田舎に嫁いだ人〜★

レス16
(トピ主0
お気に入り1

心や体の悩み

35歳

 結婚し、主人の故郷に嫁いだ者です。主人のことが大好きだったので来ちゃいました。
 私の実家(市街地近く)とは同じ市内ですが、嫁ぎ先は車で15分ほど走らないとコンビにもスーパーも病院もないド田舎です。
 最初は寂しくて、嫌で、仕方ありませんでしたが、子供ができて、のびのび育つ姿を見て、田舎の生活も悪くないかなぁと思い始めています。
 しかし、友人たちには「よく引っ越したね」「よく決心したね」「すごいところだね」等の言葉しか頂けず(泣)また同じ境遇の友人もいないので、この場をお借りして、田舎にお嫁に行かれた方のお話をお聞きしたいなぁと思いトピを立てました。
 嫁いだ理由、今の生活、等々どんな些細なことでもかまいません。お話、聞かせてください!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 嫁いだわけではありませんが

    就職先がトピ主さんと同じような田舎でした。住んで6年経ちます。育った実家、大学生活を送った街はそれなりの地方都市だったため、最初はいろいろびっくりしましたよ〜。でもすぐそれを楽しめるようになりました。ネオンのない暗い夜は星がきれいに見えるし、空気も水もきれいで豊かな自然に心癒されます。
    四季を通じてアウトドアスポーツも楽しめますし、食べ物も安くておいしい!というか、その辺の空き地とかで菜園など作ってる人が多いのでよく貰えます(笑)。
    いざ!というときの病院も、車で15分で行けるならよいではありませんか。コンビニも、あれば便利だけど、なければ困るものでもありませんしね。弁当やお菓子など食べる機会が減って私はとっても健康になりましたよ♪
    都会的な娯楽やおしゃれなお買い物などは別に毎日通うものでもありませんし(少なくとも私はそうですが)、お休みの日にたまにお出かけを兼ねて、少し遠くの街まで行って楽しんでいます。
    (続きます)

    ユーザーID:

  • 嫁いだわけではありませんが 2

    続きです。
    けど、世の中いろんな人がいるってことで、トピ主さんに「すごいね」という人は、そういう田舎暮らしの良さを知らない・または性質的に受け付けられないタイプなのだと思います。そしてそれは価値観の違いだから良い悪いでもなく。
    トピ主さんは、子どもさんがのびのび育っている様子も見て、今の暮らしをいいなと思い始めることができているのですから、それはとってもお得なことだと思いますよ!なんといおうとそこで生活するからには、楽しめなきゃ損ですもんね。
    お互い、田舎暮らしをエンジョイしましょう♪

    ユーザーID:

  • トピ主です

    >わさび様

    レスをいただきありがとうございました。
    なんだか、心あたたまる内容で、ちょっと嬉しかったです。
    ありがとうございました!!

    引き続き、お話聞かせていただける方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひお願いします。

    ユーザーID:

  • うらやましい!!

    はじめまして。
    わたしは、都会育ちで、結婚後も都会で住んでいます。

    都会って便利よね! 共働きで働くには都会が一番!!ということで都会に家を買いましたが。


    今は 田舎?郊外に住んでいる人がうらやましくて仕方ないです。やっぱり、生活にゆとりがでてくるように思います。



    都会ってやはり余裕がない。ギスギスした感じはいとまません。便利といっても、共働きには便利だろうけど、子供生んで専業主婦になったら、絶対田舎で子供育てたいと思っています。

    考えかたも変わってくるし、友達としては、
    トピさんが離れていくことなどの意味もこめて、
    そういってられるのかもしれませんね。。

    田舎もいいよ!!って反論しても、
    都会育ちのわたしのような友達からしたら、うらやましいから、
    強がってって思われるかもしれませんね。

    都会もいいけど、田舎も思ったより快適だよ。
    くらいの余裕で 友達の言葉も 流すほうがいいかも??

    ユーザーID:

  • 地に根ざしている

    田舎には農家が多いですが、こういう田舎の地域は人や地に根ざした生活をしていると思います。「代々」なんていうのはその形容詞ですよね。

    田舎ではやはり、四季を感じ、実りにあわせた行事を楽しむことができます。

    農作業をするのに力を合わせてきた歴史を土台に人々とのつながりの深いところです。

    近所づきあいが密で面倒というのもそういう歴史が土台にあるのです。
    私はそういう力をあわせてやってきた風習には敬意を払っています。

    都会人はとかく電車にのる時間が長いことを笑い、都心にあるお店がないことなど笑います。田舎の人はつきあいが面倒などと平気で言う人もいます。
    都会にあっては人に根ざすことも、地に根ざすことも難しいことです。

    都会ではできない生活をし、楽しんで、田舎で生活する意味があるのだと思い、地元をよく知り、自分なりの楽しみを見つけることにしています。

    楽しめれば人が言うことなど気になりません。

    ご主人と素敵な生活を送ってください。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • もうすぐ1年♪

    1300キロ離れた夫の地元へ来ました。

    たしかにしゃれたカフェもなく商店街にも人の姿は少ないし寂しいときもありますが、春から私の趣味を生かして教室を始めたり、バスに乗ってもっと都会の町へお稽古に出かけたり、地元で取れるおいしい食材で夫が喜ぶお料理を作ったり・・・・。
    結構、いえ、かなり楽しく暮らしています。

    鳥の声や川のせせらぎ、白鳥の鳴き声や鴨・・・今までの生活では体験できないことばかり。
    田舎は不便だけど気に入っています。
    スーパーがあるので生活に困ることはないですしね。

    この夏は生まれて初めてカブトムシを飼いました。
    田舎ライフを楽しんでいます。

    ユーザーID:

  • うっとおしい

     地域のお金などを、月1回あつまって集金したりするのがめんどくさいです。
     こどもの多いとこはママ友に頼んだりしてるのかな?婦人会なども多いし、とにかく葬式がめんどうくさい。斎場でやらないので。

     姑や親ばかり出てくるので、同じ年代と知り合いません。
     同居でなければ、こどもできたら出席できなくて気をつかいそう。

     こういうところでないならいいと思います。

    ユーザーID:

  • 私も、、

    実家は、ほどよく発展していて、交通の便もよかったし、百貨店やおしゃれなカフェも多数、、子育てもしやすい住みやすい、いい街でした。

    結婚してやってきた場所は、夜になると真っ暗。
    賃貸マンションの売り文句は「コンビニまで徒歩10分!」バスなんか一日数本。
    暗い地域性にもなじめず、最初は本当に辛かったです。
    そんな時母に「日本全国、都会 の方が少ないんだよ。あなたの住んでいる所のほうが当たり前なの」と言われ、目からウロコが落ちました。

    「住めば都」というのは、どこへいっても柔軟性をもって生きて行かなければいけないよ、という事なのかもしれない、、と思いました。

    最近、スーパーが出来たのですが、ここらへんの人は「都会になったー」と喜んでいます。のんびりしていてこれもいいかも?と思い始めました。。

    ユーザーID:

  • いなか・・良いですよ。

    私は24時間店屋は開いていて、いつでもネオン街OK!!の生活でした。でも 結婚して行った先は山の中。「え〜ネオンがない世界って・・・・???」
    って感じでしたが、そう思ったのは初めの半年。
    実家からの帰り山が近づいてくると、息が苦しく、
    泣けたのに、そのうち かさ地蔵状態の生活になり、
    (共稼ぎのため 帰るとドアノブにいつも野菜が・・「えっ誰?」と思うと、近くのご老人から電話あり)
    みんな 土地持ちで 加えて、みんな お野菜のなる時期は同じですから、共稼ぎの土地なし夫婦に持ってきてくれました。
    この夏 引っ越して都会へ移ったのですが、さびし〜!!来る直前まで、みんなにお別れ会や餞別をもらい、「絶対帰っておいで!!」といわれての旅立ちでした。
    そこへ嫁いだのも何かの縁!!
    楽しく、そして それなりに溶け込む努力をしてくださいね。(私が仕事で ダンナは休みになると子連れで地区の集会に出てたので、私は悪妻?だったかも(笑)

    ユーザーID:

  • 私は5年・・・

    私は夫の田舎にきて5年経ちました。
    夜は星空がとてもきれいで感動しましたが、逆に夜のネオンがなくて寂しい思いをしたものでした。
    私もよく「よく引っ越したね」「よく決心したね」って言われます。私の嫁ぎ先はいわゆる「島」なので、有料の橋代を払わなければ中都市に行けません。欲しい服は近くの店では売っていないし、こ洒落た小物なども手には入りません。もっぱらネットで探しているって感じです。
    周りのひとは、親切でよい人たちばかりですが、やはり田舎なので閉鎖的なところもあるのが辛いところ。最近は開き直って、どうせ私は余所者だし!って吹っ切ってやっています。開き直ると意外と楽ですよ。他の人の目は気にしなくなりますしね。
    あと、子どもは小学生になってすっかりこの土地の言葉をマスターして、私以上に使いこなしてのびのびと過ごしていますよ!親としては都会との学力の差が気になりますけどねぇ

    ユーザーID:

  • 5年たった今、

    北から南へ1000km以上離れた環境や言葉が全く違う、ド田舎へ嫁ぎました。
    周囲の超反対を押し切っての結婚でした。
    最初は物珍しさもあったのか平気だったのですが、5年たった今、はっきりいって辛いです。地元に帰りたいです。それなりの都会で育ってきたので、やはり田舎はキツイです。周囲の人ともなじめません。
    そのせいで最近は鬱症状です。主人はいい人なのですが、この環境が嫌で離婚も頭にうかぶ今日この頃です。帰りたい・・・

    ユーザーID:

  • はい!

    田舎に嫁ぎました
    夫のUターンについてきてしまいました。

    夫の両親と2世帯ですが同居してます。

    幸い、すぐに子供が生まれてママ友達も出来て
    パートですが仕事にも出てます。

    「住めば都」状態ですね。

    やっぱり周りにはトピ主さんと同じく
    「すごいね」「大変だね」(田舎&同居が)
    と言われますが気にしてません。

    ユーザーID:

  • 私もいや

     田舎に住んでませんが、旦那が同郷人で田舎です。時々帰りますが帰らなくていいなら、帰りたくないですねー。
     田舎って空気きれいとか言うから、住みやすいのかなぁとか思ってたけど、全然・・・。何でも燃やすので煙がそこらじゅうで上がってます。最近やっと水道管が通ったんだけど、道路まで来ただけで家まではまだ来ていません。現在も井戸水で生活しています。汚水場がないので下水道もいつ通るかわかりません。お手洗いは当然汲み取りです。これだけは本当に嫌です。
     田舎は近所付き合いもすごく多いし、婦人会もあるし、近所の人が平気で家に上がりこんでくるし、世話好きがお節介に感じます。それをまた喜んでると勘違いして、もっともっとお節介されるのがうっとうしいです。何かと付き合いにお金がかかるので、その度に旦那に連絡が来てお金出してくれって。(姑の愚痴になってしまいますが・・)
     私が都会で育っている分、田舎の生活になじめないのかもしれませんね。かなさんと同じく、田舎のしきたりがなくなってこれば、静かですみやすいと思います。後は、上下水道が通ってほしい!!!とにかく水洗トイレと願ってます。
     

    ユーザーID:

  • 逆でも。。。

    逆パターンです。
    車がないと生活できない山の中から、結婚して政令指定都市へ。

    友達から同じようなこと言われましたよ。
    不思議ですね〜

    まぁどちらにもいい面ありますから。

    最近思うのは災害等起こっても、田舎のほうがなんとかなるんじゃないかということです。

    水は井戸、湧き水あるし。ガスはプロパン。
    少しだけど野菜作ってるし。
    発電機(屋台とかでつかうあれです)ある家もあるし。
    物置から昔の道具(ランプ等)引っ張り出して使うこともできるかも?
    (そこまで田舎じゃない!と突っ込まれるかも。。。)

    顔見知りが多いから安心できるし。

    横になってしまいました。。。

    お互い楽しんじゃいましょうね。
    実は田舎のほうが好きだったりする私です。

    ユーザーID:

  • そう思えたならラッキーです

    私は都心に育ち初めて田舎といわれる土地に行きました。

    トビ主さんと同じでコンビニは車で15分、電車も1時間に1本、車がないと生活もままならない場所でした。1年くらいは好きな人と暮らせるという幸せに浸っていましたがだんだんと「なんでこんなトコ来ちゃったんだろう」という気持ちに・・・。

    実家に里帰りすれば汐留や品川、六本木が大きく変わっていて自分が世間から置いていかれてるような不安が押し寄せてきちゃったんです。

    都心に戻ろうとと決心したのは子供を産みに帰ったとき。里帰りから自宅へ戻る日の母の涙を見てたら離婚してでもいいから戻ってやるって気持ちになりました。

    幸い、ダンナも一緒にきてくれ穏やかな生活を送っています。私のは失敗談ですね。

    ユーザーID:

  • はいはいーい!

    私は、旅行で関西に行き、ダンナに出会い、ダンナが好きで好きで嫁ぎました。その時は、何も考えていなかったですね。今は、こんなオッサンの為にとほほ。なんて思う日々です。とにかく田舎なんですよここ。数年前にやっとコンビニが出来て、百貨店はありません。なので、名の通る物を手に入れるには車で2時間かけて、高い高速料払って都会に行きます。うっかりすると帰りはいつも午前様なんで悲しすぎます!いい所はダンナの実家の美味しいお米や野菜が食べ放題とキレイな星空が見れる事ですね。関東に里帰りする時、品川が近付くと涙が溢れます。娘はいつかこんな田舎から出てっちゃうんだろうな。仕方ないですよね。でもまぁ、夫と娘と幸せな毎日を過ごしているので、これでよかったと思います。幸せですよとても。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧