教えて!(洋服についてる布)

レス9
(トピ主0
お気に入り0

美容・ファッション・ダイエット

布ちゃん

洋服を購入した時に
その洋服についてるボタンと
その洋服と同じ布切れが付いてる場合ありますよね?
ボタンは分かるのですが、布切れの存在理由が分かりません。

昔TVで磯野貴理子さんが
「穴が開いた時にふさぐ為に使うんじゃないの?」と言ってました。
私もそう思ってたんですけど
でも、今の時代つぎはぎしてまで洋服着ませんよね?

あの布切れの使い方をご存知の方、是非教えてください!

勘違いのおもしろ回答も楽しいのでそちらもヨロシクです(笑)

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • タイムリーな質問です!

    私も同感です。いつも一応とっておくのですが、いらないですよね。

    でも、昨日ネット通販でスカートを買ったのですが、レーヨンと綿の混合生地で、洗濯表示を見たら「絶対に家では洗ってはいけない」とのこと。エ○ールや、家庭用のクリーニング剤でもダメらしかったので、がっかりしていたんです。

    だってセールで2000円ほどだったんです。いちいちクリーニングに出していられないじゃないですか!

    ですから付いてきた例の布で試してみました。

    結局エ○ールも、クリーニング剤でも大丈夫でした。
    多少風合いは悪くなっているのかもしれないのですが、こだわらないので全然OKでした。

    ユーザーID:

  • 実際つかいました。

    磯野貴理子さんの言ったことあっていると思います。
    私も買ったばかりのスカートを不注意で破ってしまったことがあって、ついていた布で修理をしてもらいました。
    まったくわからなくはないですが、かなりきれいに修理されてきましたよ。
    以前から母についてきたボタンと布は大事にとっておきなさいと言われていたので、とっておいて本当によかったと思いました。

    ユーザーID:

  • 虫食いなどのため

    油断していると 虫に穴を開けられることがありますよね。その時 共布があればクリーニング屋さんとか お直し専門とかに持って行くと修繕して貰えます。代金はお店によって多少違いますが 新しく買うことを思えば直した方が随分安く出来ます。

    また ウエストなどが太くなってホックの位置を出すときにも使いますよ。

    ユーザーID:

  • ワードローブに一役。

    付属の布の使いみちですが、かけはぎのあて布や洗剤のテストなどにももちろん使えます。でもその為に取っておいても、実際に使うことはほとんどありませんよね。

    そこで、おススメの利用法ですが、お買い物のときに生地見本として使います。例えば、スーツに合わせるインナーを買いに行くという時、現物のスーツを着て行ってコーディネートを確認するのが一番ですが、荷物になるしそうはいか無いとき、かわりにスーツに付いてきた付属の布を持っていきます。そうすれば、良いなと思ったインナーの上に布を置いて色、質感、柄等の相性をチェックできます。迷ったときでも、店員さんにも相談しやすいと思いますし。
    ぜひ、お試しくださいましな。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます(トピ主)

    ご意見ありがとうございました!
    すっきりしました!

    私も自宅で洗濯する時や、防水スプレーなんかを使用する時のお試し用か、穴の補修用だと思っていたので、あっていたのですね。

    自分でつぎはぎは無理ですが、お店に頼める事を知り、かなり納得しました。

    ユーザーID:

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • 考えてみた

    シミ落としなどの洗剤には「目立たない所で試してからお使いください」って書いてあるじゃない?
    その時のために使う!!

    ユーザーID:

  • かけはぎ

    最近の方はかけはぎもご存知ないのですね・・・。

    思わぬ不注意で服に穴が空いてしまった場合、そこを塞ぐ方法です。
    穴の裏から、ぺたっと布を張るんじゃないですよ。布の繊維の一本一本をつないで塞ぎます。技術の高い方にお願いすれば、どこが穴だったのか分からないくらいになります。

    男性のスーツなどは、思いのほかオフィスは引っかき傷を作りやすいところですし、煙草の灰で焦げるなんてこともあります。ほんのちょっと1cmあるかないかのほつれや穴で捨ててしまうのはどうかと思いますよね?
    そんな時に、生地のあまり布でかけはぎしてもらうのです。

    ちゃんとした洋服なら、例えば柄ものならその柄全体が入る部分が余り布として付いているはずです。かけはぎは、柄の部分もちゃんと対応してくれます。

    但し、高い技術を要するので1cm四方で5千円はかかります。

    ユーザーID:

  • 横です〜そうでしょうか?

    >今の時代つぎはぎしてまで洋服着ませんよね?

    そうでしょうか?
    その箇所にもよりますが、直して着ていますよ。
    全く同じものは手に入らないのですから。
    時代とは関係無い様に思います。

    ユーザーID:

  • いろいろ

    以前服飾を扱っていましたが、たしかに昔はあの布を使って服を修理する専門の方が多くいらっしゃいました。現在は、付属のボタンがどの服のものかわかるようについているのと、ほかの方が書かれてるように、洗濯洗剤を試すのに使われます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧