幸せの量は生まれた時に決まってるのかな?

レス80
お気に入り2
トピ主のみ0

きりん

話題

このトピのレス

レス数80

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 運命=環境・性格・宿命

    運命とはこうです。

    宿命=何処の国で産まれ・親の性格・経済面
       (自分では選べないもの)
    性格=産まれ持って性格
       (暗い明るい・運動が出来る・勉強が得意)
    環境=育っていく中での環境・出会う人達・影響される
       もの・興味を持つもの
    努力=ほんの少ししか影響されません

    で殆ど、決まります。上記の(宿命・性格・環境)
    は3等分で分かれます。
    ので、2/3は産まれ持って決まってるんですね〜
    自分では選べませんからね〜

    特に金持ちの自営業の子供の産まれた子なんて、凡人ではありえない、環境とレールが用意されていると思いみています。努力しなくても後継者とかね。でも、その中でも、なんか解らないけど、自分には優れてる面とかが
    生きてるうちに見えてきて、人生面白いな〜と思ったりしてみています。

    凡人てのは、どれにも極めて恵まれなかった人の事を言うのではないでしょうか?
    どれか1つでも恵まれていたら凡人な人生ではなくなると思いました。

    ユーザーID:

  • 東京に出たいんでしょ

    きりんさん、あなたのご先祖は皆様、生まれた場所で人生をまっとうされたようで、これってすごく幸せな事なんですよ。

    どうやら、きりんさんの本当の望みは東京に出たいけど、出る勇気がない。だから、生まれつき東京生まれがうらやましい。自分が努力しなくても、東京で暮らしていけるからって、事のようですね。

    そうやって、もんもんと今の場所で暮らすのもあなたの選択、思い切って東京に出るのもあなたの選択。

    なんだかんだ言っても、人生は自分で切り開かなきゃ。

    幸せだったかどうかなんて、死ぬ直前まで分からないんですよ。私達が出来る事は、後悔のないように精一杯生きるだけ。

    ユーザーID:

  • 人間は…

    人間は「自分が幸福である」という事を知らないから「不幸」なのである。-- byドストエフスキー

    きりんさんの疑問でこの言葉が思い浮かびました。
    確かに、生まれた環境などでいくらか決まっていることってありますね。ただ、他の方も書いていらっしゃるように、それをどう受け取るかで違うんのではないでしょうか?
    平々凡々を幸せとするか、波乱万丈を幸せとするか。
    どちらの人生でも一度しか経験できないわけですから、自分自身が納得いく生き方を選びたいですね。

    人間は、生まれる前の魂の時にどんな人生を送ろうかと選んで、今の自分に産まれてくるそうです。
    あえてハードルの高い環境を選ぶ魂もいれば、それなりの人生を選ぶ魂もいるそうです。そして産まれたあとはその人生で頑張るために、生まれる前の選択について忘れるそうです。

    この話を聞いてから、もし今日本人の自分がフランス人になりたいと思うとしたら、それは、生まれる前に相当な努力をするという人生を選んだんだと思って、物事に取り組めるようになりました。

    人間である以上、制約はあるけれど、その中でどう生き、どう感じるかで幸福感が違うのではないでしょうか…。

    ユーザーID:

  • 運命論者はなまけもの

    って言葉を何かできいて妙に納得した覚えが(笑
    すべき努力を放棄して「運命だからしょうがない」で
    片づけてしまえる怖さがある

    幸せについては
    「不幸の中の幸せ、幸せの中の不幸
    どちらがより比重が重いか」
    毎日死と隣あわせの生活でも喜びはあるし
    すべてが満たされた生活でも虚無はある

    でも比較するもんじゃない
    現実問題として不公平だなぁと思うことはあっても
    相手が何を背負ってるかわからない
    「足ることを知る」のが幸せへの第一歩らしいですね
    なら「運命論者」は幸せなんじゃないか、という
    矛盾はどうする?(笑

    ユーザーID:

  • すべて生まれた時に決まってる

    ホントそうですよね
    人は自分の意思で道を選べると思いがちだけど、生まれ育った場所や環境、性格によって何もかも運命づけられてると思う
    何もかも決まってしまってるからと諦めてしまったら終わりだと言うんだけど、そうじゃなく
    努力できるということ自体が、その人の体調や性格や環境や経験などが絡みあって決まってるわけで
    努力も含めて全て運命なんだと思う
    今の日本が戦争中や途上国に比べて幸せだとは思えないし、こんなひどい世の中で今も昔もみんな必死で生きていることに変わりなく
    本人次第という言葉は、苦しんでいる人を鞭打つ言葉に聞こえる

    ちやさんの同僚の方が言ってたように、幸せの量も一定量で決まってると思う
    誰かの不幸を願った方が話が早いなんて言うと身も蓋もないし社会生活上不利になるから建前として言わないだけで
    幸せが不幸の上に築かれているのは事実だと思う
    心次第で幸せになれるというのは、錬金術のように湯水のごとく幸せが沸いてくるような不自然な話に思える

    こういう事を考えるのって、病気だったり生きるのが辛い時だと思うけど
    人間体調さえ良ければ結構幸せで、健康次第と言っても過言じゃないですよね

    ユーザーID:

  • 自分次第!

    40歳女性です。

    私も子供の頃は周りにいる可愛い女の子、裕福な家庭で大事にされている子、大人から可愛がられる性格の子などを見ては羨ましく感じていました。そのどれもが私にはないように感じたから。

    成人してからは、女性なので外見に気を配った方が何かと得をするという事に気が付き、一生懸命努力をした結果なかなかいい線まで行けました。(只、きちんとお化粧して服も気を使っての状態で。。。と言う事ですが)が、やはり良い家庭で育ったお嬢様には所詮なれませんし、両親共に洗練された家庭に育った人達を見ると、人生って不公平だなとつくづく感じました。

    が、その人達と同じ事をしていたら駄目だと気付き、自分磨き(内面も)に精を出した結果、今では自分でもなかなか満足の出来る生活をしています。
    続きます。

    ユーザーID:

  • 自分次第!2

    現在は子供の頃に夢見たような家に住み、優しい主人と2人でゆったりとした生活をしています。

    主人が某ヨーロッパの人なので、主人の国に住み家族からも大切にしてもらっています。子供はいませんが、2人だけの生活なので私はほとんど専業主婦でも気ままに旅行を楽しんだり、記念日毎にプレゼントをしてもらったり、食事に出掛けたりと私にとっては充分満足な生活です。

    なので、もちろん私に対してやっかんだり、わざと意地悪な事を言ってくる人もいますが一切無視します。そういう人達はずっと幸せになれないまま一生過ごしていくのだと思いますので気の毒に感じる位です。

    私は自分より恵まれた人達を見て、憧れたり羨ましく感じた事は何度もありますが妬んだり、やっかんだりと言う事は一切ありませんでした。かえって、その憧れの気持ちをバネに自分を磨く事に努力しました。

    だから、今の自分の幸せがあると信じています。

    ユーザーID:

  • 良く見てごらん

    人から恵まれていると思われている人は、
    それなりの大きな荷物も背負っています。
    背負っている義務も義理も大きいはずです。

    その荷物を背負っても苦しい顔をしないだけの器が
    あるほかに、あなたがうらやましいと思う条件があるということで、なおさら幸せそうに見えるだけです。

    ユーザーID:

  • 意味がわからん。

    東京からでることがない、ことが何故、幸せ 不幸せの話に繋がるのか分からないのですが。
    トピ主さんは、東京にすんでいて出たいの?状況してきたの?
    どっちにしてもメリットデメリットありますよ。
    幸せの量、生まれたときから決まってるわけないでしょ。

    ユーザーID:

  • 決まってないと思う。

    私は、本人の気持ちしだいで幸せか不幸かが決まると思います。難病を抱えた人でも、幸せな人生だったと思える人もいれば、お金もあって健康な人でも自分は不幸と思っている人も。あなたの、気持ちしだいですよ。

    ちなみに、私は毎日何かしら幸せって思うことを考えていますよ。小さいことでもいいじゃないですか。毎日、おいしいご飯が食べれること、手がかかるけどかわいい子供たち、小さいかもしれないけど住める家、教育、仕事、望んでいても手に入らない人もいるのです。精一杯あなたなりの幸せに浸ってみては?

    ユーザーID:

  • 決まってるに決まってるジャン

    正負・良悪・塞翁が馬
    平々淡々が理想の人生です。

    人は平等に「運・不運」の量が決まってます。
    どちらかを先にとるか?
    どちらもとらずに穏やかな生活を選ぶか?
    自分次第です。

    お釈迦様は王子だったけど大変な苦労の末、食中毒で他界。 キリスト様は、大勢の信者に囲まれたけど死刑。 ダイアナはプリンセスになったけど・・・ 

    私は、私の過去を知らない方には「信じられない!」位、幸福で不幸です。
    って事で、「幸せ」が大きいと「不幸」も大きく訪れ、一般的に言われる一般的な「波乱万丈」系です。

    どの道を選ぶのも、自分次第です。
    平坦も善し、山あり谷ありも善しです。

    ユーザーID:

  • どうにもならないこともあるが

    運命と自分の意思は半々だと思います。
    運命は自分で切り開くものではあるけれど、自分の力ではどうしようもないことも確かにあると思います。
    生まれ育った環境、生まれ持った体(体力の差や先天的な病気の有無)、容姿容貌、性格、運。才能・資質など・・
    これらの違いにより、程度の差こそ有れ、みんな何かしら努力や苦労、挫折を味わっているのだと思います。
    しかし、全体的に見て、それほど努力や苦労をしなくも、比較的スムースに生きられる人もいるし、普通に努力すればなんとかなる人もいるし、人の倍努力しないといけない人もいるし、がんばってもなかなかうまくいかない人もいると思います。
    でも、挫折や苦労、努力は、必ず何かを教えてくれると思いたいし、自分なりに前向きな姿勢でいることが、運を開くと信じたいです。

    ユーザーID:

  • 自分次第かな

     今までの人生で必ずいくつかの選択肢、岐路があり、自分がベストだと思う方に進んできました。
    でも違う道を進めばもっと幸せだったのか?あの時ああしてたら今頃どうしてたかな?と思うことよくあります。

     ただ、どの道を選ぶかも運命で決まってたとは思いません。選んだのは自分の意思であり、その結果が今なんじゃないかと・・。選んだからには幸せになるためにできることはしないといけないんじゃないかと思ってます。

     なので、私は自分次第かなと思います。

    ユーザーID:

  • 幸、不幸の引力ってすごい

    同じ不運が起きても乗り越えようとする力は、常に幸福思考の家族をもつ人の方がネガティブ思考の家族のバックグラウンドの人より大きいんです。

    親が子供の幸せを願わないのならそれに反抗してまでも好きな道を行くのは子供にとってとても難しい。結婚した相手が親のネガティブパワーを吹き飛ばすほどの包容力で常に励ましてくれるような人なら、つまづいても起き上がる力を授けてくれ、その内幸福だなと感じるに十分な強さをもてるものだと思います。

    当然幸福は自分次第だけどもそばにいてくれる人の相乗効果はすごいものです。私の場合、結婚と親の死がほぼ一緒でした。人生不幸とばかり思っていたけれども自分を支えてくれる人がバトンタッチする事で完璧に幸福になれました。どなたかが書いた象の話の様に紐をちぎって逃げていいんだという事に気がつきました。自分だけ幸福になるのに罪悪を感じるのは間違いだとどこかに書いていました。自分が幸せになれないで誰を幸せにできる?と。

    自分が幸せになれる居場所を探して、そして幸せになってから今度は不遇な両親を励ますという考えはいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • 今日、情熱大陸で

    テレビで見たところです。

    世界的に活躍している日本人指揮者が紹介されていました。
    彼の日本人離れした情熱的な性格、生まれ持っての才能にスポットを当てれば、神の作為?とも思えます。
    けれども彼は、ごく平均的なサラリーマン家庭に生まれていて、親戚にも音楽家は1人としていないのですよ!

    私は環境と本人の持てるものの、一瞬一瞬の組み合わせが積み上がって人生の方向が決まっていくのだと思います。

    彼は周囲の環境に流されて、才能を趣味の範囲に留めてしまうことはいくらでもできたと思うからです。

    ちなみに私は生まれてから現在まで、ほぼ同じレベルでありきたりの人生を送っている者です。
    ですが、その時周囲にいる人や自分が望んでいることなどにより、
    自分が世界一不幸に思えてならなかったり、
    何も持っていないのに普通に暮らせていることに感謝できたり様々ですよ。

    自分を肯定する力、人を信じられる力を親につけさせてもらった人は、どんな環境にあってもそこそこ幸せを感じて生きていけるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 自然が生み出す必然性とヒトが予想する必然性の僅かな隙間。。

    現時点で分かっていることだけで、マニュアルをプログラミングすることの危険性。。

    現時点では「奇跡」とされる「未発見、未確認」のとらわれの無い視点が無いままに、ヒトをWhyとWhenで締め付け、人間を無気力にし、ヘトヘトに疲れさせてしまう。。

    そもそも地球の誕生も元をたどれば・・
    「無」と「有」の確率は半々50%であるはずだが、大変僅かなコンマ000001%「有」が優り、それから地球が生まれる。。

    ユーザーID:

  • 日日草

    今日も一つ
    悲しいことがあった
    今日もまた一つ
    うれしいことがあった
    笑ったり 泣いたり
    望んだり あきらめたり
    にくんだり 愛したり

    そしてこれらの一つ一つを
    柔らかく包んでくれた
    数え切れないほど沢山の
    平凡なことがあった

    ユーザーID:

  • で、

    東京に生まれるよりも他で生まれたかったってことでしょうか?
    自分の意思で、東京を出ることも可能だと思いますが?

    >生まれた時に、大体の運命は決まってしまっているという事でしょうか?

    私は、運命はその人の性格が作っていると思ってます。
    初めの例で言えば、東京にいるのも他に行くのも自分次第。
    環境が許さないという場合も多少はあるかと思いますが、
    それでも、人ってやりたいことはすると思うんですよね。
    消極的理由にしても、結局は本人が選んでいるわけで。

    何事も無いのがよければ、当たり障り無く生きていこうとするだろうし、
    そんな人生退屈だと思う人であれば、どんどん行動するだろうし、
    その人の性格に左右されていると思います。

    幸せかそうじゃないかは、本人の感じ方でしょう。

    私は、とりあえず日本に生まれたことだけで、相当幸せだと思ってます

    ユーザーID:

  • 決まっているような決まっていないような

    ある一定の年齢までは決まっていて、その後は決まっていない気がする。

    私はもう全然だめ、消えたいって思ったこともあったけれども、だんだんと少しずつ諦めに近い感じになるときがふえて、幸せということ自体考えなくなってきたというか、
    この年齢だからなんだろうな。

    ここまでこれたのは、みんなのおかげ、ここ数年はネットでもたくさんの人にお世話になっていて、本当にありがたいと思う。
    なんといっても自分のことしかわからないもので、トピからはずれていたらすみません。

    ユーザーID:

  • 「幸せ」の概念。。

    第三者から見て、何不自由ない「幸せな」お嬢さん、奥さんが実は!意外にも不幸である。。というのはドラマでもよく使われるストーリーです。。

    反対に、家族皆が反対心配した結婚が幸せだったり。。

    余命告知にしろ、「知らない方が幸せ」と言う人と、「自分のことだから知っておきたい。。」という人と。。

    子供が反抗もせず素直に育って欲しいという親御さんと、反抗期、やんちゃ坊主だった人が周りの子供のいたづらに微笑む時。。

    二元論では人を語れない。幸せも不幸も。。

    「幸福と言う名の不幸」、「幸福の限界」など名作もある。。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧