亡夫の姻族との関わり方

レス12
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

ウィドウ

昨年に夫の三回忌を済ませた42歳の未亡人です。 大学生と高校生の年子の子どもと3人で暮らしております。

夫は一人息子でした。              
案の定、義母の思い入れは予想外なことも多く、遺体を病院から直接実家に搬送させました。葬儀委員長も立てず、通夜から殆どの段取りを義母が決めていました。夫の仕事の都合もあって同居はなかったのですが、仏壇は自宅には必要ないと言われ、義父が施主の墓を急いで建立しました。
納骨式は義母の都合で決定しましたので、私達親子は不在の状態で執り行われました。
自分がしてあげたい、息子が喜んでくれる、といった義母の想いが全て優先される形になってしまったのです。
義父は義母に合わせるだけで何も言いません。
当時の私は自分の主張もできす、表向きにはやんわりと、実際はかなり身勝手なやり方に成すがままだったことを今更ながら情けなく感じています。
(続きます)

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 亡夫の姻族との関わり方 に対する

    こんにちは、私の環境とよく似ている方でびっくりいたしました。私の場合も長男だから。と言う理由により、亡くなってからそのまま義両親の実家に連れて行きました。もちろん、仏壇、位牌、遺影の選択、お墓、納骨などの日取り、時間自分たちと娘たちで勝手に決めてしまいました。私たちは、お客様状態です。位牌は私たちがもらうけど、もう一つつくる?なんて感じです。3人だけでそのお墓に将来入るつもりで私たち家族は無関心です。なので、姻族関係終了届を出しました。これから先、復氏届も出すつもりです。もうこの家族とは関わりたくありません。

    ユーザーID:

  • 遺族の幸、不幸を決める嫁と言う立場。

    三回忌ですか。まだまだ、いろんな意味で
    心境は複雑だと思います。
    喪主はトピ主さんが務められたのでしょうか。

    ご主人を亡くされた今、姻族との関わり方に
    迷われる事や辛いことも多いと思います。
    けれど、トピ主さんの立場(行動)が
    亡ご主人と残された子供達にとって
    この先、重要な意味を保つことは間違えなく
    どうか、目先でものを考るのではなく
    長い将来をみつめ、妻として
    親として、嫁として
    通らなければならない道を
    冷静に確実に乗り切って
    いただきたいと思います。

    親より先に逝くほどの親不幸はなく
    老いて残された義両親の心の痛みは
    この世の、誰よりも深いはずです。
    トピ主さんにとって
    元は他人の義両親やその親族は
    子供達にとって、かけがえのない身内。
    いずれにせよ、人は様々な事情を抱えて
    生きて行かなければならないものですが
    トピ主さんが
    子供達を愛し、義両親を許し
    一日も早く、幸せを取り戻されることを
    お祈りしております。

    ユーザーID:

  • コメントをありがとうございます

    長文になってしまって掲載されていない続きです。
    この2年間、義母は「毎朝、仏壇に向かって3人のことを祈っている」「こちらに出かけなさい」と言いますが、法事の時以外に連絡をすることを避けてきました。

    結婚生活を営んでいた時分から違和感を感じることも多く、「姻族関係終了届」を提出して関係を断ってしまいたい気持ちも強いのですが、子ども達とは血縁関係が残ることは複雑な心境です。

    義母姉妹の繋がりが強く、その付き合い故の子ども達へのお祝いやお小遣いなどをいただく状況もあります。姻族が知らん振りをしてくれた方が気が楽だとさえ思ってしまいます。

    子ども達としては、私の愚痴も散々聞かされていますので葛藤している部分もあるけれども、私のような嫌悪感は持っていないようです。

    私には弟妹のある長男に嫁いだ妹が居りますが、いずれは私が実父母のもとに入るつもりです。

    義父母に対する私と子ども達の繋がり方の違い、夫の他に子どものいない状況に、私の身の振り方はどうすることがベストなのか、考えれば考えるほど憂鬱になってしまいます。
    自分でも納得できる答えが見つからず、思い切って投稿した次第です。

    ユーザーID:

  • 難しい問題ですね・・・

    お子さんが成長されていてご主人と結婚されてからの期間も長いので、ウィンドウさんが取り仕切ったほうが・・・という考えに納得する一方、ご主人の親御さんはまだご存命でウィンドウさんもまだ42歳でお若い事を考えると、ご主人のご実家が仕切るのも納得してしまいます。

    とても難しい問題ですね。
    今は考えられないとしても、何年〜何十年後かに再婚なさっているかも知れないし、しないかも知れない。

    前者の場合、トピ主さんが亡くなった後でお子さん達が困ります。後者の場合はご主人と一緒のお墓に入れないかも知れない。
    再婚なさったりそれに近い形になった時は遺言書を書かれることをおすすめします。
    お墓にこだわるのならの話ですが。

    私なら姻族関係終了届を出すと同時に復氏して、子供が望むなら復氏した戸籍に入籍させます。
    夫の実家とは夫が亡くなったらお付き合いしません。色々ありましたし基本的に合わないので。
    子供達がお付き合いするかしないかは本人達に任せます。

    ユーザーID:

  • 踏み越えてはならない境界を越えたのはあちらです

    古来親子の縁は一世、夫婦の縁は二世と言います。
    血のつながる縁よりも赤の他人が惹かれあって人生を共にする縁の方が深いのです。

    残念ながらご主人のご両親はその弁えができておられなかったのですね。

    三回忌が済んだのですから、けじめとして姻族関係終了届を出してもいいと思います。
    トピ主さまが届を出す出さないに関わらず、お子さんたちがお孫さんである事実に変わりはありません。(トピ主さまはもとよりご主人のご両親に対して相続権その他はお持ちにならない立場です)

    お祝いなどもお子さんが個々にお礼のお手紙なりお返しなり対応できるお年だと思いますので、お任せになってよいのではないでしょうか。(確認は必要かもしれません)

    最も縁の深いトピ主さまがご主人の葬送に当たってそのご両親にお立場を譲られたのは何よりの親孝行だったとお考え下さい。
    それを餞として終止符を打つ関係でもいいのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • あぜん

    義母の行為をどう解釈しても
    トピ主様は彼女にとって
    あくまで「大事な息子の付属『物』」でしかなかったようですね
    やはりチョコちゃんさまと同様、婚姻関係終了届の提出をもって
    気持ちの区切りをつけたほうが良いのではないかと思います
    害毒を撒き散らしていたことを彼女に認識させるためにも荒療治が必要なこともあると思います

    ユーザーID:

  • ご両親に訴えてみて

    単純な嫁姑の揉め事ではなく文章もしっかりされているので冷静に考えることのできる方だと思って投稿させていただきます。

    未亡人さんの仰っていることが最も正しい、または人としてそうありたい道だと思います。

    ウィドウさんから拝察するにご主人の享年は40歳少々くらいでしょうか?
    そのお年くらいならご両親はまだ「我が息子」という意識が強いのでしょうね、決していいことでは有りませんが仕方が無いとも思います。
    ましてや一人息子の逆縁、どんなにかお辛くお力落としのことでしょう。
    それはウィドウさんも十分おわかりだからこの2年間我慢されて来たのですよね。

    確かにお母様の対処、更にお父様がブレーキをかけない点等は首をかしげる事が多いですが、でも「縁を切る」ましてや「姻族関係終了届」の提出とはいきなりすぎると思います。

    ご両親もこの2年間不幸な逆縁にパニック状態ではなかったのでしょうか?

    長いので分けます。

    ユーザーID:

  • ご両親に訴えてみて(続き)

    続きです。

    ご実家に全て仕切られているウィドウさんの妻としての寂しさや疎外感を正直に訴えられてはいかがでしょうか?
    お互い相手の気持ちがわからずにしてしまう不幸というのは多いと思います。
    双方大切な一人しか居ないかけがえの無い「夫」「息子」です。
    相手の気持ちを思いやれば、対立することなく同じ気持ちで悲しむことのできる関係ではないでしょうか?
    ウィドウさんご自身がそれを忘れずに、して頂いた事はして頂いた事として感謝はするけれど、でも私はこうしたい、ということをお話されてみては?
    こうしたことを実践されても気持ちが通じなかったり、尚、改まらなかったりこじれたりすればそれから考えればいいでは有りませんか?

    「嫌悪感」という言葉から思うに、ご主人の生前からもかなりな葛藤がおありだったのでしょうね。
    でもそれは蒸し返さず、悔しくお辛いでしょうがご両親と歩み寄ってあげてください。
    もちろん必要以上に近しいお付き合いをすることは有りません、あなたの許せる範囲でいいと思います。
    天国のご主人も、そして大切なお子様方もきっとそれを望まれていると思います。

    ユーザーID:

  • 友人の場合

    同じく終了届けを出し、知人の男性を連れて行きました。
    「自分も妻を亡くした子供も大きい、再婚を考えている」と知人に演じて貰ったところ「再婚なんて考えてなかった」とあちらから疎遠になってくれました。
    その後、ご縁があり再婚をしました。
    写真は載せずに「結婚しました」のハガキを出し、子供の名字が代わってからは会っていないそうです。
    あちらからの連絡も途絶えました。

    ユーザーID:

  • 自由になった方が良い

    トピ主さんはまだ若い!んですよ。夫が亡くなったのに「妻として、嫁として」を貫く必要がどこにあるんですか!「女(人間)として、親として」だけで充分です。

    親として、というならば、母親が自分の人生を捨てて子供のためだけに尽くすと、子供はすごく重荷です。お子さんはそろそろ巣立ちの時期でしょう?お子さんのためにも、子から自立したひとりの女(人間)としての人生を持つべきだと思います。

    血の繋がりがある限り、お子さんと親戚との関係は変わりません。でも、トピ主さんが自由に人生を選択していけるように、姻族関係は終了させた方がいいと思います。これは、トピ主さん個人の問題です。42なんてまだ、人生半ばにも達していないのです。姻族関係を終了させるのが当然でしょう。

    ユーザーID:

  • ご自分がなさりたいように

    >義父母に対する私と子ども達の繋がり方の違い、
    >夫の他に子どものいない状況に、
    >私の身の振り方はどうすることがベストなのか、

    義父母は義父母、トピ主さんはトピ主さん、お子さんにはお子さんの人生があります。
    出てくるお話の皆さんは全員大人です。
    お子さんももう大学生と高校生なら、自分で自分の為の人生を選択出来る年齢です。
    祖父母は孫にとって絶対に必要不可欠な存在ではありません。
    親だって子供にとって絶対に必要なのは、社会人になるまでです。

    誰かの為にと思って義務感から相手と関わりを持って生きると、長い年月の間にどうしても相手に気持ちや労働なり金品なりの見返りを求めてしまう時が出てきます。
    そうなった時、相手が自分が思い描いた通りの言動をしてくれなかったら、自分のそれまでの尽くした年月に後悔しませんか?
    自分が好きで関わりを持っていたわけでもない人との関係なら尚更です。

    そろそろけじめをつけられたほうがすっきりしませんか?
    お子さんと義親さんとの関係は本人達の問題です。

    ユーザーID:

  • 信じられない。

    妻が夫のお見送りの中心になることができず、またそれを「良し」とする方がいるなんて、とても信じられません。
    私だったら、その時点で強く抗議します。

    だって、もうトピ主さんとご主人は新しい家庭を築かれて何年もたっていたわけですよね。

    「親にとってはまだまだ息子・・・・」などと書かれている方がいらっしゃいますが、勘違いも甚だしい。

    これから色々と面倒な問題が起きるのを避けるためにも、そのような領分を超えて来る義理のご両親との姻族関係は終了させてかまわないと思います。

    それはあなたと義理のご両親との問題で、孫としてのお子さんはもう大きいのですから、ご自分なりに考えていかれることと思います。

    もう充分ガマンなさいましたよ!同世代の女性としてそう思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧