国際結婚で言葉が通じていないカップル

レス83
お気に入り11

不思議

男女

妻日本人、夫中国人のカップルと知り合いになったのですが、夫は日本語が分からない、妻は英語はできない、といって中国語もできない状態で、でも何年も続いているとのこと。

私も国際結婚ですが、どうしてそれで続くのか不思議です。

他にもそういうカップルっていますか?実際どういう生活になるのでしょう?全く余計なお世話で、ただの好奇心なんですけど、どなたか教えて下さい〜

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数83

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 言葉が通じないカップル

    イギリス人の男性と日本人語学留学生のカップル知ってます。彼女の英語はかなりビギナーなので彼が言っていることはほとんどわからないそうです。

    なので、彼に何度も過去に離婚した理由を説明されてもわからないし、電話で会話なんてもちろんできないそうです。

    それでも1年以上付き合ってます。言葉が通じないのに普段2人で何してるの?ときいたら、トランプしてるんだそうです。

    私だったら、言葉が通じない相手とそういう関係になるのは、馬鹿にされている気がしてとても無理ですが人それぞれですので。本人達は幸せらしいです。

    ユーザーID:

  • 愛は言語を超える(?)

    現地で知り合った誰もが羨む金髪碧目の超ハンサムな男性と結婚した人を知っていますが、もちろん彼は日本語を話さず、彼女も一年も留学していたので英語がペラペラなのかと思いきや相槌うつ言葉は「アイ シンク ソー」のみ。

    彼がなんか「バスルーム」とかなんとか言ったように聞き取れたので、お手洗い使いたいのかな?と思ったら彼女が私に「彼がこの辺にバス亭あるのか聞いてるけど?」て聞いてきた。

    結局、その後お手洗いに席を立ったのは彼でした。
    でも双方とっても愛し合っていて幸せそうだし、いろんな形の愛があっていいのではないのかな。

    彼女もロマンス時代がおわり、子供をもつようになったら現地で生き抜くために言葉くらい習得できるように思えます。

    ユーザーID:

  • 言葉での理解より態度

    日本人同士で言葉が通じているはずのカップルが、どんどんダメになっちゃうのは、どうしてだと思いますか?

    言葉が通じない分、お互いを理解しよう、理解したいという態度が大事なんじゃないですかー

    ユーザーID:

  • います!

    私のまわりにも(英国)結構そういうカップルがたくさんいます。

    完全に言葉が通じないというレベルでなくても、妻(日本人)の語学レベルが極めて低く、夫も妻の言語(日本語)を解さないという…。

    子供を作るのに言葉はいらないよね、って皮肉もよく聞きます。ほんとみたいです。

    愛情が冷めたり、子供が大きくなって色々と学校のことで相談しなければならなくなったらどうするんだろうって、他人事ながら思います。

    ユーザーID:

  • 呼びましたか?(笑)

    主人がドイツ人です。

    もちろん、私はドイツ語が話せないし、
    主人も日本語が話せません。

    いちおう共通語が英語ですが、主人は
    ペラペラレベルですが、私は単語レベルです。

    今でこそ、私が少しドイツ語を話せるようになり
    主人も日本語を習いだして、お互いの意志の
    疎通が楽になりましたが、つきあった当初は
    デートの時は、辞書、英会話の本が必需品で
    バッグが重くて肩こりがひどくなったりも
    しました。(笑)

    でも不思議な事に、今までつきあった人とは
    何かが違うっていうか、一緒に居て本当にリラックス
    出来ます。もちろん今までつきあった人達は
    日本人で、お互い日本語で会話してるのに
    言葉が通じてないな〜と思う事がありました。

    やっぱり相性って大切なのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 何年も、って何年くらいなんでしょうかねぇ

    私も現夫に会った時は英語ビギナーだったのですが、それはもう楽しかったし、彼も英語が出来ない私の言葉の先を読んでくれていたので、なぜだか通じたような気がしていました。遠距離だったので、あまり会う機会もなかったのが後押ししてくれていたのかも知れません。

    7年経った今は、私も英語はあまり不自由を感じないのですが、感情の機微というか、日本語での細かい描写が出来ず、地団太を踏むような感情を持つことが多々あります。

    ビジネスライクな会話なら、全く問題はないのです。でも、夫婦ならではの感情を伴った会話をするとき、どうしても全て伝えられないもどかしさを感じてしまうのです。今、ビギナーだったら、とても継続して行く自信はありません。私もトピ主さん同様、とっても不思議に思いますね。

    ユーザーID:

  • へ?

    国際結婚をしている者の立場からの意見ですが、言葉が通じてなくて結婚まで辿り着くカップルはそうそういないと思います。

    お知り合いのカップルも通じていないように見えるだけだと思いますよ。
    あえて「配偶者の国の言葉が出来るのよ〜」というのを前面に出したくなくて謙遜する場合もあるでしょうし。

    それに国際結婚に必要なのは「愛」だけではないです。
    複雑な手続きに関わるお互いの協力と語学力も必要です。もし意思疎通が全く出来ていなかったら、結婚の手続すらこなせるかどうか疑問です。

    ユーザーID:

  • 人それぞれ

    私も国際結婚組です。正直に言うと、うちの場合夫の日本語能力が高いので(夫の国に帰国中には日本人の駐在さんに間違えられました)トピさんと同じような疑問をもったことはあります。

     でも、結婚生活を10年以上続け、いろいろな人と知り合ううちに相性というかなんていうか・・あるということがわかりました。コミュニケーションがとれていないことを自覚しているからこそ、一生懸命やっている人もいるし、逆にそれがほどよい関係になっていることもあります。

     日本人夫婦でも、外国人夫婦(同じ国同士で結婚している場合)でも、言葉の問題がなくても、いろいろ起こることもあります。この人たちが・・と言うケースでも別れてしまうことがあります。

     結婚生活ってそんなものなのでは?ただ、私の場合言葉の通じないのは絶対いやです。おしゃべりなので・・自分の絶対条件が他人も同じであるとは限らないということでしょう。

    ユーザーID:

  • その手があった

    >英語がペラペラなのかと思いきや相槌うつ言葉は「アイ シンク ソー」のみ。

    多分彼に「結婚したい?」と言われたときも
    「アイ シンク ソー」って言ったんじゃないの。

    ユーザーID:

  • 慣れみたいですよ。

    私の周りに、アメリカ人の旦那様と、カンボジア人の女性の新婚さんがいらっしゃいますが、奥様は、アメリカに来て5年、英語はまだ片言です。ご家族が近くにいるので、どうしても母語で話すことが多いようです。

    が、しかし、この二人結婚しました。
    私は、当時の出会いの様子を知らないのですが、当初は奥様はほとんど英語が話せなかったそうです。

    私も、この二人がどうやってコミュニケーションしてるのか不思議だったのですが、どうやら、

    1.旦那様(お医者様ですから、教養はある方です)が、彼女のブロークンな英語でも理解できるまで慣れた

    2.あまり込み入った話はしない(ランチなどに招待されて、料理のことを聞くと、「なんか、豚肉のなんとか。よく判らないんだけど、よく食べるんだよ」と、大らかです。)

    それに慣れてしまったのか、奥様の英語は、未だにほとんど私は理解出来ないのですが、お二人の間には、新たな共通言語のように分かり合える何かがあるみたいですよ。

    ユーザーID:

  • 私たち近いかも。

    こんにちは!

    私の主人はイギリス人で日本語が挨拶といくつかの単語以外は全く理解できません。主人との会話は英語ですが、私の英語力はというと、客観的に判断して「低レベル」です。英検でいうと、準1級レベルの単語はほぼ知りません。検定用のテキストを見て、「知らない単語ばっかりだな〜」と。2級は学生時代に取りました。読み書きはメールやフォーマルレター、マニュアルくらいならOK、新聞や小説になると厳しい、という感じで、会話力にいたっては、自分の使用英語は中3テキストレベルです。聞き取りは、ネイティブ同士の会話なんか、ほぼわかりません。

    ですが、毎日暮らしてます(笑)言語でつまづくこと、それが原因でケンカすることもありますが、言語が夫婦関係で最も重要な部分を占めているわけではないんですよね、私たち。だからうまくいっているんでしょう。

    ユーザーID:

  • 私たち近いかも。2

    どなたかも発言していましたが、わからないからこそ、想像力を使って相手をもっと解ろうとする努力をする、これは相手を思いやることにつながると思います。よい関係を続ける上で、相手を思いやることが一番重要だと思いますよ。これでカバーしきれない生活上の問題ができたときは、残念ながら「別れる」ということになるんでしょうけど...

    言葉による意思の疎通が充分にできないこと自体が原因で別れるという国際結婚カップルはいるでしょうが、たとえ意思の疎通が充分であっても、その意思をお互いに受け入れることができなければ、ケンカになるし、別れることにもなります。

    それと言葉(ここでは話される言葉になりますが)での意思の疎通が充分でないカップルは、国際結婚のカップルだけじゃないですし。2人の間の言語がお互い共通の第一言語でも、カップルの片方が、言語を発すること自体が難しい人や、聞き取り自体が充分にできない人という場合もありますし、その方達もおそらく、言語を問題にしてないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 私たち近いかも。3

    国際結婚カップルを見て、「言葉が通じないのに結婚してる」となると奇妙に見えたり、どなたかの発言内にある皮肉を言ったりする人がいますが、それはそれで何となくわかるんですよ、そういう気持ちになるのも。

    事実、私の近所にいた、タイ人女性とイギリス人男性のカップル、タイ人女性の斡旋エージェンシーで出会い、女性の方はビザ目当てで、男性の方は一緒に暮らす若い女性が欲しかったという結婚で、女性は英語が話せない、男性はタイ語が話せませんでした。私は自分の英語力も棚に挙げ、最初その人たちが奇妙に見えて仕方ありませんでした、「大丈夫か?」と。けど、幸せそうでした、彼ら。私も英語ができないからか、その分いろんな見方をして考えるように努めていたのと、幸せそうで楽しそうな彼らを見て、だんだんと「あ〜、いいね〜」と考え方が変わっていきました。

    長いわりに、うまく書けず申し訳ないですが、ま、本人たちが幸せである事は事実ですし、またそれが一番大事なことですので、「よかったね」ということで、温かい目で見守ってあげてください。

    ユーザーID:

  • 私個人の意見ですが

    私も国際結婚ですが、言葉が通じなければ幸せな結婚生活は絶対に無理だと思います。

    私達の場合は私が旦那の母国語を話すので問題ないですが、それでもあくまでも私にとっては外国語ですから、何か大事なことを話すときは、思っていることをわかって欲しくて、日本語以上にはっきりと言います。私達の場合は、それが返ってなんでもはっきりと話し合うと言う結果につながって上手くいっていると思っています。

    でもそれがなかったら、とても結婚生活なんて考えられません。付き合っている間は、楽しいかもしれませんが、結婚って、生活です。日本人同士の結婚だって必ずしも簡単ではないはず。言葉が通じる相手でも上手くいかない例はあるのに。

    しかも、例えば私達の場合、このまま日本に帰国して住む事になったら夫は日本語を話さないので生活の面で私が全てやらなくてはいけません。用事が一つもできない夫と日本で暮らすなんて考えられません。

    そんなわけで、国際結婚の場合はお互いに会話ができるて、ある程度住んでる国の言葉ができる、と言うのが大前提だと思います。

    ユーザーID:

  • 炭酸さんへ(横ですが・・・)

    >会話が全くできない夫婦なんていないですよ。

    >貴方の知り合いになった日中カップルをもう少し観察>してみてください。会話は成り立っているはず。

    って言うけど、実際に会話が成立しないカップルが存在するから、このようなトピが立つのですよ。炭酸さんの周りにはいないだけです。

    私のダンサーの友人も南米の男性と結婚しましたが、彼女は日本語以外話せないし、彼もスペイン語のみ。深く愛し合ってはいるようですが、家で会話が成り立っていないのです。「会話しないで何しているの?」と聞いたら、踊っているそうです。二人ともサルサ・ダンスのプロなので、そういうコミュニケーションの方法もあるのかあ、と感心しました。

    ユーザーID:

  • 子供は言葉がしゃべれない

    赤ちゃんは言葉が喋れない。
    けれど、パパ・ママとベイビーの間には【愛】が存在していて、コミュニケーションがとられている。

    言葉は“表現”手段の一部で全部じゃないからね。

    そんなカップルもアリですね。

    某アメリカ人囲碁師さんの奥様は中国人で、彼らの共通語は『日本語』。
    英語が喋れないその奥様が出産する時、ご主人はタイトル戦が入っていたので、彼女は一人、サクラメントのご主人の家に行き半年間世話になった。
    結局、英語は覚えずに日本に帰ってきました。

    どうやってアメリカの舅姑と会話をしていたのかは不明

    ユーザーID:

  • 愛は勝つ!!

    私の知り合いに、妻は中国人、夫は日本人というカップルがいます。
    夫のよく行く出張先が中国で、一年に4〜5回行くのですが、そこの中国支社で秘書として勤めていた妻と知り合ったらしいです。

    とはいえ、夫の中国語は初期レベル、妻の日本語も初期レベルで会話が成り立っていないのですが、夫曰く”愛は国境を越える”らしく、5年経ってもラブラブです。
    愛の力ってすごい!!と思いました。

    ユーザーID:

  • 良い時には上手く行くようです

    一緒にいるだけで幸せな状態ですから、何の問題も無い時には、大して困らない様です。むしろ、相手の言葉の裏を読んでの喧嘩が無いので、良いかもしれません。

    但し、問題が起きた時が悲惨です。夫婦の一人が病気になったり、犯罪に巻き込まれたり、子供に何か問題が起こった時に、言葉が通じないと悲惨な事態になります。話し合って問題を解決する事が出来ないからです。

    私自身としては、言葉が通じないにも関わらず、数々の問題をクリアしてきたカップルの話を聞きたいです。

    ユーザーID:

  • 私もここに招待されたみたい。

    夫はイギリス人で、私は片言の英語で話ます。

    通じ合うんですよ、心で会話できるんですよ!
    しかもね、余計な装飾ができない分、感情を
    ストレートに表現できるから、まどろっこしく
    なくていいんですよ。

    だってね、育ってきた環境が違うし、母国語違う
    んだもの、だからこそお互いを尊重しあって
    理解しあうって意識が強くなるんですよ。

    ユーザーID:

  • 私も不思議に思ってた

    二人でいるときはなんとなく通じ合っているかもしれないけど、複雑な問題やさまざまな手続き(たとえば、ビザの手続きや病院などで)の処理はどうされているのか不思議で仕方ないです。お互いの理解がないまま進められているんでしょうか?

    偏見かもしれませんが夫日本人、妻中国人の場合はお見合い結婚が多く、たった一度や二度会っただけで結婚を決めてしまい、結局離婚される方も多いですよね。

    これからお互いの言語を学んでいく過程かもしれないし、あたたかく見守ってみては。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    なるほどー。言葉に問題があるために、”意思の疎通ができないー>時間とともに違いが目に付くがそれをうめられないー>離婚”というカップルが周りに多いので、なぜそれでも続いているのか不思議でした。が、ちょっと分かってきたかも。

    皆さんの言うことをまとめると、前提として、”もともと言葉でコミュニケーションをとらないことが苦にならない、慣れちゃった”ということですかね。プラス、”言葉を超えて分かり合えるものがある”ということでしょうか。でもうまくいっているカップルは大らかな感じがしてとてもいいですね〜。

    ユーザーID:

  • いますよ!

    会って、びっくりしました!

    アメリカ人のだんなさんは英語だけ。日本人の奥さんは日本語だけ。子供もいるんです。

    奥さん、だんなさんは以前「アイラブユー」とよく言ってくれたんだけど最近はなくなって会話がゼロになってしまったと言ってました。でも子供をよくかわいがってくれるのよ、だって。まじで、2人の会話には「アイラブユー」しかなかった!

    じょうだんかと思い、よく聞いてみたんですけど本当にこの奥さん中学生の英語もわからない。しかしこのだんなさん、かなりアグレッシブでいっしょにいた他のアメリカ人からも煙たがられてました。
    「奥さん、英語がわかったらこんな人相手にしないだろーな。」って。

    ユーザーID:

  • それ、私かもしらん・・・

    夫はスペイン語を話します。当時の私は、「こんにちは!」という単語すら知らずに結婚してしまいました。(勢いですね・・・)
    結婚した今。食卓には常に2冊の辞書があります。私用の「日本→スペイン語」と夫用の「スペイン語→日本語」ってわけです。
    ご飯を食べながらでも辞書をひきます。ケンカ中、すごく興奮して指がふるえてるけど、辞書引いてます。

    会話はすごくアバウトです。
    「今日、何、する?」「5時、友達、家、行く」みたいな。「帰る、何、時?」「10時」ってな具合です。

    でも、これでも付き合った頃よりはずっと話せるようになりました。
    ちなみに、「こんにちは」も知らないのにどうやってプロポーズの言葉が分かったのか。それは、夫がある日ダイヤの指輪が入ったケースをもって、私の前に膝まづき、私の手を握ったからです。これは、プロポーズでしょう!?

    言葉が完璧に分からなくても、毎日一緒に生活しているとする事って決まってくるので何とかなるものなのです。

    ユーザーID:

  • ああ、います!

    私の知り合いの女性も、韓国人と結婚しています。二人の会話は聞いたことがありませんが、どちらも結婚当初はお互いの国の言葉を話さなかったと思いますよ。

    なぜなら二人は初対面で結婚させられましたから。そういう宗教もあるんですね。たとえ宗教であれ、お互いの間に何か通じるものがあれば、言葉は必要ないんじゃないでしょうか?てか、後から付いてくるものでしょう?

    結婚してから法的な手続きなどでどうしても言葉が必要になる場面もあると思いますから、そういう至難を超えて言葉を学んでいけばいいんじゃないかと思います。私個人は、片言の外国人と片言の言葉で喋るのは好きですよ。

    流暢な人と喋るのつまんない。私も現在ドイツでドイツ語勉強していますが、クラスメートとお互い片言のドイツ語で話すのって楽しいですよ。それでも気持ちが通じるので大丈夫。そういう経験のある人はそういった疑問を持たないと思います。

    ユーザーID:

  • そういう人たちいる

    主人の親友夫婦がそうです。

    旦那さんが日本語ぜんぜん喋れないスウェーデン人。
    スウェーデン語はもちろん英語も喋れない日本人の奥さん。

    それでも解り合っていればいいんでしょうけど
    彼らが結婚当初はよくうちの主人が通訳してあげていて
    それで夫婦仲の最悪を乗り切ったことが何度かあります。

    奥さんも「細かいこと○○さんが伝えてくれたから助かったー」と言っていたので
    傍から見た以上にこの二人、通じていないのだなぁと思いました。

    うちも国際結婚ですが
    うちの主人は出身はNYでも日本に30年近く住んでいますし
    電話口ではもう立派な日本人です。
    英語と日本語も同時通訳できます。

    日本人のわたしとは言語的なコミュニケーションはバッチリな筈ですが
    長年いっしょにいても、主人はわたしのことを1割も理解してくれてないと思います。

    なので親友夫婦をすごく不思議と思っていたけれど
    ここのレスを見ていたら、たしかに言葉じゃなくて愛というかフィーリングなのかな?とも思いました。

    彼らはいつもラブラブですよ。

    ユーザーID:

  • 年をとったら

    有名な方なので詳細は書けませんが、熟年のカップル、ご主人は日本国籍を取られて長いけれど、あまり日本語がお上手ではない(頭のいい、ユーモアのある方なので、上手でないのもご愛嬌、日本で成功していらっしゃいますが)、奥様もあまり英語が得意ではないように見受けました。私が子どもの頃から夫唱婦随の国際結婚カップルとしてよくマスコミに登場していらっしゃいましたから、実際に奥様とお話して、これは会話が非常に少ないカップルだな、と感じたのが本当に意外でした。

    その後、別居したと週刊誌の片隅の記事で見ました。若い時はまだいいけれど…年をとった時に語り合えないのは辛いというか、一緒にいる意味を見出すのがむずかしいのでは。
    もっとも、本当に相性がよければ、最初は外国語が上手でなくても、上達していくものなのかもしれないけれど。

    ユーザーID:

  • フィーリングってあるのではないでしょうか?

    私自身は国際結婚カップルでも何でもないのですが、思ったことを。

    私は英語が超苦手なのですが、仕事の都合でアメリカに出張に行かなくてはならず、泣きたい気分でアメリカ行きました。(読み書きは、まあまあだけど会話は全くダメ!)
    しかし、ここで思ったことは、英語が片言でもなぜか妙に通じ合えるタイプの人がいるのです。英語という道具がなければ全くコミュニケーションを取れない相手もいたし、不思議です。

    きっと、トピ主さんが不思議がるようなカップルも、実はなぜか妙に通じ合える人達なのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • なんとかなる!

    イギリス人と結婚しました。

    オ−ストラリアで出会いましたが、初めの6ヶ月は私の英語は初心者レベル。 彼は日本語はまったく駄目。

    幸せでしたよ。 私は普段、思った事をすぐ口に出してしまう為、付き合った人とよくトラブルになっていました。 しかし、英語が出来ないと文句を言う前に文章を組み立てる為、一度冷静になり、言わなくてもいい事を言わずにすむ事が出来ました。

    結婚して、イギリスに住もうという話になり、これじゃいかん!と英語を勉強しました。(初心者レベルでもそういう事はわかるのです)

    今では、言わなくていい事もすらすら出てきてしまうので、後悔の毎日です。(文句だけはかなり上達してしまいました、、、)
    英語を話せない私は、神秘的だったそうです。ははは

    今でも彼と仲良くしていますが、微笑みをかかさなかった(しゃべれないのをごまかす為)神秘的な女の子をなつかしんでいますよ。

    言葉がしゃべれた方が色々便利ですが、しゃべれなくてもなんとかなると思いますよ〜。

    ユーザーID:

  • とおりすがりさんへ

    >某アメリカ人囲碁師さんの奥様は中国人で、彼らの共通語は『日本語』。
    どうやってアメリカの舅姑と会話をしていたのかは不明

    とのことですが、私は配偶者家族と言葉が通じないのは不思議だとは思いません。
    私も義母とは言葉が通じないながら、毎年休暇で1ヶ月一緒に暮らしています。生活するだけなら、言葉なしでもできます。愛情もなんとなく感じます。

    でも配偶者にそのレベルでは全くもって物足りないー。
    私の場合、過去、現在、未来の出来事や夢や悩みを共有するためには、言葉というツールが必要不可欠です。

    だけれど、今回の色々な人の書き込みで、それでも十分に物足りているからこそ、結婚生活が続く人たちが存在することが分かりました。
    そして、それで(とか、それだからこそ)幸せなんですよね。非常に面白いです。(ダンサーカップルとか、すっごい!)結構楽しんでしまいました。

    ユーザーID:

  • 好奇心からですが、面白いカップルいますよね。

    私の知り合いでも、お父さん(アメリカ人男性)とお母さん(タイ人女性)との夫婦がいますが、二人ともがそれなりのレベルで話せる共通の言語というのがないのです。

    つい最近まで日本在住でしたが、日本語を話さなくて済んでしまう仕事についていたせいもあり、日本語は全く話せない状況で結婚したようです。
    お父さんはタイ語は全く話せませんし、お母さんは英語は全く話せません。
    その後子供が生まれて、日本在住のため、子供達は日本語が母国語になっています。
    でも、子供はある程度英語もタイ語も分かるようです。

    子供の学校行事関連もあり、子供が生まれてから日本語の必要性を感じたのか、二人ともだんだん日本語は上達していますので、もしかしたら、いまや共通語は日本語なのかも知れません。
    最近、子供の大学入学準備も兼ねて、一家揃ってお父さんの地元に引っ越したようです。

    ということで、共通言語がないまま、既に結婚暦20年近い夫婦の紹介でした。

    ユーザーID:

  • アメリカ映画でも揶揄されていました

    結婚相手との会話が十分にできていないご自分の例を挙げて書き込んでいる人もいらっしゃるのに、こういう書き込みをするのは気が引けますが・・・

    うろ覚えなんですけど「シングルズ」というアメリカ映画(マット・ディロンが出ていました)の中で、そういうエピソードがありました。

    主役の女の子には幼馴染の男友達(その子に片思い中)がいるんですが、主役女子は、片言英語のスペイン人だかメキシコ人の男とバーで知り合って熱を上げます。周りの女友達が心配して、言葉も通じないのに大丈夫?と尋ねると、言葉が通じない分、気持ちがストレートに伝わるだったか、嘘がなくていいとか、そういうことを言うんですよ。

    話の流れとしては、片言英語の男は面倒な関係が嫌で(つまり体だけの関係にしたくて)英語が話せない振りをしていた、というオチがつきます。

    移民がたくさんいて、英語ができない人も多いアメリカでさえ、言葉の通じないカップルは変に見られるのだなあと思った映画でした。

    ユーザーID:

  • 外国人妻さんに賛成です

    私も国際結婚ですが、周りの言葉が通じてないカップルを見ていて思うのは、対等の立場での関係は?に思えます。

    私は夫とイギリスに住んでいますが、例えばパーティーなどでみんなで集まってもみんな英語で話すので、そういった奥様は1人何もわからず座っているのみになります。

    生活の面でも、スーパーなどで普通の買い物程度はできても、電話での用事とか書面での手続き、込み入ったことになると夫が全てやらなくてはいけません。

    つまり、夫なしではイギリスでは何もできないわけです。友達も自分の母国語を話す人のみ。

    だからなかなか対等な関係と言うのは難しいように思います。私だったらとてもやっていけないように思います。人をそこまであてにしなければできない生活って辛そう。

    だからパートナーと言葉が通じなくて、しかもすんでる国の言葉も出来ないけどそれでも上手くいってる場合はある意味すごいと思います。

    ちなみにこういうパターンの国際結婚は他の国ではわかりませんが、イギリスでは圧倒的にイギリス人夫と外国人妻です。

    ユーザーID:

  • 男女の仲は想像を絶する?

    いやー、トピ主様のトピに同感しながらも「男女の仲は想像を絶する」(らしい)という言葉が頭を離れません。

    でも、現実問題としては、身近に散見しますよね、そのようなカップル、ウン。

    そういうこともありですし、そのうち婦人の方が米谷ふみ子さんや、工藤美代子さんみたく、なるかもしれませんし、それはわかりませんわよ。

    いや、ホントにわからないけど、そういうこともあるのでしょうね。

    ユーザーID:

  • カイヤと川崎まよ夫婦も

    結婚当初、会話が通じなかったそうですよ。
    川崎まよは英語ができず、カイヤは日本語ができず、だけど結婚したそうです。
    前、ダウンタウンの番組で言ってました。

    それでも、一応まだ離婚せずに子供も2人いて結婚生活が続いてるんですよね〜

    ユーザーID:

  • そんな話があるなんて、凄いですね

    その日中カップルさん、いい度胸していますね。

    まわりに国際結婚カップルはあまりいませんが、大学の時に英語を習ったオーストラリア出身の教授が奥さんが日本人でした。

    ただし、教授の専門は日本の明治時代の文学で、中でも夏目漱石に関する研究をしていました。

    教授は、今の日本人が忘れてしまった明治時代の日本語や難しい言葉は日本人よりも詳しく、当然、現代の日本語もぺらぺらでした。大変教養のある方でした。

    時に、言葉も通じないのに結婚してしまう人達って、本能に忠実なのかもしれませんね。何だかすごい逞しさを感じます。

    私には絶対無理ですね。コミュニケーションの取れない相手なんて、何だか怖くて。

    ユーザーID:

  • 私の知り合いの場合

    私は国際結婚ではありませんが欧州に住んでいます。

    先日知り合った日本人女性はご主人が英国人ですがお互いの言語を話しません。

    そういう場合、多分ご主人もあまり周りから評価されないと思います。評価されないという言い方は適切ではないですが、少なくとも私の周りの現地人は皆「会話できないのに夫婦である」と言う事を奇妙に思っています。だからそのご主人もあまり信用されていないと言うか友達が少ない様に思います。

    その日本人の奥様はお友達はほとんどいないそうで、私が日本人であるため、私と出会えてとても嬉しく是非友達になって欲しいと言ってきました。ご主人意外ほとんど誰も知らないので普段ご主人が仕事に行ってる間はとても退屈だそうです。

    彼女は良い人ですがあまり自分自身がなく、人に合わせるのが上手なため、おそらくご主人は一緒にいて楽で落ち着くのかなと思います。

    言葉ができないので、ほとんどの用事はご主人まかせですが多分ギブアンドテイクで上手くいっているのではないでしょうか。

    よくわかりませんが結局本人達が幸せならばそれでいいのではないかと。夫婦の事は、その夫婦にしかわかりませんもんね。

    ユーザーID:

  • 平和なときはいいかもしれない。でも、、、

    お互い健康で問題がない時はそれでいいのでしょうが、
    言葉が通じないと危機が生じた際(病気、事故、その他)、悲惨な結果を招くこともあると思います。

    そういう時は
    「言葉ではなく心で通じ合っている」
    などという甘えは通用しないでしょう。
    それだけでなく、何気ない日常の出来事やちょっとした
    心の移り変わりをお互いに言葉も含めた総合的な
    コミュニケーションを通じて分かち合うことが出来ない
    と言うのは何と言う苦痛でしょうか。

    個人的な意見ですが、言葉と体と空気全てを通じて
    深いところで心の交流が出来ない夫婦の関係とは
    一体何なんだろうと思います。
    自分にはとても考えられません。

    ユーザーID:

  • そうですね。本当にどおなんでしょうね。

    私もちょっと気になってました。

    海外の、しかも多民族が住む街に住んでいるため、たまにそういうカップルに出くわします。二人の間は「愛の力」で解決するとして、お互いの家族や友人とはどおやって切り抜けるんでしょうね? 

    例えばこちらアメリカのパーティーではパートナーとちょっと離れた席に座って他のゲストとの会話を楽しみますよね。政治や芸術の基本知識も必要ですけど、それを表現する言葉がないと結構きついかも。

    ま、そんなのは気にするなと言われればそれまでなんですが、、、

    ユーザーID:

  • おもしろい〜

    「言葉が通じない」から上手くいってるんじゃないですか?

    意味が通じないから、お互いに自分の都合の良い様に相手を解釈するから、仲良くいられるように思います。

    私達がペットに癒されるのは、ペットが言葉を話さないからです。
    ペットが何を考えているか、人間は都合の良い様に想像して、勝手に癒されているんです。

    言葉が通じない外人さんから、ペットで得るような効果を得てるんじゃないでしょうか?
    バイト先で英語が超得意な人が居たのですが、その人はトラブルメーカーでした。
    外国の会社とメールでやり取りをするような業務があったのですが、彼女は英語が得意なのに、トラブルが起こります。

    何故かというと、英語が得意すぎて、他の人ならナァナァで済ませてしまうことを、ハッキリ説明出来てしまうから、相手のミスを指摘してしまう結果になって、怒らせてしまうんですね。

    言葉が通じないのに上手く行ってるケースって、通じないから上手く行ってるんじゃないかな?

    ユーザーID:

  • 全て自分に都合よく解釈

    私の知り合いの言葉が通じていないカップルを見ていて思ったことですが…

    ●お互い細かな心の機微を表現できず、ネイティブ同士ならケンカになるような余計な言葉を言わない。
    ●相手の言っていることが100%理解できない分、全て自分に都合良く解釈し、心と心で通じ合ってると思っている。
    ●愛情表現は、ひたすら簡潔にストレート。夜の相性はバッチリ。

    ちょっと込み入ったことを頼みたくても、うまく言えないので、各々自分でやっちゃうそうです。

    また、パートナーから何か言われて、「これこれこういう理由で、こんなこともあるだろうし、それはちょっとイヤかも。」と答えたくても、うまく言えないから、そんな場合は一言、No.で済ませるそうです。

    逆の場合は当然一言、Yes.
    これじゃ、軋轢も生まれないはずですね。

    ユーザーID:

  • 横ですが…

    そういったカップルの人って、どうやって親を説得したのですか?

    うちは彼が日本語をある程度できますが、ところどころおかしかったり通じなかったり。それでイライラして喧嘩したりするときもたまにありますが。あれだけ話せるし今も猛勉強してるので言葉に対しての先々の不安はないですが。

    ただ、外国人というだけで親は驚いてます。田舎なので…。
    確実に全てを理解できるわけでないし、たまに言葉変だし、たったそれだけでも印象とか気にして、今から親に会わせるの不安なのですが。

    ここに書いてるそこまで会話できてないのに夫婦になられた方々ってどのように親に理解してもらったのですか?

    横でごめんなさい。教えてください

    ユーザーID:

  • 私達も100パーセントは通じません。

    まほこさんの"ケンカ中、すごく興奮して指がふるえてるけど、辞書引いてます"というの、私達夫婦も同じです!
    辞書引いてる間に喧嘩するのが馬鹿らしくなったりして(笑)

    私は本来すごく勝気で、目上の人とだろうとお構いなく議論したりしてしまいます。今は言葉が出来ないお陰で、いつもダンマリ。とても従順な嫁に思われて、舅姑との間もいたって円満です。

    もしも、彼が日本語が出来たり、私がもっと彼の言葉を話せたりしたとしたら、私達はうまくいってないと思いますね。

    でも、心が通じてないかというと、逆にすごく分かり合えてる気がします。言葉で言えない分、ちょっとした表情の変化も敏感にお互い読み取りますから。

    ユーザーID:

  • なんとかなりますよ〜

     私は言葉の微妙に通じてないカップルかもしれません(笑)彼は香港人です。お互いの共通語は英語です。私は会話がすっごく苦手です。

    リスニングは得意なので内容は理解できます。でも大事なことを言ったり、ケンカするときは大変です。。私は話すことより、書くこと(文法)が得意なので、そういうときは書いて自分のいいたいことを伝えます!そうすればなんとかなるんですよ〜。

    彼の方が英語のレベルが全然上ですけど、彼はスペルミスも多いし、簡単な間違えをよくします。だけど、お互い留学生同士で知り合ったためか適当な英語で通じるんです。

    私は今でも外国の方と英語で話すのは苦手ですけど、彼なら通じるので彼とならわりと他の人とより上手く話せれます。言葉がわからない分、お互い相手のことを考えるし、トラブルが合っても理解がある気がします。

    ユーザーID:

  • 私じゃ考えられない

    個人の意見であります。
    まず、私じゃ考えられない。第一、子供作るのに言葉は要らないなんて言われちゃ、心外です。

    そりゃ言葉の通じる日本人同士だって離婚するんだからって理屈を言われちゃ、しょうがないですけどね。

    言葉が通じてさえ離婚するんだから通じなきゃなおさらでしょ?って言うことも出来るわけで。

     私としては言葉が通じない人との結婚生活なんていらいらしちゃいますね。会話って楽しみたいし、議論だって冗談だって楽しみたいでしょ?

    と私は思いますね。

    ユーザーID:

  • 友人の両親

    友人はお父さん日本人、お母さんケニア人です。

    彼女はスタイル、顔とビヨンセ似のすごい美女です。
    以前お家におじゃました時、両親がいたのですが、夫婦の会話は友人が通訳(英語)して成り立っていました。

    私が二人の馴れ初めを聞いたのですが、お父様は建築関係の仕事をされていて、30年前仕事でケニアに行った時、現地の責任者の娘がお母さんで、一目惚れし、すぐ結婚を申し込み、そのまま日本に連れて来られたそうです。

    しかし、日本の親に会わせた時、母親が驚いて腰を抜かしてしまったとお父様が面白おかしく語られた時、お母様が「ワタシノママモ、オドロイタ、ニホンジン」とすかさずおっしゃいました。

    日本語が話せないと言っても、全体像として何を話しているのか意味は理解していて、それをはっきりと日本語として話せないだけなんだと思いました。

    夫婦二人の時は片言の英語と日本語で会話されているそうですが、ただ25年以上も夫婦していると以心伝心で伝わるそうで、問題ないと話していました。

    ユーザーID:

  • 多分、OKです。

    言葉は、意思疎通の一手段にすぎません。ですからお互いの意思を確認する手段さえ二人で確立すれば、OKだと思います。現に長く続いているカップルがある訳ですから。好きと感じれば、それを態度で示せば必ず相手の男性に通じるでしょう。

    ただし、これは日本人女性と外国人男性のカップルの場合であって、その逆(日本人男性と外国人女性)の場合は、だめです。言葉が通じることが絶対必要です。私の経験(私は日本人男性)から断言できます。

    ユーザーID:

  • 人前では話せなくても

    結婚した当初はお互いの言葉ができなくても、普通はどちらかが住んでいる土地の言葉を少しずつ習得するものなので、流暢ではなくてもだんだんできてくるものなんじゃないかな。私の知り合いで戦争花嫁の方がいますが、嫁いできた当初は英語はほとんど話せなかったそうですが、今となっては発音はネイティブと程遠いものの、会話は全て英語で、日本語はかなり忘れているようでした。

    他にもほとんど英語が話せずに移民してきたカンボジア人の友達も学校に通って3年たった今ではブロークンだけど何とか通じる英語を話しているし、長く住んでいるのに本当に全く意志の疎通ができないほど話せないなんてことあるのかなあ。英語圏以外に嫁いだ日本人女性もだいたいその土地の言葉を勉強してますよね。ゴクミとかも。他人の前では恥ずかしくて話せないレベルでも家庭内ではブロークンなりに話している人も多いんじゃないかな。

    あと会話は苦手でも読み書きは辞書を使ってなんとかなるので、ビザなどの書類関係は大丈夫という方もいましたよ。

    ユーザーID:

  • 仕事をうまく進めるということ

    <<英語が得意すぎて、他の人ならナァナァで済ませてしまうことを、ハッキリ説明出来てしまうから、相手のミスを指摘してしまう結果になって、怒らせてしまうんですね。 通じないから上手く行ってるんじゃないかな?>>

    これは、ちょっと違いますね。

    英語ができる人が ”仕事ができる” ということではないのですよ。  英語力とは、ある意味、道具で、それを使って、どのような仕事をするかが、個人の資質・能力なのですよ。 ビジネスにおいて、相手を怒らせるようなことが頻繁に起きるということは、言語能力以前の問題です。

    それと、英語圏のビジネスにおいて(その業種の規模・性格にもよるかもしれませんが)、 ”ナアナア” で仕事が進むとは思えません。 なぜあれだけ、弁護士がいるか考えてみてください。

    ユーザーID:

  • あんまり言いたくはないけれど

    言葉が通じないカップルでも、お互いに好意をもって接していられる間はいいんでしょうね。

    しかし、遅かれ早かれ、カップルの危機が訪れます。

    外国人と結婚した日本女性が相手の国に移住するケースが多いようですね。そして、この大手小町にも、外国での離婚・別居について質問する人がたくさんいます。

    私も外国暮らしなので、「海外」というキーワードに反応して、そういう質問を開いて読んでいますが、小町よりも他に適切な質問相手があるだろうに、と思ってしまう質問を山ほど目にします。現地の言葉ができないから、誰を頼っていいのか分からないのだと思います。

    現在幸せに暮らしているカップルは、言葉が通じなくても幸せ、とそこにあぐらをかくのではなく、やはり言語習得すべきでしょう。

    ユーザーID:

  • 愛があれば

    私も結婚当初、英語があまりわからず、主人も日本語がわからない。でも不思議とコミュニケーションは取れていましたね。

    一度ある医師から言葉が出来ないのに何故コミュニケーションが出来るのか不思議がっていました。結婚15年たった今では主人の言っている事もよくわかります。でも聞く事には問題ないんですけど言い返すのに苦労する事は未だにあります。結婚当初、この結婚は数ヵ月で終ると意地悪な事も言われましたが15年たった今も円満カップルです。

    言葉はとても大切、でもその言葉の壁は愛があれば乗り越えられる筈。日本人同士で言葉が100%通じても全く会話が無いっていうカップルだっていますよね。要するに一番大事なのは相手を理解し大切にしようという愛だと思います。

    ユーザーID:

  • 「言葉が通じない」というほどではないけれど

     私が初めてつき合った外国人は、アメリカに留学して間もない頃に知り合った香港の人でした。私たちの英会話は決してスムーズとは言いがたかったのですが、彼が私の心のあやをすみずみまで理解してくれることに驚きました。それまでつき合った日本人のモトカレがちーっともわかってくれなかった私の気持ちを、なぜ、どうしてお互いにとっての外国語である英語でしどろもどろコミュニケーションしている彼がこんなにもわかってしまうの?!

     要するに「相性」に尽きるのでしょうが、この体験はキョーレツです。言葉によるコミュニケーションが万能ではないこと、言葉が通じていても心を通い合わせようという努力がなければ意味がないことが骨身にしみるのです。

     かてて加えて、何人かの方が指摘している「通じないからこそうまくいく」という要素もある。寸鉄人を刺すような厭味って、脊髄反射なみにすばやく理解できないとほとんど厭味と感じられないものなのよ。

     結局私はアメリカ人と結婚しましたが、たぶん日本人とは一生恋愛できないと思います。

    ユーザーID:

  • そんなに特別なことじゃないと思う

    私日本人、彼英国人、近々結婚予定。私の英語の読み書きは中級、会話は初級。彼の日本語の読み書きは初級、会話は中級。

    時々お互いに「その単語の意味は何だっけ」と聞きます。スムースな会話といえば、簡単な日本語か英語で説明できちゃう内容のみ。

    でも通常の会話ってそんなもんじゃないのかなぁ。
    私たちには私たちしか分らない「言語」があります。簡単に言うと単語は英語、文法は日本語のような感じ。他人が私たちの会話を聞いたら、「どうして通じてるのか不思議」とか思うのかもしれませんね。

    でも喧嘩もするし、政治について話したり、ドラマや映画について話したり、私たちにとっては不便はありません。時々、私は英語を話し彼は日本語で答えたりして、でも特別なことじゃなくごく普通の日常なんです。

    すごく英語が上手な日本の方に出会うと「すごいな」とは思いますけど、だからと言って愛する人と出会うことができ、更に結婚できるとは限りませんよね。
    他人がとやかく言うことじゃないんじゃいかなー。

    ユーザーID:

  • いざという時は?

    シアワセな結婚生活で言葉は問題じゃないらしいというのは、皆さんの意見でよくわかりました。

    ところで、余計なお世話でしょうけれど、何か「万が一なこと」が起こった場合はどう対応するのでしょう。

    たとえば、不吉ですが、言葉関係ですべて頼っていたご主人が亡くなってしまったとか、ご主人の留守中に子供が事故とか、そういう場合。

    幸せな時だけを前提にすれば、本人たちさえ幸せならいいじゃないですか?ってことになりますが、
    本当に試される時が来たら、どうなっちゃうんだろうって心配になります。

    日本人同士の夫婦なら、愛情が冷めていてもとりあえず対応できますよね、その辺、ちょっと興味あったので書き込みしました。

    あまり良い例じゃなくてごめんなさい。

    ユーザーID:

  • ららさんと同じような疑問

    親に説得というか、双方のご両親はそんな2人が結婚することに関してどう思っているのだろうか、というのが疑問でなりません。

    言葉が通じていない関係というのは、私にとっても未知の世界です。かくいう私も配偶者はアメリカ人ですが、日本語も話します。というか、話せなければ結婚の対象にはなっていなかったと思います。

    また、配偶者と言葉が通じない上に、配偶者の(もしくは他の日本国外の)国に生活されていたり、子供までいたりとなると、なお不思議です。ストレスにならないのかな?

    ユーザーID:

  • いますよー

    私の元友人ですが、英語なんて本当に片言でナンパされたプエルトリコ系アメリカ人と出会って3ヵ月後に結婚。スパニッシュの彼のことをずっと「スペイン人」と勘違いしていた彼女。

    付き合っている分には言葉なんて片言でも通じなくてもセックスにしろボディランゲージにしろ、コミュニケーションは出来ると思います。 

    でも、結婚していざ相手の国に移住、となった時に子供でもいれば子供を病院に連れて行く、学校の懇談会、など語学力は必要になってくると思います。それからはコミュニケーションではなくカンバセーションが出来るよう求められてくると思うので付き合っているうちなら、別に問題はないと思います。

    ユーザーID:

  • 言葉は日本人でも。。。

    国際結婚か否かに関わらず。。
    相手に高いコミュニケーション能力を求める人は、会話ができない人との結婚は考えられないでしょう。そうでもない、普段も大して会話がなくてもいいし議論も詰めなくてもいいと思う人はそれでも成り立つのでは。

    ユーザーID:

  • 結婚って、コミニケーションとは限らない

    日本人同士の結婚で恐縮ですが、例を出させてください。

    私の同級生は、仕事のこと、自分の専門のこと、自分が読んだ本のことなど、殆ど語りあわないような女性とばっかり、結婚したがりましたよ。
    「ともだち」としてそういうことを私に話すけど、アタシのようなキツイことまで言ってしまうし、流行のファッションも馬耳東風なタイプは「嫁さん」には絶対お断りと言うことは、オーラでも、たまには言動ででも言われまくってました。

    で、彼らのお嫁さんに会ってみると、「うちの亭主なんて、家庭のことなんて全部私ににまかせっきりで・・」ってな愚痴をは聞いちゃったりします。
    しかし、こういうお嫁さんは、私の友達の大阪出身、一人漫才のように面白い=コミニケーション能力バツグンな野郎だとか、口も体もまわって、皿とかも洗ってくれるような男達は、「ともだち」として最高だけど、亭主にしたくないと口をそろえて言います。

    というわけで、コミニケーションって、多くの人の場合、結婚で重要視されるファクターじゃない気がしています。 国際結婚に限らないのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 言葉が出来ると逆に問題も

    私の友人は、中華レストランの中国人の店員やガソリンスタンドの中東系の方達には凄く親切に話します。相手の英語がかなり滅茶苦茶でも、一生懸命に聞いて理解しようとしてますし、相手が理解できなければ、他の表現を使ったりしてます。

    しかし、私は英語力が一応あるものですから、私には容赦無しです。私はかなり難しい表現等も知ってますが、時として簡単な表現を知らなかったりする事も有ります。彼は私にとっては英語は外国語であるという事を忘れているようです。また、私が疲れて英語の理解力が落ちた時なんかに、簡単な事が直ぐに理解できないと怒り狂い、「何でこんな事も理解出来ないんだ?お前は馬鹿か?」と怒鳴ります。

    従って、結婚している方にも、相手の言葉がイマイチだから、丁寧に対処している人は結構いると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 勉強は大切。

    言語を学ぶ努力は大切だと思います。

    友人の話です。出会った時、2人の共通語は英語でした。さらに、日本と外国の遠距離恋愛でした。
    交際期間中に、男性は日本語を、女性はスペイン語を猛烈に勉強し、1年後の結婚式の時には、2人ともお互いの母語がペラペラになってました。

    愛があれば、ものすごいスピードで語学がマスターできるのでしょう。
    外国人と結婚している人は、お互いにがんばるべきではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 経験からの観測

    結婚ではないですが、若かりし頃アメリカでランゲージスクールに通っている時に同じく香港から来ていた人とお互いたどたどしい英語力でつきあっていたことがあります。

    上手く行っている間はコミュニケーションで困ったことはなかったのに、いったん二人の間に問題が起こったとたん通じなくなりました。
    あれは凄かった...
    まるで本人の知らない間に脳に埋め込まれた万能翻訳装置が急に壊れてしまったような...

    言ったことに対してとんちんかんな答えしか返ってこないし、UPSETしている彼の言ってることは私にとっはぜんぜん辻褄があってなくて、?????。
    どこまで行っても平行線でした。

    やはり上手く行っているときはいいけど、一旦何か問題が起こると相当なコミットメントと根気がないとあっという間に関係が崩壊するというのは当たってると思います。

    夫婦として長くやっていけるカップルは結局努力して外国語を習得して溝を埋めていける人たちだろうと思います。

    ユーザーID:

  • 知り合いにいます。

    アメリカに住んでいます。

    若い頃は留学生で来ている人たちのカップルが周りに沢山いました。ELSでは英語がまだほとんど話せない同士で付き合っている人たちも結構いました。

    手招きされるので行ってみたら、メキシコ人の男の子の彼氏に彼女の日本人の女の子に「きれいな足してるね」って通訳してくれと言われたこともありました。

     少し歳をとってからは結婚しているのに言葉の通じてないカップルは2組ほど遭遇しましたが、どちらもちょっと変わった夫婦でした。

    アメリカに10年以上も住んでいて日本語を話さない環境なのにどうして英語を少しもおぼえられないのか不思議でしたが、片言の英語でやりとりをしてなんとか生活は成り立っているようです。

    きっとある意味相性がいいから離婚もせずに続いているのでしょうが、夫婦関係はこういったらなんですが、とっても表面的な感じを受けました。
    そりゃそうですね、つっこんだ話しができないのですから..
    でも両方とも言葉でコミュニケートできないのをさして気に病んでいる様子はなかったです。
    それを見ると言葉の通じない夫婦もありなのかと思いますが、特殊な感覚を必要とするようです。

    ユーザーID:

  • 言葉はコミュニケーションの道具の一つにしかすぎません

    私は日本人で、彼はスイス人です。
    彼は挨拶くらいの日本語だけです。
    わたしも、同等のドイツ語です。
    二人では英語で会話します。

    付き合った当初、私の英語は片言でしたが、
    それでも彼と一緒に居るうちに英語は上達しました。
    他の英語圏の方たちとの会話にも困りません。

    ですが、みなさんの発言を読んでいく中で、
    あまりにも『言葉』に執着しすぎていて、ちょっと悲しく感じました。
    もちろん、お互いが理解できる言葉で、じっくり話しができれば便利でしょうが、結婚している、付き合っているなかでは、言葉は便利な道具の一つにしか過ぎないと思います。言葉が通じなくても、大切な想いは通じますよ。

    現に、私は、日本人で病気で声が出せない方のお世話をしています。ずっと側についていれば、目で合図するだけで、大体なにがしたいかわかります。

    『言葉』にばかり惑わされている人々は、きっとその『言葉』だけに執着して、ホントに意図していることに気付くことができていないのかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 。。。。

    彼は香港人 私は日本人、、
    付き合い始めて 間もないのですが
    深く知りたいと思うと どうしても
    思うようにはなりません、、、
    メールで何とか コミュニケーションを
    取っていますが
    不安はつきないかなぁ。。。
    でも 彼のことがとても好き
    このまま どこまで 続くか、、
    自分でも 分らない そんな時に
    このサイトに出会って 皆さんのご意見は
    拝見して とても前向きに考えられるように
    なりました

    ユーザーID:

  • 大切なものは・・・

    「言葉」も大切だけれど、もっと大切なのは「行為」だと思うんです。
    相手のために、何をしてあげられるか。自分のために、何をしてくれるか。

    高いところにあるものを、とってくれる。病気の時に、看病してくれる。疲れている時に、夕食を作ってくれる。車に轢かれそうになったら、身を投げ出して守ってくれる、とか・・・

    高尚な会話などなくてもいいです。

    ユーザーID:

  • 言葉を使わないコミュニケーション

    言葉ができなくてもコミュニケーションはできるでしょうね。でも、内容は非常にベーシックなもの。

    たとえば、経済的な不安があるまま結婚したくないと思っている場合、「言葉」を使わずにどうやって相手に伝えるのでしょうか。問題を解決するために二人で協力し合えなければ、結婚生活の維持は難しいと思いますが、その「問題点」を相手にできるだけ正確に伝えるために「言葉」以外の何が使えるというのでしょう。

    KAORIさんの出された例は興味深いですが、その方との間に「日本語」という共通言語がなくても、今と同じようにコミュニケートできますか? また、このツリーで話題になっているのは、オーラルコミュニケーションの有無ではありません。

    ユーザーID:

  • 大丈夫な人達もいるでしょう

    元々自分を表現するのが苦手だったり、場の雰囲気や他人の感情や気持ちに無頓着な人もいます。他人と密なコミュニケーションをとるのが負担だったりする人もいるかもしれませんね。
    だから、同じ言葉を話す者同士でも、あまり込み入った話はしないし、カップルであってもお互いそれほど社交的なタイプでなければ、やっていけるのかもしれません。

    ただ、私が会った事のあるカップル(妻が日本人)で、夫の国に住み子供がいる人達がいます。まず、子供達と日本人妻のコミュニケーションに多大な問題があるようです。

    ユーザーID:

  • 言葉も大切

    確かに愛情や、相手の思いやりの気持ち、なんとなく幸せそうとか落ち込んでいるのかなと言ったことは、言葉なしで伝わると思います。言葉だけでは伝えきれない、言葉なんてちっぽけなもんで表せない、と言ったものもあるでしょう。

    しかし、言葉がなければ伝えられないものって言うのも、結構あると思うんですよね。相手の奥深い価値観とか、道徳心とか、昔の癒えていない心の傷とか、相手が抱えている劣等感とか、人格形成に大いに影響しているものは、言葉があっても伝えるのが難しく、でも言葉を使わないと伝えられないものだと思います。憶測で、考えると、相手を誤解してしまうような問題。私が人の心に関わる分野を専門としているからこそ、思うことなのかもしれませんが。

    私の彼は英語しか話せないアメリカ人です。日常会話は英語で、全く問題はありません。ある意味、言葉があまり通じていなくてやっていけるカップルって、忍耐力があるというか、すごいなあと思います。

    ユーザーID:

  • どうでもいいじゃん

    このような疑問を持たれる不思議さんの好奇心については私も理解できない訳ではありませんが、この種のテーマをこのような場で取り上げると、決まって登場するのが、言語に不自由のない聡明な方々による、言語で苦労している「愚かな」方々を見下しているかのようなレスポンス。

    本人達が幸せなら、言葉が通じていようが通じていまいが、どういう家庭生活を送っていようが、そんなことどうでもいいと思いません?幸せな気持ちになれる人が多ければ多いほど世の中は良くなるんですから、軽蔑、あら探し、揚げ足取りは(意識的、無意識的に関わらず)、もう辞めませんか。

    ユーザーID:

  • 結婚はコミュニケーションだけではない

    結婚するとは利益共同体として契約することです。もちろん愛情が大切ですが、経済面、生活環境(同居、別居)なども大きなウェートを占めます。小町の離婚のネタでもほぼ100%姑、金、女、暴力、生活環境が原因といえるでしょう。

    コミュニケーションはこれらの問題を解決するのに確かに有効ですが、そもそも、上記の問題が全然ない場合はコミュニケーション無しでも十分幸福な結婚生活を送れるケースも多いと思います。

    一方、友人関係は会話無しには成り立ちません。そこに利害関係が全くないから、関係が成り立ちようが無いからです。

    だからトピ主さんの疑問にお答えすると、言葉が通じない夫婦を見ることはあっても、言葉が通じない友人を見ることはない。ということです。

    もし、いたら教えてください。

    ユーザーID:

  • 子供は優秀に?

    日仏カップル(結婚)がまわりに多いけど、言葉の通じない夫婦って多いです。奥さんの語学が堪能過ぎて”暴力”ふるわれてる人も居ますが。。。日本人妻は夫の言うなりになって欲しい?

    離婚率は50%越してますが、たまにすごく優秀な子供が育ちます。2カ国語は話せないと親子の会話が成立しない為に、子供が夫婦の通訳してたり、学校の連絡事項を親に翻訳通訳してたりとか。
    何もかも言葉で言わなくてはいけないというのも疲れることなので、言葉が通じなくても心がつうじてればいいんじゃないのかな〜、きっと、、、多分。。。
    でも、私には多分、無理です。

    ユーザーID:

  • 愛だけじゃ結婚生活は、無理

    ただ単に付き合うだけなら、言葉が通じなくても愛でどうにかなると思う。
    結婚生活となると、別物。

    夫婦として話し合わなくてはいけないこともたくさん出てくるはず。
    言葉が通じない夫婦ってやっぱり、賢くは見えない。

    喧嘩してもとことん話し合いって出来ないんじゃない?
    会話のコミュニケーションってすごく大切だと思う。

    文化が違う分、余計、日本人同士より会話が必要だし。
    愛だけで結婚する人達が多いから、国際結婚も離婚率が高いのかな〜?

    ユーザーID:

  • まりさん、おもしろい!

    実は私も国際結婚で、今は夫の国に住んでいます。

    楽しいかと聞かれると、もちろん楽しいです。でも日本で独身の頃も、充実した毎日を送ってました。

    海外で楽しく過ごすためには、それはもういろんな努力をしなくてはならないのです。日常会話程度の方が国際結婚で楽しく暮らしてる・・・とありましたが、日常会話で現地で仕事は得られず、地域のコミュニティーにも入れず、昼間自宅にいて鳴る電話にびくびく、夫の友人や家族の会話に入れず等々、苦労があります。それを克服するがために、皆勉強してますよ。日常会話程度でいい、ましてや話せなくても、などと思っている人は、その国を十分楽しんでいるとは思えないです。

    ユーザーID:

  • 言葉の問題からはずれますが

    以前、このトピとレスに対して否定的な意見を書いたはぁ?です。今日何となく小町を見たら、このトピがまた目に入ったので寄ってみました。

    まりさんって、きっと、とても素直な可愛い女性なのでしょうね。自分にとって何の利害もないはずの他人のことを無闇に攻撃したり見下したりするのではなく、第三者的な立場で意地悪な意見を適当に楽しんでいらっしゃったのですね。

    ボールさんのおっしゃるように、他人の芝って青いんですよね。でも、人と比較したり、人の目を意識して感じる幸福なんて、結局は空しいですよ。

    自分の中で幸福を感じていることが一番大事なんじゃないかな〜。他人のあら探しに注ぐマイナスのエネルギーは心の空しさの表れ。ごめんなさい、トピからはずれてしまいましたが、まりさんには絶対に幸せになって欲しいなと思って書いてみました。

    ユーザーID:

  • 結婚は二人だけのものじゃない

    言葉が通じなくても、愛し合っている二人さえ「通じていればそれでOK」というご意見には、正直言ってどうかな、と思います。

    結婚は互いの家族が増えるがゆえ、「二人さえ良ければ」という認識は通用しないと思います。結婚当初ならともかく、何十年と言う単位で、双方の家族とのコミュニケーションも成り立たない結婚生活ってありでしょうか?

    夫の国に住む知人にやはり、この手の人がいて、向こうの家族の会話には「全て笑ってごまかす」と言っていました。もう、かれこれ結婚して7〜8年になる人です。そんなに長年、且つ一生「笑ってごまかされても平気」という広い心の持ち主の彼と家族には、すごいなあ、私にはできません、耐えられません、という思いです。

    ユーザーID:

  • いるいる!

    私の周りは そういうカップルばかりです! けっこう みんな続いていますよ! 

    お互い嫌なところは、見ないですむし。旦那さんもそのほうが 自分の好きなようにコントロール出来るし、だから、わざと言葉が出来ない人選んでる 男もいましたよ。買い物も一人で出来ないし、生活に必要な 書類も書けない。 

    どこに行くにも旦那さんが、ついてくる。私の姿を見つけて、”除光液って英語でなんて言うのー”って 駆け寄ってくる人とか。子供出来たらどうすんのかなー って思ったりします。

    なぜなら 知り合いで 子供が病気になり 病院に連れて行ったのはいいんですが、説明、出来なくて、”英語話せないんなら、病院来るなー”と、叫ばれた経験をした人を知っています。 子供作るのは簡単だけど ”人生そんなに甘くないぞー” と思います。  

    ユーザーID:

  • いますいます

    会社の上司は、駐在先のアフリカで現地の人と付き合い、日本につれて帰って結婚しました。歳の差がかなりあるからというのもあるのでしょうが、奥様はスタイルよし、美人、旦那様は…かっこいいとはいえない中年親父(失礼!) お互い言葉はほとんど通じないそうです。上司は英語できますが、奥様は話せないとか。日本語もダメみたいです。それでもお子さんがいて、上司は幸せそうですよ。

    友人も留学先のイギリスでドイツ人の彼と付き合い、遠恋の末結婚するそうです。お互いの母国語は話せない上、英語もなかなか難しいみたいです。それなのにどうやって結婚まで行くのか不思議です。

    本当にフィーリングが合えば、言葉なんて乗り越えていくのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    夫の国で四半世紀暮らしています。最初の頃は共通語は日常会話程度でしたが、米国系の会社で仕事をしていたのでネイティブほどではありませんが、上達しました。同じ頃結婚した人でも専業主婦は日常会話から上達せず、子供が通訳している場合もあります。

    こちらで発言されている方たちは比較的若い方が多いようですね。長く一緒にいるとお互いに相手を励ましたり説教(?)したり、家族を守るために外の人に主張しなければならないこともあります。多少の文法間違いはとにかく必要に応じた語彙、言いまわしは絶対必要です。

    「微笑だけで癒される」状況にしても、言えないから黙っているのと、あえて黙っているのとでは雲泥の差です。

    私の知っている中で、会話がなしで共存しているカップルは「比較的短期間」か、夫が離婚経験者の白人中年、妻がかなり低い立場(微妙な言い方ですが)
    であまり尊敬されていないカップルです。

    長い間には夫婦の共通語みたいな変な言葉もできますが、それでもコミュニケーションが完全にできることは大切です。

    ユーザーID:

  • 資質の問題でしょう

    口達者な日本人同士の夫婦ですが、言葉が通じなくても結婚生活は成立すると思う派です。

    私達の例をあげると

    1.私が夫に「あなたの親戚に今日会う気は無い」と言いました。夫は理由を知りたがり、私は説明し納得させました。

    2.夫が「赤ちゃんのよだれが許せない」と言いました。私は理由を聞き夫は説明しました。私は納得できないまでも、理解しました。

    私達にとってお互いに軽く傷つく発言でしたが、言葉の通じないカップルだったら1の場合「まあ知らない人たちに会いたくない日もあるよね」とか2の場合「そうなんだー、嫌いなんだー。」と自己完結して流すこともできますよね。

    言葉の通じないカップルは、こういう楽天的な資質を持っているか、語学力が付くよりも先に育って来るのでは?それは結婚生活にはプラスであって、マイナスではないと思います。

    ユーザーID:

  • 子供の急病の時など

    緊急事態について指摘している意見もありますが、それを言うなら言葉の通じない国に住む人すべてがさらされる危機だと思います。例えば駐在妻などで、そういう生活をしている人は珍しくないのでは?

    私の友達は英語がほとんど通じない国に住み、夫は海外出張で不在がちですが、子供を死なせることもなく、苦労は多いようですが普通に生活していますよ。何か本当に大変なことになったら、通訳を雇えばいいのですし。

    ユーザーID:

  • やっぱり

    病気とか事故とか、何か緊急で対応しなければならないときは困る事が沢山あるでしょうね。

    でも、言葉が通じ合う相手と向かい合って会話している時、言葉だけによるコミュニケーションはたったの30か40%くらいで、後は声のトーン、顔の表情等、body languageで伝え合うんですよ。
    なかなか会えない、言葉でしか意思疎通できない遠距離はだからそれだけ難しくなるんですよね。
    だから、言葉が通じ合わないカップルが上手くいっても、不思議ではないと思います。

    私は香港人の彼とは英語で会話しますが、幸いお互い会話には困らないのですけれど、私には言葉の全く通じない付き合いは無理そうです・・・。
    上手く付き合ってるカップルの皆さん、すごいですねー。

    chiさんへ
    メールや会話は英語ですか?
    英語なら彼を知りたい!と思う気持ちがあるのなら勉強しようと自然に思うと思うし、広東語をちょっと勉強して彼をビックリさせたら、彼もchiさんの気持ちを喜んで受け取ってくれるのではないですか?
    上手くいくといいですね。

    ユーザーID:

  • 不思議

    言葉が通じてなくても情熱で結婚してしまうということはそれほど理解に苦しむことではないと思うけど、何年も結婚していてその状態のままどちらも意思の疎通ができる言葉を少しも習得してないというところが不思議。
    必要に迫られたら少しずつでも話せるようになるのじゃないかなぁ。
    言葉の通じない相手と生活するのは私はものすごく不便だと思うけど。夫婦なんてなおさら....

    ユーザーID:

  • 結婚後は別世界

    言葉が通じないカップルがいること自体は別に不思議じゃありません。2人のコミュニケーションは2人でつながっていればいいわけで、それについてこっちがどうこう憶測をたてるのも無意味でしょう。

    ただ結婚というとまったく別の話で2人だけでなくお互いの家族なども関わりますから言葉がうまく通じないのは問題になってくるでしょう。ましてや子供ができたとなると、どうやって子供に言葉を教えるか、子供とスムーズにコミュニケーションを図れるかというのは重要な問題になってきますね。

    ユーザーID:

  • 「愛する二人には言葉はいらない」

    そう言って結婚して、何年か後には離婚しているカップル沢山いますよ。

    個人的には言葉が全てではないけど言葉は大切だと思います。

    一説には男性は弁の立つ女性を好まないからかえってうまくいくという説もありますね。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧