過去を振り返ってばかりいます。

レス24
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

ありとあかり

34歳既婚、1歳の子持ちの女です。自分のイヤな性格が直らなくて、困っています。過去の自分が許せないのです。私は、高校生の頃、進学校に通っていましたが、授業についていけず、落ちこぼれ、自分に自信をなくし、頑張ることができないまま、卒業し、就職しました。進学校だったため、就職したのは、学年でたったの五人でした。うまく言えませんが、高校の頃に挫折して、頑張れないまま、逃げて、就職と言う道を選んだ、弱かった自分や、今までの人生でイヤなことから逃げて来た結果(望んで受けた転職試験に採用されたのに、自信がなくてドタキャンしたり)極度に自信のない人間になってしまったんだと、何かにつけて、思ってしまうのです。これではいけないと、気持ちを前向きに持とうと努力したり、何か打ち込めるものをもって、頑張れば、自信がもてるとは、思うのですが、行動がともなっていません。自信のない母親に育てられる、我が子がかわいそうだと思い、絶対になおしたいのです!心療内科とかに行けばよいのでしょうか?どうか、ご意見をお聞かせ下さい。辛口でも大歓迎です!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わたしも〜

    過去後悔ばっかり〜 

    ひとつは大学に行かなかった事。二つは就職してもすぐに辞めてしまった事。三つ目は友人を大切にしなかった事。考えれば考えるだけたくさんこうしたら良かったかな〜って思うことだらけ・・・

    でも今更考えても、過去は戻らない(泣)
    悲しいけどこれが現実。
    だったら、今からの生活を楽しもうと決めた。

    同じ思いを持ってる人たくさんいると思うよ。
    私もその一人だから、お互いにがんばりませんか?
    これからの人生前向きにがんばって、楽しく生活していこうと・・・

    ユーザーID:

  • 素朴な疑問

    そうは言いつつお子さんを産んだのはトピ主さんですよね。
    私は未婚ですが、嫌なことから逃げてばかりの未熟人間で、そんな自分が子供を産み育てるなどとても自信が無く考えられません。
    やはり同じ理由で、既婚で子供を持たない選択をした知人もいます。

    誰かほかの方が育てる予定などあったのでしょうか。
    それとも、お子さんが生まれてから過去を振り返りはじめてしまったのですか。

    あげあし取りみたいで申し訳ないんですが、ほんとに疑問なんです。

    ユーザーID:

  • 頑張って

    気づいた時がチャンスです。どうかやりたいものを見つけ挑戦してください。挑戦して少しずつでも今の自分より進む事ができたら、必ず自信につながります。

    頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 私も同じ。

    過去を振り返ってばかりいます。
    やんちゃだったものですから。

    今年、結婚しますが、結婚の資格、また出産の資格はあるのか悩みます。
    いてもたってもいられないので、心療内科に行き薬をもらっています。カウンセリングも行きます。教会も、いのちの電話も利用します。

    薬は良くないと言う方もおりますが、分泌物が良く出るようになったりすると、気分が変わり、その気分を持続させようと頑張ることができます。

    性格を直すことは可能です。そして、やりなおそうとすることも可能ですよ。

    ユーザーID:

  • う〜ん・・・

    ようは(私って駄目な人・・・)と、こう思ってしまうって事でしょうか?

    今の心境はどのような状態でしょうか?
    (いつか子供に駄目な母親って言われるんじゃないか?)とビクビクしているのでしょうか?
    それとも(本当は勉強が出来たのに、今こうしている自分は自分じゃない)と後悔してるのでしょうか?

    いずれにしても子供には関係の無い事です。
    あなたがウジウジ悩もうと後悔してようと、子供は育ちます。
    そしてそんなあなたを見ています。

    今度は子供を育てるのが怖いと逃げるのですか?

    もう逃げるのは止めましょう。
    あなた一人の事でしたら逃げても構いませんが、子供を巻き込んでの逃げは駄目ですよ。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 私もけっこう。。。

     そうだったと思うんです(笑)。
     でも、ある時脳に関する本を読んでたら、嫌なことでもある種の脳内快感物質が出る、のような記述があって(正確ではないです)ハッとしたんです。もしかして、私も?って。
     
     ワードって、よく使う言葉はすぐ変換できますよね。何かにとらわれているときって、やっぱり長時間考えているし、些細なことですぐ思い出したりして。
     つまり、私が何度も悩むから脳内にその回路?ができて、何か些細なことがあってもすぐ同じ反応をしてしまう(思い出す・落ち込む)、それが一種の負の快感になっていて何度も繰り返す、みたいな感じ。
     結局自分で自分をいじめてたんだな〜って。
     
     それに気づいてからは、昔のことを思い出しても、努めて他の事に切り替えるようにしてます。明るいもの、気持ちの良いものを自分にたくさんあげています。笑いと、家族にも自分にも言葉の栄養を沢山あげています。

     もちろん失敗したり落ち込んだりもするんですが。。。人間ですもん、そんな時もあります!開きなおり。
     大事なのは長くそこに留まらないで、自分を責めすぎないこと愛することなんじゃないかな。。。偉そうでごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 子育ても大事な仕事

    私も同じようなことで悩んでいたので分かります。
    進路で挫折したのなら、また勉強し直す、仕事で挫折したのなら仕事で挽回する、など失敗→成功の過程を踏みなおすしか気持ちを克服する道はないと思います。

    逃げ癖があるのはひとえに自分に甘いからです。(私がそうでした)
    >頑張れば、自信がもてるとは、思うのですが、行動がともなっていません。
    の一文に、思うだけでなかなか実行しようとしない姿勢がうかがえるのですが。

    子育て中に興味のある資格取得を目標にしてみるなど、とにかく一度逃げずに何が何でもやり通してみては?

    心療内科は必要ないと思います。
    私にも必要ありませんでした。

    ユーザーID:

  • でもお子さんを育ててるんでしょう?

    それって、とても立派なことだと思いますけど。

    ユーザーID:

  • もっと楽に・・・1

    ありとあかりさん。お疲れ様です。
    1歳のお子さんの子育て、大変でしょうね。
    今、とっても気持ちに余裕が持てないほど、色々なことを我慢されてるんじゃないですか?

    一度、心療内科や精神科など、カウンセリングが受けられるような機関を利用されてみてください。

    私も、似たようなもんです。
    自分の過去が許せなくて、本当に消えてなくなりたくなってしまう時がありました。

    でも、ありとあかりさん。
    あなたの大切な人・・・例えば、ご主人やお友達に対して、ご自分を責めているのと同じように、ご主人やお友達を責められますか?
    そんなこと、できないでしょ?
    あなたは、ご自分に対して、それだけひどいことしてるんだ、って、気付いてください。 続きます

    ユーザーID:

  • もっと楽に・・・2

    完璧な人なんて、どこにもいないんです。
    みんな、多かれ少なかれ、間違いや失敗をしてるんです。

    ありとあかりさんは、この世でたった一人の、
    素晴らしい存在なのですよ。
    たとえ、失敗したって、過去、頑張れなかったからって。
    あなたの価値がなくなるわけじゃありません。
    あなたのお子さんが不幸になるわけでもありません。

    どうぞ、ご自分を許してあげてください。
    そして、もっと、ご自分を可愛がってあげてください。
    今は子育てで大変だと思いますが、少しでも、ご自分が心から楽しめるものをみつけてみてください。

    ありとあかりさんの心が穏やかになって、幸せな日々がやってきますように。

    ユーザーID:

  • 後悔するのは当たり前

    と思っています。後悔の積み重ねが人生と
    考えるようにやっと最近なりました。
    私も高校は進学校に進みましたが、学校に馴染めず、
    入学時と卒業時の偏差値がびっくりするくらい
    離れてしまいました。
    辛うじて大学にいきましたが、全く興味のない
    学部を選んでしまい、苦痛の4年間でした。
    私のように大学選びに失敗して、4年間を無駄にするくらいなら高卒のほうが良かったと後悔している人も
    いるのです。
    ちなみに就職してOLをダラダラしてすっかり
    晩婚になりました。婦人科の病気も患っています。
    高卒で早く出産すればよかったと後悔しています。
    このようにいろいろな人が様々なことで後悔しています。
    トピ主さんもあまりご自分を卑下なさらず、
    未来を見据えて前向きに生きてください。
    私もまだ、たくさん後悔していることがありますが、
    がんばろうと思っています。

    ユーザーID:

  • 毎日思います。

    私は結婚を後悔しています。
    旦那は恋人時代、失踪しました。
    旦那が他に好きな人ができ、その彼女が妊娠しました。
    納得いきませんでしたし異常な執着心、意地が働いたのでしょう。
    この時に吹っ切ればよかったのに、きっと私に戻ってくる・・・
    今でも、何故そう思ったのか解かりません。旦那から連絡がありました。
    その彼女は中絶したそうです。
    予感的中したこと、寂しかった事もあり、すぐヨリを戻し、現在に至ってます。
    5年経ちますが一度も幸せを感じた事はありません。
    マザコン・モラハラ夫で、完全同居で、共働きでお金は精一杯。姑とも生理的に合わず、近所の義妹が毎日入り浸り、私がいても我が家は義妹中心です。
    原因不明の不妊です。間違いなくバチがあたったのでしょう。この家に嫁の私は不要です。
    トピ主さん、お子さんがみえるんですから、これから一緒に頑張ってみてください。
    縁が無ければ授かりません。これは私が実証済みです。

    ユーザーID:

  • 過去は変えられない。

    どんなに後悔してもあがいても過去を変えることはできません。

    でも、今の自分があるのは過去の自分のおかげでしょう?御主人に出会って子供さんもいる。
    選択が間違えていたと悔やんでばかりいるのは、現在の自分を否定することになりませんか?

    自分を許しましょう。

    今いるあなたが、一番新しいあなたなんです。
    「今を生きている」あなたを大切にしましょう。

    未来を作るのは自分自身なんですから。

    ユーザーID:

  • じゃあなんで産んだんですか

    産まなければ、作らなければよかったじゃないですか。

    私も自分で自分はダメだと思ってます。
    とてもじゃないですが、こんなダメ人間が親になって人ひとりの命を作りだして育てるなんてできないし、そんな恐ろしいことしたくないです。
    絶対ロクな子にならなくて世間に迷惑かけそうだ…。
    だから産みません。

    なんで産んだんですか?

    ま…でも産んじまったもんはしょうがないですよね。もう戻せないんだし、フリマで売るわけにもいかないし。

    とにかく、クヨクヨ考えないこと!
    それしかないよ。
    お子さんが成人するまで頭の中を無にして突っ走ってください!

    ユーザーID:

  • 大丈夫!

    あなたが自信を持てなくなったのは、幼少期の育ち方に原因があると思います。『良い子』である時には褒められ、そうでない時には拒否されるという、子供時代に充分に甘えられなかった人が自信のない大人になるのです。

    確かに自信のない親に育てられる子供はかわいそう。
    でも大丈夫!そんな自分にあなたは今気付いたのですから・・・。しかもお子さんはまだ1歳、ラッキーでしたね。今から自分に自信の持てる大人に生まれ変わればいいのです。私は40歳を過ぎてから気付きました。決して遅すぎることはありません。

    加藤諦三著
    「自信が持てなくなった時どう生きるか」(大和書房)

    ぜひお読みになってみて下さい。

    ユーザーID:

  • ご意見、ありがとうございます。

    トビ主です。いろいろなご意見ありがとうございます。どのご意見も、ありがたく、興味深く読みました。涙が出てしまったものもありました。はてなさん、質問をありがとうございます。お答えします。私は子供は望んで産み、おぼつかないながらも、日々、育児に奮闘しています。無責任だと言われるかもしれませんが、自分に自信はないけれども、ないながらも、「この子を絶対!幸せする」という思いをもって育児にあたっています。自信がないからと言って、子育てから逃げるつもりは毛頭ないです。でも、匿名さんもおっしゃってますが、子は親を見て育ちますから、私が自信なげにしているところを見て育ち、そこが似てしまったら・・・と思って治したくて、みなさんにご意見をお願いしたのです。まずは、興味のある資格をとってみようと思います。皆さん、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 励ましはしませんが。

    ああ、この間、44歳のトピ主さんにお会いしましたよ。なんだか、34歳の頃のことをえらく後悔していましたね。

    そうそう、54歳のトピ主さんとちょっと立ち話する機会がありましたよ。44歳の頃の選択を悔やんでいるみたいでした。

    そう言えば、64歳のトピ主さんともすれ違ったなあ。暗ーい顔して54歳の頃のことをぶつぶつ言っていましたっけ。

    うん、思い出しましたよ。トピ主さんが死ぬ間際に言った最後の後悔ごとは、たしか「いつの時点でもいいから、前を向いて歩いておけばよかった」でした。

    あ、トピ主さんの死因は、後ろを気にしている時に前にあった石に気付かないでつまづいて転んだことだそうです。ミットモナイですね。

    今日は、未来のトピ主さんがうらやんでやまない選択肢がある日です。

    ユーザーID:

  • 愛あれば自信は要らない

    私も過去のこと(失敗)を思い出してしまうほうです。何かに集中していても、ふっと思い出したくないことを思い出す時があります。でも気持ちを切り替えて過去の評価をするモノサシを替えます。目的は現在と未来を生きるためです。

    >高校生の頃、進学校に通っていましたが、

    >卒業し、就職しました。

    >望んで受けた転職試験に採用されたのに、自信がなくてドタキャンしたり

    例えば上記のことなら・・・
    進学校に入学するほど勉強をした。卒業もできた。就職もできた。転職試験にも受かった。補欠の人に道をゆずって幸せにした。・・・とも言えます。

    「イヤなことから逃げた」とありますが、何かを察知したから逃げたとも言えます。逃げること=悪いことではないと思います。

    自分の過去への反省があると人にも寛容になれます。
    反省はもう充分なので、過去をいったん豊かに実らせてしまいましょう。

    そして、何かを始めてみるのもいいですね。お子さんが1才だったら、「何かを」考えておくだけでも充分だと思います。何かを始めたら過去の反省はバネとなり、活きてくるはずです。

    ユーザーID:

  • 発想の転換をお勧めしたいですね。

    はじめまして。
     学年で就職が数人の高校って、相当の進学校ですよね?中学時代には、受験勉強を 逃げずにきちんとされていた!と言う事ですよね。

    また、近頃は、ニートという言葉が流行っていますが、卒業後も、進学も就職もしない若者が 現在ほどではないにしろ、存在していたと思いますので、
    理由はどうであれ、きちんと就職をされたわけですから、
    立派に進路を選ばれていた事にはなりませんか?

     私は、トピ主さんは ほぼ同世代ですが、子供の頃から勉強嫌いで、
    中学時代も 殆ど勉強はしなかったので、進学校とは程遠い高校でした。
    また、未だ出産経験もなく、私にない物を 複数持っているトピ主さんが、
    むしろ羨ましいです。

    完璧な人生はないと思いますし、生きていれば、必ず過去を振り返る事が
    あると思いますが、誰もが、後悔や反省をしながら、
    日々成長をしているのだと思います。

    先にもコメントさせて頂きましたが、トピ主さんは、
    過去には 逃げずにきちんと頑張っていた時期があるのですから、
    どうせ振り返るのなら、「あの時頑張れたのだから!」と、
    難しいかもしれませんが、発想を変えてみるのも 一つの方法だと思います。

    ユーザーID:

  • 妄想してみる?

    ノートを作って過去の自分を転がしたストーリーを書き付けてみるのはどうでしょう?

    高校のとき挫折した自分、就職で逃げた自分、みたいなひとつひとつを紡いで、で、「そんないじけた主婦◎子が、とある日、理想的な友人(恋人でもいいし事件に巻き込まれでもいいし)に出会い!人生が180度かわり、、、友は言う『そんな過去のあるあなたとだからパートナー組みたかったの』」というストーリー、
    あるいは「ほんとうは就職したくない◎子、諦めず猛烈にがんばって受験、推薦で通るはずだった、でもなんと(〜すごい事件〜)が起こってしまい!!」みたいな話でもいいんでしょうが、そういうのを書き留めてみては?

    どの時期も、実はがんばってきたのではないですか?
    がんばってなかった自分やうまく行かなかった環境より、「たしかにがんばってた自分もいた」って事のほうが大事ですよ。

    ユーザーID:

  • 人生に無駄なし

    今のあなたがあるのは、色んなことがあってこそです。
    今打ち込むのは子育てじゃダメですか?

    私も、大した過去はありませんが、それでも、あの時こうしたからこそ、今の夫がいて、今の子供がいあるんだと思うと、なんの間違いも無いように思います。
    完璧な子供じゃないけど、10億円つけてこの子と替えてと言われたとして、必ず断ります。

    この子じゃないとダメなんです。
    あの時、もっと勉強して東大に行ったとして、幸せが待ってたでしょうか?
    子育てが落ち着いたら、今後を考えようよ。

    ユーザーID:

  • もちろん私も同じ 1

    まず お子さんの母である事に自信を持って下さい。
    あなたは過去に後悔する事が多かったのでしょうけど
    その経験から あなたなりにお子さんに教えて上げられる事があるんですよ。嫌な事があると逃げてしまう未熟人間
    (自分をかなり卑下して書かれているようですが)であっても誰だってそういう要素いっぱい持っているんだし 自信のある人間だけが 親になっているわけではないでしょう?
    むしろみんな自信なく親になっているんだと思います。 

    私にしてみれば 進学校にすすめた事でもすごいなんて思ってしまいます。私なんか職業科の高校卒で勤めてわずかで転職しています。それでも色々な経験が出来てよかったかななんて思っていますけど・・。続きます。

    ユーザーID:

  • 私も同じ 2

    あなたが お子さんの為に自信を持てるようになりたいと言う気持ちだけで十分です。
    それだけでお子さんに対する愛情が十分伝わって来ます。
    まだ お子さんが小さくて なかなか無理かもしれませが
    余裕が出て来たら自分のやりたい事に挑戦して下さい。
    何も後回しにせず 今やってもいいんですよ。

    とにかく こうでならなければならないと言う概念から
    自分を解き放って上げましょう。

    ユーザーID:

  • こういうのは?

    自己啓発系の本を読んでみるとかどうですか?

    この手の本は、受け入れやすい人と受け入れにくい人に別れると思うので、トピ主さんに良いかは分かりませんが・・・

    わたしはとっても前向きになれましたよ。
    検索してみたら、自己啓発の本はたくさん出版されてるので、自分に合いそうなのを探してみるといいかと思います。

    ちなみに私のオススメは、「愛されてお金持ちになる魔法の言葉」など佐藤富雄さんの本ですね。

    本当に、人生観が変わりましたよ。
    本を読んでもダメなら、心療内科に行くことも考えたらいいかもしれませんね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧