ステロイド軟膏の副作用

レス32
(トピ主0
お気に入り2

心や体の悩み

大人のアトピー

高校生の時と浪人中の計4年間、ずっとステロイド軟膏を使っていました。薬の強度は弱いもの(キンダベート)や中程度のものでしたが、次第に量が増えていき、特にストレスの多い浪人中は毎日一日に軽く一本位は使い切っていました。薬を一旦使い始めそれが切れると猛烈な痒みに襲われます。またその4年間で、急激に太ってしまいました。(恐らく10〜15キロ位)確かにストレスで過食気味だったのですが、軟膏の副作用で食欲が異常に増すとか太るとかいうことはありますか。飲む方はかなり副作用があると聞いたのですが、軟膏でも私のように大量に使っていたらあるのでしょうか。私はその後リバウンドを経て大学時代やっと薬なしの生活に戻ったのですが、最近また顔や頭皮が痒いです。高校の時とは病院を変えましたが、そこでも薬を塗って下さい、飲んで下さいと言われます。だけど、私はまた依存状態に陥るのが恐く、医師への不信感も多少あります。私は一生薬を塗り(飲み)続けなければならないのでしょうか。できれば、専門家(医師)の方がいましたら、是非ご意見お聞かせください。(もちろんその他の方も)

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 軟膏タイプのステロイド剤による副作用。

     アトピー性皮膚炎は自己免疫疾患といい、自分を守る為に働く
    免疫機構が自分自身を攻撃してしまう事で起きてしまう病気です。
    その為、完全な治癒は難しく、まずは病状をコントロールつつ、
    うまく病気と付き合っていく事を考えなければなりません。

     病院で、炎症を引き起こす原因物質の特定はされましたか?
    食べ物で避けるべき物など把握されてますか??まずは検査。
     第二段階では、病状の悪化を防ぐ事が必要になってきます。

    アレルギーは、ストレスや環境により増悪するので悪化を防ぐ。
    酷い痒みを伴いますが、皮膚を掻いてしまうと表皮が荒れて
    余計アレルギー物質に晒されるので、辛いですが我慢です。

     軟膏タイプのステロイドで副作用の心配はそうありません。
    過食などは、ストレスによるものではないかと思います。

    今の生活を見直してみたらいかがでしょうか、何か悩み事
    など抱えておられませんか?大丈夫です、ゆっくり構えて。

    まずは落ち着いて。病気ともうまく対峙していけますよ。

    ユーザーID:

  • 参考にならないかも・・・。

    はじめまして。
    私の兄もアトピーで苦しんでいたので、そのときのことを私の知っている限りで書き込ませてもらいます。
    兄は小さな頃にステロイド軟膏を塗っていました。で、高校に入ってしばらくしていきなりアトピーがひどくなり 腕や顔、背中、首が化膿してしまったような状態になってしまいました。原因は薬の副作用が、生活環境が悪かったり(ほこりっぽかったり)、ストレスが溜まったりしたことから現れてしまったようです。
    それからは自然療法の病院に掛かることになり、肌には乾燥を防ぐために馬油(バーユ)を塗ってました。
    また、食事は脂っこい物を取らないようにし、野菜をすりおろした物(青汁みたいなカンジ)を毎日食べてました。ほこりがよくないので枕を木でできた硬い枕に変えたりもしてました。
    そんな生活を3年くらい続けていたと思います。ゆっくりでしたが徐々に肌の状態もよくなり、今は普通に生活していますが前のようにひどくなったりしていません。続きます。

    ユーザーID:

  • 続きです。

    続きです。
    兄本人に聞かないと今の状況(治療や薬など)はわからないですが、自然療法を頑張ってやってよかったのではないかな。。。と妹としても思います。
    もし、トピ主さんも兄のように副作用でひどくなってしまったら・・・・と思うと他人ですが心苦しいので
    書き込ませてもらいました。全然参考になりませんでしたね。
    あと、専門的な知識とかもないので、薬に関して(副作用とか)本当に正しい情報かもわかりません。。
    勝手なこと書いてすみません。失礼しました。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    お返事ありがとうございました。
    大いに参考にさせていただきたいと思います。

    検査は去年の12月にしたのですが、カビ、ダニ、ほこり、植物、ネコなどでアレルギー反応があったようです。それ以前に別の病院で検査をした時は、食べ物については特にアレルギーはないとのことでした。それで私は今まで普通に食事をしてしまっていたのですが、小町や他のサイトでも油脂があまりよくないと書かれているので最近は気をつけて控えるようにしています。またちょっとでも食べ過ぎたり、よく噛まずに胃が荒れたり、暑いものを食べて身体が温まるとやはり痒くなってしまう気がします。

    この頃は意識してストレスを溜めないようにしているためか、薬を使わずとも比較的いい調子です。ありがとうございました。引き続き、情報がありましたらよろしくお願い致します。

    ユーザーID:

  • ステロイド剤使わないで!

    あんなひどいものないと思います。
    薬は本当に嫌いです。

    副作用ってあほらしくないですか?
    あっちを治したらこっちがおかしくなって
    こっちをおさえるためにこちらもあちらも・・キリないです。
    病気を治すために使ってるものが更に病気になります。

    もっと根本から改善させた方がいいと思います。
    アトピーやアレルギーだからこそ
    もっとデリケートに自分の身体をいたわって欲しいです。

    ステロイド剤なんて全く使うに値する場面すらないです。
    微量でもです。今は非ステロイド剤でいいものも出てるじゃないですか。(わたしはそれも好きじゃないですが)

    なんで使いつづけるのでしょう?医療側も患者も。

    ユーザーID:

  • うちの子も猫と埃アレルギー

    だけど一度もステロイド剤使ったことないです。
    いや正直にいうと、幼児性湿疹があまりにもひどかったときに
    皮膚科に行ったときに医者がいきなり
    「奥さん。これ塗ってみてください。」と言われて
    すこーし塗りはじめたんですけど、怪訝に思って
    「これ一体なんですか?」と聞いたら
    「微量のステロイド剤です。みなさん嫌がりますが、ちゃんとした知識を持った医者が処方すればなんの問題もないです」
    と言われ、怒りがこみ上げてきました。
    塗る前になんで説明しないんだ??
    さらにわたしが使っていた無添加のアロマクリームも
    「成分は、なにも効果的なもの書いてません」って
    ラベンダーやティートゥリーが入ってるし
    それを「なにも」って知ったかするな!

    ・・ごめんなさい話それましたけど
    カーペットもクッションもぬいぐるみ大半も捨てて
    アレルギー対応の掃除機も購入してまめに掃除。
    ネコで反応したときは赤いお猿さんみたいになりますが
    すぐにシャワーに入れて無添加・天然の痒み止めクリームを塗ると治ります。
    薬はこわいです。頼らない生活をしてみてくださいっ

    ユーザーID:

  • やぶへび様

    ご自身の体験がトピ主さんへのどのようなアドバイスになっているのか理解に苦しみます。
    ステロイドを使うなというならば別の解決法を提示してはいかが?
    ステロイド軟膏の副作用の話さえあなたの文中にはありません。
    実際書かれていることを読んでもわけがわかりません。
    幼児性湿疹がひどくなるまで放置してたのですか? それとも「無添加のアロマクリーム」を使っても治らず、ひどくなっていったのですか?
    それで仕方なく医者に行ったらステロイドを処方されそうになってキレたわけですよね。
    あなたのお子さんが気の毒です。

    ユーザーID:

  • 副作用

    皆さん ステロイドの副作用をとても危惧せれちますが、本当に使用を気をつけなければならないのは、軟膏タイプより飲み薬タイプですよ。
    軟膏でも、皮膚が薄くなったり厚くなったり、色が黒っぽくなったりしますが・・・・
    アトピーに使われるステロイド軟膏タイプも、使い方を誤らなければ、とても力強い味方です。

    ユーザーID:

  • もろ刃の剣 1

     ステロイドはもろ刃の剣なんですよね。
    うちの子はふたりともアトピー。
     多分、そこまでひどくないと思います。
    のどや脇腹、関節のうしろ程度です。

     わたしは多分子どものとき、アトピーだったのでしょう。「湿疹」とよく健康診断に書かれ、チョコやナッツなど禁止でした。
     アトピーという言葉自体、「わからぬもの」ということなので、全部ひっくるめて皮膚疾患をそう呼ぶのかもしれません。

     ストロイド、出てますよ。病院から。風呂あがりに息子は塗ってます。

    わたしはいわゆる主婦湿疹。
     ストロイドで対抗してます。
     症状でストロイドの強さをかえます。
    最近は、ちょっとぶつぶつができそうだな、っというところに、速攻で「ドレニゾンテープ」を小さく切って貼ります。これはストロイド系のテープですが、翌日にはおさまってます。

     ストロイドというのは、その疾患を皮膚ごとなくしてしまう、というようなイメージで、疾患も治るけど、その皮膚も傷めるんです。なので、疾患はなおっても、その痕にかさぶたができたりします。

     

    ユーザーID:

  • 無知からくる副作用批判はやめてください!!

     安易な「副作用批判」はやめてください!!
     ロクに調べもしないで「ステロイドは危険」と信じ込んでいる人が、無駄な民間療法に引っ掛かって、更に症状を悪化させてしまうんですよ。怪しげな宗教と一緒です。
     
     やぶへびさん、ステロイドそのものの副作用が問題ではなく、「リバウンド被害のほうがステロイド被害(副作用)より、はるかに多いし症状も深刻」であることを知っていますか?

     「ステロイド悪説」を安易に信じて、ステロイド外用剤を一気に中止して、リバウンドで苦しむアトピー患者が余りにも多いのです。徐々にステロイドを減らして離脱していくならば、リバウンドは起こらないんですよ。
     
     不確かな知識をひけらかして、本当にアトピーで苦しんでいる人に、嘘を教えないでください!!
     お願いします。 

    ユーザーID:

  • トピ主さんへ

    >軟膏の副作用で食欲が異常に増すとか太るとかいうことはありますか。

     軟膏が原因ではありません。
     ストレスが原因の体重増加と。それに伴う免疫機能の低下でアトピーが悪化したのでしょう。

     わたしも、最近までトピ主さんと同じでした。
     ストレスが原因で、この1年で10?程体重が激増し、それに伴いアトピーが悪化、身体中を痒みが襲い、我慢できなくて掻き毟っていました。
     日常生活に支障が出始めたので、思い切って入院治療しました。

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/0514/040337.htm
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/0514/040337.htm

     残念ながら、アトピー体質は完治しません。
     しかし、正しい知識があれば日常生活に支障はなくなります。
     トピ主さんも、高雄病院のアトピーに関する説明を読んで、自分に合った治療をしてくれる病院を捜してください。

    ユーザーID:

  • 気持ちをひろく

    確かに、お薬は何でも怖いですよね
    でもでも、世の中にはステロイドの薬を
    塗ったり飲んだりする事で、生きる事ができたり、
    元気で日々を送れるが沢山います。

    副作用があっても元気で生きていけるならいのではないかと私は思います。
    そういうものの見方もある事を知っていただければ幸いです。

    ユーザーID:

  • あれ?

    別の解決法を啓示したつもりだったんですけど・・
    解りづらかったかな。

    アレルギー対策用の掃除機を買ってこまめに掃除をしたり
    アレルギーの元となるものを生活からなるべく排除するようにしたら
    薬を表面的に皮膚に塗らなくても
    根本が解決されたせいか
    子供の皮膚は治りました。
    それと、食事も無農薬のものだったり
    煮たり蒸したり身体を冷やさないもの中心のものに変えました。
    いろいろなことの相乗効果だと思います。

    アロマクリームは医師に連れて行ったときのものは
    ティートリーでたしかに殺菌効果はあったのかもしれないけど
    子供が痒がって可哀想なときには痒みには聞かなかったので
    同じコーラルムーンから出ている
    アンチイッチクリームを
    患部をきれいに洗浄してから付けてあげると落ち着いてました。

    ユーザーID:

  • そして

    ステロイドの副作用って有名すぎてわたしが説明するまでもないことと思ってました。
    他のカキコにもありますけど
    塗って一時キレイになっても、またひどくなります。
    ところが塗らないと今度はキレイにならなくなり
    その内、効く量も増えて、あげくに止めたくても急に止めると
    はじめの皮膚炎なんかとは比べものにならないくらいひどくなります。
    まるで核爆弾で被爆した肌のように焼けただれた感じになっていました(友達の被害があった子たち)

    わたしはとにかく医療が嫌いなので
    ネットで調べたり本を読みあさったりしました。
    医療以外の方法って探せばいっぱいいっぱい簡単に見つかります。
    けど医療を崇拝してる方には
    わたしのレスは鼻から興味ないだろうと思ったので
    少し内容がはしょりすぎていたのかも。

    何分、文字数制限もある中、書き込みの多さで荒らしのようになるのもやですし
    もっと詳細が知りたい方には、こういうことは説明するの好きなので
    別でトピ主として新しくトピをあげて、書いた方がいいのかなと思います。どうでしょうか?>>とくに藪から棒さん

    ユーザーID:

  • 横ですが

    やぶへび様

    ステロイドに関わらず、薬は皆何かしらの副作用があります。
    安全といわれる漢方でも副作用はあります。

    効果(長所)を選ぶか、短所(副作用)を避けるかは、そのときの症状により医師が判断する事です。

    アレルギー反応はいろいろな症状があります。
    お子様が猫に反応したとき、発疹だけだから良かったものの、もしぜんそく発作なら
    どうなさってましたか?

    一個人の見解で断定するのはいかがなものかと思います。

    ユーザーID:

  • やぶへび様(横ですが)

    ステロイドを目の敵にしてらっしゃいますけど、ステロイド軟膏はたいして副作用ありません。

    それよりも危険なのは医師の指導を守らずに勝手な使い方をする方です。

    第一どんな薬にも副作用はあります。普通に薬局で売ってる様な風邪薬や胃腸薬にも「ショック」や「死亡する場合もあり」ですからね。

    一度ゆっくり薬の箱の添付文書を読んで下さいね。

    でも、「アロマ」っていうのもかなり恐いです。
    医薬品でないので副作用の報告が上がってきません。
    「安全だから」じゃなくて「報告する義務が無いから」恐い副作用も知らされないんです。

    ユーザーID:

  • ほどよく使う

    私もアトピーでステロイド軟膏を使っています。
    一時は根拠もなく副作用が怖くなって、使用するのを無理やり止めようとしたりもしましたが、今は痒い部分だけ、うすく伸ばして、ほどよい量(べったり使うのではなくあくまで加減した量)を使うようにしています。
    適正な量を使えば、皮膚の炎症を抑えてくれる薬であることには間違いは無いのだろうな、と思います。

    思えば、ヒステリックに副作用を怖がっていた時は、他にも色々ストレスがあって気持ちがいっぱいいっぱいになっていました。
    トピ主さんのように、ご飯をたくさん食べてしまったり。
    アトピーが悪化したり過食になったりする原因って、ステロイドではなく、結局、他のストレスだったんですよね。

    トピ主さんも、まず気を落ち着けて、ここで意見を聞くよりも、お医者さんの意見を穏やかに聞いてみてください。
    複数のお医者様に意見を聞いてみるのもいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • もろ刃の剣 2

     もろ刃の剣1のみんみんです。
    つづきです。

     で、ストロイドを塗り続けた娘は今、18才。
    アトピーは治ってます。ときどき、首の後ろなどでたときは塗っており、その効果は娘も知っています。

     息子は14才。まだ、塗り続けの最中です。
    大人になっていくにしたがって少しずつはよくなっていってるようです。

     わたしは、季節や、体調で主婦湿疹がでます。
    前は手の平が全部水泡だらけで、自分の手なのに鳥肌がたちました。
     それがつぶれて、じゅくじゅくになり白手袋してもそれがすぐべちゃべちゃに。
     かゆくて、気持ち悪くて、それでも主婦だから家事もするしキャンプの引率もしたし、って。

     治ってから少しでもそのぷつぷつが出ると、ストロイドをすぐ塗ってひどくならないようにします。

     なので、このストロイドとうまくつきあってタイミングなどを体感していけばいいのでは、と。
     民間療法はいかがなもんでしょうね。
     ただ、ストロイドは根本を治すのではないんでしょう。そこが問題なんですよね。つまり頭痛薬と同じ意味合いでしょう。
     わたしの体験まで。

    ユーザーID:

  • 薬ってそもそも・・

    副作用のない薬に作用があるとは思えません。
    働いていないのですから。

    薬は使い方によっては「薬」にもなれば、「毒」にも
    なる。だからこそ、使い方を間違えないよう
    内科医がいるのではないでしょうか?

    医師は莫大なデータに基づいて薬を処方しているのです。
    素人判断で止めたりするのは、結局、自分の首を
    絞めているようなものではないでしょうか?

    ステロイド軟膏の長期使用は、トピ主さん同様友人
    も量が段々と増えて、苦しんでいました。
    10年ほど前の話です。

    現在は、一旦酷くなった症状を落ち着かせるために
    短期使用するのが主流なのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • ありがとうございました。

    トピ主です。

    ステロイド軟膏の副作用はそれ程心配しなくてよい、とのことで安心致しました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 用法容量を守って正しくお使いください。

    >薬を一旦使い始めそれが切れると猛烈な痒みに襲われます。
    これは炎症を薬で抑えていた効果が切れるので当然です。麻酔が切れると覚醒するのと一緒。
    >またその4年間で、急激に太ってしまいました。
    これは過食が原因でステロイドは関係ないと思います。
    >軟膏でも私のように大量に使っていたらあるのでしょうか。
    どんなものでも過剰摂取すれば副作用はでるはずです、塩や水でもこれ以上取ったら悪い、という量はあります。

    医師への不信感があるとの事ですがたぶん思い込みか悪い医師に当ってしまったのでしょう。
    現状ではステロイドで症状をコントロールする以外改善する方法はないと思います、薬を恐れず医師の指示に従いましょう。

    僕も軽度のアトピーですがやっぱり生活が乱れたりストレスが溜まると症状が悪化します。
    健康な生活を心がけましょう。

    ユーザーID:

  • やぶへびさん

    >「微量のステロイド剤です。みなさん嫌がりますが、ちゃんとした知識を持った医者が処方すればなんの問題もないです」
    と言われ、怒りがこみ上げてきました。
    塗る前になんで説明しないんだ??

    お医者さんの説明、至極まっとうだと思います。その方は信念を持ってその処方を施されているのでしょう。

    それに「怒りがこみ上げる」ほどなら、なぜ薬をもらったときにすぐに確認しないのですか?あなた自身、自分が理解できないものを塗る(使用する)タイプの方には思えないのですけど。

    私は原因がいまだにわからない(血液検査でも物質的なものにはほぼ無反応)アトピー性皮膚炎(仮称)に長年悩まされ続けていますが、ステロイド剤と上手く付き合うコツも徐々にわかってきたし、これからも医師と相談しながら付き合っていくつもりです。

    そりゃ、有害物質のない(と思われる)場所で、無農薬野菜や穀類だけを食べて何十年も暮らせれば直るかもしれませんが、現実問題として不可能ですし、自然界にも人間の身体に有害なものはいくらでもありますしね。

    息子さんのためにも、ひとつの「知識」に凝り固まらず、頭も使ってやってくださいね。

    ユーザーID:

  • ステロイドとうまく付き合う?

    アトピーのステロイド離脱で
    苦しんだ者です。

    私も大人になってからアトピーがひどくなり
    皮膚科の医者に言われるままに
    ステロイドを塗り続けました。
    治ってきたら弱いステロイドになり
    そしてワセリンへ。

    この繰り返しを何年も続けましたが
    アトピーはひどくなるばかりで
    だんだんステロイドもきついものに
    なっていきました。

    だから私はステロイドとうまく付き合っていく
    というのは無理だと思っています。

    私の周りではだんだん弱いステロイドにして
    いずれはステロイド離脱できた人なんて
    いません。

    大抵は何ヶ月かしたらまたひどくなって
    ステロイドに戻っています。

    そこで私は漢方薬で体質改善をしました。
    今では「本当にアトピーだったの?」
    と聞かれるくらいお肌がきれいになりました。

    ステロイドのリバウンドはつらいですが
    乗り越えたら本当の健康が待っていると
    思います。

    でもステロイド離脱なんて無理って言う人は
    もう覚悟を決めて一生ステロイドと
    付き合っていくしかないと思います。

    もしトピ主さんも一度漢方薬を試されては
    いかがですか?

    ユーザーID:

  • ステロイド

    使っていました。
    血流がよくなると痒くなります 冷やすといいですよ

    確認のために書きますがアトピー=アレルギーではありません。アトピーは複合要因でアレルギー要素のみを取り除けば治るアレルギー性の皮膚炎とは若干異なります。

    私は小さな頃からアトピー体質で高校生の時にストレスと花粉症で悪化。
    当時の担当医の処方は強いステロイド軟膏でした。怖くなり薬をやめたとたんリバウンドで真っ赤に。その後、病院を変えて正しくステロイドを使い、抗ヒスタミン剤と保湿剤のみまで回復しています。酷い症状が出た場合には医者の指示に従ってステロイドを使うと思います。

    アトピー治療には諸説ありますが、私は今の病院の処方が一番あっています。一生 薬と付き合っていく病気はアトピーだけではないしアトピーなんて軽いほうだとも思っています。

    民間療法でも薬でも納得した上でそれぞれ個人が治療を選択すればよいのではないでしょうか?

    医師や薬への不安など話を聞いてくれるお医者さんが身近にいるとよいのですが・・・トピ主さんが横浜在住でしたら、お勧めお医者さん紹介できますよ!

    ユーザーID:

  • ステロイド軟膏利用歴 25年

    幼少の頃から、25年間くらい、ステロイド軟膏を使いつづけてきました。

    状態の酷い時は強めのものを集中的に塗って治療し、
    少しマシになれば、殆ど使わないか、弱いものを部分的に、塗ってきました。その繰り返しでした。
    しかし、利用方法を誤らなければ、そんなに副作用の酷いものでもないと思います。
    ちなみに35歳の今は、ステロイド剤からはほぼ脱出して、保湿剤のみです。特にこれといった後遺症などは見られません。

    ところで・・・

    >毎日一日に軽く一本位は使い切っていました

    一日1本というのは多いですよね。
    そんなに大量に薬を出す医者はいるのでしょうか?
    それもどれくらいの期間でしょうか?

    問題は、きちんとした利用方法を説明しない医者が多すぎることだと思います。ステロイドを大量に利用する時は、肌を清潔に保つケアも大切です。
    一概にステロイド剤ばかりを悪者扱いしてしまうのは、どうかと思います。

    ユーザーID:

  • 一意見

    私も微量ながら継続してステロイド軟膏を使っていました。今は漢方薬を服用中、ステロイド剤は使っていません。時々使いたくなるほど悪化する時もあるけど、使うことで自分の状態がわからなくなることが結果的にあまり自分にとってよくないと思うのです。

    一時的な症状の緩和は、アレルギーだということを忘れさせてしまうことが問題だと思います。本来はステロイド軟膏で症状を抑えつつ、根本的な原因を回避しなくてはいけないと思うけど、ステロイド治療はその場しのぎのことが多いです。ステロイド軟膏を塗っているだけではアレルギーは決して治らない。それなのに、大半の皮膚科は根本的な治療対策を施さないから、ここまで不信が高まっているのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 一意見続き

    今、私はアレルギー症状を一つの目安にしています。
    症状が酷くなれば、ああ、そういえば最近甘いものを摂り過ぎている、とか、掃除をさぼっていた、と。
    それで自分の生活を省みるのです。
    それをステロイドに頼ってしまうと、自分が今どんな生活をしているかがわからなくなる。

    それではやはりアレルギーとはうまく付き合っていけないのではないか、アレルギーを逆手に自分の生活を見直そう、自分のことをもっとよく知ろう、というのが私の辿り着いた結論です。

    ユーザーID:

  • 化粧品会社勤務です

    ↑の方のレスでステロイドは副作用ない・・・と言っている方がいますが、何を根拠におっしゃっているのでしょう。

    ステロイドは使用を続けると表皮が薄くなってしまいます。
    なので塗布していた部分が赤みを帯びてきてしまいます。

    しかも同じステロイド系の軟膏は使用を続ける事によって効果がだんだんと弱くなってしまうので、より作用の強いステロイドを処方される事になります。

    それにより後々症状を悪化させる事になってしまいます。
    仕事柄皮膚科医の先生ともお付き合いはありますが、先生の本音としてはステロイドの使用はおすすめできないそうです。

    ユーザーID:

  • ステロイド

    ステロイドは副作用よりリバウンド・・・。

    使えば3日もすれば一見すると綺麗になります。でも、本当はまだ治っていないのです。自分で見て治っていても、お医者さんが良いよって言うまで勝手に治ったと思ってやめてはいけないのです。勝手にやめてしまうから、また酷くなって更にきついステロイドを使う・・・。この繰り返しになります。

    最悪、私は酷い時、飲み薬も使います。副腎皮質ホルモンとは本来体内で生成される物質。あまり頼りすぎると、体内で生成されなくなります。それは、充分すぎるほどの副腎皮質ホルモンを体外から補給してしまうからです。医師の処方をきっちり守って使うことが、大事です。

    一度酷くしてしまったものは、ステロイドを使って早めに綺麗にしてから、根本改善するのも手だと思います。何に重点をおくか、それはその人の価値観で良いと思います。アトピーの悩みはその本人にしかわからないデリケートな問題ですから・・・。

    ユーザーID:

  • つづきです(横です)

    自然療法などを支持していると
    まるで宗教信者のように感じる人がいるようですが
    とてもかなしいです。少数派だからですか?
    わたしから見ると、ここまで沢山の問題や事故が浮上しているのに
    医療を崇拝している人の方が不思議に見えます。

    それとわたしの場合、医療であまりいい目に合っていないので
    余計すんなり他の方法を支持できたのかもしれないです。
    お腹には切腹したような大きな手術跡が2才のときからあり
    切る必要もなかった腹を切られ、取る必要のなかった内蔵を一部取られました。
    それでもその陰で医療のお陰で助かったことも今まであると思いますが
    リスクが多い印象がわたしの中には残ってしまってます。
    歯が悪くなればもちろん歯医者にも行きますし
    まったく100%医療を否定してるわけじゃないです。
    逆に困ったときの神頼み的なところはあると思っています。

    わたしのレスが不快に感じた方がこれだけいらっしゃるので
    これから気をつけます。
    トピ主さんにもすみませんでした。
    アトピーよくなるといいですね!

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧