研究職の方と付き合っている方

レス29
(トピ主0
お気に入り2

恋愛・結婚・離婚

れいこ

 20代OLです。以前も似たようなトピを見かけたのですが、相談です。数ヶ月前から、大学で研究をしている人と付き合い始めました。以前からの知り合いだったので、性格がとても優しい人だと分かっていました。
 私の電話、メールも忙しいのにマメに返事をくれて、休みの日は一日中一緒にいてくれて、うれしい反面、仕事は大丈夫なんだろうか、と思ってしまいました。他の友人から研究職は大変だと聞いていたので、私にそんなに尽くしてくれるのは無理をしているんだろな、と思っていました。
 最近になり、最初の頃はお互い嫌われるのが怖くて無理をしていた事が分かりました。
 これからは彼のペースに合わせようと思います。仕事の邪魔にならないように、彼の負担にならないような付き合い方を、自分なりに考えています。何か良いアドバイスがありましたら、お願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 研究職してます

    研究職といってもいろいろです。朝から夜中まで働いている研究室もあれば、そうでないところもあります。

    また、職も企業の研究室とそれ以外の場合では安定度も違います。企業と違って、現在いる私のいる研究室は研究費が取れなくなれば消滅してしまいます。

    新しいものを作るような仕事と同じだと思いますが、見えないものを形にしなくてはいけないのでいろいろ大変な部分があります。

    また、実験に時間がかかることも良くありますし、自分だけで予定が組めないこともあります。

    なかなか、データーの出ない時期もありますし、そういう時期に精神的にサポートしてあげられればと思います。

    実験のことで頭がいっぱいになってしまい、家族のことまで気が回らない研究者もたまに見かけます。これは研究職に限ったことではないと思いますが、それが原因で離婚している方もいるようです。

    そのような生活があなたが許容できるかどうかが一番だと思います。

    ユーザーID:

  • 研究者としての意見

    お互い嫌われないようにがんばってたなんてかわいらしいですね。

    私は女性で研究者(今は、会社勤めなので研究職かな)です。男性とは違うとは思いますが、何か助けにならないかなと思いまして投稿しました。

    研究職って詰めるときは心身ともにとってもハードです。学生時代は1/2から研究室で作業をしてましたし、会社でも7時前に出社、0時過ぎ退社なんて時期もありました。でも、ずっとそんな時がずーっと続くなんてことはないです。続いたとしたら体壊しますから(笑

    まずは、彼のお仕事の状況をよく聞いてみてあげたらどうでしょう? 論文の締め切り前とか学会発表時期、実験がかきょうに入っている時期等忙しい時期を教えてくれると思います。

    後は少し先めの予定を立てるとかですかね。先だったら、そこに照準を合わせて仕事も進められますし。

    がんばれー。

    ユーザーID:

  • 文系・理系どちらですか?

    「大学での研究職」は文系、理系で大きく異なります。

    うちの夫は文学部、史学系ですので、家にいることも多いですし自分の都合の付くように仕事を調整したり出来ます。会社員さんなどよりずっと自由に見えるかも…

    叔父は、農学部、畜産系ですのでほとんどおうちにいる時間がないみたいです。研究用の動物は放っておいたら死んでしまうし、毎日数時間とか数分おきに手入れしないといけない細菌があったりします。

    トピ主さんの彼氏さんはどちらですか?

    私も結婚前は「彼の勉強の邪魔にならないように気を付けなくては…」と考えていましたが、やはり本人が好きで選んだ仕事、私がどう邪魔をしようとやりくりつけてしっかり前進しているようです(笑)

    また、そのくらいの力量がないと研究職でやっていくことは難しいのでは…と思います。

    ですからトピ主さんもそんなに神経質にならずにおつきあいしても大丈夫ですよ。
    「君と遊んでいて勉強の時間が取れなかったんだ」ってダメになるような人は何をやったってダメです。

    ユーザーID:

  • いえいえ!

    大学の研究職は(ポスドクかな?)
    超ゆるーーーいです。もう民間と比べたら
    申し訳ないくらい。

    時間にルーズでみんな昼間頃やってきて
    用事を足しに抜けて、夕方帰ってきて
    夜まで居るのが多いかも。

    友人で国立大助手をしてる人は、奥さんが精神的
    に不安定な人なので、理研を辞めてあえてこの職を
    選んだといってました。

    大学の研究職はある意味自分が自分のボスに
    ならなきゃならなくて、一生懸命精を出すのも
    サボるのも自分次第。自己管理が問われますね。
    私立は雑用も多くて忙しいみたいですけどね。

    安心してください。

    ユーザーID:

  • 参考になるかわからないが

    私の夫は、メーカーの研究職です。
    大学とは違うので、どこまで参考になるか分りませんが、一つ思うのは、「相手の仕事内容が特殊なものだからといって、特別扱いして考えるべきでない」と、言う事です。

    どんなお仕事でも、その人にしか分からない事、難しい事、忙しい事、ハードな事があるんです。大学の研究職も、一般企業のサラリーマンもそれは変わりません。

    トビ主さん自身に、「自分と世界の違う人と交際している」という気持ちがあるんでしょうか。そうだとしたら、人間的付き合いを求めている彼さんに対しても、気の毒なことだと思います。

    お互いにとって、お互いの仕事や趣味の世界は立ち入れないし、分らないことは当たり前。私は、夫の話す内容でしか主人の仕事のことは知りません。でも、それでいいと思っています。夫の仕事と結婚したわけではなく、人間としての夫と結婚したのですから。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 研究職です。

    研究職(文系)、30代、女性、既婚です。大学を卒業してすぐの頃、OLもしていました。お相手の方は理系でしょうか。

    研究職といっても理系と文系ではまったく違いますので、一概には言えませんが、お相手の方はすでにお仕事と結婚していると思った方がいいかも。

    自分のことですが、こういう仕事をしていると私生活との区切りがつきにくく、価値観もズレてきます。私の場合、3000円のアクセサリーやお洋服は高いと思ってなかなか買えないのに、1万、2万の研究関係の本ならすぐ買ってしまいます。カレンダー上は休日でも論文を書いたり、資料を読んだり。仕事が佳境に入れば、家事まで気がまわりません。夫も同業者なので、理解してくれているようですが、快くは思っていないでしょう。

    「違う星の人」くらいに思っておつき合いする方が、楽しめるのでは。それから、あまり「彼のペースに合わせ」るとか「負担にならないよう」にとか考えると、トピ主さんにばかりストレスがたまってしまいますよ。「私はこうしたい、こうしてほしい」って伝えることは大切。とくに研究職は純粋だけどニブい人多いから。

    ではでは、お幸せに〜。

    ユーザーID:

  • パターンがあるはず

    夫が大学の研究員です。

    研究を仕事にされていると、没頭するときは何日も寝なくて平気、食事もどうでもいいという感じの人もいますね。
    日々時間に拘束されていないように見えても、実際はもう少し長いスパンでの時間的拘束があるといえばわかるでしょうか。理系だったら実権がひと段落とか、文系の場合は出版と発表が交互にきたりしますが、その直後というのはほっとしていて余裕もあります。
    そういう時期にたのしいことを計画したりゆっくりすごして、没頭しているときは放置してくれるのがいちばんうれしいと夫はいいますね。
    結婚して5年でようやくそのパターンがつかめてきて、子供まで今はパパお勉強だから静かにしてるよ、終わったら遊ぶと言っています。
    いつもいつもかまってチャンで、豆男を期待すると難しいかもしれませんが、パターンがつかめるとおつきあいも生活も一緒の時間・自分だけの時間と楽しめてよいと思います。

    ユーザーID:

  • 一番必死の時期ですから・・・

    理系のポスドクだとしたら、非常に不安定な一時雇用の状態ですから、ゆるく過ごしていたら次の職につけません。特に今は政府がポスドクを大量生産したつけが回ってきて職の奪い合いになっていますから、ポスドクの間にきちんと業績を上げておかないと、数年後には仕事にあぶれてしまうか、40になってもまだポスドク、という状態になってしまいます。

    必死になっているポスドクは、基本的に、実験以外のことは出来れば考えたくないというのが共通しているようです。必死になっていても、論文〆切り前などでなければ週末は休む人も多いですから、メールや電話も含め、週末を中心にしておけば問題ないのではないでしょうか。人によっては平日にエネルギーを使いきり、週末は抜け殻になってしまう人もいますが、コレは人によると思います。

    いつが忙しく、どんな生活形態で過ごしているのかは人それぞれですから、やはり彼がどんな研究職なのかもう少し具体的なデータを提示するか、近くの人に調査(?)するか、彼に直接きくか、がいいように思います。

    ユーザーID:

  • トピ主さん趣味はありますか?

    夫が大学生の時から付き合って結婚5年目の主婦です。
    夫は理系の研究者ですが確かに忙しそうですね。

    今は私に趣味が出来てその時間も大切にしたいので、一緒にいる時間が短くても平気なのですが、無趣味の頃は会えないと退屈そうにしている私を見て忙しくてすまないなと思っていたようです。

    なのでトピ主さんも打ち込める趣味を持ってみてはいかがでしょう?
    「あなたのペースに合わせるけど、私にも趣味があるから会う時間が少なくても大丈夫」という感じのお付き合いをしたら彼の精神的負担も少ないのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • そんなに構えなくても大丈夫よ

    大学と企業では多少違いがあるとは思いますが・・・私の彼が企業で研究開発の職についていますが、残業や自宅に仕事を持ち帰っているのが普通という感じです。

    また、今後に必要な技術だからと、帰宅後も毎日のように主に英語の資料類を読んで勉強しているという具合で、仕事とプライベートの区切りは無いといっても過言ではありません。

    ぼーっとTVを観ているようで、実は研究のことを考えてたなんて日常茶飯事ですもの。
    でも、お仕事に波があるので、研究の山場や納期の迫った時期などは泊まりもザラですが、比較的ゆったり構えていられる時期もありますよ。

    ある程度のスケジュールは事前に分かるはずだし、大学なら突発的な変更も少ないと思いますので、彼の研究スケジュールを踏まえて、2人の時間を上手に作ってみてはいかがですか?

    私は、彼が忙しい時期は、自分自身のために時間を使い、彼に余裕がある時期は、彼のために時間を使うという感じでメリハリをつけてます。

    ユーザーID:

  • 理解出来ないことだらけ

     以前付き合っていた人は、理系(生物工学)の博士課程の人でした。
     菌の面倒を見なければならず、デートもいつも時間キッチリに切り上げられました。
     朝学校へ行き、夜中に帰って来る。研究室泊まりもざらでした。
     デートは月に数回。学会等が重なると1,2ヶ月会えない時もありました。
     当時、学部生だった私(しかも文系)にはそれが理解出来ずに、結局別れてしまいました。

     夫は文系(史学)です。同じ研究職でも、こうも違うものかと思います。文系は理系と違い、設備いらず。本さえあれば家でもどこでも出来るのがウリなので、よく家にいます。
     きっと近所には、無職?と思われていそう(笑)
     
     でも、大学院へ進学して気付きました。今なら理系の人の忙しさが理解出来るので、きっと別れたりしないだろうな、と・・・

    ユーザーID:

  • ただのサラリーマン

    メーカーの研究所に勤めています.
    研究職とはいっても,サラリーマンです.
    8時過ぎに出社し,21ごろまで残業して,付き合いで飲みに行く.
    そんな生活です.
    学会前などは忙しいですが,それはみんな同じでしょ?
    決算前の経理や,採用シーズンの人事など….

    別に特別な人種ではありません.
    普通に接してください.

    大学の研究者も,大して変わらないと思います.

    ただ,「趣味=研究・学問」という人は多いです.
    私も,休日でも専門書や文献を読んだりしていますから.
    仕事のためというよりは,娯楽の要素が強いです.

    そんな姿を見て,「私より仕事が大事なんだ」と思わないでください.
    自分の趣味に没頭しているだけなので,温かく見守ってあげてください.

    ユーザーID:

  • 大学にも寄りますが

    私の場合は本当忙しかったですね。
    勤務時間は朝7時から夜12時まで。
    毎日毎日欠かさずです。
    徹夜は週2回くらいで、そのまま連続で勤務するので、連続勤務時間は40時間くらいになります。
    仮眠もしません。睡眠時間は平均4時間弱。
    土日もお盆も正月もありません。
    休日は年間(土日祝日を含めて)3,4日です。
    この生活を15年続けました。

    今は体力がなくなってきたので昔みたいにはいきませんが、それでも毎日の勤務時間は16時間を下りません。土日もお盆も正月もありません。
    そしてこの生活が退職するまで続きます。
    私の恩師も還暦前ですけど、私と同じような生活を送っていらっしゃいます。

    ユーザーID:

  • 理系の夫の立場では

    文系出身の妻がいますが,正直参っています.
    その発言集.
    ・何で定時に帰れないの?残業手当もつかないのに.
     (夕方にボスが仕事をもってくるので断れない)
    ・昇進するのはいいけど,引っ越すのは嫌.
     (今どき内部昇進にこだわっていたら一生上がれない)
    ・海外に行くのなら離婚する!
     (国際会議に一週間行くだけで泣きわめかれた)

     妻が怒って実家に帰ってしまうと,
    「これでゆっくり研究できる.」と思ってしまう自分が
    います.
     週末をゆっくりパートナーと過ごしたいという方には
    理系の実験系研究者は全くおすすめできません.自分の
    趣味なり仕事なりをしっかりもって,お互いの価値観を
    尊重できる人ならなんとかなるでしょう.
     私のように不幸にならないようにお願いします.

    ユーザーID:

  • 横ですが〜研究職さま

    >学会前などは忙しいですが

    ちょっと気になりました。
    しかもメーカーの研究職ならば、時にです。
    学会に出すのは、特許でおさえたものか、まねされてもどーでもいい内容かどちらかですよね?
    下手に成果を学会などで発表してしまうと、他者にまねされる可能性が高いからと認識していました。
    学会よりも、仕事の納期の方が忙しい・・・なんて思ってしまって・・・。

    横になってすみませんでした。

    ユーザーID:

  • 東大院研究

    研究職ではないですが、彼氏が理系研究生です。
    学校で寝たりと、ハードにみせかけて、
    朝の出勤は昼とかのような気もする・・
    なんかなぁ〜と思います。

    忙しい忙しいいってるけどね。
    私がまだ高校生なので、最近はずっと不満です。
    なんか、なめてみてる気がしてならない。。。

    ・・と、トピずれのようですが、
    まあ、そんなもんであまり忙しくないですよ。
    ただ、論文提出の時とか、三日徹夜とからしいけど。


    ちなみに、東大研究室は国家予算が20億あるとか?
    企業が飲み会なんかの費用も出してくれるらしい
    (ぜひ就職して!ってことですかね?)

    パソコンただで3台もらってた。い〜なぁ

    ユーザーID:

  • 彼が研究職

    彼が企業の研究職です。

    そんなに構える事ではないです、何系かにもよりますが忙しい時期と比較的落ち着いている時期があるはずです。そのうちお互いのペースというのが掴めてくると思います。

    ただ、普通の会社員のようにあまりONとOFFの切り替えがない職種なので、なかなか休日しっかり休めるという事はないし、忙しい時期は職場に泊まりになってしまったりと、そこは理解して自分の趣味などの時間に充てれると良いですね。

    ユーザーID:

  • わかります <理系実験系さん

    私も理系実験系です。実験しながら数値計算と理論解析もするという、一人三役です。

    >何で定時に帰れないの?残業手当もつかないのに.

    そうそう、よく言われていました。

    >昇進するのはいいけど,引っ越すのは嫌.

    言われていました。結局、講師昇進で引っ越し、助教授昇進で引っ越し、と毎回引っ越してます。そして今の大学で教授に昇進するつもりもありません。

    >妻が怒って実家に帰ってしまうと,「これでゆっくり研究できる.」と思ってしまう自分がいます.

    まさにその通り!

    けど、注意したほうがいいですよ。
    結局うちは離婚してしまいましたから。

    ユーザーID:

  • 罰当たりますよ

    忙しいと書き込まれてる方々、世の中の
    サラリーマンの実態をご存知なんでしょうか?
    朝早くから満員電車にスーツで揺られて、分単位の
    時間に追われ、ノルマが取れなきゃ帰ってくるなと
    言われ。

    研究打ち合わせと称してプライベートな用事を足す
    ために出張出来たり、多少遅刻したってお咎めも無く
    茶髪、ロンゲ、TシャツにGパン通勤OK。
    お昼の時間だって決まってるようで決まってない。

    仲間とは、好きなことでメシを食ってるという
    事に謙虚でなければならないと話してます。
    (そういう謙虚さを持ってる人間が結局常勤の
    仕事に就いてます。勘違いしてる人は
    ずっとPDどまり)
    また、論文締め切りでたて込んでる時以外は集中して
    効率よく仕事が出来なきゃ駄目です。毎日忙殺されて
    るなんて仕事が出来ない証拠です。

    ユーザーID:

  • 横ですが>なんちゃって技術者様

    物質特許をとった後の化合物なら、効力薬理の結果や作用機序に関する結果などは新しいデータでも学会に普通に発表しますよ。
    それ自体は特許にならないし、化合物の物質特許を押さえてるのはこっちなので真似されてもなんの問題もありませんから。

    作用機序が判らないままスクリーニングアップされてくる化合物というのは結構多いので、作用機序が面白ければ論文にもなるし、学会発表もするのです。

    ユーザーID:

  • なんちゃって技術者さま

    特許法第30条第1項の規定による「特許庁長官が指定する学術団体」に指定されている学会が行う学術会議で発表した内容ならば、特許出願前であってもそれは知的財産として保護されますよ。

    ただし、学会が発行する証明書を発表の際に取得しておいて、発表後6ヶ月以内に特許出願することが条件です。

    ユーザーID:

  • 思いやりが大切

    私の夫は30代・研究職(理系)です。
    お互い仕事をもっているので遠距離(飛行機に乗る距離)で結婚し、
    つまり今一緒に住んでいません。
    夫婦の意味がないといわれますが、とてもいい関係ですよ。

    結婚前(今も)毎日電話をするのですが、
    私たちの場合のルールをいくつかご紹介します。
    電話がメインですが・・・

    ・電話をしないでほしいときはあらかじめ申告する。
     →徹夜明けで早く寝るときなど
    ・電話で4回コールして出ないときは留守電になる前に切る。
    ・着信に気づいたらコールバックする。
    ・相手からコールバックがなくても気にしない。
    ・愚痴を聞きできればアドバイスする。
    ・時々会う際には時間を作って会うので、喧嘩してもすぐ仲直りする。
     (喧嘩の時間がもったいない)

    お互いに相手を思いやっていれば、行動に現れると思いますよ。
    昔、夫が博士論文を書いている時は会わずにメールと短い電話だけ。
    私はしっかり実験&論文を書いて欲しかったので
    文句は(言いたかったけど)言いませんでした。
    また、デート中に実験の事を考えていたりしますので
    大きな心をお持ちください(笑)

    トピ主さんもがんばってくださいね。

    ユーザーID:

  • 横ですが…(ちょっとのろけ)

    私の彼(?)は大学教員。
    遠距離だから全然会えない。
    メールは1週間に1回程度。
    おまけに立場上まだ付き合えない。
    だからメールも私から。


    でも…!!!

    まるで私の側にいるような内容のメール。
    悩んだ時は何日でも付き合ってくれる。
    なんだかんだ言って大切にしてくれてる。


    こんな恋愛もありますよ☆

    ユーザーID:

  • 分野と人によります

    私は理系研究者で旦那は文系研究者です。
    研究職といっても分野によります。
    ペースがお互いにあるので、話し合って察して快適に過ごす努力をしています。
    どの状態が一番いいか彼とよーく話をしてみてくださいね。

    遠距離結婚してますが、ずっと仲良しです。

    ユーザーID:

  • 人によって違うのかも

    うちはメーカーの研究職です。
    夫は「技術職だ!」と言ってますが、生産に直接つながる研究(開発?)をする部署と、長い目でみて会社の利益につながるような研究をする部署があり、夫は後者なので研究職、と言えるでしょう。

    夫も学会などにいって、大学やメーカー、国立研究所などの研究職の人に会いますが、所属によっ、研究職の仕事に対する考え方は違うようです。特許を取るのが仕事、という人もいますし、学会や雑誌に発表してなんぼ、研究はおいといていかに顔を広げて研究費をとってくるかが仕事、と言う人などいろいろいるようです。

    何か横気味ですが、研究者にもいろいろあるので、どんな仕事なのかよく知って、あとはお互いに調整していけばいいと思います。

    ユーザーID:

  • 夫が大学教員です

    な、なんてお優しいのでしょう。あなた方は。いいですねえ。私は夫が大学助教授です。結婚前は私達もそのような感じでした。

    しかし、年月は過ぎ、お互いの本性を知り始めると、神経の細か〜い夫は、口うるさいおっさんに変身しました。私の至らぬところをガミガミガミガミ言います。

    今のうちに甘い生活を楽しんでください。そのうち「現実」に直面します。たぶん。私は夫の研究の邪魔にならぬよう、負担にならないように考えることに疲れ果てています(笑)。

    ユーザーID:

  • はああさんに一票

    高校生ってさすが、若いだけあって(失礼)見る目があるわーーと思いました。あなたの勘は正しい!(と私は思う)。29歳国立大学講師(文系)です。

    全部には当てはまらないと思うけれど、私が思うに・・・

    1、 一般企業の方が物理的には間違いなく忙しい(これは本人たちも認めているはず)。

    2、 だらだらと夜遅くまで働いている人は確かに多い。8割(もっと?)の研究者は怠惰な自分を分かってる。だから忙しいふりをする。そのうち効果は上がっていなくても、本当に忙しい気になってくる。2割はきちんと業績作って頑張っている。でもこれの比率って一般企業でも同じじゃない?

    3、研究者側からのエクスキューズとしては、やっぱりアイデアとかってただ物理的に忙しいから出てくるものではないんだよね。だらだらしたり、コーヒー飲んだり、こういう掲示板見たり、。。。ぼけーっとしたり。自己管理が大事、ということでしょうか。

    研究者だから、、、という部分は99%関係ないと思います。でも1%、時々1人の時間が[絶対に]必要な職種ではある、と私の場合は思います。


    参考までに!

    ユーザーID:

  • 気を使うばかりでなく

    私の彼も研究者です(今彼も元彼も)。

    私は自身が大学院に入るまでは同世代の研究者と全く接点がなかったので、彼が研究者は年中無休と言っているのが最初全く理解できませんでした。

    最初は論文の締め切り直前に「この日とこの日は電話してこないで」と言われたり、泊まった次の日に夕方頃までダラダラしていると彼がだんだん落ち着かない様子になってきて、「何日締め切りのあれをやらなくちゃいけない」などと言い出すのが本当に寂しかったですが、今は私も研究職として同じぐらい忙しいので、彼氏友人含め誰にも会わずに自分のやりたいことに没頭したいというのは理解来ます。

    お互い気をつかってばかりだとどこかで不満が爆発すると思うので、忙しいときはちゃんと彼に事情を説明してもらって、しばらく放っておかれても平気ぐらいの感じになれれば、いいんじゃないかと思います。

    因みに私の親族にも大学教員が多いですが、どのカップルもお互いに仕事を持っていて忙しそうですが、子供もいますし、仲良くやっています。どちらかが相手に一方的に合わせるという関係ではないほうが上手く行くのでは?というのが私の考えです。

    ユーザーID:

  • みなさんありがとうございました

    想像以上にいろいろな方からアドバイスを頂き、感謝しています。
    確かに、あまり考えすぎるのはよくないかもしれません。
    負担にならないように、仕事の邪魔にならないようにと考えていると、いつのまにかこちらがストレスたまっていますし・・・

    どなたか、趣味を持つと言ったご意見がありましたが、実は8年ぶりにピアノを再開しました。彼氏に会えない時などいらいらは全てピアノにぶつけています(笑)
    友人に甘えるのもこの年ではみっともないですし・・

    みなさんのご意見を参考にして、前向きに考えたいと思います。
    お忙しい中、アドバイスをして頂きありがとうございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧