どこにでもあるような、誰でも思うような意見だったりするし。

    ユーザーID:

  • 「全部です。」

    芸能人などを追っかけているファンの人が、
    「○○さんの魅力とは?」
    と、インタビューされて、
    「全部です!」
    とか
    「全て。」
    などと答えているのをみると、
    『ファンなら具体的に言わんかい!!』
    と、思ってしまいます…。
    でも、具体的に語っている人のは、編集でカットされているのかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • そーですかー(京なまりで)

    ちょっと違うかも知れませんが、職場の京都出身の女性なのですが、性格がきつく、意地悪で怖い人がいます。その人が、会話の中で無感動に『そーですかー』と発する時、たいてい機嫌が悪くイライラしていて、あたられる事が多く、本当にぞーっとします。

    ユーザーID:

  • 〜住み

    どこからこんな言葉が出てきたのか分かりませんが、
    ネットの自己紹介とかでよく見かける、
    「どこ住み?」とか「○○区住みの××です」とかいうのが気持ち悪くてたまりません。

    もう本当〜〜〜〜〜〜〜〜に嫌いです。

    ユーザーID:

  • 妻として母として一人の女として、etc

    とりあえず思いつくままに・・・

    「妻として母として一人の女として」
    →歌手または女優が人生の節目などに、「がんばってきた私」を
    冒頭の台詞で自己陶酔気味に語っているのをたまに見かけるが、
    思わず「みんなそこそこやってますよ〜」とツッコミたくなる。

    「絶対負けられない試合」
    →あまりに使われすぎててかえって重みがない。

    「自分へのご褒美」
    →高い買い物をする後ろめたさを否定したいがために
    「ご褒美」という言葉で強引に自分を肯定する自己満足
    にしか聞こえない。

    他にもありますが、既に上がっているものばかりでした(笑)

    ユーザーID:

  • 自分磨き

    って言葉に鳥肌が立ちます。

    「もっと女を磨いて見返す。」とか「自分を磨いて・・」というアドバイスを見るとイライラします。自分でもなぜかはよくわかりません。ついでに「自分探し」も痒すぎます。うさんくさくて我慢できません。

    ユーザーID:

  • デビュー

    ○○デビューという言葉に虫唾が走ります。
    公園デビュー、病院デビュー、社会人デビューなど。
    一体なんなんでしょうね。

    ユーザーID:

  • 自分磨き

    エステとか趣味とか留学とか、うかうか載せられて大金払っていることの言い訳に使う人!お気の毒です。
    しかも頻用する人に限ってくすんでいるのはなぜ?

    ユーザーID:

  • 「そういうのって○○だったり〜」

    よく若い芸能人(広○、浜○とか)が雑誌やテレビでプライベートについてインタビューされているときに、
    「○○だったりだとか、○○だったりするんですけど〜」と
    「○○じゃないですか〜?」という『だったり』『じゃないですか』という言葉遣いが好きではありません。

    それは自分の価値観を相手に押し付けている感じがするからだと思います。

    ユーザーID:

  • 「うまそう」が嫌

    男女差別といわれるかもしれませんが、女の子同士の会話で食べ物のことを「うまそう」「うまい」とか言っているのがすごく嫌いです。

    レストランのガイドブック見ていて、「これうまそうだから今度行ってみようよー」って。やめてくれー!

    ユーザーID:

  • Presents

    Presents(プレゼンツ)です。

    よく、いろいろなジャンルのアーティストが公演や個展をを開きますが、お金を払って見に行くのに、公演名等に
    「○○○Presents」とかサブタイトルをつけているのがとてもイヤです。

    「プレゼント」ならタダでいーじゃんと思ってしまいます。
    何かとても偉そうに感じます。
    何故か「○○○が贈る」という表現ならまだOKなんですけど。

    ユーザーID:

  • あるある!!!!!

    国会議員を先生と呼ぶ。
    細木数子を先生と呼ぶ。
    国会議員は議員だし、細木数子は占い師。先生じゃないのにそれを先生と呼ぶ人には下心を感じて見る目が変わる。

    あと、「ラグジュアリー」「サプライズ」「お色」「おサイズ」テレビに出てくるマダム達が使っているのを聞くと寒気というかげんなりします。
    何故か頭が悪くて下品に見えます。

    ユーザーID:

  • セレブ

    この言葉を聞くと、ゾッとしてゲンナリします。

     本来の意味を無視して使っている雑誌やメディアが多いので、恥ずかしいです。
    金持ち・著名人=セレブと言う安直な解釈をするな!!

    ちょっと名の売れた女優やモデルをセレブと表現するのもさることながら、あの○姉妹をセレブと呼ぶヤカラに喝を入れたいです。

    出自もはっきりしない高級○春婦の彼女達のどこがセレブなんですかね?

    ユーザーID:

  • がんばりたいと思います

    スポーツ選手などが使う「がんばりたいと思います」が嫌いです。
    どうして「がんばります」と言えないのか・・・
    がんばろうと思うけど、がんばらないかもしれないのか?思うだけ??と、妙に引っかかります。

    類似の言葉で「がんばっていきたいと思います」も同じ意味で嫌いです。

    ユーザーID:

  • 「癒す、癒し」
    「感動を与えたい」
    「手作り」
    きらいです。使う人を胡散臭い奴だと思います。
    最近いやなのは「〜してあげる」です
    「あなたのお肌に〜してあげると・・・」
    やめて下さい。

    ユーザーID:

  • 〜してあげると…

    私は物に対して“〜してあげると〜なってくれる”
    と言う言い回しが嫌です。極端な例えですけど
    「フライパンを熱して“あげる”と温かくなって“くれる”」というような言い方。
    物が自発的に変化しているようで違和感を感じます。

    あとこれは伊東家の食卓でよく聞くのですが
    “〜してくれちゃうんです!”って言い方。
    「紙が余計な水分を吸い取ってくれちゃうんです〜」
    …「水分を吸い取るのです」じゃダメなの?!

    ユーザーID:

  • 『遺憾の意』って何!

    タイトル通り、政治で使われる『遺憾(の意)』が嫌い。
    残念なの?怒ってるの?失望してるの?

    「某国の代表者の発言について『遺憾』に思う」って、日本人でもこの政治家がどの意味で使たのかはっきりわからないんじゃない。

    ましてや日本語が母国語じゃない国の通訳の人はどの意味で約して、その発言した人に報告するのかねえ。

    政治家が「遺憾」って言葉を使った時点で「こいつ使えねぇ」って感じてる。ちゃんと相手にはっきり意味の伝わる言葉を使えよ!

    あと『ぶっちゃけ』って言葉が嫌い。
    どんなに深刻な相談を受けててもこの言葉を聞くと、冷めて親身になれなくなる。本当に悩んでんの?って感じる。

    ユーザーID:

  • そうそう!

    「元気をもらう」「感動をありがとう」←ゾゾゾ〜
    「地球に優しい」「ワタシにやさしい」←鳥肌
    「(なんでもかんでも)癒されたい」←いっぺん砂漠で井戸掘りでもしてみ
    「心の闇」←解明する時間とお金、他に使って(切実)。
    「心のケア」←日本語にして。心(精神)の治癒、とか。
    「パートナー(夫婦で)」←夫、妻と言えんか
    「絶対〜かも」←どっちや!
    「・・・と思いますけど。」←「けど」は余計
    自分を棚に上げて挙げればキリがないのだけれど、特にここ数年、タレントから一般国民、著名人、政治家まで皆が皆使っているけど聴く度に「ぞっ」とするのが、
    「・・・かな、と」。百歩譲って通常会話は良いとしても(イヤだけど)、公式な場で「・・・かな、と」はないでしょう。
    「・・・ではないかと思います」と言ってください。お願い。

    ユーザーID:

  • 「小梨」!

    小町で初めて知ったこの言葉が、気持ち悪くてたまりません。
    自分のことをこう書いている方はいったいどういう思いで使っていらっしゃるんでしょう。

    自虐的ユーモアのつもりかもしれませんが、間接的に他の子供のいない女性をもおとしめていることに気づいてほしいものです。

    ユーザーID:

  • 小町でも多い、アレ

    「こんにちわ」「こんばんわ」
    「こんにちは」「こんばんは」でしょう。

    それから、(汗)(泣)など。
    ちゃんと文章で表現してほしい。
    だって、何がどのように(汗)(泣)なのか判らないものが多いから。
    ちなみに(笑)はもうあきらめました・・・

    ユーザーID:

  • 中居くん

    ビストロスマップで、ゲストにメニューを聞くときの中居くんの言葉。
    「なんでも作らさせていただきます。」

    毎週この一言を聞くのが耐えられず、スマスマを見るのをやめました。

    この言葉の使い方、日本語としてあっているんですか?
    どうしても、「作らせていただきます。」でいいじゃん!!と思ってしまいます。

    おかげで、最近この言い方をする人が増えている気がします。。。

    ユーザーID:

  • 小町の中だけでも

    「わたしの場合・・・」
    「激怒」
    「・・・は、いかが?」
    「心が狭い」

    他には既に出てますが
    「元気をもらう」
    「感動を与えたい」
    「だいじょうぶですか?」(年下が確認のために年上に向かって言う時)

    ユーザーID:

  • 酒、たばこ、女

    酒、たばこ、女・・・女は嗜好品のひとつなのかい!
    大っきらい!この言葉!

    ユーザーID:

  • よろしかったですか?

    比較的若い店員さんに多い、確認の言葉。

    「5千円からでよろしかったですか〜?」
    店長がそう指導してるのかと不思議。

    「5千円からお預かりします。」も嫌。
    「5千円お預かりいたします。」でいいのに。

    ユーザーID:

  • 質問に対して「わ、XXです」

    文字にしづらいのですが、例えば
    「好きな食べ物はなんですか?」に対して
    『・・・わ、ハンバーグ』
    「傘持ってきた?」に対して
    『・・・わ、持ってこなかった」
    (発音は『わ』だけど、文字で書くなら「は」かな)

    『好きな物は、ハンバーグ』『傘は持ってこなかった』って答えられないの?省略するのもいいけど、文章の先頭から主語を省略することないだろー!

    本当にゾッとします。

    ユーザーID:

  • なんとも思わないのか?

    プロ野球応援団の垂れ幕などでたまに見かける
    「○○の核弾頭!」ってやめて欲しい。

    今朝読んだ女性企業家のインタビュー記事。
    「震源地は○○さんだった。」・・・。

    何とも思わないのだろうか???

    ユーザーID:

  • いっぱいありすぎ

    確かに、「あたし」というのが嫌です。
    使うコって割合、自分がかわいくて大好き、なコです。

    「〜するじゃないですかあ」も、はっきり断定してほしいってイライラします。
    あと、英語も話せないのに、やたら英単語を使う方。もしくは英語が話せないのに、英語歌詞をネトネトした発音でその気になって歌うアーティストとか。すごく気持ち悪い。

    ユーザーID:

  • 私だけです、たぶん。

    なんでだか具体的な理由がわからないけど寒気がするんです。

    ・味噌汁のことを「おみおつけ」
    丁寧な言い方なのは知ってるけど、なんだか寒気がします。「お味噌汁」でいいんじゃないかと。

    ・くせ毛のことを「くせっ毛」
    なぜ「せ」のあとが「はねる」のか。

    ・ノーメイクのことを「すっぴん」
    口に出すのも気持ち悪い。

    ユーザーID:

  • あるある

    自分へのご褒美、本当の自分、ぶっちゃけ、ゲットする、コクる、嫁、(気分が、という意味なんでしょうが)へこむ、あけおめ・ことよろなど。

    上記の言葉を聞くと背中が痒くなります。メールの字面で見てもムカムカします。
    子供のことを「天使」だの「王子様」などと表現するのもぞっとします。夫が我が家の犬を「ウチの王子」と表現するのですが、それもぞーっ。恥ずかしい、名前で呼びなよ…と思ってしまいます。

    歌詞でよくある「○○な気持ち抱きしめて〜」「せつなさ抱きしめた〜」などの言い回し、げんなり。どうやって抱きしめるんだ。

    ユーザーID:

  • なぜか

    鮭のことを「シャケ」と言われるとムカッときます(笑)。
    あとは、「うちら」は別にいいんですが、東京の高校生が「うち」と「うちら」の「ら」を抜いたイントネーションで言ってるのを聞くとムカッと来ます。「うち」じゃあ「家」になっちゃうでしょって思います。

    ユーザーID:

  • 努力・根性

    最近TVでの“若見え”。

    その日はコギャルの格好の37歳、しかも今のコの流行(?)の内股歩き。
    しかし、厚化粧と帽子を深く被って隠しているのか、アップになるとおでこと目じり首は皺だらけ!
    「“若作り”の間違いだろ!」 と一人で突っ込んでしまいました。

    格好が若いから、きっと近所の人に「若いですねぇ」と言われて、それを勝手に勘違いしちゃったんじゃないかと思いました。
    冷静に見てみると、とっても“イタイ”です。


    あと会社で、“私は努力してます!”“私は根性があります!”とアピールする言葉もゾッとします。
    わざわざ自分から言う事じゃないと思うのは、私だけぇ?

    ユーザーID:

  • 『〜ちっく』

    アジアちっく、おしゃれちっくなど、この言葉を使われる度にその方と1km位づつ距離が遠ざかっていくのを感じます。

    以前、人間的にどうも好きになれない女上司がこの言葉を連発する方でして、その後遺症だと思います。

    「あ、なんか今日の服装、キャリアウーマンちっく狙った??」
    ああ、思い出しただけで…。

    あとは最近の若者言葉全般も苦手です。
    とくに「まじヤバくね?」「まじキモいんですけど」
    ああ、もうさようなら〜〜

    ユーザーID:

  • ホントにねぇさんへ

    >今は減ってきたかも知れないけれど「ナマ足」は、
    >本当に聞いていて気分が悪くなりました。
    >「素足」って、昔からの表現があるのに、何故それを
    >使わないのか、疑問で仕方ありません。

    「素足」と「生足」は違いますよ。
    靴下を履いていれば「素足」ではありませんが、
    靴下を履いていてもその他に足になにも履いていなければ「生足」です。

    ユーザーID:

  • 絵文字でもある

    がっつり、ぶっちゃけ、まったり に引きます。
    メールでの文字だと、余計に寒気がする〜!

    あと、絵文字での[!]や[!?]も語尾がきつく感じてムカッときます。
    絵文字ではなく、普通の黒字で!や?を使えばいいじゃ〜んと思ってしまうのは私だけでしょうか?

    ユーザーID:

  • 色々ありますね。

    皆さんがゾ〜ッっとしたり
    チッって思う表現してました(汗)。
    洒落で「○○っすよ」とか・・・。

    自分の事を説明する時に
    名前やHNをやたら連発するのは勘弁してと思います。
    男性でもいますね。甘えた感じがゾ〜ッとする。
    アタシやオイラっていう女性も・・・。

    ここ最近だと
    「アタシは人見知りなんですけど〜」
    っていうのが一番「チッ」って思う表現だったかな。

    あと自分で「天然」とか「オトボケ」って言う人って
    なんなんだろうって思います。

    ユーザーID:

  • パパ!

    子どもを持つと夫のことを「パパ」を呼ぶ人。
    子どもの前だけならまだいいけど、大人同士の会話で夫のことを「ウチのパパがね・・」にはムシズが・・・。
    パパ、パパって愛人じゃあるまいし。

    「○○(子どもの名前)ちゃんのママ」ってペンネームにもゾ〜〜〜。

    ユーザーID:

  • お試しあれ

    「お試しあれ」はなんか凄く嫌いです。
    「あれ」って何よ?と思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 「ら」抜き言葉と重複表現

    私は「ら」抜き言葉と重複表現が大嫌いです。
    「居(い)れない」「答えれない」なんて聞くとムカっとしてしまいます。

    重複表現(重言)はそれが重複だと気づいてない場合が多いですね。
    ・エントリーナンバー1番
    ・射程距離
    ・排気ガス
    ・ハンドルネーム
    ・犯罪を犯す
    ・違和感を感じる
    ・炎天下のもと
    ・あとで後悔する
    ・まず初めに
    ・余分な贅肉
    ・故障中
    ・・・・・・・

    ユーザーID:

  • 「インパ」「〜じゃないですかぁ」「旦那さん・様」

    インパ」を初めて聞いた(目にした)ときは
    『なんのこっちゃ』という感じでした。
    主にTDRに行くのに使うらしいのですが・・・
    TDR好きなので、関連HPをよく覗くのですが
    慣れません。

    「僕って〜じゃないですかぁ」とテレビでタレントさんが
    言っていました。

    「最近冬でも部屋は暖かいじゃないですかぁ」とニットの
    半袖を勧めた、洋服屋の店員が言っていました。

    思わず、『知らねーよ!!』と心の中でつっこんでしまい
    ました。


    自分の夫の事を「旦那さん・様」というのも引きますが、
    「私は旦那を尊敬しているので、あえて『様』とつけます!!!」
    と言う方がいて、ゾッとしました。

    ユーザーID:

  • 小生

    「小生」がゾー
    わざとへりくだって
    自分を小さく見せてるような
    気の小ささorあざとさ を感じる。

    ユーザーID:

  • なるほど〜

    興味深く読ませてもらいました。

    nanashiさんのレスにはおぉ!と思いました。
    確かに私自身も不快さを感じていたように思います。

    私が一番嫌いなのは「旦那様」
    自分が作ったYの掲示板で、やたらこの単語を
    連発する人が増えてから去りました。
    ほんとすっごく気持ち悪いんです・・・・・・。

    ユーザーID:

  • 所詮劣等感ですが

    「外国に行くと世界が広がる」
    「外国人の友達が沢山できて世界が広がった」

    あなたの「外国に行く」は、たかが旅行でしょう?
    「日本人対日本人」の交友関係は
    「日本人対外国人」のそれより根本的に劣っているとでも?

    …と心の中で憎まれ口を叩きつつ
    その「たかが」海外旅行さえ未経験で
    友人、知人がすべて日本人である私ですが何か?

    「世界が広がる」ってどういうことだ。
    友人や知人がすべて日本人で何が悪いというのだ。

    一度や二度、海外旅行をしたくらいで
    日本から出たことがない人間をそんなに馬鹿にするなら
    あなた一生その行った先の国で暮らせばいいじゃないですか…
    と「思う」。
    (言えない)

    海外に行ったことがあることがそんなに立派で世界が広くて
    「日本から出たことがない人間は小さい」とでも言いた気な
    キラキラした目で私を見ても
    結局あなたは日本に戻ってきているじゃないですか。

    …私って小さいな(涙)。

    ユーザーID:

  • 「スイーツ」

    タイトルの言葉を見る・聞くたびに
    「なんだよ『スイーツ』って!デザートでいいじゃん!お菓子・おやつでいいじゃん!」
    と心の中で叫んでいます。

    特に許せないのが「和風スイーツ」。

    「和菓子だろ!!!」

    と、力の限り言ってやりたい…

    ユーザーID:

  • 「パパ」

    「今日はパパがお休みなので家族でお出掛けしましたー」

    お父さんのこと?それとも愛人?って嫌味言いたくなる。
    内輪だけにしておけって!!

    掲示板でその呼び名でスレ・レスがあると読まずにスルーしてしまいます。

    ユーザーID:

  • だからアナタはいくつなの!?

    ゾッとするというより、イラつくのが、
    会話の中で、「あの人は私より2つ上」とか「私の3つ下の子が〜」と、自分を基準にして人の年令を表現する人。
    また、そういう人に限って、絶対自分の年令は言わないんですよね。
    まあ、話の内容からして、いちいち「もしもし?アナタの年令知らないんですけど?だからその人はいつくになるワケ?」と突っ込むほどのことでもないので、そのままにしておきますけどね。

    ユーザーID:

  • 「はぁ?」

     タイトルどおり。なんたる拒絶的な言葉でしょうか。いや、こんなの言葉ですらないと思う。小町でも他の掲示板でもよく見かけますね。

     先頃放送されていた乳ガンをテーマにしていたドラマ、途中まで見ていたのですが、登場人物がやたらと「は?」「はぁ?」と返すのが耳について、嫌になって見るのをやめてしまいました。脚本家は言葉のプロなんだから、こんな汚い言い回しは使わないでほしい。

    ユーザーID:

  • 省略しすぎ

    本当に面白いトピックスで、一気に読んでしまいました。
    私が大嫌い、それこそ虫唾の走る表現はファッション雑誌や洋服の通販雑誌でよく見かける
    「コーデ」(コーディネイトの略)
    「カーデ」(カーディガンの略)
    「キャミ」「ワンピ」…(以下略)
    などです。
    これらはほんとに「ウッ」となるぐらい気持ち悪く
    虫唾が走ります。

    ほかに地域限定なのですが、生協の開発商品
    (昔のコープスタイル。今はコープス)の商品タイトル

    「もっちり切り餅」とか「しっとり神戸カステラ」とか
    一々形容詞が付いてるのがとっても嫌いです。

    ユーザーID:

  • イヤだと思うものは、ほとんど出尽くしたけど

    自分の事を「アテクシ」と言うのが、すごくイヤ。

    へりくだっている様に見えて、上目でこちらの様子を伺っている様なニュアンスに媚を感じます。
    「アテ」でも「ワタクシ」でもない、中途半端な謎の言葉で自己主張する彼女らの意図が、さっぱり分かりません。

    メールで使われてもゾッとするのに、喋る時も耳に入ってきたら、逃げ出したくなります。

    ちなみにぷらさんの仰る『男のロマン』。
    私も「男のロマンとはな・・・」と熱く語る方に時々遭遇するのですが、その人が「パチパチパンチ」や「スピードハット」を発動しているのを連想してしまい、本人を前に笑いを堪えるのが大変です。

    ユーザーID:

  • 私はこの言葉!

    「リスペクト」。どうしても旦那を「リスペクト」できないのよねぇとか聞くと耳をふさぎたくなります。「〜じゃないですかぁ」もいまだになれません。

    ユーザーID:

  • ヤバくない?

    「ヤバくない?」
    「チョーヤバい。」
    キモチワルイ物を見たときも、
    マズイ状況に陥ったときも、
    カワイイ物を見つけたときも、
    おいしい料理を食べたときも、
    この言葉しか出てこないらしい、最近の日本人。

    この会話を聞くたびに、これから日本はどうなっていくんだろう・・・とゾッとします。

    ユーザーID:

  • 自分のケツは自分で拭く

    私はこの表現が苦手です。
    いくらでも他に言い方があるのに、
    あえて汚い表現を使うところがゾッとします。

    ユーザーID:

  • あるある

    たいして親しくもない男性に下の名前、○○ちゃん、
    または○○!と呼び捨てにされると、ぞっとします。
    ”私、あんたの女じゃなわよ”と、心の中で叫んでます。

    ユーザーID:

  • 出会い系サイトで

     非常に多いですが、「見た目は若く見られます」「3?才ですが、いつも20代に見られます」
     自分の年を気にしているのがばればれで、見苦しいです。。。

    ユーザーID:

  • 浮気の言い訳の…

    男性(政治家、タレントなど)が言う
    「男は本能的に、多くの子孫を残すようになっているから浮気は生物学的に正しい」という言い回し。

    どれだけ本当に生物学を勉強したか知りませんが、
    そんなに本能に従いたいのなら、文明のない国へ行って
    一生狩でもしてろと言いたくなります。
    これで少しでも笑いが取れると思っているなら
    なんだかもうどうしようもないです。
    本気で言っていたらさらに救いようがないですが…

    ユーザーID:

  • メモしたいくらい

    このトピックに対する発言を一通り読んだ後、他のトピックを読んでいたら、ぞっとする言葉がたくさん飛び交っていました。明日から気をつけたいと思い、もう一度発言を読み返しにきました。

    「全然大丈夫」は、頭が悪そうなのにえらそうな感じがして、私が今一番直したい口癖です。

    ユーザーID:

  • 住所を言えば羨ましがれるようなところに住んでいます

    それってどこなの?
    私も羨ましがられるけど、そんな風にいうもんじゃないと思うけど。
    田舎から都内にでた人の寒い一言だと思ってます。

    ユーザーID:

  • もっと下がいる

    落ち込んだりつらい体験をした人をはげますために「あなたよりもっと辛い人がいるのよ」という言葉です。
    そんな人も頑張ってるから、貴方だってもっと頑張れるということなんだと思うんだけど。なんかいいように思えません。私は嫌です。なんか「あれよりマシだ」と言ってるみたいで。さらに下を見て、「あーまだ私って幸せ」って思えってことでしょうかねぇ。私がその下の人間なんです。
    アレよりマシって思われてる人間は、どうしたらいいんでしょうか?私ってひねくれもんですか?

    ユーザーID:

  • 励まし系が嫌い

    曲の歌詞に「負けないで」や「諦めないで」や「夢は叶う」などの言葉が入っていると聴く気が失せます。
    結構、この手の言葉が入った曲って多いんですよね。

    ユーザーID:

  • 「このコ」

    「このコ(商品を指して)はいい仕事してくれます」

    化粧品クチコミサイトなどでよく見る表現ですが、
    みかけるととっても気持ち悪くなります。

    ユーザーID:

  • えーと。

    「癒し」ですね。
    動物、ぬいぐるみ、植物、海、山。

    なんでもかんでも「癒し」「癒し」。

    他力本願な気がして。
    うるさいっつーの!!

    ユーザーID:

  • 「ふいんき」

    「雰囲気(ふんいき)」を「ふいんき」と言うのがダメです。
    若い人がよく使っていますが、聞くたびに嫌な気分になります。
    掲示板などで「○○なふいんき(変換できなかった。何で?)」等と書いてあるとウゲーと思ってしまいます。

    あと女の子の使う「僕」とカタカナの「ボク」も嫌です。

    少しずれますが、個人のHPの「BBS」が「びぃびぃえすぅ♪」と書いてあるのも苦手です・・・。

    ユーザーID:

  • 「がっつり」とか「うちら」って

    方言ですよね?
    もしかしたら使っている方は
    方言だと気づいておらず、標準語だと
    思っているかもしれませんね。

    がっつりは、当然ながらがっちりとしっかりの
    合わさったものではないでしょう。
    因みにテンパるは、麻雀用語。
    プロレスで
    気を失ったことなどを「おちた」というのと
    同じで、それでもう一つの言葉なんですよね。
    黒星白星みたいなものです。

    それが日常生活でもいうようになったと
    いうだけ。
    ですので、変な言葉でもなければ、
    若者言葉でもありません。
    昔からある表現です。
    「テンパってる、テンパる」逆を、
    「ノーテン」と言います。
    ニュアンスは麻雀をやらない人にはわからない
    かもしれません。

    私がぞっとするのは「ゾっとする」です。
    使ってもぞっとしますね。なんだか、全否定で
    ある語感と自分の意見が基準よ!という感じが
    好きではありません。虫酸が走るとかは
    良いんですけどね。

    ユーザーID:

  • 連れはOK、相方はやめて!

    「連れ」のどこが気になるんだろう(方言だよね)と思っていたら、他地方の人間が使うのがキモチワルイんですね。ちょっとわかるかも…
    関東地方だったら「ダチ」に相当するのでしょうか(笑)私は、どっちにしてもあまり気にならないなあ。

    でも「相方」だけは、ど〜〜してもいやです!そりゃ、「旦那さん」とか「主人」とか、言いたくない気持ちもわからないではないですが、気合いが入りすぎてるというか。

    ユーザーID:

  • そりゃもちろん

    「サバサバしてる」です。
    自称サバサバ女にサバサバしてるヤツはいない。
    あと「ふっ切れる」もダメです。
    背中がむず痒くなるような何とも言えない感覚に陥ります。
    小町お得意の「心が狭い」「視野が狭い」これもゲッときます。
    ちなみに私は「相方」は好きですよ。

    ユーザーID:

  • 「まぁ・・・なんですが。」

    メールや掲示板などで意見を述べた後の、
    「まぁ、***なんですが。」「まぁ、***なんでしょうけど。」。
    中途半端な意見なら思い切って省略するか、もう少しよく考えてから書いたほうがいいかなと思います。

    「だんな」「うちら」「・・・じゃん」

    育ちが悪いのか環境が悪いのか、使わないとかえってその場にそぐわない気がしてゾッとしながらも使っています。

    友人との会話中、「夫」は少し硬すぎる気がします。「彼」「うちの・・・」も今ひとつしっくりきません。「主人」ではちょっと大人すぎて。

    他の方が挙げていた「相方」「連れ」。

    知り合いが使っていますが、内縁の妻のことなので他にどう呼べば?毎回「内縁の妻が・・・」ではおかしい。
    「妻」と言い切るのは本人たちにも抵抗があるんだと思う。辞書を引けば表現はあるかもしれないけど、口語体でしっくり来る言葉って・・・?

    一体なんて言えばいいんでしょうか。

    「・・・させていただき」の連発、「難しい対応が迫られています」などのニュースの決まり文句もゾっと来るけど、そんな人様のことばかり気になってる自分に何よりゾーッ!です。

    ユーザーID:

  • 幼稚な言葉

    花子ちゃんのお母さんを「花子ママ」ということ。
    夫を「ダンナ」ということ。
    夫の実家を「義実家」ということ。
    なんて読むんです?ぎじっか?
    いい年して「おとうさん、おかあさん、おねえちゃん、おにいちゃん」ということ。
    小学校卒業したくらいの年齢からは「父、母、姉、兄」と言いましょうよ。

    こんなのが ぶっちゃけ アタシ的には 嫌だな。

    ユーザーID:

  • そう言えば

    「いくつになっても女でいたい」
    文面から、強烈な香水の匂いが漂ってきてクラクラします。

    ユーザーID:

  • あった、あった

    思い出したので追加レスを・・・。

    テレビ、ラジオで物や場所など「オススメ」として紹介した後に必ず言うセリフが
    「この週末、あなたも○○してみてはいかがでしょうか?」
    他に〆の言葉がないみたいで、かなり頻繁に使われてます。

    それから、宮沢りえが自分のことを話す時に言う「我々、表現者は…」。
    絶対「女優」とか「役者」って言わない。
    自分のことを高尚に言い過ぎって感じ。

    ユーザーID:

  • ほっこり

    タイトルですが、某通販雑誌によく出てきます。なぜかムカムカーッとしてしまいます。・・・私だけかしら?

    ユーザーID:

  • 沢山ありすぎ!

    ・仲良くする。ダッコする。
     夫婦の営みの意

    ・いきいき、前向き、ポジティブシンキング。
     人は、落ち込んではいけないらしい。

    ・アンチエイジング
     高い化粧品を使うと、加齢がとめられるらしい。(ププ)

    ・じゃないですか〜
     アナウンサーが使っていると、首しめたくなる。

    ・あなたが愛した人を育ててくれたお姑さんなのだから、親孝行しなくてはね。
     脱力。。。。

    ユーザーID:

  • あります

     自分の話の途中で「・・・うん。」を何度も入れる方々。
    話している内容に納得しながらなのか、はたまた(これって正しいかな?)って思いつつ喋っているのかは分かりませんが、とにかく鬱陶しいです。
     あと、「ですよね」をやたらと語尾につけるのも嫌です。同意を求めた話し方なら何の問題もありませんが、意見を聞かれているのに「嫌ですよね」だの「怖いですよね」だの言っているのを聞くと腹が立ちます。自分の意見なら自信を持って言いなさい、と思います。
     テレビで若い人たちが喋っているのを聞きすぎたせいかもしれません。

    ユーザーID:

  • もう聞き飽きた!

    何かにつけて「前向き」。
    ソレ言えばプラス思考な人間に思われてるとでも思ってんのかよ!

    ただ暗い話が長くなりそうな時や面倒くさい話を
    きりあげる為によく使われている気がして仕方がない。

    そして一言・・「後ろ向きで悪かったな!」

    ユーザーID:

  • 「使えない」「素直に」

    ・「気が利かない」「有能でない」「自分に都合良くない」人を評して「使えない(『ツカエネー』と発音)」
    ……初めて聞いたとき、なんて酷い表現だと思った。

    ・映画や本の感想で「素直に楽しめました。」「素直に感動しました。」
    ……自分の見方・意見を整理し、人に述べるのは、ひねくれているのか?と感じてしまう。

    ユーザーID:

  • 育児雑誌より

     ほかの方も言われましたが、「赤ちゃんのお世話」って言葉に最高に腹が立つ!何で「お」をつけるのかがどうしても理解できん!少子高齢化のこの時代、子どもは国の宝だから母親といえども子を奉らねばならんのか!それから、「じいじ」「ばあば」「公園デビュー」「初めての○○」「ママ友」・・・勘弁してくれ〜!後、「○○ちゃんママ」と言う人。寒気がします。

     それから何でも語尾を上げて話す人。そういう人は自分の話にも相槌を打ちながら話している。例えば「○○へ行ったりとかぁ?うん、試してみたいしぃ?うん」という感じで。

    ユーザーID:

  • 元気印にもう一票

    少し前のバレーボールの国際試合、ピンチに中村和美選手起用という場面、必ず解説の元オリンピック選手は「元気印!登場」と彼女を讃える。
    これでゾゾォーっとしてしまい、中村さんのことが嫌いになった。

    バレー用語っておかしいのが多い。

    同じく元オリンピック選手の解説者だが、中田久美さんの後任の全日本セッターをなぜか「ピットさん」と呼ぶ。ちゃんと中西選手って呼んでやれよ。オタクのスポーツじゃないんだから。ちなみにサッカーの「カズ」、野球の「イチロー」は登録名がそうだから違和感は少ない。

    エースアタッカーをライトに置く場合,その選手をスーパーエースって呼ぶのはいいが、ポジションが「スーパーエース」って何、ポジションはセッター対角で、役割がエース(スーパーがついてもいいが)なんじゃないの。

    西武の松坂が「僕のポジションはエースです」とは絶対に言わない。彼のポジションは投手だ。

    って誰かがバレーボール協会に抗議でもしたのか、最近はポジションをアタッカーとかセンターとかえらくシンプルに呼ぶようになったみたい。

    こうなるとせめてレフト,ライト(セッター対角)くらいの区別はしてほしいな。

    ユーザーID:

  • ゾッとする時

    1)ネットで自分のことを俺様と言っている人を見かけた時

    勝気なオタクが好んで使っています。

    2)ネットで“〜をリスペクト”と言っている人を見かけた時

    尊敬するとか敬意を表するって言えばいいのに。
    何でもかんでも英語にするのは止めてください。

    ユーザーID:

  • 鬱陶しい

    言い回しではなく単語で、ぞっとするよりも鬱陶しいのですが
    最近妙に増えてきた「甘い」

    とにかく何かを食べると「あま〜い!」「甘いですね」「甘みがありますね」
    「それしか言葉を知らんのんかい!!」と突っ込みを入れたくなります。
    素材の味はいったいどこに行ってしまったんだ。

    ユーザーID:

  • 〜ですかね。

    これがうわさの○○ですかね。あの白い建物ですかね。
    そうですかね、いいですかね、耳障りです。
    美しい響きではありません。

    ベッカム様、ヨン様などの「様」づけもきらいです。

    挙げられた言い回しの数々、いちいち頷けるものばかりで興味深いです。

    ユーザーID:

  • インタビュー

    相撲の優勝インタビューなどで(最近は他のスポーツにも飛び火しているけど)最後に必ず出る質問

    「今のこの気持ちを、誰に伝えたいですか?」

    ・・・ゾゾッ
    誰かに伝えなきゃならんのかい。自分独りで喜びをかみしめたっていいじゃんか。

    それに対して必ず出てくる答え。

    「おかあさんに」

    ゾゾゾ×10の無量大数乗
    デカイ体して、お前はマザコンかい!ほんっと虫酸が走る。


    次に嫌いなのが、裁判に訴えられた会社が必ず出すコメント
    「訴状を見ていないのでコメントできない」

    言う方も嫌いだが、それをそのまま書く方も芸がなさすぎ!この2つ、大っ嫌い。

    ユーザーID:

  • ダーリン

    「旦那」「主人」がダメと言う方がわりとおられますが、私は「ダーリン」のほうがダメです。
    「ダー」と略されると吐きそう。
    若い子ならともかく、40前後の女性が使っていた時に呆れました。

    あと「パートナー」も、表現としては正しいのでしょうが「うちは対等なの!」と強調されてるように感じる。
    そのうち一般化するのかもしれませんが、今はちょっと違和感。

    グルメ番組などの「さて、お味はぁ?」という妙な囁き声。
    「お味のほどは?」もゾーッ!

    指示を出す際の語尾が全部「○○してくれるぅ!」だった店長。
    くれる?と↑に上がるのではなく、くれるぅ!と強い口調で↓に下がるのです。
    「してよ!」でいいのに。
    嫌味ったらしくて不快でした。

    リック→リュックだろ!
    ベット→ベッドだろ! 
    「バシッと叩く」を「バシット叩く」と変なところまでカタカナになっているのもすごくバカに見える。

    みみさんと同じく、話の途中笑いを含ませる人も苦手。
    営業などで、作り笑いと一緒に「○○をご案内したいなっていうお話だったんですよ〜」の「したいなっ」くらいでもうふふっと笑いながらしゃべってる。
    こっちは何もおかしくない。

    ユーザーID:

  • いっぱいいっぱい、と「心のケア」

    普通に「忙しい」と言え!

    「心のケア」、、、最近必ず出ますね、事件があった後の報道で。なぜかぞっとします。一部英語だからかな。

    ユーザーID:

  • 小町でよく見る

    ・トピ
    ・スレ
    ・スレタイ
    ・トピ主
    ・スレ主
    ・レス
    ・カキコ

    小町のみならず、ネットの掲示板はよく見るし自分も投稿しますけど、
    上記のような独特の言い回し、嫌いです。絶対使いません。
    (使ってる人を否定はしませんが… でも「トビ」はやめなよ、と思います)

    パソコン・ネット関連の用語を日常にも使う、あれもいやですね。
    最近多いのは「デフォルト」。
    グルメ系ブログ等見ると、しょっちゅう
    「定食には茶碗蒸しがデフォ」などという表現…
    普通に「茶碗蒸しがついてくる」でいいじゃないか!

    日本語を使おう!!

    ユーザーID:

  • 日本語を片仮名で書くな!

    >オトコって単純だなって思うと、カワイイなってキモチになり、カレがイトオシクなります。

    っていう風に日本語なのに片仮名表記にしているのをみると、背筋がぞくぞくします。それに、文章表現で「って」とは何よ?!「と」とか「と言う」とか書けないの?可愛いつもりなのか???

    まあギャルなら微笑ましいけど「42歳独身女性」にこれをやられた日には「ヒキマス」。

    ユーザーID:

  • 「命の大切さ」

    こう言われると、命がメーターに乗っかってるようで、とても軽んじられているみたいに聞こえます。

    「自分探し」は私も嫌いです。「そこにいるの、誰?」って聞きたくなってしまう。

    人気のフレーズ、「みんな違って、みんないい。」もなぜか好きになれません。当たり前のこと、何でわざわざ・・・という気がして。結果的に同じになっちゃってもいいじゃないか、って突っ込みたくなるのです。

    ユーザーID:

  • こしらえる

    私は某ドラマで使われる「こしらえる」がダメです。
    あとは皆さんと同じで「つれ」、女優やモデルさんが雑誌のインタビューで使う「自然体」「自分に正直に生きています」がダメです。「つれ」のはっきりしないところがいらいらします。彼女なのか、友達なのか、はっきりして欲しいです!

    ユーザーID:

  • ゾッとする過剰敬語

    某有名デパートにて
    「お名前様を頂戴頂けますか?」
    「お名前を頂けますか?」で十分のはずなのに。
    敬語をいくつも重ねれば、より丁重でになると思っているのか、教育不足なのか、聞くたびゾッとします。
     
    某病院のムンテラにて
    「患者様のご入院にあたりまして、患者様ご家族様に快適にお過ごし頂ける一泊2万円の特別室のご用意もございます。いかがいたしましょう?」
    医療現場に人間に「患者様」と呼ばれると、ゾッとすると同時に、金ヅルの客と呼ばれているようでムッとします。

    ユーザーID:

  • トルコねこさんへ

    横ですが…「がっつり」は北海道?の方言だそうですよ。

    ユーザーID:

  • オレに言わせたら

    物事に対してどちらかというと批判的な意見を言う時に、
    「○○ってオレに言わせたら××なんだよね。」などと言う人。
    女性でも「アタシに言わせたら△△だわ。」とか。

    なんでアナタにそんなに偉そうに言われなきゃいけないの?一段上から物をいってるのでしょうか?

    あとこれは方言の部類に入るのかも知れませんが、女性で食べ物を見たり食べたりした時に、
    「うまそう〜」「うまい!」という人。
    どうも気に障ります。「美味しい」という表現の方が女性らしいと思いますが・・・・。
    特に普段カワイイと思っていたTVレポーターなんかが、
    「う〜うまい!!」といった途端に冷めます。

    ユーザーID:

  • 「俺に言わせれば」

    が大っ嫌いです。
    自己顕示欲の強そうな人がよく使っている気がします。

    ・「自分探し」
    ・「カキコ」「メアド」
    ・「勝ち組」「負け組」
    ・「○○ママ」(○○には、自分の子供の他ペットの名前も入る)
    以上に一票ずつ。

    その他、「〜ですよね」も気になります。
    インタビューに答えている場面によくあるのですが、例えば盗難に遭った芸能人が現在の心境を訊かれて、
    「悔しいですよね」
    と答えるといった具合です。
    いや、こちらに訊かれても…。
    「悔しいです」か「悔しいですね」だと思う。

    でも、ここに挙がっているうちのいくつかは私も使っています。「相方」とか。
    そうか、ダメか…。

    ユーザーID:

  • 「ありえなぁーぃ」

    最近流行っているのか知りませんが、若い人が何でも事あるごとに「ありえなぁーぃ」と連呼しているのを聞くのは大変疲れます。ちゃんとした文章の中で「ありえない」を使うのならまったく問題はありませんが、「ありえなぁーぃ」だけでは聞くに堪えがたいです。

    テレビの料理番組で、先生が「次はたまねぎを炒めてあげましょう」、「コショウを振ってあげる」とか言ってますよね。いったい誰のために炒めてあげるの?たまねぎさんのため?コショウさんのため?どうも納得がいきません。

    テレビに出てくる子供が非常にませた言葉遣いをするのも嫌です。しかも中途半端すぎて格好が悪すぎる。子供なら子供らしくしゃべってほしい!

    テレビに出てくる人たちの大人の言葉遣いのレベルの低さにもがっかりです。プライベートならまだしも、テレビという公共の場ではもう少し格好よく話してほしい。良識のある人間なら悪い例、恥ずかしい例として笑うことですみますが、その違いがわからない人たち(とくに子供達)がそれを真似してしまうので困ります。

    ユーザーID:

  • 〜してあげる

    丁寧語だと思っているのか、ペットにまで”〜してあげる”って気持ち悪いです。
    ペットには”〜してやる”でしょう?

    あと、それだけならまだしも ”お肌に栄養をあげて下さい”、”塗ってあげて下さい”、”裾を折ってあげる”・・・などなど、一体誰に対して”あげる”なの〜?

    ユーザーID:

  • お名前様、おビール、”あのですねぇ〜”

    セールスの人に多いのですが ”こちらにお名前様を書いて頂けますか?”って、ゾ〜ッとするほど嫌いです。なんで名前に様を付ける必要があるの?

    あと、”おビール”も気持ち悪いです。丁寧語のつもりなんでしょうけど。

    ついでに言うと、言い始めに”あのですねぇ〜”っていうのもトリハダものです。

    ユーザーID:

  • アダルト・チルドレン

    "一説には世の中の80%がそうだと言われる" なんて言ったら、
    「それが普通な子供の育ち方」
    なのに、それを理由にして、自分がいかに親からひどい目に合わされたかを延々と文句たれている人たちが居ますね。

    もちろん、中には目も当てられないひどいケースもあります。

    ですが、今現在ここに居るあなたは、二十年から三十年かけてあなたになったわけで、あなたの親がどうこうした、ってことはあなたの一部であって、それを理由に何かできないとか拒む理由にはなりません。

    アダルト・チルドレンの定義に200%はあてはまる私が言うのだから間違いないですが、この言葉を使って自己憐憫する人たちには心底ぞっとします。

    ユーザーID:

  • う ち ら

    「うちら暗いね。」とか言う言葉が、大嫌いです。

    自分と他にもう一人しか、価値観の合う人が居ない(つまり、2人きり)という感じがして、ならないです。

    ユーザーID:

  • 自意識、自己愛関係

    ○「人間が好き」
    ○「私は本音は絶対に明かさない」

    どちらも、内容自体は別にいいのですが、わざわざ言葉に出されると何だか恩着せがましさのようなものを感じてしまいます。

    「人間が好き」に関しては、数年前就職活動の集団面接の自己アピールで「私はすごく人間が好きで〜」と得意げに語り出した学生がいまして、隣の私が内心赤面した覚えがあります。

    「本音は明かさない」もね…『別にあなただけでなく、多かれ少なかれ誰でもそうなのでは?別に聞き出そうなんて思わないから安心してくださいよ』と思ってしまいます。

    ○自分について語る際「私」で体言止めにされた文。
      例)「なぜかいつも忙しい私。」

    また、既に多数出ていますが、「自分探し」「自分磨き」「〜という自分がいる」等も。
    要するに、立派な言い方をしていながらその実自意識や自己愛に満ちた言葉が嫌いです。

    ユーザーID:

  • ゾッとさせられっぱなしです

    みなさん素晴らしいです。
    せっかくだから参加したい!!
    まだ出てないのは…と半日考えました。

    「…ある意味○○だよね」というのはどうですか?

    私はこれを聞くと虫唾が走ります。

    ユーザーID:

  • 患者様

    といっても 表面だけ丁寧な感じ・・・・・

    ユーザーID:

  • 自分の子供を

    “○○ちゃん”とか“○○くん”と呼ぶ親。

    なんか気持ち悪いです。

    ユーザーID:

  • たくさんあります。

    自宅のことを「おうち」と言う友人(30歳)。お前いくつだよっと思います。

    旦那、カミさん。この二つも大嫌い。
    カミさんって言っていいのは刑事コロンボだけでしょう。

    ユーザーID:

  • 名前一人称

    背筋凍りますね、一人称が名前の人って。オワー勘弁してください、しかもいい年こいた大人が…

    ユーザーID:

  • 小町の中で

    義実家、義両親、はここでも指摘されていますが・・

    私は
    温度差
    旧帝大(本当に旧帝大に関わった高齢者を指す時に、使っ
    てください)
    が 大嫌いです。

    あと、小町とは関係ありませんが、
    やたらとメールに
    「・・・・しております」
    を頻発するのが 受け付け難い。
    「います」で、いいやん!
    「おります」はせいぜい「お世話になっております」
    の時の使用で結構。

    本当はちっとも自分のこと卑下も謙遜もしていないのが
    前後の文脈から伝わって来ていると、余計
    イライラして来ます。

    中年の男性に多く、友達にもコレの愛用者が 最近目立って、メール読むたび、この部分にはうんざりしています。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    ・ぼっさり
    ・がっつり
    ・えぇ。 えぇ。
    ・少年のような心を持った
    ・僕に言わせれば
    ・相方
    ・トビ、トビ主
    ・〜してあげる(人でないものに対して)
    ・ちょいワルオヤジ
    ・女ヂカラをあげる
    ・可愛ゴー

    ユーザーID:

  • 江戸っ子・下町・義理人情

    全く違うのに東京で生まれ育っただけで
    「江戸っ子」って言われるのが嫌です。
    東京23区のめちゃめちゃ外れ生まれが
    江戸っ子のわけありません。

    そして「義理人情」に篤い「下町」。
    どんなパラダイスを想像しているのですか・・・・。

    ユーザーID:

  • 失恋トピに多いですね〜

    そうそう!
    やたら「自分を磨いて、見返してやろう」
    「そんな暇があったら自分磨きでもして・・・」
    これ、書いている人々、具体的に自分に降りかかって来たら、どんな自分磨きをされるのでしょう?

    いきなり時間つぶしみたいな、お稽古事でも?
    旅行?食べ歩き?
    取り敢えず「何かすればいい」みたいな軽いアドバイスを感じます。
    つまり、人の真似したアドバイス。ただの”付和雷同”かと読み取れるのですが。

    ”付和雷同”と言えば、
    「次行きましょう、次」
    これも、大嫌いな、さんざん聞き飽きたフレーズです。
    恋愛も失恋も人それぞれでしょう?

    花から花へと飛ぶ蝶々じゃあるまいし、
    そんな簡単な切り替えが出来ないくらいの気持ちの場合も ありますよ。
    何か、節操ないなぁ〜、イヤだなあ。

    皆して、こればっかり言ってるの。
    小町に出入りして、影響受けるのはいいけど、
    皆さん、もっと「自分の言葉」を使ってください。

    ユーザーID:

  • 天然

    自分で自分を「私って天然なので」と言う人。
    自分で自分を「おっとり癒し系」と言う人。
    両方とも聞くたびにぎょっとしちゃいます。

    文章に「ペコリ」と言うような動作を書く人。
    幼児に読ませるみたいで不快ですね。

    書いていて恥ずかしくないのかなっていつも思います。

    ユーザーID:

  • 語尾伸ばし、疑問形、相槌

    「ほら、○○○って●●●じゃないですかぁ…うん。だから?△△△みたいな?」
    20〜30代の女性に多く見受けられます。
    相槌は相手に打ってもらいましょう。

    こちらの言うことに対し、大げさに首を上下させながら「うん、うん」と過剰に相槌を打たれるのも鬱陶しいです。
    「本当にわかっているのか?」と思います。
    なぜか小さいお子さんをお持ちのお母さまに多いようですね。
    私はあなたの子供ではありませんので、そのようなお気遣いは無用です。

    言葉と言葉の間に、むやみに「えー」「まぁ」が挟まるも嫌いです。
    中年以上の男性とプロ・スポーツ選手に多いですね。
    ダラダラ喋らなければ、自分で合いの手を入れる必要もないと思うのですが。

    ユーザーID:

  • 小町内でのゾッ!!

    ・トビ
    ・たくさんレスがつくと思いますが
    ・タイトル通りです
    ・私って狭いですか?
    ・私だけでしょうか


    あと、ハンドルネームですが
    普段は片仮名表記の言葉を
    無理矢理平仮名にしたものが気持ち悪い!

    例えば
    「はんどるねぇむ」とか
    「くりぃむしちゅー」などの類

    上記の中にも結構いらっしゃいますよねー(笑)
    (私、地雷踏みました?爆)

    ユーザーID:

  • 私は『子』です。

    「会社の子が…」
    「友達の中で子どものいる子は…」
    などと、いい大人のことを「子」と呼ぶ人にいらいらする。

    あなたの会社では児童就労しているの?
    あなたの友達は子どもなのに子どもを産んだの?
    お友達はいくちゅでしゅか?
    と突っ込みたくなる。

    あとは、書き言葉の「すいません」。はぁ?

    ユーザーID:

  • 気色悪いヴァヴィヴヴェヴォ

    バビブベボを無駄にこう書く人いるでしょ?

    レヴェルとか。エレヴェーターとか。


    気色悪〜〜〜〜〜 発音がそうだからだの、スペルがそうだからだの無駄に言い訳だけは用意してるのも気色悪い。正しくヴァヴィヴヴェヴォを使うのは構わないんですけどね。

    ユーザーID:

  • 手づくり

    手づくり手づくりって、
    そんなに手づくりがよけりゃテメエで作りやがれ!!
    …と悪態をつきたくなります。

    以前、「私作る人、僕食べる人」
    とかいうコピーが世に出て、
    えらく糾弾されたそうですが…。
    それを思い出すのです。

    毎日作ってますよ、夕飯。
    もうウンザリなの。

    ユーザーID:

  • 普段はロム専門ですが…

    タイトルの通り
    「普段はロム専門ですが
    黙っていられなくてレスさせていただきます」

    というくだりを読むと
    ぞぞっとします。
    なんか、とても偉い方が
    高いところからご覧になっていて
    「これはちょっと私の出番かな」
    と、ずいっと身を乗り出す様が目に浮かびます。

    タイトルの言葉を読むと
    「あんたのことなんて知らないよ!」
    と言ってやりたくなりますね。

    ユーザーID:

  • ちょうど

    別にきりが良いわけでもなんでもないのにつける「ちょうど」。「ちょうど2時6分に」とか。アナウンサーとかキャスターが良く使いますね。

    なんだか口癖になっているようで、何でもかんでもつけちゃうようです。そういうのを聞くたび、「全然ちょうどでもなんでもないじゃない!」とイラッときます。

    あと、野球選手やサッカー選手がインタビューなどでいう「応援よろしくお願いします」や「今日もね、ファンの皆さんにね、」という言い方。「応援〜」は、まぁ、いいたいことだろうけど、あまりにもみんなインタビューの終わりにその言葉で締めくくるし、「〜ね、〜ね」ってしゃべるしで、「体だけじゃなく、脳みそも鍛えろよ!」とおもいます。近頃は高校球児も言ったりする。

    ユーザーID:

  • スイーツ

    聞いただけで、目にしただけで、笑い出したくなる言葉、
    それは「スイーツ」。

    ここ数年、世間では甘いお菓子全般を指しているらしいのですが、雑誌に「ときには上品に和のスイーツ」などと書いてあるのを目にすると、尻が痒くなります。

    TV番組で女性アナウンサーが真顔で「こちらが行列のできるスイーツです!」と言っているのを聞くと、思わずその場から走って逃げ出したくなります。
    甘味類は好きです。

    小さく綺麗に作ってある和菓子やケーキを見ると、心が和みます。
    ただ、それらが「スイーツ」という言葉で表されると、腹の底から笑いがこみ上げてくるのです。

    ユーザーID:

  • そうですね

    インタビューとか、
    意見を求められた時に、まず最初に
    「そうですね、ナントカカントカ…」と
    「そうですね」を付けて話し出す人が嫌です。

    肯定の意味ではなく、その間に言うことを考えている
    らしいのですが、だったら黙って考えろ!と思ってしまいます。言う人は無意識に毎回言ってておかしいです。

    同じ感じで話の途中に「えー、」とかやたらに入れる人も気になります。

    ユーザーID:

  • 料理番組

    全てのレスを拝見した訳ではないので
    重複していたらごめんなさい。

    私の”ぞぞ〜っ”は、
    ・癒し 癒される 癒されたい

    それから料理番組の
    ・揚げていきます 炒めていきます 混ぜていきます
     焼いていきます 切っていきます 等々

    「いきます」って?と何故か引っ掛かってしまう。
    全てに「いきます、いきます」と付けているのを
    聞いていると、”い〜っ!”となります。

    ユーザーID:

  • これは?

    お受験・・・ってどうですか?
    私は恥ずかしくて言えません。
    なんで「お」をつけるの?
    普通に受験じゃいけないの?

    ユーザーID:

  • ちゃんづけ

    社内ではやってるんです。

    男同士で「○○ちゃん〜」と「ちゃんづけ」で名前を呼ぶこと。
    「中村ちゃん」とか「田中ちゃん」とか。

    やめて・・・ ゾッとするというより、泣きそうです。

    ユーザーID:

  • 京のおばんざい

    京都の人が使うのにはいいのですが、デパートや京風をきどった居酒屋で「水菜のたいたん」とか「ふきのたいたん」っていうのを見ると「土星かいな?」と思ってしまいます。

    あと「こびとが作ったクリームシチュー」とか「森のきのこのおしゃべりピザ」なんてネーミングもこっぱずかしくて注文できません

    ユーザーID:

  • まったりなど

    ・この土日は「まったり」過ごしました。
    ・スイーツ
    ・ぶっちゃけ
    ・逆に・・・
    ・要は・・・
    ・女性が言う「うまい」(おいしいの意味で)

    ユーザーID:

  • 参加しま〜す

    う〜ん、自分でも使ってる表現もいくつか。
    関西人なのでOK、と書いてくれてなかったら
    凹んでいるかも、です…。
    けっこう色々あるもんですね。

    というわけで私のは…

    「セレブ」
    変に拡大解釈しすぎて、安っぽい人を指す言葉に
    変貌してしまったように感じてます。
    いまや、この言葉を聞くだけで下品そうに思ってしまう…お金さえあればセレブってもんじゃないでしょ…
    本物に失礼ですよね。

    「下品な人の使う上品ぶった敬語」
    “あたくし”って上品かしら…?とかいちいちカンに
    さわってしまいます。妙に「〜してくださるから」「殿方」とか言われるのもムカツク!見下してるようにしか見えまへん!!

    「〜していく」
    料理番組で、「次は○○を入れていきます」など、
    「〜していく」を多用されるとイ〜ライラします!!

    ユーザーID:

  • 噛んじゃった

    若い女性タレントが何か話していて、うまく言えなかったときに「すみません、今噛んでしまいました」と言うのにぞっとします。

    他人から「噛むなよ!」とつっこまれる分にはいいのですが、自分で言うのは嫌・・・。
    あと「お試しあれ」は、私自身トピをたてたこともあるくらい、苦手です。

    ユーザーID:

  • 「ごめんなさい」は

    拝見していて大きく頷くものもあり、人それぞれ受け止め方は違うなぁ、と感じるものもあり・・・。

    私は「すみません」より、「ごめんなさい」のほうが感じがいいと思います。あ、でも話に割ってはいるのに「ごめんなさい」を連発するのは私も嫌ですね。

    あと「新シルクロード」は、20年前に「シルクロード」という番組があって、今回新たに取材して製作したから「新」が付いただけで、違和感はないのですが・・・(余談ですが、前回はもちろん、今回も素晴らしい出来ですね!)

    それと更に「ゾゾゾっ」とする言葉・・・それは
    「地球市民」「地球村」「自己実現(もしくは自分探し)のためのボランティア活動」迷惑なんじゃ!。

    ユーザーID:

  • 「小生」系ですが

    掲示板での書き込みで・・・

    「食べる」でいいところを「食す」と表現。
    たいていたいしたものは食べていない。

    「〜するといい」を「〜すると吉」と表現。
    たいしたアイデアではない。

    小ざかしくて自分を知的に見せようとする自意識が臭い。
    どっちも男性に多し。

    ユーザーID:

  • また思い出した!

    〜ですが何か?
    っていう表現!!
    居直りすぎ!!!
    心底嫌いです。人間性すら疑います。
    もっと素直に会話しようよ〜〜。

    ユーザーID:

  • 目からウロコ お里が知れる

    この二つ。
    前者はウロコを想像するとかそういうことではなく
    なんとも表現しにくいのですがイヤでたまらない言葉。
    後者は昔のややタカビーな知人女性がよく使ってた
    のでイヤになった。
    まぁ元々他人を蔑む種類のものですが。

    ユーザーID:

  • 皆さんこれはどうでしょう?

    昔中学生くらいの時ですが、女の子でぼくとかわざと使っている同級生がいました。すると私の背筋に寒い物がスーッときてました。
    あと最近の下品な日本語のスラング?とか省略系も嫌いです。
    例 イケメン、セレブ、プチマダム?????
    言い回しとはちょっと違うし仕方がないのはわかるけど外国の名前や名詞をカタカナにするのってたまーにかなり無理があると思うしゾッとします。
    サンドイッチ、マリリン モンロー、元ミッテラン大統領とか 笑 

    ユーザーID:

  • 直接話法

    やたら直接話法を使う人がダメです。
    間接話法「Aさんに明日の予定を聞いたら都合が悪いようだったので明後日にきめた」
    直接話法「『Aさん、明日予定あいてますか』と聞いたら『ゴメン、明日は都合悪いの』と言っていたから『じゃあ明後日は』と言って『明後日ならいいよ』っていうから『じゃ明後日ね』ということになった」
    聞いていると途中でどれが誰のセリフかわからなくなるので、
    どうしても使いたければ落語のように声色とか顔の向きを変えてもらいたいです。

    既出ですが:
    子供の名前+ママ を名乗る 
    「やりたいことを探す」 ・・・やりたいことは探さないとないの?
    「女優と母と妻と女の4足のわらじ」 ・・・普通、何足かのわらじは誰もが履いていると思う
    「旦那様」 ・・・身内に敬称をつけるな。
    (笑) ・・・って書いてあるときに限って全然面白くない
    友達のことを「ツレ」という ・・・関西のガラの悪い言葉かと思っていました。
    「私って〜な人」 ・・・知ったことか。
    「ていうか」 ・・・いちいち否定するな

    逆に:
    「相方」・・・嫌いな人もいらっしゃるようですが、私は大好きです。

    ユーザーID:

  • 新しい表現?!

    10年前から海外在住で日本に年一回帰国する私には、「えっ!こんな場面でこんな表現使うの?」という新しい日本語の表現がたくさんあるんですけど、これがなかなか受け入れられず、ゾーっとします。すでに多くの方が挙げられている言葉ですが、
     
     −あり得ない!
     −がっつり
     −スイーツ(これ、特にゾーっとします…。)

      などなど…

    あと、皆さんのおっしゃる通り、「自分探し」っていう言葉、意味は分かるけど、特にいい歳いってる大人が使ったりするとゾーっとします。
     

    ユーザーID:

  • 犬のお母さん?

    どなたかがおっしゃっていた、ハンドルの「○○君ママ」はまだ耐えられます(自分では絶対そうしないけれど)。
    でも、愛犬家さんのサイトでよく目にする、「○○ママ」(○○の中は犬の名前)はだめですね。
    あなたは犬のお母さん?と思うと気持ち悪いです。
    私の気のせいかもしれないけれど、猫の飼い主にはあまりいないような気がします。
    私自身があまり犬が好きではないからかも知れませんが。

    ユーザーID:

  • 私も「ごめんなさい」

    店員が客に言う「ごめんなさい」が嫌いです。
    「すみません」、「申し訳ございません」、
    「失礼しました」じゃないのって、指摘したくなります。

    女子アナが視聴者へ詫びるのにも、言ってたことがあります。おかしいと思わないのが不思議。

    参考になるトピです。

    ユーザーID:

  • 私が最低限やめて欲しいのは

    「あたし」表記ですね。
    友達はメールでよく使うんですが、正直それだけはやめてくれといつも思ってます…。

    ちなみに一人称が自分の名前な人間は、
    なんかもう関わり合いたくないのでいっそあっさり流せます。

    あと問題外は語尾に「にゃー」とかかな?
    ふざけてでも使って欲しくない。

    ユーザーID:

  • 探すといっぱいあって面白いです。

    「日本語の乱れ」「正しい日本語」
    自分がお手本だと言ってるみたいです。
    今は変な使い方でも、それが一般的になるのを無理に止めることはないし、みんなが嫌がるような言葉なら無くなっていくと思います。

    「豊かな緑を子供達に残そう」
    「未来を担うのは子供達だから」
    何だか恩着せがましい。

    「これからの日本はどうなってしまうのだろう」
    若者に偏見を持っている感じがします。

    子供向けの歌やCMなどで野菜や果物が
    「カレーになりたい」とか「僕を食べると元気が出るよ!」「早く食卓へ上がりたい」
    みたいなことを言っているのも嫌です。
    人間の勝手な解釈ですよね。

    「ママにハグハグして〜。」かなりゾーッとします。

    ユーザーID:

  • だって〜

    小学校の先生に教えられたこと、今でも印象に残っています。 
    「だって」の次にくる言葉は言い訳なので、使わない方がいいと。

    確かに気をつけて聞いていると、耳障りな言い訳が多いです。

    ユーザーID:

  • 小町でよく見かけるのですが、自分の友達を指して「子」ということ。
    「私の友達のA子がこの間、○○と言いました。こんな子、どう思います?」という具合。

    いや、いいんですよ、貴女やA子さんがまだ子供なら。
    でも、どう読んでも、二人とも大人。
    大人なら、「こんな子」じゃなくて「こんな彼女」とか「こんな人」と書こうよ。

    あと、スーパーのレジでの「いらっしゃいませ。こんばんはー」という挨拶。
    なぜ挨拶を二つ重ねるの?
    「いらっしゃいませ」だけでいいでしょうに。

    ユーザーID:

  • ファイト!

    どこぞの放送局でやってる朝のドラマのタイトルと同じだけど「ファイト!」って言葉に寒い気がします。

    特に、○○東中学校を「がっちゅう」とか略しちゃって、バレー部かなんか(テニス部でもいいけど)の応援で、
    「がっちゅう、ファイオ〜ファイオ〜、ファイト!!」なんて複数の子たちの声援や掛け声が聞こえてくるとあ〜、ゾクゾク具合わるくなってしまいます。ごめんなさいナ。

    ユーザーID:

  • 「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ。」

    最近はあまり聞かなくなりましたが、
    会話中これを言われると、話す気が失せます。

    よその人達の会話でも、耳に入ると嫌な気分になります。
    若い人同士なら許せますが
    以前、夫(40代)が使ってたので注意したことがあります。

    ユーザーID:

  • 「うちら」「○○の人間」

    ゾッというよりムカッとする。

    夫(ダンナって書けなくなっちゃった)
    がよく使うんですけど・・・

    例えば芸能人とかを
    「○○ってウチラと同い年なんだよ」
    ウチラって誰達?(私は年上です)とムカッと来ます。

    あと「○○って、千葉の人間なんだってさー」とか
    「本部の人間が・・・」とか。
    人でいいじゃん、人で!と思うとムカッ!

    あと、子供が良く言う「○○だし」も嫌です。
    「言ってねーし!」みたいに突っ込みとかに使うなら笑えるんだけど、
    普通の会話で「食ってねーし」「知らないし」とか言われるとぶん殴りたくなります。

    ユーザーID:

  • なんか〜

    自分のことや出来事を話す時
    接続詞として 「なんか〜」を
    連発する人が苦手です。

    以前「恋のから騒ぎ」でよく耳にしました。

    CMでありましたが
    「よくなくなーい〜?!」も苦手。

    多くの方が書かれてる「ほっこり」もダメ。
    「ほこほこ」と言う人もいますね・・

    ユーザーID:

  • 都会人ぶる友人

    生まれも育ちも広島育ちの友人が上京して1ヶ月後、
    「私、○○なのね〜」「この前○○に行ったのね〜」
    などと突然取って付けたようにカブレ始め、思わず
    「なーにを都会人ぶってんだか」とシラけてしまったことを
    思い出しました(笑)

    ユーザーID:

  • それってどこにあるの?

    『もうこうなると、○○の世界だよね〜』という言い回し。

    何、その世界って。

    ごめんなさいの世界とか言われても
    そんな世界あるんかい!と不愉快になってしまいます。

    ユーザーID:

  • サッカー等の「絶対負けられない戦い」

    例えば「この試合で負けたらワールドカップに出れない」という試合なら
    まだわかるのですが、そこまで重要ではないような試合でも
    「絶対負けられない戦い」を多用されるとかえってシラける。

    ユーザーID:

  • 既出ですが、外来語

    どなたかが仰ってましたが、私も「ヴ」などと書いてあるのを見ると失笑してしまいます。

    ラブ → ラヴ
    インタビュー → インタヴュー
    ダイバー → ダイヴァー
    キス → キッス       等々

    確かに発音するとその表記が一番近いのかもしれませんが、既に日本語でも普通に使われている言葉の表記をなぜわざわざ変える必要があるのか……
    変にかぶれちゃってるんだなぁ、と失笑してしまいますね。

    ユーザーID:

  • わんこ、わんちゃん

    ゾッとします。犬、っていいなさい。

    ユーザーID:

  • びちょびちょ

    日ごろから苦手な上司がよく言う「びちょびちょ」という言葉。

    「夏は地下鉄に乗るとシャツが汗でびちょびちょになるよ。」とか。その言い方がすごく気持ち悪いー!

    ユーザーID:

  • 号泣

    まだ出てないですね・・・。
    少し前にテレビ、雑誌で頻繁に使われていました。
    テレビではタレントが何かに反応するところでこの「○○が号泣!」とスーパーが出て一旦CM。気になって続きを見たらほ〜んの少し涙を流すだけ。泣けばなんでも号泣になるのか!と頭にきてました。

    ユーザーID:

  • 私だけではないんだ。

    *−−と思うのは私だけ?−−−そうアンタだけ、と言ってやりたい。
    既出にしゃきーらさんも指摘しているので、ワタシダケではなかったのだ。

    *小町でよく見にする=妊娠発覚=この発覚、悪事が露見した時に使う言葉なので、そんな悪事の末の妊娠だったの?て思ってしまうのはワタシダケ?

    *若い女性が=でかい=と平気で言うのにびっくり。
    田舎の野良着を着たおばーちゃんが農作物を手に「この○
    ○でかく育ってょ・・・」なんて言うぶんにはびっくりもしないのですが・・・

    ユーザーID:

  • 大恋愛

     前から不思議だったんですけど、「大恋愛の末、結婚」って???恋愛に、大・中・小があるのか?

     「ら抜き」言葉全般も嫌いですが、「食べれない」「見れない」はもうあきらめた。でも、「捨てれない」「入れれない」は勘弁してよー。

     「小汗」(こあせ)、制汗スプレーのCMで、「冬でも結構かいてるよね、小汗!」というのを聞いて寒気が・・・、なんか、却って臭そう。

     話の途中で、心当たりがあるのか、「ああ、ああ、はいはいはいはい〜、」と合いの手を入れられると、もう、続きを話す気がしなくなります。

    ユーザーID:

  • 「涙がとまりません」や「泣ける○○」

    このところ、「泣けること」がウリの映画、小説、歌などが多くて、うんざり。そんなに、お金を出して泣きたいですか?涙、泣ける事=感動と安直に押し付けられるのがイヤ。特に「涙がとまらない」とか言われると、こちらの方が、恥ずかしくなってしまいます。

    誰だって生きていれば、イヤでも泣きたくなる日位あります。なので、安っぽいセンチメンタリズムで、無理に泣かせていただかなくっても結構。私はなるべく、“泣くのはイヤだ、笑っちゃおう!”で、暮らしていきたいので。

    ユーザーID:

  • 私もあたし

    みなさんのレス、とても面白いですね。

    私も「あたし」って書く人嫌です。aikoの歌詞とかも嫌い。
    あと、物に対して「○○してあげる」
    料理の説明とかで、小麦粉を入れてあげてぇ〜というのとか。
    小町レスでたまにある「トピさん」も
    なんじゃそれ?って感じです。

    同じく小町で質問する時に「〜〜です?」と書く人。
    実際に語尾上げで言ってるのだと思いますが
    「〜〜ですか?」のほうがしっくりきます。

    ユーザーID:

  • 出ていないので

    私が嫌いなのは「私の中で」「自分の中で」です。
    自分の気持ちを説明する時に使ってるあれ!

    ユーザーID:

  • ○○姉さん、姉さん

    たくさんのぞーっとする言葉が出てますね。どれもなるほど、って思えます。私は男性・女性に限らず年下の人が年上の女性に向かって「○○姉さん」、あるいは「姉さん」って呼びかけるのが駄目です。

    「世代を超えて仲良しよ」って言うのを周りにアピールしたいのかな?って思っちゃう。しかもその言葉には「だけど彼女は年上。あの人と僕(私)を同年代とみなさないでね」って隔たりもしっかり含まれてるような気がするんですよね。感じが悪い呼び方だな、と、常々思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 「〜な自分がいるのね」

    友人がよく使うのですが
    「〜な自分がいるのね」
    っていうのが本当に気になります。

    たとえば
    「好きな人がいるけど、何も出来ない自分がいるのね」
    など…
    いやいやいや、そんないい方しなくてもいいでしょ!
    といつも思います。

    あと、「自分的には〜」というのもどうかなーと思います。

    ユーザーID:

  • いただく

    女性誌の料理レシピ紹介コーナーや、レストラン紹介のコメントで見かける
    「いただく」が気になります!

    「最後に○○をかけてあっさり味で頂く」
    「落ち着いた店内で旬の食材を贅沢に使った○○をいただく」
    など。

    決して間違った日本語では無いのでしょうが、あまりにも「いただく」が氾濫していて、
    「上品さ」の押し付けという感じを受けます。

    嫌悪感が高まって、「このコメントを書いてる編集者は、実は正しいお箸の持ち方も知らない下品な食べ方をする人かも!」なんて想像してしまいます。。想像というより妄想ですが。

    ユーザーID:

  • 一生いっしょにいてくれや・・・

    こんな歌がはやりましたよね。「一生いっしょにいてくれや・・・」このフレーズを聞くとゾッとします。

    ユーザーID:

  • カタカナで書かれた「ヨコハマ」

    タイトルの通りです。

    雑誌の横浜特集や観光案内パンフレット等でよく見かけますが,私にとってはロマンティックな異国情緒ではなく,ダサさムズ痒さを感じさせる表記です。

    でも,私もカタカナで書くときがあります,ヨコハマ。書類等で自宅住所記入欄にフリガナを要求されたときにはね。もちろん,それには違和感はありません。

    ユーザーID:

  • ばかっぽい

    「ばかっぽい」と言う言葉が嫌いです。
    言ってる人の方が「ばか」だと感じるからです。
    実は私の夫が良く使うので、よく注意をしているのです。

    ユーザーID:

  • 顔文字止めて!

    メールの顔文字、見るたびに背筋が寒くなります。

    特に仕事でこれ使われると、もう本当に気持ち悪くて、どんなに親しい人でもメールそのまま廃棄して、張り倒してやりたくなります。

    最初見たときは、殆ど衝撃的なほどに吐き気がした・・・。

    ユーザーID:

  • 「普通」を連発し「異常」

    批判的意見の時に使われる場合、
    「普通、そういう時は××しないでしょ?」とか、
    返事の時に使われる場合
    「どうやって、その場所を知ったの?」
    「普通に歩いてて、見つけたの。」

    「あのお店ってどんなかんじかな?」
    「普通の味」

     話し出しに、「普通」がつく。
     その「普通」がわからないから聞いているんだけど、連発する方に、その辺がうまく伝わらないみたい。なぜか自分が標準タイプと思い込む。

     掘り下げて聞くと、何でわかんないの?って感じも嫌い。めんどくさいのであんまり話したくないし、意見も求めない。だって、何聞いても「普通」なんだもん。
     この場を借りて、言わせて!
     
    「あんたの普通なんて知るか!!!もっとボキャブラリー増やせ!!」

    ユーザーID:

  • イケメン

    これを使われるとどんな素敵な人も台無しになるような気がします。
    ちまたでよく聞く言葉ですが、だいっ嫌いです。

    ユーザーID:

  • あんたみたいな娘はおらん!

     インタビューなどで、おそらく初対面の年配の方に対して、「お父さん、お母さん」や、「おじいちゃん、おばあちゃん」って話しかけているのを見ると、嫌な感じがします。
     フレンドリーって言うより、無神経な感じがする。
     なぜ、名前で呼ばないの?

    ユーザーID:

  • 年齢が「コ」

    1コ下、4コ上って、なんで年齢が「コ」なの?

    ユーザーID:

  • 連れ、相方

    タイトルの言葉が嫌です!

    最初に使われた時、友達のことなのか恋人のことなのか判別付かなくて困りました。
    ここを読んでいて、恋人や夫の事を言うんだってやっと知りました(苦笑)

    でも1人「親友」の事を「連れ」と言う人が周りにいます。
    彼女が使い方を間違っているのか、どっちにも使っていい言葉なのか…
    混乱するのではっきり言って欲しい。

    ユーザーID:

  • あの子

    「あの子」

    30歳のおばちゃま達が「あの子」と呼び合う。
    10代が限度でしょ?

    キモチ悪いよ。

    ユーザーID:

  • 何歳に見えますかぁ〜?

    年齢を尋ねられた時、こう応えている女性、ゾッとしますね。自意識過剰!!って思っちゃう。

    このスレ読んでると「普通の感覚の持ち主」が多いなって嬉しくなります。

    ユーザーID:

  • 首吊りそう

    職場のおばさん(50台後半)の言葉です。

    使用例は、「ひゃ〜。もう忙しくて首吊りそう」

    言葉通り、「(自殺してでも)逃げ出したい」って意味らしいです。
    おばさん曰く、神奈川の某所(田舎)では、普通に使われているとか。

    ユーザーID:

  • 辛口ですが

    ”辛口ですが”に虫唾が走ります。最近ここでもよく見かけますよね、何かにつけて、「辛口ですが…」って。しかも、全然辛口でも何でもないし。辛口です、ごめんなさい、って、謝るくらいなら、発言しなければ?と本気で思う。

    あとは、結婚しましたが〜、婚約しましたが〜、妊娠しましたが〜、っていうトピに対して、「まずはおめでとうございます」、って、その”まずは”がイヤ!!何故かは説明できませんが、吐きそうになります。

    自分の夫、または妻のことを、パパ、ママ、と呼ぶのも気持ち悪いです。妻が夫の母にもなるなんて、または夫が妻の父になるなんて、あり得ません。

    ユーザーID:

  • オフィス・レディ?

    面白いトピですね。
    聞いていてゾっとしたりムカついたりする言葉って
    色々ありますよね。

    私が嫌いなのは、OLという言葉です。
    「OL=オフィス・レディ」??意味がわかりません。

    それから、「なるほどですね」って何でしょう?
    これは、仕事中の電話で男性が使っているのを
    よく聞きますが、ですねはいらないのに。

    あと、他にも書かれていましたが、オークションIDで
    よく見る「○○ママ」(○○は自分の子供の名前)や
    子供の友達の母親に言う「○○ちゃんママ」です。
    佐藤さん、小林さんなど苗字では呼ばないという暗黙の
    決まりでもあるの?

    ユーザーID:

  • 〜ですかね?という聞き方

    例文:こういう言い方ってマナー違反ですかね?

    「マナー違反でしょうか?」と言えばいいのに。
    せめて「マナー違反ですか?」

    親しみをこめた言い方のつもりなのですかね?
    チッ。

    ユーザーID:

  • これカワイクないですか〜?

    主に服屋さんの店員の言葉が気になります。

    >これカワイクないですか〜?
    最初の声かけがこれって・・。
    服も君もかわいくな・・・。

    大丈夫?も苦手。
    明らかに大丈夫ではない人になんてことを。。

    ユーザーID:

  • ウザい、萌え、ありえねー、ヤバい

    皆さんの発言が楽しくて頷きながら一気に読みました。

    「ウザい」は「うっとおしい」「嫌だ」に近い感じなのかな、と思いながら聞いていますが、きれいな響きの言葉ではないと思います。

    「萌え」最近よく聞きます。アニメの登場人物に感情移入する気持ちのことを指す、というような説明を聞いた時、ぞぞぞっと鳥肌がたちました。意味を取り違えていたらすみません。

    「ありえねー」何でもこの言葉で済ませてしまう人を見ると、何も言いたくなくなってしまいます。

    「ヤバい」を「まずいことになった」の意味で使っているのは、親しい間柄なら少しも気にならないのですが、最近「とてもおいしい」「非常に気に入った」とでも言えば済みそうなところで使われているのをテレビで見てから、気になって仕方がないです。

    ユーザーID:

  • すでに出ているけど

    「ぶっちゃけ」「まじ(本当に)・・・」「チョー・・」「まじっすか」「ほんとっすか」の「で」を「っ」と発音する人。ほんと、頭悪そう。
    セールス電話で「デカイ」と表現する女性、「・・・だったでしょうか」と過去形で話されると それだけで続きを聞く気が失せます。

    自分の子供の名を「うちの光輝クンがねえ」とかクン付けで人に話す親は「・・ちゃんママ」と同じくらい気持ち悪い。

    夫の事を「主人」「パパ」というのもぞっとする。

    ユーザーID:

  • あったあった!

    「私って●●な人なのー」

    って!!!!!!!
    ものすっごくムカつきます。

    ユーザーID:

  • 男の女の

    男のロマン、をあげている方もいますが、

    「男の料理」「男の旅」「男の育児」など男をつけるのは何故なんでしょう。「男のレース編み」は聞いたことがないけど。

    「俺はワガママだから」「俺ってバカ正直だから」
    そんなこと自慢にならないよ。悪いと思ってたら直せばいいでしょ。

    「俺(私)ってバカだから〜」「知ってるよ」の展開になったら怒るでしょ?

    中年女性に多いのは「女ってダメ(損、弱いわ)ね〜」も女を固有名詞に変えて言ってほしいです。
    性別に逃げるな!

    ユーザーID:

  • 擬態語・擬音語を言う人

    ちょっと横にずれるかも知れませんが、
    上にあるレスで、にーさんが書かれたこととほぼ一緒です。
    以前に結婚退職された先輩がそうなのですが、
    擬態語や擬音語を、わざわざ口に出して言うんです。

    例えば、仕事で何か間違いや
    ちょっとした注意を受けたときには「どきっ」。
    言葉が出てこないときや
    悩んでる様子を表現する時は「あうー」。

    独り言の時もありますが、
    人と話をしていても普通に出てくるんです。
    他にもいっぱいありましたが、
    思い出すだけで虫唾が走ります。
    いなくなってくれてせいせいした。

    ユーザーID:

  • 「ウマイ」が大嫌い

    おいしいものを食べたあとに言う「ウマイ」が大嫌いです。特に女性が言うのはがまんできません(男性でも、あまりにも連発されるとキレそうになります)。

    たしかに「旨い」という言葉自体はまったく下品でもなんでもない言葉なのでしょうが、でも私はイヤです。

    やっぱり「おいしい」がキレイな言い方だと思います。
    でも友人のとほんどが「ウマイ」を使っていて。。。。。

    だからといって「女性がウマイなんて言わない方がいいよ」のようには言えないので黙って耐えています。

    私は頑固なまでに必ず「おいしい」と言うようにしています。
    余談ですが、石ちゃんの「まいう〜♪」は許せちゃうんですけどね!

    ユーザーID:

  • まだあった!

    上で出てましたけど
    「お受験」私も嫌いです。
    そのお受験でよく使われる「御三家」にも虫唾が走ります。
    何かにつけてナンバー3を決めたがるのは結構ですが、いちいち御三家と言われると何故だか腹が立ちます。

    あと、「あけおめことよろ」
    これを言われると正月からゲンナリです。

    ユーザーID:

  • 天然!!!!

    自分を「私って天然ボケだから」と言う人には虫唾が走りますね。

    ユーザーID:

  • 「かわいがられる」

     喧嘩の場面で「かわいがってやるから表へ出ろ」はいいのです。
     
     ゾッとするのは、職場(士の付く資格で行う事務所)の所長が、お客さんに対して「皆さんにかわいがっていただいて おかげさまで10年たちました」と言う時。

     他にも 後継者Aが困ったとき「いつもかわいがってくれる○○社の△△さんに電話して聞いてみろ」という時。△△さんはAをいとおしく思っている訳ではなく、Aのわがままをいつも嫌がらず聞いてくれるだけなのに。

     こんな言葉の感覚でよく事務所が10年もった!と感心してしまいます。

    ユーザーID:

  • OOPS

    あなたは何人ですか?と言いたくなる。既出で関東人の関西弁とありますが、私はそれ以上に英語の驚嘆句というか、それを日本で日本人に使われるのがものすごく嫌です。
    うっぷす、おーまいがー、がっでむ・・・

    これを連発する英語を喋れない冴えない30代独身男性上司が気持ち悪いです。例え英語が上手だったとしても許せませんけれど。

    ユーザーID:

  • 子供たちの心のケア

    学校で犯罪行為があった時、アナウンサーが
    「今後の子供たちの心のケアが注目されます」
    という文句。

    結局、注目してその後を追跡しているのを見た事がありません。
    この言い回し自体もなんだかおかしく感じてしまう。

    「心のケア」という台詞が安易に使われすぎているように思います。

    ユーザーID:

  • これはどうでしょうか。。。

     1 寿司屋で、店員に「おあいそっ!」と言う人
     2 「昔、悪かった頃」と言う人
     3 町内会長を選出する際に「新しい団地だから若い人の
      力が必要。年寄りが出る幕じゃない。」と言い逃れを  する60歳の男性
     4 二人目不妊のA子に「二人目はまだ?一足お先に二人  目のママになります。」と年賀状に書くB子。

    ユーザーID:

  • こくる

    告白することを「こくる」っていうのを聞くと脱力してしまいます。

    ユーザーID:

  • ワンコ

    犬好きの皆様には申し訳ないんですが、
    「ワンコ」、「ワンちゃん」、「うちの子」(犬に対して)
    人に話すときに使われるとゾッとします。

    ペットショップでは、お客さんの犬を「ワンちゃん」と呼ばなければ失礼にあたるという話を聞いて、さらにゾッとしました。

    ユーザーID:

  • いつも気になる

    「わんこ(犬の意)」「にゃんこ(猫の意)」
    めざましテレビの影響でしょうか。

    「クリアな〜色をまぶたにオン」
    「シャイニーなアイテムでフレッシュ感をプラス」
    雑誌や通販カタログでよく見ます。
    無意味な片仮名+体言止めがくどい。

    「バックを持って」「紅茶のティーバック」
    バッグでしょ。

    「小悪魔」「モテ系」
    本当にモテる小悪魔のような女性はこんなこと考えないはず。

    「まぁるい」「とっっっても」
    小文字が余計です。

    「顔文字」
    ぶりっ子っぽくて気持ち悪いです。
    ちなみに小町は顔文字禁止ですよね。

    ユーザーID:

  • いらっしゃいませ

    私は、抑揚のおかしい「いらっしゃいませ」が苦手です。
    抑揚なので上手く説明できませんが、鳥肌が立ってしまいます。
    若い女性の店員さんに多いですね…。

    あと、「ROM専禁止!」の類が嫌いです。
    トピ・スレ・レスは本来の言葉を省略しただけなので気になりません。
    パソコン・ネット・ブログも省略された言葉だと思いますが…。
    市民権を得ていれば良いということでしょうか?

    ユーザーID:

  • ゾッと、ではないのですが

    自分の両親の事を、「うちの父親(母親)」と言うのをよく耳にしますが、大変違和感を覚えます。
    「父」、「母」と言えっ、と心の中で突っ込んでます。
    テレビのインタビューなどでこの言葉を聞くとその人が、どんな著名人だろうが、がっかりします。

    また、上の方にもいらっしゃいましたが、大きな大会を前にしたスポーツ選手が、「優勝できる様頑張りたいと思います。」というのも、がっかりしますね。
    なんで「がんばります!!!」って言わないのかなあ。
    はったりでも良いから「絶対優勝します」といってほしいな。

    ユーザーID:

  • 小町でもよく見かけますが

    あのね〜。
    はあ?

    底意地の悪さが感じられて、大嫌いです。

    ユーザーID:

  • 違和感あった

    ○○県は○○出身と自己紹介の時、はを使う事。
    私は今まで○○県の○○出身と、のを使ってました。
    ゾーと言うより違和感がたっぷり。

    他にも、東京はお台場にきています。とか。
    は、を使うのがどうしても、変な感じがします。
    東京のお台場でしょ?のじゃなくてはになるのはなぜ〜?

    田舎に住んでるからでしょうか。

    どこそこのどこそこと言うのは方言?

    ここでは当たり前のように「の」を使ってますが、間違った日本語?

    ユーザーID:

  • 英語ペラペラ,アメリカでは〜

    面白いトピですね!私にとって虫酸が走るのは,
    『あなた英語ペラペラなの〜?』などと言う時の『ペラペラ』。薄っぺらい気がして、昔っから大ッ嫌いでした。

    テレビのニュースなどのコメンテーターや解説の人が『アメリカでは〜』と、アメリカが正しい、物事が進んでいる事を前提にアメリカの例え話をする事。なんでいつもアメリカ??

    他にはなんでも言葉を短縮する人が苦手です。特に最初聞いたとき分からなかったのがこの二つ。
    *ヒャッキン 百円均一ショップ
    *カサス 火曜サスペンス
    なんじゃそりゃ!
    きちんと言った場合と短縮した場合で、一体何秒違うっちゅうんじゃ!他にも、意味の分からない短縮語が多すぎると思います。
    『うちら』『うちの女子は〜、男子は〜』という表現は、学生の頃から嫌いで絶対に使っていませんでした。

    ユーザーID:

  • ○○していただけると助かります。

    依頼のメールなどで目にします。
    気持ちは分かるけれど・・

    ○○していただけませんか?
    よろしくお願いします。
    で 十分です。

    ユーザーID:

  • 「ヴァカ」「ヴォケ」「糞スレ」

    最近よく見かけるこれらの言葉に、ゾッとします。
    小中高生がよく使う書き言葉ですが、悪意が満ち溢れていて、恐ろしくなります。

    以下は、コメントを寄せられた方の中の一部に対するお詫びです

     「義両親」

    間違えたことがあります。タイトルでは「義父母」と書いたのに、本文で誤って記入したことがあります。
    不快な思いをされた方々には、申し訳なく思っています。すみませんでした。

     「〜ママ」

    私の場合、あえて「あみママ」というハンドルネームを使うのには、それなりの意味があります。

    ・年齢や性別など、どんな人物がコメントしているか なんとなく推測できる。その為、本文であらためて 「3歳の女の子の母親です」などと説明しなくても よい。
    ・一方で「あみ」と言う名前がありふれているので、 ある程度の匿名性が期待できる。

    「なにものかの親である」
    と言う責任を負うためにも、このハンドルネームは今後も使い続けようと思います。
    不快感を感じている方も、「ママ」は「ひとつのカテゴリー」と割り切って考えてはいただけないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 汚らしい

     「汚い」(きたない)という言葉は耳にしても平気で自分でも普通に使えるんですが、これを「汚らしい」(きたならしい)と言われると汚さが倍増される感じですごくイヤです。
     うちの父が、方言なのか何なのかよくわからないのですが、汚れの程度にかかわらずとにかく汚れたもののことを言う時に必ず「汚らしい」って言うんです。ゾッとします。

    ユーザーID:

  • こんなのはどうですか?

    年齢を数えるのに「コ(個)」という単位をつける。

    「3歳年上」を「3コ上」などと言われると無性に腹が立ちます。
    どんなに仕事ができる人でも、「5コ下の子がぁ〜〜」なんて言っていると一気にバカっぽく見えます。

    ユーザーID:

  • 私が嫌いなのは

    ○感動(の)物語(ストーリー)
    テレビや映画に多いコピーですが、感動するかどうかは、見てから私に判断させてくれ!と思います。
    「物語」だけでなく、旅行パンフレットやマンションのチラシなどのコピーに使われていることもあり、非常に違和感。
    マンションに感動?そんな人いるの?

    ○〜すべき?
    小町でもよく見ますが、すべきかどうかは自分で判断するものでは。
    本来の「すべき」には、○か×か、というくらい強いニュアンスが感じられますが、「すべきだ」と言われたら、本当にしてしまうのでしょうか。
    普通に「した方がよいでしょうか」というふうに訊けばよいのに。

    ○ヤンチャしてた
    関西系タレントに多いようですが、関西では一般的なのでしょうか?
    不良ぽかった過去を無理やり「いいヤツ風」に誤魔化して媚ているような、思い切りの悪い感じがイヤ。
    いっそ「昔遊んでた」とかの方がいいです。
    「元不良」を売りにしている人もいるわけだし。

    ユーザーID:

  • これ

    自分の会社のアナウンサーを
    「美人アナ○○○○」とタイトルつけてる。

    自分の会社の社員に「美人」って堂々とつけるなよって思います。

    〜じゃん。うちら。
    は方言ですね。

    ユーザーID:

  • 「切れると怖い」「恋する・・・」

    よく投稿で、「私の夫は切れると怖いんです」とか書いてあるのを読むと、ゾゾゾとまではいかなくても、チっと心で舌打ちしたくなります。

    「切れると怖い」のは当たり前。切れても怖くないなら切れるとは言えないのでは?大体その手の夫の描写として「普段は家事も手伝う優しい夫」「それでも子供にはよいパパ」なので・・・って、そんな弱気だからつけこまれるんだよ!

    問題は「切れる」という行為、あるいはその導火線・スイッチにあるのであって、切れると怖いけど普段はいい人、なんていい人じゃありません。そんな暢気なこといってる場合か!?と思います。

    あとは「恋する」なんたら。枕詞に「恋する」映画、小説、レストランetc、物質の能動体な扱い方、及び恋してなきゃ人間じゃない、猫も杓子も恋!という姿勢にぞっとします。先日の朝日新聞に「恋愛を読もう」なんてタイトルを見つけたときも、チっと舌打ちしてしまいました。

    ユーザーID:

  • あります、あります。

    既に出ていますが、
    「こしらえる」
    「○○ママ」
    「○○デビュー」
    ホントにぞぞ〜っとします。

    料理番組で、手順を説明するのに、「〜してゆきます」(して行きます、なんだけど、そのアナウンサーはいつもゆきますと発音する)のオンパレード。「ここで砂糖をいれてゆきます」「次にねぎを刻んでゆきます」「お皿に盛り付けてゆきます」といった感じ。

    言い回しではないけど、外出先で、よそのおばあちゃんが孫に使う猫なで声。先日も、店内で孫を探す声。「しんや〜!どこ〜?」「しんや〜!」それがその内「しんしん〜!」ぞぞ〜っ。

    ユーザーID:

  • 私も”スイーツ”

    結構出ていますが 私も”スイーツ”が何だか気持ち悪いです。(自分で発音した事ありません)。
     これって外国では甘いお菓子の事全般を”Sweets"
    というんでしょうけど わざわざカッコつけて真似ているというか・・・そんな感じがします。

     ちゃんと日本語で”お菓子”でいいじゃない!
    又はケーキとかデザートとか。(あ、これも英語ですけどね〜)

    ユーザーID:

  • メールなどで。

    このトピ、面白いですね。
    たくさん挙げられていますが、頷けるものもあったり、そうかなぁ?と思うものもあったり。
    皆さん感じ方が違うのも面白いですね。
    これまでのレスの中には、普段私もつい口にしてしまう言葉があったりします。
    私がゾッとするのと同じくらい、私の知人たちも、私の言葉にゾッとしてるかもしれませんね。

    さて、私がゾッとするのは、言い回しとは違うのですが、メールや掲示板などでたまに見かける「☆」と「。。。」です。
     > おはようございます☆
     > 昨日美味しいケーキ食べちゃいました☆
    とか
     > 皆さんに質問があります。。。
     > 彼とけんかしちゃいました。。。
     > 仲直りしたいのですが。。。
    などと使われる、これです。
    「☆」はバカそう。若い子ならいいけど、いい年をした女性が使っていると引いちゃいます。
    「。。。」は暗そう。もちろんそういう心情を表現してのことなんでしょうけど。「…」ならほとんど気にならないのですが。
    これを使う方って、癖になってるのでしょうか、かなり乱発して使う傾向があるように思います。読んでいるとウンザリしてきます。

    ユーザーID:

  • たぶん私だけ

    たぶん誰にも共感してもらえないと思います。
    ある団体の会合で、いろいろな人の体験話等を聞くんですが、話の中で「がんばったねーって。」のように「……ーって。」と、誰かが言った言葉を引用するのに、頻繁に使うんです。特に役の上の人ほど多用します。語り口調も皆一緒で、心を込めて話してます〜という感じで、聞く度に、寒気がしてしまうんです。
    これは、この世界独特なものだと思うので、ずっと胸にしまってたんですが、つまらないとは思いましたが、書かせてもらいました。
    一般世界の中では、ハンドルの「◯◯ママ」、「××Love」。一番嫌いで、思わず暴れ出したくなる言葉は、「私敏感肌だから…」。ふ〜ん、私鈍感肌だから…。

    ユーザーID:

  • 「ブレイク」及び「心臓バクバク」

    「ブレイク」ってなんだ〜!。巻き舌を強くして言うと更にぞっとします。
    心臓が「バクバク」ってなんだー!勝手に作るなー!「ドキドキ」って言えよー!

    ユーザーID:

  • それってちがくないですか?

    最近、若い人だけでなく年配の方も使っていますが「ちがくなる」って違和感があります。息子の担任(40代)が言っているので驚きました。
    若い女の子がしゃべる言葉があまりにもひどいので耳をふさぎたくなります。
    ファミレスで使われる変な敬語も気持ち悪いですね。

    ユーザーID:

  • 『お先様〜。』って言い回し

    ハウスシェアをしている同居人が風呂上がりに言う言葉です。
    こんな言い回し、日本語にあるのですか?
    『お風呂先に借りたよ。』と普通に言えば良いのに、省略してるのかな?
    毎日これを聞く度にゾッとしてます。

    ユーザーID:

  • 「メイクラブ」

     最初、何のことかわかりませんでした。「5月生れの人たちの会かな?」と・・・。
    「メイクラヴ」などと表記されたものなら、嗚呼、気持ち悪すぎ!

     「私、なんにも悪いことしてないのに・・・」と自分で言う人。これを聞くと、「へえー、あんた、生まれてから一度も嘘ついたことないの、人の悪口言ったこともないわけー。」と、突っ込みを入れたくなってしまい、同情する気が失せてしまいます。冷たい人間でごめんなさいね。

    ユーザーID:

  • 私も参加

    私も

    ーダーリン
    ーイタメシ
    ーパパ


    っていうの嫌です。

    特にダーリンは とっても気持ち悪い

    ユーザーID:

  • 小さい「ぁ・ぃ・ぅ・ぇ・ぉ」!

    メールや文章などで。

    「そぉだよね」「こんにちわぁ」「〜なんだけどぉ」とか、伸ばすときに小さい文字が使われているのがなんとなく嫌です。ぶりっ子してるみたい。

    でも、「そうなんだぁ」に限っては平気になりました。前はそういう使い方全てが嫌で、「そうなんだー」などと入れていましたが、硬く見えるかな?って思い始めたあたりから、少し使うようになりました。

    「あたし」も嫌ですねー。「私」って書けって思います。

    あと、「〜じゃん」について出ているようですが。
    これ、横浜の方言です。私を含め(横浜に住んでいます)、周りもよく使っています。

    ユーザーID:

  • 普通に。

    普通に美味しい。とか・・・。こんな事言われたら、ガッカリします。何なんですか?普通に美味しいって。バカにしすぎ!

    あと、友達以上恋人未満って、どーなんだろう。

    ユーザーID:

  • おもしろいですね。

    みなさんの意見に「あー、思うー!」というのもあり、
    「へー、それも」というのもあり。

    私がこのスレを読み始めたときに真っ先に思いついたのが
    「勝たせてあげたい」「勝たせてやりたい」
    チームの監督やコーチが言うならわかるんですが
    一ファンが言うのはぞー。です。
    何様?と思ってしまいます。「勝ってほしい」でしょ、と言いたくなります。

    「泣ける」「感動」も嫌いですね。
    結果として泣いたとか感動したんであって
    それを目的にするのは???です。
    先日本を読んでいてそれを見ていた人に「感動する?」と聞かれげんなりしました。

    「〜してあげる」も苦手です。やっぱり何様?って思うからですかね。

    とは言え、私もここで挙がっているような言葉を使うこともあり反省・・・。

    ユーザーID:

  • さらに続きです

    ありすぎですね(苦笑)。

    ネット関係では
    ホムペ、ハンネはぞぞーっとします。
    HP、HNなら平気なんですが。
    あとどなたかも書いてらっしゃいましたが
    自分の日記でお買い上げ、ご購入もなんだか受け付けません。

    最後は方言ですが
    私は関西人なので関西弁の中での話です。
    洗濯(せんたく)のことをせんだくと言われるとすごくイヤです。
    それから関西では「〜がいる」のことを「〜がおる」と言ったりしますが
    「いない」ことを「おらない」と言うのは受け付けません。

    ユーザーID:

  • 「○○くんのママ」

    むかしっからすごく嫌い!
    ラジオとか投稿とかのペンネームで「○○くんのママ」とかって。。。

    親ばかを通り越して自分はないのかな〜と思っちゃう。子供のことばっかでつまんない人っぽいです。

    ユーザーID:

  • おめでとうございました!!

    過去形って、相手にお祝いを言うのに失礼じゃないのかなあ?

    ユーザーID:

  • まだある

    ・密着
    ニュース番組で、長時間同行取材することを
    「○○に密着です」というのが嫌い。暑苦しい。
    ・〜じゃね?
    若くて頭の悪い子が使う言葉というイメージ。
    ・相方
    あいかたは敵娼とも書く。遊郭でそのとき相手を
    してくれる女郎の意味なので、私は絶対使いません。

    鮭をしゃけというのは関西では普通の言葉遣いです。
    京都と大阪の中間くらいの土地ですが
    鮭をさけという人にはまだ会ったことがありません。

    ユーザーID:

  • りんすさん・ゆきさん

    「がっつり」教えて下さってありがとうございます。

    そうか、方言なんですね。今まで全く耳にしたことのない言葉だったので、最近の若者の造語だと信じ込んでいました。(今度北海道出身の友達に聞いてみようっと)

    「テンパる」
    初めて聞いたのはかなり昔のことです。華原朋美さんが小室哲哉氏と破局した直後のインタビューで、新しい彼女の存在を知った時どうでしたかという質問に、かなり長い沈黙の後
    「それは…テンパりましたよね」って答えていたんです。

    それまで「テンパる」という言葉を聞いたことがなかったので意味不明の答えでしかなかったのですが
    「パニック状態になる」「頭の中が真っ白」というような意味でいいのでしょうか?


    今思い出したのですが
    ・「がんばらない」
    ・「育児は育自」
    にも拒絶反応が出ます。

    ユーザーID:

  • 感想とそれから

    このトピ、興味深く読みました。
    「うんうん、そうね」と頷けるものもたくさんあり、その一方で「あ!私これ普通に使ってたわー」なんて思うのもあり焦ってみたり。

    きっと言葉の受け止め方って、細かく言ったら本当に、人の数だけあるのかもしれない。
    全ての人に「ゾッと」されないで生きていくのは難しい事なのかもなあ。
    でもなるべく人を不快にさせないように気をつけて生きていこう、いろんな人がいるのだから、とは思いました。

    ちなみに私がゾッとする言葉は、他の方のレスと多少かぶってしまいますが「プライオリティ」。

    英語を普段使ってらっしゃる方がつい言ってしまうならわかるのですが、バリバリの日本語生活の人が言うと「優先順位じゃ駄目なの?」って思ってしまいます。
    それと、これも似たレスがありましたけれど「〜ですが?」という文体のメール文。
    なんかとても嫌な気持ちになります。

    書いてる本人、自覚ないんだろうけれどケンカ売られてるような心地になりますね。

    ユーザーID:

  • 小町で見かけるアレ

    「あたし」と「こうゆう」
    本気で使っているのかしら?

    ユーザーID:

  • 幸せのおすそ分け

    ・のろけておいて、自分で「幸せのおすそ分け」という言い方。
    のろけぐらいたまには聞いてもいいけど、この言葉を聞くとすごーーくいやーな気分になります。

    ・勝ち組負け組み

    ・恋人の事を「相方」

    ・関西人でもないくせに「おかん」

    ユーザーID:

  • 自分が一番の友人になればよい

    友人ができにくい人に対してのアドバイスに、自分が一番の友人になれば良い と答えた人がいて背筋がゾーーーッとしました。

    これだけはイヤですね。

    あまりのナルシストさに、気持ち悪いです。

    ユーザーID:

  • いろいろあるけど・・・・

    その中でもぱっと頭に浮かんだモノをひとつ。
    私って、自分でもこういうところがスゴイと思うの!

    これでしょうか。
    ブリッコかつ自画自賛は30を過ぎるとキツイです。

    ユーザーID:

  • 損得勘定

    1 損得勘定で物事を判断する
    これは、ケチな人がよく使う言い回しなので、いつも突っ込みたくなります。

    2 よろ
    仕事場でメモにこれを書かれると、頭をはたいてやりたくなります。宜しくお願いしますと書いてください。

    3 本当の友達
    こちらの掲示板でよく見かけますが、見る度に、この人の周りにいる人たち疲れるだろうなぁと思います。

    4 本当の私
    じゃぁ、今のあなたは貴方じゃないのと言いたくなります。都合が悪いところは、これは本当の私じゃないので逃げきるのか。卑怯な人に多いです。

    ユーザーID:

  • 子供の事を

    友達が自分の子供(2歳児)の事を、彼は彼なりに頑張ってるからと言う。私は子供(特に幼児)に三人称を使う事に違和感を覚えます!

    CMでも、幼い女の子のことを、彼女がやっている事は地球にとって〜と言うフレーズが聞こえてきたら即チャンネル変えます。

    私だけ!?

    ユーザーID:

  • 無理!

    できない、受け入れられない、ってことは
    わかるんだけど

    「無理!」
    っていうのが嫌です。

    できないものは仕方ないけれど
    そこまで断言しなくても言い方はあるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 「言ってる事がわかんない」が嫌い!

    相手の話に対して、このような言い方をしているのを聞くとイライラします。

    相手が話し下手だから私が理解できないのよ、という感じで、相手を見下しているな使い方をしている人が多いのですが、大体の場合「自分が馬鹿だから理解できない」と言う事を堂々と言っているような人ばかりで、聞いていて恥ずかしいです。

    ユーザーID:

  • ○○ですが、何か?の言い回しはネタ

    「○○ですが、何か?」の言い回しは、
    ネタというか、わざとそういう言い方してるんじゃないですか?

    似たようなので
    「○○ですか。そうですか。」と一人で完結させる言い回しとか。
    使いどころが分からずに、使っているなら嫌な感じの言い回しですが。
    私は特になんとも思いませんね。

    人の話し方なんてそれぞれだし、嫌悪感を抱くか抱かないかも自分の感じ方次第なので、
    それを「ゾーっとする」などというのが嫌です。

    確かに気に食わない言い方はあるけど、「人間性まで否定する」とかはないです。

    ユーザーID:

  • トシがバレますが

    小町の名かで、昔の(若い頃の)事を書く時に
    カッコでくくって

    (年がバレますが)

    などと書くのを見ると、ゾッとします

    だーれもあんたの年なんて気にしちゃいないよ!
    自意識過剰ね!
    って言ってやりたくなります

    あとは、辛口の意見を書いたあとに
    これもカッコでくくって

    (トピ主さんがそうじゃなかったらごめんなさい)

    ごめんなさいと言いつつも
    気持ちの中では断定してるんでしょ?

    ユーザーID:

  • 小町で見かけるシリーズ!

    芸能人のことを話題にする時の発言で

    「ファンの人ごめんなさい」

    これにゾッ!とします
    結局悪口を書いているわけだし
    それに対して上の方から謝られても
    ファンは良い気がするはずないですよね

    この言葉を読んで納得するのは
    「一応謝った自分」
    だけなんじゃないですか
    そのあたりのイヤラシサにゾッとします!

    ユーザーID:

  • 敬語の代わりに「れる・られる」

    敬語を使わずに「動詞+れる・られる」を使う人が友人にいて、メールや掲示板みるたびに突っ込みたくなります。

    「知っておられると思いますが」
    →「ご存じ」という言葉をご存じない?
    「我が家に来られた○○先生が」
    →「いらっしゃる」「お越しになる」という言葉があるのに……
    「使用されますか?」
    →「お使いになりますか?」「使用なさいますか?」
    「興味のある方がおられるようなので」
    →「いらっしゃるようなので」「おいでのようなので」
    これでも県内進学校を経て国立大学に入った人ですよ。

    私は個人的に「おられる」という言い方にとても違和感をおぼえるんです。辞書にも敬語表現として載っていますが、「おる」と言う言葉の元の意味が違うと思うので私は使いません。「いらっしゃる」でいいのに「おられる」という言い方は横柄な印象を受けるんですが、私の考えすぎでしょうか。

    ユーザーID:

  • いい大人にも、「あの子」「その子」とか言う。

    「子」をつける言い方でしょう。
    そういう私も、上司や先輩などに、
    されたことがあり(「慎治さんは、いい子なんだから
    」とか「女の子なんだから、いつも笑顔でいなさい
    」など)、
    自分もやっていました(「あの子いいよね」とか)
    が、よく考えてみたら、20代・30代以
    降の人にも、子供でもないのに、
    「あの子」とか「その子」とか言ったり、
    「いい子だね」とか、「女の子なんだから」とか
    ・・・
    言ったり、言われることが、違和感あります。

    「あの子」「その子」「いい子だね」などが通じるのは、
    年齢的に、10代なかばまで・・・中学生・高校生
    までしか通じないと思います。

    ユーザーID:

  • 辛口ですが、ってゾッとします?

    こういう場所でのレスで「辛口ですがごめんなさい」と書いて、辛口でもなんでもないレスをしているのは、確かに間抜けな印象を受けます(でも、その人自身は辛口のつもりで書いているのかも)。

    でも、「こんな事を書いたら、トピックを立てた人が傷ついてしまうかもしれない。でもこれだけは言いたい。何とかわかってもらえたら」という気持ちでもって率直に意見を言い、クッションとして「辛口でごめんね」という言葉を添えるのは、優しさなんじゃないかなあと思うのですが。

    辛口だと謝るぐらいなら書かなければいい?
    うーん・・でも当たり障りのない返事だけを求めている投稿者ばかりとは限らないと思うし、敢えて辛口の意見をもらって目の前が開けた・・というような人もいるんじゃないかしら。

    私のゾッとする・・というか好きじゃない言葉は、女性の言う「蚊に食われる」かな。
    方言なのか、家々によっての使い方なのかわからないのですが「蚊に刺される」という言い方で育った私には、違和感あります。
    男性が言ってるのを聞く分には何とも思わないんですけどね。「飯を食う」とかと連動して受け止めているからかな。

    ユーザーID:

  • 「ご意見番」を見ると虫唾が走る・・・

    「ご意見番」。この枕詞が付く人に限って、ご意見番ほどの価値がないことが多くてぞっとします。ただ口汚く悪口言うだけで「芸能界のご意見番」とか「スポーツ界のご意見番」とか・・・

    ユーザーID:

  • 女の子、オンナノコ

    追加です。

    30歳を過ぎて自らを「女の子」と呼ぶ人、
    独身の方に多いのですがなんだか
    実年齢に精神年齢がついていっていない感じで哀れです。

    あと、生理日のことを「オンナノコの日」
    生理用品を「オンナノコのモノ」と呼ぶのもぞっとします。

    ユーザーID:

  • 「ママ」関係

    ハンドルネームで「○○のママ」って書いてあるトピはスルーと決めています。特に「たっくん」とか「マー坊」とか、「愛称+ママ」表記に鳥肌たちます。今気が付きましたが、こう表記する人は男の子の母親に多いように思います。なんでかなあ?
    「ママ友」も嫌い。普通に友達じゃねーのか、と首根っこ掴まえて問い詰めたくなります。「ママ」っていうカテゴリーでしか友人関係を確認できないような付き合いに、本気で頭に来るほうが間違っているのでしょうが。
    ちなみに私は校正の仕事をちょびっとしておりますが、「ママイキ」もしくは「イキママ」という校正用語があります。略して「ママ」と書くこともあります。「そのまま生かしてください」っていう意味ですが。最近はこの用語を書くのもためらうほど「ママ」嫌いが進行しており、そのうち仕事に支障が出るんでは、と勝手に心配しています。

    ユーザーID:

  • 思い出した!

    今どきの洋服屋の店員の
    「いらっしゃいませ〜↑どうぞ、ごらん下さいませ〜〜↑」
    という妙に鼻にかかったかけ声。
    あれを聞くと思わず走って逃げ出したくなります。

    ユーザーID:

  • この三つ

    女性歌手(エキセントリックな感じの人多し)を歌姫と呼ぶこと。食感という言葉をやたらと使うこと。歯ごたえ、舌触りではだめでしょうか?サクサク感、ふわふわ感、などという○○感、という言いかたもゾッとします。

    ユーザーID:

  • 片仮名で

    「コト」
    「ケド」
    「マス」
    「デス」

    など、語尾が片仮名なのがとても嫌です。
    いちいち区切って変換しているのかと思うとぞっとします。
    どなたかが書いていらしたように、日本語を片仮名にあえて書く表現(ワタシ、オット、ムスメ等)なじめません。

    あと「ココロ」という書き方も好きになれません。
    「ココロの風邪」「ココロのお薬」「ココロをいたわる」等々…。
    心と書かない、何か理由があるのでしょうか。

    ユーザーID:

  • (子供を)育て上げる

    生んだんだから育てるのはあたりまえなのに、
    偉そうな表現できらいです。

    ユーザーID:

  • 「ちぅ」 とか、「ゎぁ」

     「募集ちぅ」(募集中) とか、「これゎぁ」(これは)とか。
     ギャル文字とか言って、TVのクイズ番組で解読を問題にしていますが、ゾっとします。

    ユーザーID:

  • ひらがな変換

    「優しい」が「やさしい」に、「ネットワーク」が「ねっとわーく」になっていたりすると、ひねくれ者かも知れませんが、偽善者の連鎖を感じてしまいます。最近は、「どうぞ、ごゆるりと…。」などに薄気味悪さを感じます。意味としては解りますが、使用したいとは思いません。

    ユーザーID:

  • まさか

    小町でよく見かける
    「まさか〜してないですよね」
    「トピ主さんは、まさか〜されてないとは思いますが・・」って言い方。本当はそうしてると思ってるくせに。それに、まさかって大袈裟な感じがします。

    ユーザーID:

  • ゆ〜さんへ

    「Presents」には「提供する」という意味も
    あるので、講演会などで使われる場合は、
    単にスポンサーの意味合いで出しているのでは
    ないかと思います。 

    ユーザーID:

  • 駐妻!

    私がゾッとするというか、ムカっと来る言葉は最近小
    町でも良く目にする ”駐妻”です。どうして駐在妻
    って書かないの?一字足すだけなのに。

    あと ”女子アナ””セレブ””スイーツ”とかもダ
    メです。聞くたびにムカっとします。

    ユーザーID:

  • はぁ?知らないよ!

    って思うのが、

    「言わなくても分かるよね?」
    「いつ気がつくか 待っていましたがねぇ」
    です。上司が良く使います。

    じゃー何も言わなくても、私の気持ち分かっていただけますよね?

    あとは「うちらってさ〜」「負けないで」「私〜〜〜な人間だから」「心が泣いている」とかかな・・・。

    ユーザーID:

  • 追加!

    また思い出しました。

    よく、雑誌のわが子紹介のコーナーとかで、
    子供の写真を載せて一言、
    「○○ちゃん(君)の笑顔に、パパとママは
    メロメロで〜す」とか、
    「我が家のアイドルです」とか、
    ぞぞっとします。そんな事はうちの中で言ってくれ。
    写真の子供がお世辞にもメロメロ、とか、アイドルという言葉が似合わないような不細工ちゃんだったりすると、余計に、ぞぞっとします・・・。

    その他に、自分の飼ってるペットに、苗字をくっつけて表記するのは気持ち悪い。
    ジョンって言う犬なら、「山田ジョン君」とかね。
    ひたすら気持ち悪い。ペットはペット。

    ユーザーID:

  • 語感の違いは難しい

    どなたかが仰っている「萌え」は明らかに
    意味が違うと思います。
    説明はし辛いですし、元々そういう気持ちの動きが
    ない方だと説明されてもわからないと思います。
    しかし、現在ある日本語の中で萌えと同じ意味の
    言葉はないです。因みに萌は実在する人間相手にでも
    使います。例えば私はキミ・ライコネンの
    根暗そうな話し方が萌えですね。
    あと、他の方の仰っている「美味しい」と
    「うまい」もニュアンスは全く違うので
    同じ意味を持つ言葉ではないと思います。
    共通部分はありますが。
    この辺りは語感なのですべての人が自分と同じ
    語感で言葉を選択していると思わない方が
    良いかなと思います。
    「自分のケツは〜」というのも、
    敢えて汚い表現を使っているのだと思います。
    お尻とか言う人の方がぞっとしますね。

    私は「私はこれが駄目です」というのが
    ぞっとします。
    ぞっとするというのも同じです。
    相手が悪いわけでもないですし
    自分の勝手ですね、ぞっとするのは。
    それで相手を責めたり使わないでと思うのは
    愚の骨頂かなと思います。

    ユーザーID:

  • です。です

    よろしくです。
    がゾゾゾです。
    よろしくお願いします。でしょ。

    ユーザーID:

  • ママチャリ、チャリンコ、拾う、生足・・・

    ず〜っと前から大嫌いで使ったことのない言葉って
    結構ありますね。
     まず”ママチャリ”って大嫌いです。
    チャリンコも同じく。どうして普通に”自転車”って言わないんでしょう?
     田舎っぽく、下品な感じがします。

    あと、”車で行くから○○で拾ってあげる”っていうのも嫌です。普通に”乗せてあげる”の方が好感が持てます。
     ”生足”も気持ち悪いですね〜!
    私は”素足”って言った方が健康的でセクシーな感じがすると思いますが?
     まだ若い子ならまだしも、先日電車の中で40代とおぼしき女性達がやたら”生足、生足”を連発していて気持ち悪くなりました。どうしてだろう??

    ユーザーID:

  • ありすぎて困ります

    ・女子 (例: 女子度UP! 等)
    ・出だしで 「キャー、このトピ面白〜い♪」「このトピ最高です」等 (発言小町限定)
    ・温度差 (今日の朝刊でも使われていて ゾゾーッ)
    ・ゴハン  (食事と言え!)
    ・ひらがな表記 (頭悪く見える ペンション名などにも多い)
    ・こんにちわ、 うる覚え(間違ってる人が多くてうんざり)
    ・素直に感動しました (自分で自分を素直という図々しさに呆れる)
    ・僕、おこちゃま (もしかして可愛いつもり?)
    ・は!? はぁ〜? はい?(素っ頓狂に) (昔は使う人いなかったと思う)
    ・タレントなどが手を叩いて大袈裟に笑う様子(これを見るのが嫌なのでTVは極力見ない)

    *連れ、テンパる、は気になりません。人によって感じ方が違うのだとあらためて実感しました。

    ユーザーID:

  • ポテチ

    「ポテチ…」
    学生の時初めて聞いて依頼いまだになじめません。

    夫や子供が「ポテチ食べよぉ」って言うたびに
    ゾッとします。

    ユーザーID:

  • 口をすっぱくして…

    この言い回しを聞くと、なぜか昔からぞーーーーーっとします。

    あとはWEBサイトを「ホムペ」と言う人が苦手。

    ユーザーID:

  • トルコねこさん

    華原朋美の使った「テンパる」は少し違和感があります。

    テンパるは「何かに追いつめられていっぱいっぱい」「(色んなことがありすぎて)全然余裕がない状態」だと思います。麻雀用語で上がりの一つ手前をテンパイ(聴牌)と呼ぶので、壊れちゃう一歩手前と言いますか。

    締め切りに追われ一刻を争う仕事してる時に、同僚に話しかけられて「ゴメン、今テンパってるの。後で!」と言いう・・・等の使い方です。

    パニックになる、ではないと思います。

    ユーザーID:

  • 私もです

    奥様さんの意見と似てますが、
    主人や家内と誰かが言ってるのを聞くと
    げんなりします。私は未婚ですが結婚しても
    絶対使わないだろうなーと思います。

    ほかに、前働いていた会社の30代の女の人が
    自分を含めた女性社員を指して「女の子は
    そんな仕事はしなくていい」と
    いってたのを聞いて、女の子っていう年?と
    驚いたというかあきれかえったことがあります。
    女性社員は全員一般職の会社だったので
    社風的に仕方ないのかなとは思いますが。

    今の職場は全員女性の接客業なのでそういう面で
    不快感を覚えることは少ないですが。

    ユーザーID:

  • おあいそして。

    気になってた男性と食事をしてお勘定の時に、「おあいそして」と言いました。一気に冷めました。。

    ユーザーID:

  • がんばらない

    また来ました。
    「がんばらない」大嫌いです。ゾッとするどころか「虫酸が走る」。
    ところで、「小生」や「こしらえる」私は好きだなあ。「愚妻」「豚児」もいっそ潔い。
    「あんた」は、関西育ちの私はあまり良いイメージがなかったけれど、特に関東?では普通に使われてたみたいですね。小津安二郎の映画や、あの時代のドラマなどを見てると普通に皆使っているし、違和感がないですね。イントネーションの問題かな。
    皆さんの意見を拝見していると、世代でも随分言葉の使い方が変わって来ていて、それにつれてて印象も違うみたいですね。
    研究すると面白いテーマかも知れません(誰かして!)。

    ユーザーID:

  • 顔文字、チンする、パパ、遺憾に思う

    ネット用語で、ネット上で使われる文ならわりと平気です。あくまでも真面目な場でなく、そういうのが許される場ならば。しかしある程度皆がきちんと書くところで”○○ママ””ダンナ様”その類いも苦笑するだけです。顔文字連発は苦しくなります。

    直接話すとなると辛くなるのが増えて、チンするとか、パパ(夫の意)が、辺りでゾッとなります。

    遺憾に思うに関しては、どう見ても口だけなのがバレバレだから、その内面との違いを感じて背筋がゾッとします。

    しかし、広告代理店、出版社等が勝手に変な言葉を作り出してるわけで、そこにテレビ番組等もくっついて普及に努めてるわけですよね。
    何とか症候群とか、、そういうのをチラッとみただけですぐに使い始める人、、軽いなあ、、って思います。

    ユーザーID:

  • 漫画の中で

    学校の授業風景、黒板の前に立つ先生のひとこと

    「・・・で、あるからして〜」

    それ以外ないのかー!

    ユーザーID:

  • あるある!

    1.「私は自分が好き!」
    (他人に対して)「自分を好きになりなさい」
    あ〜だめ!耐えられない!
    2.「癒し」「癒されたい」 「癒してあげる」など
    背中がゾクゾクします。
    3.「〇〇でよろしかったですか?」 今さらですが 何度聞いても虫唾がはしる。
    4.スポーツクラブにて エアロビのインストラクターが連発した「皆さんの腹筋を〜」「皆さんの股関節を〜」「皆さんのお尻をキュッともち上げる感じで〜」・・・「皆さんの」はよけいだ!なぜか気持ち悪い。
    5.上にもあった「宇宙船地球号」
    友人に「みんな宇宙船地球号の仲間じゃない!」と真顔で言われたときは、仲間外れでいいよと思った。
    6.「〇〇(便秘に効きそうな健康食品等)でお腹のおそうじ」
    なぜかこれもダメ。

    その他、「〜なんです。わたくし」と最後に「わたくし」をつける、「私(わたし)的にはぁ!」と語気を強めた後に何でもない意見が続く、等など。

    ユーザーID:

  • 私、〜な人だから

    自分のことを話しているのに、「〜な人だから」って言ってるのを聞くのはとっても苦手。

    「私、朝ごはん食べない人だから。」
    「俺、基本的に自分の部屋に他人を入れるの嫌な人だから。」
    「私、お酒飲めない人でしょ?」

    知らないよ。
    勝手にすれば。

    ユーザーID:

  • 自分の話にうなずきながら話す人

    これは言い回しではないのですが、うなずきながら話す人が多いですね。ちょっと苦手です。

    ユーザーID:

  • ことささんへ

    普通に美味しい、は確かに誉め言葉でもないし、作った人が食べてる相手から言われたら感じよくないですね!同意します。

    でも友達以上恋人未満。これは要するに友情の中に恋愛感情(ドキドキなど)が入ってきてるような関係だけども、まだ手を繋いだりキスしたり、要は身体の関係を持つまでには至っていない・・という状態をさすんですよね。
    非常に便利な言葉だと思うけれど、ゾッとしますか?
    なるほど。

    私が聞いて嫌な感じのする言葉は「地獄の沙汰も金次第」。仲良しの友人がそう言って嘆いているのを聞いて、言いたい事はわかるけれども、その言葉の雰囲気があまりにもドロドロしているのと、彼女のほんわかしたイメージにはとてもそぐわなかったので、妙に白けてしまいました。
    同じ内容の事を言いたくても、私には絶対に使えない言葉だなあ・・って思ってます。

    ユーザーID:

  • おいら/私は英語が出来る/私はモテる/いちごみるく

    メールで好きになりかけた男性がいたけど、おいらは...って返信して来た時に彼への気持ちが一気に冷めました。せめて、俺は、とか、僕は、とか言ってくれない?

    あと、小町で、私の英語はネイティブ並みなのですが─とか、私はモテるタイプなのですが─とか...そんなの誰にも関係無いんだよ! ケッ! とか思ってしまいます。

    あと他レスにありましたが、真剣な内容のトピに、いちごみるく(ハンドルネーム)は─とか書いてあるの見ると、バカらしくなってくるっていうのがありましたけど、私も同じ事、思ってました。

    ユーザーID:

  • 小町で聞いている暇が、あったら自分で調べて下さい。

    小町のトピで、小町で聞いている場合ではありませんよとか、ここで聞いている暇があったら自分で調べて下さいとか,こんな所で聞いてないで、もっと勉強して下さいとか
    レスしている人。

    ユーザーID:

  • 「性格が男なんですよ」

    女性芸能人がトーク番組などで言っているのよく見ます。
    一般の人も。聞くたびにこちらが恥ずかしくなり、目をそむけたくなる。
    こういう事言う人程、女のいやらしさ持ってます。

    あと、先にも出てましたが 「はあ?!」 
    本当に下品な言葉だと思います。まさにゾッとします。

    ユーザーID:

  • へこむ

    最初はかわいい表現だなと思っていましたが、だんだん鼻につくようになりました。
    大人が使う言葉ではないですね。

    ユーザーID:

  • セレブ!

    セレブと聞いただけで、旦那の給料で贅沢している主婦というイメージ。

    女子高生なんかでもセレブっぽいとかありますけど、安っぽいかばんにちょっとジュエリーがついただけなのにセレブっぽいとかいわれてもね〜・・

    ユーザーID:

  • こじゃれた

    ちょっとオシャレな、みたいな意味なんだろうけど、
    「こじゃれた」という言葉が大嫌い。
    理由はわかりません。

    ユーザーID:

  • 「元気印」

    ちょっと死語っぽいですが、「元気印」。
    「いつも元気印の私」などのフレーズ見ると
    しらけます。
    ばっっっっかみたい!って思います。
    (好きで使ってる人すみません)

    あとどなたかも書いてありましたが「イケメン」。
    もう口に出すのもイヤです。
    気持ち悪いんです、「イケメン」という言葉が。
    最近はちょっと慣れましたが・・・。

    ユーザーID:

  • そんなにいらつかないでください

    皆さん、いらつきすぎではないですか?
    こんなにたくさん意見が出ると、話す言葉がなくなってしまいます。
    言葉の受け取り方は様々で、お互い様なのではないでしょうか。

    こんなにぞっとする人が多いなんて、そのことの方がぞっとします。

    ユーザーID:

  • ゾッとするというか

    その言葉を発する人に、多少の僻み妬みの感情をお持ちなのでは?

    例えば「つれ」「相方」。
    こう言えるだけの2人の深い仲が面白くない。「夫」「妻」なんて
    表向き便宜上使う言葉だし。「つれ」「相方」という人だって
    公的な場所では言わないと思いますよ。
    ちゃんと使い分けてます。
    普段の会話でかるっと言うだけじゃないの?
    「ワンコ」だってかわいいから言ってるだけ。別に犬が
    「ワンコ」と言われたからって不幸になるわけじゃないし。
    単なる愛称みたいなもので、家族に可愛がられてていい
    じゃないですか。

    でもまあ、何にゾっとするかは人それぞれだし、こんなことを
    言う私は「心が狭い」「視野が狭い」のかもしれませんね(笑)
             ↑
    こうゆうのをゾっとするってゆうの(爆)

    ユーザーID:

  • 小町のHNで

    「今回は匿名」

    そもそもこれだけの巨大掲示板で、普段のHNさえ知らないのに。発言に注目しているのであって、「誰からの」という個人にはあまり注目していません。

    ユーザーID:

  • パパママが嫌だと言う方々

    私も出産するまでゾーっとしてましたが、親同士が「パパ(お父さん)」「ママ(お母さん)」って呼び合っていないと、赤ん坊が、親を呼ぶ言葉をなかなか認識出来ないそうです。
    使ってるうちに習慣になって、子どもが大きくなっても直らないんでしょうね。

    ちなみに、「○○ちゃんママ」というペンネームや、「我が家の姫(王子)」と呼称には未だにゾーっとします!

    ユーザーID:

  • 〜のためにも

    「〜〜のためにも」

    これ言われるとゾゾゾーーーっとします。
    「〜〜のためにも頑張らないと!」「私のためにも早くよくなって」など

    まじで気持ち悪いーー!!!

    ユーザーID:

  • 義理の母

     電話口に出たとたん、ものすごいスピードで、自分のことや 自分の大事に育ててる花などの自慢を展開する。
     
    一通り、喋り捲った後、必ず「−そぉ〜んな還感じ!!」で、締めくくる。 
     なぜか、この言葉がたまらなくいやだなあ。

    ユーザーID:

  • 私も言いたい!

    ・「うち」という一人称
    最近の女子高生が使う「うち」が非常〜に耳障り!
    (関西の方が使う「うち」のことではありません。)
    彼女らは うちの「う」ではなく、「ち」にアクセントを置きます。
    つまり、全く標準語のイントネーションで「うち」と言うのです。
    関西人でもないくせに、自分のこと「うち」とか言うな!

    それと、まだ出ていませんが

    ・「〜してもらっていいですか?」「〜して頂いていいですか?」
    これが大っっっっ嫌いです!!!
    最近 急に市民権を得てきているようで、TVやお店で頻繁に耳にします。
    何かを人にお願いするなら、「〜して頂けますか?」「〜して下さいますか?」が正しいはず。
    「〜してもらっていいですか」という表現は、依頼しておきながら有無を言わせない感じを受けます。
    思わず「嫌です」と言いたくなります。

    ユーザーID:

  • 「・・思っております」

    街頭インタビューされている人がよく使っています。
    雅子様の結婚会見以後急増したような・・・。
    明らかに一般市民なんだからふつーに「思います」って言ってよ〜!!っていつもゾ〜っとしながら聞いてます。
    気になって気になってしょうがないです。
    みんな気にならないのかなあ。

    ユーザーID:

  • 週刊誌の中吊り広告などで・・・

    芸能情報でも良く使ってますが、「壮絶死」という
    壮絶って何?そんなに大げさに言うなよって思います。

    日常生活でその単語あまり使わないので、違和感、
    嫌悪感があります。
    書いてるうちに、だんだんむかついてきた・・・

    ユーザーID:

  • すでに出た言葉もありますが…

    「グッとくる」…田原俊彦のはっとして…に出てきた歌詞では?
    「ナマアシ」「スッピン」「ズラ」…使うのに抵抗ある言葉です。
    あと、インタビューで、質問されて最初に「そうですね〜あの〜」と、枕詞のように使う人。
    ヤワラちゃんだけかと思ったら、アテネオリンピックではたくさんの選手が使っていて、うんざりしました。

    ユーザーID:

  • 休暇を頂戴しております

    電話の応対での「○○は本日お休みを頂戴しております」

    ああ、書いてるだけでゾッとする。「休暇をいただいております」もマシだけど鳥肌もの。
    「申し訳ございません。○○は本日休暇を取っております。」とか「申し訳ございません。○○は休暇でございまして。」で十分丁寧なのに。

    私が電話した立場でコレを言われたら不愉快だわぁ。

    お客様から休みをもらってるつもりと言うけど、お客様が図にのって「俺は休暇などやった覚えはない。今すぐ出てこい!」な〜んて言ったらどーするんだ?

    ユーザーID:

  • 「やばい」

    「やばい、カワイイ〜」
    「やばい、コレ気持ちいい」

    とか、全然やばくないことをヤバイって言う人この頃多くありませんか?「ヤバくね?」なんて言われた日にゃあもう。。。

    ユーザーID:

  • 「わたしって変?」

    意図して奇をてらった行動や言動をしておきながら、タイトルのセリフを言う人が嫌いです。
    個性的な人間だと思われたいのでしょうが、個性を演じている時点でそれは個性ではなくなっている、という矛盾に気がつかないのでしょうか。
    「私って、変わってるって言われるの」と嬉しそうに報告されるのも厭です。言われて嬉しいのなら、そういわれるのを“狙って”行動してるってことで、これもやはり矛盾です。

    いとも安易に発せられる、「アダルトチルドレン」や「トラウマ」にも退いてしまいます。いい年になってから、誰に命令されたわけでもなく自分が犯した愚行まで、ぜんぶ親のせい生い立ちのせい、と主張する似非分析心理学にはウンザリ。そういう概念が流行ったから、“そうだわ、私の人生がうまく行かないのは、みんなみんな親の育て方が悪かったせいなのよ!”ってことにしてしまっているとしか思えません。

    ユーザーID:

  • 沢山ありますが・・・その一部です

    自分へのご褒美、 どこか卑しくて嫌いです。
    生きざま、 汚いし失礼です。
    世界の中心で愛を叫ぶ、 あなたのいるところが世界の
    中心なの?
    〜と向き合う、 説明できないけれど「自分と向き合う」等とと言われるとぞっとします。
           
    (接客関係では)お名前様、 様はいらないですよね。

    又「こつら はずめてですか?」発音の問題なのですが
    よくこう聞かれて、たまらなく不快になります。       
           
          

    ユーザーID:

  • 「・・・ないです。」との表現。

    「何も言われないです。」
    「消えないです。」
    「小さくならないんです。」
    「見ることはないです。」

    「・・・ないです」じゃないだろう、「(あり)ません」だろうと!

    ユーザーID:

  • なるべく既出じゃないもので

    「**させていただく」・・・くどい。「**します」でいい。
    「考えさせられる」・・・なんで受動態なの?具体的にどう考えたの?
    「子供の夢」・・・「子供の夢を育てよう」「子供の夢を壊すな」っていう言い回しがお為ごかしっぽくて嫌だ。
    「すべからく」を「すべて」と誤用しているのも、読んでる方が恥ずかしくなる。

    ユーザーID:

  • お父さん、お母さん

    父、母と言わずにお父さん、お母さんと言うのがいやです。お兄ちゃん、お姉ちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんも同じ。
    あとは某改築番組でよく使われる「造りつける」
    造りつけの収納、はいいのですが、「何々を作りつける」とか「何々が作りつけられています」などのように、動詞として使われると違和感があります。(でも文法的には正しいのかな?)

    ユーザーID:

  • 予定調和

    ○予定調和○
    意味は解るが、自分では絶対に使えないので 居心地が悪いことばです。

    ○キョドる○
    もしかして、挙動不審のことですか?

    ○お試しあれー○
    私もこれを言われると、「余計なお世話じゃ。」と思います。

    ○ひとつ、よろしく。○
    心の中で「やだよーだ。」と突っ込みを入れます。

    ユーザーID:

  • 連れ合い

    「連れ」の丁寧版?関西圏だけではなく、なんとなく左っかわの人は自分の配偶者をこう称する。それと「人の命は地球よりも重い」。じゃあおまえが世界中の人を救ってこいやあ、この偽善者があ、と思ってしまう。

    ユーザーID:

  • PN「●●のママ」大嫌い。「彼氏」も

    自分が使ってしまうのが「相方」ですね。
    ちょっと頭軽そうな女の子の「彼氏が〜」
    っていう言い方とか「彼氏」という言葉がなぜか嫌いで、自分が言うのも恥ずかしくて「相方」を使っていましたが、結構嫌いな方も多いようなので、どう言ったらいいものか。
    他の方も書かれていますが、育児関係の番組でもなんでもないTVやラジオで「●●のママ」
    とか聞こえてくると、「だからどうした」と突っ込みたくなります。昼時のラジオだと、ほとんどのPNが「●●ママ」「●●のママ」「●児の母」稀にパパ。
    投稿内容が全く子供に関係ないことなのに、子供の名前を出して愛情を強調してるところが、赤の他人には暑苦しい。湖に自分の娘の名前をつけた市長並にみっともないことのように感じて、ゾッとする。

    ユーザーID:

  • 取扱説明書を「とりせつ」

    「とりせつ」あぁーー!イヤダー!聞きたく無い!
    「子供がぺろりとたいらげました」の「ぺろり」
    「女性陣、男性陣」飲み会とかで聞くとジンマシンが出る

    他の方と重なりますが、小町の中では、
    「小梨」「サプライズ」嫌です。

    「私は親に厳しく躾られましたので」
    「親に徹底的にたたき込まれました」
    こんな書き方を見ると躾が良い方とは思えない。

    「〜と思うは私だけでしょうか・・・?」と書くトピ主
    確実に同意のレスが付く気満々!時々トピ主の意に反して
    レスが批判の嵐になると、逆切れするか、「後だしジャンケン」と呼ばれている言い訳をする。又はいきなりトピを
    削除する。

    ユーザーID:

  • 苦しい

    私の場合。

    『愛くるしい』。

    愛らしいならいいけど、それを上回る意味のそれ。

    『愛くるしいお子様』

    子供はみんなかわいいです。
    でも愛くるしいまで付けられると鳥肌立ちます。

    ユーザーID:

  • 皆もっと怒ってよ!

    ・・・といつも思うのが「女性の活用」。

    新聞や経済誌を開けば必ず見つかる「我が社の方針」とか何とか銘打った、人事部長殿なんかが誇らしげに語っている「活用法」。
    我々はモノかっつうの!!!!

    ちなみに社員2万人以上を抱える我社グループでも、米国の「affirmative action」並の「活用策」を練っています。
    おじさん達が作ったのが見え見えでズレまくっていて笑えますが、当事者としては・・・。ああ。。。

    ユーザーID:

  • 感動をありがとう!

    とか、「勇気(or元気or感動)をもらいました」。
    もう、こんなこと言ってる人、絶対おつきあいしたくないですよね。
    すぐに人にたかる人って、必ずこういうこといいません?

    自分の頭で絶対ものを考えない人!!

    ユーザーID:

  • ほんわか

    「何だかほんわかした気分になりました〜」なんていうコメントを見ると、ウッ、気持ち悪い・・と思ってしまいます。何故なんでしょうね。

    あとは、「こういう例もあるってことで」という締めの一文。ちょっとえらそう。

    「それを聞いてコンフューズしてしまいました。」海外生活が長かったりする人だと英単語が会話に入ってしまうのは仕方ないのかもしれませんが、何かヘン。
    「困惑しました」とか言えないものでしょうか。

    「うちのワンとニャンが」・・・タメイキ。私のペットは鶏なので、「うちのコッコが」とか言ってみようかな。

    ユーザーID:

  • 「私にも参加させてください!!」

    よく小町で見かけますね。
    参加させてください!って言ってる時点でもう参加してるのにね。

    前置きがないと発言できないのかなあ。

    ユーザーID:

  • こんなのが嫌い

    「・・なんで」を延々と繰り返して結論を言わない。まあだいたい想像はつくのだが、なぜ結論を言わないんだろう?ここ2〜3年くらいでよく聞くようになったように思います。
    「・・の方」20年くらい前からサービス業で使われはじめたと思うが、どうもそれを丁寧語だと勘違いしているように思われる。全然関係ないのにね。
    「ら抜き言葉」の反対で、可能の意味で「れ、られ」を加える。例「行けれる」「減らせられる」等。後者は某局の女性アナウンサーが連発してた。しかも男性アナウンサーが「減らせる」と言ってるのを横からフォローしてた。アホ!

    ユーザーID:

  • 子供名+ママを使う人って・・・

    ハンドルネームやペンネームが子供愛称+ママ
    ○児の母というのは、野暮ったくて見てられない

    育児相談ならいざしらず、子持ちだと説明する必要の無い場面で、自分は子供のママですよと、ネットや公共の電波でいちいち宣言する必要があるのかな?
    結局、子供を持って社会に貢献しているということにプライドを持っていて、そのプライドををまわりに押し付けてるだけではないの?
    親として頑張る為の決意表明だという人もいるけど、
    黙って頑張れば良いし、自分で決意しとけばいいのに、と思う。

    親であることに自己陶酔してる感じがして、暑苦しい。

    ユーザーID:

  • コレ!

    私がゾゾッとくるのは、会社にかかってくるセールスや勧誘の電話の方の言葉遣いです。
    最近特に嫌なのが、「お電話関係のご担当の方いらっしゃいましたか?」という言い方。
    今はいないことをわかってかけてきてるんですか?と言いたい。
    お電話関係の担当、という言葉もよくわからないです。

    それと、最近怪我をして毎日病院に通っているのですが、はじめの頃は「◯◯さん」と、名字にさん付けで普通に呼んでもらえていたのが、最近「◯◯ちゃん」と名前にちゃん付けで呼ばれるようになり、嫌でたまりません。
    毎日通っているので、看護士の方も親しみを込めてくださっているのでしょうが、あと2年で三十路になろうかというのに「◯◯ちゃん」は辞めてほしい・・・・・。

    ユーザーID:

  • 「読んで下さってありがとうございました」

    文章の一番最後に書く人いますよね。いちいちそんなこと書かなくてもいいのにって、いつも思います。

    ユーザーID:

  • 自分じゃなくて人が言う

    「私は○○を知っていません」
    知っていませんて何?
    「知りません」じゃ駄目なの?


    「私はよく人から美人だと“言われます”」
    自分では全然そう思ってないのに、と
    続きそうなところが嫌です。
    謙遜ぶってる割りには、
    言われたエピソードが延々と続きます。
    この発言は主にネット上で見かけます。
    いっそ「私は美人だ!」と言い切っている人や
    褒められて嬉しかったと喜んでいる人のほうが
    好感もてます。


    「○○さんもそう言ってたし」
    「皆そう言ってる」
    最大級に嫌なのがこれです。
    人に文句言うときは自分の器量だけでして下さい。
    すごく迷惑です。
    うっかり「そうだね」なんて言おうものなら
    「ヴィヴも言ってた」と使われてゲンナリです。
    (褒める時は上の言い方は、いいと思いますが)

    ユーザーID:

  • このトピのタイトルが

    このトピが盛り上がっている中で水を差すような意見になってしまいますが、発言小町で様々なトピのタイトルが並んでいる画面を見ながら自分の興味のあるタイトルを探している際に、フっとこの「ゾッとする言い回し、おしえて!」を目にした瞬間ゾっとします。重い表現と軽い表現が入り混じっていて寒気がします。深刻な内容のトピかなと一瞬思ってしまいました。

    ユーザーID:

  • スキャンダル用語など

    「深夜の密会、濃密デート、連泊」、そういうの。
    好きな子と寝泊りしただけのことを何を想像逞しくって思う。
    大体こういうのばっか書いてる雑誌が「宝石」とか「微笑」という、その言語感覚もパスだな。本物の宝石や微笑に失礼じゃないか。

    準じて「本命」。
    80年代、大型ダンプの横腹に描かれた工藤静香を連想してしまうのは何故…

    その流れで「都合のいい女」。
    こればかりはそうとしか呼べない状況があるのでアッシーやメッシーのように簡単には死語化してくれない、そのしつこさが頭にくる。自分を自分でこう軽く突き放す女性の屈折した心理にも(分かるから余計に)ゲンナリくる。

    おまけは「トラウマ」。
    「きゃー、トラウマになったらどうしよう!」って、あのねえ…。本物のトラウマを抱える人に失礼じゃないか。

    ユーザーID:

  • 博多

    福岡の人は結構思ってるんじゃないでしょうか?
    「博多」というのは福岡市博多区だけの事なのに、「博多に行く」とか「博多に転勤になりました」とか・・・
    普通に「福岡に行く」って言えばいいのに。
    っていつも気持ち悪く思います。
    私の住まいは、福岡市城南区!
    親戚の家などに行って「博多のお姉ちゃんがきたよ」とか言われると「違います!!」と言ってやりたくなります。
    福岡の細かな事など知らずに「博多」と言っているんでしょうけど、普通に「福岡」って言って欲しいな〜。

    ユーザーID:

  • ゆーさん、そのpresentは違いますよ〜

    >お金を払って見に行くのに、公演名等に
    「○○○Presents」とかサブタイトルをつけているのがとてもイヤです。「プレゼント」ならタダでいーじゃんと思ってしまいます。

    思わず、くすっと、笑いました。よく浸透していない外来語を気取って使うと、こういう誤解が生じるよ、ということで、使い方には本当に気をつけるべきですよね。

    このpresentはショーなどを上演する、という動詞ですよ。名詞のpresentとはアクセントの位置が違うのですけどね。言う時は、A presents B.「AはBを上演する」というように使うのです。

    ユーザーID:

  • 懐妊

    古い話ですが、今の皇后美智子様に赤ちゃんができた時
    新聞に「皇太子妃ご懐妊」の見出しが出ました。
    初めて見る言葉だったのでとても印象的でした。
    そのとき、やんごとないお方だけの特別な言い方なのだと
    記憶いたしましたが、近頃では芸能人がその言葉を使っていますね、特に皇室を崇める気はありませんが
    本来の言葉の使い方としては違和感があります。

    あとセレブもきらいです。セレブ風になどといわれると
    かえって貧乏くさい。

    ユーザーID:

  • そうなんですか

    人に責任転嫁してるようで,いやです。

    ユーザーID:

  • 擬人化、その他…。

       「ウチのコ」「このコ」。
    文脈によって化粧品だったり洋服だったりペットだったり。
    人間の子供に限って欲しい。

       ハンドルやペンネームの「○○ママ」。
    既出ですが、アイデンティティがそれしかない、
    世間が狭い人だという印象を受けます。
    実際使っている人のご意見を見ても、
    やっぱりそういう人だとしか思えませんでした。

       「じいじ・ばあば」「胎児ちゃん」
    これが嫌で育児雑誌を買うのをやめました。

       関西圏以外での「関西弁」。
    私も関西生活が長くなり、
    うっかり出てしまうこともあります。
    が、全社会議の出席や他地方へ転勤した関西人が、
    関西を愛するあまり?意地で関西弁を通そうとするのが苦手。
    小町などの全国の人が目にする掲示板で、
    だらだら関西弁を書き連ねているのが苦手。
    人に自分の話を聞いて欲しいのなら、
    その人が聞きやすい言葉で話すことが大切だと思っています。

    ユーザーID:

  • よく聞きますが・・・

    よろしかったでしょうか?
    が苦手です。なんで過去形になるのかな?

    ユーザーID:

  • 良く見かける、ここで

    「海外在住です」
    ・・・だからなんだよ。

    「欧米では・・」
    ここは日本だし議論してるのも日本人ですから。

    ちなみに「あたし」表記がいやな皆様
    口語でも「わたし」と仰るのでしょうか?

    ユーザーID:

  • 言い回しと言うより

    ”○○” と書いてあるとゾッとします。間違いです。
    “ と ”で対です。

    ”○○” だと、」○○」 』○○』 と表すのと一緒です。
    あまりに間違っている人が多いのに驚きます。

    ユーザーID:

  • おこられるのきらいなんだよねー

    「○○って怒られるのきらいなんだよねー」最近大学でよく耳にします・・・・・・。
    誰だって怒られるのきらいだって!改めて言われるとイライラします。

    後は女性誌用語。
    モテとかプリプラとか・・・・・ミニイちゃん。
    受け付けません・・・・・・。

    ユーザーID:

  • アイカタ

    自分の奥さんのことを「アイカタ」と呼ぶ男性がいます。
    漫才師じゃあるまいし、奥さんが可哀想だし、なにより背筋が寒くなる。

    遠まわしにそれを指摘してみたんですが全然気付いてない様子・・・

    ワイフと呼ぶ方がずっとマシだと思うのですが。
    こんな人と結婚しなくてよかったです。

    ユーザーID:

  • ありますね〜

    会話中の言葉で、「私の直感って当たるんだ」
    それ自分で言ったら相手は何も言えませんよね。

    あと、「要は・・・・・」って話し始める人に限って長かったり、纏まってないですよね。

    ユーザーID:

  • 私も参加

    自分も日常的に使っている言葉がありました。
    「人によって不快感を感じる部分は様々なんだ。怖いな〜」
    と、思いつつも、面白い(興味深い)トピですね。

    私が気になるといえば、楽しいけど女性特有のじめじめした感のある、小町で・・・。

    妊婦さんが立てたトピに対して・・
    「先ずはおめでとうござます。(体も気遣う文面もあったり)」と、常識人を気取っておいて、
    結局は、自分の経験した出来事をトピをきっかけとして、蒸し返してただ怒っているだけの、レスを見た時ですね。
    トピ主さんに対して、アドバイスしてないじゃん!!
    ・・・と思います。

    ユーザーID:

  • 等身大の・・・

    「等身大の自分を表現」?!虫唾が走ります。

    もう1つ、「夜ごはん」も駄目。
    いくら「朝ごはん」「昼ごはん」というからって、「夜ごはん」って、あんた?

    ユーザーID:

  • 「親友」、「はあ〜?」

    「親友、親友」と使いたがる大人の気持ちが
    理解できません。
    「親友だよね」とかあえて言葉にするもので
    はないと思うのですが。不思議です。

    あと、「はあ〜?」という言い回しは
    品がないと思ってしまいます。
    勤務先の年配の女性が毎日使っていました。
    何か聞かれたりするたびにこの言葉・・ゾッと
    してました。すごく意地の悪い人だったので
    この言葉を使う人のイメージは最悪です。

    ユーザーID:

  • 最近、一番ゾッとした言葉は

    「郷ひろみを極めます」です。

    ユーザーID:

  • 「おあいそして」って

    お寿司屋さんでは普通ですよね。なぜ寿司屋だけ“おあいそ”と言うのか以前から不思議です。

    既出ですが、「ムカつく」、「うまい」もしくは「うめぇ」、「マジっすか?」、「ありえない」は嫌いです。

    それと、「これ、可愛くね?」とか「ありえねくね?」とかいうのもダメです。何ですか?この言葉は。

    他には、「凄い」を「すげぇ〜」と言ったり「すんげ〜○○」と言う人(特に女の子)にはゾッとします。
    というか、今の若い女の子って言葉が汚すぎませんか?
    普通に男言葉を使ってるのを見ると悲しくなります。
    まぁ、大人も大人で乱れた日本語を連発してますけど。

    ユーザーID:

  • 良かった。私だけじゃなかった。

    他の方の発言にもありましたが、

    ・自分の子供or兄弟・姉妹への「ちゃん」付け
    ・実年齢にそぐわない「子」(30代の男友達を「男の子」と呼んでいる人がいて、つい眉間にシワをよせてしまった)

    などはウンザリです。
    そして最近特にゾッとするのは、

    ・小、中、高校生などが会話でお酒の話をしていること。

    「言葉」っていうものとは違いますが、
    なんか得意げに話している彼らを見るにつけゾワゾワ〜〜〜っとしてしまいます。

    ユーザーID:

  • 「Hする」

    相当昔に初めて聞いた時から、ゾ〜ッとする言葉だと思っていたけど、最近はすっかり定着してしまった感があって、本当にイヤ!本人達は直接的表現を避けて、照れ隠しに使っているつもりなんだろうけど、なんか余計に生々しさを感じてしまうのは私だけ〜?

    ユーザーID:

  • わかたけさんは人の気持ちが読めないの?

    >何歳に見えますかぁ〜?

    >年齢を尋ねられた時、こう応えている女性、ゾッとしま>すね。自意識過剰!!って思っちゃう。

    わかたけさんはお若い方なんですか?
    これに関しては素直に言える人もいれば、素直に何歳ですと言いたくない女心というものがありますよ。

    言いたくないからわざと「何歳に見えますか〜?」といういいまわしで反発しているんです。

    「私、若く見えるでしょう?」という意味で言ってるとは
    限りません。

    明らかに20代以下とわかる方以外には年齢を訊かない
    のが礼儀だと思います。

    ユーザーID:

  • いかがなものでしょうか?

    多分、まだ出ていないと思いますが、
    何か批判をする時に、いかがなものでしょうか?
    と言われるとぞっとします。

    本当は、これではダメですと言いたいのに、
    自分を悪者にしない言い訳みたいに聞こえて。
    はっきり言えば良いのにって、いつも思います。

    ユーザーID:

  • ふいんきって・・

    雰囲気を「ふいんき」って言われるとチッと思います。アナウンサーがこの間テレビで言っていて、レベル低いなぁと思いました。しゃべりのプロじゃないのか、と。
    あとは、
    ・凄く美味しいとか嬉しい時に「ヤバい」って言う
    ・確信犯の意味を間違って使う
    ・「お前」(特に女性が使う)
    ・新曲の感想で、「聞いた途端もう号泣でした」
     ゾゾーーーーッ!!です。
     
     えー、ズレますが、夫の事を「旦那様」「ご主人様」って言われるのが嫌、という意見が幾つかありましたが、第三者から何と呼ばれたいのでしょうか。私は何も考えず「お宅のご主人はどう?」とか言ってしまいます。名前を知ってれば名前で言うのですがそうでない時失礼でない言い方を教えてください。相手を不快にさせたくないのでお願いします。

    ユーザーID:

  • サクサク作れる、手のひらを太陽に

    チル子さん!「宇宙船地球号」同感です。
    そんな大げさな、と思ってしまいます。

    他に「サクサク作れる」がイヤ。(例;エクセルで表がサクサク作れる)
    「サクサク」って歯ごたえとか積もった雪の中を歩く時の表現とかならわかるけど、なんで?って思う。

    「スィーツ」もダメ。何でもかんでも勝手に言葉を作るなぁーと言いたい。

    小町でよく見かけるトピ主に対する返事のタイトルに「んー」とつける人。先にありましたが「何だかなー」と同様もっと言葉を駆使してほしい。

    「もーらい!」と言ってその人のものをもらう表現、何となく馴染めません。

    あと「手のひらを太陽に」の歌が昔小学校で習った頃から虫唾が走ってます。「めざましテレビ」のエンディングだったので速攻チャンネルを変えてました。
    作詞のやなせたかしさんも作曲のいずみたくさんも好きなのですがこの曲だけはダメです。

    ユーザーID:

  • 「私(僕・俺)、負けず嫌いなんです」

    負けず嫌いじゃない人など、いないんじゃないかな。
    公言されると、まじまじと相手の顔を眺めてしまう。
    たいてい悪気は無く、勝気な性格を自己評価しているに過ぎないだけなのだが、鼻白む。
    こちらの虫の居所が悪いと「ゾッとする言い回し」に昇格する。
    「姉は、負けず嫌いで」
    と言う使い方なら、納得できるのです。
    「負けず嫌いだね」
    ゾッとはしませんが、ムッとします。

    余談ですが、「ママ友」は「友人」の意味では無いと思いますよ。
    「たまたま出産時期が近いってだけで顔見知りになっちゃったけど、そうでもなきゃ口きくことも無いだろう他人」が本当でしょう。「同僚」と同義です。

    最後にゾッとする話をひとつ。
    私は「あみママ」というハンドルでも投稿しています

    ユーザーID:

  • 幸せのお裾分け

    友達が結婚したり、出産したり、など色々とお祝い事があった時
    『幸せのお裾分けをどうもありがとう』って言う高校時代の同級生。
    はっきり言ってゾッとします。
    お裾分けっていうのは、誰かを紹介してもらったりした時に言えっつーの。
    友達の幸せ話なんかで幸せになんかなれっか!

    ユーザーID:

  • 「おまえ」

    新婚当時、夫に人前(2人だけのときは言わない)で2度言われて1度目は我慢しましたが2度目には、人格否定の言葉だと感じるので辞めて欲しい、と言いました。
    気にならない方もいらっしゃるでしょうが、私はゾッとします。

    言い回しからははずれるかもしれませんが「旦那」とレスしている方もいらっしゃるので投稿しました。

    ユーザーID:

  • 『…と思います』

    最近、耳障りで仕方がありません。
    『頑張りたいと思います』『○○したいと思います』って…思うだけで終わりそうな印象を受けます。

    あと、上司や先輩に指示を仰いで『それで間違いない…と思うよ』なんて返事をかえされる事にもイラッときます。

    ユーザーID:

  • サーバ、メモリ

    コンピューター用語の中でも、特にこの2語を読むとムズムズします。

    日本語ではサーバー、メモリーと言って欲しい!

    ユーザーID:

  • よ〜くかんがえよ〜

    CMの真似をしないで、よく考えよう、と普通に表現して欲しいです。

    ユーザーID:

  • そのときゾーッとしたかも

    しれんけど、「噛まんでベロでネブッてね。」とやさしく言われたんよ。
    色白で、40前後の薬局のオバちゃんからばい。

    「激しいこと言うなあ」て思うたんやけど、なしかブルッときてトリハダが立ったもんやけん、トローチ受け取り店から飛び出したんたい。若かったし純情やったんやな〜。

    オバちゃんも紛らわしいこと言うたらイカンばい。
    ボクは生まれが上品やけん「ベロ」とか「ネブる」とかいう言い方に馴染めんとたい。
    普通に「トローチは舐めてね」と言われりゃ噛まんで舌で舐めるくさ。

    ユーザーID:

  • シモネタ入っててでごめんなさい。

    「夫と抱っこしました。」「仲良くしました。」
    小町で書いている人がいて初めて知りましたが
    気持ち悪いです。

    「私って○○な人なので」
    自分をこういう人間だと言いたいんだろうけど
    「私って○○なので」
    じゃないのかなぁ〜?と思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 焼きまわし

    写真を「焼き増し」する時にこういう言い方をする人がいます。

    最初聞いた時自分の頭の中で「竹輪が焼ける姿」が浮かんでしまいました。

    みなさんのレスを拝見すると意味自体が分からないものが多くて「浦島太郎」になった気がします。

    ユーザーID:

  • 『はあ?』

    ↑もうもうもうもうっ!!!この言葉聞くたびに殴ってやりたい心境です!!!!

    本人はそんなつもりでなく何となく使ってるのかもしれないけど、何か質問してこの返答されると「はあ?アンタ何言ってンの?!バカじゃん?」というニュアンスにどうしても取れます。どうにかして相手を見下して無理やり自分を優位に持ってこようというような感じです。これ言う人は自分が言われてもムッと来ないのかしら。

    電車の中とかでこれを連発する人の様子を見てみると本当に感じ悪いですよ、言動すべてが。言葉遣いも悪いですし。学生がこれやるならまだ許せますが社会人でこんな言動する人は信じられないですね。お前は子供か!!
    だからレス中のやっこ様のような人が大ッキライですね。ほんとゾッとします。

    ユーザーID:

  • 何様だ!?

    って思うのが、「悪くない」ってやつ。
    おいしいならおいしい、面白いなら面白いでいいじゃん!なんなんだ「悪くないね」って。
    あと、「〜でよろしかったでしょうか?」ってやつも最悪です。「〜でよろしいですか?」じゃないの?お店の会計の時に「一万円からでよろしかったでしょうか?」なんて気取って言ってる店員には「よろしかったんじゃないですか?」と言ってやりたくなる。特に男が使うのがイヤ!!

    ユーザーID:

  • ゾッとした知人の言い回し

    すみません、一般的な言い回しじゃなくて知人の話なんですが…。

    鈴木さん(仮名)という知人(女性)がいます。一流大学卒で頭の回転が速く、いかにも有能な感じでした。

    ところが結婚報告のメールをもらってガッカリ。

      「このたび、田中と入籍しました」

    素直に結婚しましたと書けない事情でも…?

      「皆様は電撃結婚とお思いでしょうが…」

    電撃って…、あなたは芸能人ですか。

      「うちの田中が、申しますには」

    うちの田中って…あなたも田中さんでしょ。


    ちなみに彼女は20代前半ですが、全体的に年齢不詳の言い回しで、かえってしらけてしまいました。このメール以来、なんとな〜く疎遠です。

    ユーザーID:

  • テレビ番組『いただきます』のサイコロトークの題

    昔からゾッとする番組です。
    サイコロ振って「なさけない話」が出ると、
    観覧者と一緒に「なさばな〜」とか言うでしょ。
    ゾーーーーーーっとします。
    恥ずかしいというか、いたたまれないというか、
    なんとも言えない精神状態になってしまいます。
    普通の状態ではいられません。
    言い回しだけじゃなく、番組の構成自体にゾッとしてしまいます。
    私だけでしょうか?

    ユーザーID:

  • 訂正

    『いただきます』じゃなくて、今は『ごきげんよう』でしたね・・・。

    ユーザーID:

  • 「うちら」論

    この”トビ”面白いですね。「○○のたいたん」(京都居酒屋)には私も1票いれます。
     
     ところで、皆さんが指摘された言葉の中に、自分も使っていたのがありました。
     特に、「うちら」。
     
     私は関西〜九州に長く住んでいたためか、上京してからも「うちら」を普通に使っていて、「そうか、そんなふうに思う人もいたのか。」と新鮮でした。
     
     言葉ってその土地に長年住んでいると、みんなが使う言葉に自然と移ってきますよね。だけど、東京に10年いるのに、「うちら」だけは「うちら」のままだったことに気づいたのです。ということは、関東の人は1人称複数のことを何と呼んでたのか?やっぱり「私達」?でもこれって口語で使うと硬いような気もしています。
     主旨とずれてしまいましたが気になり思わず投稿しました。

    ユーザーID:

  • 相方

    相方、が嫌な方、多いんですね。
    私は夫のことを言うのに使います。内々の場でですが。公の場では「夫」です。
    遊郭の敵娼を例に挙げていた方もいましたが、そちらの方が特殊用語でしょう。そんなこというと「尺八を吹く」も人前で言えなくなります。

    ユーザーID:

  • オレとしたことが・・・

    自意識過剰というかそんなにアンタは優れた人物なのかい、とおもっちゃいます。

    ユーザーID:

  • 幸せのおすそわけ

    ・幸せのおすそわけ
    なんかきもちわるい。
    おすそわけされた、と思ったことがない。

    ・おひとりさま
    レストランとかで言われる分にはいいけど、
    なんかさいきんはやっているアレはダメ。

    ユーザーID:

  • キムタク本人じゃないキムタクのような喋り方

    イントネーションが嫌かもしれません。
    若い男の人がドラマとかの木村拓哉のような話し方をしているのを聞いてムズムズします。
    本人は仕方が無いとして・・・

    なんだか軽い感じがして、まともな会話をしたくなくなります。

    あと「俺的」や他にも出てました「私って何々だからぁ〜」「それってぇ〜ありえなぁ〜い!」も聞いてて気持ち悪いです。

    あと配偶者を「相方」と呼ぶのもちょっと引っかかります。

    ユーザーID:

  • 小町のレスで見つけたフレーズ

    「今、私の中の常識がガラガラと音を立てて崩れています」
    ・・・・・ガラガラと音を立てて?一体どんな音なんでしょ?
    自分の常識が必ずしも世間の常識とは限らない事を、どうしていい大人になってもわからないのかな?
    読んでてゾゾ〜としました。

    ユーザーID:

  • やっぱし・・・

    芸能リポーターが「やっぱし○○はぁ」などと「やっぱし」を連呼するのが嫌。
    ただでさえ、頭悪そうなのに、倍増するかんじ。
    あと、友人が「○○しなきゃだからぁ」とか言っていると聞く気がうせる。
    私もきをつけよーっと。

    ユーザーID:

  • 擬人化

    お花の教室にて
    「この子が横向いちゃってるから〜」

    @cosmeにて
    「この子は本当に効果があります」

    などなど。
    花や化粧品等に対して「この子」「この子達」という
    言葉を使う人がダメです。ぞっとします。

    あと女性が友人のことと「ツレ」というのも。

    ユーザーID:

  • あいつ使えない!

    こう言う人に利用されないように警戒していたら、笑顔でイ・ヤ・で・す!という癖がついてしまった。感じ悪いかも・・でも気の強い人になめられなくなった。

    ユーザーID:

  • お先します

    このトピ面白いですね。
    今迄出て来た言葉、私も全部ダメです。

    私がダメなのは、「お先しま〜す」
    「お先に失礼します」だろが!!と毎回訂正したくなります。

    先に帰るのは構わないけど、「お先します」の挨拶はやめて欲しい…

    ユーザーID:

  • ましろさんへ

    >アメリカンホームダイレクトのCMで、
    >「電話は今すぐ!」というときにやる、
    >携帯電話のジェスチャー。
    >親指と小指を立てて、電話みたいに耳のそばに持っ>てきて…… あ〜〜気持ち悪い!!
    >あのジェスチャーが心底嫌いです。

    これって、電話を表す手話では?

    ユーザーID:

  • 「ですネ」

    何で最後だけカタカナにするの!
    何だか凄くおばさん臭い感じがします。

    「かしら」とか「なのよね」とか「〜だわ」とか。
    過剰な敬語も慇懃無礼に感じられて不愉快です。

    「最近の若者言葉は・・・」と文句を言う年配の方が多くいらっしゃいますが、
    若者は若者で上の世代の言葉に違和感を感じてるという事もわかってほしいものです。

    文法的な間違いや語句の使い間違いが耳障りという意見には同意しますが、「うち」等は方言なので、嫌だと言われてもなぁ、という気がします。

    ユーザーID:

  • H

    Hと言うことに抵抗を感じます。
    言葉が直接的で嫌ならば、関係を持つとか、他にも表現があると思います。

    ユーザーID:

  • 小町の中で気になる言い回し

    小町を読み始めて1ヶ月経ちますが、小町特有(?)の以下の言い回しにはまだ慣れません。皆さんはあまり違和感を持たれないのかもしれませんが。

    ・トピ
    ・トピ主 
    ・「〜の人、集まれ〜」 (トピックのタイトル)
    ・「義実家 義両親」 

    ユーザーID:

  • 間違っているから余計に…

    「おトイレ」
    何を上品ぶっているのだろうと思います。
    あとは言葉ではないけれどラーメンなどを
    食べている時に髪の毛を耳にかけたりする女性。
    いっそ結べと思います。
    髪の毛で思い出しましたが私の地方は
    「くせ毛」という方が違和感あります。
    音の流れとして「くせっけ」というのが自然です。

    自分がではなく人がゾッとしたと伝えてきた
    言葉には女性が使う「俺」ですね。
    男性のそれとはアクセントが違っていて
    こちらは方言であり男言葉ではないのですが
    「俺」を男言葉としか認識していない方は
    ゾッとしたそうです。
    「俺」は標準語でなく方言ならば
    女性も男性も使える一人称(私と同じ)
    なのですけれどね。
    女性が「僕」というのはジェンダーというか
    拘りのある人が多いようですね。
    いずれにせよ、自分も含めてこういう場所で
    これが嫌いあれが嫌いと雑言をはいている
    姿が一番「ゾッと」しますよね。これは
    間違いない。どんな言葉よりも汚いでしょう。

    ユーザーID:

  • 思い出し笑いしていまいました

    思わずふき出しそうになりました。小学生の頃、男子児童グループが、帰宅時のかばん持ちゲーム(じゃんけんで負けた子が電柱から電柱までみんなの荷物を運ぶ遊び)のことを、「男のロマン」と呼んでいました。本題に戻りますが、私も不動産のキャッチコピーが嫌いです。さむ〜い。

    ユーザーID:

  • これらの言葉を

    相手をちょっとぞっとさせたい時によく使います。

    ユーザーID:

  • くちどけ

    食品のコマーシャルに使われる
    「くちどけ」が、たまらなく嫌です。
    語感が汚いと思います。

    ユーザーID:

  • 〜と向き合う

    特に、「自分と向き合う」などと言われるとぞっと
    します。

    「世界の中心で愛を叫ぶ」世界の中心ってどこ?
    あなたの居る所が、世界の中心なの?
    セカチューと省略されるのも嫌です。

    私は首都圏に住んでいますが、よく、「こツら はズめてですか?」と聞かれ、ガックリします。
    方言ではなく、発音の問題なのですが・・・。
    いいまわしとは違いますが、ついでに書かせていただきました。

    ユーザーID:

  • 重複するけど

    ・浜崎あゆみを「歌姫」と呼ぶんじゃない!私は認めないぞ〜!

    ・感動シリーズ。「感動を与えたい。」そんなこと頼んでない。感動するときは勝手に感動するからそっとしておいてくれ。

    ・「小生」、へりくだっているようでいてどこか尊大な臭いがプンプンする。

    ・日本人なのに子供にパパ、ママと呼ばせるのはやめようよ。白人コンプレックス丸出し。

    ・「〜の秘訣は?」「○○さんにとって〜とは?」
    最低だ。

    ・「世界に通用する」、世界って言ってるけど明らかに欧米のみを意識した発言。いつまで経っても欧米での評価が世界基準かぁ・・。ふぅ。

    ・外国語の平板読み。

    ・「やっぱ」、どんな人でも頭悪そうに見えちゃう。

    ユーザーID:

  • 最長記録!?

    まだ載せてもらえるかな?この小町の発言限定なんですが…。

    「自分の食い扶持は自分で稼いでいます。」
    「自分で自分を養うだけの稼ぎはあります。」

    女性の口から出ると何か「下品…」と感じてしまうのですよ。同じ状況を言い表わすにも他に言い方があるだろうと、常々思っています。

    あと、いい年した大人が「イタイ」とか書いていると語彙の乏しい人だなと痛々しくなりますね。

    ユーザーID:

  • なので、いかがなものか?

    『●●●です(ここでいったん文が終わる)。なのでぇ〜、○○○○です。』
    どうして、「●●●なので、○○○です。」とつなげないのでしょう?

    もうひとつは『いかがなものか?』
    なんでもかんでも「いかがなものか?」と、首をかしげるだけでコメントが終わってしまう。最後まではっきり言いなさいよ!と言いたい。

    ユーザーID:

  • 勿体つけるんじゃな〜い

    「名前を言えば誰もが知っている超一流大学を卒業しましたが〜、超一流企業に勤務していますが〜」とかいう書き込みを時々見掛けます。

    勿体つけないではっきり名前だせば?言いたいんでしょ?とつっこみたくなってしまいます。

    ユーザーID:

  • まりさん

    私のゾッとする言い回し、友達以上恋人未満!ってそんなに爽やかな言葉だったのですね。知りませんでした。過去に、男付き合いにだらしの無い友達がおりまして、身体の関係まではあるけれど付き合ってはいないと言う意味で、この言葉を使っておりました。なので、この言葉を聞くと頭が悪い女のイメージがあってこの言葉がゾッとするようになりました。爽やかな意味なのでしたら、考え直してみますね!

    普通に!ってほんと、嫌ですよね!

    ユーザーID:

  • ~と思うけど?

    今まで出ていないもので・・

    メールなどで、
     〜と思うけど?
    が大嫌いです。なぜかぞっとしてしまいます。
     〜と思うけど。
    なら全然気になりません。

    友人でよくこれを使う人がいるのだけど
    やめてとお願いするわけにもいかず、
    目にする度一人モンモンとしています。

    でもなんでダメなんだろう・・?

    ユーザーID:

  • 子産みマシーン

    小町でもよく見かけますが、「子産みマシーンじゃないんだから」っていう表現、ゾッとします。
    あと、「ど〜んと構えてればいい」とかいう表現も。
    ど〜んと構えている奥さんのいる家には、帰りたくないです・・・何となく。

    ユーザーID:

  • −ですぅ

    −ですぅ
     本当に目障り耳障り、鬱陶しいです。
     40代、50代でも使う人いますね。
     使っているサイトは行きません。

    −とゆ〜のに
    −かしらん
    −ですよん
    −めちゃめちゃ(嬉しい等)
    −よろぴく

    −**歳のお誕生日おめでとう
     数字なんて見たくもないです。

    −ご冥福をお祈りいたします
     この後に顔文字を付ける人、やめて下さい。

    ユーザーID:

  • いちいちレスされる方!

    人それぞれ、考え方や受け取り方が違うので、あくまでも個々のゾッする言い回しをトピしているのに、いちいちそれに対して、それは方言です。など、レスする方が嫌!とっても楽しいトピで中には声出して笑える位楽しいものもあるのに、気分悪いです。あくまでも、その方の考えなんだからいちいち指摘しなくたっていいじゃない。私の内容もとっても気分悪いですね。失礼致しました。

    ユーザーID:

  • 言った。じゃなくて言いました、だろ!!

    めったに見ませんが、
    TV番組『新婚さんいらっしゃい!』での、
    新婦に多く見受けられる質問の答え方が、
    気持ち悪すぎて聞いていられません。

    (例)
    桂三枝「それであなた本当の事言ったの?」
    新婦「言った。」
    桂三枝「それでご主人は?」
    新婦「泣き出した!」

    気が狂いそうになるので、見てしまうのが怖いです。

    ユーザーID:

  • ○○家の敷居をまたいだ以上・・・

    よく姑に言われます。子供に穴開いた靴履かせてるうちの方には言われたくないです。敷居なら姑の友達も犬もねずみも歩いてます。そんなに威張るもんじゃないと思うけど…

    ユーザーID:

  • うらないコーナーで

     朝のテレビ番組でどの局でもやってる占い。
    「今日の運勢、最下位はゴメンナサイ。
    ○○座です。」
    という、あの決まり文句のゴメンナサイ。
    まぁ、適当に聞き流せばいいのでしょうけど。
    たまにラッキーアイテムがとんでもないもの
    だったりして受けたりするんですけど。
    どーもあのゴメンナサイだけは・・・・

    ユーザーID:

  • 慰謝料がっぽりせしめてください

    基本的に別れ際の相談に対して、「慰謝料○○」のような表現で、

    「慰謝料は請求しましょう」
    「慰謝料はきちんともらいましょ」
    「慰謝料は払わせましょう」
    「慰謝料は...」

    物事の清算にお金の勘定でしか対応できない心の醜さを感じるのでとっても嫌です。

    同じような言葉に

    「養育費はちゃんと請求しましょう」

    もあるかな。


    私はそれ以前にやるべきことがあると思う(けじめをつける、心の整理をする、お互いの財産を整理する、子供の将来について考える、などなど)。

    そのやるべきことを終えてからお金の話になるべきと思うけど、最初からそれだととても下品で嫌ですね。

    ユーザーID:

  • うちのだんな、うちの母親

    私はそう言います。
    でも友達など、親しい人にだけですが。
    なぜかと言うと、うちの主人、うちの母、と言うと
    なんだか堅苦しいとかお上品ぶっているように感じる
    からです。
    私も友達にに言われたらそう思ってしまいます。
    時と場合によりますけど。
    人によって本当に考え方、捕らえ方って違うんですね。

    ユーザーID:

  • いちごみるくは便利

    本当に、人の語感はさまざまですね。興味深いです。
    自分の言葉の使用法も省みさせられるところですが、今後も使用し続けたいものもあります。

    「彼はいちごみるくは悪くないよ、と言います」(例)
    真剣な悩み相談に「いちごみるく」この絶妙なハンドルの選択には、笑ってしまいました。

    でも文中の会話にハンドルをそのまま使用すること自体は、分かりやすくていい。むしろ歓迎です。
    登場人物が多いと、君、あなた、お前なんていう二人称のみでは、誰のことを指すか分かりにくい場合があるからです。
    「○○(私のこと)」という表現も、まだるっこしい感じがしますので。ぞっとはしませんが。

    あと「こしらえる」も私は好きです。趣があって。

    ユーザーID:

  • 文末に・・・

    もう一つありました。

    「勝手ながら批判レスはご遠慮ください」

    こう文末に書かれていると、なんだか嫌な気分に
    なってしまいます。

    ユーザーID:

  • さわやか。

    この言葉聞くと、理由云々以前に、背筋がゾーっとします。ホント理由はわからないんですけどね。「00さんて(特に男性に対してが多い気がする)さわやかな人ね」「今日はさわやかな天気」なんて言い回し聞いただけでもう気持ち悪いです。どこかのTVコマーシャルにもある「息さわやか」もかろうじて耐えてるほうです。10代のころから30代半ばになる現在までこの言葉は苦手です。苦手の筆頭格です。

    ユーザーID:

  • なんか怖い・・・

    トピがそういうタイトルなので、仕方ないと言ったらそれまでですが。
    常日頃そう思っていても、表面的に態度に出さなければいいですよね。
    人によって思考はさまざまですし、自分はいやだけど、
    相手はそうは思っていないんだと自覚していれればいいですね。
    あー!あの人イヤダイヤダ!と頭ごなしに嫌わないようにしましょう。
    実は方言だった、というように、その人なりに理由があったりするかもしれないですしね。

    ユーザーID:

  • 雑誌なんかでよく見かけるのですが

    「○○の方法がわかった!」
    といった言い回しが苦手です。
    そんな言い回しで、何回も似たような記事をみかける。
    なんか疲れます。

    ユーザーID:

  • ぶち さんへ

    >「Presents」には「提供する」という意味も
    >あるので、講演会などで使われる場合は、
    >単にスポンサーの意味合いで出しているのでは
    >ないかと思います。
    なるほど!「提供」って考えれば納得できますね!
    どうも「物をあげる」っていうイメージが強くて...。
    勉強になります。
    わざわざありがとうございます!!! 

    ユーザーID:

  • たくさんあります。

    「相手の気持ちを考えて」→わかるわけないでしょ
    「あなたの為よ」→自分の為でしょ
    「素直になれ」→素直になってるからこうしてるんでしょ
    「これって常識だよね」、「普通こうだよね」→勝手に決めるな
    「私って○○でしょ」→そうなの?そんなの知らないよ。
    「私がこうしてあげたのにあなたはしてくれない」→あなたが勝手にそうしたくてしたんでしょ
    「子供は親の面倒を見るのが当たりまえ」→感謝はしてるけど面倒を見るかどうかはまた別のはなし。
    「一人で大きくなったと思うなよ」→感謝はしてるけど、生みたくて生んだ、育てたくて育てたんでしょう。
    「あなたのそういう気持ちも分るけど」と言って反対の意見を言う→そういうのは「分る」って言わないんだよ
    「みんなだってやってるじゃん」→みんながやってるということがおまえがやっていい理由にはなんないんだよ

    他に嫌いな言葉として、他の方も挙げていましたが、
    「ご意見番」「自分探し」「心をこめて」「癒し」「やさしさをありがとう」「私たちの世代は」(性別・世代で括る)「旦那」
    意見を言った後に謝る等です。

    これからも言葉には敏感でいたいと思っています。

    ユーザーID:

  • やられました

    好きな役者のあちこちのファンサイトのbbsで最近よく目にする、
    「○○な笑顔にやられました」「○○なところにやられました〜」

    やられた・・・わけもなく嫌な気持ちになります。

    それにしても、皆さんのゾッとする言い回しの中で、普段私もよく使っている言葉がたくさんありました。

    今後、書き込む時に注意しようと思いました。

    ユーザーID:

  • 『オイラ』『使えない』

    既出かどうか分かりませんが自分を「オイラ」と言う男性が大嫌いです。どんなに惚れてる男でも美しい顔立ちの男でも嫌!!!
    百年の恋も冷めます、絶対に。

    おっとせいさんと同じに「使えないヤツ」って表現は好きではないです。
    あれは自分に使うのであって人には使わないですよね?
    私は自分で気が利かない、と感じたら「使えないヤツで済みません。」と詫びるのに使うくらいなのですが。
    他人に対して「あいつ使えない」なんて平気で言える人の神経が信じられません。

    ユーザーID:

  • そういえば・・

    十代前半までなら許せますが、自分を三人称で呼ぶオンナ。かわいいと思ってるのでしょうか。40の友達が「ヨーコねー」と話してたときは絶句しました。

    ユーザーID:

  • 透明感とは何ぞや?

    「透明感のある声」
    「透明感のある演技」

    と言う不透明感。

    ユーザーID:

  • 嫌なものはイヤ

    「巨乳」。いつから使われ始めたのでしょうね。このおぞましくも汚らわしい言葉。
    後ろめたく使われているなら別にいいんですよ。口にするのは恥ずかしいけど、独り(或いは仲間内で)でドキドキする(?)ような言葉なら、昔からたくさんあるし、隠微な感じが、それはそれでよかったりする・・・けど、どうしてこんな単語が堂々と電車の中吊り広告に大文字で踊っているのか。「爆乳」にいたっては「そりゃなんじゃ!?」
    ところで、「愛くるしい」は昔からある言葉だけれど、嫌な人もいるのですね。「生き様」は、もともと「死に様」しかなかったのに最近無理に作った、という気がします。
    昔と今の捉え方の違いもあるのですね。
    それと、言い回しではないけれど、自分が話しながら「うん」や「はい」を言うこと。どうしても馴染めない。
    トピ主さん、発散させてくれてありがとう!

    ユーザーID:

  • 甘いもの苦手な私は男なのか!??

    「女性なら目がないスウィーツ」

    テレビなんかで、デパ地下のスウィーツ特集なんかをやっているときによく聞く!しかもスタジオにいる女性キャスター何人かが、「わぁ〜〜」なんて目を輝かせている姿、あの演出くささは許せません!!

    ユーザーID:

  • 激動の時代

    某放送チャンネルで、戦争や歴史の番組になると何かと「激動の時代」だの「歴史に翻弄される」が多用されるのでなんともいえない気分になります。(ついでにダサいピアノ曲がつくのも)一種の思考停止だと思います。

    ユーザーID:

  • 沢山ありますが・・

    「おかげ様で息子が○○大学に入ることが出来まして」
    等、明らかに周りの人の力ではなく本人の実力なのに「おかげ様で」とつける人。

    質問の前に「ちょっと聞いてみるんですが・・」という人。「聞いてみる」って何?「お聞きしたいのですが」でしょ。

    こちらの意見に「あなたの言ってることもわかるけど」と一度は同調しておきながら、反対するような意見を言う人。そういうのって、真の「わかる」じゃないでしょう。

    発言したあとに「聞き流して」とか「傷つけたらごめんね」とか言う人。だったら言わなきゃいいじゃん、て思うので、意見として採用しません。

    「常識でしょう」とか「普通こうでしょう」とか勝手な常識を作り上げてる人。いくらその意見が多数派でもそれがイコール「普通」ではないぞ。

    ユーザーID:

  • 言い回しじゃないかもしれないけど・・

    「やむ終えない」「せざる終えない」「気おつけて」って何なんだろう?わざと??
    あなた日本人ですか〜?と言いたくなってしまいます。
    こういう書き込みを見るとホントがっかりです。

    ユーザーID:

  • ドラゴンままに同感

    ドラゴンままに全く同感です。さらに、常々感じていることはーーーー
    なま足。
     素足に下駄をはけば、粋な浴衣姿も、なま足に下駄では、お化け?
    わたし的には 単に 私としてはと言うアナウンサー、知識人がいるが
     私の考えでは と言えばいいのにと、私は考えます 
    目的的に申しますと、または考える 
     単に目的は目的で、目的的と言う言い方は間違いです。      
    何でもかんでもやたらに(戴く)結果、(戴かせてい   ただく)こととなり、、時には、食事などを(召し上がれ)というベきところを(戴きなさい)と、強要する場合すらある。

    ユーザーID:

  • トラウマ

    あと、「サクサク稼ぐ」「サクサク動く」。
    ゾッとします。なんで「サクサク」なのー!?

    ユーザーID:

  • 毎朝悩まされています

    私の場合、理屈で考えてイヤって言うより、体が拒否反応する言葉があります!! ほんと、鳥肌が立つの。

    CX「めざましテレビ」の毎日やってる星占いで、その日一番悪い運勢の星座に投げかけられる高島あやアナの、

    「ごめんなさ〜〜い・・」という言い方。

    めーーーーちゃめちゃ気持ち悪い。妙に猫なで声で、朝からゾゾ〜〜〜っとします。本気でどうにかしてほしい!!

    ユーザーID:

  • テレビで使われる・・・

    動物や田舎暮らしのドキュメントの締めくくりに、
    「我々現代人が忘れかけていた大事な何かを思い出させてくれたような気がしました」
    具体的にお願いします。

    ユーザーID:

  • 違和感のある言葉

    別に悪い言葉遣いでもないのに、この2つの言葉には違和感を感じます。

    「ほっこり」
     例)このトピを読んで、ほっこりとした気持ちになりました。
    「やんわり」
     例)そういう人に対しては、やんわりと注意した方が良いと思います。

    と、いう使いまわしですね。BBSではよく見られる表現です。
    ゾッとするというわけではないですが、なんとなく違和感を感じます。言葉の響きは素敵なんですけどね。何故でしょう。

    ユーザーID:

  • どんこさんに賛同します

    最初は面と向かって言われた本人が不快感を指摘しずらい言葉は人によって違うからその参考に…。と思ってトピをみてましたが、
    いままで出たレスの言葉すべて使わないように気をつけてたら気が狂いそう。

    TPOわきまえずに発する場合とか特定の枠に当てはまる人たちの蔑称については違和感感じるのはわかるけど、
    日常の会話の中で何度『ピー(伏せる)』を入れなきゃならなくなるかと思うとそっちのストレスの方がゾっとしてきました。

    ユーザーID:

  • 私もいっぱいある!

    ・私って〜な人だから・・・
     私〜だから、でいいと思う。

    ・逆に〜
     え?その話どこが逆になってるの?

    ・(店員さんがよく言う)
     全然大丈夫です〜
     それ、かわいくないですかぁ?
      無償に腹立つ、買う気が失せる

    ・OL
      オフィースレデイって・・・大嫌いな呼び名

    ・話の最後に必ず、〜フフフって笑いが入る
     (〜ですよね、フフフ おはようございます、フフフ)
     意味わからない。私達、今笑える話してたっけ?
     何が可笑しいのか聞きたくなる。

    ・〜ですけど。〜ですが。
     ですけど、何? ですが、何?その続きは何?   
    既に出てるのばっかりだけど、本当に腹立つし、ゾッとします。

    ユーザーID:

  • いろいろあるけれど

    『よろしくどうぞ』
    会話の最後に言われることがあるけれど、気持ち悪い

    『さぶいぼ』
    鳥肌が立つってことだと思うけれど、私には使えないな

    自分の夫のことは、状況によって言い方を変えてるかな。
    知らない人には主人って言っているけれど、友人との会話では何となく恥ずかしくて旦那って言っている。子供と一緒の時は、パパと呼ぶようにしているかな。

    ユーザーID:

  • ○○○○私でした。

    ★「この野郎」と思いつつも、つい愛想よくしてしまった私でした。
    ★整理下手な私としては、こんな便利な道具があると大助かりです。

    と、このように、「私」の前にいろいろ言葉をつけるのが嫌いです。自分について説明している自分をまた説明する、という姿勢が何となく自意識過剰に思えます。同様に、投稿の終わりなどで自分のハンドルネームに言葉をつけて、

    ★今日もお弁当作りに励むももちゃんでした。

    と締めるのもぞぞっとしますが、皆さんはどう思いますか。

    ユーザーID:

  • 面白いトピですねー

    大体思ってた言葉は既に挙げられてるので、少数意見っぽいのをいくつか。

    ・(おいしい物を食べて)しあわせ〜
    テレビや雑誌の受け売りフレーズは頭悪いですよ。古いし。

    ・お紅茶、お受験、お出会い
    上品なつもりかな?逆に下品に感じるんですけど。

    あと言葉じゃないですが、女性歌手が歌う女の子視点のラブソングで、彼のことを「キミ」って呼んでる歌詞が嫌いです。何故かわからないけど痒くなります。

    ユーザーID:

  • カキコします

    世間では普通に使うのかもしれませんが

    この「カキコします」というフレーズが
    大嫌いです

    ユーザーID:

  • 疑問!

    私も!と納得出来るものが殆どだったんですが、
    疑問に思ったことがあったので質問させて下さい。

    何人かの方が『旦那』『彼氏』にゾゾっとくると
    書かれていたのですが、それでは一体何と呼ぶべ
    きなのでしょうか?私自身、『旦那』は普段の会
    話で普通に使っていたし、気持ち悪く感じる方が
    いると知って驚きました。友達や身内の間で『夫』
    や『主人』では固い感じがするし、彼氏と呼ぶこと
    に関しても全く違和感がありません。

    単純に他にど
    う呼び方があるのか不思議に思ってしまいました。
    ちなみに22歳ですが、周りでは今まで『彼氏』と
    いう名称を使うのが普通でした。たまに『彼氏さん』『彼』と使う人がいましたが、気持ち悪いとすごく評判が悪かったです。

    それから横ですが、ゆーさんへ
    「○○Presents〜」は○○が贈る、提供する
    という意味で使われています。外国ではプレゼント
    はあまり使われず、giftが一般的だと思います。
    “タダというような気がして”という発想は目から
    ウロコでした。今度「○○Presents〜」という言葉を
    見たら私もGiftというイメージで思わず見てしまい
    そうです。

    ユーザーID:

  • だいこん足さん

    >「それを聞いてコンフューズしてしまいました。」海外生活が長かったりする人だと英単語が会話に入ってしまうのは仕方ないのかもしれませんが、何かヘン。
    「困惑しました」とか言えないものでしょうか。

    それが言えないものなんです。
    私はたかだか1年ちょっと海外に行っていただけですが、その間日本語を使う機会が少なかった為に簡単な日本語ほど出てきません。

    英語の語彙が増えるのと比例して、日本語の語彙力がさがってしまうんです。余程両方を意識して使い続けるか、元々のバイリンガルでないと、このような状況に陥ってしまうことは稀ではありません。

    反対に、帰国後1年も経つと英語の方が出てこなくなりましたけどね。
    そのくらい多めに見ることはできないものでしょうか。

    ユーザーID:

  • あるねあるね

    1、ファミレスにて
    ご注文は〜〜で「よろしかった」でしょうか〜?
    コーヒーの「ほう」お待たせしました〜

    2、そうそう出くわしませんが
    「ぶっちゃけ聞いていい!?」←ぜったい断りたくなる

    3、わかってはいるがつい自らつかってしまう
    「とりあえず〜〜でいいや」←なんか否定的になってしまう
    「ぎゃくに〜〜じゃない?」←逆じゃないことの方が多い

    4、元カレがよくつかっていた
    ものの用途、値段、大小にかかわらずお店にて買い物するとき→
    「これ、ください」
    もう少し気がきいた言葉はないのかといつも思っていました

    ユーザーID:

  • もう出たかな?

    スポーツ選手が使う「結果を出す」がゾッとします。

    「結果が出せなくて残念です」って、結果は出てるの!
    負けたの!それが結果なの!って、怒鳴りたくなります。スポーツ選手の口調(というか言葉遣い)ってあ〜あ・・というの多くないですか?「勝ちにこだわる」とか語尾が「〜るんで、・・・るんで。」とか。

    ユーザーID:

  • まだ、出てこない。

    「流石の私でも無理」これです。

    「さすがのわたしでも無理」って言うのです。
    職場の41歳の男性ですが、これを聞く度に、「自分自身にさすがって何」と思ってます。

    「はい」を「そう、そう、そう、そう、そう、」
    そう。を5回連発する。
    これも職場の41歳の男性。

    タモリも嫌いな半疑問系の話し方。「きのう?あれから?
    すごく?時間が?かかって?参りましたよ」
    これも職場の41歳の男性

    毎日またかよって感じです。

    ユーザーID:

  • 自己啓発

    ちょっとした習いものをはじめた私に
    「自己啓発、いいですね」
    といわれて、かなり引きました。
    言った本人は、何年も前からダイエット失敗続きのダメダメな人です。

    いまだにこの言葉はいやですね

    ユーザーID:

  • 自分の子供を

    自分の子供を、○○くん、○○ちゃんと呼ぶ人が多いですよね。
    どうして自分の子供に気を使わないといけないのでしょうか。

    ペンネームが「○○くんママ」「○○ちゃんママ」の人!
    「あなた自分というものがないの?」と言いたくなります。

    私も子持ちですが、こんな風に思うのは冷めているでしょうか?

    ユーザーID:

  • ダー、連れ、相方、わざとらしい関西弁など。

    うわっ。ここに出てくる言い回し、
    私結構使ってるなぁ...。

    私も考えてみました。
    自分の彼の事を「ダー」(ダーリンのこと)
    最初聞いたときは意味が分かりませんでした。
    (「ダーって何?」って思わせるのが楽しいのか?)

    飼い犬の事を「うちの子供たちが」
    「この人、子供いなかった筈なのに...実はいたのか?」と
    会話中悩んでいたら実は犬の事だった。
    まぎらわしいんじゃい〜〜〜!

    自分の友達や恋人の事を
    「連れ」「相方」 男性が使う分にはそこまで嫌じゃないんだけど
    (それでもちょっと違和感があるけど)
    女性で「私ってボーイッシュ」とか「普通の女と違うの」という
    含みを込めてわざとらしく使われると腹が立つ。

    ネイティブ関西人や関西在住歴が長い人じゃないのに
    「わざとらしい」関西弁を使う人。
    かっこいいと思ってるのかなぁ〜。

    掲示板で・・・うまく表現できないのですが
    英単語をアルファベット表記すること。
    簡単な単語ならいいんだけど、長い単語や、
    なじみのない単語だと読みにくいです。

    ユーザーID:

  • 〜ますように!

    私は小町でよく見る、相談系のトピに対するレスの最後にお決まりのように付いている

    「○○(トピ主)さんに素敵な△△が□□ますように!」
    (例:「まるまるさんに素敵なマンションが見つかりますように!」等)

    という言い回しが気持ち悪いです。いい人アピールしてるみたいで。みんな言い方が同じなので、本当に思ってるのかな?と思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 地球に優しく

    ぞっとするわけではないですが、きらいな言葉です。

    最終的に自分のためであることを、誰かのために自分が犠牲になっているかのような言い回しをするのは大きらい。

    人類のために地球を大切にしよう、と地球に優しくではぜんぜん意味が違うと思うのです。

    ユーザーID:

  • 女の子

    会社で「私たち女の子の仕事ってぇ〜・・・」と
    自ら女の子扱いする女性が嫌いです。
    社会人は女の子ではないと思う。

    23歳以下の女性が言うならまだぎりぎり我慢できるとしても
    それ以上の年齢の女性が言うと必ず「おんなのこって!」と
    突っ込んでしまう。。。

    この間は38歳の女性がこれを言っていて、本当にぞっとしました。

    ユーザーID:

  • 嬉しく思います・・・・

    「思っております」・・・賛成です!それに、「大変、嬉しく思います」。これも美智子皇后が使い始めたあたりから皆使い始めたような気がします。インタビューでこれ使う芸能人とか見ると、一般庶民ならもったいぶらずに「嬉しいです」と言え!とぶってやりたくなります。

    それから、女性誌とかで芸能人を「さん」付けで呼ぶのも嫌!特に○ン○ンの人気番付などで、いちいち「さん」付けしているのを見ると「内輪受けするな!こっちには見も知らないただの芸能人だっ!」と思わず編集部に怒鳴り込みたくなるくらいです。

    ユーザーID:

  • 私って〜な人だから〜

    あと、
    感動をありがとう!!

    あーー、、ぞーーっとする!!

    ユーザーID:

  • どうしてお金に結びつけるの?

    プロ野球の「貯金」や「借金」にゾッとします.
    1回勝てばいくら,負けたらいくらって
    すべての試合にチームや選手のお金が絡んでいるんですか?

    シーズンが終われば借金を支払っているんですか?
    貯金があったら選手にでも分配されるんですか?
    それってどういう仕組なんでしょうか?

    確かにチームの勝率に貢献したら
    選手の年俸は上がるんでしょうけど,
    試合1回ずつに何かお金が絡んでいるんですか?

    無知なゆえの感覚かもしれませんが,
    すべてをお金に置き換えているような気がして,
    本当に不愉快です.

    ユーザーID:

  • 雑誌で見かける"愛されOL"

    愛されOLって…会社に何を期待していってると思ってるんだ?女性誌でわざわざそんな言い回ししているから、いつまでも女性会社員を職場のお飾り扱いする男が減らないんだよ!!!(言葉遣い悪くてすみません。)
    と思わずにはいられません…。見るたびに虫唾が走ります。

    あとは、普通に言えばいいのにわざわざ、某巨大掲示板用語を使った表現。
    友人にいるんですよね…。女性なんですが、本当やめて欲しいです。一度、気分悪いからやめて欲しい旨を場がぎくしゃくしない程度に軽くいってみたのですが、全く通じて無いようです。

    ユーザーID:

  • 「きわめて○○だ」「やんややんや」

    思い出しただけでもぞぞっとする。
    言葉じゃなくって、これを多用していた元上司自体が嫌いだからだと思うけど。

    ユーザーID:

  • 「生足」「まま」

    地方のテレビ局の女性アナウンサーが「生足にサンダルを・・・」と言っているのを聞いてゾッとする、というよりがっかりしました。日本語には「素足」というきれいな言葉があるのに。

    「1歳5ヶ月の女の子のままです」
    なぜひらがなで「まま」?
    これは見るたびゾッとします。
    受け付けられないっていう感じです。

    ユーザーID:

  • ○○る

    「○○る」という言い回し。
    テンパる、タクる、トラブる、など。
    「好きくない」のような明らかに日本語として
    間違っているものも嫌。

    あと言い回しではないですが、
    “今までの自分から抜け出して新しい自分を
    見つける”というような本の表紙を見ると、
    ゾオーーーッときます。
    自分探しに似たような感覚かも。
    それと、映画の宣伝として上映後の泣いてる観客を
    撮って感想を言わせてるCM。

    あんなの見せられたら行く気もうせるって。

    ユーザーID:

  • わかります!>だいこん足さん

    文章中に「コンフューズしました」といった、英単語(?)書かれる人いますね。
    私も苦手です。
    もっと酷い場合は「confuseしました。」といった感じで英単語並べる人。
    日本語がわからないなら調べてからかき直せばいいのに、と思います。

    あとは「○○ママ」が苦手です。
    母親である事以外にidentityはないの?(←上記の使用例でもあります。)

    こんな事書きつつも、私もみなさんのかかれている言い回しを使う事があるので気をつけようと思います。

    ユーザーID:

  • ゾ〜ッを通り越してザワ〜ッ

    とするのが「オフ会」という言葉。オタクが集まってコアな事を話してるという第一印象がぬぐいきれません。(zozozo〜!!)MLで知り合ったフツーの人が集まる時まで、そんな呼び方をするのはやめて〜!!と叫びたいです。

    ユーザーID:

  • 「法と秩序」「社会」「みなのためを思って」「法益の為に」

    眼にするたびに、おぞけが走る言葉。
    巧く説明は出来ないけれども、生理的にダメ。
    詩情だとか美々しさとか、品性とかの対極にある言葉だと思う。

    ユーザーID:

  • 「世界に1つだけの花」の歌詞

    SMAPの「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」っていう歌の歌詞。

    ナンバーワンを目指して芸能界でがんばって来たであろう人気アイドルグループのスマップが、他人にはナンバーワンにならなくてもいいよ、っていうのは白々しいと思ってゾッとします。

    ユーザーID:

  • ピーター・ファンデンホーヘンバンド

    某有名アナウンサーですが、世界水泳の実況の際にやたらと
    「ピーター・ファンデンホーヘンバンド」をしつこく連呼するのが
    まさに「ゾッとする言い回し」でした。

    「二冠なるか、ピーター・ファンデンホーヘンバンド(絶叫)」
    「打倒ソープ、ピーター・ファンデンホーヘンバンド(絶叫)」
    もうええっちゅうねん・・・

    イアン・ソープは「ソープ」なのに、なぜ長い名前のピーターに
    かぎってフルネーム呼びなのか。

    「ピーター・ファンデンホーヘンバンドを噛まずに言えちゃう俺」
    に酔ってるんだな、としか思えないひねくれた私でした。

    ユーザーID:

  • 内容まで馬鹿に思えます

    ひとつの文の始まりに「なので・・・」という言葉使いがなんと民放のアナウンサーにまではびこっているようです。

    「ですから」「だから」「したがって」という言葉を使う人が頭が良さそうに思えてしまうほど、「なので」を使う人は頭が悪そうで生理的に嫌悪感を覚えます。

    ユーザーID:

  • 萌え & ハッスル

    この2つは、鳥肌が立ちます。

    ユーザーID:

  • 友達

    友達とか親友。

    そういうの実際口に出す言葉じゃないから。
    「オレたち友達だよな」
    とか怖いから。

    ユーザーID:

  • ○○に一票!

    ○○に一票!
    っていうあの書き方、毎回見るたびにゾッとする。
    チッと思う。自分の意見はないのかって思う。単純すぎ。

    ユーザーID:

  • 記号みたい。

    『マジッすか』、『ヤバイじゃ無いですか』、『やっぱ』、『あたし』。
    これだけで会話が成り立っている。
    文章が作れない人の多いこと、多いこと。寂しいですね。

    ユーザーID:

  • あけおめ こんよろ

    ・・・・・返事もしたくなくなります

    あけましておめでとう
    こんにちは
    よろしく

    それくらい略さなくても言えるだろう

    ユーザーID:

  • 自分にさん付けでリポートするリポーター

    地元のTV局の女性アナウンサーが「○○さん的には、、、」と自分の名前にさんを付けて気持ちを説明していた。

    あ、そういえば新入社員だった頃、私をよくいじめた先輩も「○○さんがやれって入ったら返事は一つっ!」ってよく叫んでたなぁ。

    ユーザーID:

  • マンションの部屋に「邸」

    昔なら「一戸」と表現していた分譲マンションの部屋が、最近どのちらしを見ても「一邸」という字を使っている。

    この字って「邸宅」「豪邸」など豪奢な一戸建てに使う字だと思ってた。
    どう見てもただのマンションに使っているので、見かける度にばかばかしくて笑ってしまう。

    ユーザーID:

  • 「育児は育自」

    また思いつきました。ゾッとするし、思わず吹き出してしまう言葉。既出かもしれませんが・・。

    「育児は育自」「子育ては自分育て」

    ついでに「子どもを産んでから一人前になった気がする」

    これを言う人に頭の良い人はいません。

    でも、ほとんどの人が言うのですよね。

    子どもに新しい知識や言葉を教えてもらうならともかく、小さい子どもの言うことや仕草なんか、どこが「育自」なの?子どもの反応にいちいち驚いて「教えられることが多いわ」なんてしみじみしてる。自分が子どもの頃にも同じ反応をしたでしょうに。忘れてるだけでしょ。

    自分の体調や機嫌で子どもに怒ったり優しくするだけなのに問題をすり替えて「いろいろあるけど育児は育自。怒り方や接し方をこの子から学んでるの」育自じゃなくて自分の感情の整理の問題。アナタはそれ以上成長しない大人でしょ。

    育自という言葉を使わなければ、子育てできない精神状態なのかな?かわいそうな人ですね。

    ユーザーID:

  • 言い回しとは違うけど

    私がゾッとするのは「彼氏」「彼女」って言う時に
    「カレシ」→”レシ”の方にアクセント
    「カノジョ」→”ノジョ”の方にアクセント

    を付けて言う人です。
    うわ〜、やめてくれ!って思っちゃう。

    「相方」は私も嫌いな言い方です・・。
    お笑いブームの影響なのかな・・??

    ユーザーID:

  • 私が小町を見ていてゾッとした言葉

    (既に出ていますが)

    ・「お里が知れる」「品がない」
    これを言う人に限って、自分の方が・・・
    と言いたくなるようなレスをしている人が多い気がします。

    ・「はぁ?」
    単純に感じが悪く、とっても意地悪そうに思えます。

    ・「相方」「つれ」
    うちは対等なのよ!と鼻息荒くしていそうに思えます。
    白木蓮さんは「こう言えるだけの2人の深い仲が面白くない。」のではないかとおっしゃっていますが、
    私はむしろ、呼び方にこだわらないと対等とすら思えないような関係なのかな?
    と思ってしまいます。

    ここを見ていると、ぞっとまではしなくても
    いい感じしないなぁとか、なんか違和感感じるな、と思っていた言い回しが沢山出ていて結構共感できました。
    でも自分が使っている言葉も出ていたので、気をつけなくては・・・

    ユーザーID:

  • 略奪愛、セレブ、カタカナ語

    前から思っていることですが、
    「略奪愛」不倫と言えよ不倫結婚ってさ。
    こういう書き方をすると汚さが薄れるとでも思っているのでしょうか?
    女性週刊誌の見出しにありがちですね、略奪愛。他に熱烈愛とか純情愛とか忍び愛ってセンスなさすぎ。
    とにかく「◎◎+愛」で表せると思ってるのか?
    あと、「セレブ」最近雑誌で目にしたのが、海外セレブ・・・ブリトニーとかJLoなんですが、それに対して
    日本人のちょっとこぎれいな奥さんにつける称号として「ドメセレブ」ドメスティック・セレブ、ですか?
    なんかドメストっぽくて綺麗じゃないですよ、ドメセレブ。

    書き言葉では、「そういうコト」「〜なコトが大事」と、「事」をカタカナで書くこと。
    ぎゃああああ!と叫んで、雑誌なんか引きちぎりたい衝動に駆られます。
    また、好きなビューティスペシャリストの男性がそういう書き方するんだ・・・
    誰かが彼の言葉を聞いて書いてるのかもしれませんが、それだけはやめてほしい。
    「ココロが痛い」「おクスリ」「でもネ・・・」「カレのオモイ」・・いやだよ。

    ユーザーID:

  • アーティスト

    歌を歌えばアーティストという風潮は何とかならないものでしょうか。
    歌手でいいじゃん…。

    ユーザーID:

  • 楽曲、アーティスト

    わざわざ「楽曲」って言わなくてもいいと思う。
    「アーティスト」って言うのも気取ってると思う。
    「歌」、「曲」、「歌手」でいいじゃん。

    一体、誰と差をつけたいの?

    ユーザーID:

  • 話し言葉じゃないけど

    小さい「ぁ」や「ぅ」で文章をはじめる人。主に若い人が多い。
    「私は○○です」と言う文章を
    「ぁたしわぁ、○○なんですぅ〜☆」なんて書く人。
    それから↓、↑。
    どうやら気分が落ち込んでいるときは↓、興奮しているときは↑。
    「ぁたしって、○○でぇもぉぉサイコー↑↑」なんて書かれたら
    「おいおいおいおいおいおい・・・・」と思う。そしてそういう書き込みには
    大抵お返事できない。最近20代の方でもそういう方がいて驚く。
    ぞっとすると言うか・・・まあ、驚く。

    ユーザーID:

  • 〜ですかね?

    若い女の子が使うと特に嫌。
    何でそんな若さゼロの言い方するの〜!!
    やりたいことやれば良いじゃない、なんで人に確認するの?

    ユーザーID:

  • 「ムカつく」

    「ムカつく」って言葉。

    言っている人をみかけると、「だったらさっさと吐け!」と悪態をついてしまう。

    ユーザーID:

  • 教えて欲しいです

    自分のことを「私は寂しがりやで」とか「無邪気で」と表現すること。なんだか、とってもうっとうしい。
    「凹んでいます」という表現も、チッとなります。

    私も是非教えていただきたいことがあります。
    「ご主人」や「旦那様」以外に使える言葉って何なのでしょう?

    あと、「Hする」という言葉はなまなましくて嫌、というご意見がありましたが、他にどういった表現方法が良いのでしょう?「SEXする」とか「性交する」、あるいは「夜の営み」でしょうか?
    もっとなまなましい気がします。

    ユーザーID:

  • 昔の人は偉かった

    ・・・これを言われると固まります。
    そんなの様々だって言うの!!

    そう言う人が、併せて「最近の若い者は・・・」って言うだろうけど。

    ユーザーID:

  • APRさんに同感!>サイコロ

    私もずっといたたまれない思いをしておりました。
    なんとも切ないです。

    観客の無邪気な「ナサバナ〜」に、どう反応すればよいのか困っているゲストもいます。

    先日「私の初体験」というようなお題が出た時、観客達が「ふぉー・ざ・ふぁーすとたいむ・いんまいらいふ」と言わされていました。
    【えっ、それは・・・。】
    多分その場の思いつきで言わせているのでしょうね。
    胸が痛みます。


    すみません・・・なんとなく誰かにこの想いを伝えたかったんです。

    ユーザーID:

  • 横:Re:サーバ、メモリ

    > 日本語ではサーバー、メモリーと言って欲しい!
    ということは,上履きのスリッパは,スリッパーと言えってことですか? うーむ.
    とりあえず,今回のこのトピックスは,非常に,面白く読めました.

    ユーザーID:

  • 腹に入る???

    知り合いが、妊娠のことをこう言った。
    もう、ひっくり返るかと思った。

    絶対イヤ!!

    ユーザーID:

  • 「最近の女子高生」

    この言葉を聞くたびにゾーッというか嫌な気分になります。
    「最近の若い子は〜」よく言いますよね

    髪が茶色い、スカートが短い、言葉遣いが汚い…
    中にはそういう人もいると思いますがそういう人ばかりが女子高生ではないということを忘れないでほしいです。

    ユーザーID:

  • 古いですが チョベリバ(かれこれ10年ほど前かな)

    最初、「チョベリバ」を聞いた時、
    何の短縮かと思いました。

    「超 Very Bad」って意味なのですが、
    最初その単語を聞いた時、「おしゃべりさん」って意味だとも思いました。
     食べ物の、「チョレギサラダ」のことでもなかろうし・・・

    更に、Smapの歌の歌詞にまで、似たようなの、出てきていましたよね。「♪チョベリベリ最高なんとか・・」とかって。

    なんつー歌詞だと思っていました。

    ていうわけで、「チョベリバ」に一票いれます。

    ユーザーID:

  • 辛口ですが、に一票

    辛口ですが、って上から見下しているような語感がたまらなく嫌です。
    そんなこと言わなくたって誠意のある反論(あるいは批判、批評でも)は文面からちゃんとわかります。

    ユーザーID:

  • 姉さん(ねえさん)に一票!

    明らかにおばさんなのに「ねえさん」って呼ぶの嫌いです。
    芸能人だと何だかご機嫌取りみたいに感じる。
    「ねえさんが男泣きしてましたよ!」…ゾッとします。

    あと、たまに週刊誌で目にする「嗚呼、馬鹿ッ母!」
    嗚呼の後はどう発音するのでしょうか。
    ばかっはは?ばかっぱぱ?

    言いにくい。

    ユーザーID:

  • アウエー

    サッカーにはあまり興味がなかったのですが、
    最近よく聞く「アウエー」は「away」のことですか?
    それならばアウェイとか、せめてアウェーじゃないのでしょうか?

    アナウンサーもアウエーとはっきり言っているのですが、
    誰か実際のところを教えて下さい。

    ユーザーID:

  • 結構ありますね!

    タイトルは???でしたが、確かに!と思える言葉沢山ありました。私もまだ出てないだろうと思うのをいくつかあげてしまいます!ちょっと心が狭すぎか、とも思うのですけどね。

    ・お化粧室〈丁寧過ぎ?お手洗いでもいいのでは)
    ・乳間(何かのファッション雑誌で見て下品だなーと。「谷間」程度で十分では)
    ・〜でございます。〈メールで連発されて不快〉
    ・車内でのマナーにご協力有難うございました。(気持ちはわかるけど、マナーは守るものでは)
    ・どうご覧になりますか?(TV)
    ・○○ちゃぁ〜ん♪(朝のニュースで女子アナがお天気お姉さんに呼びかけるときに使う)

    ユーザーID:

  • 彼氏さん・彼女さん

    恋愛相談みたいなトピで、
    「あなたの彼氏さん(彼女さん)は・・・」って書いてあるのを見ると、「げっ!」って思います。
    なんか優しい人ぶってる感じで気持ち悪い。

    たまに自分の恋人の事を「彼氏(彼女)さん」って書いてる人もいて、読んでると寒気がします。

    ユーザーID:

  • 「あの〜」

    私は、発言のタイトルなどによく見られるこの言葉を聞くと虫唾が走ります。
    「あの〜…」と控えめに文面をスタートさせながらも
    内容は皮肉や批判ばかり、という割合が多いように感じます。「あのぉ〜」なども同じです。
    また、文章の締め言葉として、
    「〜〜していますので。」
    「〜〜していますから。」
    などを使って終わらせるのも、すごくプライドが高くて冷たい印象を受けます。イメージとしては、シャム猫を抱えたプライドの高そうな婦人が、セールスの人を門前払いするような感覚です。

    ユーザーID:

  • 過剰敬語?

    >「かしら」とか「なのよね」とか「〜だわ」とか。
    過剰な敬語も慇懃無礼に感じられて不愉快です。

    うむむむ。ごく庶民の私は、周りもごく庶民ばかりですが、これらの言い回し、口語でも書面でもメールでも、ごくごく普通に使ってます。確かに、長野県知事の「・・・でございますから」「・・・してございます」の連発にはイライラしますね。

    「いかがなものでしょうか」
    直接的に否定、或いは批判するより、婉曲な気持ちの表し方として良いと思います。

    これだけ感じ方、捉え方に違いがあるということは、つまり他人の言い回しにはかなり寛容でなければ自分が疲れる、ということですね。

    ユーザーID:

  • ヤンチャ(飲茶じゃないですよ〜)

    すごい反響ですね。去年「嫌いなコマーシャル(ブチッと切る)」トピで盛り上がっていたのを思い出しました。

    そういう私ももうひとつ思い出したので言ってもいいですか?
    芸能人がよく使う「昔、ヤンチャしていた頃」とか「オレもヤンチャだったからー」のフレーズ。
    何、「ヤンチャ」って?!可愛いぶるんじゃないっ!
    同じく、昔不良だったとか、暴走族だったとか、自慢気に話すのを聞いていると虫唾が走るのよね。

    ユーザーID:

  • 「部分」と「〜のかな」

    私がぞっとする言葉は「わたし、リカちゃん」です。
    背後から言われると、もうガタガタ震えます。

    それから、「元気をもらう」も駄目ですね。
    「あんたの元気はわしが貰うたけんのう、ひひひ」
    と、ぼそっと言われると失神します。

    一番嫌いな言葉は、政治家の使う「部分」とか
    「のかな」という言い回しです。
    「誤解を招く部分もあったのかなと…」
    なんていう言い方ですね。
    まともな釈明もせずに問題の矮小化を図りたいとい
    う底意が見え見えで、許せん気がします。

    ユーザーID:

  • いっぱいあるけど

    ・○○デビュー
    公園デビューとか何それ?

    ・「わたしは今懐妊中です」「わたしおめでたなので」自分で言う?

    ・方言ではない「らぬき言葉」
    寝せれない、着せれない、食べれない、寝れない、見れない・・どれも嫌です。

    ユーザーID:

  • 〜だったり

    私は最近聞く、「○○だったりとか、○○だったり」っていう表現が大嫌いです。
    昔からそんな言い方してましたっけ?「○○や、○○」という言い方ではなかったですか?
    若い芸能人がよくこの表現を使っているのを聞くのですが大嫌いです。

    ユーザーID:

  • ワイフ

    年配の男性が奥様のことを「ワイフ」というのが気持ち悪いです。
    本人、気取ってるつもりなんでしょうか・・・。

    ユーザーID:

  • いっぱいあります

    自分に御褒美・・・そんなに自分が大事?

    ママ友・・・○○君ママ。〜君のお母さんでいいと思う
    うちら・・・目の前に居るのはあなただけ
    俺ら・・・若者口調でおっさんが言ってるのを聞いた時
    物の擬人化・・・料理番組の、野菜を切ってあげる

    あと私の知り合いが酔って落ち込みながら
    一人で勝手に「長い付き合いやったね・・」
    と合いの手の様に話の脈絡に関係なくつぶやく。

    一生懸命話を聞き出そうとしても
    そう言われるとむかっ腹立ちます。
    そんなに自己完結したいなら
    さっさとどこかへ行けばと言いたくなる。

    あとまだ年初めなのに別れ際冷めた口調で
    「良いお年を」・・
    そんなに会いたくないなら最初ッからくんな!
    ギャグだとしても失礼でないか?

    ユーザーID:

  • うちら

    浦和に住んでいた同僚が「うちら」と言っていたので、いつもいつもイライラしていました。埼玉の方言なら仕方ないけど・・と思いながら。

    それから、ビストロの中居くんの、「作らさせていただきます」っていうのも毎回気になっていたので、同感です。

    ユーザーID:

  • 「作らさせて頂きます」

    ビストロスマップでキムタクが「〜を作らさせていただきました」と言っているのにゾゾっとします。
    中居君の「何でも作らさせていただきます」も。
    誰か周りで注意してくれる人はいないんでしょうか?

    あと、明らかに迷惑行為をしている(例えば電車の中でお化粧とか)若い女の子が
    「誰にも迷惑かけてないからいいじゃん」と
    必ず言っているのも本当に本当に嫌です。
    これはちょっと違うか・・。

    ユーザーID:

  • 身構えます

    私が苦手なのは、話の途中に
    「変な話、・・・」というフレーズを使う人。
    しかも全然変な話じゃないのに、何回も出てくる。
    変な話なんて聞きたくないから、この言葉を使われる
    と思わず身構えてしまいます。
    損な話し方ですよね・・・口癖なんでしょうけど。

    ユーザーID:

  • ラップの・・・

    ラップにでてくる「おまえ」が嫌いです。
    「おまえは弱くないから〜♪」
    みたいな歌を聞くと
    「おまえに「おまえ」なんて言われたくなーい!!」
    と思います・・・。

    ここのトピを読むと人それぞれなんだな〜と思いました。
    面白い・・・。

    ユーザーID:

  • 「たくさん食べる」

    男の人で女の人に、(別にたいしたことなくても)「たくさん食べますね」と、非難がましく言う人いますけど、私、こういう事言う人、付き合いません。

    ユーザーID:

  • 映画のタイトル

    『いま、会いにゆきます』の「ゆ」にぞっとします。

    『いま、会いに行きます』なら良いのに。

    ユーザーID:

  • 最近よく耳にするんですが

    芸能人がテレビで、「見た事ある」を「見た時ある」って言ってるんですよ。「聞いた事ある」を「聞いた時ある」とか…。いつも???って思ってしまいます。
    これって正解なんでしょうか?

    ユーザーID:

  • 「昭和が終わった」

    昭和の時代に活躍した(と思われる)芸能人や文化人が亡くなった後に必ず付け加える言葉。
    何回終わるんだろう、昭和は。。。

    ユーザーID:

  • ひえ〜!(感想です)

     す、すごいですね皆さん・・・そんなにも人が言う言葉にゾッとしているんですね。同意出来る意見とそうかなあ?と思う意見といろいろで、読んでいて勉強になります。
     私が興味深いのは、意見されている方はそれぞれおいくつなのか、指摘するからにはご自分は絶対にその言葉を使う事はないのかという事です。

     私は今年30歳ですが、友達と「今日超寒くない?」「普通にイケメンだよ」などと話しています・・・。人が使っているのを聞くと品性のない言葉だなあと思うのですが、つい使ってしまっています。
     何気なく発した言葉が、聞いた人にいかに悪影響を与えるか思い知らされるトピでした。
     ・・・でもみんながみんな、皇室の方の様な言葉使いだったらそれもかた苦しいですね。例えが飛躍し過ぎですが。

     
      

    ユーザーID:

  • 成人女性が自分の母親を「ママ」と呼ぶこと

    成人女性が自分の母親を「ママ」と呼んだ時は、ホントぞぞ〜っと背筋が寒くなります。

    ユーザーID:

  • 「〜させてもらって、と。」

    ○店員さんの「いらっしゃいませーーーエッ」
    「どうそお試しくださいませーーーエッ」
    店の外にいただけなのに聞こえてきて頭が痛くなった。

    ○何かにつけ感動、感動っていうこと
    ○過剰なへりくだり…「〜させていただきます」

    今一番嫌いなのは、
    「〜させていただいて、と。」「〜させてもらって、と。」
    という独り言。
    <例>「お先に失礼させていただいて、っと。」
    「お先に〜いただきます」、または「いただいていいですか?」ならいいんだけど
    へりくだっているようで了解を押し付けているのが
    ずうずうしい。

    ユーザーID:

  • 子供の頃よく言われた

    ・感受性が鋭い
    私は学校で喋らない子だった(場面かん黙症?)ので
    そういうことにされてしまった。
    ・本当は出来る子なんです
    ・自分の殻に閉じこもっている
    ・親の愛情が足りない

    問題のある子供がいるとすぐに安易な分析をして
    決め付け、もっともらしく言うのはやめて欲しい。

    ユーザーID:

  • 「ええかぁ? ええのんかぁ?(繰り返し)」 某CF

     思い出しただけでゾッっとします。
     あのコマーシャル、ウケてるんでしょうか?
     

    ユーザーID:

  • こういう例もあるということで。

    なんじゃそりゃ?
    だから何?
    きちんと話を終わらせて欲しいです。
    むかつきます。

    ユーザーID:

  • メールでの文字

    あります、あります!思わず反応しちゃう言葉!
    友人がメールにイヤーーッっていうほど書き込む文字。
    「〜〜なんだよねー(爆笑)」
    「あいつって最低じゃない(毒)」
    (〜)で表現しかできないのか?って思いますよ。語彙が少ないんでしょうかね。

    ユーザーID:

  • あ〜嫌だって感じます。

    ●生涯現役●
    まわりの身にもなってみろ!と思います。

    ●癒される●
    なんでもかんでも、この言葉でくくれば
    済むと思っている。

    ●デパートの社員言葉●
    クレジット決済でのこと
    「お名前様」をご記入ください・・・・・
    なんだよこれは!!!
    誰だお名前様って!!!

    ユーザーID:

  • プラスさんへ

    >地方のテレビ局の女性アナウンサーが「生足に
    >サンダルを・・・」と言っているのを聞いてゾッと
    >する、というよりがっかりしました。日本語には
    >「素足」というきれいな言葉があるのに。

    「素足」と「生足」はまったく違いますよ。
    「生足」はそれ以外に言い方がありません。

    ユーザーID:

  • 自己紹介のとき

    自己紹介でよく見かける言い回しですが、

    ○○こと△△△△ で〜す。

    が大嫌い。

    「こと」の部分でゾ〜
    「で〜す。」でしめられて、全身鳥肌。

    ユーザーID:

  • 報道編

    新聞、インターネットニュースなどの「調べだと」という表現がどうしても許せません。

    例:「調べだと、○○容疑者は昨夜未明、帰宅途中の会社員を襲撃しその後バイクで逃走した。」

    「調べによると」や「調べでは」と書いて下さい。活字のプロたるもの、もう少し違和感のない日本語を使って頂きたい。目にする度、PCモニターを破壊したくなります。

    ユーザーID:

  • タイトルで

    某掲示板でよく見るレスのタイトル「えっと・・」「私は」等。多数の閲覧者がいることに対して鈍感。幼稚な感じがします。

    その他、間違いの表現ですが、「〜みたく」「うる覚え」「とび主」等。こちらが恥ずかしくなります。

    生理的にダメなのはやはり「元気印」無根拠で非常に失礼ですが本音では、こんな言葉を使う方も言われた方もアホっぽく感じます。ごめんなさい。

    ユーザーID:

  • ごちそうさま。

    私がゾッとするのはこれです。
    付き合っている人の話をした時に言われた、「ごちそうさま」。

    何故か判りませんがすごく気持ち悪かったです。
    特に真剣に相談事を持ちかけた際に、言われたのは、非常に不愉快でした。

    これを使う人はどうゆう気持ちなのでしょうか。

    ユーザーID:

  • 言い回しではないけれど

    子供が生まれた途端、メールアドレスを
    『○○(子供の名前)−mama』
    に変えることです。でも赤ちゃんの名前だし嬉しいんだから仕方ないか・・とも思っていました。

    しかし、先日、姑のメールアドレスが
    『○○(義理姉の名前)−mama』
    だと知り、さすがに気持ち悪かったです。

    ユーザーID:

  • 言い回しではないですが

    「ブラ」の「○カップ」という言葉が嫌いです。背中がモゾモゾする〜。

    ユーザーID:

  • 私の場合は・・・

    私が苦手とする女の人が使った”リスペクト”です。

    どなたかもおっしゃっているようですが、”尊敬してる”とそのまま言えばいいのに・・。何で横文字使いたがる?そのほうが格好いいとでも??

    最初は気にならなかったのですが、彼女が使った言葉と言う事でだんだんキライになってしまいました。

    私の場合は言葉そのものより、彼女に対しての嫌悪感でゾッとしてるのかも・・・。

    ユーザーID:

  • 「結婚を決める」

    結婚は「決まる」ものであって
    「決める」ものじゃないと思ってました。

    なんだか「結婚を決める」というと
    「煮え切らないまま相手にせまられてしぶしぶ承諾した」
    というイメージがあります。

    「結婚が決まる」という言い方はなんとも思いませんが
    「結婚を決める」という言い方はゾッとします。

    ユーザーID:

  • おかん おとん

    関西の大学に進んだ息子が 3年生になった頃から使いだしました。方言でしょうけど 私はいやですね。言い直させてます。癖にならなきゃいいけど。

    「お気に入り」も他人が使うのはいいけど 自分のことを言う時はおかしいですね。「わたしのお気に入りは・・・・・」なんてね。

    ユーザーID:

  • なにげにキモい

    なにげって何ですか?何の毛ですか?

    キモいって何ですか?気持ちいいんですか?

    あ、既出ですが、接続詞として使う「なので」は私も嫌です。
    アナウンサーが普通に使ってますが、そんな接続詞はない!!

    なんでもかんでも「ビミョー」と言う人も嫌です。

    「いっぱいいっぱい」という言葉も好きじゃないです。

    ユーザーID:

  • パクる

    窃盗のことを『パクる』と言うのが大嫌いです。
    窃盗という罪を、軽くみているような表現がどうしても受け付けません。

    ユーザーID:

  • デキちゃった婚

    デキちゃった婚、がぞぉ〜っとします。

    ユーザーID:

  • 〜に毛が生えたような・・・

    という表現。気持ち悪いです。

    ユーザーID:

  • ゾゾゾッ

    私は「挙手」がダメです。最近やたらアホくさいタレントが「挙手」を連呼しているのに背筋がゾーっとします。

    ユーザーID:

  • 食べ物の表現で・・・

    「おみおつけ」、「お新香」がダメですね。
    お味噌汁とお漬け物で良いと思います。
    あと、「煮浸し」もダメ。

    ユーザーID:

  • 挙げたらきりがたいけども。

    ファーストフードの店の呼び名で「マック」「ケンタ」は嫌ですね。ゾッとします。
    関西人なので「マクド」に慣れてるせいだと思いますが・・・。

    報告などをしている時の「〜の方は・・・」の連呼がものすごく耳障りです!それから「写メ」も嫌です。
    「興味深い」も。こう言われたら良かったのか悪かったのか、よく分からなくなります。


    こうしてみると、自分は何故か分からないけど
    嫌な人もいるんだな〜という事が分かって、かなり面白いトピでした!

    ユーザーID:

  • 最後の最後まで

    選挙の定番のアレ!
    どの候補も必ず言ってて、耳障りなことこの上なし。

    最後の最後ってどこじゃ?!
    よく考えてみれば、最高にしつこく強要してる。
    こんな聞き飽きたフレーズはやめて、もっと気の利いたこと言え〜〜!

    ユーザーID:

  • あえてここに書かせてもらいます

    ネット掲示板などでよく目にする、「わたしたち女性」。
    もっとも、使い方にもよるんですが。

    勝手に一つにまとめないで!と言いたくなります。
    不思議なことに、「われわれ男性」はみる機会が少ない気がします。

    同じく、テレビで聞く「国民」。
    「国民は怒っています!」・・・ちょっとまってよ。
    私は別に怒ってない。

    ユーザーID:

  • 難しいですね

    すみません、私は23歳ですが上記の言葉たちを乱用してますね。
    あ、こうして気をつけたつもりでも「言葉」に「たち」が。

    汚い日本語がよくないということですね。でもそんな、よってたかって・・・という印象もあります。そんなに厳しくしなきゃだめでしょうか?

    では「ゾゾゾッ」はきれいでしょうか?
    個人的に好きではありません。

    言葉はこの通り下手くそです。
    でも例えば、「その言い方は・・・」って店員さんをそれだけで、張り倒そうとか走って逃げようとか腹がたつムシズが走るとかそんな激しいことを思ったことはありません。

    ユーザーID:

  • ○○君

    女性が女性に対して○○くんと呼ぶのには抵抗があります。気持ち悪いです。
    同じような理由で自分のことを僕という女性もぞ〜っとしますね。

    ユーザーID:

  • いやらしい〜!

    ここ面白いですね。わかるわかるって感じで読みました。

    私は  「精通する」  

    という言葉が嫌い。言うのもイヤ。

    どうしても、変な事しか思い浮かびません。

    ユーザーID:

  • また来てしまった

    モテ系、モテ顔メイク、モテヘア・・・にもう一票。
    ぬけぬけとそんな言葉を使う女性がモテるとは思えないし、もうこっちが恥ずかしい。
    それにプラスして、「がっつり」なんて使われると、その場を立ち去りたい。

    ユーザーID:

  • 省略・短縮言葉

    ワープロ、パソコンはまだ許せますが、リストラ、カキコ、ブラピ、リスカなど数を挙げたらキリがありません。日本人は外来語を省略するのが本当に好きですよね。

    ジェニファー・ロペスのことをジェニロペというのは笑いました。本人はジェイ・ローと略しているのに、何で日本でもそう言わないんですか?

    あとゲットするとかいうのもぞっとします。

    ユーザーID:

  • お客様のおっしゃる意味がわかりません

    接客業の人にこれを言われると
    ものすご〜〜〜〜〜く
    馬鹿にされた気がします。
    というか・・してる!絶対!
    ただ言葉の使い方を取り違えているだけ?
    顔見ればだいたい察しがつきますが。
    慇懃無礼っていうんだよね、こういうの。

    あと一つは・・・
    開いたブログが、絵文字と動くアイコンで
    埋め尽くされてたらすぐ閉じます。
    ごめん、私それ受け付けない。
           ↑
       (これも該当する?)

    ユーザーID:

  • 素敵な旦那さんですね

    小町特有なのか、それとも最近この手の表現はやっているのか分からないけど、個性の無いほめ方だなぁと思う > 「素敵な○○さんですね」

    トピにそれが連続して付こうものなら気持ち悪くて仕方ないです。

    ユーザーID:

  • ママ

    自分が妊娠・出産した時、「ママになりました。」
    妊娠した友達に対して「ママになるんだね〜。」
    「●●ママ(ハンドルネーム)」
    など、ぞ〜〜っとします。
    私も「ママ」ですが、絶対に使いません。
    気持ちが悪いっ!!

    ユーザーID:

  • 「役者」「アーティスト」

    まだ演技を始めて1,2年程度の経験の浅い俳優が
    インタビュー等で「役者としての自分を出し切りたい」的な
    発言をしているのを聞くと虫唾が走ります。
    「役者」って例えば高倉健さんのようなベテラン俳優のイメージ
    なんだけど・・・
    「役者」や「アーティスト」という言葉をむやみに使って
    ほしくないです。

    ユーザーID:

  • なるほどですね〜〜

    少し前に車買取専門店の営業の人に、今日は住宅メーカーの人に相槌で「なるほどですね〜〜」と言われました。
    営業職なのにこれは無いでしょうと思うのは私だけでしょうか?

    ユーザーID:

  • 生理のことを

    「お月様」「メンス」なんて言わないで〜
    「ブルーデー」も嫌い!
    「アンネちゃん」なんて言われたら、もうひっくり返りそうになる!

    ユーザーID:

  • ○○を構築する

    「コンピューターのシステムを構築する」などの使い方はいいのですが、「人間関係を構築する」とか気取って言われると、逆に頭悪そうに思えてしまいます。
     
    あと、「大人の隠れ家」も嫌い。こういう表現にホイホイ乗せられるタイプの人も、嫌い。

    ユーザーID:

  • 自分の娘を「ウチの姫が・・」  

    姫って顔か?

    ユーザーID:

  • 「呑みニケーション」

    「呑みニケーションも大事だぞ」

    死語かと思っていたけど、久しぶりに聞いてびっくりしました。酒を呑んで、愚痴ったり、過去の自慢話ばかりのおじさんの呑み会・・・。同じ話を繰り返し、酔っ払ったら会社のお金でお支払い。

    呆れると同時にこんなことしか言えないその人が哀れになりました。

    ユーザーID:

  • まだありました

     真逆っていうのが嫌です。「逆」でいいのに、真に逆ってのは何の強調なんでしょうか。

    元カノってのも、意味不明です。ジョを発音するのに何万秒かかるっていうのでしょうか。変な省略です。

     既出ですが、めざましテレビの占いコーナーの「ごめんなさーい」も耳ざわり。英語で「残念ですね」「お気の毒に」の意味でも使われるI am sorryを「ごめんなさい」と直訳しちゃったのかなと思いますが、あやまられてもねぇ。

     身内を「私のお父さん(お母さん)」などというのもいらいら。そうかと思えば、「このケーキいただいてください」など、謙譲語・尊敬語・丁寧語がめちゃくちゃな人って最近増えているように思います。

    ユーザーID:

  • 「ふれあい」

    障害者との「ふれあいコンサート」
    外国人との「ふれあいティータイム」

    「ふれあい」なんて言葉を聞くと行って見ようとする気持ちが一気に萎えます。

    ユーザーID:

  • 『匠』も嫌いになってきた。

    「ビ○ォーアフ○ー」の、
    『何ということでしょう〜』
    『〜ではありませんか』
    のナレーション。あれどうにかして欲しい。

    毎回建築士に恥ずかしいコピーをつけるのも
    速攻辞めていただきたい。

    ユーザーID:

  • じぃじ、ばぁば

    どうしてもこのじぃじ、ばぁばというのが
    なじめません。(旦那の姪っ子が使う。)
    あかちゃんがいうときの言葉かなあと思ってたんですが
    小学生の子供でも使うんですね。

    大声でよんでるときはじじい、ばばあにきこえます。
    (でもたまにそういってるときがある)
    でもこうよんでほしいおじいさん、おばあさんって多いんですね。

    うちはおじいちゃん、おばあちゃんなんですが、、、。

    ユーザーID:

  • おどろいた!

    すごい反響ですね。この量に驚きました。

    こんな言葉でぞっとされたたら話す言葉がなくなってしまいますね。
    「あるある」の量にゾッとしたり・・・。

    でも、呼んでいたら「あ、わかる」ってのありました(笑)そんな軽い気持ちなのかな?というわけで、私も参加したくなりました。

    ・スイーツ
    ・ジィジィ、バァバァ(義両親が自分たちのことを私 の子供にそう言ってると、特に嫌)
    ・嫁

    ですかね。

    ユーザーID:

  • あらためます ビファインド

    久し振りに開けたらあるわあるわ。
    これでもかと、皆様のご意見。私も追加します。
    よくかかってくる電話のセールス。「今、主人がおりませんので」と断ると、ほとんどの人が「ではあらためます」と言います。何をあらためるんじゃー
    「あらためて電話いたします」と、どうして言えないのかしら?それだけで却下!

    それとスポーツ中継の時のビファインド。
    距離に差がある時に使うんですよね?たしか長野オリンピックからいやに流行ってきました。
    今ではサッカーに野球。点数の差にも使っても良いのですか?英語の堪能の方教えて下さい。

    ユーザーID:

  • 私だけ?

    「ブラ」の「○カップ」という言葉が嫌いです。背中がゾワッとする〜。

    ユーザーID:

  • おすすめ!

    聞いてもいないのに友達に「○○がおすすめ!」って言われるとゾッとします。
    ウィンドーショッピングしていて、いきなり「私のおすすめはコレ!ぜひ試してみて!」って自信満々に言われたり・・・。

    余計のお世話だし、誰もあんたのおすすめなんか聞いてない!って思います。
    普通に「○○はよかったよ」って言えばいいのに。

    ユーザーID:

  • 化粧品クチコミサイト

    化粧品クチコミサイトで気になる表現。

    ・「お色」「お買い上げ」
    ・文章の最後に「○○でしたぁ〜♪」
     (○○は自分のペンネーム)

    既に書かれた方がいらっしゃいますが、
    「このコ」という表現、私も大嫌いです。

    ユーザーID:

  • ローマ字表記の芸名

    YOSHIKI
    MIYABI
    TERU
    TAKURO
    YUKI
    SAYAKA
    TARAKOなどこれら芸名のローマ字表記の意図は?

    かっこいいつもりなのか、かえってダサイぞ。
    海外進出するつもりなのか、難しそうだぞ。
    小沢だって三船だって北野だって、
    脚光を浴びれば勝手にローマ字にしてくれるぞ。
    日本人相手になぜあえてローマ字表記、読みにくいぞ。

    ゾッとするというかなんというか、
    こっぱずかしい気分になります。

    なぜかCOCCOやHYDEなどローマ字でないのは別に気にならない。
    マギー司郎やテリー伊藤なども全然気にならない。

    KONISHIKIは相撲協会が小錦を使わせてくれなかったから仕方ないかと思う。

    ユーザーID:

  • 色々・・・

    @「〜ママ」と言うペンネームやハンドル。
    @「うちのパパ」
    @「じいじ」「ばあば」

    @「子供を持って初めて・・・」
    @「同じ子を持つ親として・・・」・・ワイドショーなどでのコメント

    @「妊娠菌」・・・不妊掲示板でよく使われる言葉
    @「お色目」・・・洋服や小物の紹介する時
    @「うちの子」「この子」・・・ペットをこう呼ぶ

    ユーザーID:

  • 世の母親に是非守って欲しい

    自分のガキについての話で「〜してあげたいんです」っていうな!
    他人様の前では「〜してやりたいんです」って言うんだ!

    あと、テレビですぐ「号泣!」ってテロップ入るけど
    どんなすごいのかと思ってみてると女性タレントが目に涙溜めてめそめそする程度。
    号泣って言うのは普段泣かないような大の男が
    大声上げて泣くようなことを言うんだ!

    なんかぞっとする言い回しと言うより
    間違った日本語の話になりました。
    でも自分の子供の話で「してあげる」使う母親にはホントにゾッとする。

    ユーザーID:

  • 俺の女

    「僕の彼女」なら大丈夫なんですけど、なんだか自分の所有物だと思っている様で嫌です。さらに「俺の女に手を出すな。」となると、「お前が勝手に決めるなよ。」ってつっこみたくなります。

    ユーザーID:

  • 卒業

    なにかをやめるときに「卒業」というひとがたまにいて、それが受け付けません。
    モー娘がグループをぬけるときに「卒業」としてるのからはじまったんでしょうか?

    この間はバイト先の掲示板に「今月いっぱいで○○(店の名前)を卒業することになりました!」とメモが貼ってありました。

    なんで「辞める」って普通に言わないんだろう??

    ユーザーID:

  • 人間努力してできない事は無い

     ゾッとすると言うよりも、自惚れや思い上がりを感じます。人それぞれ適性があるし、限界もあります。

    人間の能力が皆同じである筈がありません。だからこそ、努力しても結果が出る人と出ない人がいるのではないか?

    努力努力って馬鹿の一つ覚えみたいに言っている人を見ると、人間そんなに簡単じゃない!と言いたくなるのは私だけですか?

    ユーザーID:

  • 気持ち

    接客業の兄さん、姉さんがやたら連発する「キモチ」って表現が大っ嫌い!
    裾上げの試着中「きもち短めにします?」とか、美容院で「きもち軽めにすると〜」などと言われると本当に殴りつけたくなります。

    後はやっぱり妙に縮める表現。どなたか書いてらした「とりせつ」。映画などの題名、「せかちゅう」「いまあい」「きみよむ」って、何なの?言ってる人間がどこまでも軽薄なバカに見えて本当に不愉快になります。いまや当たり前に使われる「デパ地下」も、バカっぽくて絶対使えません。

    ユーザーID:

  • てか・てゆーか

    話し始めるとき いつも「て言うか○○○・・・」と話す人。「て言うか」ということは反対の意見を持ってるってことでしょ?でも反対のこと言ってないの。
    なんか相手の意見をとりあえず否定するって感じで嫌です。

    ユーザーID:

  • いっぱいある!

    私も「うちら」はダメです。
    モー娘。がよくテレビでも使っていますよね。
    聞いていて恥ずかしくなります。
    「〜ヤツ」も嫌いです。

    あとは、

    キレイめ
    エグゼリーノ
    自分磨き
    ご褒美ジュエリー
    愛されヘア、愛されOL、

    などなど女性誌に出てくる押し付けがましい表現は特に嫌いです。

    ユーザーID:

  • あるある

    みなさん、いろいろありますね。
    読みながら「うんうん」とうなずいたり反省したりしています。

    私は以下のような感じです。
    これらの言葉を聞くとイライラしてしまいます。
    ◎近所の40歳前の主婦の言葉
      「今日、女の子になってぇ〜」
      もう40歳にあろうかという歳「生理」でいいのではないかと思います。

    ◎ハンドルネーム
      ○○まま とか ○○ちゃんのまま
      例えば ゆうたんまま や りえまま のようなハンドルネームは自分が無いようで(子供オンリーなかん字がして)嫌なんです。

    ◎「今後は気をつけます」という言葉
      今までは気をつけていなかったの?
      他の人に気をつける前に、こっちに気をつけてほしいです。

    ◎選挙活動中の「私に勉強させてください」とか「頑張って勉強します」
      勉強してから出馬してください。

    ユーザーID:

  • うんうんうんうん、はいはい・・・

    30代後半パート事務で2児の母です。

    職場に29歳の正社員の女性(3歳の子がいる)がいるの
    ですが、仕事の話で、相手の話で合点が行った時
    「はいはいはい・・・」と言うのが癖なんですよね。
    こういう人、男女問わずたまーにいますが。

    首を小さく振って頷くとか、口に出すなら大人なんだし
    ましてや仕事。「ええ、ええ」が普通なんじゃないの?と
    思いますね。

    前出の29歳、人の説明を聞いてる間は
    「うんうんうん(ここまでハッキリ発音はしないが)」
    といつも言う。これもカナリ聞いててハラ立ちます。

    そういえば、上の子の幼稚園の時の担任(25歳で新人だった)も、面談の時こちらが何か話すと「うんうん(かなりはっきりした発音)」と言ってたな。今28歳位だと思う。
    心の中で「うんじゃねーだろ、ハイだろ!」とツッコミ入れてましたけど。

    その位の年代の人に共通なんでしょうか。

    テレビで気になるのは徳光さん。
    「〜なんでありますが」がとにかく多い!
    皆さん今度数えてみて。番組中に必ず言いますから。
    まるで軍隊の人みたいな言い回し!

    ユーザーID:

  • 自分の気持ちを押し付けないで!!

    私は「〜だと思わない?」
    が嫌いです。
    「〜」は自分の考えだったり、親しい間柄だったらちょっと自慢めいた感じで「いいと思わない〜♪」等。

    何気なく自分の気持ちを押し付けないでほしいです。
    自分の考えを押し付けて相手を洗脳しているのか?!

    「〜だと思いません、それはあなたの考えであって、私はあなたとは別の人格で違った考えを持っていますので!!」と内心腹が立っているこの頃です。

    ユーザーID:

  • 色々ありますね。

    人それぞれ、ぞっとする言葉ってありますよね。

    同意できるものもあれば、私はそれほど気にならないという言葉もあって面白いです。
    同意できるものの中でも、相手によってゾッとするものとしないものがあることにも気づきました。

    例えば「○○ママ」については、発言小町のような掲示板で見かける分には、私はゾッとはしませんが、友達からのメールの最後に「○○ママより」と書いてあったらゾッとします。

    アナウンサーが使えばゾッとするけど友達が使ってる分にはゾッとしないものもあります。

    バカっぽい言葉遣いについては若い子が使ってる分には、その世代の文化と思って許容範囲ですが、良い大人が若者に負けじと使ってる時(微妙に使い方が間違っていたりしてるんですよねそういう時って)はゾッとします。

    連発されるとゾッとするけど、会話のワンポイントとして使われる分には構わないかな、という言葉も。

    言葉は、それを使った人のキャラクターと合わせて伝わってくるんだなと思いました。

    ユーザーID:

  • satiさんに同感 → 野球の勝利インタビュー

    プロ野球の勝利インタビューの時のアナウンサーの質問の仕方。
    状況説明だけですぐにマイクを選手に向ける。
    本当にイライラします。

    選手の方々も「それで何を言って欲しいんですか?」って
    内心は思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    プロのアナウンサーなら、「あの時の心境は如何でしたか?」とか、
    あとひと言付け加えて言えないものなんでしょうか?


    >3回の裏に満塁というピンチがありました」
    >「今日はホームランの後、2000本安打となるヒットもう>まれました」などなど…。事実のみで質問になっていない。

    ユーザーID:

  • 私は天然?!

    本当にぞっとします。
    吐きそうになります。
    自分を天然という女が嫌いです。
    何考えてるんだろうって思います。

    ユーザーID:

  • ゆりんこさんに同感!

    ■心臓に毛がはえている■

    この言葉は気持ち悪く、必ず想像してしまいます。

    ヒクヒク動くヌメッとした心臓に、排水溝の毛
    みたいなのが張り付いて、鼓動に合せてゆらゆら
    しているような・・

    私の想像の世界が、気持ち悪いだけかしら?

    ユーザーID:

  • やらかい、こいい

    「やわらかい」を「やらかい」
    「濃い」を「濃いい」(真中の「い」にアクセント)
    が非常に腹立ちます。
    以前会社で50近いおばさんが「濃いい、こいい〜〜」と言っててぞっとしました。

    ユーザーID:

  • 自分の意見を押し付けないで!

    私が嫌いなのは
    「〜だと思わない?」
    です。
    「〜」は自分の意見だったり、ちょっと自慢げに話す時に使われる話し方です。
    この言い回しは、何気なく周りの人に認めてもらいたい時に同調してほしくて言う言い方で、私は暗に押し付けがましさを感じます。
    自己中な人女性が使うことが多い言い回しですね。

    ユーザーID:

  • 「幸せのおすそ分け」

    幸せのおすそ分けという言葉に虫唾走る。キモすぎる。

    あとは「勝ち服」「モテメイク」「絶対に白(美白)」みたいな見出し。
    こう書くとむしろインパクトがあると褒めてるみたいになるのかしら。

    ユーザーID:

  • 高島 俊男さんの本の中にも・・・「キライなことば勢揃い」

    週刊文春に連載中の高島 俊男 さんの本
    「お言葉ですが…(5) キライなことば勢揃い」にもありましたよ。ご一読されたらいかがでしょう。

    「自分探し」、「思い出づくり」、「癒す」
    「地球にやさしい」
    ……過度に情緒的で大キライなこんな言葉が、なぜはびこるのか。
    「ふれあいロードで思い出づくり」など役所や商店街の作った言葉に多いそうです。

    ユーザーID:

  • ワタシって○○な人じゃないですかぁ〜

    「ワタシって料理得意な人じゃないですかぁ〜」
    「ワタシって朝苦手な人じゃないですかぁ〜」
    「ワタシって読書好きな人じゃないですかぁ〜」

    ワタシって・・・ワタシって・・・ワタシって・・・

    オマエの事なんか知らんわっ!と言いたくなります。

    ユーザーID:

  • 思い出した

    「お肌に潤いを補給して”あげて”くださいね」みたいな言い回しも気持ちが悪いです。自分に「〜してあげる」という言い方はすべて嫌かもしれない。
    「癒し」的なものも苦手。

    それからコスメ(口紅やファンデ)のことを「この子」という人。犬猫ならまだしも物体に対して「この子」はないだろうと。ぬいぐるみならまだ理解はできるけど。

    ユーザーID:

  • 生足と素足

    私もも「ナマアシ」という表現に抵抗があります。
    何人かの方が「素足」と「生足」は違いますとお書きになっていましたが、代替できないものではないと思うのですが・・・

    いわゆる靴下を履いている状態は素足とはいいませんが、そのような場合、あえて「生足」と使うことはあまりないのではないでしょうか。ストッキングを履かずに靴下を履いて靴を履いている場合にあえて「生足」と表現することはあまりないように思います。

    「もしかして今日生足?」というように、端から見てストッキングを履いているか履いていないかわからない状態のときに使う場合が多いように思われます

    「生足にサンダル」は「素足にサンダル」に置き換えられる言葉だと思います。

    ユーザーID:

  • 『新婚さんいらっしゃい!』について

    質問の答え方が気持ち悪い、というご意見がありましたが、あの番組の出演者は、スタッフから指導をされるのだそうです。

    あらかじめ話し合った中から番組で使う内容を決め、方言やくだけた口調を使うようにも言われ、練習させられるのだそうです。

    (若い年代の人が、テレビで放送されるのに、えらく方言を使うなー)と不思議に思って、そのことを友人に話すと、彼女の親戚が出演した時、そんなだったそうです。

    ユーザーID:

  • 「アーティスト」

    ゾッとすると言うより、不思議な事なのですが、最近、歌手やグループを「アーティスト」と言うのが気になります。

    「アーティスト(artist)」とは「芸術家」の意味じゃないのでしょうか?
    広い意味で音楽も「芸術」なのでしょうが、「芸術」と思えるほどの音楽家はそうそういないと思うのです。
    (私の中では、音楽室に写真が飾られているの方々や坂本龍一さんくらいです。)

    歌手は「シンガー(singer)」
    音楽家でも「ミュージシャン(musician)」
    ではないのでしょうか?

    どなたか、なぜ歌手のことを「アーティスト」と呼ぶのかご存知ないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 義母・義父・義実家?

    義母・義父・義実家って意味は分かりますけど…。
    姑・舅・嫁ぎ先って言葉はもう死語なんでしょうか?

    あ、「嫁ぎ先」なんて言い方は、自尊心の強い現代人には受け入れられないのかしら。
    「実年」のように、新しい呼び方が必要な時代なのかもしれないですね。

    ユーザーID:

  • お名前様、頂けますか?

    電話交換手に言われ、驚いた言葉です。

    他にも「社長様いらっしゃいますか」といわれると、寒気がします。

    ユーザーID:

  • ターゲットにする

    「主婦をターゲットとした商品」「中高年男性を狙った商品」なんて言い方をよく聞きます。

    言いたい事はわかりますし、やってることもわかります。
    けど、狙われるっていうのが嫌〜〜!

    そんな商品を買うと「しめしめ、狙い通りに買って行った」とか思われそうなので絶対買いたくないと思ってしまいます。

    なんだか企業に操られている気分になりませんか?

    ユーザーID:

  • すんまそん

    もうこの一言、とにかく鳥肌がたちます。聞くのはもちろん、文章の中で目にするのもだめです。

    ユーザーID:

  • ”お”

    ”お”が付きすぎるのはぞっとしますね。。。敬語として”お”がつくのはいいのですが(お客様など)、普通の名詞にやたら”お”がつくのは聞きづらいですね。

    お粉、お座敷、お友達(xxさんのお友達、ならいいのですが、自分で”今日、久しぶりにお友達と会ったの”というのはだめ)、おご飯、お靴(子供相手でも”靴”でいいのでは?)、お水。。。

    誰に、どういう目的で、丁寧に話しているつもりなのだか。。。?と思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • だれでも”先生”

    何でもかんでも”先生”というのはぞっとしますね。

    学校、塾の教師のように、ものを教える人であれば”先生”は当然OKです。

    でも、医者、政治家、画家や音楽家、ただ目上の人、その他を”先生”と呼ぶのはぞっとします。

    そりゃ、医学でも、政治でも、絵でも、音楽でも、その他なんでもなにか成し遂げたことにより、或いは人生/社会経験をつんでいることにより、他者に伝えられる(教えられる)知恵/知識をもっている、ということでは”教える人”と取れなくも無いのでしょうが、それなら、自分より歳が上であることにより人生経験があるというだけで”先生”になってしまいますから、それこそ兄姉、親、祖父母、年上の人なら誰でも”先生”になれますし。

    ユーザーID:

  • ○○というカタチで

    「○○というカタチでお願いします」と連発されると、
    「どんな形か絵に描いてみろ」と言いたくなります。
    会話中、一度か二度なら気にならないのですが。

    ゾッとするというより苦酸っぱい気持ち。

    ユーザーID:

  • 「授かり婚」

    結婚まで清い身体で、という考えは薄れてきていますが、仕事や人間関係を考えたら、現代でもバースコントロールは必要だと思います。
    それでも失敗してしまうことはあるでしょうが、周りが使うならまだしも、当人達が「授かり婚」と言うのは、トピのタイトル通り“ゾッとする”。
    これも育児雑誌や結婚情報誌の影響なのでしょうか。
    産婦人科の待合室で読んだ育児雑誌に、
    「反対されていた(あるいは迷っていた)結婚をベビーちゃんが後押ししてくれました」とハートマークを交えた文章で沢山体験談が掲載されていたのにも力が抜けましたが、その当時20代後半だった職場の先輩が結婚報告をする際に「授かり婚なので親も超盛り上がってます」と言われた時には職場がシーンとなりましたし、私も気分が悪くなりました。

    ユーザーID:

  • 「本当の私」

    自己啓発にハマるやつ。

    鏡に写る自分の姿を直視できないやつ。

    それが自分だと受け止める度胸もないくせに
    より上等な姿ばっかおいかけるアキバ系オタク
    よりも質の悪い性根の持ち主

    が軽々しく口にしますね。本当に気色悪い。

    ユーザーID:

  • behind

    >さくらっ子さん
    ビファインドってbehind=ビハインドのことですね?

    「〜の後ろに」と英語の授業では習ったと思いますが、スラング的に大リーグ野球などで単に「ビハインド」と言うと「負けている」状態を言うようです。

    球技などでは「○点のビハインド」=「○点負けている」、モーターレースでは「○コンマ○秒ビハインド」=「○コンマ○秒遅れている」の意味で使うのだと思います。

    日本語で言えよ!と言う気持ちもわかりますけど、意味がまったく通じないこともないからアリかな、と。

    ユーザーID:

  • 同じくですが、

    あるタレントさんがよく使っている「ぶっちゃけ!!」「やべぇ」「まじかよ」には辟易します。あとその同じグループ内の方で「〜だべ」と必ず語尾に付けるのも嫌いです。
    往来の場で「ママ〜」と自分の妻を呼ぶ人。さぶいぼです。
    主人の知人男性の年賀状で生まれたての子供の写真の横に「どうやらパパ似でちゅ〜(本人筆)」ときた日には、ひっくり返ってしまいました。

    ユーザーID:

  • 「うちら」と言えば

    ♪うちら陽気な、かしまし娘〜
    (メロディは覚えているけど歌詞は忘れたので中略)
    ♪それでは皆さま
    ♪ご〜きげ〜んよ〜〜〜(三味線ビブラート)

    「ごほん」といえば「龍○散」
    「コーヒー」といえば「ク○ープ」
    「ツー」といえば「カー」
    「うちら」といえば「かしまし娘」を想起してしまう。

    私の年(45)になると、
    ぞっとする言葉にぞっとする前に、
    意味がわからないことが多くぞっとする間がない。

    ユーザーID:

  • 「主人」

    この言葉はもともと城主とかを指した言葉だと
    聞きました。一般人を指す言葉ではないとのこと。
    そんなこともあり、友人が「うちの主人が…」などと
    連発していると、ダンナさんって、そんなに偉いの?と
    突っ込みたくなります。
    私は自分のダンナを「主人」と呼んだことはありません。
    他の人に話すときは、「夫」とか、苗字で呼びます。

    ユーザーID:

  • 世界ウル○ン滞在記

    世界ウルル○滞在記の番組冒頭のアナウンスに
    身の毛がよだつ…。

    ×××のぉ〜、△△△にぃ〜、
    ○○○○(←タレントの名前)がぁ〜、
    出会ったぁぁぁーーーーー


    …コレ、何とかなりません?

    ユーザーID:

  • 朝の情報番組の・・・

    一番悪い運勢の星座を発表する時、女子アナが必ず言う

    「ごめんなさぁ〜い!(○○座のアナタ)」

    謝るって、お前が運勢決めたんかぁ〜〜〜!!??


    良い人、可愛い人のつもりなんだろうか…チッ
    謝る必要のないトコで謝るなっ。ったく。

    ユーザーID:

  • あなたはあなたです。

    これを言われて嫌な気分になる人は、
    居ないと思いますが、
    私の場合は、言われれば、
    何となく、寒気がしてきます。

    ユーザーID:

  • 一般人

     バラエティ番組などで、芸能人が視聴者を指して「一般の人は・・」などと発言しているのを聞くと、そう言うアナタは何様?とツッコミを入れたくなります。

     あと、何人かの方も書かれていましたが、アーティストと楽曲。
     大げさすぎます。確かに、表現者としては芸術家に分類されるのかもしれませんが、商業的な成功と、芸術性は別物でしょ、と思います。
     楽曲って聴くと、小学校の音楽室の壁に貼ってあったハイドンの広ーい顔を思い浮かべてしまいます。

    ユーザーID:

  • びっしり

    生理的にぞわっとくるのは
    「びっしり」「ぎっちり」
    という言葉ですね。
    葉っぱの裏に何かの虫の卵が
    隙間なく産み付けられている図が出てきます。

    この言葉嫌いだなと思う程度の「ゾゾッ!」は
    配偶者のことを苗字で呼び捨てにすること。
    あと、自分の実家を苗字で呼ぶこと。
    などでしょうか。

    あと各賞を「総ナメ」が嫌いです。
    美人女優がナメクジ女となって
    いろんなトロフィーにまとわり着いている図が想像されます。

    お笑い芸人が使うような用語を使う一般人も嫌いかな。
    「無茶振りすんなよ〜」
    「だだすべりだ」
    「ここでパンして」とか。

    好みのタイプの人を
    「こういう人、私、大好物」と言うのもダメかなあ。

    でも、難しい言葉を使ったり
    好みのジャンルの業界用語を使ったりすることは
    通じる相手を選出する意味もあると思います。

    ですから、「分からない言葉を使うな」って
    怒ってしまうような人とは
    もとから合わないし、話もしたくないという意思表示なのでしょうね。

    ユーザーID:

  • 小町で

    「あなたはわかっていらっしゃる」この「〜らっしゃる」の終わり方にゾっとします。
    「〜さんは優しい人ですね」
    「あなたなんか〜だよと言いたくなります」
    理由はないけど嫌です。

    ユーザーID:

  • 名古屋弁

     名古屋の人に怒られそうですが。。
     私は主人の転勤で名古屋に来て、初めて勤務先で知合った名古屋人たちの人柄がたまたま悪かった、もっと素敵な名古屋の人は沢山いる、って事は頭ではわかっているのですが、意地の悪い、きつい名古屋の人たちに囲まれて勤務しているうちに、名古屋弁のさまざまな言い回しが生理的に嫌になってしまいました。
     名古屋の皆さん、きっといい人も沢山いると思うんですけど、、本当に申し訳ないです。 

    ユーザーID:

  • ピックアップ

    そろそろ収束ですかね・・・

    保育園に子供を預けている職場の同僚がよく使うのですが、「保育園に子供をピックアップしにいく」という言い方、拾いに行くみたいでいやです。なぜ「迎えに行く」って言わないのでしょうか。

    駅などに車で迎えに来てもらってそこからどこかに出かけるときの「拾う」は問題ないのですが。

    ユーザーID:

  • ふむ

    読んでいて思ったのは・・。
    「”上手い”キャッチコピー」は大体嫌いに思う方がいるみたいですね。
    私的には・・少し前の発言の中にもある言葉だけど・・。

    「生理的に嫌い」というやつです。
    単純に言われた時の事をもう少し考えて欲しいです。
    軽軽しくこの言葉を使う根底には、相手を貶めて自分を高く見せたいという心の動きが在るように思えます。
    ちなみに、私は埼玉人なので名古屋うんぬんとは関係無いので悪しからず。

    ユーザーID:

  • 〜になります

    若い店員さんに多いのですが、先日も焼肉屋さんで。
    食事を運ぶ前の段階から、『こちらがおしぼりになります、こちらが取り皿になります、こちらがタレになります〜〜』と延々続くのです。誰が教えたんだろう、と不思議です。

    言い回しではありませんが、比較的中年の女性店員さんが、レジでお釣りを渡す時に、お客さんである私の手をサンドイッチのようにはさんで触られた事が何回かありました。生暖かい手にゾッとしました。

    24時間、ライブでやっている通販番組は『キャスト』と呼ばれる女性達の言い回しが実にすごい!ゾッとしたい時は是非どうぞ・・・。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧