歳をとるとどうしてせっかちに・・・?

レス19
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

Satomi

歳をとるとどうしてあんなにせっかちになるんでしょう? 

うちの母は(60代後半)出かける時 待ち合わせの場所に(駅など)40分は早く到着します。
 でも母だけでなく 私の友達のお母さん達(皆同世代)もそうなんだそうです。
 いつも そんなに長くジ〜ッと待っていて疲れないかな、と思うのですが。
 老人会などで出かける時でも なんと1時間も前から到着して待っている人も結構多いそうです。

私も時と場合によっては早めに到着しますが
せいぜい10〜15分ぐらいですが。
 これは何か大切な行事(試験、懇談など)の時です。
友達や親と待ち合わせの時(駅などで)はわりときっちりに行きます。
皆さんはどうですか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • せっかちではなくてヒマなんです・・・

    簡単に言えばヒマだからです。私の経験ではせっかちとは違うと思います。
    何もすることがないから早く行ってしまうのです。

    私は62歳ですが、この前の日曜日に、指定席予約の新幹線乗るのに。ホームで一時間まちました。要するにヒマだから家を早く出るのです。
    ホームで一時間待つのも全然苦になりませんでした。

    ユーザーID:

  • 義母の場合

    義母は時間にルーズです。

    約束された時間どうりに来た事なんてありません。軽く20分は遅れますね〜(ルーズな人はいつまでたってもルーズなのでは)

    だけど、「旅行のお土産があるから取りに来て〜」(近距離別居です)って、生ものでなく日持ちするものだから「今度うかがった時に」なんて言うと、待てなくて持って来たり、「とにかく取りにこーい」って言われたりします。

    自分勝手がひどくなる感じ・・・わたしも年取るとああなるのかな・・・嫌だな〜容姿が衰えるより怖いです。

    ユーザーID:

  • みんながせっかちになるわけじゃない。

    そうですかね・・
    私と私の周りの人たちは例外なのかしら???

    ユーザーID:

  • どうしてゆったり過ごすのがせっかち?

    私は今57歳ですが、同じ様に約束1時間前に着く事が多いです。着いてからは何もせずじっと待つ事も有りますが、大抵は近くを見て廻ったり、ゆっくり買い物をしたりと好き勝手にするのが気持ち良いです。

    SATOMIさんの様に時間を気に掛けて時計から目が放せない日常では疲れてしまうと思うのですが、反対なのでしょうか?

    仕事もプライベートも同じで、今日の仕事は今日中に、出来る事は今やる方が気楽と考えています。

    これがなぜ”せっかち”となるのかが良く分かりませんね。ゆとり(余裕)は作らないと出来ませんよね?だからお母さんの様に早め早めに用意をしてゆとりを作っているのだとしたら、それはせっかちでは無く、きっとスローライフを目指したお母さんの意思だと思いますので、できるだけ協力して上げて下さい。

    ユーザーID:

  • それしか考えられないから?

    うちの親も、出かける一時間も前からウロウロしてるし、
    待ち合わせて5分前に私が着いてても文句言うし。
    (30分も前に着いてりゃ待ちくたびれるだろうさ...)

    きっとね、脳の老化で、出かける時には「出かける!」と
    いう一つの事しか考えられなくなっているんだと思います。
    待っている間にちょっと掃除して、銀行行って、飲み物を
    買って...っていうように並行して物事を考えて
    行動するっていう能力が衰えてきている。

    だから、「出かける!」「出かける!!」「出かける!!!」で
    頭の中はひたすらグルグルして、他の事は考えられないんですょ。

    ユーザーID:

  • それはね

    人生この先残されてる時間が少ないとなれば少しぐらいせっかちになるのも仕方ない、と思ってあげてくださいよ。

    それと、今のお年寄り世代は「他人を待たせるのは失礼」という気持ちが強いのでしょう。みんな待ち合わせには早く行きますよ。

    ユーザーID:

  • うちの母もそう

    トピ主さんのお母さまと同じ年代です。

    一緒に出かける約束をして(待ち合わせ場所も決めているのに)、一時間以上も前に「待ちきれないから来たよ〜」と自宅にやってくる。

    私と子供二人だけの昼食なのに、用意してくれるのは10合分の炊き込みご飯。

    待ち合わせ時間に早く行くのは、「遅れて待たせるのは申し訳ない。待っている方がラク」だそうで、ご飯をたっぷりと炊くのは「足りないとお腹がすいて(孫が)かわいそうだから」だそうです・・・。

    それ以外にも多々ずれまくりで、少々ストレス気味です。
    「まぁいっか」くらいがいいのかなぁ。

    ユーザーID:

  • 想像ですけど・・・

    トピ主さんはまだお若い未婚の方なのかな?

    お母様のご年齢の方が早めに来られるのはせっかちというよりも余裕をもって早めに行くという気持ちが強いのだと思いますよ。

    私も結婚してから分かったのですが、それまですごくマイペースな性格だったのですが、今はすっかり変わりました。
    というのは、独身の時は自分ができない時は家事は母が代わりにしてくれたのが、今は自分ひとりで!しかも量は倍!ですから、何をするにも早めに準備したり、前もって終わらせておく必要ができたからです。

    子供ができたらそのまた何倍ですよね?
    しかも子供は動作が遅いし、どんな行動をするか想像ができません。
    『早く早く』とせかすのは可哀想ですから、前もって子供のために時間を準備しておく必要がありますね。

    それが自然と身について、お母さん達は何をするにも余裕をもって早めに行動する様になったのではないでしょうか。

    あわてるよりも、時間どうすぶそうかな〜って考える方が精神的に楽ですし。
    お母さんがそうなったのは貴方を育てる過程でなったものだと思います。

    ぜひ感謝の気持ちをもって、早めに来られた時はお茶の一杯でもおごってあげて下さいな。

    ユーザーID:

  • 地域性?

    その地域の特性があるって前にTV見ました。
    主に、北国の方はそうだとか。
    言われてみるとうちの家族は皆そうです。
    年をとるとさらにひどくなりますがね。
    逆に南国はちがう用ですよ。
    東京から沖縄へ引っ越した友人のはなしを聞くと、
    平気で後れてくるのが当たり前らしいです
    (沖縄の皆さんごめんなさい。)。
    少なくともその友人の周りにいた
    沖縄出身の人たちですが、
    結婚式の披露宴にも遅れてくるらしいですよ。

    ユーザーID:

  • 歳とるとっていうより

    性格も影響されていると思います。
    もちろん、歳をとることで忘れやすくなるため、
    早めに行って、余裕をもちたいという気持ちも
    あるでしょう。
    まあ、自分達が歳とったら、わかるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 祖父の場合

    生前の祖父は、10時に迎えに行くよ!と言うと、7時から門の前で準備万端で待っている人でした(笑)。

    母(娘)からは『本当にせっかちなんだから〜』と呆れられていましたが、生涯自分のスタイル?を貫いた素敵な祖父でした。

    せっかちではなくゆったりなんだ、という発言を読んで、それはそれで一理あるなぁと思いました。

    ユーザーID:

  • 人それぞれじゃない?

    ウチの姑(74歳)は時間にルーズなので、待ち合わせには必ず遅れてきますよ。話を聞いていると、目的地までの所要時間をキツキツで計算してるわりには、家を出るまでに、やれ電話がかかってきたの、やれ洗濯物を干すのが思ったよりも時間がかかってだのと、次々に何か彼女の足を止める出来事が起きて(笑)遅れるようです。
    かと思うと、ウチの母親(65歳)なんかは、昔から10分前行動を心掛ける人でしたが、最近はさらに時間に余裕を持たせて動くようになり、まさにトピ主さんのお母様状態です。本人曰く「道中で何があるかわからないでしょう。若い頃と違って状況変化に対して”それじゃあこうしましょう”と思いつく力も、それを行動に移す力も鈍くなっているから、昔よりも対処に時間がかかってしまうのよね。だから、遅刻しないためには万一を考えて少し早めにでかけないと。」ということです。
    早い話が性格なんでしょうね。

    ユーザーID:

  • 経験と、ゆとり。

     
    私の場合ですが,若い時から意識して早く着き待っていることが殆どでした。
     年を重ねるごとに,待っている時間が勿体無く時間どおりにつくようにしましたが、かなり年配で得ん歩から来た方が早く来て待っていた事があり,今は待ち人が居る時は早く行き、待ち時間を楽しむ術を身に付けました。 
     
     只、ジーット待っていると疲れます。 街行く人を眺めたり,早く行く人同士の会話も楽しんだりと、あまり時間に捉われない生活感覚なのだと思います。
     そういう時間の楽しみ方や、そうしなければ時間を持て余してしまう方達も居るのではないのでしょうか。

     早く行く=急ぐではなく、スローライフと捉えられないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 暇なんですよ

    祖母85歳は家族と出かけるとき、必ず予定時間より早く庭の自家用車のあたりで立って待ってます。
    急かされてるみたいで嫌だから、家の中に居てと言ったんですが、祖母は「どこで待ってても同じだから、ここならみんなが出てきたとき必ずわかる場所だから安心なのよ」と言ってました。

    ユーザーID:

  • せっかちじゃない

    それは単に、時間ギリギリで行動するのを避けているだけだと思います。

    せっかちな人っていうのは、「別に急ぐ必要がないのに急いで行動し、他人にまで早くしろとせっつく」んです。
    ウチのダンナと出かけようとすると、私がまだ着替え終わっていないのに玄関で突っ立ったまま待っています。
    ダンナの父親と車で食事に行くと、「先に降りて店に入って注文しといて」と言われます。

    こういう人たちをせっかちな人というのではないでしょうか・・・・一例ですけど。

    ユーザーID:

  • 亡き祖父を思い出しました

    今は亡き父方の祖父は、もうほんとにセッカチでした。
    みんなで車でどこかに出かけようとして、ちょっと信号待ちにしては混んでるかな?程度の詰まりで「ダメだこりゃ、らちあかない。もう引き返そう」とすぐ言いました。
    みんな「せっかちだな〜」と笑ってましたが・・・
    最近、父(65)がそれに近くなって来た事が少し心配です。

    それに引き換え、母(63)はいくつになってものんびりです。こればっかりは性分じゃないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 動作が鈍くなるから・・・

    ウチの父も目の前の駅にいくだけで(本当に道を挟んだ向かい側にある)10分以上早く家を出ます。
    そんなに早く出なくても、とずっと思っていましたが、ある時父が

    「年をとったら動作が鈍くなって、階段を上るにも時間がかかる。間に合う様に走ることも出来ない。
    祖父が早くから家をでた気持ちが今なら分かる」

    そうつぶやきました。

    親の老いは分かっているつもりでも、本人の口から聞くとなんだかショックです。

    ユーザーID:

  • せっかち?

    待ち合わせ時間より早く行くことが「せっかち」なんですか?
    私は逆に「のんびり」だと感じます。
    のんびり準備して、のんびり行って、のんびり待ってる。
    1時間も早く来て「あんたも早く来てよ!」なんて言うんだったら、せっかちかもしれませんが。
    老人会なんかのおじいちゃんおばあちゃんも、のんびり待ってますよね?
    そんな方たちは、時間ぎりぎりにしか来ない人に「もっと余裕持ってこれないのかな?せっかちね」って思ってるんじゃないですか?
    しかも、年とるとっていうのは関係ないんじゃないでしょうか?
    若くても、せかせかしてる人たくさんいますよ。
    私の母は50代ですが、ホントのんびり屋さんだし。
    それから横ですが、「歳よりは」とか「若い子は」ってゆう差別用語はあんまり使わないほうがいいですよ。

    ユーザーID:

  • うちも同じです!

    トピ主さんと同世代の母がいますが 全く同じです。

    新幹線に乗っても まだかなり次の駅まで余裕があるのに前の駅に到着したら必死で荷物を降ろしたり
    待ち合わせには1時間前に着いたり・・・。
     でも母に言わせると 置いていかれるかもしれない心配、とか 歳をとると途中で何かあるかもしれないし 待たせたら悪い・・・とか そんな理由だそうです。
     まぁ そういう年代にならないと分からない事も
    あるかもしれないですね〜。 

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧