海外での節約生活を教えてください

レス28
(トピ主0
お気に入り1

心や体の悩み

おはな

はじめまして。おはなです。
夫の赴任のためアメリカに引っ越してきました。

海外赴任なんて相当お給料が高いのでは?と
よく知人に言われますが、実際は・・・

子どもも産まれるので何かと出費も多くなるだろうし
夫が一生懸命働いて稼いでくれたお給料を無駄使いするのも心苦しいので
海外在住の皆さん、何かおすすめの節約生活があれば是非教えてください。
よろしくお願いします♪

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 車生活をしない。

    場所にもよりますが、アメリカ=車社会と思っている人(アメリカ人でも誰でも)が多いようで、みなさんとにかく自家用車を使っておられるようです。

    ご存知のとおり、アメリカでも最近はガソリンの値段が上がってきています。(日本の25%くらいの値段ではありますが。)排気ガスは地球温暖化の原因でもあります。
    私はできるだけ歩ける範囲なら歩き、急ぎの時は自転車(ままちゃり)で、遠いところへはバスで移動するようにしています。

    車があったら、保険・ガソリン代・駐車場代(アパート+外出先)等、とんでもない出費になりますが、うちは大丈夫!
    その分を、美味しいご飯に回してます。

    あと、ハーブ類は、庭やベランダで簡単に作れるので、買うよりお得です。しそ・バジル・チャイブなど、お料理にどんどん使いましょう。

    ユーザーID:

  • 節約頑張ってます

    私はクーポンを利用してます。頻度の多い買い物アイテム(トイレットペーパー、洗剤、石鹸)など。
    レシートと一緒にくれる場合もあるし、雑誌や広告についてきます。

    それと、洗濯は乾燥機をアメリカ人は必ず使いますが、私はタオルやシーツ以外は殆ど室内で干してます。たいてい、夜干せば次の日必ず乾いてます。
    それから、私の州ではやってないのですが、リサイクルで、ビールやジュースの冠ビン類はお金と交換できます、一瓶あたり、5〜10セントかな?瓶の裏にどこの州がいくらでとかいてあります。

    水は買わないで、水道にフィルターをつけて使用。食事は自炊。ポン酢や麺つゆ、焼肉のたれは買わないで、自分で作り冷蔵庫で保存。手作りお菓子なども買うよりはおいしいし、節約できますよ。
    肉野菜などは安いのでその点は日本より節約できますが、魚などはあまり種類がないので献立のレパートリーが減るかも知れないですね。

    でもやる気があればだいじょうぶですよ!

    ユーザーID:

  • クーポンを使ってました

    若い時しばらくでしたが、いろいろなクーポンを使ってた時期があります。

    とっても節約になりましたよ。クーポンは沢山の種類のものが、一つの封筒に入ってくるのもあれば、ちらしとして来るものもありました。 

    また、サーモンなどは切り身ではなく、半身や一匹ごと買って、自分でさばきました。かなり安くなりましたよ。勿論冷凍しておきます。

    ユーザーID:

  • 日本食を食べない

    とにかく日本のものは高い。もちろん日本から持ってくるから。
    現地の人と同じ食生活、衣住を心がけることです。
    バーゲン情報はまめに確認
    日本人同士の付き合いも程ほどに。

    ユーザーID:

  • ケチってはいけないところ

    地域にもよりますが、まず絶対にケチってはいけないところは、住むところ。NYなど、お金がなくてドアマンや管理人がいないビルに住むと、1年で3回くらい空き巣に入られたりします。多少家賃が高くても治安のいいところに住んでください。

    私たちがいちばんお金を遣っていたのは外食です。暗くならないていどに外食を避けると、かなり節約できます。外食するにしても中華料理やハンバーガー、ラーメンなどの安いチェーン店を賢く利用しては? 夫にお弁当を持たせる、というのもテですが、職場にもよりますね。

    ユーザーID:

  • オーストラリアでの節約生活

    こちらで一生生活するために1年半前に
    家族で引っ越して来ました。
    節約生活結構切実です。でもできるだけ
    楽しむことに決めました。

    できるだけ野菜は自分で育てる。
    足りなくなって買ったネギは根元
    5センチほど残して土に植えると
    また伸びてきますよ。

    地元の友達と協力して、お肉や魚は
    自分達で卸の所や漁師さんから直接
    共同購入する。

    物々交換する。

    ガレージセールをコマめにのぞく。

    教会などが開いているオプショップを
    利用する。

    車は極力使わない。少し離れた所に
    行く時は友達と交代で車を出す。
    (カープール)

    外食はせずスローフードクッキングを
    楽しむ。

    捨てるはずの物(びんやプラスチックの
    容器など)の再利用をする。

    時間があれば、手作りのものをマーケット
    などで売る。

    でも、たまにはカフェでお茶したり、
    好きな雑貨を集めたりして節約生活楽しみ
    ながら続けるようにしています。
    お互いがんばりましょうね。

    ユーザーID:

  • 現金払い

    アメリカでは小切手とクレジットカードが幅を利かしてますが、全て現金払いの方が無駄遣いしないでしょうね。ただ、女性の方が二百ドル・三百ドルと持ち歩くのは少々怖いかもしれませんね。男はポケットにそのまま突っ込んで歩けるんですが、女性の場合は財布を更にパースに入れるので、盗難に遭う確立が高いかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 節約楽しんでいます♪

    同じくアメリカにて駐妻をしています。
    外食はTAXとTIPが追加されて、請求書が来たときにはびっくりするお値段になります。家で作った方が、料理でもお菓子でもずーっと美味しく感じます。

    土曜日のチラシは細かくチェックします。2for1なども利用します。品切れの場合はレインチェックをもらって、物が入荷するまで待ちます。

    日系スーパーには行きません。韓国・中国系のスーパーの方が安いだけでなく物が新鮮です。

    日本に居たときから節約大好き主婦だったので、アメリカに来ても同じで楽しんでいます♪かなり頻繁に旅行もしますが、それもネットなどで安い航空券を見つて全て自分で手配します。
    夫は毎月の銀行明細をみながら、どうしてこんなに残高があるのか。と首をかしげています。
    節約生活を長く続けるには、夫や家族に節約を強要しないことと、自ら楽しむことだと思います。

    ユーザーID:

  • クーポン&ムービングセール

    今アメリカで生活中です♪
    旦那さんのお給料は日本にいたときの4分の1です。
    野菜やお肉は日本の4分の1くらいなので食費はとっても安くすみますよ。
    やはり外食をするとチップがあるので高くなってしまうので外食はほとんどしません。
    あとやはりクーポンをって、セーブできたお金は別に貯めていく。ムービングセールで日用品は買いそろえる。髪は自分たちで切る。スリフトショップで買い物などなど節約方法はたくさんあります!アパートならたまにゴミ箱にきれいな棚や椅子が捨ててあることも・・・(拾ったことあります)
    ベビー用品もとても安いのできっとお給料が少なくても楽しい生活になると思いますよ!

    ユーザーID:

  • 応援します!

    1.買い物上手になること。
    近くのお店のセール・青空マーケット・自分で摘むファームなどいろいろありますので、遊びに行く帰りに寄り道などで季節により楽しい買い物ができることもあります。クーポンはダブル(所によってはトリプルもありました)のお店を利用、有名スーパーの会員カードに登録、日本食は西海岸では高くないのですが、高い地域では中国・韓国系のスーパーで買い得の品もあります。
    2.自分ですること。
    他人に頼むと高いです。近所の馬鹿主婦のまねをしないこと。たとえばディスポーザーなどもともと米主婦向けにつくられた(彼らは日本人主婦みたいに大量に野菜を使わない)もので、古い下水に新しく取り付けられていること自体無理、自分で野菜くずを捨てる習慣をつける。
    水の高い地域ではスプリンクラーとてまきを上手につかいわける。ドライヤーは半乾きしてから使う、又は自分で干す。a/cは高めに設定、ヒーターなど外出するとき切る。(南部です)

    3.近所の米人はあなたをみています。見栄っぱりの日本人主婦はばかにされてます。米に住む機会をご主人に感謝して合理的な生活を楽しんでください。

    ユーザーID:

  • ヨーロッパですが

    我々が気をつけていることは「外食しない」です。どなたかと一緒なら外食しますが、二人で外で食べるという事はまずありません。

    この国は食べ物まずいことで有名で(もちろん高額を支払えば美味しいものも食べられるのですが)、日本のように安くて美味しいレストランはなかなかありません。だからどんなに疲れていても歯をくいしばって家で食事をします。

    あとは、小さなことですが、洗濯の時に乾燥機を使わないこと。室内干しが基本なので家中洗濯物だらけですが。

    住まいやタクシーに関わるお金を惜しんで、命にかかわる事件にまきこまれたり、安いサービスを利用して面倒なことになったりすることも多いらしいので、使うところでは使っています。

    ユーザーID:

  • 車は必要

    私が貧乏だった頃の節約方法は、とにかく日系スーパーでの買い物を減らすこと。米系、韓国系、中国系の方が安い。買い物の回数も減らす。献立を決めて、必要品以外は買わない。当然、クーポンは必需品。買い物リストをしっかり作ってから出かける。美容院には行かない。(というか行けなかった・・・)嗜好品はなし。(お菓子、スナック、なし)大好きなお酒も飲めませんでし、外食って何?っていう生活。当時の夢は、カート一杯スーパーでお買い物することでした。

    あと、駐在ということですから、周りの奥様たちの調子に合わさないという強い意志も必要かも・・・ほら、ランチだテニスだお習い事だと誘われる可能性大です。断る方法は、アダルトスクールに行ってますからがいいかな。 アダルトスクールなら安いし、色々コースもありますからね。がんばってください。

    ユーザーID:

  • 節約 節約!

    我が家の節約方法!

    1 外食を控える。旦那にはお弁当を持たせる。
      
    2 健康に気をつける
      こっちの医療費はバカ高いので。
      (特に歯医者)

    3 食料はまとめ買い。そして作り置き
      冷凍庫の中は常に作り置きで一杯です。

    4 セール&クーポンを利用
      これは、かなりセーブできます。

    5 乾燥機は使わない。
      
    6 買い物したら常にレシートチェック
      計算間違いはあたり前なので。。

    7 帰国する人から、物を譲ってもらう。
      
    8 電話代、ケーブル代など安いところを
      とことんリサーチ

    9 働けるビザなら、自分で稼ぐ方法を考える

    友達のプレゼントなどには、惜しみなく使うようにしています。
    ホームパーティーなどは、持ち寄りにしたら
    全然お金もかからず楽しめますよ。

    ユーザーID:

  • 地味だけど

    スーパーへの買い物はマイバッグを持っていきます。するとその場で5セント引いてくれます。

    ナチュラル・フーズ・ストアに行くと、5セント分のトークンをくれて、店内にある募金箱に募金することもできます。

    貧乏な私はだいたい、その場で5セント引いてもらうことを選んでしまいますが(笑)。

    ユーザーID:

  • 店の使い分け

    アメリカがどこかわかりませんが、店や地域にも色々あるでしょう。
    危険とされている地域に行かないということは必要ですが、
    危険に見えるけど実は危険でもなんでもない、ただ貧乏くさいだけ、という場合も多いです。

    地元の白人お金持ちや中流くらいの人が買い物する場所やふつうの大手スーパーではなく、もっと下層の人(言い方が悪いですが)が集まる小さい店も注目してみてください。
    同じものがとんでもなく安かったりします。

    家賃をけちらない、安全のため、というのが一般的意見ですが、これも安全な場所でもぜんぜん値段が違うことがわかってきます。公立学校の良し悪しが家賃に直結するからです。お子さんが小学校以下、もしくは私立に通う場合は公立学校が良いところは避けたほうが安く済みます。

    あとはうちも乾燥機、使わないです。車はないと困る地域なのでどうにもならないですが、できるだけガソリン代を抑えられるようにできるときはカープールをするようにしています。

    ユーザーID:

  • カノさんに同意!

    ニューヨークに住んでました。住むところは絶対にケチってはだめです。下手するとアパートの住人に殺されます。安全はお金で買うの言葉どおり、安全面ではケチってはいけません。

    あと、車も、どこに住むかで違うと思いますが、できれば持たないほうがいいですね。節約という面もありますが、車泥棒に殺される人います。(車に乗ろうとするときに後ろから刺し殺される)ロスなどにはあたり屋もいると聞きました。

    買い物は肉などが、大量をひとかたまりで売ってたりしますが、割安になるので、冷凍庫をフルに使って食費を安くしました。

    ユーザーID:

  • 節約家 (1)

    アメリカ在住です。私よりも、一緒に住んでいるアメリカ人の彼氏のほうが、主婦みたいとからかってしまうくらい、節約上手です。私も見習っています。

    1.買い物
    洋服は、普通のデパートでは買わない。定価では絶対に買わない。普通にデパートなどで売っているようなものが、格安になっているお店というのが、結構あります。マーシャルズ、TJMax,ここだと、ファイリーンズベースメント。高級なものが75%引きとかで買えちゃいます。バーゲンも愛用。

    2.食費
    外食はほとんどしません。日曜日に一週間の献立を考え、必要な食材を全て書き出す。私たちは、3つのスーパーに買い物にいきます。ひとつは、冷凍品、チーズ、オリーブオイルなどが、安いところ。野菜が新鮮で安いところ、などを把握して、買い物リストにあるものだけを買います。これで時間も短縮できるし、お金もセーブできます。もちろん広告もきっちり見て、何がセールになっているか確かめます。

    ユーザーID:

  • 節約家(2)

    続きです。
    3.人を雇わず自分でやる
    彼氏は、台所の改装を自分でやりました。人を雇うとそのための人件費が馬鹿にならないですから。車の修理等も、簡単なものは、彼がやってくれます。改装の材料も、税金がかからない日と言うのがあって、その日にまとめていっぱい買っていました。(ほかの州にもこんな日あるのかな?)草刈も、業者に頼まず、自分でやることにしました。

    4.買い物その2
    インターネットで安いものを探す。ムービングセールもこまめにチェック。ホールセールの店の会員になる。ここで買い物するときも、本当に安いのかどうかしっかり考える。

    5.セービング
    INGというところのセービングは、利子が3%。そこにお金を入れて、クレジットカードなどは出来るだけ払いきって、利子を避ける。

    6.その他つけたし
    昼食は外で買わない。自分で作ってお弁当持参。まだ予定ですが、コンポストを作って、台所のごみは、肥料にする。

    ユーザーID:

  • thrift store = リサイクル・ショップ = 宝探し

    貧乏学生なため、アメリカに来てから、洋服も雑貨もthrift storeで買うことがほとんどになりました。

    以下のように2つのタイプのお店があり、適当に使い分けています。。

    1. 買い取りもしてくれて、おしゃれなモノも置いてあるお店。洋服だと、1枚10ドル前後。

    2. チャリティが目的なため、寄付でなり立っているお店。「仕入れ」はすべて「寄付=タダ」なので、洋服や食器の場合、1点3ドル以下。家の中のモノが何でも置いてあるので、私の密かなワクワク・スポットです(笑)。

    thrift storeは、品数も多いし、ほぼ毎日空いているので、私はガレージセールより活用しています。

    新品が欲しい場合は、RossやFactory-2-Uなど、アウトレット品のみを扱っているお店に行きます。定価の半額以下で売っています。先日も部屋の雰囲気を変えたくて、Rossでシーツ、バスマット、カーテン等々、色々買ってきましたよ。

    ユーザーID:

  • 節約はへたですが、私はこうしています

    ご参考になれば。

    1)トイレットペーパー、オリーブオイル、生理用品、ビール、ワインなどはコスコとかSmart & Finalで買う。普通のスーパーの値段はばからしくて買う気がしなくなります。Trader Joeも物によってはよいです。

    2)スパイス類は、ヘルスフードストアなどで量り売りで買うと、ぐんと安いし、種類も豊富でしかも新鮮。これもビン入りのを買う気がしなくなります。

    3)料理したくないという怠慢から来る外食をできるだけ減らす。
    どうせなら、おいしいものをたまに食べに行ったほうが、お金を使うかいもある。

    4)日本食品の購入には気をつける。
    気を緩めるとたいした事はないものを買っても、かなりな出費になるので衝動買いに気をつける。地元の素材で代用できないか考えてみる。空腹時には、たくさん買いすぎてしまうので買い物をしない。

    もっと、みなさんの工夫を教えてください。

    ユーザーID:

  • 言い忘れました。

    健康にはくれぐれも気をつけましょう。

    アメリカは医療費がバカ高いです。私は歯医者は日本に帰国するたびに行って、アメリカの歯医者には行きませんでしたが、NYで虫歯4本治療してもらったという人が7000ドル払ったといってました。(これは私も信じられませんでしたが)

    物価が高いと、食費をケチったりしますが、安く買ったりして栄養はきちんと取り、くれぐれも体を壊さないようにしましょう。私の知人で、ストイックな生活をしていた人が、40代前半で肺炎で急死してしまいました。私も忙しい生活をしていた頃、食事がいいかげんになり、体を壊しました。保険に入っていたのでよかったですが、そうでなければ100万くらい払う羽目になっていたと思います。

    アメリカでの生活は、私にとってはいい思い出。気をつけながらも、楽しんでくださいね。

    ユーザーID:

  • いろいろありますが...

    ニューヨークは「安全になった」といわれていて、見方によってはそうなのですが、それは数字の上での話で、危ないところはやはり危ないのです。
    雰囲気のよしあしと、治安のよしあしとは、少しずれがあるので、「こわくないからOK」とか思うと痛いめにあいます。どんなことがあっても治安にはお金をかけてください。

    外食では、出費がかさみます。
    食事代だけではなく、そこまでいくためのガソリン代とか前後のイベント費用とか。

    人にもよりますが、電話代も。もしネットが手放せないのなら、テレビを全くつけないとかしたほうがいいです。英語の練習なら乾電池で動くラジオで十分です。

    アメリカでは晴れの舞台でないかぎり、日本的おしゃれは不要です。

    お買物をストレス解消にするのは、回避しましょう。回避するには旦那さんに何かストレスがあったらすぐ相談することです。

    ひとつケチ自慢をつくりましょう。ケチは、案外アメリカ人との話でネタになります。

    ユーザーID:

  • 化粧品は?

    皆さんアメリカでの倹約生活の場合、化粧品はどこで買われていますか。私は今まで日本に帰ったときに買っていたのですが、そろそろファンデーションがなくなります。ドラッグストアで買ってみようと思うのですがどれがお勧めですか。

    ユーザーID:

  • トピ主です♪

    みなさん、色々と情報をありがとうございます!

    この情報もあの情報もお得〜と感心しながら
    読ませてもらいました。

    私も楽しい節約を心がけて
    アメリカ生活を満喫したいと思います。
    産まれてくる子どもにもあまり贅沢を覚えさせず
    慎ましやかに育ってもらいたいものです(笑)

    今後もアドバイス&お得な情報をお待ちしております。

    ユーザーID:

  • どこに住んでいるか書かないと

    車の要不要は言えないですが、私は、冷蔵庫と同じくらい必要と考えています。例えダウンタウンに居住していても、車がないと、廻りの人の慈悲にすがる場面が多々出てきます。

    ガソリン代が高騰している中、燃費の良い車を持ち、出かける前に、ドライブの道順をよく吟味し、ガソリンの節約に心がけましょう。

    他の方が挙げられている、量販スーパーですが、物によって、普通のスーパーのほうが、安いこと多々あります。  事前の価格調査を念入りに。

    簡単な自動車・家電・家屋の修理は、自分で行うことで、かなりの思わぬ経費を節約できます。また、自分で探せば、部品・材料も安いです。  

    他の日本人の生活様式にとらわれないで、自分のペースで。

    ユーザーID:

  • 節約 節約!2

    家の電話は一番安い基本料金に設定しています。
    携帯が職場から持たされているので、
    家の電話は「受ける専用」にして
    携帯でかける場合も、電話代がかからない時間帯に
    かけるようにしています。

    友人は、家電話を持たず、携帯電話のみで生活していました。

    その人の生活スタイルで、「使わないものにはお金をかけない」
    ことが一番だと思います。

    車は我が家の場合必須なので、保険代が安いところを見つけ出し
    かなりセーブしています。(→これが唯一の自慢かも)

    ユーザーID:

  • Re:いろいろありますが...

    >ニューヨークは「安全になった」といわれていて、見方によってはそうなのですが、それは数字の上での話で、危ないところはやはり危ないのです。
    雰囲気のよしあしと、治安のよしあしとは、少しずれがあるので、「こわくないからOK」とか思うと痛いめにあいます。どんなことがあっても治安にはお金をかけてください。

    あの、どこの国に言っても危ない所は危ないのです。ニューヨークだけの話では有りません。日本でも無法地帯は有りますよ。家賃は異常に安いんです。

    ただ、面白いのは、ニューヨークの高級な所は犯罪が結構有るんですよ。要するにプロの仕事でしょうね。私の知り合いも、犯罪が多いとされているブロンクスに住んでますが、道に止めている車が荒らされた事は自宅付近はゼロ。

    しかし、安全な筈の高級住宅街のマンハッタンのパークアヴェニューや五番街に駐車していて車上荒しに何度かあったそうです。面白いですね。やはり、犯罪者も人間ですから、近所の人の車を荒らすのは、チョット気が引けるのかな、と言ってました。

    ユーザーID:

  • みなさん、節約してますね

    うちは5人家族ですので、そりゃあもう、節約にはまってます。コーヒーの豆かすは乾燥させて、靴を置くところに入れてます。(防臭剤の代わり。定期的に交換)クーポンは当然、Thrifty storeも定期的にチェックに行きます。ガラージセールも当然ですね。
    子供用映画はDVDやビデオを買わずにテレビで録画してます。誕生日カードなどはほとんど手作りであげてます。外食は極力しない。
    プラスティックバッグやビールの箱、紙袋は全部取って置きます。衣料品はバーゲンでしか買いません。
    ガソリンが高いので、どうしてもお買い物の時は、一軒だけでなく、4,5件順番に回っていきます。ドレッシングやたれは手作り。また、気がつけば、レスします。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧