幸せの量は生まれた時に決まってるのかな?

レス80
お気に入り2
トピ主のみ0

きりん

話題

例えば、例えばですよ、
東京生まれ、育ちだったりすると、学生生活を送る為に都外に出る事も稀じゃないですか?海外留学とか以外。

結局、生まれ育った場所や環境、そして、人間関係もさほど死ぬまで変わりそうもないし、人間て、生まれた、その時から、余り変化の伴わない生き物なんじゃないかと気付いたんです。
動物なんて、もっとそうかもしれませんが。
祖父母も、その先代も、生れ落ちた場所に生き死に、平平凡凡と人生を全うしてた。

そう考えると、幸せ、幸せの量ということではないかもしれませんが、もう生まれた時に、大体の運命は決まってしまっているという事でしょうか?
変な質問ですが。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数80

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ある程度は環境も左右する

    私も似たようなこと考えた事ありますよ。何の努力もしないでお金持ちの家に生まれたというだけで、裕福な人生を送れるのは不公平なのではないか?とかね。でも、本当にそれで幸せかなー?というのもあるんですよね。お金持ちに生まれたからこその不幸もある(らしい)のですから。何をもって幸せか、なんてわかりませんね。
    トピ主さんが例に挙げていた「環境」については、今でも考えます。首都圏に住んでいれば、選択肢がたくさんあり、とても便利で快適な生活ができます。地方に住んでいると、高度な教育なども充分に受けられないということもありますよね。私も出身が地方ですが、レベルの高い先生が近くにいなくて、毎週東京のバレエ教室まで新幹線で通っていた友達がいました。みんな上京して来ちゃって、過密状態になるのがわかる気がします。
     自分が生れ落ちた環境で、ある程度の未来が決まってしまうということはあると思います。でも、環境が全てでも無いと思いますよ。それを克服する手だてが全然ない訳ではないんですもの。自分次第ってことではないでしょうかね。
    幸せの「量」は、何事に対しても「感謝する心」と努力で増える気がします。

    ユーザーID:

  • 決まってるんじゃないでしょうか

    何かの本で読んだ事があります。
     「人は皆、運命の囚人」だと。

     人は、生まれてきてから死ぬまで、「運命の台本」というものがあり、配役・筋書きは最初から全部決まっていて逃げられないそうです。

     努力して、運命を変えようとしても、それは「運命の台本」に逆らうという行為で、努力して不幸をしりぞけたとしても、後で必ずその「ツケ」がやってくるそうです。「運命の台本」は最初から決まっているから、舞台から降りるのは不可能なんです。すべての出来事は、偶然じゃなく全部がそういう目に合う宿命なんです。

     生まれてきてから、ずーっと不幸な人は、前世でとても悪い事をしてきた人で、その報いを現世で受けているのです。それに耐えて、生き延びて寿命がきて死んだら、幸福な人生を送れる人間に生まれ変われるそうです。

    ユーザーID:

  • 運命

    それが「運命」ってものではないでしょうか。
    自力ではどうしようもないことって、いくらでもあるのでしょうが、物質とか環境とかの恵まれ度合いは、本当に生まれた環境で、いくらでも変わってくると思います。

    ただ、それを「幸せ」と思うかどうかは、またその人それぞれですから、なんとも言えないとは思いますが。

    ユーザーID:

  • 幸せは自分で創り出すもの

    そりゃ生まれた環境によって生きるコースが何となくきめられたような感じで、何となく最後まで楽に暮らせる人もいますよね。
    でも、そういうのはごく一部の人たちだけだと思います。大抵は自分で動いて幸せを探していると思います。そりゃ、幸せの上までみたら切りがありませんよ。このレベルにはこの幸せ、あのレベルにはあの幸せ、とレベルでいうのはおかしいですが、どのレベルにいても幸せだと感じられる事が重要なんじゃないですかね?。
    最大限幸せになろうと努力もせず、これはこうだからと決め付けて掛かってはいつまでもそこに留まるだけで、情況は変りません。情況が駄目なら、打破しようと努力しなくては。
    そりゃ得られる幸せのレベルは決まってるかもしれないけど、でも、それ以上にならないと決まっているわけでもないのですから。

    ユーザーID:

  • 決まっていたら

    これからの生きていく人生楽しいと思わない。
    素晴らしい・悲しいという感情も薄れる感じです。
    そして、幸せの度合いは、人によって違うと思います。
    小さなことでも幸せと感じられる方と、大きなもの。
    また、物によって得られる方もいるでしょう。
    それは、自分でどう生きていくかによっても変わると
    思います。
    環境が変化しないからといって、皆同じ人間ではない
    はず。
    幸せの量や自分の環境の変化を問うのではなく、
    自ら生み出す力が必要なのではないですか。

    ユーザーID:

  • しずくさん(ちょっと横)

    > 人は、生まれてきてから死ぬまで、「運命の台本」というものがあり、配役・筋書きは最初から全部決まっていて逃げられないそうです。

    うっそ。やめて下さいよ。

    可能性を信じて、行動にうつすようにしています。トピ主さんも、そっち(可能性)に目を向けましょうよーーー。。

    ユーザーID:

  • 量は決まってるかもしれないけど後は自分次第かなー

    父の転勤の為、日本中を移り住みました。最終的に東京に落ち着きました。転校は幼い私には厳しい試練でした。両親はしょっちゅうけんかしており、暴力で母は血をよく流してました。いつも幸せになりたい。幸せになりたい、と願ってました。恋愛も数々しました。結婚前につきあった相手との別れは自分が決心したとは言え、非常につらかったです。狂うのではないかと怖かったです。でもやはり幸せになりたいという願いは捨てなかったです。自分には勇気というものがないというのは知ってました。最後の失恋を機に自分を強くする意を決しました。自分の勇気のおかげでイエスキリストのような心優しく強い男性にめぐりあえました。今の旦那です。結婚5,6年たってますが、幸せと心の安定はますますよくなってます。幸せの量は決まってるかもしれないけれど、その量に達せるかどうかは人生過程の努力によるものとなんとなく感じています。

    ユーザーID:

  • ちょっと受身すぎる考えかな

    もちろん、生まれた環境や親の影響はすごくあると思いますが、本人の気持ちと行動次第で大人になってからの人生や環境はいくらでも変えられると思います。

    大昔と違って、今はこんなに情報も交通機関も発達して、人の自由度も格段に違うんですから、人生を変えたい意思を持ち、そのように動けばいいのでは?

    私自身も、色々家庭の事情もあり18才から経済的にも精神的にも親から自立してやってきましたが、仕事もいろいろ経験し、住む所も海外を含め生まれた場所以外に十数か所は変わりました。

    その間に出会った素晴らしい人たちが見せてくれた多様な価値観、ライフスタイルや実際の体験から今の自分が新しく出来上がったと云えるぐらい変わりましたよ。
    もちろん、怖い思いや辛い事も多々ありましたが、今気がつくと、子供の頃に夢見ていた理想に近い環境にいます。(変わらないのは日本人で女性だということぐらい)

    前世からのカルマや生まれた家の事も無視はできませんが、それをどう味付けするかは自分次第だと思います。
    そう考えたほうが面白いし、行動を起こす意欲が湧くと思いますよ!

    ユーザーID:

  • 決まってない

    「最初から人生決まってる」
    そんな風に考えてて、人生楽しいですか?

    貧しい家庭に生まれても、仕事などに成功して大金持ちになった人もたくさんいますよ。
    「私には無限の可能性がある。私は何でも出来る!」って思って生きていたほうが、楽しいし本当に幸せになれると思います。

    「人間は、日ごろ口にしている言葉通りの人生を歩む」と、本で読んだことがあります。
    「私は恵まれている」とかプラスなことばかり言う人は、本当にそうなってくると。
    どっちが正しいかはわかりません。

    でも、「最初から決まってる」と諦め半分でいきていくか、「私は自分の望むように人生を送れる」と、ポジティブに生きていくか・・・

    私は後者を選びます。

    ユーザーID:

  • 運命なんですかねぇ。

    生まれる場所や親は選べないですからねぇ。
    運命と思って納得するしかないのかなぁ。

    友達が「生まれた家でこうも違うのか」と淡々と言ってた事があって、確かにそうだなと思ったことがあります。
    羨ましがったりする子ではなかったので余計印象に残ってますね。

    お金持ちの旦那の話を聞くと羨ましくなるけれど、その旦那と結婚したい訳ではなく、
    うちの旦那がお金を持ってればなぁと思うわけで・・・
    でもそれは無理ですしねぇ。はぁ〜。
    無いものねだりです。

    ユーザーID:

  • 割り当てってあるかも

    何となく、もともとはあっぷあっぷしちゃうぐらい十分なしあわせが誰にも与えられている気がする。そして、それに気づけない・活かせない・掴まえられない・不幸を呼び込むなどの条件が人それぞれなように思えます。

    ユーザーID:

  • これもまた変なはなしですが、

    職場の方が恋愛に効くお守りをお土産で貰ったので、
    説明の紙に毎日祈るように書いてあったから祈っている、というはなしをしてたんですね。
    そしたらそれを聞いていた同僚の男性が、幸せの量は一定量しかない、という法則があって、
    世の中全体の幸せの量は決まっているから自分の幸せを祈るよりも
    誰かの不幸を願った方が話が早いんじゃないの、と言っていたのを思い出しました。

    人生の幸せが一定、というはなしとは違いますが。
    変なはなしですが。
    まあ職場の無駄話として。
     

    ユーザーID:

  • 環境はある程度決まっても、幸せとはまた別

    生まれてきた時の性別によっても、やっぱり人生だって変わるでしょうし、自分の考え次第でしょう。

    トピ主さんの例にあげられている大学生活も、東京なんてまったく意識していなければ、自分の町の近くの学校に行き、近所で就職して平和に一生過ごす人だっていっぱいいます。

    それから・・・東京出身で京都や大阪に進学する人は意外に多いですよ。都道府県別出身者がでる度に、さすが東京は人口も多いから、(比率は少なくても)数が多いなあなんて感心したものです。東京コンプレックスの埼玉、山梨は18歳人口のわりに(近畿圏にくるのは)異常に少ないですけれどね。

    あとは距離や人口を考えればまずまずのものです。
    かえって京都や大阪の方が、東京芸大や東大か各国立大学医学部にでも行かない限り、「なんでわざわざ」感覚の親も多くて、出身地に閉じ込められがちです(出るなら就職か転勤狙い)。

    生まれた場所や育つ環境を含め、自分で切り開いていくか、周りに流されるかは自由として、「幸せ」かどうかは自分次第なのではないでしょうか。
    周りとか世間さまの言葉一つ一つに影響されていてはあまり幸せを感じることはできないと思います。

    ユーザーID:

  • 決まっているかもしれませんが・・。

    確かに生まれたときから恵まれている人っていますよね。
    やっぱり美人は得だと思いますし、お金も無いよりはあった方がいい気がします。
    でも、ある占い師さんの本の中に人の運を冷蔵庫に例えたのがあったのです。うろ覚えなのですが「冷蔵庫にあらゆる食材が詰まっていてもチーズがないからピザが作れないという人と、梅干しかなくてもおいしいおかゆを炊く人がいる。結局はその人次第ではないか。」というものでした。
    私自身はこの例えが気に入っていて、以来手持ちのものでなんとかしよう、なんとかなるはずと考えるようにしています。もちろん日々の食事作りにも応用していますけれど(笑)。

    ユーザーID:

  • 人生の分かれ道

    地方の同じ団地で生まれ育って、親の職業も一緒。
    兄弟の構成まで一緒の友達がいますが。
    大学卒業(都内の大学に進学、一人暮らし)までは同じような道を歩みましたが、その後はずいぶん違う人生になっていますよ。
    兄弟同士でもずいぶん違うし。

    どんな勉強をしたいか。仕事に対してどのような目標や思い入れがあるか。どんな人といつ結婚するか。そういう「人生の分かれ道」って結構あると思います。
    土台になる環境の影響はあるだろうけど、どんな道を選んでつかみとっていくかということも大きいと思います。

    ちなみに、わたしは故郷よりもっと田舎に嫁ぎましたが、たまたま夫の会社が海外と縁があり、思わぬ外国生活をしました。
    選んだ道の先で何があるかは分からないものです。

    ユーザーID:

  • ある程度は決まっている

    1億総中流の日本人に質問するから「努力次第」という答えが多いんですよ。

    アフリカの貧困家庭に生まれるのと、アメリカの大金持ちの家に生まれるのを比較すれば答えは明白でしょ。能力や努力に関係なく、お金があればほとんどの幸せが買えることに違いありません。ヒルトン姉妹なんか、良い例ですよね。

    いくら能力があっても、いくら努力しても、生まれもったベースが低いと何を積み上げても無駄になるケースの方がほとんどですよ。僅かな例外はもちろんありますが、例外はあくまでも例外ですからね。

    努力しないと感じられない「しあわせ」と、生まれた環境からタダで与えられる「しあわせ」はまったく別物だっていうことはわかります?トピの質問はこの両方を経験したことがある人にしないと意味ないのでは?

    ベースに恵まれなかった人に聞けば「前者こそ本当のしあわせ」って言うに決まってるし。だって、彼らはタダで与えられる「しあわせ」を味わったことがないんだから。

    ベースにも恵まれ、なおかつ努力もして成果も出している人に質問してみて下さい。必ず家庭環境にも感謝するはずです。例外は除きますよ。

    ユーザーID:

  • 幸せって

    生まれた土地で一生住んで 死ぬ事が 必ずしも幸せとは 思えません。
    狭いテリトリーから出た事がない人程 人生を自分で切り開く事が出来ず ちょっとした事で鬱になりやすいと思います。

    幸せかどうかって その人の考え方次第だと思います。大金持ちの家に生まれお金も湯水の様に使えても不幸で自殺する人もいれば 貧乏な家庭でも家庭円満で 幸せな人もいます。

    小さな事でもいいから 日々感謝し 自分の状況を責めず 辛くても幸せになるための試練だからと自分に言い聞かせ 美味しいものを食べたり好きな習い事したりできる自分を幸せと思える人が 幸せの取得者だと思います。
    精神的に安定している成人は 他人から見て幸せな人に見えます。

    ユーザーID:

  • 運命とか言って努力しなきゃ、不幸にもなりますよね

    >祖父母も、その先代も、生れ落ちた場所に生き死に、平平凡凡と人生を全うしてた。

    って、いつの時代ですか。
    というか、地方生まれなのが、そんなに不幸でしょうか?

    こちとら東京生まれですが、親のDV&ネグレクトのせいで、小学生から親の名前で内職して、学費や文房具代は自分で払ってました。ここから何とかして這い上がらないと死ぬ、という状況にいた人間からすると、運命とか言っている余裕があっていいですねー、幸せじゃないですか、と思います。

    といっても不幸比べする気はないです。元同僚に外国人が多いのですが、故国が内戦になり家や財産なくした人や、大地震で親族全員亡くした方がいます。それでも努力した結果、それぞれ幸福に暮らしていて、私なんか足元に及ばない、と尊敬してるからです。
    とことん不幸でも前向きだと、周囲の中で極上の人だけが助けてくれるので、むちゃくちゃ良い友人がみつかったりするものですが。ささいなことで不幸せぶってる人を見ると、「欲深そう。近寄りたくないな、この人」と思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • うーん、目の付け所がいいね。

    きりんさん、なかなかいいところに気付きましたね。
    なるほど、そんなものかもしれません。でも、日本人の両親に生まれ育っても、海外永住の因果をたどる人生もここにあります。これは本人の責任なのです。自分が英語が好きで好きでしょうがなかったんで、その結果です。
     だから、ある程度は自分の努力しだいで幸せ(というか、夢)を掴むことは出来るんでしょうね。
     しかし、ここに来て思うことは、日本人とアメリカ人のハーフにお生まれになった方は、2ヶ国語ぺらぺらで、彼らは私なんかが喉から手が出るような御職業なんて飴玉掴むみたいに軽くかっさらって行ってしまいます。これ見てると、やはり運命が大きく関係してると、くやしくなりますね。

    ユーザーID:

  • その人に合わせて

    幸せの量はその人に合わせて、入ってくると聞いたことあります。
    大筋で決めて生まれてきているようですが、生身の人間の感情が一番優先されるそうなので、自分で幸せになりたいと思った数だけ願ったらそのようになるそうです。

    トピ主さんの思う幸福が、人に迷惑を掛けないことなら、幸せはたくさんあると思います。
    その時は、素直に受け取りましょう。
    無限の幸せがまってますよ〜。

    ユーザーID:

  • 運命なのかもしれないけど

    でも運命は事前に誰かに決められているものではなく,
    自分で切り拓くものだと思ってますけど。
    努力しないときは失敗するけど,努力したときはその努力に見合うものが返ってくるからね。
    幸運を引き寄せるのも自分,遠ざけるのも自分ですよ。

    ユーザーID:

  • キリがない

    日本で生まれて日本人として登録され日本に住み続けている今、飢えることなく銃声におびえることもない、そういう意味では日本に生まれてラッキーだったとは思います。
    もちろん飢えや銃声に怯える生活をしている人でも、今生きている喜びや家族を愛する喜びを感じている人もいるでしょう。

    私は死に怯える病でもなく、愛する家族は健康で、お腹いっぱい食べられることに本当に感謝しています。
    宗教じみた発言ですが、人の生き死にに度々出会うとそういう気持ちになりますよ。

    少なくともここを見ることが出来る皆さんは幸運です。
    それ以上の幸せは努力でどうとでも出来ますよ。

    ユーザーID:

  • 幸せ〜って何だっけ何だっけ

    うーん。。生まれた時に運命は決まってはいないのでは?

    宿命は生まれた時から決まっています。
    宿命とは、性別とか国籍とか家族構成とか自分の力では変えられないもので、それらの環境から創られる価値観はその後の人生に影響すると思います。

    じゃあ運命は何かって、きっと「巡り合わせ」みたいなものじゃないでしょうか。
    生きてれば嬉しい事も辛いこともあるし、良い人にも嫌な人にも出会う。
    そういう時に自分がどう行動するか、どう考えるかでこれからの運命が道開いて行くというか。
    運を掴むって言うじゃないですか。

    他の方の仰るように感謝する気持ちや何かを幸せだと感じること心を持つ事ってすごく大切なことですよね。
    お金持ちだとか容姿とか家庭環境は少なくとも幸せの大きさとは無関係なのよ、きっと。
    人って目に見えるもので判断しがちだけど、幸せだと感じてるかはその人にしか解らないのだから。

    ちなみに私は死ぬ時に良かった事と、良くなかった事が半分くらいだったと思えたらいいなあ。

    ユーザーID:

  • 運命と幸せは別のもの

    トピ主さんの問いかけはなんだかごっちゃになっていますが、ひとつずつ答えれば「運命は決まっているもの」「幸せは自分で作り出せるもの」です。例えば大好きな人が死んじゃったとしますね。大好きな人と結ばれないことは運命です。

    しかし、その人の死をいつまでも引きずって消化しないで不幸な思いに囚われていくか、その人のことは忘れないけど前向きに消化して新たな一歩を踏み出すか、それは自分次第です。

    不幸を幸福に転化させることは可能ですし、幸福の基準も考え方次第で変わります。貧困に生まれてきても、その中で小さな幸せをいっぱい見つける人もいれば、大金持ちの家に生まれながら幸せを見つけられない人もいます。

    ですので、幸せの量は決まっているものではありません。自分次第で無限に作り出せるものです。

    但し、運命はある程度決まっています。人は今生で何をするために生まれたのか、最初から決まっているのだそうです。自分で選択したつもりでも、それは運命に拠るものだったりします。

    ユーザーID:

  • 私は

    幸せの量…と言うよりは
    困難の量が決まっていると思います。

    私は神様はその人にとって越えられるギリギリの困難(不幸)を用意していると思うんです。
    幸せは人それぞれ考え方次第で10にも100にもなりうると思うんです。
    人生はその困難を乗り越える事だと思います。
    その中でどれだけ幸せを見つけられるか。

    平々凡々の生活の中にもお祖父様には得難い幸せがあったはずです。今自分が健康である幸せ。家族がそばにいてくれる幸せ。当たり前だと思っていることでも、意識次第で幸せの量は無限大に広がっていくはずです。

    運命は確かにあると思います。
    けれど幸せは型にはめて考えないようにしませんか?

    ユーザーID:

  • 幸せの価値観

    幸せの定義とか価値感を量るって難しいですね。
    私は今お金以外全てバッチリ揃っているので、お金が降ってこないかなあ、なんてのんきにしています。
    でも、身辺に深刻な問題が全くないことはないです。
    私でなければ、今の私の状況はとてもじゃなく不幸、と考える人もいるでしょう。

    そう考えると、幸せの量は誰が量るんでしょうね?

    人は平等、と言っても、生活層の差は生まれたときからありますよね。能力があれば、その差は越えられる、というところが平等、ってことかな。
    自分がとても能力が高く勤勉な人間なのに、仕事をしない怠け者と同格だったらやっぱり嫌だもんね。
    経済的階層を移ろうと思ったら移れる時代、移ろうと思わなければそのままいられる時代、ってことかな。
    世界レベルで見ると、そういう自由を持っているっていいな、と思う。

    ユーザーID:

  • 人で見比べると

    監禁王子と名付けられたりした犯罪者、幼少のころ幼稚園を高級車で送り迎え、でしたよね。
    立派なあるお笑いタレントさんも高級車で送り迎えしてもらっていたそうですね。

    これも運命で片付けられちゃうの?
    違うでしょ。
    自分で切り開こうと思えば、切り開けることは可能ですよ。

    ユーザーID:

  • 日本のノーベル賞受賞学者は

    以前テレビでやっていたんですが、日本のノーベル賞を受賞された学者さんたちの多くは、魚のブリの産地で有名な中部地方などで都会以外の(田舎の)土地の出身だそうです。その番組自体はブリに含まれる成分が脳の活性化に貢献しているらしい、という内容だったのですが、これを見て「どんな田舎で育っても持って産まれた才能を開花させ偉業を成し遂げることができる運命をもった人がこの世にいるんだなあ」と思いました。

    以上、とぴ主さんの抱える疑問に対する参考意見ということで投稿させていただきました。

    ユーザーID:

  • ちやさん(ちょっと横)

    「他人の不幸を願ったほうが早い」なんて恐ろしいこと言わないで下さいよー。人の不幸の上に築いた幸せなんて、すぐに崩れると思うし、自分が人に不幸を願われたとしたらぞっとしますもの。たとえば、自分の病気が治るかわりに他人が死んだとしたら、いい気分はしないしそこまでし
    て幸せになってもうれしくないでしょう・・。

    ユーザーID:

  • 気楽に行こうぜ!

    良い事があったらそれは運命。

    辛い事はなんとかなるって考えてりゃ

    たいがいの事は乗り切れるのでは?

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧