ヤマハグレード(ピアノ)について

レス9
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

ソナチネ

現在、チェルニー30番(20番をやっています)とソナチネアルバム1(もうすこしで終わります)をやっています。ヤマハグレードは受けたことがないのですが、最近はグレード取得が、頑張る目標だったり、自分の実力の目安になるのではないかと思い、挑戦してみようかなと考えています。ただ「あんまり意味がないよ」という意見も聞きました。

ヤマハグレード取得を頑張っている方や取得してよかったと思う事はありますか?また反対に頑張ったけど止めたとかヤマハグレードは必要ないと思っている方はいらっしゃいますか?


皆さんのご意見を聞かせて下さい!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • メリット・デメリット

    メリットは…
    トピ主さんが書いていらっしゃる通り、がんばる目標ができます。
    それから、普段レッスンしてくださる先生とは別の先生が試験官ですので、第三者の意見が聞けます。良い点・苦手な点がわかり、今後の学習の参考になると思います。
    結果が出ればやる気にもつながります。合格すると次もがんばろうと思う方が多いですよ。
    私は講師をしていましたので、グレードは必須でしたし、仕事にも役立ちました。
    もし講師として就職を考えていたとしたら、ヤマハの演奏グレード○級を持っていますと言えば、演奏力の目安として相手にわかってもらいやすいケースもあるでしょう。
    デメリットは、ヤマハでしか通用しない資格ってことかな…。

    ユーザーID:

  • どうなんだろう・・・。

    こんにちわ☆
    あたしは子供の頃ヤマハに通ってたので自然とグレード受けてて
    中1の時に6級取ったと思います。
    その後受験勉強とかでピアノ自体を辞めちゃったんですよね。

    確か5級からがヤマハの講師になれる資格があるんじゃないかな??

    なので、ヤマハの講師になりたい!っていう人は持っていたら有利かもしれないけど
    特にそういうのがないんだとあんまり意味がないかもしれないです。

    ユーザーID:

  • 受けたことあります

    もう大昔、20年近く前、高校生の時に受けました。
    私は最初から個人のお宅でレッスンを受けていて、音大に進むつもりが無かったので、将来もし個人で教室を開く時「ヤマハグレード○級持っています」みたいなのがあったほうがいいかな、位の気持ちで受けました。
    でも、テストされる内容は、恐らくヤマハの音楽教室でやっていると思われること(数小節のフレーズをアレンジして弾く)の延長のようなものなので、対策本(?)である程度練習しておかないと、受かるのはかなり困難だと思います。

    反対に、「これが受かったからと言って、何になる?」というのが感想でした。ヤマハで教えたいなら必須ですが、それ以外で必要な場面は、まずないでしょう。

    結局、1回受けて、2種類あった試験の片方だけ合格し(等級は忘れました。)、その後はうけるのを辞めました。

    ユーザーID:

  • 演奏技術以外の要素も

    受験をお考えならご存知かもしれませんが、単なる演奏技術のほかに 聴音や初見演奏など いろいろなことがテストされます。ヤマハ育ちの私には大きな苦労は無く、先生のご指導のもと 小学生の間に生徒の級(9〜6級)はとり終え、HNどおり中二で指導者レベルの5級も合格しましたが。。。

    とって良かったのは、自分に自信がつき、達成感のあったこと。努力した分、身についたこと。でも、それだけです。

    私は音大には行かず、音楽は趣味で終わってます。グレードを目標に頑張るのは良いと思いますし、様々な事が身につきますが こんな例もありますので。。。

    (実際、5級をとった時点で、まわりは「音大へ!」と盛り上がりましたが、無駄に終わりました)

    ユーザーID:

  • 励みになるのであれば

    グレードを目指してみるのも、よいかもしれません。
    ソナチネレベルだったら6級(学習者グレードの一番上の級)くらいですね。今はAコース、Bコースに分かれていて、演奏が重視されるAコースは科目も少ないので、受験しやすいですよ。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 受けてみたらどうですか

    率直に言えば、あまり意味がありませんでした(私の場合は)。
    でも、グレードに向けて練習することはいい目標になります。

    それにその練習の過程で、とても好きな曲にも出会えましたし、ただ「ピアノを弾く」だけでは持ち得なかった、いろいろな知識や経験もすることができました。
    グレードの試験に行った日のことは今でも覚えているほどいい思い出です。

    それに、過去にピアノを習っていた友達とグレードの話で盛り上がって懐かしんだりと、思わぬところで話のネタになりました。

    ピアノを習っていない人から見たら、その話が分かるだけで「ピアノがうまい人」と認識されたようで、羨望の眼差しで見られましたよ。
    今では全く手が動かないのに(汗)

    まとめると、実質的な意味(何かに役立つとか)はありませんでしたが、精神的(?)な意味は大いにあるように思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    皆さん、レスありがとうございました!みなさんのレスを読んで、やっぱり実力を確かめたり、自分の自信になるんですね!でもやっぱり「ヤマハ」で通用する資格なのかな?と感じました。私にとって音大受験はあり得ず、講師になる可能性もないと思いますので、今はチェルニー30番→40番・・・と地道に進めて行こうかと思います。ご意見を下さった皆さん、ありがとうございました!

    ユーザーID:

  • 長期的なメリットはないかも

    昔ヤマハでピアノを習っていました。
    9級から受け始めて、確か最後は6級を小5の時に(小6だったかも)取ったと思います。

    私が感じたのはメリット・デメリットは以下のようなものです。
    メリット:ヤマハでピアノを習っているならその時々の練習の目安としてちょうどよい。
    デメリット:上のメリット以外のメリットがない。大人になってから一般的な履歴書に書く程意味のある資格でもない。

    ヤマハで講師になるには必要みたいですが(5級から講師検定みたいなのがありました)、それは今から意識してもしかたないし、もしお子さんがそういう希望を持つ時が来たらその時受ければいいように思います。

    ちなみにその後ですが、小6の途中で受験のためにレッスンをやめてしまい、元々好きでもなかったのでそれっきりで15年経過しました。たぶん今ピアノを弾けと言われたら黄色のバイエルがやっとだと思います。

    ユーザーID:

  • 音楽の成績を良くしたいなら

     グレードは音楽全般の勉強ができるので、受けて損はないと思いますよ。学校に行っている時、音楽のテストでクラスで一番の人はヤマハに行っている人が多かったし、音楽の成績を良くしたいならお勧めします。でも、他の科目の勉強が大事、これから、音楽を専門をする気がないと思うなら特に必要はないかも。私は、学校へ行っている頃ヤマハに行った事はなかったのですが、ピアノ歴約20年になってからヤマハへ行き5級から挑戦し取得しました。ピアノに費やす時間が惜しければ、20歳過ぎてからでも十分取れます。でも、システム講師になるには年齢制限がありました。年々、難しくなっているようだし。とりあえず、一度受けてみて考えてみるのも方法ですね。ヤマハには通われているのですか?
    グレード取って良かった事−1 自分は5級までがんばった、という実績は作れた。2 将来、ヤマハでピアノを教えたいと思った時に講師採用試験で、試験科目が免除される3 ピアノ歴2年の母親にアドバイスできる(子供が産まれたら教えてあげられる)4 クラシック一筋では縁遠いコードが分かるようになり、色々な曲に伴奏がつけれるようになった。私は満足しています。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧