現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

デパートと薬局の化粧品の違い

ほっしー
2005年6月27日 22:46

ってなんでしょうか?

デパートの方がかなり高級感溢れてますよね。
そして、実際に高価なものが多いです。
以前は価格が高い方(デパートのもの)が質もいいものなんだって思ってました。
でも、あるメーカーさんの口紅をデパートと薬局でくらべてみると、ブランドは違いますが、価格は薬局で売られているブランドの方が高かったのです。
そこで私の思い込みは間違っているのがわかりました。実際どちらが良いものかわからなくなりました。

あと、デパートでしか売られていないブランドの化粧品にはイメージモデルがほとんど外国人のモデルである、ということも疑問です。薬局の大手メーカーブランドの化粧品のモデルはほぼ有名人か、これから有名になるかもしれない、日本のモデルさんたちです。

化粧品メーカーさんの中で、デパート用と、薬局用のブランドの差はどのようにつけられているのでしょうか?

ユーザーID:  


お気に入り登録数:0
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
チャネルの違い1
ウニ
2005年7月6日 20:10

簡単に言うと売り場(チャネル)が違うからです。

化粧品を取り扱うチャネルは大きく分けて
デパート/バラエティショップ(ソニプラ等)/
ドラッグ(マツキヨ等)/量販(大手スーパー等)/
コンビニ/訪販・通販 です。
これらはそれぞれ流通が異なりますが
それより大きく違うのが客層です。

デパートで決まったメーカー(ブランド)の化粧品を
買う人は量販やドラッグで化粧品を買いません。

それぞれの購買層・単価で化粧品自体の値段やイメージも
違ってくるのです。
なのでデパートの売り場は本国のブランドイメージに近い
外人モデル/ドラッグ・量販は親しみやすく似た肌質で
効果を想像しやすい日本人(タレント)なのだと思います。

ユーザーID:
チャネルの違い2
ウニ
2005年7月6日 20:21

つづきます。

ちなみにデパートの化粧品と薬局の化粧品の中身は
基本的に変わりません。
中身に高価な原料(プラセンタ等)を使っているものは高いのですが一般的な原料の場合、どれも中身の原価は¥300くらいです。あとは研究費/容器代/箱代/印刷費/広告費等が上乗せされた金額です。

デパートで売っている化粧品が何故高いか?
ずばりそれは高価なほど気持ち的に効き目があるからです。

よく売価を決める時に¥1,800にするか¥6,000にするか調査にかけたりします。もちろん同じ商品ですよ。

ユーザーID:
購入者の狙い方
つっきー
2005年7月8日 12:59

たとえば、
デパートの中にしか入ってない洋服メーカーと、
スーパーにもよく入るメーカーありますよね?
購入者のターゲットの狙い方が違うのでしょう。

ユーザーID:
色々あるけど…
おばこ
2005年7月10日 13:41

主に輸入ブランドと、国内ブランドとの比較をされているように思いましたが、合ってますか?

うん…もしかしたら日本のブランドのほうが優秀なのかもしれませんよね。口紅なんか、関税を考えたら、もう日本のもののほうが高くなっているように思います。
落ちにくさや、香料を抑えている、色が日本人に合う…などで、国内ブランドのほうがむしろ良い場合ってあると思いますよ。
あとはケースの好みとかで使い分ければ良いのかも(笑)

同じ国内ブランドでも、ドラッグストアのもののほうが高い…っていうのは、単なる「定価」ですよね。たとえば花○のオ○ブと、エ○トを比べてみて…みたいな?

ドラッグストアは、30%オフなんて当たり前の世界なので、その分見こんで高くなってるのでは。デパート専用ブランドは絶対値下げしませんから。
試供品をたくさんくれたり、美容部員さんが丁寧にアドバイスしてくれたり…っていう料金が入っているってだけではないでしょうか?
ファンデの色とかは、ドラッグストアで買うと失敗することもありますからね…

ユーザーID:
真皮に働きかける
青空るんるん
2005年7月13日 19:43

デパートなどのブランドは主にインターナショナルブランドで、海外での展開もされています。またその企業や化粧品界の最先端の技術が注ぎ込まれています。
ドラックストアのものは、その技術を応用して使用されていたりもするので、効能は近いものもあります。

しかし、肌の真皮にまで働きかけるものなど、高機能なものはやはりデパートブランドが有利かと思います。

お洋服で例えるとわかり易いのでは?
すでに書かれている方がいるように、チャネルの違いです。高級服もあれば、低価格でも丈夫な服もある。

大事なことはトピ主さんにとって必要なものを可能な範囲で使用されることではないでしょうか。

ユーザーID:
 


現在位置は
です