恋愛・結婚・離婚

国際結婚で言葉が通じていないカップル

レス83
お気に入り11

不思議

男女

妻日本人、夫中国人のカップルと知り合いになったのですが、夫は日本語が分からない、妻は英語はできない、といって中国語もできない状態で、でも何年も続いているとのこと。

私も国際結婚ですが、どうしてそれで続くのか不思議です。

他にもそういうカップルっていますか?実際どういう生活になるのでしょう?全く余計なお世話で、ただの好奇心なんですけど、どなたか教えて下さい〜

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数83

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • アメリカ映画でも揶揄されていました

    結婚相手との会話が十分にできていないご自分の例を挙げて書き込んでいる人もいらっしゃるのに、こういう書き込みをするのは気が引けますが・・・

    うろ覚えなんですけど「シングルズ」というアメリカ映画(マット・ディロンが出ていました)の中で、そういうエピソードがありました。

    主役の女の子には幼馴染の男友達(その子に片思い中)がいるんですが、主役女子は、片言英語のスペイン人だかメキシコ人の男とバーで知り合って熱を上げます。周りの女友達が心配して、言葉も通じないのに大丈夫?と尋ねると、言葉が通じない分、気持ちがストレートに伝わるだったか、嘘がなくていいとか、そういうことを言うんですよ。

    話の流れとしては、片言英語の男は面倒な関係が嫌で(つまり体だけの関係にしたくて)英語が話せない振りをしていた、というオチがつきます。

    移民がたくさんいて、英語ができない人も多いアメリカでさえ、言葉の通じないカップルは変に見られるのだなあと思った映画でした。

    ユーザーID:

  • 外国人妻さんに賛成です

    私も国際結婚ですが、周りの言葉が通じてないカップルを見ていて思うのは、対等の立場での関係は?に思えます。

    私は夫とイギリスに住んでいますが、例えばパーティーなどでみんなで集まってもみんな英語で話すので、そういった奥様は1人何もわからず座っているのみになります。

    生活の面でも、スーパーなどで普通の買い物程度はできても、電話での用事とか書面での手続き、込み入ったことになると夫が全てやらなくてはいけません。

    つまり、夫なしではイギリスでは何もできないわけです。友達も自分の母国語を話す人のみ。

    だからなかなか対等な関係と言うのは難しいように思います。私だったらとてもやっていけないように思います。人をそこまであてにしなければできない生活って辛そう。

    だからパートナーと言葉が通じなくて、しかもすんでる国の言葉も出来ないけどそれでも上手くいってる場合はある意味すごいと思います。

    ちなみにこういうパターンの国際結婚は他の国ではわかりませんが、イギリスでは圧倒的にイギリス人夫と外国人妻です。

    ユーザーID:

  • 男女の仲は想像を絶する?

    いやー、トピ主様のトピに同感しながらも「男女の仲は想像を絶する」(らしい)という言葉が頭を離れません。

    でも、現実問題としては、身近に散見しますよね、そのようなカップル、ウン。

    そういうこともありですし、そのうち婦人の方が米谷ふみ子さんや、工藤美代子さんみたく、なるかもしれませんし、それはわかりませんわよ。

    いや、ホントにわからないけど、そういうこともあるのでしょうね。

    ユーザーID:

  • カイヤと川崎まよ夫婦も

    結婚当初、会話が通じなかったそうですよ。
    川崎まよは英語ができず、カイヤは日本語ができず、だけど結婚したそうです。
    前、ダウンタウンの番組で言ってました。

    それでも、一応まだ離婚せずに子供も2人いて結婚生活が続いてるんですよね〜

    ユーザーID:

  • そんな話があるなんて、凄いですね

    その日中カップルさん、いい度胸していますね。

    まわりに国際結婚カップルはあまりいませんが、大学の時に英語を習ったオーストラリア出身の教授が奥さんが日本人でした。

    ただし、教授の専門は日本の明治時代の文学で、中でも夏目漱石に関する研究をしていました。

    教授は、今の日本人が忘れてしまった明治時代の日本語や難しい言葉は日本人よりも詳しく、当然、現代の日本語もぺらぺらでした。大変教養のある方でした。

    時に、言葉も通じないのに結婚してしまう人達って、本能に忠実なのかもしれませんね。何だかすごい逞しさを感じます。

    私には絶対無理ですね。コミュニケーションの取れない相手なんて、何だか怖くて。

    ユーザーID:

  • 私の知り合いの場合

    私は国際結婚ではありませんが欧州に住んでいます。

    先日知り合った日本人女性はご主人が英国人ですがお互いの言語を話しません。

    そういう場合、多分ご主人もあまり周りから評価されないと思います。評価されないという言い方は適切ではないですが、少なくとも私の周りの現地人は皆「会話できないのに夫婦である」と言う事を奇妙に思っています。だからそのご主人もあまり信用されていないと言うか友達が少ない様に思います。

    その日本人の奥様はお友達はほとんどいないそうで、私が日本人であるため、私と出会えてとても嬉しく是非友達になって欲しいと言ってきました。ご主人意外ほとんど誰も知らないので普段ご主人が仕事に行ってる間はとても退屈だそうです。

    彼女は良い人ですがあまり自分自身がなく、人に合わせるのが上手なため、おそらくご主人は一緒にいて楽で落ち着くのかなと思います。

    言葉ができないので、ほとんどの用事はご主人まかせですが多分ギブアンドテイクで上手くいっているのではないでしょうか。

    よくわかりませんが結局本人達が幸せならばそれでいいのではないかと。夫婦の事は、その夫婦にしかわかりませんもんね。

    ユーザーID:

  • 平和なときはいいかもしれない。でも、、、

    お互い健康で問題がない時はそれでいいのでしょうが、
    言葉が通じないと危機が生じた際(病気、事故、その他)、悲惨な結果を招くこともあると思います。

    そういう時は
    「言葉ではなく心で通じ合っている」
    などという甘えは通用しないでしょう。
    それだけでなく、何気ない日常の出来事やちょっとした
    心の移り変わりをお互いに言葉も含めた総合的な
    コミュニケーションを通じて分かち合うことが出来ない
    と言うのは何と言う苦痛でしょうか。

    個人的な意見ですが、言葉と体と空気全てを通じて
    深いところで心の交流が出来ない夫婦の関係とは
    一体何なんだろうと思います。
    自分にはとても考えられません。

    ユーザーID:

  • そうですね。本当にどおなんでしょうね。

    私もちょっと気になってました。

    海外の、しかも多民族が住む街に住んでいるため、たまにそういうカップルに出くわします。二人の間は「愛の力」で解決するとして、お互いの家族や友人とはどおやって切り抜けるんでしょうね? 

    例えばこちらアメリカのパーティーではパートナーとちょっと離れた席に座って他のゲストとの会話を楽しみますよね。政治や芸術の基本知識も必要ですけど、それを表現する言葉がないと結構きついかも。

    ま、そんなのは気にするなと言われればそれまでなんですが、、、

    ユーザーID:

  • おもしろい〜

    「言葉が通じない」から上手くいってるんじゃないですか?

    意味が通じないから、お互いに自分の都合の良い様に相手を解釈するから、仲良くいられるように思います。

    私達がペットに癒されるのは、ペットが言葉を話さないからです。
    ペットが何を考えているか、人間は都合の良い様に想像して、勝手に癒されているんです。

    言葉が通じない外人さんから、ペットで得るような効果を得てるんじゃないでしょうか?
    バイト先で英語が超得意な人が居たのですが、その人はトラブルメーカーでした。
    外国の会社とメールでやり取りをするような業務があったのですが、彼女は英語が得意なのに、トラブルが起こります。

    何故かというと、英語が得意すぎて、他の人ならナァナァで済ませてしまうことを、ハッキリ説明出来てしまうから、相手のミスを指摘してしまう結果になって、怒らせてしまうんですね。

    言葉が通じないのに上手く行ってるケースって、通じないから上手く行ってるんじゃないかな?

    ユーザーID:

  • 全て自分に都合よく解釈

    私の知り合いの言葉が通じていないカップルを見ていて思ったことですが…

    ●お互い細かな心の機微を表現できず、ネイティブ同士ならケンカになるような余計な言葉を言わない。
    ●相手の言っていることが100%理解できない分、全て自分に都合良く解釈し、心と心で通じ合ってると思っている。
    ●愛情表現は、ひたすら簡潔にストレート。夜の相性はバッチリ。

    ちょっと込み入ったことを頼みたくても、うまく言えないので、各々自分でやっちゃうそうです。

    また、パートナーから何か言われて、「これこれこういう理由で、こんなこともあるだろうし、それはちょっとイヤかも。」と答えたくても、うまく言えないから、そんな場合は一言、No.で済ませるそうです。

    逆の場合は当然一言、Yes.
    これじゃ、軋轢も生まれないはずですね。

    ユーザーID:

  • 横ですが…

    そういったカップルの人って、どうやって親を説得したのですか?

    うちは彼が日本語をある程度できますが、ところどころおかしかったり通じなかったり。それでイライラして喧嘩したりするときもたまにありますが。あれだけ話せるし今も猛勉強してるので言葉に対しての先々の不安はないですが。

    ただ、外国人というだけで親は驚いてます。田舎なので…。
    確実に全てを理解できるわけでないし、たまに言葉変だし、たったそれだけでも印象とか気にして、今から親に会わせるの不安なのですが。

    ここに書いてるそこまで会話できてないのに夫婦になられた方々ってどのように親に理解してもらったのですか?

    横でごめんなさい。教えてください

    ユーザーID:

  • 私達も100パーセントは通じません。

    まほこさんの"ケンカ中、すごく興奮して指がふるえてるけど、辞書引いてます"というの、私達夫婦も同じです!
    辞書引いてる間に喧嘩するのが馬鹿らしくなったりして(笑)

    私は本来すごく勝気で、目上の人とだろうとお構いなく議論したりしてしまいます。今は言葉が出来ないお陰で、いつもダンマリ。とても従順な嫁に思われて、舅姑との間もいたって円満です。

    もしも、彼が日本語が出来たり、私がもっと彼の言葉を話せたりしたとしたら、私達はうまくいってないと思いますね。

    でも、心が通じてないかというと、逆にすごく分かり合えてる気がします。言葉で言えない分、ちょっとした表情の変化も敏感にお互い読み取りますから。

    ユーザーID:

  • なんとかなりますよ〜

     私は言葉の微妙に通じてないカップルかもしれません(笑)彼は香港人です。お互いの共通語は英語です。私は会話がすっごく苦手です。

    リスニングは得意なので内容は理解できます。でも大事なことを言ったり、ケンカするときは大変です。。私は話すことより、書くこと(文法)が得意なので、そういうときは書いて自分のいいたいことを伝えます!そうすればなんとかなるんですよ〜。

    彼の方が英語のレベルが全然上ですけど、彼はスペルミスも多いし、簡単な間違えをよくします。だけど、お互い留学生同士で知り合ったためか適当な英語で通じるんです。

    私は今でも外国の方と英語で話すのは苦手ですけど、彼なら通じるので彼とならわりと他の人とより上手く話せれます。言葉がわからない分、お互い相手のことを考えるし、トラブルが合っても理解がある気がします。

    ユーザーID:

  • 私じゃ考えられない

    個人の意見であります。
    まず、私じゃ考えられない。第一、子供作るのに言葉は要らないなんて言われちゃ、心外です。

    そりゃ言葉の通じる日本人同士だって離婚するんだからって理屈を言われちゃ、しょうがないですけどね。

    言葉が通じてさえ離婚するんだから通じなきゃなおさらでしょ?って言うことも出来るわけで。

     私としては言葉が通じない人との結婚生活なんていらいらしちゃいますね。会話って楽しみたいし、議論だって冗談だって楽しみたいでしょ?

    と私は思いますね。

    ユーザーID:

  • 友人の両親

    友人はお父さん日本人、お母さんケニア人です。

    彼女はスタイル、顔とビヨンセ似のすごい美女です。
    以前お家におじゃました時、両親がいたのですが、夫婦の会話は友人が通訳(英語)して成り立っていました。

    私が二人の馴れ初めを聞いたのですが、お父様は建築関係の仕事をされていて、30年前仕事でケニアに行った時、現地の責任者の娘がお母さんで、一目惚れし、すぐ結婚を申し込み、そのまま日本に連れて来られたそうです。

    しかし、日本の親に会わせた時、母親が驚いて腰を抜かしてしまったとお父様が面白おかしく語られた時、お母様が「ワタシノママモ、オドロイタ、ニホンジン」とすかさずおっしゃいました。

    日本語が話せないと言っても、全体像として何を話しているのか意味は理解していて、それをはっきりと日本語として話せないだけなんだと思いました。

    夫婦二人の時は片言の英語と日本語で会話されているそうですが、ただ25年以上も夫婦していると以心伝心で伝わるそうで、問題ないと話していました。

    ユーザーID:

  • 多分、OKです。

    言葉は、意思疎通の一手段にすぎません。ですからお互いの意思を確認する手段さえ二人で確立すれば、OKだと思います。現に長く続いているカップルがある訳ですから。好きと感じれば、それを態度で示せば必ず相手の男性に通じるでしょう。

    ただし、これは日本人女性と外国人男性のカップルの場合であって、その逆(日本人男性と外国人女性)の場合は、だめです。言葉が通じることが絶対必要です。私の経験(私は日本人男性)から断言できます。

    ユーザーID:

  • 人前では話せなくても

    結婚した当初はお互いの言葉ができなくても、普通はどちらかが住んでいる土地の言葉を少しずつ習得するものなので、流暢ではなくてもだんだんできてくるものなんじゃないかな。私の知り合いで戦争花嫁の方がいますが、嫁いできた当初は英語はほとんど話せなかったそうですが、今となっては発音はネイティブと程遠いものの、会話は全て英語で、日本語はかなり忘れているようでした。

    他にもほとんど英語が話せずに移民してきたカンボジア人の友達も学校に通って3年たった今ではブロークンだけど何とか通じる英語を話しているし、長く住んでいるのに本当に全く意志の疎通ができないほど話せないなんてことあるのかなあ。英語圏以外に嫁いだ日本人女性もだいたいその土地の言葉を勉強してますよね。ゴクミとかも。他人の前では恥ずかしくて話せないレベルでも家庭内ではブロークンなりに話している人も多いんじゃないかな。

    あと会話は苦手でも読み書きは辞書を使ってなんとかなるので、ビザなどの書類関係は大丈夫という方もいましたよ。

    ユーザーID:

  • 仕事をうまく進めるということ

    <<英語が得意すぎて、他の人ならナァナァで済ませてしまうことを、ハッキリ説明出来てしまうから、相手のミスを指摘してしまう結果になって、怒らせてしまうんですね。 通じないから上手く行ってるんじゃないかな?>>

    これは、ちょっと違いますね。

    英語ができる人が ”仕事ができる” ということではないのですよ。  英語力とは、ある意味、道具で、それを使って、どのような仕事をするかが、個人の資質・能力なのですよ。 ビジネスにおいて、相手を怒らせるようなことが頻繁に起きるということは、言語能力以前の問題です。

    それと、英語圏のビジネスにおいて(その業種の規模・性格にもよるかもしれませんが)、 ”ナアナア” で仕事が進むとは思えません。 なぜあれだけ、弁護士がいるか考えてみてください。

    ユーザーID:

  • あんまり言いたくはないけれど

    言葉が通じないカップルでも、お互いに好意をもって接していられる間はいいんでしょうね。

    しかし、遅かれ早かれ、カップルの危機が訪れます。

    外国人と結婚した日本女性が相手の国に移住するケースが多いようですね。そして、この大手小町にも、外国での離婚・別居について質問する人がたくさんいます。

    私も外国暮らしなので、「海外」というキーワードに反応して、そういう質問を開いて読んでいますが、小町よりも他に適切な質問相手があるだろうに、と思ってしまう質問を山ほど目にします。現地の言葉ができないから、誰を頼っていいのか分からないのだと思います。

    現在幸せに暮らしているカップルは、言葉が通じなくても幸せ、とそこにあぐらをかくのではなく、やはり言語習得すべきでしょう。

    ユーザーID:

  • 愛があれば

    私も結婚当初、英語があまりわからず、主人も日本語がわからない。でも不思議とコミュニケーションは取れていましたね。

    一度ある医師から言葉が出来ないのに何故コミュニケーションが出来るのか不思議がっていました。結婚15年たった今では主人の言っている事もよくわかります。でも聞く事には問題ないんですけど言い返すのに苦労する事は未だにあります。結婚当初、この結婚は数ヵ月で終ると意地悪な事も言われましたが15年たった今も円満カップルです。

    言葉はとても大切、でもその言葉の壁は愛があれば乗り越えられる筈。日本人同士で言葉が100%通じても全く会話が無いっていうカップルだっていますよね。要するに一番大事なのは相手を理解し大切にしようという愛だと思います。

    ユーザーID:

  • 「言葉が通じない」というほどではないけれど

     私が初めてつき合った外国人は、アメリカに留学して間もない頃に知り合った香港の人でした。私たちの英会話は決してスムーズとは言いがたかったのですが、彼が私の心のあやをすみずみまで理解してくれることに驚きました。それまでつき合った日本人のモトカレがちーっともわかってくれなかった私の気持ちを、なぜ、どうしてお互いにとっての外国語である英語でしどろもどろコミュニケーションしている彼がこんなにもわかってしまうの?!

     要するに「相性」に尽きるのでしょうが、この体験はキョーレツです。言葉によるコミュニケーションが万能ではないこと、言葉が通じていても心を通い合わせようという努力がなければ意味がないことが骨身にしみるのです。

     かてて加えて、何人かの方が指摘している「通じないからこそうまくいく」という要素もある。寸鉄人を刺すような厭味って、脊髄反射なみにすばやく理解できないとほとんど厭味と感じられないものなのよ。

     結局私はアメリカ人と結婚しましたが、たぶん日本人とは一生恋愛できないと思います。

    ユーザーID:

  • そんなに特別なことじゃないと思う

    私日本人、彼英国人、近々結婚予定。私の英語の読み書きは中級、会話は初級。彼の日本語の読み書きは初級、会話は中級。

    時々お互いに「その単語の意味は何だっけ」と聞きます。スムースな会話といえば、簡単な日本語か英語で説明できちゃう内容のみ。

    でも通常の会話ってそんなもんじゃないのかなぁ。
    私たちには私たちしか分らない「言語」があります。簡単に言うと単語は英語、文法は日本語のような感じ。他人が私たちの会話を聞いたら、「どうして通じてるのか不思議」とか思うのかもしれませんね。

    でも喧嘩もするし、政治について話したり、ドラマや映画について話したり、私たちにとっては不便はありません。時々、私は英語を話し彼は日本語で答えたりして、でも特別なことじゃなくごく普通の日常なんです。

    すごく英語が上手な日本の方に出会うと「すごいな」とは思いますけど、だからと言って愛する人と出会うことができ、更に結婚できるとは限りませんよね。
    他人がとやかく言うことじゃないんじゃいかなー。

    ユーザーID:

  • いざという時は?

    シアワセな結婚生活で言葉は問題じゃないらしいというのは、皆さんの意見でよくわかりました。

    ところで、余計なお世話でしょうけれど、何か「万が一なこと」が起こった場合はどう対応するのでしょう。

    たとえば、不吉ですが、言葉関係ですべて頼っていたご主人が亡くなってしまったとか、ご主人の留守中に子供が事故とか、そういう場合。

    幸せな時だけを前提にすれば、本人たちさえ幸せならいいじゃないですか?ってことになりますが、
    本当に試される時が来たら、どうなっちゃうんだろうって心配になります。

    日本人同士の夫婦なら、愛情が冷めていてもとりあえず対応できますよね、その辺、ちょっと興味あったので書き込みしました。

    あまり良い例じゃなくてごめんなさい。

    ユーザーID:

  • ららさんと同じような疑問

    親に説得というか、双方のご両親はそんな2人が結婚することに関してどう思っているのだろうか、というのが疑問でなりません。

    言葉が通じていない関係というのは、私にとっても未知の世界です。かくいう私も配偶者はアメリカ人ですが、日本語も話します。というか、話せなければ結婚の対象にはなっていなかったと思います。

    また、配偶者と言葉が通じない上に、配偶者の(もしくは他の日本国外の)国に生活されていたり、子供までいたりとなると、なお不思議です。ストレスにならないのかな?

    ユーザーID:

  • いますよー

    私の元友人ですが、英語なんて本当に片言でナンパされたプエルトリコ系アメリカ人と出会って3ヵ月後に結婚。スパニッシュの彼のことをずっと「スペイン人」と勘違いしていた彼女。

    付き合っている分には言葉なんて片言でも通じなくてもセックスにしろボディランゲージにしろ、コミュニケーションは出来ると思います。 

    でも、結婚していざ相手の国に移住、となった時に子供でもいれば子供を病院に連れて行く、学校の懇談会、など語学力は必要になってくると思います。それからはコミュニケーションではなくカンバセーションが出来るよう求められてくると思うので付き合っているうちなら、別に問題はないと思います。

    ユーザーID:

  • 言葉は日本人でも。。。

    国際結婚か否かに関わらず。。
    相手に高いコミュニケーション能力を求める人は、会話ができない人との結婚は考えられないでしょう。そうでもない、普段も大して会話がなくてもいいし議論も詰めなくてもいいと思う人はそれでも成り立つのでは。

    ユーザーID:

  • 結婚って、コミニケーションとは限らない

    日本人同士の結婚で恐縮ですが、例を出させてください。

    私の同級生は、仕事のこと、自分の専門のこと、自分が読んだ本のことなど、殆ど語りあわないような女性とばっかり、結婚したがりましたよ。
    「ともだち」としてそういうことを私に話すけど、アタシのようなキツイことまで言ってしまうし、流行のファッションも馬耳東風なタイプは「嫁さん」には絶対お断りと言うことは、オーラでも、たまには言動ででも言われまくってました。

    で、彼らのお嫁さんに会ってみると、「うちの亭主なんて、家庭のことなんて全部私ににまかせっきりで・・」ってな愚痴をは聞いちゃったりします。
    しかし、こういうお嫁さんは、私の友達の大阪出身、一人漫才のように面白い=コミニケーション能力バツグンな野郎だとか、口も体もまわって、皿とかも洗ってくれるような男達は、「ともだち」として最高だけど、亭主にしたくないと口をそろえて言います。

    というわけで、コミニケーションって、多くの人の場合、結婚で重要視されるファクターじゃない気がしています。 国際結婚に限らないのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 言葉が出来ると逆に問題も

    私の友人は、中華レストランの中国人の店員やガソリンスタンドの中東系の方達には凄く親切に話します。相手の英語がかなり滅茶苦茶でも、一生懸命に聞いて理解しようとしてますし、相手が理解できなければ、他の表現を使ったりしてます。

    しかし、私は英語力が一応あるものですから、私には容赦無しです。私はかなり難しい表現等も知ってますが、時として簡単な表現を知らなかったりする事も有ります。彼は私にとっては英語は外国語であるという事を忘れているようです。また、私が疲れて英語の理解力が落ちた時なんかに、簡単な事が直ぐに理解できないと怒り狂い、「何でこんな事も理解出来ないんだ?お前は馬鹿か?」と怒鳴ります。

    従って、結婚している方にも、相手の言葉がイマイチだから、丁寧に対処している人は結構いると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 勉強は大切。

    言語を学ぶ努力は大切だと思います。

    友人の話です。出会った時、2人の共通語は英語でした。さらに、日本と外国の遠距離恋愛でした。
    交際期間中に、男性は日本語を、女性はスペイン語を猛烈に勉強し、1年後の結婚式の時には、2人ともお互いの母語がペラペラになってました。

    愛があれば、ものすごいスピードで語学がマスターできるのでしょう。
    外国人と結婚している人は、お互いにがんばるべきではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 経験からの観測

    結婚ではないですが、若かりし頃アメリカでランゲージスクールに通っている時に同じく香港から来ていた人とお互いたどたどしい英語力でつきあっていたことがあります。

    上手く行っている間はコミュニケーションで困ったことはなかったのに、いったん二人の間に問題が起こったとたん通じなくなりました。
    あれは凄かった...
    まるで本人の知らない間に脳に埋め込まれた万能翻訳装置が急に壊れてしまったような...

    言ったことに対してとんちんかんな答えしか返ってこないし、UPSETしている彼の言ってることは私にとっはぜんぜん辻褄があってなくて、?????。
    どこまで行っても平行線でした。

    やはり上手く行っているときはいいけど、一旦何か問題が起こると相当なコミットメントと根気がないとあっという間に関係が崩壊するというのは当たってると思います。

    夫婦として長くやっていけるカップルは結局努力して外国語を習得して溝を埋めていける人たちだろうと思います。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧