幸せの量は生まれた時に決まってるのかな?

レス80
お気に入り2
トピ主のみ0

きりん

話題

このトピのレス

レス数80

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 人生は不公平

    であることは確かだと思いますね。
    そのひとつの原因が「生まれ」であると思います。
    生まれた場所、家、家族によって、
    かなりの人生のディテイルが決まってきてしまう。
    でも、それだけで人生決まりじゃないでしょう。

    それから、運命についてですが・・・。
    生活すべてが宗教に関わってるイスラムの人たちは、
    何かっていると神様が決めてるっていう感じですが、
    それだって、全部決められているなんて、
    思っちゃいませんよ。
    なぜなら、人間の肩には天使が座っていて、
    彼らが、いい行い悪い行いを逐一記録していて、
    それでその記録が最後の審判に掛けられるってのですから、
    やっぱり、自分の人生の本は、
    自分で書き換えられると思いますよ!

    ユーザーID:

  • 運命=言い訳

    運命は、幸せに生活されている方にとって
    みればそもそも考えないものです。
    運命だからxxという発想は、本当はもっと
    上を目指したいけど、という潜在願望の
    現われ? という印象を受けました。
    個々人で差があるでしょうが、以下私の考え。

    限界(運命)があると信じるということは、その
    時点で思考を停止させてしまい、前進の可能性
    を自らの手で葬り去ることに等しいと言換える
    ことができると思います(ある意味言い訳)。

    限界というのは己が作り出した幻想だと思いま
    す。火事場の馬鹿力という言葉があるように、
    人は普段自分が限界だと思う以上の力を発揮す
    ることができます。体を壊さないよう無意識の
    うちに自らのパワーを制御しているようです。
    実際は肉体(力)には限界がありますが、
    思考(力)は無限です。企業でも人間のこの性質
    をうまく捉え、営業が限界と考える売上の
    +10〜20%を目標とし成功する事例があります。

    私は運命は定まったものではないと信じています。
    最後に好きな言葉を1つ。

    control your destiny or someone else will.

    GEのジャックウェルチの言ですが、運命は自ら
    の手で切り開きたいものです。

    ユーザーID:

  • それが幸せ?

    環境の変化が幸せかどうかなんて判らない。
    たとえば、家を出て、1人で生活することが自立への近道になり、結果それが将来その人にとって幸せな道になるかもしれない。
    もう一方で、東京生まれ、東京育ち、東京で就職、ずっと実家で生活したものの、
    それがきっかけで何も自分でできない人になってしまうかもしれない。
    そうだとすると、生まれたときから幸せかどうかなんて、よく判らないですよ。
    というか、そう思いたい。

    ユーザーID:

  • 選択権

    私の知っている霊能師さんが言ってました。
    「用意された人生の選択肢は決まってます。ただ決めるのは自分の意思です。そこで決めた選択肢からまた新たな選択肢が用意されています」と。
    だから、ある程度は運命が決まっているのではないでしょうか?

    ただ、選択するのは自分の力だというだけで。
    「宿命」ではないからこそ、人生は面白いのかな。

    ユーザーID:

  • 前世、現世、来世のために

    幸せの量は前世をいかに生きたかで決まってくる!
    などと勝手に思っています。

    そして、少し未来の為に、さらには来世の為に!
    今の幸せを噛締めて(?)懸命に生きるんだ!!と思ってます。

    前世を平々凡々と、現世も平々凡々と、来世も平々凡々と。
    平々凡々が一番の幸せだと感じられるのは、
    この上ない苦渋を舐めたときかもしれない。
    何が幸せだと感じるか、も、その人にしか分からないかもしれない。

    どんなときでも、幸せを見出せますように。

    ユーザーID:

  • 決まっているはずがない

     同じ出来事が起きても、それを幸せだと感じる人もいれば不幸だと思う人もいる。どうとらえるかは自分の考え方次第。何事もいい方にとらえようとするだけで、けっこう幸せになれます。

     また、他人に親切にしていれば、自分が困ったときにも助けてくれたりします。それはとても幸せなことで、普段から周りに怒りや嫉妬や意地悪をまき散らしていたら味わえません。そう考えれば、自分の心がけ次第で、自分に返ってくる幸せの量は増やせると思います。

    ユーザーID:

  • むずかしい

    質問の意図がわからずかなり何度も読み返しました。
    結果10人中9人の人には当てはまるような気がしました。
    でも残りの一人は生まれから想像もできない人生を送っているんではないでしょうか。
    例えばスポーツ選手とか芸能人の方々とか。
    生まれたときに世界で活躍するスポーツ選手になるって誰かが想像していたでしょうか。
    親が絶対そうすると決めていたり、親が有名な選手だった人の方が少数なのではないかと思います。
    サッカー選手だとして、その人がもしバレーを選んでいても一流の選手になれたかどうかはわかりませんよね?
    そう思うと生まれたときに決まっているには当てはまらないと思います。
    それに生まれたときは元気だったのに、ある日喉に物をつまらせて突然亡くなった赤ちゃんの場合、生まれとどういう因果関係にあるんでしょう?
    的外れなレスだったらすみません。

    ユーザーID:

  • 決まってるなぁ

    幸不幸の量って決まってるように思います。個人的には。
    でなければあんなに苦労して血を吐くような努力をしてきた今までの人生ってなんだったのって感じです。
    どうも私の場合は「不幸」の量のほうが多いみたい・・・。
    努力が足りない?もうがんばれませんよ・・・。

    世の中ってやっぱり不公平だと思う。

    ユーザーID:

  • 大人になるまでは運命かな

    生まれてくるにあたって、
    親は選べないし、
    環境(国)も選べないし、

    子供は無力だよね。

    無事、大人になれたら、
    努力も少しは反映するかな。

    頑張って生きていても、
    ひどい目にあうときは遭う

    運命としか思えない

    でも、生きてる間は、
    次の世代のために、
    努力する

    これ、本能

    ユーザーID:

  • 幸せの量は

    どんな事を幸せの基準にするかで、その人の中での量はあるていど決まると思います。

    現状をどのようにとらえるかという事でいえば、如何様にも分量の増減は可能なのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 決まってるわけがない

    運命というより、100mを10秒で走ることや
    世界的に活躍できる芸術家には、才能と生まれた
    環境も大きく影響すると思いますが、
    人間関係、居住環境、異性関係、経済力は
    努力次第で、かなりの部分は実現できるでしょうね。
    そもそも、幸せって誰かとの比較で決まるものでは
    ないですから。

    ちなみに、女性には周りの人と比べての相対的な
    幸福感を感じる人が多いようですが、もしそれを
    いうなら日本人として、日本に生まれただけでも
    相当な幸運です。
    世界的に見れば、日本人全員の所得は世界のトップ
    数%に入るそうですし、なんだかんだいって、
    ほとんどの人に、明日は当たり前のように来る
    日々を送れてますから。

    ユーザーID:

  • どうでしょう?

     全く同じ環境シナリオの人生を 別々の人が歩んだ場合 とても幸せに感じる一人と 幸せが少ないと感じる一人に分かれることってありえますよね。
    何を幸せと感じるか価値観が違えば当然です。
     逆に大変ポジティブな人はどんな苦境にあってもどんな人生を歩ませても幸せを見つけ幸せと感じるでしょうし、ネガティブな人はどんなに恵まれた環境でも不満をもち自分は不幸だと嘆くと思うので 幸せの量が決まっているというのはどうなんでしょう?

     私達って身近なところで比べて 人をうらやんだりしてしまいますが 地球規模で考えると かなり恵まれています。先進国に生まれたってことだけでも ほんの一握りの中に入れたってことです。文明とか物質的な環境をピラミッド図形で表すとかなり上の方にいると思います。だから恋愛や体系や仕事・対人関係で悩める環境に生まれただけでも幸せなのかもしれません。
     私はいつもこう考え辛いとき頑張ってきました。でもこれは私の価値なので 自然の中に暮らしている少数民族の方だってとても幸せと感じているでしょうし 飢餓で苦しんでいても親子の絆が強く幸せと感じている・・・

    結論なんて でないですよ

     

    ユーザーID:

  • だから感謝してる。

    このすごい人口のいる地球上で、戦争も飢餓も虐殺もない場所に生まれたこと、生きるのさえ必至だった時代があった中で、何の努力もなく食べ物と家と服を与えられた時代に生まれたこと。

    生まれの運不運はあると思う。でもその先はやっぱりその人次第じゃないかな。あえて言えば、その人間の持って生まれたエネルギー量によると思います。

    人間は苦しみながら進化していると思う。逆に言えば苦しまないと進化できない。どんな状況に生まれてもそれは同じですよね、きっと。

    こうだったらなんていくらでも言えます。でも自分もどこかで誰かが「こうだったら」」と思っている理想にいるのかもしれない。だから、自分の幸運に感謝して、とりあえずきちんと生きて行きたいと思っています。

    ユーザーID:

  • 勝ち取る物

    私はかなーり貧乏な家に育ちました

    今も実家(借家)は縁側が崩れ落ちたままです
    実家の援助を快く受けてくれる旦那の存在が
    本当に嬉しい。

    貧乏な両親も孫を本当にかわいがってくれて
    その姿勢には親の私が学ばなくては・・・と
    思うくらい。

    おもちゃだけ与えてなつかない、と愚痴をこぼす
    姑には心という物を説教したい!(笑)

    お金が有って超したことはないけど
    お金では買えない物が一番大事なんじゃないかと
    思います。

    もし、運命が有るなら
    私が実家を援助出来る旦那を捕まえたことが
    慎ましくもまじめに正直に生きた両親への
    神様の救いの手(?)なんじゃないかと思います。

    まっとうにに5人の子供を育て上げた両親に
    ありがとう、と心から思います
    お金は無かったけど、私は両親から色々な
    物を学び、今両親に楽をさせてあげたいと
    思います。
    幸せの量が決まって居るとしたら、どれだけ
    人を愛せるか、の量と比例する気がします
    (宗教臭くてスイマセン・・・別にそういう
    人じゃないんですが)

    ユーザーID:

  • 東京暮らしは楽じゃない

     学生時代、1人暮らしの友人が羨ましかったです。私は「1人暮らしをして首都圏外の大学に通いたい」と言いましたが、許されませんでした。東京の住まいを守るにはかなりのお金がかかるからです。これも宿命ですね。

     東京に実家があることは、有利ではあっても幸せには結びつきません。今は「勝ち組人間の住む所」と言われているようで、古くから住む者にとっては迷惑です。

     東京湾からの風がビルに遮られて気温はあがる一方です。治安も空気も日当たりも悪くなるばかりです。土地の強制収用で、商売をしていた人はそれまでの顧客を失いました。母校は廃校になり、昔遊んだ森や空き地は潰されました。

    相続税も高く、皆の収入を出し合って固定資産税を払っている家族もいます(40坪以下の家でも神奈川県某所の2倍かかります)。

     それでも、先代の人々が空襲を乗り越えて守った住まいです。その志とともに子孫へ継いでいくことに誇りを持っています。

     宿命は与えられた食材、運命はレシピだと思います。どんな料理ができても、それが美味しいか不味いかは、あなたの心次第ですよ。 

    ユーザーID:

  • 決まってると思う派です

    よくテレビのドキュメンタリーなどでやってますがストリートチルドレンが溢れた国もあれば、カンボジアの難民などに生まれた子供達は食べる物も無いのに母親は自分の保険の為にボンボン子供を産んで餓死させる・・・という地獄絵図が繰り広げられてる国もありますよね。
    これってどう頑張っても赤ちゃんや子供達は何も出来ないと思うし、その環境に生まれ、その為に死んでいくのは運命の何物でもないと思います。
    可哀想だけど・・・。

    やっぱりカルマ、前世ってあるように感じるな。
    でもだからと言って私は努力は止めないし、未来に希望は持って生きてますよ!
    だってそれって楽しい事でしょ?夢を見てる時も楽しいし、叶うか分からなくても努力して頑張ってる自分は希望があって充実してると思うので。

    ユーザーID:

  • 運は皆同じ量ですよ。

    もってうまれた運の量は同じだそうです。

    あとは心の持ちよう!考え方、環境です!

    因果の法則ではないけど、人を卑しんだり

    意地が悪いとどんどん孤独で辛い人生になるし、

    生まれた環境が不遇でも、いい心を持って
    感謝しってことが出来れば悪い人生になりませんしね。

    人間は修行しに、生まれてきます。
    その人生が辛くてもそれに耐えて、実り多き人生を手に入れてる方はどれだけいますかね・・。

    ユーザーID:

  • 決まってると思います。

    幸せの量は人それぞれで、決まっていると思います。
    けれど、幸せの感じ方は人それぞれ違います。

    なので、結果的に幸せと感じる量は皆同じです。

    運命は決まっているかどうかは分かりませんが、自分で決断したり、苦労して乗り越えた時に感じる感情は自分の糧となり人生に幅を持たせてくれると思います。

    自分のいい方に考えましょう

    ユーザーID:

  • 幸せは、量では計れない。

    5人家族で、リンゴが1つしかないとして、「なんでみんなで1個しかないの?」って思うと不幸だし、「あ、今日もみんなでリンゴが食べられるねぇ。」と思えば幸せだと思います。

    どんな状況で生まれるか、生きていくことになるか、その人生で何が起こるかはある程度は決まっているかもしれませんが、ある程度以上は、自分の行動にかかっていると思います。

    そして、幸せになるか、不幸になるかは、それ以上に、物事のありようをどう見るか、どういう考え方捉え方が出来るかにかかっていると思います。生きてるだけで、自分はどんなに運がいいことか、と考えると、私は毎日幸せです。

    ユーザーID:

  • 頭に詰め込める知識の量は公平なので

    それで良いのではないかなと思ってます。

    もちろん、個人差はあるし、貧乏だったり、地域の学校のレベルによって受けられる教育の質に大きな違いは発生するのですが、それでもまじめに勉強してれば開けることは多いと思います。テストや学校の成績のような公平な基準で行ける先が決まりますからね。その点は努力次第で何とかなりますよ。

    こんな話を言うと「塾や良い学校で効率よく学べるところへ行かせてもれらえるお金持ちの家に生まれた方がやっぱり幸せ」って人も居ますが、教育の大切さが分かってる人たちの子供だったから幸せってことでしょう。

    ただ、お金もなく、教育にも理解も無い家に生まれたら? 家に帰ったら両親は喧嘩ばっかりだったりするなら。うーん、確かにかなり不幸かもしれないなぁ...

    私は公共教育の質はそんな理由から絶対に下げてもらいたくないです。せめて毎日会う先生達がきちんと勉強する意味を伝えられ励ましてくれるようになってれば、かなりの部分を補完できると思います。私もそれで助けられましたから。

    ただ、土曜日休みにしたりわけの分からないゆとり教育なんか入れるようになったのは、危ない兆候なのかな。

    ユーザーID:

  • サーカスの象

    サーカスで鎖に繋がれた象がいます。
    その鎖は細く象の力を持ってすれば簡単に引きちぎる事が出来ます。

    では何故像は鎖を引きちぎって逃げないのか?
    それは小象の頃から鎖に繋がれた生活を続け、その頃はまだ力も弱く鎖を断ち切るほどの力がなかったからです。
    成長し、充分にその力がついたにもかかわらず、象は「自分にはこの鎖は切れるわけがない」と思い込んでしまっているからです。

    似た話でノミの跳躍力の話がありますよね。
    50cmの高さまで跳ねる事の出来るノミを、高さ30cmの高さの箱に入れてやるといつのまにか30cmしか跳べなくなってしまう。

    このノミの箱も、象の鎖も、人間の環境に置き換えることが出来ないでしょうか?
    壁を作ってしまうのは自分の心です。

    そこに気付くか気付かないかで、人生決まるといっても過言ではないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 運命なのかな?

    私も何回か質問を読みましたが、質問の意味が分かるようで分からない。
    読むところ、とぴ主さんは地方から東京に上京している女子大生の姿が思い浮かぶのですが。違うかな?

    つまり、田舎は特に産まれ育った場所から出て行く事が少ない。出ようとすると色々煩雑な事があるが、東京で生まれ育った人はその様な苦労は無い。
    これは、有ると思いますよ。
    ただ、この事が幸せか不幸かは関係ない様な気がします。

    でも例えば世界で考えると、日本に生まれたら、どんな貧乏な家でも、親がいない子供でも中学校までは義務教育で学ぶことができるので、それから働いてお金を貯めれば海外へ飛び立つ事も自分のお金で大学に行く事も可能ですよね。
    しかし、東南アジアのゴミを拾って生活している家庭に生まれたとしたら、学校には行けないし、読み書きもできない、4歳くらいからゴミを拾って死ぬまでその場所から出ることはできませんよね。
    そう考えると日本に生まれ落ちた事は幸せだし、ラッキーな事ですね。

    ユーザーID:

  • 幸せとは

    主観的なものです。

    経済的にも環境にも恵まれて産まれてきても、
    それらを生かせなくては意味はないし、その人にとって恵まれている事が当然の事なら、特に幸せでもなんでもないでしょう。
    どんなにお金をもっていても、仕事で成功していても、不平不満の中で生きている人もいます。

    逆にささいな事に幸せを感じられる人もいます。

    ”幸せ”の基準も、仕事の成功や家庭での穏やかな生活を求める人など様々ですし、幸せに”量”の多い少ないを求めるのは、非常に難しい問題ではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 足元すくわれないとは限りません。

    きっと幸せな方なんでしょうね。

    テレビのネタになるような
    事件や不運の巡り合わせは、
    たまたま自分の番じゃなかっただけだと
    私は考える方です。

    東京が地震や戦争で焼け野原になって、
    たくさんの人が死んだのだって
    ほんの数十年前なんだなーと。

    人生何が起こるかわかりません。
    ぼーっとしてると不運はおろか、
    チャンスの神様にも気づけない気がします。

    ユーザーID:

  • 生まれ持った量は

    決まってるかも。

    でも努力や日頃の行いで利子を増やしていくこともできると思います。
    逆に恵まれた環境に生まれても、その幸せにあぐらをかいたままで努力を怠ったら、幸せはすぐに底を尽きてしまうと思います。

    あとは感じ方かな〜。お茶がおいしいとか、お風呂が気持ちいいとか、どんな些細なことでも幸せと感じることができたら、少ない幸せも多く感じるかもね。

    ユーザーID:

  • 人生プラスマイナスゼロ

    幸せの量が決まっているというよりも、私は死ぬまでの
    人生良い事悪い事プラスマイナスゼロだと思ってます。

    確かに人によって生まれながらお金持ちとか東京(が
    いいかは別にして)で生まれ育ったとか個人差はあるし、
    他人から見れば羨ましいとかあるだろうけど、その人
    なりに幸せだけじゃなく苦労や辛い事もあるんじゃ
    ないかなぁ・・・と。

    かくいう私は、東京生まれの東京育ちでお金持ちでは
    無いけど自分はこれまで何不自由無く育ちました、
    今じゃ結婚して地方に住んで慣れない環境にちょっと
    苦労しております。自分で選んだとはいえ何でこんな
    とこに来たのだろうとちょっと後悔・・・ってな具合に
    良いこと悪いことあるんですよ。

    ユーザーID:

  • 当事者にしかわからない

    世の中わからないものです。
    「発言小町」のトピにも
    ・結婚して子供もいて健康なのに「貧乳」で死ぬほど悩んでいる主婦。
    ・10代で「モテナイ」となやんでいる人。
    ・150センチ以上身長あるが「背が低い」と
    悩む人。

    大半がマスコミなどのあおりがそうさせているかも
    しれません。

    一緒に働いている外国人の人(ブラジル人)がいるのですが、同じアジアでも
    「日本で働く」条件の運が違うと運命も変わります。

    ユーザーID:

  • はい、そうだと思います。

    最近、病院長の娘と知り合いになりました。
    その時に感じました。
    産まれた所で、人生は決まるんだな・・と。

    その病院長の娘は50歳で独身。
    若い頃、医者と結婚したが離婚し実家に出戻り。

    親兄弟全て医者なので、不自由なく好き勝手な事をしていたそうです。

    流石に親も年をとり娘の将来が不安になったのか、ツテを頼って独身の年寄りの医者と結婚させました。

    外車を乗り回し、家では夫と義理の子供達とバーベキューをしたりするそうです。

    夫も子供も学会、大学で家にいないので一人で外食。
    夫がいたらデパートで惣菜を買って、皿に盛り付けて出すのだそうです。

    やっぱり生まれた場所がいいと人生楽に過ごせるんだな、と悟ったわけです。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ご意見ありがとうございます。

    解り難い、抽象的な文章で申し訳ありません。

    環境と、幸せの量が関連するのか?という疑問は、自分の宿命を不思議に思ったからなんです。居住地域というよりは家族の事でした。
    ちなみに私も両親も祖父母等も全て東京生まれ育ちです。

    親戚の中でも、私の両親だけ何故か恵まれていず(病気、無学、孤独等)、その宿命?が全て子供に覆い被さっている様な気がするんです。
    私の生い立ちにしても、その親の不遇さが常に影響していたし、運命は自分次第でと言われても、不幸な親を尻目に自分の好きに生きる事に罪悪感を感じてしまう所があったり、後ろ髪を引かれる思いにかられるというか、ストップをかけてしまったり。自分の思うように生きようとすれば、バチがあたる、恐ろしいとか親にも言われた事も有って。

    上手く言えませんが、親子共々、宿命に逆らえないというか、開拓出来ないというか。
    宿命という事に逃げているのかもしれませんが、実際の境遇には逆らえない事実もあるんです。
    でも、その決まった宿命の中にあって、幸せを作り出す努力をする事が必要なのかと考えたりしました。ご意見を読んで。

    ユーザーID:

  • 幸せの量が決まってたら、何なの?

    アバウトには決まっているけど、正確には決まってないと思います。

    「私が悪い事をしても、された人の幸せの量も、また、決まってるのだから、私に悪い事をされた人も、それが運命だ。私は気にしなくていい。」って、変な言い訳する人いるじゃないですか?

    そういう言い訳をするために「幸せ(不幸や運)の量は決まっている。」的考え方をされてるわけじゃないですよね?

    そんなことシャアシャアと言う人に合った事があって、もしかして、トピ主さんは、同類なのか?と一瞬思ってしまったので。

    幸せの量が決まってたら、何なんですか?
    決まってたら、何だと言いたいのか?

    そこが知りたいです。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧