喘息持ちでの妊娠、出産

レス29
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

ねこにゃん

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私が言われたことは

    友人の看護婦さんに言われました。
    〔産婦人科〕

    親が喘息だと、子供にも遺伝する確率は高くなります。
    けど今時代、親がアレルギー体質じゃなくても、
    喘息やアトピーにかかる子供は大勢います。
    親が喘息で子供も喘息の場合、
    「親が喘息だから」と思われるけど、
    実際は、その苦しみや対処の仕方を、
    親自身が一番分かっているので、
    その点では楽だそうです。

    これを言われて、なんかホッとしました。
    私の母も、自分が喘息になって
    「初めて苦しむあなちの気持ちが分かった」
    と言っていました。
    あまり悲観的にならないで下さいね。

    ユーザーID:

  • 出産できましたよ!

    私は32才の時に喘息と診断されました。現在38歳です。大きな発作は余り有りませんが、中々薬が効かず、今でもピークフロー値は200出ません。でも、発作時でも160位は有り、低値安定と言われてます。

    最初の数年は悪化を抑えるのに終始しましたが、ようやく3年位前から妊娠に向けて飲み薬を絶つ方向で調整し、この6月に無事出産しました。

    私の場合は、胎児は順調過ぎるくらいに育ちすぎちゃって、4000gを越えそうになってしまって(大きすぎて普通分娩は難しい)、帝王切開でした。

    妊娠中は吸入薬は問題なく使用できますので、服薬を続けながら(パルミコート、セレベント、サルタノール)、同病院の呼吸器内科と産科を受診していました。

    妊娠で喘息は「妊娠中だけ良くなる」「変わらない」「悪化する」のパターンに分かれるようです。私の場合は「変わらない」でした。

    私も両親等からの「孫はまだ?」攻撃には参りましたが、根気よく「喘息はすぐ治る病気とは違うこと」「薬の変更・増減にも半年単位の時間がかかること」「ちゃんと医師には相談していること」などを説明して気長に待ってもらいましたよ。

    ユーザーID:

  • 問題ありません

    現在ステロイド吸入、長時間作用型β刺激剤吸入の併用でほとんどの喘息のコントロールは可能です。妊娠、出産も心配ありません。

    妊娠中それでもまれに風邪などを契機に悪化することもあるかとおもわれますがステロイド内服で(具体的にプレドニン30mg/日ぐらい)ほとんど改善されます。

    もちろん胎児に影響も心配ありません。テオロング内服なども問題ないとされていますが(まあ吸入のみでほとんど治療でき必要ないですが)、先程とりあげられたキプレスなど抗アレルギー剤などは必要性は乏しく安全性が確立されていませんのでおすすめしません。

    以上実力のあるアレルギー専門医に受診されればすぐにでも、まったく問題なく妊娠、出産は可能です。あくまでも実力のあるアレルギー専門医ですよ。くれげれも。

    ユーザーID:

  • 私はかなり軽いですが・・

    今3歳8ヶ月の息子がいます。

    元々小児喘息で幼稚園から小学校低学年の間はひどかったです。
    中学生位からほとんど発作が起きなくなりましたが喘息はストレスからも発作が起こるらしく就職後4年に1回位のペースで発作が出てました。

    結婚後、妊娠初期まで4年間発作は出ませんでしたが8ヶ月の時義理家族とトラブルがありそのストレスから咳喘息に。
    出産前後は喘鳴もかなり出ていて発作止めを吸入しながらの授乳でした。
    その後も咳が出続け治まったのは子供が6ヶ月を過ぎてからでした。

    両親が喘息持ちならほぼ遺伝。
    どちらかが喘息持ちでもやはり高い確率で遺伝すると思います。
    息子も軽い方ですが2歳の頃発症しました。

    出産の最中に発作を起こす人は殆どいないと産婦人科医は言っていました。
    私もその前後は一番ひどかったのに陣痛の間は大丈夫でした。

    トピ主さんの喘息の具合によっては出産も出来ると思います。
    ママ友ですごい喘息持ちの方がいますがお子さんは3人です。
    出産は大学病院しか駄目らしいですが。

    ユーザーID:

  • リリーさんへ

    この系統の病気は受診が難しいです。喘息は、自己免疫疾患ですので、アレルギー・膠原病でも受診できます。母は、呼吸器ではなく、そちらでかかっていました。ただ、膠原病はリウマチと一緒の科になることもあるので、そうすると四肢の痛みの人の方が多いです。呼吸器科だけですと、肺ガン専門の医者ということもあり、喘息は専門ではないこともあります。喘息の専門の先生が呼吸器科にいれば、それでいいと思います。病院によって違いますが、原因がリウマチなどと同じなので、アレルギー・膠原病でも見当違いではありません。病院の性格によって、違いますが、アレルギーの専門医に診て貰うのも一つの方法です。ただ、数としてはまだ少ないですよね。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • トピ主です3

    引き続きたくさんのレスありがとうございます!

    ゆいさん→妊娠中の喘息の発症とのこと。さぞビックリされた事でしょう。にもかかわらず、元気なお子さんに恵まれてるとの事で、励みになりました!

    トンボさん→「そんなに心配しないで」というタイトルに思わずジンときてしまいました。ありがとうございます。

    胸の石臼さん→仰るとおり、主治医は今の段階で減薬の見通しが立たないので、妊娠は控えるように。と言ってました。今の主治医はなんでも話せる良い先生なのですが、病院のシステムが私に合わないんで、良い総合病院を探してみます。

    みなさん、たくさんのレス本当に嬉しかったです。つい先日、久しぶりに夜中に発作が起きてしまいました。ずっと安定してたぶんショックでした。はぁ〜。早く健康になりたいです!

    ユーザーID:

  • 妊娠中喘息で入院しました

    私も小児喘息で2人の子供を出産しました。
    2人めを妊娠中、喘息が悪化して入院しました。
    喘息治療の方が優先でしたし、酸欠で赤ちゃんにも酸素がいかないような状態でした。
    幸い、無事に帝王切開で出産することができました。
    悪化した原因は、具合が悪かったのに病院に行けなかったこと(上の子がいた為)薬(メプチンエアー)の使いすぎで効かなくなったことです。
    くれぐれも無理をなさらないように、先生によく相談して下さい。 

    ユーザーID:

  • 私も喘息持ち(続き)

    現在、結婚1年です。
    そろそろ子供を考えています。

    妊娠・出産について先生にお尋ねしたところ、飲み薬はよくないが、吸入薬はまったく問題ないとのことでした。

    わかりやすく説明してくださり、いい先生なので、先生を信じ、治療していこうと思ってます。

    ちなみに、厚生省免疫・アレルギー研究班が発表している喘息予防・管理ガイドラインの作成に携わった先生です。

    参考までに御覧ください。
    http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/02/
    http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mmc/guideline/guide.htm

    ユーザーID:

  • 私も喘息持ちです

    喘息の苦しさを知っている以上、見過ごせずでてきました。
    私は1年前、専門のクリニックに行き始めました。

    幼い頃から苦しんでいましたが、かぜの時に発作が出る程度だったので、きちんとした治療はしてきませんでした。

    しかし、1年ほど前、調子が悪くなり、メプチンエアーを何度も使用したとき、これは本格的に直す必要があるなと思ったので、クリニックを受診し、治療を開始しました。

    1年間、セレベントとフルタイドという吸入薬を朝晩服用しています。
    吸入しはじめてから、風邪を引いても発作が出ることはなくなりました。

    1年経って、呼吸器の検査をしたら、ずいぶん肺の機能が改善していました。
    今は薬の量を徐々に減らしており、完治を目指しています。
    無理かもしれませんが(笑)。

    ユーザーID:

  • ぱん です

    こんにちは、ぱんです。
    薬を飲みながらの妊娠継続ですが、私の場合そんなに重症じゃなかったのかもしれませんが・・・。

    私が呼吸器内科でかかっていたのが大学病院でしたので、そのまま妊娠発覚と同時に同じ大学病院内の産婦人科に
    呼吸器内科の先生が電話をしてくれて話をしてくれました。

    産婦人科の先生も喘息患者さんは珍しくないみたいで
    薬を飲み発作を起こさないようにすれば大丈夫といってくださいました。結局は7ヶ月で切迫早産のため入院になりましたが、その病棟でも喘息患者さんで一般の産婦人科から途中転院されて来られた方も複数いらっしゃいました。

    やはり喘息持ちだと一般の産婦人科では出産は断られるようで転院されたということでしたよ。

    ユーザーID:

  • 産婦人科

    どのくらい症状が重いのかはわかりませんが、妊娠が可能かどうかっていう判断は、呼吸器科の先生ではなく、産婦人科の医師に相談するべきですよ。

    妊娠中でも飲める薬がありますし、もし妊娠中に喘息になっても、対処方法はあります。
    なので、呼吸器科の医師に、手紙を書いてもらって、産婦人科に相談に行ったほうがいいと思います。

    でも、個人病院ではなくて、ちゃんとNICUのある大きな病院(総合病院はだいたいあると思います)が理想です。
    リスクはないとはいえないので、個人病院は何かあったときに対応が遅くなる可能性があります。

    喘息でも出産される方(私の従姉妹も2人目妊娠中)もいらっしゃいます。
    従姉妹は妊娠中に何度も喘息になりましたが、乗り越えてきています。

    ユーザーID:

  • 7月12日に産みました

    私は小さいころより 気管支炎をわずらっています。 
    日々薬を飲むのではなく、風邪を引くと引き金になり、喘息発作を起こします。
    その時だけ薬や吸入を行いますが完治はしない病気です。

    しかし7月12日に無事健康な赤ちゃんを産みました。
    病院はなにかあったら対応できる総合病院を選び、医者にも喘息というのを話していました。

    特に妊娠するなとか中絶などはいわれませんでしたよ。
    一度妊娠中に風邪をこじらせ(薬が飲めないとおもっていたので飲まなかった・・)気管支炎になりましたが、喘息の薬は飲んでおいてといわれたくらいです。(ママが苦しいと子に酸素が行かないため)

    出産時には 陣痛促進剤が使えなかったため(喘息を引き起こすおそれがある)自然に陣痛がつくのをまっていました。微弱陣痛で分娩時間41時間もかかりましたが、薬や風船なども使わず自然分娩で産めました。

    お医者さんときちんとお話した方がよいとおもいますよ。考え方も違うだろうし。個々の病状も違うだろうから。

    ユーザーID:

  • つづき

    私の場合、初めて診断された際に計ったピークフローが350でした。飲み薬では症状が改善されず、自分で医師に吸ステを使ってみたいと言って始めました。

    すると、1ヶ月で550を越えました。3ヶ月で600を下回らなくなり、次第に量を減らして9ヶ月で吸ステ治療が打ち切られました。その後、薬無しの様子見を2ヶ月行い、治療が終了しました。

    初めての診断からもう見せにこなくていいと言われるまでちょうど1年でした。それ以降は、家の掃除をこまめに行い、布団をよく干すようにしているだけです。苦しいどころか、喘鳴も全くありません。フルマラソンだってできました。

    トピ主さんだって、ちゃんと治療すれば遠くない将来に子供を産むことだって夢じゃないと思いますよ。

    男の私には経験できませんが。

    ユーザーID:

  • 吸入ステロイド

    私は30歳を過ぎてから成人ぜんそくにかかりました。症状は、中等症の中では軽い方という感じでした。

    トピ主さんはまだ軽い方ということなので、医師もステロイドではなく気管拡張のための飲み薬で済ませようと考えているのではないでしょうか。ただし、それは予防のためのものであって、治療ではありません。

    ご存じだとは思いますが、気管支喘息は気管内膜の炎症です。その炎症を治さない限り、いつ発作が起こるかわかりません。

    症状が軽いということなので医師からは言い出さないと思いますから、御自分で担当医に吸入ステロイドを使ってみたいと申し出てみてはいかがですか?

    当然毎日ピークフローを計っておられると思いますが、私の場合は自分でも驚くような回復をしました。

    ユーザーID:

  • 出産しました

    14歳のとき喘息を発症し、それ以来32歳の今まで喘息と付き合ってきましたが5月に出産しました。
    発作がひどいときは入院したこともあったのですが、幸い妊娠中は吸入ステロイドでコントロールできていてメプチンのお世話になることはなかったです。
    妊娠を望むなら
    1 信頼できる医者のいる呼吸器科、産婦人科のある総合病院にかかる(呼吸音を聞かない医者、吸入ステロイドを処方しない医者はダメです)
    2 吸入ステロイドで発作が起きない状態を保ち、医者から妊娠の許可をもらう
    ことが必要かと思います。
    吸入ステロイドもメプチン等発作を抑える薬もお医者さんの管理のもとの妊娠中の使用はほぼ大丈夫です。
    あとはこのことを旦那さんにしっかり理解してもらってお義母さんに説明してもらうしかないですかな。
    ちなみに私は産んだ後も体調は変わらず吸入ステロイドを吸って発作は出ていない状態です。

    ユーザーID:

  • 私の失敗、反省から(2)

    ●1の続きです●
    私はこれらに失敗しほぼ、断念しています。

    (産)婦人科科と内科のある総合病院で連携していただけるところがよいように思います。

    産婦人科にも掛かってオメデタスタンバイ中の事情を話し、ブライダルチェックのような検診を受けておく
    と良いと思います。

    婦人科系のトラブルがなければそのまま、喘息の治療をしながらオメデタスタンバイ。
    婦人科での治療を要することがあれば喘息の安定待ちの期間を使って治療もできますから。

    ご主人の理解があればご主人もブライダルチェックの検査を受けられる方がベターです。ご主人にも同じことが言えます。
    (そういえば、ご主人のお母さんが孫ををせっつかれて・・いえ、待ち望んでおられるんでしたね)

    内科も、産婦人科もあなたの話を聞いてくださるところに!「とりあえず今は。」だけじゃなく、「今後の話」も出来る医師に出合われますように。

     私もあと5歳若ければ。。。再挑戦するんだけど。

    ユーザーID:

  • 私の失敗と反省から。(1)

    私は経産婦ではありませんがよろしいでしょうか。
    気管支喘息症状は重い方(只今安定中)です。

    医師の「今すぐ妊娠出産は無理。」
    というのは、「薬の量を減らしたり、投薬をやめたりするのは経過を見て、安定してからでないとできない」ということだと思います。

    妊婦さんはどの薬も飲まないに越したことはないですが、喘息の治療薬は胎児への影響が心配なものがあるんです。その為医師も慎重になるのでしょう。

    また、妊娠中は喘息の発作が重くなるという説
    (軽くなる説もありましたが。)も慎重になる理由でしょう。

    まずは、症状の安定を目指してそれから医師と相談して、薬を絶てる期間を作ることです。

    また大事なのは、妊娠中に喘息の症状が出たらどう対応するか。どんな治療ができるのか。
    妊娠を目指した妊娠前、妊娠後の治療方針を検討していただくことです。
                   ●2へ続きます●

    ユーザーID:

  • qiqiさん

    喘息って、膠原病内科が専門なんですか?
    呼吸器内科が専門だと思ってました。。。これまで引越しのたびに呼吸器内科を探していたのですが。
    膠原病に変えた方がいいのかな?

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    現在、夫とは、これからの妊娠についてよく話し合ってますが、彼はまだ私もこんな状態ですし、子供はまだいいよ。と言ってくれてます。

    しかし、問題は夫は一人っ子で、私が子供を産まないと、義両親は孫が持てない事なのです。夫も義両親が結婚8年目にやっと授かった息子で、夫を妊娠するまで、義母は様々な不妊治療を試みたそうです。

    夫は、仮に私が健康体であっても、必ず妊娠できると言う訳でもないし、気軽に考えよう。と言ってくれてますが、私はそんな風にはまだ考えられません。
    最近は、義母と電話で話をするのも少し苦痛です。最終的には「病気は治ったか?孫は・・・?」という話の流れになりますので。

    とりあえず、現在は体力をつけて、喘息の症状を改善することが第一だと思います。
    これが喘息の改善には効いた。という方法があれば教えて下さい。

    まぁ、喘息って治るものではなく、症状を抑える病気だと主治医には言われましたが。

    ユーザーID:

  • トピ主です1

    たくさんのレスありがとうございます。

    ばんさん→薬を服用しつつの出産が可能とは知りませんでした。今の主治医には妊娠中の薬の服用はあまり良くない。と聞いていたので。やはり、産婦人科と呼吸器内科が併設されたもっと大きな大学病院に移った方がいいかもしれませんね。

    qiqiさん→そうですよね。喘息持ちでの子育ては出産異常に大変かもしれませんね。そこまではまだ考えてなかったです。

    たらこさん→その知人さんの話が他人事とは思えません。私も主治医に妊娠は避けるようにと言われましたので。

    らるさん→50%も遺伝するとは知りませんでした。考えてしまいます。

    Rさん→5月にご出産のとのこと。おめでとうございます。やはり気圧の変化辛いですよね。私もこの前の台風の近辺で軽い発作が起きました。

    2歳児の母さん→そうですね。これから産婦人科のお医者様にも相談してみたいと思います。妊娠を避けるようにとの判断は呼吸器科の医師の判断です。

    ユーザーID:

  • そんなに心配しないで

     私は3歳から小児喘息・アトピー・鼻炎を発症して以来、26歳になる今でも薬を飲み続けています。
    ですが、1男1女の子宝に恵まれました。
     私の場合は、出産する度に喘息がひどくなっていますが、薬(テオドール・セレベント・サルタノール)で上手くコントロールが出来ているので子育てにはほとんど支障はありません。

     ただし、子供たちは風邪を引いたりするとゼーゼーしたり気管支炎で入院したことも有りましたが、そうでないときはイヤになっちゃう程元気ですよ。

     
     

    ユーザーID:

  • 妊娠してから喘息になりました。

    私は妊娠7ヶ月の時に喘息になりました。今まではなったことがないので、自分でもびっくりしました。

    1人目の出産で総合病院に通っていたので、そこの内科を受診し、薬を飲みながら妊娠期間を過ごしました。

    あまり薬は飲みたくなかったのですが、「喘息の発作がおきたときはお腹の赤ちゃんも酸欠になって苦しいんだから、ちゃんと薬を飲んで治しなさい」と先生に言われました。そして普通に臨月で出産しましたよ。発作もおきませんでした。子供は今3歳で元気に育っています。

    私の友達は小さい頃から喘息でしたが、2人の子供を出産し、元気に育てています。ただ、個人病院では出産を断られたそうです。友達のお母さんが近くに住んでいたので、
    子育ては手伝ってもらっていました。

    でもやはり喘息はリスクをともないます。まだ26歳ということですので、じっくり治してからでも遅くはないと思います。

    ユーザーID:

  • ぜんそくもちでした

    20歳のときに発症し、29歳で出産しました。
    私は中等症で、吸入ステロイドと、キプレスを内服していました。
    出産は確かにリスクを伴いますが、私の場合なんの変化もありませんでした。
    また、妊娠中もぜんそくの薬は服用し続けました。飲まないことにより発作が起きるリスクのほうが高いと判断されたからです。
    今の判断は呼吸器内科医の判断ですか?それとも産婦人科?双方の協力が得られる総合病院などにかかるというのも一つの方法だと思います。(私の場合は夫が呼吸器内科医なので一般の産科医院で出産)
    いずれにしても内科医は出産についてはいまいち知識がなく、産婦人科医については喘息に詳しくないという医師も結構見受けられますので双方に相談することが一番ではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 私は小児喘息です。2

    ねこにゃんさんが、今すぐ妊娠・出産が無理なのは、やはり薬の服用の事もあるし、体力の事もあると思います。私は気圧が変わったり、台風がきたら喘息になりやすく、今が一年で一番喘息が出やすい時期なのですが、喘息ってすごく体力を使いますよね。あまりの息苦しさに、次の日胸筋が筋肉痛になるくらいです。だから、もし妊娠中に喘息の発作になってすごく母体の体力を使ったら、やはり胎児にはあまりいい環境ではないと思います。喘息の本当の苦しみは、本人にしかわかりませんよね?お義母さんにもリスクのある妊娠は、喜びと同じくらいに不安がつきまとう事を理解してもらいたいです。お医者様に今すぐの妊娠のリスクを聞いて、お義母さんに詳しく説明されてみては?やはり子供には健康で生まれてきてほしいでしょうから。私も我が子に喘息・アトピーが遺伝しないかと不安でしたが、今の所は大丈夫みたいです。お義母さん、早く理解してくれればいいですね。

    ユーザーID:

  • 私は小児喘息です。

    5月に出産したばかりのRです。私はタイトル通り、生後間もなく小児喘息・合わせてアトピー皮膚炎も持っています。同じ悩みをお持ちのにゃんこさんのトピを見て、人事ではないと思いレスをしました。私は20過ぎくらいから、喘息の状態はかなり良くなり、飲み薬は服用せず、発作時だけ携帯吸入器(メプチンエアー)を使っています。私もメプチンエアーの影響が気になって、妊娠時に医師に聞いたら、メプチンエアーは切迫早産とかの治療に使われる薬の成分とよく似ているから、逆に使っていても安心なんだと説明を受け、肺での薬の吸収なので飲み薬よりもより安心だとも聞きました。お蔭様で、妊娠時にひどい発作には見舞われずに無事に出産する事ができました。飲み薬を飲んでいた訳ではないので、飲み薬の胎児への影響などはわかりませんが、吸入器は使っていても大丈夫みたいです。

    ユーザーID:

  • 出産も大変だけど

    50%の確率で子供にも遺伝しますよ。
    その辺は大丈夫ですか?

    ユーザーID:

  • 私の知人は

    ネガティブな話で申し訳ありません。
    気分を害さないで下さいね。

    私の知人は喘息で医者から「妊娠をしないように」言われましたが思いがけず妊娠し、結局中絶しました。
    医者にすごく怒られたそうです、「あなたは産めないんですよ」と。

    いくらお義母さんの望みだからって、叶えてあげられることと叶えてあげられないことがあります。
    喘息だからということに関係なく、子供を産むか産まないかは夫婦の問題であって、お義母さんに言われたからって関係ありません。

    完全に治ってからでも遅くないはずです。
    旦那さんに懇々と説明してもらって下さい。

    ユーザーID:

  • 母が

    私自身は独身ですが、母が喘息でした。

    私を妊娠中に発症し、重い症状でしたが、その2年後に弟を出産しました。大昔のことですが、できないことではないようです。その際、問題なのは、医師の質です。

    アレルギー・膠原病専門の医師を受診した方がよいと思います。でも、子育ては大変だったようです。お手伝いさんにお願いしていました。妊娠によって悪化することもありました。

    私も昔たまに発作をおこしたことがあり、今はその系統の病気になっています。遺伝説もありますが、これについては結論はありません。

    父の勤務の関係で中国地方の小さな市で育ちましたが、必要な時は東京の病院で治療していました。お金がかかります。生活面のことを含めて、一度はしっかりした専門医にご相談された方がよいと思います。

    ユーザーID:

  • 出産しました

    私も喘息の薬を飲みながら妊娠期間を過ごし、出産しました。

    病院は喘息で呼吸器内科にかかっていた大学病院で産科もあったのでそのまま両方を受診しながら、先生も連携してくださりなんとか出産できました。

    やはり薬の影響なのか切迫早産になり7ヶ月から周産期まで入院になりました。2週間ほど予定日より早く出産しましたが特に問題はありませんでした。

    とりあえず妊娠期間中は薬を飲んででも発作を起こさないことが大事らしいです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧