父が癌の手術を受けました。

レス6
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

いの

 今、父が入院しています。約1年前に腫瘍が見つかり、手術しました。その後、検査をした結果、悪性の腫瘍だったために放射線治療をしました。そして、1年後の検査に転移していることが分かり、今月から入院して、先日手術を受けました。
 手術の結果は、3カ所あった転移箇所のうち、2カ所は除去できたそうです。しかし、1カ所残っているので、今後は放射線治療か抗ガン剤の治療が始まります。
 父は、まだ54歳で仕事も忙しく、通院しつつ治療するつもりのようです。
 まだ、これから先完治にむかうのか、それとも進行してしまうのかは分かりませんが、不安で不安で仕方ないのです。なにか意見をいただきたいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お辛いでしょうね

    私の父も癌でした。
    家族の病気は、想像していた以上に不安なものですよね。
    私も苦しくて苦しくて・・・

    でも結局、本当に辛いのは病気である本人、闘っているのも本人だけです。
    それに比べたら・・・
    自分にできることは、とにかく信じるだけ、見守ることだけでした。
    とにかく不安な顔を見せないよう、いつもの自分でいるよう心がけました。

    お父様、本当に頑張っていらっしゃいますね。
    素晴らしいです。
    何のアドバイスも出来ませんが・・・
    お父様の病気が良くなられること、心からお祈りしています。

    ユーザーID:

  • お父様を心配な気持にさせないように

    癌の転移。いのさんもお父様も、怖くて不安でたまらないでしょうね。人間なんて本当にもろいものですよね。体の中で起きた反乱に対して、自分ではどうする事も出来ないんですもんね。

    お医者様との連携を濃くする事は、不安を取り除く一つの要因にもなり得ます。 信頼できるお医者様かどうか、他の病院でもっと別な治療法があるかどうかなどを知る事で、お父様の病気を更に理解し、納得のいく治療をして貰っているのだと安心感が湧きます。またこのような状況下で、いのさんがお父様の方向を向いているという姿勢が、お父様といのさんの絆を深くし、お父様に安心して頂く事も出来ますから。 

    ただ、お父様としては、逆にいのさんを不安にさせたくないという思いでいっぱいかもしれないですけれどね。

    私も父が癌で闘病中は、仕事や友人との他愛無い会話をする事が父に対して申し訳なく思えてならない時などがあり、自然と父との会話の時間や一緒に過ごす時間が長くなりました。その頃撮った写真では、父は最高の笑顔で写っていますので今でも見るたび胸がいっぱいになります。

    ユーザーID:

  • うちの父の末期ガンが治りました

    トピ主様、お父様のこと、ご心配と思います。
    しかしお父様がすっかり良くなることもありますので
    希望を持ってください!!!
    これは他のトピの返事でも同じことを書きました。すみません。

    うちの父がやはりガンで、それも末期で、
    抗ガン剤、放射線等の治療をしたのですが、それでもだめで、
    もう医者から治療法はありません、
    もう何もすることができない、と言われました。

    その医者はうちの県では最高の病院、最高のガンの医者ですので
    この医者に手の打ちようがない、と言われ、
    どうにもできない状態だったのですが
    なんと私が一人で治しました。

    余命一ヶ月か二ヶ月くらいの状態だったのに
    私が父の世話を始めてから、すぐに父は元気が出てきて
    すっかり元気になってしまいました。
    私が毎日食べ物と飲み物を作って用意してそれを食べさせたり飲ませたりしました。

    ユーザーID:

  • うちの父の末期ガンが治りました 続き

    そうしたらもりもり元気になり、健康な人より元気なくらいになってしまいました。
    だからトピ主さんも、お父様に良い物を食べさせて
    良い物を飲ませてあげてください。
    元気になられると思います。

    くれぐれもあやしい健康食品、値段の高い物、科学的な根拠のない物、
    を買わないようにしてください。
    だまされないように気をつけてください。

    安心な、値段の安い、良い物を
    食べさせたり飲ませたりしてください。
    うちの父のようにすっかり治ることもあります。
    快復をお祈りしています。

    ユーザーID:

  • 私も辛かった

    私も父の癌が見つかったとき、何をしていても涙がこぼれ、小説が読めなくなり(いまだに特定のジャンルがだめです)どうしたらいいのかわからない状況でした。
    私の父は頑固でしたから、こうしたら、という話はことごとく拒否されていましたから、何もしてあげられなかったです。
    私は父が好きそうなことを先回りしてしてあげるようにしていました。野菜ジュースや扇子を買ったり、今何がほしいか聞いたり。

    あなたが元気で一日の報告をしてあげるのが一番の薬だと思います。
    これはお父さんが元気なときでもなさってると思いますけど。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 家族も共に癌と戦う事になります

    お父様は放射線や抗癌剤治療を通院しながら受けようと思っていらっしゃるのですね。
    そばで見ているしかない家族にとっては、「疲れないか、無理ではないか」とご心配されるかもしれませんが、ご当人の「癌に立ち向かう」姿勢にもなりますから、見守って差し上げて下さい。

    今、70代の私の母も癌治療中です。
    春に抗癌剤を通院して受け、放射線治療も通院で受けております。

    家族は見ているだけしか出来ませんが、私はネットや本を山のように見て癌について知識を蓄えました。
    癌の発生から始まって、西洋医学での診断と治療、民間療法、東洋医学的なもの…。あらゆる癌に関するものを読んできました。

    そして、母の治療の事や担当医の事などの不満や疑問をすべて聞き、母の気持ちに寄り添ってきました。
    これからもそうしてゆくつもりです。

    今、癌にかかって頑張って闘病されている方は本当に多いです。
    闘病に頑張っている方のHPなどを訪ねたりして、お父様のお気持ちを推し量って差し上げて下さい。

    家族は癌と戦ううえで最大にして最良の味方になります。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧