お料理を作りたがる5歳男児vs心配性母

レス23
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

睦月

タイトルの通り、この頃子供が「お手伝い」にとても興味を持ち、共働きの我が家のこと、日常的にお手伝いして欲しいといえば台所仕事。これまではテーブル拭きや配膳、とお料理以外のところで活躍してもらっていたのですが「僕はお料理も手伝いたい!」と言い出し…。

今日、ためしにジャガイモの皮むきを皮むき器で一緒にやってみましたが、不慣れな手つきにいつ手の皮も一緒に剥いちゃうかと心臓がとまりそうに(知人でいるんです、ジャガイモを手の皮もろとも剥いちゃった人が…)。しかも、私ってばすごく心配性なんです。でも、折角芽生えたお料理への興味の芽を摘んでしまうのは勿体ない…。

できるだけ怪我のないようなお料理のお手伝いってなんでしょうか?またこんな器具がいいですよ、など等子供のお料理に関して皆様のエピソードやアドバイス、是非戴けませんか?!?!何卒宜しくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • とりあえず危なくないお手伝いは

    うちの子も台所のお手伝いをしたがります。

    余裕があるときはピーラーや包丁も使ってやってもらいますがこちらも気構えがいるので。
    うちでやってもらう比較的安全なのは

    たまねぎの茶色い皮むき
    とうもろこしの皮むき
    シメジを小分けすること
    タマゴ割りとかきまわすこと
    餃子包み
    カレールーをなべに投入すること(はねないように)

    子供のために買ったのは台所育児の子供用の包丁です。小ぶりで子供に使いやすいようです。

    ピーラーも包丁も落ち着いて集中していれば大きなケガはしないと思います。テレビに気を取られてよそ見なんかは危険です。

    できないうちはやりたがる。できるようになると逃げる。続いてお手伝いするようになるといいですね。

    ユーザーID:

  • 刃物を使わないものは?

    せっかく興味を持ってるのに、お手伝いさせてあげたいですよねえ。
    でも刃物の使用は心配なのはもちろんです。
    多分「作ってる」という行為で満足すると思うので、刃物を使う以外のものをやってもらってはいかがでしょう。

    例えば・・・

    マッシュポテト
    ごますり
    和え物
    卵を混ぜる
    お米を研ぐ(流さないようにざるを使用)
    肉団子やハンバーグ作り
    煮物や茹でものの見張り番
    レタス切り(プラスチックのレタス切りがありますよね)

    少しこぼれてもはねても荒くてもいいように、大きめのボールなどを使って。
    できあがったら、「○○くんがやってくれたんだよー。
    ママより上手かもしれないねえ、パパ?」といってほめてあげてくださいね♪

    ユーザーID:

  • おもいつくままに

    怪我をするのも練習のうちですが、「混ぜる」は簡単です
    ハンバーグや餃子の種をこねてもらう。
    ホットケーキや、フレンチトースト。プリンは混ぜるだけ。焼く、加熱ところはおかあさんがやって、最後にフライパンからお皿に移す。
    卵をわってときほぐしてもらう>玉子焼き、オムレツ、茶碗蒸し、
    フライの衣をつける
    ピザを作るときにトッピングをしてもらう。
    レタスをちぎる、
    切る練習は、切りやすいものから。
    きゅうりをお母さんが縦半分に切っておいて乱切りしてもらう。セロリのも乱切り、
    にんじん、ジャガイモも縦半分に切って平らな面を伏せておけば乱切りできます
    ジャガイモの皮はごてごてして皮むきを使ってもむきにくいですにんじんのほうが簡単ですよ。

    アイスボックスクッキーの種を作っておいてそれをスライスしてもらう、ちょっと分厚すぎたら手で押さえて薄くすればよいです

    必要な材料を出したり、用具を出すのも料理のうち。それらを、とってもらう、。調味料を投入する
    全てやることはむりですから、毎日、できることをやってもらいましょう。

    ユーザーID:

  • 私も知りたい…

    うちの子は3歳ですが(もうすぐ4歳)、興味津々のようです。とりあえず、子供用の包丁セットを揃えてみることから始めようと思ってますが…

    他の皆様からの発言を私も楽しみに待ってます。

    ユーザーID:

  • 料理は包丁だけじゃないですよ〜

    ウチの4歳男児も料理に興味深々でしたので、お菓子作りをよくしてました。
    クッキーの材料混ぜ、型抜きとかドーナッツの生地を好きに丸めさせたり。それとパンもよく手作りしてましたよ。最近は電子レンジで簡単にできますが、我が家の場合は理科の実験も兼ねて1から手作り。硬く出来ても自分が作ったのでおいしいおいしいと食べてました。今は4月に二人目が生まれてなかなかパン作りをする時間もないのですが・・・。その他は日常的に夕飯の支度の手伝いはしてくれます。揚げ物の衣付け、胡麻和えのごますり(味見をさせたら自分で作ったせいか普段よりおいしくて夕飯前に全部食べてしまった事も)。本格的な包丁はあんまり使わせませんが滑らないマッシュルーム程度なら監視つきでやらせたりもします。包丁を使いたがる場合はプラスチックのナイフでバナナを切らせたりもします。フルーツサラダだったらプラスチックで十分事は足りますよね。でも手伝いはあくまでも意欲のあるときのみです。やるのかなぁと思いきや「ご飯なあに」と聞くだけも。もうすぐ始まる下の子の離乳食なんか率先して手伝ってくれそうです。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 忍の一字

    子供のお手伝い。まして共働きなら、自分で手っ取り早く終わらせたいところですね(笑)。
    でもこのチャンスは絶対モノにしましょう!

    ピーラー、確かに包丁より危ないんですよね。
    下手にピーラー使うより、包丁の方が安全ですよ。
    と言うわけで、刃物、使わせちゃいましょう。
    例えば、きゅうりやほうれん草、ねぎ、ハムなど、
    切りやすいものから始めて下さい。
    大きさや切り方はこの際、無視。
    親指大のキュウリがゴロゴロ入ったグリーンサラダで我慢して下さいね。

    刃物を持ったら絶対余所見をしない、
    刃物の正しい置き方、刃物を持ったまま他の事をしない等々の
    注意点は何度も繰り返し教える。
    後は少々指切っても大丈夫。ママが必要以上に騒がないでね。
    子供が怖がるから。

    我が家の子供達はこの方法で、小学校入学までに
    りんごの皮むきもスイスイできるようになりました。
    私が病気で寝込んで食事が作れなかった時も
    りんごで一時しのぎが出来ましたよ〜!

    ユーザーID:

  • 大丈夫

    素敵でかわいい息子さんじゃないですか。わたしの長男も小学校入学するくらいに料理に興味を持ち始めました。きちんと包丁の持ち方、切り方を今でなくてもいいのですが教えてあげて下さい。私は、真っ先にりんごの皮むきを教えましたよ。(当時、息子6歳)多少の怪我はしょうがないです。でも息子は上手に覚えました。数年後まだ小学校時代にはなんと私の留守中に誕生日ケーキ(見た目はいまいちでしたが、ザッハートルテ!!)を作って待っていたんです。いつの間にか私のお菓子つくりの本を見てたんです。今ではもう32歳の息子ですが、ケーキの下手な私よりもずっとなんでも上手に作りますし、今でも美味しいケーキをを帰省したときふるまってくれます。お母さんのぺっちゃんこの膨らまなかったケーキ覚えてる?なんて冗談でからかわれるんですけど。(笑)

    ユーザーID:

  • 五歳なら

    私、五歳のときに包丁もってお手伝いしましたよ
    6歳の頃には自分でりんごもむけました
    とても上手に・・・・今でも母が言っています
    もともと器用で鉛筆もナイフで削っていたくらいなのです。
    子供が手伝いたいというときに怪我を恐れてはいけません。私もそれなりに怪我をしました。と言ってもちょっとした切り傷程度です。でも、そういうことがないといろいろ学習しません。ですから、お母さんの余裕のあるときはいろいろ手伝いをしてもらっていいのではないでしょうか?今はお母さんがハラハラドキドキするときですよ、きっと。

    ユーザーID:

  • 軍手(手袋)

    ピーラーを使ってジャガイモや、にんじんの皮をむくときには、
    野菜を持つ手だけ、軍手をはめるようにすると、ピーラーが滑っても、ケガをする事はありません。
    子供用の軍手だと見つけるのが大変かな・・・
    100円均一などで、伸びるタイプの手袋とか、ありますよね。
    小さな手に合うものも売っていると思いますので
    それを使ってはいかがでしょうか。

    野菜の皮むきって、小さなお子さんからすると、
    一番「手伝ってます!料理してます!!」って実感がわく事なのでは無いでしょうか。

    サラダのきゅうりをスライサーでスライスする時には
    利き手に手袋をはめるとか、工夫すると
    お母さんも安心、ボクも満足。

    どうぞ、おためしください。

    ユーザーID:

  • 昔の自分を見るようです(微笑)

    私も台所仕事を見るのが大好きな子供で、よく椅子に立って料理が出来る様子を見ていました。
    お手伝いもしたくてたまらず勝手に手を出したり…今思えば母たちはすいぶんハラハラしたことでしょう。
    そんななかでさせてもらった「はじめての料理」は目玉焼き。
    食卓にホットプレートを出し、足台(風呂の椅子だった)に立って焼きました。
    それからしばらくは玉子料理か粉モノ(お好み焼き、クレープなど)のホットプレート料理ばかりさせてもらいました。

    お手伝いはマメのさや取り、エビの背わた取り、もやしのひげ根取りなどの刃物の要らない地味な下ごしらえ。
    クッキーやパン生地の粉をふるったり材料を計ったりも好きで、生地をこね始めるともう誰にも止められない!(笑)

    包丁をはじめて持たせてもらったのは小学校に上がってから、釣り好きの父の監督下で、釣ったばかりのアジを泣きながら捌いたのも今はいい思い出です。

    父も母も必ず後片付けまできっちり手伝わせました。そこまでやってはじめて「お手伝い」といえると。
    おかげさまで今でも後片付けが苦になりません。

    息子さんと一緒に、料理と楽しい思い出もたくさん作ってください。

    ユーザーID:

  • 横ですが、スケキヨさま

    軍手ですか〜。なるほど〜感心してしまいました。
    家も6歳の息子が料理を手伝いたがります。
    包丁は今ではかなり上手く使えますが、ビューラーや、スライサーはやりたがってもダメと言ってしまいます。
    なぜなら、包丁より危険だからです。
    私も何度も怪我していますので。。。
    でも、軍手なら安心ですね。
    早速試してみたいです。
    有難うございました。

    ユーザーID:

  • うちは

    うちは、まだ2歳なので
    大した事はお願いしませんが
    やりたがるので出来ることをお願いします。

    ・肉団子をスプーンで
     すくって鍋に落とす。

    ・レタスなど野菜をチギル

    ・切った材料をフライパンに入れる
     時々まぜたりしてもらう

    今のところ、この程度かなぁ?

    ユーザーID:

  • お手伝いは3歳から。

    包丁は5歳から持っていました。
    とてもよく切れる小さいフルーツナイフを使ってました。
    切れない包丁を使う方が無理をするので怪我する可能性が高いです。
    母の教えは、皮むきの時は包丁を持つ手の親指に意識を集中させる。切る時は、具を押さえる手は猫の手にする。
    それだけでしたね。
    私はりんごの皮むきからスタートしたと思います。
    いつも親の前でやってましたが、6歳の時、柿が食べたくて一人で剥きました。ヌルっとして手を切りそうになり、ヒヤッとしたことを覚えてます。
    実際に指を切ったのは8歳の時きんぴらごぼうのごぼうを切っていた時です。

    ご心配とは思いますが、失敗も経験の一つなので、是非やらせてあげて欲しいなって思います。

    ユーザーID:

  • 包丁を使い、火も使いました(笑)

    初めまして、私もそんな子供だったなぁと微笑ましく拝読しました。
    リンゴを剥き、胡麻を擦り、目玉焼きを焼き、フライの衣を付け・・母が看護師だったからか、ちょっとの怪我でも『それくらいじゃ死なないから』とどっしり構えていてくれた事も大きくてどんどん料理覚えましたよ。(普段は嫌になるくらい神経質だったのに(苦笑))
    台所に入り込んで作業を見ていた事も大きかったです。
    おかげで教わってもいない料理まで出来る様になり、留守中に天ぷらを揚げて晩御飯を用意した時には非常に驚かれ、誉められました(笑)。その頃はリンゴの皮の一本剥きも得意技でした。
    今、一人暮しで狭い台所に立って、当時もそう広くもなかった実家の台所を思うとさぞ邪魔だったろうと思います。
    見守ってあげて下さい。
    大丈夫、『それくらいじゃ死なないから』ですよ。

    ユーザーID:

  • 大丈夫

    >不慣れな手つきにいつ手の皮も一緒に剥いちゃうかと

    もし、手の皮をむいちゃっても、そんなもんすぐに治るよ。

    確かに、子供が刃物を扱う手つきは危なっかしいけど、もし失敗したとしても、せいぜい切り傷程度。

    そのくらい開き直るとよいよ。

    ユーザーID:

  • どんどんさせてあげましょう!

    つい最近、同じような悩み相談をラジオでやっていました。

    子供がやりたいというのなら、どんどんやらせてあげて下さいと。
    包丁だって大丈夫なものです。と。
    もちろん、きちんと指導をする。
    左手は猫の手。こうやって包丁を持って切るのよ!
    と、見本を見せてあげて・・・。
    大人は慣れでサクサク刻んでいくけど、
    子供は1切り、1切りを丁寧に慎重に切るので、
    大人より怪我はしないそうです。

    私自身、料理が苦手なので、
    子供にはきちんと教えようと思います。

    ユーザーID:

  • うちは兄弟で卵を取り合いです

    うちも共働きなので、平日帰宅してからは必死で夕食の支度です。
    でも、やりたがるんですよね・・・・
    1年生の兄は保育園の頃から修行を積み、MY包丁も持っています。
    もうすぐ2歳の妹は、さすがにまだ刃物は無理ですが、卵を割ったり(コンコンとしてヒビが入ったのを渡します)きのこの小分けや、鍋への投入はとても楽しそうです。
    こちらの気はあせるし、時間もかえってかかるんですが「やるー」と言ってくれた時には割り切って楽しむことにしています。
    いい経験だと思いますよ!
    (軍手、うちでも使わせて頂きます。GOOD IDEAですね!!!)

    ユーザーID:

  • ウチもやらせています。

    ウチは長男5歳、長女2歳ですが、やはりやりたがります。でも、時間かかりますよねーーー。
    包丁などもやらせてますが、こちらはやはり気をつけなければいけないので、私に心と時間に余裕があるときのみ限定です。子供用の包丁なのですが、長男は左効きのため、みていてハラハラします。はじめてきらせたのは2歳のときでした。そのときは私が手を添えて一緒に切るという感じでしたが、久々にこの前やってもらったら、ものすごく上達していてびっくりしました。5歳なら、もう包丁も大丈夫ですよ。
    時間がないときに主にやってもらってこちらも助かるのは、「材料を洗ってもらう」です。ボールに水をため、洗面所で洗ってもらってます。これは結構助かりますよ!その他、混ぜたり、鍋に材料を入れたり・・ですね。お手伝いした日の料理はとてもよく食べます。
    ぜひぜひやらせてあげてくださいね!!

    ユーザーID:

  • 今がチャ〜ンス!

    年子で二人の男の子の母です。

    私の子供たちも5歳位から興味を持ち始めました。
    最初はピーラー、一ヶ月ほどして子供用の包丁をもたせました。
    絶対怪我はします。ただ、正しいもち方を教えて親も注意してみていれば、大怪我はしないと思います。それに子供も痛いのはいやなので学習します。

    ひたすら忍耐の2年間でしたが、料理は基本さえ覚えればあとは応用です。小学校4年生くらいで朝ごはんは自分達で作るようになりましたし、夏休みはお昼ご飯も自分達で作ってくれるので大助かりでした。
    もちろん後片付けもOKです。

    ここまでくれば他の家事も要領がわかってきますので、今では休みの日の自分達の部屋の掃除、毎日洗濯はたたんで自分達のたんすにしまうことなどは当たり前にやってくれます。

    いつも「手伝ってくれてありがとう」という言葉と、普段お小遣いはないのですが折々にはごほうびとして渡しています。
    今年の夏は1日二人で300円お昼代としておいて行き、冷蔵庫の物を使えばそれをおこづかいとして渡していました。

    社会人に家事は必須です。
    お子さんのためにもがんばってくださいね。

    ユーザーID:

  • 多少の怪我はうまくなるためのステップ

    男の子5歳、女の子1歳8ヶ月、二児の母です。我が家も共働きです。
    料理できる男の子はかっこいい!ですよ。そのうち貴重な戦力になるので、今から鍛えておくといいと思います。

    怪我ややけどは付き物ですが、きちんとこれは熱いとか、刃のところに指を置かないとか、人に包丁を向けないとか、最低限のことをあらかじめ言っておけば、そのくらいの年齢なら起こりうることを理解できると思います。

    卵のとりあい、うちもやってますよ〜。
    朝から台所で、2人で押し合いへし合いしています。
    兄は完璧に黄身を崩さずに割れます。妹は割ることに集中している段階なので、別のボールに割らせて、黄身が壊れたって「すごいねぇ〜」ってほめてあげてます。
    卵といえばゆで卵をむいたりするのもいいですよね。

    お兄ちゃんは1歳過ぎから、主人が一緒に台所に立たせています。
    魚をさばくときなんて興味津々でした。おかげで今でも魚好きです。
    2歳のクリスマスのサンタさんからのプレゼントは、子供用の包丁でした。現在は、危なっかしいですが、大人用の小さめの包丁でりんごの皮むきに挑戦中です。

    時間をやりくりするのが大変でしょうが、ぜひ挑戦させてあげてください。

    ユーザーID:

  • 私も

    そのくらいの年の時には、りんごの皮をむいて手を切ったり、鰹節削り器(年がばれる)で手も削ったりしてました。しかも親のいない間に・・・。
    でも不思議と「怖いからもうやらない」ってことはなく、それからもずっと料理を続けていて今も料理が趣味って感じです。

    私も心配性ですからトピ主さんの気持ちは分かります。でも誰でも最初はぎこちない手つきだと思うし、大人だって料理をしてれば手を切ったりやけどしたりはあるんですよね。
    だから「手を切らないようにゆっくり気を付けてね」って注意すれば、本人も気を付けてお手伝いできると思うので、お子さんがやりたいというのであればやらせてみてあげたらどうかな?って思いますよ。

    ユーザーID:

  • ぜひ

     積極的に手伝わせてあげてください。
    特にお母さんが見ていてあげられるうちに
    包丁の使い方や火を使うことなど、危ない
    ことも教えてあげると良いと思います。

     ちなみにうちの母は心配症のあまり
    私(22歳)が子供のうちにきちんと包丁の
    使い方を教えなかったため、私は未だに
    ピーラーなしで野菜の皮が剥けません…(苦笑

    ユーザーID:

  • トピ主です

    トピの検索がうまくいかず、お返事を戴いていたのにお礼がこんなに遅くなってしまい、本当に申し訳ありませんでした。本来であればお一人お一人にお礼を申し上げるべきところをまとめてのお礼で恐縮です。

    ピーラーより包丁のほうが危なくない、というのは意外でしたが、まずは子供用包丁(もしくは良く切れるフルーツナイフですね!)と小さな軍手を購入して少しずつ調理の世界にも足を踏み入れてもらおうと思います!!

    また、子供にお手伝いしてもらう事柄も大変参考になりました。野菜を洗うか包丁を使わなくてもやれるようなエリンギを裂いたりとかそんな出番ばかりだった息子ですが、きっと大喜びしてくれると思います。

    あとは共働きで忙しいから…とお手伝いを断ってしまう私の狭い心と怪我を心配する心を押さえつけなくては!!本当にありがとうございました!!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧