• ホーム
  • 働く
  • ラジオパーソナリティになるのに学歴って必要なんですか?

ラジオパーソナリティになるのに学歴って必要なんですか?

レス36
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

私の夢は、ラジオパーソナリティになることです。なので高校を卒業した後、専門学校に行こうと思っていました。
しかし学校の先生に進路について説明したところ、
「パーソナリティになるには大学を出ていたほうがいい」と言われました。
大学を出ていないと、パーソナリティのオーディションが受けられないと言われました。
でも私が学びたいのは話す技術であって、大学ではそんなこと学べないと思うんです。
だからといって大学に行ってないという理由でオーディションを受けられなかったら、専門学校に行く意味もありません。
パーソナリティに学歴って必要なんですか?ここは先生の言うとおり大学に行くべきなんでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いやーそんなことないんでない?

    私の地方のラジオの人気パーソナリティの中には、大卒でない人も結構いますよ。

    確かに、ラジオ局の正社員になろうと思ったら(そういうパーソナリティもいますよね)、学歴は問われるかもしれませんが、パーソナリティの多くは、地元のタレント事務所に所属してる人が多いようです。学歴よりも、本人の魅力ではないでしょうか。

    ただ、一般常識とか音楽情報とか、幅広く知識の必要な業界だな、とは思います。

    ユーザーID:

  • 大学へ行く理由

    ラジオのパーソナリティという人は,私の知る限り,いわゆる
    タレントと言われる人,それと,ラジオ局やテレビ局の
    アナウンサー(社員),どちらかですね.
    何か他のルートもあるかもしれませんが.

    後者の場合は,マスコミに就職するわけですから,大卒資格は
    必須と思われます.
    前者の場合,大学へ行きながらでもタレント活動は可能ですね.

    ラジオで喋るのに必要なものは,話す技術はもちろんのこと,
    喋る「内容」が重要かと思われます.

    大学生活という経験や勉強内容から,その「内容」を磨くこと,
    ひいては見識を広げること,さまざまな考え方を知ることが
    出来ると思います.

    大学ではパーソナリティになるための勉強は出来ない!と,
    はなから切り捨てるのもどうかと思いますよ.

    あと,タレントの世界は厳しいです.
    成功しなかった時の事も考えて,大卒という保険を掛けておく事は,
    賢明な選択肢だと思います.

    ユーザーID:

  • 先生の発言の意味

    それは「人間力をつけよう」ということでしょう。
    知識や見解を深め、自分の話題の抽斗を増やすのです。
    パーソナリティに必要なものは「技術」だけではありません。

    ゲストとお話をする機会もあるでしょう。
    そんな時、世間が狭いと話題がもりあがりませんよ。
    何かニュースの原稿を読む機会もあるでしょう。
    そんな時、ニュースの内容をきちんと理解しないで棒読みでは相手に伝わらないでしょ?

    トピ主さんがパーソナリティになりたいと考えるキッカケは何でしたか?
    目指す人がいるのではないですか?
    なぜ目指すのか。その人が魅力的だからです。
    顔が見えなくても、人間性は伝わるんです。

    先生の言葉の真意、自分なりに考えてみました?

    ユーザーID:

  • 学歴じゃなくて教養が必要

    まず、放送局の募集要項などを見てみましょう。中には大卒以上というものがあります。

    ラジオパーソナリティって何をしゃべりますか? ただ楽しく話せればいい、というものではないです。放送人として、話すべきではないこと、一般の人はどういう考えをして、何を話せば共感を得られるのか、など踏まえておかなければいけないことが山ほどあります。そういう意味で教養が必要です。

    もちろん、フリーでラジオパーソナリティになる人もいます。そういう人達は大学を出ているとは限りませんが、普通の人が経験しないような人生経験を積んでいたり、何かしら人を納得させる背景をもっています。アイドルでさえ、芸能人としての実績、信用があっての起用なのです。

    そういうものが何もないのなら、大学へ行って教養をつけ、個性を磨き、まず社員として放送局へ入って放送を学ぶ、というのが正当法なのかもしれません。

    ユーザーID:

  • こういう事です・・・

    知識がないと勤まりません。
    漢字が読めないと勤まりません。
    英語が通じないと勤まりません。
    世間常識がないと勤まりません。
    社会の仕組みがわからないと勤まりません。

    専門知識だけでは勤まりません。

    ユーザーID:

  • 学歴というより

     知識なんじゃないですか?
     広い視野と豊富な知識。そういうのがないと、いくら話す技術ができても一時間も持たないと思います。

     読者からの葉書で、連想できることを話すのや、時事問題、季候のこと、ラジオを聴いてればパーソナリティの方の話題の広さって本当すごいですよね。

     話す技術、の中には知識も含まれるのでは? 先生はそういう意味で、広い視野ができる(まあそれも御自分次第ですが)大学への進学を勧められたのでは? 大学にもアナウンスサークルなどがあるところもあるでしょうし。

     専門学校に行って、教えてもらえることだけでその職業につけることは滅多にありません。ご自分が自主的に勉強されるお気持ちがあるなら、専門学校でも良いのでは?(どうも、専門学校で技術を教えてもらう=パーソナリティになれる、と思ってらっしゃるようにも見えたので)

     クリエイトな職業は、何だって学校で学んだ以上のことが必要になりますよ。

    ユーザーID:

  • 大学進学するべきです

    年寄りの老婆心ですが、

    結論はこれです。
     実際地方局、キー局含めて大卒ではない人を探すのは難しいですし、仮に大卒ではない人でも芸能人とか地方局なら地方出身の出身の落語家、タレントが努めているのが現状でしょう。採用は専門学校だと相当きついと思わざるを得ません。
     
     もう一つ時間です。大学は四年間もあります。別に怠けろとは言ってません。その間、人と付き合う、見聞する、旅行する、アルバイトするなど選択肢がいっぱいできます。パーソナリティはしゃべりの技術だけではありませんよ。

     あなたはまじめな人ですね。でももっとゆとりをもってもいいと思います。 長々失礼しました
     

    ユーザーID:

  • 今必要な事を考えて!

    春まで、地方のラジオパーソナリティーをやっていました。
    どんな局のどんなジャンルでパーソナリティーをご希望ですか?
    私が一年間経験した中で苦労した事はいっぱいありました。

    リスナーさんが以前にくれた手紙の内容を覚えていてあげる事とか、意見に対してのコメント。色んな人が聞いてるので偏ったり変な事をコメントすると、他者からクレームがきたりするそうです。

    生放送なら瞬時の対応能力。話すテンポとか、社会情勢とか、音楽の選択や話題選び、企画力。浅く広くも必要ですが、得意分野を持っておく事も必要ですよ。

    学校の勉強が必要というのは、一般常識を得ていない若者が多いという事ではないでしょうか。おバカなトークをしてるパーソナリティーもいますが、出来れば常識ある人間として仕事したいですよね。

    どんなジャンルを得意としたいのかというのも考えられた上で大学の学科を選んだり、進学するかどうかを決めた方がいいと思いますよ。

    もうお分かりかと思いますが、現代は学歴ではなく、幅広く勉強したいという気持ちがあるか否かで成功不成功が決まるのではないでしょうか。
    頑張って下さいね。

    ユーザーID:

  • 人生経験

    大卒は絶対にあった方がいいんじゃないですか?
    しかも、なるべく有名大学。

    私のラジオパーソナリティの人達の印象ですが、声は元々の素質。そして大事なのは、会話上手・教養・人間性・豊かな人生経験など。

    正直、専門学校で話し方だけを勉強してきた人に、教養や豊かな人生経験がありそうには見えないです。(実際は人それぞれですが)

    例えばテレビのアナウンサーだって、皆有名大学卒です。
    それは、後から教えることの出来ない、教養や豊かな人生経験などを期待しているんだと思います。

    よくパーソナリティになったきっかけを聞くと、
    「知り合いにラジオ関係者がいて、誘われた。」みたいなの多いですよね。
    元々音楽活動していたり、OLしていたり、前職のある人も多いと思います。
    そういった人生経験がまた、ラジオの仕事にも生かされているなぁという印象があります。

    有名大学へ進み、そこで、ラジオ関係、又はそれ以外でも良いですが、アルバイトをしたり、サークル活動をするのがいいのでは?
    有名大学で放送に近いようなサークルに入れば、もしかしたら、OBにラジオ関係者がいるかも知れませんよ。

    ユーザーID:

  • ラジオ局のHPかメール、番組に投稿は?

    ラジオ番組にでも投稿して聞いてみたらどうでしょうか?
    またはラジオ局のHPで採用について書いてないでしょうか?(またはメールで聞いてみる)
    ちょっと私が疑問なのはお給料がいくらなのかな〜?ということ。生活できるのかな?全然相場がわからないんで。。

    ラジオのパーソナリティーに大卒の学歴が必要なのかは知りませんが・・・でもラジオで話すのって「話す技術」だけじゃなくて、結構知識や経験がいるんじゃないかって思います。間違えたこと云えば苦情が入るだろうし。
    がんばってね。

    ユーザーID:

  • 話術だけではだめ

    話術と、話題の豊富さは別です。
    なぜ、大卒の人でないとだめなのか、は色々理由があると思います。

    大学に行った人の方が、色んな意味で知的好奇心が豊富、と思われていることがあると思います。大学(文系)は、程よく勉強し、ほどよく暇なところなのです。

    専門の勉強をし、暇なときにはサークルをしたりバイトをしたり、趣味に勤しんだり・・。そういう自分の時間で得た物が、その人の教養となり、知的な豊富さ、話題の豊富とつながるのです。

    専門学校では、話術の「技術」は習得できるでしょう。ただ、今後のパーソナリティーの話題に必要と思われる話題の豊富さは得られるとは思いません。「知識・技術」だけではダメなのです。「人間として考える事」を備えてないとだめでしょう。

    テレビ局のアナウンサーは,なぜみんな大学を出てるのか。ブランドではなくて、それなりの理由があるのです。

    ユーザーID:

  • 調べてみたら?

    ラジオ局のHPの採用情報の欄でも調べてみたら?
    学歴が大卒以上となっているのかもしれませんね。

    考えてみて欲しいのは、ラジオパーソナリティって
    ただ、しゃべる技術だけあればいいというわけでは
    ないですよね?

    ある程度の常識と知識が身についているのは基本です。
    間違った知識を公共の電波で流されても困りますから。
    その点、大学に入るためにある程度の知識は必要ですし
    大学では一般教養の授業もあります。

    しかもそういった知識は一朝一夕に身に付くものでは
    ありませんからね。話術を習得する方が楽なのでは?

    やはり学歴は無いよりはあった方がいいでしょう。
    人気職業なら尚更、それでふるいにかけられますから。

    ユーザーID:

  • 大学に行くことをオススメするね

    パーソナリティって意味はなんだかわかりますか?

    「個性」って意味です。身に付けるべきは、個性なんですよ。
    大学だろうが、専門学校だろうが個性は教えてくれませんよ。
    でも、あえてどちらかならば大学にいくべきですね。
    なぜなら、「今しか行けない」から。
    大学の4年間で出来るだけ自己啓発してください。
    その経験が必ず、個性に生かせます。

    でもね。

    パーソナリティになるのは運が大きいですよ。
    私なら、東大に入って局アナになることをオススメします。ある意味、そっちのほうが可能性が高い。

    ユーザーID:

  • 大卒の意味

    あなたより少し先輩の30代の意見を聞いてください。
    私は学生時代にほとんど学校の勉強をしませんでした。

    今となっては多少後悔していますが、その勉強しない時期に別のこと(人間関係やアルバイト、旅行など・・・)、つまり今の自分のベースになるものを学ぶことができました。

    ラジオパーソナリティーはあらゆる情報を処理し、それを正確に発信する能力が必要になると思います。また人間としての厚味も必要とされると思います。視覚に訴えることができない分、様々な角度から物事を伝えることが重要になります。

    いろいろな経験を積むことで情報処理能力が鍛えられ、中身のある情報を伝えることができるようになる、と考えれば、大学での経験というのは有益だと思いませんか?
    つまりテクニックは二の次、ということです。

    「パーソナリティー」を日本語に訳すと「個性」とか「人格」という意味になります。技術ではなく、自分を磨くことの方が大切なのではないですか?

    先生が大学を卒業した方がいいとおっしゃっているのはそういう意味ではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 大学行ってもいいんじゃない?

    別に学歴が必要だとは思いませんが、広い人脈と視野は必要だと思います。なので、大学ってのはある意味、人脈&視野を広げるのにうってつけの場所である事は間違いありません。
    なにせ、色々な地方から色々な考えを持った人間が集ってくる場所ですし、卒業後も色々な進路に仲間が散っていきます。

    また、これは個人的な考えですが、専門学校で喋りの技術が上がるとは思えません。喋りの技術は、多大に元々持っている素質の部分が大きいと思います。また、喋りの技術だけでなく、物事をいろんな角度から捉えたり、様々な物をを面白がる感覚が必要だと思います。

    専門学校を否定するわけではありませんが、専門学校が目的への早道って訳ではありませんし、早道を歩んだところでいい結果が待っているとも限りません。

    とにかく、よく考えて、後々後悔のなきように。


    そういえば、現時点でラジオDJの有名どころで、それ専門の学校を卒業している人って、さほど多くないのでは・・・。

    ユーザーID:

  • やる気

    専門学校を出たからと言ってオーディションに通るとは限りません。
    それは大学でも同じです。

    要は やる気なんですよね。

    パーソナリティに求められるのは 話し続けられる能力と
    最近では英語(語学力)だと思います。

    何がなんでもパーソナリティになる!というのなら
    努力すれば道は拓けると思います。

    でも挫折してしまったら…
    専門的(専門学校)な知識は役に立たないかも。

    よく考えて 自分なりの答えを探して下さい!

    ユーザーID:

  • 経験の差が出る?

    何の職業にせよ、経験があるとないとではやはり人間に差が出てきます。
    ラジオパーソナリティというお仕事は、リスナーからの悩み等にも答えたりしますよね?
    その時、本で読んだような受け売りの薄っぺらい答えだったらリスナーは離れていくんじゃないかな?
    私は学歴というのは、勉強ができるとかできないということより、ひとつの経験ととらえています。

    ユーザーID:

  • 学歴は必要じゃないかも

    卒業したというだけの「学歴」は必要じゃないとおもう。
    学校で培った人間関係や経験が必要なんじゃないかな。
    だから、学校を出ていなくても、素晴らしい体験をし勉強(学校のって意味じゃなくて)をして、多くの人と信頼関係を結べたのなら、全然OKでしょう。

    でも、それを証明するのは大変だよね。

    夢に向かってがんばってね。

    ユーザーID:

  • 部もあなどれない

    大学では話すことを学べないと思ってらっしゃるようですが、大学のアナウンス部、放送部、広告研究会などはなかなかどうしてあなどれません。

    もちろん大学にもよるでしょうが、自主的にかなり活発に活動してるところが多いはず。高校の部活動とはぜんぜん違いますよ。もちろん、将来は放送業界に入る事を目標としている方が大勢います。実際今活躍されてる方でも、そういう部に入ってた人も結構いらっしゃるのでは?

    専門学校が悪いとはいいませんが、大学に行けるのなら行っておいたほうがこの場合損はないと思います。実際、地方局、1番組のみのパーソナリティーでも大卒以上で募集しているものをみかけますし。

    あなたの目指している職業の場合、やはり視野を広くするのも大事だと思います。がんばって。

    ユーザーID:

  • 必要かも

    ラジオのパーソナリティになりたい!というのは簡単。でも専門学校に行ったからといって必ずしもなれるわけではありませんよ。
    大卒、専門学校卒、高卒問わずパーソナリティになる人はいますから。

    私は高卒ですが、色んな職を転々として(マスコミも含みます)パーソナリティにたどり着きました。
    失礼な言い方かもしれませんが、私にとって望んで就いた職業ではありませんが、向いている仕事だとは思っています。
    この世界ではくだらないことにしか聞こえないことでも、内容に沿った下準備ができる力量などもなければ出来ないと思いますよ。また曲の紹介一つとっても、英語が喋れるほうがDJっぽかったりしますし(そういうことを望まれたりもします)。
    視野を広げるという意味でも大学へ行くという選択はあると思います。
    頑張って!!

    ユーザーID:

  • その程度の事も自分で考えられないなら

    大学に行くべきだ、と私は思います。
    あなたには、まだまだ人生経験も自分でどうにかする力も足りてないように思います。

    専門学校出身で立派にその専門分野で働いていらっしゃる方もたくさんおられますが、そのほとんどは入学以前から学校の勉強を受ける以外に明確なプランを持ち、実践した人達です。授業を受けることが目的だと、大学ならまだ世間は認めてくれますが、専門学校では厳しいです。
    授業はオマケで業界に入り込むツテを探て現場で働くことが目的・・・くらいでないと、ね。

    パーソナリティって見えないリスナーである他人の立場に立って物事を考えて、一緒になって笑ったり怒ったり、時にはアドバイスもするのがお仕事ですよね。もちろんその言葉にはリアリティがないといけない。
    それを目指す人が身近にいる先生がそう言う理由も理解できない・・・ということは、今のあなたにはその資質がないということではないでしょうか。
    あなたに必要なものは技術よりも資質でしょう。

    ユーザーID:

  • 受けられると思いますが

    専門学校卒でもオーディションを受けられない事も無いと思うけど。

    ただし、いざ職に就いたとして、番組ゲストが外国の方でしたり、外国の方から生本番中に電話が来たり、ファックスやメールが届いたら、通訳翻訳無しで、自分の考えをダイレクトにやりとり出来たり、リスナーさんに「こんな事をおっしゃってます」と伝えられたら素敵だと思いませんか?。

    また、政治・経済に詳しい方がゲストでしたり、政治・経済に絡んだ話題がリスナーから届いた時に、スマートな受け答えが出来たら、かっこいいと思いませんか?。


    大学で得意分野を身につけた方が、オーディションの時にもウリになると思うし、実際に仕事をする際にも役に立つと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 採用基準を調べてみれば?

    お目当ての会社の採用基準でも、お調べになってみたら?大卒以上と書いてあれば、専門卒では採用試験さえも受けられないわけですよね。逆に考えれば、大卒だから採用試験を受けられないということは、ないわけですよ。

    詳しくは分かりませんが、ラジオパーソナリティのお仕事は、かなりの人気職だと思うのですが、いかがでしょうか?その場合、大学に行って教養を深め、話す技術は専門学校で習得する、ぐらいのことをしなければ難しいのではないでしょうか。ココはひとつ、夢を実現させるために、がんばってくださいね。

    ユーザーID:

  • しゃべる技術は二の次

    放送局に勤務しています。
    時折現場の人間として採用面接に立ち会うこともあります。
    放送局の社員としてのパーソナリティを目指すのであれば、大卒のほうがいいかと思います。そうでなければ受験資格さえないケースもあります。

    また、採用をしていて思いますが、話す技術は二の次です。要はその人の人間としての魅力、です。
    話す技術は会社に入って身に着けることもできますし、大学に行きながらダブルスクールで通ってきた人も多いです。
    ただ、それぞれのスクールによって癖があります。それが社のスタイルと合わない場合もあり、素の状態の方が育てやすいケースもあります。

    パーソナリティはきれいな日本語を話せればいいというわけではありません。
    ニュース原稿の意味を理解して読めるか、時々びっくりするような漢字のいい間違えをするような人もいますし、内容が理解できていないために読み方がおかしい場合もあります。

    またゲストは多種多様な人が来ます。
    そういう人と話をあわせ、その人の魅力をいかに引き出すインタビューが出来るか。それはその人の力量にかかっています。
    そういう意味で、大学に通い、いろんな経験を積むということは有意義です。

    ユーザーID:

  • 学歴は必要ないけど、勉強はしなくてはいけません。

    学歴は必要ないけど、勉強はしなくてはいけません。
    知識を持っていないとパーソナリティ勤まりません。

    ユーザーID:

  • 貴方は未熟に見えるのです

    トピ主の話術は
    声だけを聞く他人が引き付けられる人間的な魅力がありますか?

    専門的な知識や経験、技量を持ち、その話を正しい日本語で伝えることができますか?
    毎日一時間以上、魅力を維持しながら番組を続けられますか? 絶え間ない勉強ができますか?

    貴方の番組を支える10名以上のスタッフから支持を得る自身がありますか?(スポンサーを含む)プロの職場で仕事した経験がありますか?

    これらを満足している人はオーディションを受ける準備が出来ていると言えます。

    ユーザーID:

  • フリーならともかく・・・

    もし、特定のラジオ局での社員でパーソナリティになることを考えているならば、大学は出ていたほうが、いいと思います。会社の受験資格に短大・大学卒業以上とあるところがほとんどだからです。
    ただ、今は専門学校でも短大卒の資格がもらえるところもあるから、調べて見る必要はありますね。そういうのが専門の学校もありますから。
    ちなみに約20年前で、高卒で受験資格を得られるラジオ放送曲は全国で2社だけでした。
    もし、フリーのパーソナリティを狙っているなら、専門知識を養ってみてはいかがでしょうか?結構いらっしゃいますよね、音楽ならロック専門とかジャズ専門のパーソナリティの人。
    とにかく、夢を現実にするためには自分の目で確かめて。
    がんばって下さいね。

    ユーザーID:

  • 日芸の放送部に入ってみては・・・

    学歴というか、業界での人脈作りのために進学されてはいかがでしょう。
    小説の話しではありますが、林真理子「葡萄が目にしみる」で主人公が大学の放送部に入って、先輩の紹介でラジオ局のアナウンサーになっていました。

    ユーザーID:

  • ラジオを聞いていればわかること

    あなたはラジオをよく聞く方なのですよね?
    わたしはラジオだーいすきで、某FM曲のヘビーリスナーです。

    タレントさんが持つ番組は別ですが、その局の傾向はたいていはバイリンガルで声に魅力があり、コメントにも知性を感じます。若いころ(20代前半)の方は少なく、みんな前職があったりしますし、ほとんどの人が大卒です。

    大学を出ているかどうかは、ひとつの他人に示す目安です。あとは前職(要はキャリア、人生経験)じゃないかな?

    夢があるのはすばらしい、是非大学行ってからゆっくり、いろいろ経験積んでくださいね。

    ユーザーID:

  • 大人になったらわかるけど・・・

    大学を出ていた方が何になるにも「よりラク」なのです。特に皆がなりたいと憧れるような職業はね。

    もちろん例外はあります。でも、専門卒でその例外の枠に入るべく努力するのと大卒で努力するのでは、比較すると後者の方が前例も多いし易しいのです(もちろん、努力は両方必要ですよ)。

    例えば、司法試験でも大卒だと1次試験を免除されますが、専門以下だと1次から受けなければなりません。はっきり言って、社会人になってから1次を受けるより高校生の時に大学受験した方が易しいですよ。

    先生のおっしゃりたいことは、大卒じゃなければ絶対なれないということではなく「パーソナリティーになるには、今大学受験→入学・卒業という手順を踏んでいた方がハードルが低いですよ」ということが主旨ではないでしょうか?

    ご実家の事情などで大学受験を何が何でも避ける必要があるのですか?

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧