家族・友人・人間関係

母をあきらめた方がよいでしょうか?

レス6
お気に入り0

tsukuba

ひと

母は、私が幼い頃私に触れることができませんでした。父の両親と同居しており、祖母は男の子3人を育てた後の初孫が女の子(私)だったとあって溺愛。幼い頃のアルバムに、祖母に抱かれている写真はあっても、母に抱かれている写真はありません。夕食も、母が帰宅して作る前に祖母の作ったものを食べていた記憶があります。母は、祖父母が亡くなってから「この子は(私もう30歳過ぎなんですが)私が育てていないからわがままだ」とよく口にするようになりました。「そう言われると悲しいのでやめて欲しい」と頼むと、母は涙を流して謝ってくれます。でも、止むことはありません。私は母を気の毒だと思うし、愛しています。しかし、帰省するたびにそういわれるのはつらくてなりません。今後どのように考えて乗り越えればよいのでしょう? 母に会うのをやめるべきでしょうか? それも悲しくてなりません。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数6

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ちょっと待って下さい。

    お母さんが気の毒と思うのは本当の気持ちですか?

    ご両親が祖父母と同居するのだって特に珍しい事では有りませんよね。お母さんが同居で苦労したのは理解出来ますが、だからと言って実の子供が可愛くない訳が有りません。
    それよりも私が心配するのは、貴女の性格です。

    普通の子供なら実の親を『愛している』とか『気の毒』とは思わないし、ましてこんな所(家庭外)で家族の事には触れないのが常識では有りませんか?

    帰省の度にお母様を泣かせてしまうそうですが、実際わがままと思うから言われるのでは有りませんか?一度お母さんの立場に立って自分の発言を見直してはいかがでしょうか?

    どんな子供であっても、お母さんは貴女の帰りを待っているでしょうし、成長を楽しみにして居られる事でしょう。それでも貴女は会うのをやめるのですか?

    言葉では何とでも言えますが、悲しみは言葉では伝わりませんよ。会うだけで通じる物を信じませんか?

    ユーザーID:

  • あきらめてね

    まず、母親だから子供に愛情があるかと言えば
    必ずそうとは限らない。
    特に嫁姑仲が悪かったのに姑にかわいがられた子供とあれば、
    姑への憎しみを重ねてしまう事はあると思いますよ。
    何度もそういう言い方はやめて欲しいというのにまた言うなら処置無し。

    私の場合は
    父親がいつも私が父の自慢の美人母親(つまり母にとっての姑)にそっくりだとなつかしそうに言うもんだから、
    母は、「色が黒い、口が大きい、胸がない、ウエストがくびれていない」としげしげと私を眺めてはため息をつきながら言ってました。
    本当に醜い嫉妬です。

    親孝行さん、もしトピ主さんが本当に我侭だったとしても、
    「祖父母に育てられたから我侭だ」と言う母親、
    おかしくありませんか?
    我侭に対する注意の仕方ならば、こういう根本的な人格を否定するような言い方ではなく、
    やったこと、言った事一つ一つに、
    「それは我侭だよ?」と注意をすればいいこと。

    それからこんなところに家庭の事をさらしていいの?とおっしゃるけれど、
    この掲示板って匿名でそういうことを相談するところではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 親孝行さん?

    >普通の子供なら実の親を『愛している』とか『気の毒』とは思わないし、>ましてこんな所(家庭外)で家族の事には触れないのが常識では有り>ませんか?

    そうでしょうか?
    実の親を「愛して」いるのはおかしいですか?
    何かがあって「気の毒」だと思うのも、普通の人間の
    感情だと思うのですが。
    家庭外で家族の事には触れないのが常識だなんていう
    びっくり発言をする親孝行さんの方が私は心配です。

    トピ主さん、横レスになってしまってごめんなさい。
    小町ではバイブルとなっている「毒になる親」という
    本を、トピ主さんにも親孝行さんにも読んでほしいです。

    ユーザーID:

  • 親孝行さんへ

    親孝行さん、100の母子がいれば、100の母子関係があるんですよ。
    あなたは、母親の愛情を充分に受けて育ったのかもしれない。でも、そうじゃない子どもだっているんです。
    それでも、子どもというものは、常に母親から愛してもらいたいと思うものなんです。それが得られないから苦しむんです。

    トピさんだって、随分ひどいことを言われています。
    悲しんでいるのがわからないのですか。
    生きている母親から愛してもらえない子どもの気持ちがあなたに分かるでしょうか。

    思い切り横、すみません。
    でも、トピさん、深く悩まずに自然の気持ちにまかせるようにしてはいかがですか。

    ユーザーID:

  • もしかしたら...

    あなたのお母さんは、同居のお義母さんに孫であるあなたの面倒を見させてもらえなかったんじゃないでしょうか?

    「あんたの作ったご飯は、食べさせないで!」とか、
    「大事な孫に触るな!」とか、


    そういう仕打ちって、みてない所で行われるもんだしね・・・。


    もし、そうなら、あなたのお母さんはとってもかわいそう。

    今なら聞ける話だし、一度話し合ってみてはどうでしょう?

    事実は昼メロよりすさまじかったりするもんですよ。

    ユーザーID:

  • あきらめないでほしいな。

    私の兄が同じ立場かなあ。初孫・初の男の子・しかも長男の息子、と言う兄は小さい頃からずーっとおばあちゃん子、親戚から愛され人の腕から腕に渡って床で寝た事も無い。欲しい物は何でも買ってもらってと言う(笑)。

    そんな兄も不惑ですが、とにかく考え方が甘い・気に入らないとすねる・金使いが荒い。そんな兄を母は「あの子は私が育ててないから駄目なんだ」と言ってます。でもやはり愛してますよ、もう。実際兄も優しいし頼りになる所もあります。母としては幼少時に家事が忙しく(その頃は父の兄弟も同居していたので11人分の家事を一人でしていたそうです。)、

    兄の教育が出来なかった事をおそらく寂しく思ってるのかと思います。きっとトピ主さんのお母さんも同じ心境なのでは?お母さんも悲しいんですよ多分。でもそれは愛ですよ。負けるな!

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧