殴る親と仲が良いなんてアリ?

レス70
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

まあしゃ

私の男友達と子供の頃やんちゃでほぼ毎日のようにお母様に物差しで(!)ぶたれていたとか。そしてもう少し大きくなってからはお父さん(空手だか柔道だかの段持ち)と取っ組み合い。でも!彼は現在お父さんともお母さんとも羨ましいくらい仲が良いんです。殴られた話も笑いながらしてました。殴られたりしたら普通トラウマにななりますよね!?私だったらそんな親、絶縁します。友達の家は一体何が違うのでしょうか。他にも「殴られたけど仲良いよ」って方いらっしゃいますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 殴るのが全て悪いとは限らない

    タイトルのとおりです。
    私も小さい頃はほうきを持って追いかけられて、柄の方でたたかれたりしました。(母は覚えてませんが)
    ちょっとの事でたたくのもどうかとは思いますが、最近「たたく」=体罰、暴力と言いますがそれはどうかと思います。

    うちの主人や友人はやんちゃで、父親や先生によく殴られたそうです。
    でも、そのおかげで今でも「お父さんは怖い(一番)」と言います。
    何か歯止めになる人がいないと、悪い事をする時途中でやめれないと思います。

    私は自分に子供が出来ても学校で悪いことをしたら殴ってもらって結構です。自宅ででも多分たたくでしょう。
    なにもかも、あまやかすのが良いとは思いません。

    まあしゃさんの知り合いの家族が仲が良いのが良い例です。
    「怒る時はキチンと怒る」でも後は仲良くされているのだと思います。私にはとても良い家族だと思います。

    ユーザーID:

  • 仲いいよ

    お友達ほどじゃありませんが、私も母に「平手」「ものさし」「そろばん」でよくたたかれていました。意味無く、じゃないですよ。もちろん、私が悪いことをした時にです。

    うちは3人兄弟で、私は長女です。下に弟が2人いますが、子供の頃は下2人がよく喧嘩やイタズラをしていたし、3人とも同じように叱られていました。
    でも、叱られたあとは、愛情をもって接してくれていましたし、私は母が大好きでした。

    私は29歳になり、今は一児の母です。弟達も社会人になりましたが、3人とも母とは仲良しです。(ちなみに父は最低人間で、私が14歳の時に離婚、母は養育費も生活保護ももらわずに、女手ひとつで3人を育てあげました)

    体罰が良くないのはわかりますけど、そこに愛情があるのか無いのかで、「虐待」と「躾」で大違いです。
    お友達も愛情をかけられて育ったのでは?

    ユーザーID:

  • 虐待ではないから・・・?

    ウチは布団たたきでした。
    悪いことをするとよく追っかけられたものです。
    父親は感情的に暴力をふるいましたが
    よく考えれば私が悪いからって解ってたし・・・。

    とっても仲良しですよ!

    殴るだけじゃないから、仲良くできるんだと思います。
     なぜ怒るのか?
      怒るのは子供のため。
     子供のことをどれだけ大好きか。
    きちんと子供に伝わっているからだと思います。

    今の先生は叩いたりしないそうですが、昔は多かったですし、
    いちいち「教育委員会に訴えてやる!」なんて親も少なかったよなぁ・・・。

    そう考えると、親も子供を叩いたりしないのかな?
    私は叩いたりしながら
    (感情的にではなく、私なりに意味を持っての”痛み”です。)
    子育てしているけど、間違っているのかなぁ・・・。

    ユーザーID:

  • 愛情・・・かな?

    それは根本に何があるかではないかと思います。
    例えば、がつんとやられても、その根本に愛情があって、後からのフォローも「ママも痛かったんだからね」とぎゅっとだっこというようなこともあれば、(つまりお互いが、お互いのことを愛しているという信頼関係あってこそかな?)仲がいいのかなと思います。昔はげんこつをくらわす先生なんて、けっこういましたよ。でも、こっちのこと思ってるなと思っていたりしましたが。
    もちろん、親は愛情でやっていたとしても、子供がそれを恐怖と思ったり、逆に親が、自分の欲望を満たすだけに暴力を使ったら駄目ですね。後のフォローもないままも駄目。一方通行は駄目でしょう。
    あと、仲が良いとはいえ、共依存は論外です。これは見せかけだけ。

    ユーザーID:

  • ありがたや〜。

    姉弟で本当によく怒られたものです。

    弟は稀に見る悪ガキだったので、しょっ中悪さをしては父からも母からもぶん殴られていましたし、私は父に手を上げられた事はありませんでしたが、
    母にはよくひっぱたかれました。

    基本的には大らかでガサツな母でしたが、マナーや挨拶に関しては細々うるさく言われてはひっぱたかれていましたよ。

    中学生になってからは一転して、一切何も言われなくなりましたが、逆に「この人達(両親)は裏切れない」と思いました。

    当時は「いってーなババァ」と思っていましたが、
    今になっては心底ありがたく思ってます。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • GAKUTO?さんがそうですよ

    前にテレビで言ってたけど、よく親父にぶっ飛ばされたりしてたらしい。まだまだあま〜〜〜い!!!みたいな感じで。

    男の子って、親に殴られたりしたことがないと社会でてから、やわな人間になってしまいそうです。

    家があまりに甘くて居心地がいいと、社会に適応できなくなって、引きこもりになりそう。

    感情のはけ口に殴るのはよくないけど、信念による教育だったら、子供に伝わるんじゃないかな?

    ユーザーID:

  • やっぱり虐待と愛のムチは違うのよ

    >殴られたりしたら普通トラウマにななりますよね!?
    そりゃ、親の気分次第でぼこぼこ殴られればトラウマになるでしょう。それは虐待と言いますね。

    でも、殴られる=即虐待、トラウマとは限らないです。
    私も弟も父にはよく殴られましたし、家から閉め出されたりもしましたが、仲はいいですよ。
    父は理由もなしに殴ったりしなかったし(私も弟も殴られても仕方ないようなやんちゃばっかりしてたんです…)
    普段はほんとにかわいがってくれましたので、叩くのは私たちを思っての愛のムチなんだな、と自然とわかりました。乱暴だけどコミュニケーションの一種なんですよ。

    お互いの信頼関係が成り立ってなきゃ、殴ったりできません。トピ主さんのお友達ご一家は、いいご家族なんだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 愛があれば体罰なんて・・・

    殴るといっても、兄弟平等で、愛があれば
    子供は恨みません。
    愛があるかないか・・子供にはわかります。

    憎しみでもって殴られたらトラウマになりますが
    愛があればかえって親を尊敬すると思いますよ。

    ユーザーID:

  • ちょうど、昨日。。。

    夫が4歳の息子を、ベンベンベン!となぐりました。
    お尻をです。

    大人になめた態度を取ったのと、おもちゃを投げるのをいくら注意してもやめなかったのとです。

    私は、びっくりしましたが、同時に、上手に殴るなあ、と関心。
    男の子って、ほんと、おちょけてちっとも聞かないことありますよね、また、動物的なのか、強い弱いに敏感で、ちょっと甘い態度だとなめるし。

    夫は普段から、殴る人ではありません。
    いつも、子どものリクエストに応じて、戦いごっこでも何でも付き合ってあげる人です。
    で今回、殴ったあと、息子が号泣してるのをしっかり抱きしめてやってました。上手だなあ、と感心しました。

    私も暴力はいかなる場合もダメ、と思っていましたが、人をなめるような人間にはなってはもらいたくないという親心からならば、いい場合もあるのかもしれない、と今回考えていたのです。

    でも、どうなのでしょうか?たくさんの例を、お聞きしたいのです。

    ユーザーID:

  • 殴られるのは自分が原因!

    私は子供の頃よく母に叩かれていたのを覚えてます。

    まぁ母が多少短気ってのも手伝ったんだと思うけど、原因は必ず自分にありました。
    まぁ大体お決まりのパターンで怒られたくないが為に嘘をついて、それがバレて余計怒られる…みたいな。

    なのでわたしは母を嫌いになるどころか感謝しています。もちろん結婚した今でも大の仲良しで、しょっちゅう実家に遊びに行ってます。
    父にも殴られた事はありますが、やはり自業自得だったので、今となれば納得です。(その当時は腹立ったけど)

    まぁ結局は殴られても、崩れない信頼関係があれば絶縁なんてありえないと思いますよ。。。

    ユーザーID:

  • 筋が通る体罰ならそれなりに理解される

    顔をぶたれたことはありませんが、お尻や頭をひっぱたかれたことならよくありました。

    好きでひっぱたかれるわけではありませんが、別に恨んで絶縁したりなんてしませんし、それなりに仲はいいです。

    叱る叱らないの基準が一貫して筋が通っていたので、こちらが悪いと思えましたし(叩かれてすぐ理解できたわけではなくても)。

    体罰=即絶縁だなんて短絡的すぎ。要は相手の言い分の中身がどうなのかってことでしょうに。叱られた内容を吟味もせずに直ちに相手を恨むなんて頭悪いね。

    ユーザーID:

  • そういうこともあるでしょう

    「殴る」と一言で言っても、もちろん程度にはいろいろありますしね。

    ・殴られる理由が子供に納得できるものであり、決して理不尽なものではない
    ・子供のほうに、親は自分を愛してくれているという確信がある

    であれば、傷にもなりませんよ。
    昔は子供を「手でしつける」親も多かったように思います。

    もちろん私は体罰一般を肯定しようというものではありません。無いに越したことはないでしょう。
    ただ一方で、
    >殴られたりしたら普通トラウマにななりますよね
    と、安易に決めつけてしまうような、人間関係の多様さについての想像力の欠如も気になるところです。

    何事も杓子定規に「Aは○でBは×に決まってる」というように、割り切れるものではありません。
    暴力はなくとも冷め切った親子関係もあれば、「昔は母ちゃんによく叩かれたなあ」といつも思い出話に花が咲く温かい家庭、というのもあるのでは。

    ユーザーID:

  • 躾でしょ

    私も良く子供の頃、父親に殴られ、蹴られたりもしました。

    父親は怖い存在っと思ってました。そのおかげで、ちょっと、問題児と言われている子達とも遊んでいましたがきちんと勉強をし、一線は越えず、非行に走らずここまで来れた!!と感謝してます。やはり、家族の中で誰かが歯止めを掛ける役割をしないとね。

    でも怖いばかりじゃないんです。時には一緒に遊んだり、旅行に連れて行ってくれたりと、メリハリのある躾だったんですよね。今では父親とはとても仲がいいですよ。母親が焼きもちを焼くぐらいのお父さんっ子です。

    家庭だけでなく、当時は学校でも先生に叩かれたものでしたよ。(今私は30代前半)ビンタとか、竹刀でお尻を叩かれたり、でも、自分が規則を守らなかったりしたからなんですけどね。

    私も自分の子供が学校で先生の言うことを聞かなかったり、たてをつくなら、叩いていただいてけっこうです。

    今の親って、こういうことでも一々、学校に文句言うんですよねぇ。子供が甘やかされてばかりのこの世の中にとても疑問を持ちます。

    ユーザーID:

  • その行為だけでなく

    私も子供の頃に叩かれたりしたことがあります。

    日常にあったわけでなく、今考えると
    「自分が悪かったな」と思える場面ですね。
    私も笑って「父親にびんたされたことあるよ〜」とか
    「母親は厳しかったのよ」と
    話せてしまうし、両親とも確執は無いです。

    こうやって成長出来たのも、親の思いと言うか
    うまく言葉には現せないのですが、愛情を感じていられたからでしょうね。

    虐待とは違うと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 家も仲いい

    私もよく母にホウキで追いかけられたり、叩かれたり…とっくみあいもしました(苦笑)。もちろん父にも叩かれましたし。反抗期はすごかったですよ。
    兄も、よく叩かれたり(殴られたり?)してましたねぇ。

    でもみんな仲いいですよ〜。親を尊敬してます。
    だって、悪いことしたら叱るのは当たり前。時には叩いたりということも必要だと思います。叩く=暴力(虐待)とは限りません。私も当時、他の子なら絶対グレてるな…なんて私達兄妹は、出来た子供なのか!なんておバカなことを思ってましたが(笑)

    まさに飴と鞭。子育ては素晴らしかったです。私も兄も、両親のような子育てをしたいねと話していたのを覚えています。親の愛情がわかるからなのでしょうか。ちなみに家も友人に羨ましがられます。
    とても良い家族だと思っています。

    ユーザーID:

  • 厳しくて暖かい、ステキなご両親ですね

    お友達のご両親は、
    「虐待」ではなく、「躾」をされていたのでしょう。

    意味もなく暴力をふるう親とは違うのです。

    お友達は、笑いながら
    「昔はよく殴られてさぁ」という感じで話したのでしょうけど、
    それは友達同士の会話の流れで言ったまでです。
    「殴られた」という言葉だけをピックアップしない方がいいですよ。

    なんでもかんでも「暴力はダメ!!」という視点だけで物事を判断する最近の風潮には、少しウンザリしています。
    たしかに、躾と称した虐待、暴力、暴行なんて、私も大嫌いです。
    吐き気がするし、虫唾が走る。

    でも、「躾」は違います。
    躾と虐待の違いは、子供を見ればわかりますよね?
    「暴力反対」「暴力は悪」という、立派な意見に固執しすぎですよ。
    お友達の、「親と羨ましいくらい仲がいい」という姿で、気がつきませんか?
    お友達のご両親の、厳しさと暖かさ、愛情が、見えませんか?

    ユーザーID:

  • 愛の鞭

    無意味に殴る虐待と、躾のためのお仕置きの違いでしょうか。
    私も小さい頃はよく母に物差しでお尻を叩かれました。
    父に叩かれたことも、弟よりたくさんあります。

    むかつきもしましたけど、私が悪いことをしたという自覚もありましたし、手段はどうあれ、私をまともな人間に育てたいから、という親の思いは伝わっていました。
    私も本当は、蝶よ花よと育てられたかったです。

    でも悪いことをしても、叩かれもせずに育ったら、本当に嫌な人間になっていただろうなと思うので、両親には感謝していますよ。

    手をあげなくても、ちゃんと言って聞かせれば子供は理解する、と言いますが、言っても理解しない子もいますよ。

    ただ、手をあげることがトラウマになってしまう子もいると思いますから、どういうタイプか見極めて接しなくてはいけないのでしょうね。

    ユーザーID:

  • 虐待と体罰の違いでは?

    虐待でしたら仲良くはならず、トラウマになると思います。でも体罰だったら?
    私もよく子供の頃外に放り投げられたり、叩かれたりしましたが、それは私が悪いからです。
    子供心に分かっていたんです。
    その時はむちゃくちゃ逆切れしていましたが。
    でも、親ってそればかりじゃないですよね。優しくもしてくれたし。
    それがあるから別に男友達は平気で「昔親にさ〜」といえると思うのですが。

    ユーザーID:

  • 殴られたことないんですか?

    横ですが・・・。
    トピ主さんは殴られたことないんですか?殴ることが躾とか愛情とかの議論もありますが、トラウマになるなんてご両親に相当大事に育てられたのだなぁと思いました。

    うちは父親にも母親にも平手で殴られました。姉妹ですが姉もよく殴られていました。姉は自分の子供もたまに殴ります。
    蛇足ですが、小中学校とも忘れ物や授業中騒いだりすると物差しやこん棒?のようなもので黒板の前に立たされてよくお尻をたたかれました。(後で鏡で見ると真っ赤な後がついていたこともありました)

    以上のような子供時代でしたので殴られるたびにトラウマになっていたら、私は大人になるまで生きてこれなかったと思います。トピ主さんとは世代が違うのかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • 殴られ方にもよるんじゃないですか?

    もうじき三十路のゆきはむです。
    私も弟も子どもの頃、悪いことしたら母にものさしや手のひらで叩かれたものです。でも、姉弟ともに両親とは仲いいですよ。まあ、今にして思えば散々悪いことしてたなぁ・・・って思いますね。逆に叩かれてなかったら何が悪いのかなんて分かってなかったかもしれません。叩くことが良いとは思いませんが、虐待じゃなく躾としてなら必要な行為だと思います。もちろん、叩かれて反省したあとは母が抱きしめてくれたり愛情タップリに育ててもらいましたね。
    叩かれたことより、ちゃんと親から愛情を注いでもらってるかどうかが問題なんじゃないですか?

    ユーザーID:

  • とっても仲良しです

    私も昔は父と取っ組み合いの喧嘩をしていました。顔を平手打ちされて眼鏡が飛んだこともあるし、私も父を蹴り返したりどついたりしていました。
    怒鳴りあいもしょっちゅう。
    父が短気というのもありますが、今振り返れば私の態度も相当生意気で反抗的でした。怒られて当然です。

    虐待と躾は違います。
    私は躾されたのであって、虐待は受けていません。

    最近私は結婚し、ますます両親が大事になりました。早いうちに孫を見せたいと考えています。
    両親には感謝の気持でいっぱいですし、大好きです。愛しています。心の底から大切な家族です。

    なぜ殴られた事があっても仲良しでいられるのか。
    私は父からの愛情を疑ったことが一度もありません。父は(母も)私(と弟)を世界一愛していると確信しています。私の為なら何のためらいもなく命をも差し出すでしょう。私に何かあったら全身全霊で守ってくれる。その揺ぎない愛情の中で、私は育ったからです。

    ユーザーID:

  • 仲いいですよ

    ぶん殴られたくらいで壊れるような親子関係じゃないので。
    もちろん「暴力」はダメですけどね。

    信頼の上に成り立ってるからこそはじめて許されることだと思います。
    こっちのためを思って殴ってるんだなってことくらいは子供心にもわかりますし。

    大人になった今では「そうそうあの頃はあたし殴られて5メートルくらいすっとんだっけ」「いやいや10メートル」とか姉と母と三人で話してゲラゲラ笑ってます。

    親が子供を愛情ゆえに殴るのは一概に虐待とは私には思えません。殴るのはいけない、という風潮がありますが、その結果が今の荒れた子供の世界なら、やっぱり何かがおかしいのだと思います。

    一方で、今の子供は殴られた経験、ケンカの経験がないので、力の加減がわからず結果とりかえしのつかない結末を引き起こすことがあるという話をきいたことがあります。

    ものごとには常にプラス面とマイナス面があるってことなのかもしれませんがなんだかやりきれないですね…。

    ユーザーID:

  • 私も殴られてました〜

    小さい頃から、殴られてました。
    顔を殴られないように、顔を守ったら
    腹を蹴られたり。
    痣になったりもしましたし。家から殴られ追い出されたこともありました。(両親両方から)
    小さい頃は恨みました〜
    いつかぶっ飛ばしてやる!と心に決めてました。
    でも、悪い事したら殴られてたけど
    他にも愛情いっぱいもらいました。

    いまだに、家族みんな仲がいいです。
    昔のこととして、思い出になってる程度で
    今は、特にその事を恨んではいません。
    殴られた話とか友達にすると引かれますが・・。
    未だに家族旅行に行ったりしますし。
    相談事もします。そんな私は26です!

    ユーザーID:

  • ヨコですが

    最近の親ってホントに殴らないらしいですね。
    よくギャグに使われる一昔前のアニメの「殴ったね!父さんにも殴られた事ないのに!」がいまや本当のアタリマエになりつつある?
    当時は子供ながらにソレを見て「ええ!親に殴られたことない子なんて居るの?!」と驚くと同時に、「親に一回も殴られもしないとこういうヒネたお兄ちゃんになるんかなぁ」と思ったりしてました(←偏見ですね)。

    最近学校の指導者が暴力(傷害事件とかでなく悪さをしたのでスリッパではたいたとかその程度のこと)を振るったとかで保護者が訴え出て学校が謝罪なんてニュースを見ましたがまさに親からしたら「私(親)でも叩いたことないのに!」ってカンジなのでしょうかね・・・。
    正直「一度も叩いたことない(叩かれたことない)」って信じられません。かえってゆがみを感じるのは私だけでしょうか?もうそういうのは古いのかなー?

    ユーザーID:

  • あ、

    はなさん、一緒です(笑)。
    わたしも母にフトンたたきでたたかれてました。
    (あれって痛いんですよね!)

    当然悪いことをしたときや、いくら言ってもきかないとき限定でしたが。

    母とは仲いいですよ。
    子供の時も、それで母のことを嫌いになったこともなかったですしね。

    余談ですが、子供の頃ノロノロしてると、「10数えるうちにしないとフトンたたきよ!」と言われてカウントダウンが始まると、猛ダッシュで動いたりしてたんですよ。

    で、もうかなり大きくなったある日(高校生くらい?)、ノロノロしてたら母がカウントダウン始めて、そうしたらわたしは思わず動いてしまい(笑)、二人でかなり笑いました。

    ユーザーID:

  • 愛の鉄拳でしょうか。

    母も歳の近い4人の子供の世話でヒステリックな所もありました。
    家にはぶっとい、すり鉢棒があったのですが、母の武器?でした。皆で「こん棒」と呼んでいました。
    実際、それで殴られた事は無いのですが、寸止めを良くされていて怖かった!

    父にも殴られた事はあります。両頬平手打ち、正座とこんな感じです。
    でも、正座が終わった後、泣いて自分の部屋でいじけていると、必ず母がお菓子を持って来て、慰めてくれました。

    DV男と付き合ってた時、同じ様に平手打ちされた事があるのですが、目の周りがお岩さんになりました。
    父から殴られても、一度も怪我を負った事は無いから
    不思議です。痛さも同じなのに。

    中学の時、男性教諭に皆の前で蹴られた事があります。(嫌われていて。)
    あまりの屈辱感に大ベソをかき、父の会社(自営)に電話しました。父はすっ飛んで来て、その教諭を私と同じ様に公衆の面前で、蹴り上げました。
    「お父さんはどんな事があっても、私を守ってくれる!」
    と思った瞬間でした。

    よって、両親とは仲良しです。そこには、絶大な信頼と愛情があります。
    一くくりに「暴力=虐待」ではなく、「愛の鉄拳」なのです。

    ユーザーID:

  • 学校の先生ですけど

    小学校4年の時の担任の先生。
    クラスの前の方に名簿が貼ってあって、忘れ物をしたり注意されたりすると、シールを貼っていきます。そして帰りの会の時、そのシールの数に応じてぶたれました。私は優等生(笑)だったので、たまに定規で太股をピシッとやられるくらいでしたが、毎日拳骨食らってる子もいました。
    だけど、その先生は本当に生徒みんなから好かれてました。私も好きでした。よく生徒と遊んでくれて、色んな話をしてくれて、聞いてくれて、色々教えてくれて、面白くて。
    罰を受けるのは明確に自分のせいなので、誰もそれについて文句を言ったりはしてませんでした。保護者から苦情があったなんて話も聞きませんね〜。今だったらマズイんじゃないのかなあ。
    結局は、信頼関係なんですよね。人間関係が築けていれば、殴られたって愛の鞭ですよ。
    私も逆に、殴る=即絶縁なんて考えるトピ主さんがちょっと心配になりました。本人があっけらかんと笑っているなら「虐待」じゃないことは解ると思うんですが…。

    ユーザーID:

  • 調教も必要です。

    子供の頃、母に何かで叱られて聞き分けなかったので縁側から襟首をつかんで引きずりだされ、二三時間家に入れてもらえませんでした。自分が何をしたからいけなかったのか、をきちんと理解し反省するまでは家に上げてもらえませんでした。父には馬乗りになって殴られたり、新聞を丸めたものでこれでもかと殴られたり、外にけり出されたりもしましたが、今では程ほどにお互い仲良くやっています。そんな感じで世の中のルールやらなにやら学んで今まで来た気がします。
    言って分からないなら体で分からせてやる!てな物ですが、子供がある程度の年になれば自然と親の言う事も理解するようになるし、叩いたりなんだり、という数も減ります、それにその理由も分かるようになるのでは。世の中のルールからはみ出さないように努力している上では、それも愛情のうちと考えては。

    ユーザーID:

  • そんな簡単にトラウマにはならないですよ

    子供の時は、親にも教師にも殴られましたが、トラウマになんてなりませんでしたけどね。殴られた時は、その殆どが自分が悪いと思えたときでしたし。

    殴られたことがトラウマになるかならないかは、その子の性格と殴った大人との信頼関係がどうなっているか、その点に尽きると思いますが。

    殴られたら何でもかんでもトラウマになると思ったら大間違いですよ。その逆に、何でもかんでも殴れば良いというのも反対ですけど。

    ユーザーID:

  • 実際にあった実験

    体罰についてアメリカだったかな・・未開の地の人に2つのグループに分けて実験を行ったそうです。

    ポイントが明確でないので分かり難い説明ですが、体罰組と絶対体罰しない組の子供を成人するまで育てた結果、体罰組の方が素直で人間的に育ち、体罰厳禁組の子供は結構青年期にグレル、などの事実が判明しているそうです。

    たしか、叱る側の気持ちの問題ではなかったかと。

    その部族は体罰を良しとする民族でぐれたり非行に走る若者は昔からいないことで有名だそうです。

    ポイントをわすれたので、説得力にかけますが・・。調べてみてわかったら、再投稿します。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧