• ホーム
  • 子供
  • ▲とても神経質な娘、どう接したらいいのか・・・▲

▲とても神経質な娘、どう接したらいいのか・・・▲

レス15
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

にもにも

我が家の8歳の娘、近頃頻繁に「なんか嫌な気持ち」と言います。楽しいことをしていても突然嫌なことを思い出すようで、私に「嫌な気持ち」とボソっと言います。

そもそも始まりは、学校で一年生の時にお友達のおりがみをこっそり持ってきてしまった・・・と私に打ち明けた時から、時々「自分が悪いことをしてしまった・・・」という罪悪感から「嫌な気持ち」になったらしいのです。私は「もう二度としてはいけない。泥棒と同じこと」と教え諭すようにしてきました。

そのうちに「お友達にごめんね、が言えなかった」
「お友達と一緒になって他の子の悪口を言ってしまった」など自分の悪かったことを思い出し
頻繁に「嫌な気持ち」になるらしいのです。

「あなたは人間関係の勉強中、悪口を言ったり言われたりすることは普通にあることだし、もちろんママも同じ経験がたくさんあるし、特別悪いことをしているわけじゃないよ 悪いことを一度もしたことが無い人なんていないと思うよ ママもしたし。」
みたいなことを言うのですが本人の耳にはあまり届いていないようです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • つづきです。

    もともと神経質な所のある子なので
    今までも「魚の骨がのどにささった」と
    何週間も言い続けていたことがあります。(実際はなんでもなかった)

    私自身はあまり細かいことを気にしないほうで
    子供の頃はかなり大雑把な性格だったので
    正直、娘の気持ちがわかりません。

    先日あまりにも言うのでイライラして
    怒ってしまいました。「怒ってはいけない」と頭の中で分かっているのに止められずに。
    後から怒ってしまったことを謝りましたが
    自己嫌悪でかなり落ち込んでしまいました。

    娘が「嫌な気持ち」でいるのは親としてとても辛いし、取り除いてあげれるものなら取り除いてあげたいのです。

    一体どう接したらいいのでしょうか。
    アドバイスをいただければ嬉しいです。

    ユーザーID:

  • 神様に話を聞いてもらう

    という逃げ道はどうでしょう?

    「心の中で嫌な気持ちが残るのは、神様がちゃんと見ているからよ。神様に告白して、もう嫌な気持ちになるようなことはしませんって約束してごらん?神様はきっと許してくれるよ」とでも言ってみてはどうかと。

     ここでいう「神様」は、仏教でもキリスト教でも何でもいいわけです。お子さんが思い描く神様像を画用紙にでも書かせ、それを壁に貼って、それに向かって報告させるとか。
     そうすると、トピ主さんは大分楽になるんじゃないかなー。で、トピ主さんの落ち着いたときに「さっき神様になんて言ってたの?」と聞いてあげればいいのではないでしょうか。

    あるいは日記を書かせるというのも手ですね。

    ユーザーID:

  • 「嫌な気持」は自分で戦うもの 1

    最初の書き込みの内容を見た限りでは、「神経質」というより「自分勝手」という印象を受けました。
    自分で悪いことをしておきながら「自分が嫌な気持になった」と自分が被害者になるなんて、そして親がそれに同情して「娘を救ってあげたい」と考えるなんてちょっと方向が違うような。

    「貴女に悪いことをされた友達の方がよほど嫌な気持になったはず。それを、自分が悪いことをやっておきながら、嫌な気持になったと、自分がやったことから逃げるような卑怯な考え方はいけない」と教え諭すべきではと思う。
    「嫌な気持」がするなら、なぜ嫌な気持になったかよく反省して、二度と嫌な気持にならないように(=自分が悪いことを二度としない)しなさいと教えるべきではと思う。

    悪いことをすれば罪悪感で嫌な気持になるのは当然だと思う。その気持とは自分で戦うもの。
    それを逆に、被害者であるかのごとく、周りがご機嫌を取ろうとするのは方向が違う、娘さんのためにならないような気がします。

    自分と向き合わず、本当に反省しない、周りに責任転嫁、周りが機嫌を取ってくれるのが当然、そんなくせをつけてしまったら娘さんのためにならないと思います。

    ユーザーID:

  • 「嫌な気持」は自分で戦うもの 2

    友達に謝れなかった、悪口を言ってしまった結果、「嫌な気持になった」という子どもには、「そうね、今後は嫌な気持にならないように、ちゃんとごめんねと言うようにしようね」「嫌な気持にならないように、悪口は言わないようにしようね」と励ましてあげるべきだと思う。

    「嫌な気持になった」ということは、「それが悪いことだ」という自覚があるということで、それを誉めて、そうならないように行動を改めることを提案してそれを助けてあげるべきだと思う。

    しかし貴女は単に「娘が嫌な気分」ていることだけに意識を向けて、肝腎の「人間としてどう行動すべきかを親として教える視点」が欠けているのではと。

    変な例えで恐縮だが「人を殺してしまって夢にうなされる」という子どもに「かわいそうだ、どうすれば子どもは殺人を犯したことを忘れて幸せな気持で過ごせるだろうか」ということばかり考えて、
    「罪について自覚させたり、二度と罪を犯させないことを考える」ことにはまったく意識を向けない人がいれば変だと思いませんか?

    酷い例で申し訳無いが、極論言えば、こんな印象、つまり、親の貴女の思考の方向が少し違うような印象を受けました。

    ユーザーID:

  • 子育てはとまどいの連続ですよね。

    同じ年頃の娘を持つ母親として、トピ主さんのお気持ちがよく分かります。

    うちの子はわがままというかネガティブなところがあり、たとえば、親子でお出かけをしておいしいものを食べてオモチャを買ってもらい、本当ならとても楽しい一日のはずなのに、「あそこで遊べなかった」「欲しいお菓子がなかった」など、できなかったこと、不満な点ばかりを並べ立てる癖がありました。

    その都度私は、「じゃあ逆に良かったことはなに?」と聞いてみました。そして「これが良かったね」「こんないいこともあったね」と一緒に確認するようにしたところ、いつの間にか嫌なことより良かったことを口にするようになりました。

    トピ主さんのお子さんも、発想が悪かったことに向かうようなので、自分がお友達にしてあげたいいこと、を思い出すように仕向けてはどうでしょう。

    子どもはまだ思考も柔軟ですから、訓練次第でポジティブな性格に変わることも可能だと思います。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 心配されたがり

    なんとなくわかるなー、娘さんの気持ち。
    でも、それって親がそれほど気にすることではないような気がします。
    こういう態度(話題)をすれば親は自分のことを心配してくれる、自分のほうを向いてくれる、というような感じな気がします。
    私も、小さい時やれ足が痛いだの頭が痛いだのやたら誇張して言っていた時期があります。
    あまりにそれが過ぎて「いつもあなたはどこか悪いのね」と母にさらっと言われてから自粛するようになりました。
    傷つくとか、そういうことではなくて「この方法はあまりつかっちゃだめなのね」と悟った感じ。
    確かに神経質なお子様なのかもしれません。
    でも、それを母親のあなたが助長してもよくないと思います。「くよくよしない」ことは多少あっけらかんとした母親の姿をみて会得します。

    ユーザーID:

  • お嬢さんのお気持ち、分かります

    タイトルどおり・・・わたしも非常に幼児のときから神経質でした。30になった今もです・・・

    お嬢さんの魚の骨がずっと気になるというのも、お友達とのささいなやり取りで感じる罪悪感もよく分かります…

    わたしもまだ赤ちゃんだったときから、眠っているからといって母がそうっと側を離れたり、部屋を出たりしようとすると察知して泣いて大変だったそうです。続いては、学校で常にいい成績でいないと嫌だ、ちょっとしたことで罪悪感や自己否定に苛まれる、一人で生活するようになっては、近隣住民の騒音がうるさい、ゴミの出し方が悪い、軽いウツになるなど…実家に帰るとそこらじゅう掃除しまくって、料理もものすごい速さで作ります。もともとのんびりでちょっとだらしない母は「どうしてこんなに神経質でせっかちな娘になったんだろう?」と言います。

    こんな母がいつもわたしが悩んでいるときに言うことは
    「適当に頑張ってね」
    将来について悩んでいたときは「とりあえずいろいろやってみて、嫌なら辞めるだろうし、好きなら続くんじゃない?」
    わたしは今でも神経質ですが、そうではない母が大好きで、心配なときや不安に襲われたときはいつも母を想っています。

    ユーザーID:

  • 親の言葉は耳に入らないみたい

    親がどんなに言葉を尽くしても子どもは受け入れられないときがあるようです。
    病院の先生(どんな科でもかまわないと思います)に前もってお願いしておいて、病院の先生の口から『心配ない、おかしくない』と言ってもらうと、あれだけこだわっていたのが嘘のように落ち着く場合もあります。

    ユーザーID:

  • あー、私も同じだった

    トピを読んで、小学生時代の私にそっくりだなあと思いました。可愛い娘さんですよね。

    「ママ、聞いてよ」という
    メッセージにあふれているような気がします。

    受け止められるトピ主さんも素敵です。
    我が家は母が正論ばかり(苦笑)で、疲れてしまいました。「人の悪口なんて言うものではありません」云々。

    このまま、様子を見られてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 勝手な想像ですが・・・

     お嬢さんは本当にいやな気持ちになってるのではなくて、お母さんに慰めて欲しい、構って欲しいんじゃないかという印象を受けました。

     大人でもありますよね?「そんなことないよ。あなたはがんばってるよ。」と言ってもらいたいがために、失敗した話をしたりすること・・・本当に失敗して反省してるからではないです。「大丈夫。」って温かい言葉をかけてもらいたいだけ。

     実は同年代のうちの娘もそう言うところがあります。寂しいときに、「私って、いやな子だよね・・・」なんて言い出すようです。ハグチューして、たわいない話をしてると、安心するみたいです。

    ユーザーID:

  • 子どもの気持ち♪

    ただ、不安になって、「嫌な気持ち」になるんだと思います。

    お子さんが「嫌な気持ち」と言った時は
    お母さんがぎゅっと抱きしめて
    「だいじょうぶ。だいじょうぶ」と言ってあげたら
    落ち着くような気がします♪

    子どもって、ふと不安になったりするんです。
    その不安がなかなか解決できないから
    たびたび神経質になってしまうのかも。

    お母さんの温もりと「だいじょうぶ」が一番のお薬だと思います。

    ユーザーID:

  • 大らかな気持ちで包んであげて

    罪悪感が強くなって、まだ小さいのでそれに耐えられない・・・
    でもそれをお母さんに「言える」ことが救いだと思います。

    決して正論を説いたり「では次からはどうすべきだと思うの?」などと責めないであげてほしいです。
    だって、もう十分罪悪感に押しつぶされてるわけだから・・・。

    お嬢さんは生真面目なんですね。それにとても良心的に育っていると感じます。
    これって人間としてすごく素敵なことだと思いますよ。

    ただ、ナイーブすぎて少し疲れちゃうタイプだとも思います。
    こういうタイプは自分に自信がもちにくいので、愛情をいっぱい感じさせてあげてほしいです。

    ユーザーID:

  • 包んであげて・・・続き

    お母さんは彼女にとってのカウンセラーなのでしょうね。

    お嬢さんが自分のやったことを悪いと思っている、それをお母さんに吐き出すことで少しは救われている、そんな印象です。

    キリスト教でも懺悔室ってありますよね。
    そういうお嬢さんにとっての「救い」なんじゃないでしょうか。

    あとは、夜回り先生の話なども思い出しました。
    とにかく聞いてあげる、受け止めてあげる、包んであげる・・・これが必要だと思います。

    追い詰めるようことだけはしないであげてください。
    必要なのは「〜べき」論ではなくて、安心感だと思います。

    ユーザーID:

  • 不安

     なんとなく、不安なのではないでしょうか。
     
     私もめちゃくちゃ神経質で、まさしく勝手ですが、悪い事(本当に大したことではない)をしておきながら、謝れず、罪悪感を感じるような、そんなこともありました。

     ただ、私の母も小さい事を気にしない人だったので、私の気持ちが伝わらず、そのうち私も伝える事を諦め、どんどん心が離れていきました。
     神経質な子供の心は、不安ですよ。いつも。

     たとえ、自分が悪くても、【大丈夫、私はあなたの味方よ】と抱きしめてもらえれば安心するのです。
     悪い事をしたら、それが悪い事だと認識できているのなら、「悪い事だとわかっているなら、大丈夫。何をしても、どうなってもお母さんはあなたの味方だから。だから、安心してお友達に謝ってらっしゃい。」といえばいいのではないでしょうか。
     
     何か気になって仕方が無いのなら(特に問題がなくて)、「大丈夫よ、あなたがもし急変したり、いざという時には、お母さんが一番に助けてあげるから。」といってあげればいいのではないでしょうか。

     子供が、自分がそこにいて良いという安心感を得れば、自然となくなりますよ。

    ユーザーID:

  • 私の小さい頃にそっくり

    誉めて欲しいんですよ。愛情に飢えているんですよ。
    貴女が愛情不足なのではありません。貴女が考えている以上に愛情を求めているんですよ。お嬢さん、外ではしっかり者じゃないですか?もしそうだったら、余計にお母さんに甘えたいんです。ワガママなのは本人も十分気がついていると思います。でも折り紙の件、悪口の件は叱った方がいいと思います。「嫌な気持になったのは相手でしょ。物を盗んじゃいけないよね。悪口はお母さんの前だけで言いなさい。いくらでも聞いてあげるから。」と言ってみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧