• ホーム
  • 学ぶ
  • 9月中旬の結婚式 着物について教えてください

9月中旬の結婚式 着物について教えてください

レス10
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

ハイジ

タイトルのとおりなのですが、9月の中旬に友人の結婚式があります。

着物で出席したいと考えているのですが、時期的にどんな物にすればよいか悩んでいます。着物に詳しい方、どうぞ教えてください。

帯や着物、草履などなどは、それぞれどういうものにすればいいでしょうか? ある人が言うには、夏の着物に冬の帯だそうです。それだけではあまり分からなかったので、着物は単衣で、帯は袋帯で〜〜など、細かく知りたいのです。

私は既婚・30歳で子供はおりません。結婚する友人は短大の同窓生です。
また、式場までは新幹線を使って2時間半ほどかかります。

詳しい方、どうぞ宜しくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 8月後半ですが・・

    こんにちは。

    2,3年前になりますが、8月後半にホテルで行われたお式に出ました。
    8月後半と行っても30日ぐらいだったと思います。
    来た着物は単衣の訪問着で、袷に締めている袋帯(普段用ではなく少し豪華なもの)を合わせました。

    小物も夏用ではなく着物と帯に合ったもので少し秋を感じさせる色目のものにして、自己満足にひたっていた記憶があります。

    ちなみに6月の披露宴には同じ単衣の訪問着に夏帯を締めました。雰囲気がゴロっと変わるのは着物の良いところだと思います。

    8月後半のお式は私も電車で2時間ぐらいのところだったので、ホテルで着付けをお願いしました。参考になりましたでしょうか?

    ユーザーID:

  • 席が華やぎますからがんばってお召しください

    九月であれば「単」の着物ですね。
    結婚式となると、訪問着から色無地(一つ紋)です。
    帯は袋帯、小物は袷用でいいと思います。
    袋帯の単用は滅多にないので、袷用でかまいません。

    単の訪問着や付け下げを誂えられる場合、「春単」の柄に注意してください。初夏の花や風物詩を描いた図柄の単は「六月」に着るもので「九月」に着用することは出来ません。

    東京より西の場合、例年の気候だと九月に移動するのはかなり大変です。ホテルで着付けしてもらうか、指定席+タクシーの移動をお勧めします。
    あと、末広に加えて実際利用する扇をお忘れなく。

    ユーザーID:

  • 正式には一重、でも結婚式は袷でもOK

    9月でしたら、一般には「着物は一重、帯や小物は冬物」です。帯の種類は、袋帯です。(時期に関わらず、慶事の場合は常に袋帯です。)

    ただ、結婚式では、袷の着物でもいいとされています。礼装を何着も持っている人は少ないので、お手持ちのものが袷ならば、それで十分です。(きっとご親族の方も、袷の留袖や振袖を着られると思います。)式場はエアコンが効いていると思いますので大丈夫です。
    もちろん、一重の訪問着をお持ちならそれを着るといいです。

    袷の着物なら、移動の時には暑いかもしれないので、式場についてから着替えるのがいいですね。

    ユーザーID:

  • 単衣って普通持ってるのかなぁ?

    9月ですと単衣、既婚でしたら訪問着か付け下げ、または色無地でしょうか。
    帯などの小物は季節を先取りした方がよいと思います。

    ただ、単衣の着物を持っているということは、相当、着物を着る機会のある方なのではないでしょうか?
    ネットで聞いても、ご自身以上の知識は出てこないんじゃないかなーと思ってみたり。
    ご家族のお着物を借りるのでしたら、持ち主の方に色々聞くとか。

    あと、レンタルは難しいかもしれません。地域差もあるかもしれませんが、以前、私が探した時は袷しか用意してないお店ばかりでした。

    ユーザーID:

  • 私も着物好きです。

    着物と帯は他の方と同じ意見です。
    それ以外のポイントとして・・・

    帯揚げ、半襟は色が薄いほうが着物の格が上がります。結婚式では原色等きつい色は避けたほうがいいと思います。(それらは基本的に普段着用なので)
    草履やバックは金・銀あしらったものがあれば、それを使うとより正装になります。また、帯締めの片面が金色の場合は、金色が左にくるようにします。末広は金色の部分が見えるように体の左側に挿します。(招待されている場合は、末広がなくても大丈夫です)

    その他は、足袋を汚すのはとても恥ずかしいことなので、足袋の替えを持っていかれることをお勧めします。また着物を汚さない為に、大判のハンカチや袖を止める為のクリップ(和服屋さんにあると思います)などがあると、食事の時に便利ですよ。

    ユーザーID:

  • 袷でどうぞ

    数年前、夏の結婚式に出た時の事。
    レストルームで一緒になったご夫人が一重の留袖をお召しになってらっしゃいました。 帯も夏物。

    今のご時勢に一重の留袖なんて、何てゴージャスな方だろう。
    と思っていたら、後ろから「お仲人様〜」と介添えの方が呼びに着たので、ああ〜成る程と納得しました。
    意味? 
    プロの仲人さんなので式場とも顔で、夏物も持っている。

    余程の着物好きかお金持ち、或いはプロのお仲人さんでなかったら、色無地以外の「単の礼服」は持っていなくて普通です。
    9月の中旬でしたら、袷で十分です。
    小物を新調しても、安上がりですから。

    それから、夏物の道行(チリよけor雨コート)をお持ちでないのでしたら、崩れ・汚れ・雨防止に、ホテルで気付けをお勧めします。

    ユーザーID:

  • 9月中旬でしたら単です

    9月の正式な着物は「単(ひとえ)」といって、裏をつけずに縫った着物のことです。6月と9月に着用するものです。

    一般的に「夏物」というのは、生地自体が薄地で夏用の物(絽、紗など)で、これは7・8月に着用するもので、9月(特に中旬では)は着用しません。

    9月中旬とのことでしたら、
    ○単の訪問着
    ○単用の長襦袢
    ○通常の袋帯
    ○半襟、帯揚げは冬用
    ○小物(バッグ、ぞうり、帯締め)は慶事用の物
    が、よろしいかと思います。

    トピ主さんの文面から察するに、単の着物はお持ちでは無いと思うのですが、お求めになるつもりなのでしょうか?

    他の方もお書きになっていますが、披露宴会場で、袷の着物に着替えて、終わったら又脱いで帰るのをお勧めします。
    9月中旬に、袷の着物を着て会場に登場する方もいますが、暑さを考えると、無理されているなぁと思います。ましてや式場まで2時間半かかるとなったら袷を着ての移動はあきらめた方がよろしいかと思います。

    いずれにしても、トピ主さんのお持ちの着物の種類や、それとも買う予定なのか、レンタル予定なのか、を教えて頂くとアドバイスが又変わりますよ。

    ユーザーID:

  • 正式には単衣ですが

    9月は正式には単衣になります。
    でも秋ですから小物類はすべて冬物がいいです。

    長襦袢は暑いと思われれば絽を着てもいいですが、見える半衿は冬物にしましょう。
    同じ単衣でも6月なら小物が夏物でも構いません。

    どなたかも書いておられましたが、袷でもぜんぜん問題ないですよ。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます>トピ主です

    みなさんのレスを読ませて頂いて、不安だったのが凄く知識がついた気になりました。

    手持ちは袷ばかりだと思うので、結婚式までに余裕が出来れば単の着物を購入してみようかなと思案中です。久しぶりの着物なので緊張と楽しみな気持ちです。

    ユーザーID:

  • 去年の「美しいキモノ」に帯は夏物ってありましたよ

    絽、絽つづれ、透けすぎない紗の夏帯は6月から9月一杯使用可能なんですって。
    だからもし盛夏の礼装を持ってたら襦袢と小物と帯はそれを使って着物だけ新調でいいみたいです。
    ぞうりとバッグは袷用のフォーマルでいいそうです。

    9月最後の一週間ならともかく、袷の出席はリスクがあると思います。親族が袷の礼装を許されているのは「着なければならない」からで、友人が袷だと「何が何でも着物を着たいのかよ」「季節やその場にふさわしいのを持っていないなら洋服着ろよ」などという心無い陰口を叩く人がいるからです。
    怖い話ですが、○ちゃんねるの着物関係のところではしばしば見られる発言です。

    着物が好きだったり茶会に行く機会があるなら単を新調したほうがいいです。6月9月の結婚式って結構あるし、20年くらいは着ることができるから元とれるし。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧