ベルばらを観るならどちらのバージョン?

レス11
お気に入り0
トピ主のみ0

らすかる

学ぶ

宝塚初心者です。

来年のベルばら講演を観にいってみようと思い立ち、フェルゼンとアントワネット編、もしくはオスカル編があるようなのですが、どちらかしか予算上観れない場合、どちらがおすすめですか?過去にも上演されているようなので、両方のバージョンを観られた方いませんか?

原作は読みました。オスカルがドレスを着るシーン、つまり男役がドレスを着る貴重な場面があると聞いたのですが、やはりこれはオスカル編じゃないとだめなんでしょうか?

いろいろ観劇サイトとか見てみたんですけど、いまいち両バージョンの違いがわかりません。ご教授くださいませ〜

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私なら

    断然オスカル編ですね。私としては「べるばら」の主人公はオスカルだと思っているので。ただ全編の途中で死んでしまうので結局はマリーアントワネットの話になるのですが。両物語の違いはフェルゼンに恋をしてしまうオスカルがアンドレの死によって本当に愛していたのはアンドレだと気付き、また自分もバスチーユで命を落とす悲恋物語(オスカル、アンドレ編)…続きます

    ユーザーID:

  • 続きです。

    と政略結婚でフランスに嫁いだアントワネットがフェルゼンと恋に落ち(いわゆる不倫ですな)最後までフェルゼンを愛し、バスチーユに投獄され途中でフェルゼンが助け出そうとするのですが、最後はフランスの王妃として死んでゆく事を選ぶ、どちらも叶わぬ恋の話です。で、どちらをおすすめかとゆーと…人それぞれなので。あなたはオスカル派?アントワネット派?で決めるしかないかしら。
    宝塚のベルばらはいいですよ〜私は初代ベルばらファンです。

    ユーザーID:

  • 何の役にもたちませんが、

    ベルばら ですか!

    約30年前の再演 再々演 辺りを観ておりました。
    お年玉を握りしめた、当時小〜中学生のハナシですので、詳しくは、他の方のトピをごらん下さい。

    私的には、アントワネット編の方が好きでした。
    と、言うのも、星組、鳳蘭のフェルゼンがピカイチだと思っていたから。
    そして、月組、初風諄のアントワネットは最高だったから。 
    (懐かし〜)

    どのくらい古いかというと、
    バラの小公子役で、大地真央がお花を振っていました。。。。相当昔のことです。

    どっちのバージョンを? と考えるより、
    トップ男役さんの写真でも入手して、『素敵!』 と思える人の公演に行く方が、ミーハーに楽しめると思いますよ〜

    ユーザーID:

  • 宝塚ファンです

    今までとは多少演出が変わったりするし、人それぞれ好みも違うので、どちらがお勧めとは一概には言えませんが、「ベルばら」は宝塚の王道とも言えるの作品ですから、初心者さんならどちらを観ても損は無いと思いますよ。

    贔屓の組や好きなタカラジェンヌさんとかはまだいないのでしょうか? 今回は他組のトップや二番手スターの役替わり出演があるので、ご贔屓さんがいれば、出演する公演を選ぶのもいいのではないでしょうか。



     

    ユーザーID:

  • 昔ハマった!

    ビデオがあるのですが見当たらなくて、うろ覚えなのですが…両編の違いは、アントワネットが主役かオスカルが主役かですね。

    それぞれが中心となったストーリーがピックアップされています。オスカル編は天国シーンで〆られるので、後味が若干いい気がします。
    オスカルがドレスを着るのは、本編ではなくレヴューのダンスではないでしょうか。オスカル編のみだった気が。

    私が観たのは涼風真世さんだったので、ドレス姿も可愛らしくて素敵でした。でも例えばその時アンドレ役だった天海さんがドレスを着たら素敵だったかと言えば、そうでもないと私は思うのです。(天海ファンですけど)主役の男役さんのファンで、滅多に見られないドレス姿を是非とも見たい!というのでなければ、特にドレスシーンの有無で決めることもないかと思います。好きな方のいらっしゃる団、ベルばらといえば誰が主役の話!と思うかでお決めになってはいかがでしょう。

    因みに、私ならオスカル編でしょうかね。アントワネットも華やかで綺麗ですよ。

    ユーザーID:

  • そうですねぇ

    宝塚の「ベルサユのばら」は原作とは別物のお考えになった方がよいと思いますよ。

    劇団ですから、出演者に合わせてとんでもない登場人物になっていたりするので・・・。
    華やかな衣装や豪華なセットでまさに夢の世界です。

    先に上演するのが、星組のフェルゼンとマリー・アントワネット編で次が雪組でオスカル編ですから、時期もズレますし、どちらか自分の都合のいい時期に観劇するスケジュールと立てるといいでしょう。

    ただ、ベルばらだと役替り公演もあり、チケット難になると思うのでどちらか手に入った方、と考えるのも良いかもしれません。

    ユーザーID:

  • 宝塚ファンです 続き

    確か、2001年に上演されたオスカル編ではオスカル役(当時のトップ 稔 幸さん)の女装は無かったはず(記憶違いならすみません) でも今回のオスカル編のトップ朝海ひかるさんは小顔でフェアリータイプの男役さんなので、女装あるかもしれませんね。

    個人的には、朝海オスカル、安蘭けいアンドレの公演が見たいです!
    どちらにしても、ベルばらはチケット入手困難でしょうねぇ。
     

    ユーザーID:

  • フェルゼン編(長いです)1

    個人的にはオスカル編が好きなのですが、私は、フェルゼン編のほうが宝塚らしいと感じてしまいました。
    下にいくつか理由を挙げます。
    あくまでも個人的感想です。

    まず、アンドレ編ならともかく、オスカル編となると、当然トップスターが女性(オスカル)を演じますので、違和感を感じる人もいるようです。
    また、ヒーローとヒロインが共に男役の方が演じることになるわけで、トップ娘役の影が薄いと感じてしまいます。

    第2に、オスカル編は主人公のオスカルが戦死して幕となってしまうので、ベルばら=オスカルの一生と捉えている人には十分ですが、ベルばら=フランス革命(またはアントワネット)と捉えている人にはなんとも中途半端です。
    また、確かオスカル編にはアントワネットは出てこなかったと思うので、この点でも少し物足りない感じもあるかもしれません。
    フェルゼン編は、王妃もフェルゼンもオスカルもアンドレも出てきますし、オスカル戦死の状況など、重要部分はきちんと網羅されています。
    (続きます)

    ユーザーID:

  • フェルゼン編2

    第3に、オスカルは庶民派ですから、どうしても庶民との絡みのシーンが多くなり、少し地味です。(あくまでもフェルゼン編と比べてのことであり、単体で考えれば十分豪華です!)
    一方フェルゼン偏は、舞台が宮廷内ですので、豪華な衣装をまとったご婦人方がわらわら出てきます。宝塚らしく豪華な衣装に圧倒されたいとお思いでしたら、フェルゼン編のほうがお勧めです。

    というわけで、フェルゼン編を推します。

    私が見たのは90年のオスカル編(涼風真世さん)とフェルゼン編(大浦みずきさん)なので、今では少し変わっているかもしれません。
    フェルゼン編を薦めておいてなんなんですが、オスカル編も十分魅力的ですので、参考程度になさってください。
    楽しんでくださいね!

    ユーザーID:

  • フェルゼンとアントワネット編

    上記作品にもオスカル・アンドレが出てきます。かの有名なシーンの後も話は続きます。
    なのでどちらか一つといえばフェルゼンと・・・ですが、外部公演も含め年6回ほど行く私にとっては考えられないです。貧乏してても両方行きたいです。

    ユーザーID:

  • ぴぽさんに賛成

    私もフェルゼンとアントワネット編を推します。

    今回のオスカル編にはアントワネットが出てこないですよ。初めて見る方の場合、それはどうだろう…と思います。
    また、ストーリー的にも、原作全体をバランスよく舞台化しているのはフェルゼンとアントワネット編の方だと思います。

    オスカルの女装シーンがあるかどうかは現時点ではわかりません。
    オスカルを主役にしたバージョンはこれまでに何度かありましたが、女装はある時とない時がありました(確かない方が多いです)。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧