ヨーロッパに留学します。持っていった方がいいものは?

レス42
お気に入り0
トピ主のみ0

口コミ

はじめまして、蒼と申します。
タイトル通り今度ヨーロッパに留学することになり、現在準備中です。
一番困っていることは飛行機の受託荷物の制限です。考えていたよりも少なくて予定が狂ってしまいました。20キロまでしか預けられないので、それと機内持込とあわせても全部で30キロ前後くらいまでしか持っていけませんので、厳選してもっていくつもりです。

そこで留学経験・海外生活経験のある方、これは絶対にもっていった方がいい、反対に持っていったけど必要なかったものなどを教えて下さい。

ちなみに今回行くのはドイツのフライブルクです。
もしご存知の方がいましたら、物価や手に入る日本食品なども教えていただけると嬉しいです。

よろしくお願します。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 寒いドイツだと

    ミュンヘンに留学してました。
    今からの季節は、めちゃくちゃ寒くなります。
    便座カバー(貼り付けるものが便利)が無いと、凍えます。便座ヒーターなんてもの、設置してないですし。

    雨が降った時、ほとんどの現地人は傘を差しません。
    折り畳み傘って、あんまり売ってないんですよ。
    これも持って行ったほうがいいですね。

    楽しんでくださいね。フィール シュパース!

    ユーザーID:

  • 特にないと思う

    ドイツのフライブルクですか! まだ行った事がないのですが、いま一番行きたいところです。
    フライブルガーバロックオーケスタァのファンです。音大生ですか? まぁ、それは別にどうでも良いとして・・・ドイツは、どこにいても、日本食なんて手に入ります。もちろん高いけど、中華食材で代用OKな方だったら、それこそ不自由なんて何もないです。
    薬局(アポテケ)で相談できるほどのドイツ語能力がある方なら不要ですが、そうでないなら、最初のうちは常備薬は必要かも知れません。以前は手に入らなかった、小さいサイズのランジェリーも、今は手に入れられるようになったし、生理用ナプキンも、まぁまぁ、改良されてますし、基礎化粧品も、いっぱい、いいものがあります。Q10なんて、こっちの方がずっと安いですよ。思いつくのは、そんなところかな?

    ユーザーID:

  • 薬だけは馴染みの物を持って行った方がいいです。頭痛薬とかお腹の薬とか、勿論どこの国でも売ってますけど、なんとなく不安ですよね。

    それに薬は、国によっては送る事ができないんです。

    私の妹は子どもを連れていたので、持参した薬がなくなった時はとても困っていました。母が遊びに行く時、なにより持ってきて欲しいと頼んでいましたよ。

    ユーザーID:

  • シャンプー

    ドイツのシャンプーや石鹸が体にあいませんでした。
    水質の違いもあるかもしれませんが、臭いも強すぎてダメ;;

    後、日本に比べてすごい高いなぁと思ったのは
    電化製品。特に電池w

    ユーザーID:

  • 自炊なら

    菜箸ですね。

    ヨーロッパで自炊すると、菜箸の万能性を思い知ります。「液体をすくう」以外のことはほとんどできますもん(笑)。

    ユーザーID:

  • 経験から・・・・

    欧米人は髪質が異なるのか傘をさす習慣がないみたいです。(濡れてもすぐ乾く髪質!?)
    そんなことから以下をお勧めします。

    ●フードの付いたレインパーカー(ゴルフや登山用などカジュアルなもの)
    ●耳かき(海外にはない)
    ●一般的な常備薬と薬に対する辞書(海外で処方された薬の名前を日本の薬名に訳せるもの)
    ●薄手で温かい下着(ダマールとかワコールの物など)


    あまり持っておく必要ないもの
    ●洋服類
    ●日用品・生理用品

    洋服は現地で購入した方が旅行者に見えないので安全。(言葉も判らず服装が外国人だと狙われやすいので注意)
    日用品は1年もいればいずれ現地の物を使うようになりますから、それなら最初から現地の物に慣れた方がいいと思います。

    絶対に現地で買えない物は持って行くべきですが、現地の物でも代用できる物は持っていかなくてもいいと思います。


    現地に溶け込むためにも洋服は現地で購入することをお勧めします。

    ユーザーID:

  • 基本的には何にもいらないけど・・

    服はサイズが合わなかったりするので持って行きましょう。靴下、ストッキング類は特にお勧めします。冬寒いので、靴はブーツか滑り止めや中に暖房布付きの物も持参か、現地で調達しましょう。ホッカイロもあると便利かも。
    PC等の電化製品も必要なものは持参。
    辞書など学業に必要な物はもちろん持参。
    後は現地で生活が始まってみてからでも大丈夫ですよ。ご実家に頼めないときはwww.dankedanke.com等のサービスもあります。

    ユーザーID:

  • とりあえず身近な例で

    日本食が欠かせないタイプであれば、「炊飯器」です。私は持っていかなかったのですが、日本に一時帰国したときに買いました。本当に必需品でした。


    地域によりますが、食品は手に入りにくいものもあります。「たらこスパゲッティ」などのレトルト食品は便利かも。


    物価は、たとえば・・・。
    コーヒー一杯  1.5〜2.0 EURO
    日本の新聞   3.5〜4.5 EURO
    雑誌『Stern』  2.8 EURO
    Taxi基本料金(場所によって違うと思う) 5.0 EURO
    コインロッカー(大 スーツケースが入るやつ) 3.0 EURO
    公衆トイレのチップ 0.5 EURO(小銭で持っていたほうがいい、場所によっては両替機あり)
    空港で使う台車というかスーツケースを乗せて運ぶ車 1.0 EURO

    くれぐれも小銭をお忘れなく。

    いい留学生活になりますように。

    ユーザーID:

  • 独逸在住です

    3年程住んでますが、あると便利だな〜と思うもの・・・。

    生理用品はこちらのでまあなんとか足りるけど、生理用のショーツは現地の人は穿かないらしく、売ってるのを見たことがありません。
    あ、タンポンをもし使われるのであれば、こちらのアプリケーター付きのはものすごく質が悪いように感じるので、持ってこられることをお勧めします。ほとんどの製品はアプリケーター無しです。
    後、お風呂用のナイロンタオルですね〜。これも重宝しますよ。

    缶詰食品を利用しようと思ってらっしゃるなら缶切りも…。こちらのでも十分開けられるけど、日本のとは勝手が違うため(回転しながら手前に開けていくやつ)、たまに途中で空けきれない部分がでてきたりして、ちょっと不便な時があります。

    食品関係は日本食材のお店でだいたい足りてますが、乾物類はまとめて船便で送った方が安くつくこともありますよ。

    後は…、他の方が書いてらっしゃるような物かな。折り畳み傘はけっこう売ってるけど、質のわりにはお値段がけっこうするので、日本の5百円くらいで売ってる軽いやつを荷物の端っこに入れておくのをお勧めします。

    あ!ラーメンどんぶりも重宝してま〜す!

    ユーザーID:

  • 追加

    私も、服関係はこっちでそろえてもいいと思います、よっぽど小柄な方でない限り。

    特に冬用のコートなんかは、こっちのがしっかりしてて値段も安いです。日本の冬用のコートではこっちの冬は過ごせません。

    あと!100均で買って持ってきた孫の手も重宝してます〜〜!

    ユーザーID:

  • その辺だったら知ってマース!

    本当に持っていかなくちゃいけないものなんてほとんどありませんが・・・

    独和、和独辞書は絶対持って行った方がいいと思います。電子辞書が2,3万でカシオから出ています。英独と違ってこっちじゃ手に入らないから。

    あと、日本語の本や雑誌。重たくなるけど絶対に日本語が読みたくなる日が来るから。

    フライブルグって確かアジアショップ無かったから、日本食が食べたかったらお味噌や鰹節や昆布なんかをもって行ったほうがいいかも。アジアショップがあっても売っていないところが多いから。おしょうゆは結構どこでも売っているけど、1L10ユーロと高いです。

    冬用のコートとかはこっちで10ユーロぐらいから手に入ります。1万円(75ユーロぐらい?)位でかなりいいものも手に入ります。衣服は安いのでお気に入りのものだけ持っていって後は買い足せばいいと思います。そういえばフライブルグって確かドイツで一番天気がいいところです。素敵な町です。

    物価って言ったら・・・外食は一皿6ユーロ位から。アパートの家賃は一月300ユーロ位? 牛乳は1L 50セントぐらいで、卵は10個で80セントぐらい。

    参考になりましたか?

    ユーザーID:

  • 荷物の重量制限について

    ドイツ在住5年目の者です。まず参考までに、荷物の重量制限のことですが、私はこれまで年1回ペースで帰っていて約5往復、毎回、預け荷物は30kg、手荷物は10kgを超えているのですが、注意されたことは一度もありません。(heavyというタグはつけられるだけであとはスルーです。)もちろん航空会社や担当者にもよるので、絶対に大丈夫とは言えませんが、友人で追加料金を払え!といわれた人でも「これから留学生活を営むため最小限に絞ってもこれなんです。お金もないし・・・」と情に訴えて「次回から気をつけて下さい」で済んだ例もあります。

    ユーザーID:

  • 薬、ノートパソコン、電子辞書。あとは気持ち次第。

    留学で持ってくるといいものは?と聞かれて私がいつも答えるのは薬、ノートパソコン、電子辞書です。

    あとは本人の気持ち次第だと思います。「現地で済ませる」という考え方は大事ですが、極端に現地に同化しようとして上手くいかず深刻なホームシックになってしまった人を何人か知っているので、あまり無理しすぎないのも大事だと思います。

    例えば洋服。ドイツではまずサイズがかなり大きめなので、在独日本人の多くは洋服探しに苦労しています。好きな服を着ることで元気が出たりすることもあるし、やはりある程度は持ってきた方がいいと思いますよ。(ちなみに私は5年間にドイツで買った洋服は3着しかありません・・・。)

    シャンプーは髪との相性もありますが、水との相性もあって、日本のシャンプーはドイツの水では泡立ちにくい、という面もあります。

    それから、お気に入りのCDなどはパソコンに取り込んでおくといいかもしれません。落ち込んだときなどに好きな音楽があるだけで救われたりするので。トピ主さんがよく本を読む方なら、同じ理由で本もお持ちになったらいいと思います。

    ドイツはいいところですよ!新生活、楽しんでください!

    ユーザーID:

  • コンパス

    ドイツということに限りませんが、未知の土地に行くときは、少なくとも始めのうちは言葉が不自由ということもありますし、コンパス(磁石)は意外に有用です。目的の場所への地図をまず頭に叩き込んでおいて、必要に応じてコンパスを見ると的確に歩けます。ただし、あまりおおっぴらではなく、時計でも見るようなさりげないやりかたでどっちが北かということを確認すれば良いのです。

    ユーザーID:

  • 極論

    「現地で調達出来る」
    なんですよぉ〜
    ジャングルの奥地に行くわけではないのでしたら、探せば日常生活に困る事は無いと思われます。

    でもね、持って行った方が便利と言えば便利な物
    皆さん書いている薬・雨具・生理用品・体温調整の為の服etc・・・
    これは今度は数え切れない位あります。
    質や値段が日本とは違う事を念頭に入れておいた方が良いです。

    あとシャンプーや石鹸は持病(アトピーで肌に合わないとか)がある場合は大切になるかもしれません。
    薬も外国製の方が強いと思います。
    体が敏感な方は注意が必要かな?!

    私は体が丈夫で、現地で何でもするわ!という意気込みでしたら、殆どの物は持っていく必要ないんですよ(私がそう)
    でも、日本と同じ条件で過ごしたいと思ったら、荷物がトンでもなく多くなる。
    これが現実じゃないかな?!

    そんな私でも大切だと思うのは「現地語の医学用語」「いざと言う時の連絡先」です。
    これは必要になる時が来るかもしれません。

    ユーザーID:

  • ビューラー

    こればっかりは、こっちの人の目とカーブが合わないんですよね〜。

    ユーザーID:

  • 7号サイズなら服を持っていったほうがよい

    下着、洋服、日本の7号サイズ、A65カップでしたら必要。私自身日本でS-Mを買っていましたが、こちらのXSでも余ることがあって、服選びにはとても時間がかかります。それとズボン。最近の流行は腰で穿く極端に股上の浅いものばかりで、体系によっては合いません。カシミヤやシルク等材質の良い服を探すのも難しいですよ。
    耐寒用のババシャツもオススメです。
    フライブルクには日本食レストランもあります。ただオリジナル和食材は基本的に高いので、ちょっと怪しい食材も多いけれどアジア系食料品店で大概調達できます。
    個人的に気に入っているのは、日本の畳が貼ってあるスリッパ。ドイツはどこも室内履きになりますので、必要です。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    パスポートとお金があればよかった・・って感じでした。結果的に。
    別に日本食が恋しく思うこともなかったし、、近くに中国と韓国の食品のお店もあったので日本っぽいものも食べられたし。。ただ1つあげるとしたら現地で自分にあうサイズのジーンズがなかったことでしょうか。。上はいくらでもあるんですけどね。。

    ユーザーID:

  • 日本人の多い町

    フライブルクに住んでました。
    フライブルクはとっても日本人の多い町です。
    町には「松山オフィス」という名の日本語案内所まであります(松山市とフライブルクが姉妹都市)。
    そこに、行けば日本の新聞も毎日読めるし、本も借りられるし、さまざまな情報交換もできます。日本人同士の「不用品売りますコーナー」(掲示板)もあって、私はそこで、炊飯器10ユーロで手に入れました。
    アジアショップもあるし、駅の近くの中華系定食屋では、3ユーロ90でかなり満足できる食事ができます。
    大学のメンザも格安です。

    どうしても持っていったほうがいいのは、頭痛薬とか胃薬などのちょっとした薬、パソコンくらい。留学っていっても、本格的に大学に長期(学位とるまで)いるのであれば、本や生活用品など日本で梱包しておいて、住所が決まったら家の人に船便で送ってもらえばいいのでは?

    私は2年フライブルクにいて、その後日本人の全くいないところに移住しましたが、そこでフライブルクの便利さを実感しました。とにかく日本人には住みやすいところです。

    ユーザーID:

  • 真面目な話、国語辞書

    海外留学には国語辞書が有用です。
    私が留学した時、滞在していた日本人にそのことを言われたのですが、思いもよらない話にピンと来ず、最初は「何かの冗談?」と思ったのですが、「外国にいると日本語を書く機会がないので漢字を忘れてしまう。日本に手紙を書いたりする時、漢字がわからなかったり間違えたりすると恥をかくので国語辞書は必須。日本の国語辞書はこの国では手に入りにくいからね」とのことでした。

    私も滞在するうち、次第にこの助言になるほどと頷けるようになりました。
    今はネットでも国語辞書が使えるかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • 食べ物。

    意外ですが、ストッキングは、圧倒的に日本のものの方が質がいいです。破れにくい。
    こっちで買ったものが酷くて、安物だからかと思って、メチャメチャ高いヤツも買って穿いてみたけど、全然話にならない。必需品ではないですけどね。

    シャンプーリンス類のアドバイスがありましたが、よっぽどお肌が弱いってわけじゃなければ、現地のものを買ったほうがイイです。第一、水質が日本と違って硬いので、日本のものを持っていっても、洗剤類を含め、やけにヌルヌルしたり溶けにくかったりします。

    乾物類は軽いしかなり保存が利くし、和食!と思ったときに作って食べられるので、非常におススメです。ストッキングと一緒に郵送しておくといいですよ。特にゴボウ!なかなか売ってません。きんぴらとかサラダとか、自分が好きじゃなくても、日本人の知人にあげても喜ばれると思いますし。
    ひじきとか。海苔とか。売ってますけど、バカバカしいほど高いです。

    余談ですが、一度、友達に、わざわざ日本から、スナック菓子とかとマンガを送ってもらったことがあります。日本のお菓子が恋しくて。

    ユーザーID:

  • ドイツ在住です。
    胃薬、風邪薬などは持って来た方が良いと思います。
    今まで処方された抗生物質の余りがあるのなら、それも持っていた方が安心でしょう。

    先日帰省した時に、市販されている胃薬を買ってドイツへ戻りました。
    あとは、同じ成分のモノを現地調達するつもりでした。
    ところが、日本の薬局で買った胃薬の成分は強いらしく、ドイツでは処方箋が必要とのことで買うことができませんでした。

    病院へ行っても薬をあまりもらえないように感じています。
    処方されても、日本のように胃薬がセットにはなりません。
    抗生物質なら抗生物質だけで飲むので、私は胃がやられました。(だから帰省した時に胃薬を買ったのです)

    カイロはあまり手に入らないと思うので、必要なら持って来た方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • 昔の話ですが。。

    20年程前にドイツで3年程暮らしていました。
    逆に日本から持って行ったもので使わなかったものは、“厚手”の下着、靴下、セーター類です。とにかく現地の屋内は、暖房がガンガン効いているので、室内では長袖Tシャツ1枚で過ごしていました。冷え性が治ったほどです。(笑)
    ただし、どなたかも書いておられますが、コート類は、絶対現地調達の方がいいと思います。

    他に「お風呂用ナイロンタオル」で思い出しましたが、もし荷物に隙間があるようなら、日本のパック売りとかの入浴剤・温泉浴剤もいいかも〜!ちょぴり贅沢気分を味わえます!(笑)私は、日本からのお土産を頼む時、必ずお願いしていました。

    フライブルグは1度旅行したことがあります。とても美しい都市ですよね。夫の友人が当時留学していて、今では当大学の日本語講師をしています。留学がんばって下さいね!

    ユーザーID:

  • トピ主です、ありがとうございます。

    トピが見つからず、御礼が遅くなりましてすみません。
    教えていただいたものをリストアップしてみました。

    <持っていった方がいい者>
    折りたたみ傘

    電池
    菜箸
    ウィンドブレーカー
    耳掻き
    下着
    靴下・ストッキング
    PC
    辞書(電子辞書・独和・和独・医学用語集)
    缶きり

    傘や電池、靴下・ストッキングはやはり日本の方が安くていい物なんですね。薬はやっぱり正露丸が欠かせません。耳掻きも毎日してしまうほどの愛好者なので忘れちゃいけませんね。PC、電子辞書は元々持参するつもりで準備してありますが、やっぱり実需品のようですね。缶きりは考えもしませんでした。

    <現地調達>
    ナプキン
    基礎化粧品
    洋服

    ナプキンは多少質が悪くても、生理自体が軽いので大丈夫そうです。洋服はこまめに洗濯すれば足りる程度の最低限度にとどめて持っていこうと思います。
    私は肌は丈夫な方なので、基礎化粧品・石鹸等は現地のもので大丈夫だと思います。

    ユーザーID:

  • 続きです。

    他に教えていただいた、便座カバーは荷物の隙間を縫って持っていきたいと思います。
    炊飯器は持っていきたいのもやまやまですが荷物になるので、向こうでは鍋で炊くことにします。
    シャンプーはちょっと大き目の旅行用を持っていって、その間にいいシャンプーを探そうと思います。在独の方で、いいシャンプーをご存知の方がいましたら、ぜひ教えて下さい。

    gelberosa様
    私は音大生ではありません。今回は教育関係の勉強をしたくてまずは語学学校から通うのですが、学校の質と金額で決めたので、それまでフライブルクという街自体しらなかったんです。でも知っている人に言うと、皆さん揃って「いい所」と仰るので、今からとても楽しみです。

    Gertrud様、Rheinfall様
    物価を教えて頂いてありがとうございます、助かります。
    一見安く思えますが、日本円に換算するとあまり日本と変わりないか高いですね…でも食品は安いのかな?

    ユーザーID:

  • 続きです。2

    japanerin様
    10キロ超えていても大丈夫だったんですが。それは嬉しいですね。万が一の時は泣き落としも有用なんですね。

    皆様、とても参考になります。ありがとうございます。
    まだ色々な情報をお持ちの方がいましたら、出発まで1ヶ月ほどありますのでまだまだ募集させていただきます。よろしくお願いします。

    ユーザーID:

  • そうだなあ〜

    イギリスに留学しました。

    私が日本から持っていっていらないと思ったのは
    シャンプーかな?確かに日本人に合ったものとしては
    いいのですが、なんといっても水が違う!!だから
    なかなか泡立たないんです。シャンプーの種類にも
    よるのかもしれないけどそれをすごく実感しました。

    あとは傘。イギリス人は傘をほとんどささないんです!
    売っていてもすごく大きくてパラソルか?と思って
    しまうほど(笑)だから傘をまめにさしたい人は
    日本の小さな傘がいいと思います。

    あと薬。慣れた薬が1番★

    大体のものは無人島じゃないので(笑)あると思いますが
    日本は便利なものが多くどこでも手に入る環境。だから
    多少は不便さは感じると思いますが慣れたら都です・・・

    ユーザーID:

  • Japanerinさんへ

    >私はこれまで年1回ペースで帰っていて約5往復、毎回、預け荷物は30kg、手荷物は10kgを超えているのですが、注意されたことは一度もありません。

    航空関連の仕事をしていますが、こういった違反は、非常に迷惑です。
    お預け20kgと航空券にも規制が表示されているのに、10kgオーバーはあんまりだと思います。
    これから留学される方に、そんなリスクはお勧めできませんね。

    厳しい航空会社だと、チェックインに1時間並んだにも関わらず、「郵便局から郵送してきて下さい」と言われますよ。

    トピ主さん、あまりに荷物が多いようならば、前もって郵送した方が賢明でしょう。十分にお気をつけて、フライブルクを楽しんでください!

    ユーザーID:

  • 不可欠なものは・・・

    ないです。フライブルクなら何でも調達できるでしょう。

    ただ食事の面で、ご飯好きの方であれば、白米と一緒に食べられるものがあるといいですね(真空パックの漬物、梅干、のり)。
    私はお茶フリークなので、急須なんかも重宝しています(笑)。

    ドイツは、冬用の靴下が高いので、日本で買っていくと良いと思います(丈の合うハイソックス)。冬用の肌着もあると良いです。
    マフラーや手袋は常にセールで出ています。

    フライブルク、良い所ですよ。

    ユーザーID:

  • 留学、楽しみながら、頑張ってください

    丁寧なお返事、ありがとうございます。

    参考までに炊飯器はこっちで売っています。
    保温ももちろん、可能です。
    日本のメーカーのものもあって、電圧もコンセントも
    もちろん、こちらの国対応です。

    どうぞ、有意義な楽しいドイツ生活をお送りください!!

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧