• ホーム
  • ひと
  • 過去にあった嫌な事がいつまでも忘れられない

過去にあった嫌な事がいつまでも忘れられない

レス25
(トピ主0
お気に入り6

家族・友人・人間関係

りんご

毎朝起きると、過去にあった嫌な事を思い出します。
寝て起きたらまた違う嫌な事を思い出しています。どうやったら忘れられるのでしょうか?

私は口下手なので、何か酷い事を言われたときに「この人なんでこんな事を言うんだろう?」と思い、すぐに反撃できず、ニコニコ笑って済ませてしまいます。大人になってからは言い返さないといけないと思いながらも、胸がギュッと苦しくなって言い返せません。その為こいつは何も言い返さないと思うのか同じ人からなんども嫌な事を言われたりしてきました。

友達に話すと過去のことは過去のこととして忘れた方がいいよ。と言うんですが。忘れられません。あの時、ああいえばよかったこう言えば良かった。という思いがずっとあります。

現在二十代半ばなのですが、十代に言われた嫌なこととかも思い出します。
心療内科に通おうかとも思ったのですが、忘れられるとは思えません。仲のいい友達に話して、ちゃんと優しく聞いてもらってなぐさめてもらっても忘れられない(克服できない)のに、見ず知らずの先生に話して良くなるのでしょうか? 薬を貰いにいくつもりで行った方がいいのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大丈夫。

    私もありますよ。

    あの時、ああ言っておけばよかったとか、言い返せばよかったとか・・・。多かれ少なかれ、どんな人でもそういうことってあるんじゃないかなあ。(人の話を聞かないで、自分の話ばかりしている人以外は・・)

    あなたには、そういう自分の辛かったことを聞いてくれる友人がいるんですから、幸せですよお〜。

    ユーザーID:

  • 肯定するしかないのでは?

    過去にあった嫌なことを思い出す気持ちはとても
    よくわかります。過去、自分にもありました。

    これは私の経験からですが、過去にあった
    嫌なことも自分にとっては、それなりの糧
    になっていると思うことで少しは解消される
    気がします。

    嫌な経験を「嫌だ」という印象で記憶して
    いると思い出すたびに苦痛にしかならない
    と思います。

    しかし、あの時は若かったなぁとか、あの
    経験があるから人の痛みや苦しみも分かる
    のかも…、等なにかしら自分にとって「肯定
    的」な印象に変えることで思い出した時の
    苦痛の度合いは低下すると思います。

    これは、自分がそう思いこむしかないので
    人に話してもあまり解決しないのではない
    かと思います。一時的に楽にはなりますが…。

    ユーザーID:

  • 同じです

    私も言い返せません。
    後で言うべきだったと思うのですが、すぐに自分の気持ちを抑えてしまうんです。
    笑ってごまかしたりして・・・。
    で、根に持つんですよね、いつまでも。

    心療内科に行っても何の解決にもならないと思います。

    思い切って言うべきです。
    なかなか言えないんですよね、これが。

    自分の気持ちを率直に言える人がうらやましいですよね。

    ユーザーID:

  • わかりますよ!!

    私もよく、人から受けた嫌な言葉、ひどい仕打ちを思い出します。そして体の調子までおかしくなります。

    ずっとずっとそうでした。

    でも今、大きな悩みがないのに、昔あった嫌なことを何度も何度も反芻してまるで<<今体験しているかのように>>味わうのは人生の無駄遣いだと思うようになりました。

    だって自分の人生は限られているし、もしかして明日という日があるかどうかもわからない、それならどんなことでもいい、自分を楽しませることをして過ごした方がいいと思うのです。

    好きなお菓子を食べる、野球を観戦する、美味しいお酒、漫画を読む、映画を観る、部屋を徹底的に綺麗にする・・・、無理にでも楽しみを探すようにしているうちに嫌な過去を思い出す時間も減ってきました。

    自分が何をしているときが幸せかリストアップされてみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 行きましょう(通院経験者です)

    私も悩んだことがあり、心療内科にお世話になったことがあります。
    世間には心療内科ヘ通う=精神病、と言ったような偏った見方がいまだにあると思います。それで受診をためらう方がいるのも事実です。

    しかし、通院してしまった方が、はっきり言って気が楽になります。相手はプロですので、心置きなくあなたの悩みに耳を傾けてくれますし、必要ならカウンセラーを紹介してくれたりもします。

    もし、あなたにそんなに問題がないのならば、たまに顔を出す程度で済みますし、そんなに深刻になってかからなくても大丈夫です。一度のぞいてみてはどうでしょうか?

    適当な心療内科に心当たりがなければ、最寄の保健所に電話で問い合わせる事もできます。保健所からあなたの相談内容が漏れることはないので、安心して相談されて大丈夫です。

    ユーザーID:

  • ネガティブ・パワーを植えつける人から離れる・・

    一番卑怯なのは、間違ってると思いつつ、反論もせず、陰で仕返しをする根性。。
    コレは自分自身で憎む、恥じるべきこと。。

    ユーザーID:

  • イメージパワーで

    トピ主さん、わかります。
    イヤなことって、なかなか忘れられないですよね。
    思い出すたびに暗くなってしまうし。

    いまから書く方法が、少しはヒントになるかも
    しれません。

    思い出すのは仕方がないことです。
    忘れようとしても忘れられるものではありません。
    でも思い出したときに、それについて何も
    思わないようにすることはできるのです。

    ただしこれには訓練、というと大げさですが
    少し練習がいります。

    数年開けていない箱が出てきたと考えてください。
    中に入っている物は不要な品だということも
    わかっています。
    言ってみればこの箱が、イヤな思い出です。

    イヤなことを思い出したら、まずそれを
    「きったない箱」にイメージ化してください。
    イヤな過去を思い出したときに、
    「あのときああすれば」と思うのは、
    見なくても不要品だけとわかっている箱の中を
    あえてのぞくようなものです。ですから
    もう中を見ないで捨てる。想い出が出てきたら、
    それ以上想像を発展させないで、そこで思考を
    断ち切ってしまうのです。
    (続きます)

    ユーザーID:

  • イメージパワーで その2

    (続き)
    まとめますと、
    1・イヤなことを思い出したら、それを「汚い箱」に
      イメージする。これはイメージしやすいもので
      OK。ゴミがつまった袋がいいなら、それでも。

    2・中を見ないでそれを捨てるところを
      イメージする。
      私はゴミの車が止っているところにその箱を
      持っていって「すみません、これもお願いします」
      といって清掃員の人に渡す。するとその人は
      なんのためらいもなく、ウィーン〜と作動している
      ゴミ車に放り込む。箱はあっという間に
      見えなくなる。こんなところをイメージします。

    一度で効く場合もあれば、よほどイヤな思い出は
    何度かやらないとダメですが、
    とにかくわいて出てくるたびに、
    それ以上は連想しないで、ただ捨てるイメージに
    徹してください。

    すると不思議と思い出さなくなるか、思い出しても
    イヤな連想をしなくてすみます。

    何かヒントになれば幸いです。

    ユーザーID:

  • そんなぁ

    薬とか病院とかの問題ではないのでは?
    薬で抑えようなんて悲しすぎませんか?

    問題を歪んだ形でねじ伏せるといつか思いもよらない形で爆発するのでは?
    トピ主さんはショックを受けるようなことを言われたんでしょう?だったらトピ主さんが自分を責めるのはおかしくありませんか?

    問題は、人を傷つける発言をした相手とトピ主さんの受け取り方なのでは?
    落ち着いて、自分と向き合ってはいかがですか?

    解決までには、長くかかるかもしれないし、目を背けたくなることもあるかもしれませんが、間違った判断は危険だと思いますけど。

    ユーザーID:

  • 気持ち分かりますよ

    私もひどい事を言われたりされたりした時、どんなに不快に感じても自分の感情を適切に表現できなくて困っていました。〜傷つけられたら牙をむけ〜とチャゲアスの歌の歌詞にもあるように、限度を越えた我慢は精神衛生上よくないので、自分を守るためにもうまく吐き出す必要があります。これがなかなか難しいんですけどね。「怒り方を知らない」人間にとっては。

    何故私は「怒り方を知らない」のか?原因は親のしつけにあります。母は世間体をひどく気にする人で、どんな正当な理由があっても私に人前で怒りを表現することを許しませんでした。

    ユーザーID:

  • 気持ち分かりますよ 2

    幼いころに植え付けられた習慣ってなかなか簡単には変えられないんですよね。でも正当に「怒る」ためのパターン訓練で少し改善できます。私の場合は練習台になってくれるパートナーが必要でした。とにかく演技の練習の要領で言われたら言い返す人間の役を演じるのです。そうするうちにいらない負の感情を浴びっぱなしだった損な私とサヨナラ出来ました。

    ただ嫌われたくなくて感情を出せないというのなら、これは参考にはなりませんけど・・・

    ユーザーID:

  • なかなか忘れられないよね

    判ります、判ります。私も何かと思い出してしまうタチで、しかも嫌な事が圧倒的に多いのです。その日は悪いことが何も無いのに、過去の嫌な出来事を思い出してしまったせいで、一日中その事が頭の片隅にあって、何となくどーんとした気分になって嫌なのです。

    それで、大学ノートにツラツラと過去日記をつけてます。思い出した嫌な出来事を書き出すのです。不思議とこれが書いているうちに頭の中が整理されてきていいんですよ。そして、現在の自分から過去の自分に、「今の私ならこうするけど、あの頃の私なりに悩んで頑張っていたんだ、精一杯やったんだからもういいよ。」と許してやれるような気持ちになります。

    忘れる事は無いけど、嫌な出来事でもきっと私の人生にいつかプラスになることがあるはず、人生に無駄なことなんて無いはず、とちょっと前向きになれましたよ。人に見せるものじゃないから支離滅裂でもいいんです、書いてみて。人に話すと同情してもらいたくて自分の欲しい言葉をかけて貰えるように話してしまいますが、書くという作業は自分との対話ですから、着色無く嘘も無く、ストレートに自分の気持ちのモヤモヤに効きます。

    ユーザーID:

  • みなさんありがとうございます。

    トピ主です。
    大手小町にアップされていたのに気付かず、お礼がおそくなりましてすみません。

    いろいろな意見大変参考になりました。

    具体的な案を示してくださった方や、同じ思いをされている方、実際心療内科に通われている方、他にもいろいろとありがとうございました。

    ユーザーID:

  • イメージを使うのは有効ですよね!

    どんとこいさんのイメージを使って嫌な記憶を消化するのはすごく良い方法ですね! 

    過去の嫌な記憶を堂々巡りしてしまう、そういう感情って脳の中に化学物質が生成されて中毒のようになってしまうらしいですよ。

    気がつくとささいな事でも滅入るようになります。中毒を断ち切るには麻薬やお酒と同じでまずはその行為をやめる事ですね。

    最初は禁断症状のようにすぐに自己憐憫に浸りたくなってもすぐに気づいたらやめるんです。気分転換に他の事をするのも有効だと思います。

    私が前本で読んで感心したことばに、
    「どんな人でもあなたに害を与えたら、その事でその人は自分の行為の責任をとる必要がある。でもそれとは別にその行為が終わったあとでもずっと苦しみつづけるのは、あなたの責任です。」 相手のしたことは悪いかもしれないけど、その事が終わったあとも苦しみ続けるか、それを気にせず気持ちを切り替えられるかは、自分次第ですよね! 

    私も以前はすぐ落ち込むタイプでしたけど、訓練したら嫌な事があっても気分を変えるのが上手になりましたよ!!

    ユーザーID:

  • 忘れる練習は必要

    自分もそうでした。
    ある日、ふと、「忘れるのにも練習が必要なのかもしれない」と思いました。

    そうなんですよ。
    他の人は、いろんな事を自然に忘れられるのかもしれないけど、自分には必要だったんです。
    「物事を忘れる練習」が。

    自分なりの練習をしてみてください。
    思い出しそうになったら、「ちがう、ちがう、今やってることに集中、集中!」と、心の中で強く思い、無理やり頭の中から、不必要な事を、追い出すのです。

    80キロくらいある不必要な荷物を、全力で、家の外に押し出して、鍵をかけてしまうようなイメージですかね・・・^^。

    ユーザーID:

  • 大丈夫!

    ウルフルズの「大丈夫」って歌をご存じですか?進研ゼミのCMで流れているやつですが、歌詞がいいですよ。

    「僕は大丈夫 きっと大丈夫 忘れたい事 あるけど」

    ね、みんな、同じなんですよ。まわりの人たちは案外忘れていたりすることも多いし、前向きに、がんばろっ!

    でも私もいつも過去の恥ずかしい失敗を想い出しては夜中ふとんの中でギャアーって悲鳴を上げてますけどね。

    ユーザーID:

  • わかりますよ〜

    私の場合、口下手というよりは頭の回転が遅すぎて、その場では何も言い返せず、後になって「ああ言えば良かったんだ〜」と悔しくなることが多いです。
    それでも、そのうち思い出さなくなるのでトピ主さんのように苦しまずにすんでいます。

    私は心療内科に行くこともひとつの方法だと思います。たまにならともかく毎朝思い出すのは辛いでしょう。
    こういうことって友達に慰められて克服できるものではないと思います。
    心の問題に関しては、仲が良くても友達は素人、診療内科医はプロです。
    どちらかといえば薬よりカウンセリングを受けるほうがいいのかな?
    何かいい克服法が見つかるかも。

    ユーザーID:

  • 私は…

    りんごさんがうらやましいです。

    だって、りんごさんは、
    昔言われて傷つけられたことが忘れられなくて
    辛いのでしょう?

    私は、言われた言葉よりも、
    思わず言ってしまって相手を傷つけたことが
    いつまでも忘れられなくて、
    「なんで、あんなこと言っちゃったんだろう〜。」
    という後悔ばかりです。

    自分が受けた傷は、
    自分の心の持ちようで、
    軽くすることはできますが、
    ヒトに与えてしまった傷は、
    自分ではどうすることもできないですものね。

    傷つけるよりも、
    傷つけられる方がいい…
    と、私は思ってしまうんです。

    ユーザーID:

  • 難しいことですよね。

     過去の嫌な事を忘れよう。忘れよう。とすればするほど忘れられない気がします。私自身はそうでした。それは子供の頃の辛い思い出ですが、大きくなってもついて回りました。結局私は心療内科へ行き、そこで初めて事細かに話し一時的にはよくなっても、また辛いことがあると過去の嫌なこととと重ねて苦しくなりました。でも30過ぎていろいろなことがあり「そればかり考えていてもなー」とフッと思ったのです。気がついたら私は体に症状が出てきてはや10数年。病院でも原因がわからずと言われ、やっと「こころのバランスが取れないとこの症状が出てくるのかなー」と思いました。「このまま体に負担をかけても仕方ないし、この先もそれを考えるものもなー。他にやることがたくさんあるしなー。」と思ったら過去の嫌な事は思い出しても冷静に見れたのです。体の症状も出ないこともあります。忘れたいことを忘れられる人もいるかもしれませんが、それを冷静に見れる事で保てる人もいるのではないでしょうか?心療内科へ行くことも一つの方法だと思います。あなた自身が楽になれる方法が見つかればいいと思います。

    ユーザーID:

  • 辛いよね

    薬でなんとかなるものじゃないと思います。
    対人関係において、過去を見直してみても同じパターンの繰り返しをしていませんか?(悔しい思いばかり、言い返せないなど)
    「認知療法」ってご存知ですか?カウンセリングとしても受けられるかもしれませんが、自分で出来る認知療法の本なども出ているみたいです。
    自分の考え、思考パターンなどを客観的に見れ、直していく方法らしいです。
    もしかして、対人関係での自分の態度などを改めたり出来るかもしれません。

    あと、過去の嫌な事をいつまでも引きずってしまうのは、
    嫌な思いをした事を「嫌だ」「辛い」「悲しい」と受けとめて泣きたいだけ泣いたり、誰かに吐き出したりしてこなかったんじゃないですか?
    もしかして、自分が悪かったんだとか、抑圧したり、無理やり忘れようなんて。
    嫌な思いをしたら、嫌だった気持ちを思いっきり感じて良いんだと思います。

    でも上記した様に自分の行動パターンも見直さないと同じ様な事が繰り返されたり、餌食になってしまうかもしれませんよ。

    ユーザーID:

  • ケセラセラ

    >どんとこい さん
     
    興味深いです。私もやってみます。
    もっとあれば教えてください!


    私も、嫌な奴を思い出すことがあります。
    思い出すと、何か今からでも遅くないので、反撃をしてやりたくなりますが、時間がもったいないと考えることにして、頭に浮かぶとすぐ打ち消すように、へらへらと歌っています。

    ↓こんな感じ

    「♪ど〜でもいいですよ〜♪」(だいたひかる)
     実際問題、どうでもいいことなのです。

    「♪ケセラセラ〜なるようになる〜♪」
     過ぎたことも先のこともクヨクヨ考えず、なんとなーく前向きでやっていこう。


    これらのフレーズの語尾に、ア・ソーレソーレ!等付け加えると、更にどうでもいい感じが強まります。

    ユーザーID:

  • 吟味

    よくドラマなどでは、うまく言い返せていますが、
    あれは脚本家が吟味して考えた言葉であって、
    ふつうはうまく言い返せないそうです。

    わたしは言い返せるように、シュミレーションしたり、
    言われた時は深呼吸してから一言言うことにしてます。

    でも言わせたい人には言わせておく、必ずその人に帰ってきますから。

    ユーザーID:

  • 読む、喋る、歌う

    今の私も似た状況にあります。参考にして下さい。
    素人判断ですが、現在進行形の苦しみには心療内科や薬は有効でしょうが、古傷を根本的に治療するのは難しいと思います。無理して忘れようとせず、湧き上がる苦しみをそのつど処理して下さい。

    私の場合、10年前に何度も泣いて忘れたのにその6年後にフラッシュバックがやってきました。頭が真っ白になって体が固まったり号泣したり…おさまるまで半年かかりました。しかし、昨年秋に苦しみが蘇って以来、ほぼ毎日泣き続けています。

    今日も体中が憎しみでいっぱいになりましたが、三輪明宏さんの本を読んだら心が落ち着きました。最近は開き直って飲み会のネタにしています。

    一時期は友人に愚痴を聞いてもらいましたが、すっきりしない時もありますよね。ボーカルスクールやカラオケに通って、歌声にのせてストレスと共に吐き出してしまって下さい。

    私はこの苦しみは心の持病と思っています。うまく処理して努力して…いつか相手を見返したいと思います。一緒に頑張りましょう!
    長文を読んでいただき、ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • あるある!

    イメージトレーニングいいですね!
    私もやってみようと思います。

    実は私が過去の事を気にするタイプとは
    周りは思っていないようです。

    でも、ありますよ。
    で、その時のことを考えてみると
    我慢してたり、ハッキリと意思表示しなかった自分
    がいるんですよね。もめたくないと言うか・・・
    嫌なこと言われたら”どういう意味?”と言ったり、
    沈黙したり。とにかくその場か1週間以内に納得
    できないことを表明しないと、ずーと悶々と
    消化不良のまま引きずるみたい。溜め込まないこと。

    あと、いつも気になる事を言う人とは
    無理して付き合わない。避ける。どう思われてもいいじゃない。自分を大切にしようと決めました。
    合わない人と一緒にいても疲れるだけです。

    どうしても忘れられない嫌なことは
    ノートにその時のことを詳しく書いてみます。
    自分の気持ちやら、本当はどうしたかったのかを
    感情のまま書いて後で読み返し
    自分なりに分析しています。これは結構使えますよ。

    お薬は別にして、診療内科やカウンセリングは
    気軽に利用してみてもいいと思います。

    ユーザーID:

  • 感じたこと

    ずっと怒って当たり前だったことを怒れなくて自分を責めてひきずっているものと、学ぶべき課題があったのに学べなくていつまでもひきずっているものとの2種類があると私は思います。

    前者なら精神科心療内科やカウンセリングなどで気持ちを吐き出したり、忘れる努力をしていったり、時間に委ねたり。後者ならとことん向き合う。例えば当時の自分に戻ってトピを立て自分の気持ちを確認したり他人の意見を聞いたり。問題意識があるときは書物でも人の言葉でもヒントがもらえるときが多い。感じることは時とともに変化していくし。

    同じようなことがあったときに、次はこうしようとわかってくる。はっきりと伝えたり、断ったり、近づかないようにしたり。思ったとおりにできなくてもそれが「生活する」ということだと感じる。私もまだまだこのあたりでうろちょろ。長生きしそうです(苦笑)

    それから、怒りをストレートに出せずにくやしい思いをしている人ってけっこうたくさんいると思います。自分だけじゃないしみんな頑張っているし、自分も人に無意識にそういう思いをさせることがあると思うだけでも、落ち着くと思います。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧