ヨーロッパに留学します。持っていった方がいいものは?

レス42
(トピ主0
お気に入り0

旅行・国内外の地域情報

レス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ボイスレコーダー

    講義を録音することができるので、あるといいかも。あちらにも売っているとはおもいますが、日本製のほうが性能もよくてコンパクトにできているのではないかとおもいます。

    ユーザーID:

  • 質問です!!

    「もちろん出来る限り減らしましたが、必要な書籍が重くてどうしてもそれ以上軽くするのは無理でした。」

    ふと思ったんですが、これって、航空会社側の問題なんですか?

    ユーザーID:

  • ドイツ在住です-3

    食べ物はアジアショップで大体揃うと思いますが、あると便利なのは出汁の素、チューブ入りのわさび・しょうが、マヨネーズ(こっちのはおいしくないです)、ふりかけ(ゆかりや納豆ふりかけなど)ですね。鰹節のパックなども軽いし、スーツケースの隙間を埋めるのにいいです。あまり日本食にこだわらないなら必要ないと思いますが、ドイツ人に日本食をと思ったときには材料が揃わなくても、ちらし寿司の素やすし飯の素などがあると手軽に作れます。
    和食器など深めの器もあまりなく、あっても高いので(お椀は特に)、必要なら持っていくといいと思います。菜箸、塗り箸、割り箸なども高いです。楊枝は売ってます。巻きすもあると便利かも。

    ユーザーID:

  • ドイツ在住です-2

    逆にこっちので充分だと思うのは缶切りや電池です。
    1ユーロショップなどで4本入りとか売ってますし、充電電池セットが20ユーロくらいからあります。缶切りはこちらので大丈夫だと思います。錆びてると切れなくなりますが。爪切りは日本の方がいいかも。
    シャンプーはリフォームハウスの物はいいですよ。アポテケの化粧品なら敏感肌でも大丈夫です。ただ洗顔は泡立ちが悪いので泡立てネットが便利です。
    PCの周辺機器なども同じものが日本の方が安いです。ソフトやソフトの教本などは日本から持っていくべきです。専門書などもあまりないです。旅行のガイドなども日本の中古書店で買ってきたほうが安上がりです。こっちでは3倍くらいします。

    ユーザーID:

  • ドイツ在住です-1

    ここは、ドイツ日本人村といわれるくらい日本人の多い町なので日本の物は殆ど揃うため不便に感じたことはないのですが、下着、文房具、筆記具は日本の方がいいと思います。
    ブラジャーはワイヤーが入ったものは殆どなく、ペラペラのふにゃふにゃなのが多いです。こっちの人はカチッとしたのが好きでないのでしょう。高級下着ならあるかもしれませんが。あと上の方も言ってましたが、生理用ショーツは売っていません。靴下も日本のほうが質が良くて安いです。
    ノートや手帳なども小さくて使い勝手のいいものはあまりありません。ボールペンやシャーペンなども種類が少ないです。筆箱などもあまりないです。

    ユーザーID:

  • 留学頑張ってください♪

    こんにちは、私はオランダに住んでいます。

    トピ主さんのお住まいになるところは、行ったことがなく、知識も未熟なのですが・・・
    私が「あって良かった」と思ったものを挙げますね。

    1 ストッキング・厚手のタイツ
    2 使い捨てカイロ
    3 冷湿布
    4 日本製の歯ブラシ

    それぞれ理由は

    1 サイズが合わない、品質など日本製が自分に合う
    2 冷え性なので
    3 思わぬ捻挫をしました。オランダには薄手の湿布がない。アイスノンで冷やせといわれた。
    4 オランダ製のは、ブラシが大きすぎる

    などなどです。きっと日本食材店では手に入るものかもしれません。それにどれも我慢できることなんですけどね。お役に立てれば嬉しいです。

    ユーザーID:

  • シャンプー

    いろいろ試しましたが、私には今のところ、LOREALのELVITAL、その中でも白に赤紫っぽい色が付いたボトルのが合ってるようで、それをよく買ってます。
    250mlで、ドラッグストア(dm、Muellerなど)で2,30ユーロくらいだったと思います。スーパーなどではもっと高い値段で売ってますが。
    他にも、日本でも見るようなブランドのシャンプー、けっこう売ってますよ。中身はちょっと違うかもしれませんが。
    日本みたい詰め替えできるポンプ式ではなくて、ほとんどはこのサイズのシャンプーが売られてます。

    後、持って行く物の追加で、100均で売ってる洗濯用ネットもお勧めです。こっちで売ってるのも見たことありますが、とにかく高い!日本では100円で質がいいのを買えるのを知ってるから、バカバカしくてこれはこっちでは買いません。
    重いものではないから、持参されるのをお勧めしますよ。

    ユーザーID:

  • 続: 荷物の件 Vertigoさんへ

    (続きです)でも、この場合、私と彼が同じ飛行機に乗るという事実は変わりないのに、私が声をかければOKで、かけていなければNGになるわけですよね。

    一人20kg制限という数字がどういうふうにして算出されているかVertigoさんはご存知ですか?目的や体重によらず、利用クラスだけで一律に荷物の重量を制限するのは、あくまでサービス提供の航空会社側の利便性の都合です。

    利便性も、ルールを守ることも大事だと思いますが、ユーザーとしては、もう少しフレキシビリティがあるとありがたいです。私が今までスルーしてきたのはおそらくそういう柔軟性のある方に運良く当たっていたからなのでしょう。

    最初のコメントにも書いたように人にもよるでしょうから、こういう場所での発言としては不適切だったと反省しています。

    が、今後のサービスのありかたとしてご一考いただければ幸いです。
    トピ主さま、トピズレお許しください。

    ユーザーID:

  • 荷物の件 Vertigoさんへ

    不特定多数の方々の見るこういう場所で、ルール違反を奨励するようなことを書いて、よくなかったなと思っています。ごめんなさい。

    ただ一つ、Vertigoさんのような航空関係の方に一利用者の意見として聞いてほしいことがあります。ちょっとトピズレですが。

    私自身一度経験したことなのですが、空港に行ってみたらチェックインの列で自分の前の男性が預け荷物を持っていなかったんですね。私の荷物は30kgでした。

    もちろん出来る限り減らしましたが、必要な書籍が重くてどうしてもそれ以上軽くするのは無理でした。私はその男性に声をかけ事情を話して、私のスーツケースを彼と私の二人分として預けることを了承してもらいました。

    もちろん問題なく預けられました。(続きます)

    ユーザーID:

  • ちょっとおしゃれな洋服

    洋服ですが、現地で例えばパーティとかお食事会に呼ばれたり参加したりする時に着る、ちょっとおしゃれな洋服もあるととっても便利です。

    私も以前、どうせ留学だし、とジーンズなどのカジュアルな服と靴だけを持っていったのですが、何かのお呼ばれの時にスニーカーで行くのはちょっとためらいました。華美なものでなくても、ちょっとデザインが凝ってたり、きれいだったりする洋服をお持ちなら、一つ持っていくと良いですよ。それに合う靴も!

    現地で調達するには意外にお金も時間もかかるものです。サイズ探しだけでも結構疲れますからねぇ・・。


    余裕があれば、浴衣などを持っていくと、日本の文化を紹介するとかなんとかいう時に使えて評判もいいです。これから冬なので外で着ることはないかもしれませんが…。

    ユーザーID:

  • 横ですが・・・

    トピ主さんは留学中に一時帰国される予定はありますか?

    ヨーロッパでは「エスニック・フェア」という航空券の特別タリフがあり、多くの航空会社が提供しています。里帰りする人のための特別チケットで、エコノミーでも荷物は30キロまで大丈夫です。途中で一時帰国されるのでしたら、そのときにたくさんお持ちになることをおすすめします。

    特大のスーツケースをいっぱいにすると20キロ以内に納めるのは無理ですよね!特に本や食料は重いです。

    成田空港のチェックインはかなり厳しいですが、外資系航空会社の方が親切だったような記憶があります。日系は厳しく、すぐ超過料金取られますね。
    私の経験では、SA●航空、ルフトハ●ザ航空などが親切でした。まあ、担当者にもよると思いますが・・・。

    ユーザーID:

  • 出尽くしましたが・・・

    フライブルグから割合近いフランスに住んでいます。
    フライブルグには日本食を買ったりしに行きます。
    アジアショップがあるので、品揃えは中国・韓国・その他アジアが優勢ですが、日本のものもまあありますよ。

    また、服のことですが、そこまで心配しなくても大丈夫だと思います。市内でフランス系チェーン店の洋服屋を幾つか見ましたが、基本的にそこのSサイズで日本で7、9号の人でも大丈夫だと思います。5号くらいもありますよ。

    飛行機の超過荷物のことですが、チケットのグレードなどが細かくあるので、それによって大目に見てもらえる量も決まっているみたいです。先日も「当社は×キロまではサービスできますが、それ以上は出来ません、すべてのお客様に協力してもらっています」って言われて、荷物を出させられました。高い超過料金を払った人の話もよく聞きますし、決して甘く見ないほうがいいと思います。特に原油高で取れるところから取りたいみたいだし…後悔しても後の祭りですから…

    ユーザーID:

  • 留学、楽しみながら、頑張ってください

    丁寧なお返事、ありがとうございます。

    参考までに炊飯器はこっちで売っています。
    保温ももちろん、可能です。
    日本のメーカーのものもあって、電圧もコンセントも
    もちろん、こちらの国対応です。

    どうぞ、有意義な楽しいドイツ生活をお送りください!!

    ユーザーID:

  • 不可欠なものは・・・

    ないです。フライブルクなら何でも調達できるでしょう。

    ただ食事の面で、ご飯好きの方であれば、白米と一緒に食べられるものがあるといいですね(真空パックの漬物、梅干、のり)。
    私はお茶フリークなので、急須なんかも重宝しています(笑)。

    ドイツは、冬用の靴下が高いので、日本で買っていくと良いと思います(丈の合うハイソックス)。冬用の肌着もあると良いです。
    マフラーや手袋は常にセールで出ています。

    フライブルク、良い所ですよ。

    ユーザーID:

  • Japanerinさんへ

    >私はこれまで年1回ペースで帰っていて約5往復、毎回、預け荷物は30kg、手荷物は10kgを超えているのですが、注意されたことは一度もありません。

    航空関連の仕事をしていますが、こういった違反は、非常に迷惑です。
    お預け20kgと航空券にも規制が表示されているのに、10kgオーバーはあんまりだと思います。
    これから留学される方に、そんなリスクはお勧めできませんね。

    厳しい航空会社だと、チェックインに1時間並んだにも関わらず、「郵便局から郵送してきて下さい」と言われますよ。

    トピ主さん、あまりに荷物が多いようならば、前もって郵送した方が賢明でしょう。十分にお気をつけて、フライブルクを楽しんでください!

    ユーザーID:

  • そうだなあ〜

    イギリスに留学しました。

    私が日本から持っていっていらないと思ったのは
    シャンプーかな?確かに日本人に合ったものとしては
    いいのですが、なんといっても水が違う!!だから
    なかなか泡立たないんです。シャンプーの種類にも
    よるのかもしれないけどそれをすごく実感しました。

    あとは傘。イギリス人は傘をほとんどささないんです!
    売っていてもすごく大きくてパラソルか?と思って
    しまうほど(笑)だから傘をまめにさしたい人は
    日本の小さな傘がいいと思います。

    あと薬。慣れた薬が1番★

    大体のものは無人島じゃないので(笑)あると思いますが
    日本は便利なものが多くどこでも手に入る環境。だから
    多少は不便さは感じると思いますが慣れたら都です・・・

    ユーザーID:

  • 続きです。2

    japanerin様
    10キロ超えていても大丈夫だったんですが。それは嬉しいですね。万が一の時は泣き落としも有用なんですね。

    皆様、とても参考になります。ありがとうございます。
    まだ色々な情報をお持ちの方がいましたら、出発まで1ヶ月ほどありますのでまだまだ募集させていただきます。よろしくお願いします。

    ユーザーID:

  • 続きです。

    他に教えていただいた、便座カバーは荷物の隙間を縫って持っていきたいと思います。
    炊飯器は持っていきたいのもやまやまですが荷物になるので、向こうでは鍋で炊くことにします。
    シャンプーはちょっと大き目の旅行用を持っていって、その間にいいシャンプーを探そうと思います。在独の方で、いいシャンプーをご存知の方がいましたら、ぜひ教えて下さい。

    gelberosa様
    私は音大生ではありません。今回は教育関係の勉強をしたくてまずは語学学校から通うのですが、学校の質と金額で決めたので、それまでフライブルクという街自体しらなかったんです。でも知っている人に言うと、皆さん揃って「いい所」と仰るので、今からとても楽しみです。

    Gertrud様、Rheinfall様
    物価を教えて頂いてありがとうございます、助かります。
    一見安く思えますが、日本円に換算するとあまり日本と変わりないか高いですね…でも食品は安いのかな?

    ユーザーID:

  • トピ主です、ありがとうございます。

    トピが見つからず、御礼が遅くなりましてすみません。
    教えていただいたものをリストアップしてみました。

    <持っていった方がいい者>
    折りたたみ傘

    電池
    菜箸
    ウィンドブレーカー
    耳掻き
    下着
    靴下・ストッキング
    PC
    辞書(電子辞書・独和・和独・医学用語集)
    缶きり

    傘や電池、靴下・ストッキングはやはり日本の方が安くていい物なんですね。薬はやっぱり正露丸が欠かせません。耳掻きも毎日してしまうほどの愛好者なので忘れちゃいけませんね。PC、電子辞書は元々持参するつもりで準備してありますが、やっぱり実需品のようですね。缶きりは考えもしませんでした。

    <現地調達>
    ナプキン
    基礎化粧品
    洋服

    ナプキンは多少質が悪くても、生理自体が軽いので大丈夫そうです。洋服はこまめに洗濯すれば足りる程度の最低限度にとどめて持っていこうと思います。
    私は肌は丈夫な方なので、基礎化粧品・石鹸等は現地のもので大丈夫だと思います。

    ユーザーID:

  • 昔の話ですが。。

    20年程前にドイツで3年程暮らしていました。
    逆に日本から持って行ったもので使わなかったものは、“厚手”の下着、靴下、セーター類です。とにかく現地の屋内は、暖房がガンガン効いているので、室内では長袖Tシャツ1枚で過ごしていました。冷え性が治ったほどです。(笑)
    ただし、どなたかも書いておられますが、コート類は、絶対現地調達の方がいいと思います。

    他に「お風呂用ナイロンタオル」で思い出しましたが、もし荷物に隙間があるようなら、日本のパック売りとかの入浴剤・温泉浴剤もいいかも〜!ちょぴり贅沢気分を味わえます!(笑)私は、日本からのお土産を頼む時、必ずお願いしていました。

    フライブルグは1度旅行したことがあります。とても美しい都市ですよね。夫の友人が当時留学していて、今では当大学の日本語講師をしています。留学がんばって下さいね!

    ユーザーID:

  • ドイツ在住です。
    胃薬、風邪薬などは持って来た方が良いと思います。
    今まで処方された抗生物質の余りがあるのなら、それも持っていた方が安心でしょう。

    先日帰省した時に、市販されている胃薬を買ってドイツへ戻りました。
    あとは、同じ成分のモノを現地調達するつもりでした。
    ところが、日本の薬局で買った胃薬の成分は強いらしく、ドイツでは処方箋が必要とのことで買うことができませんでした。

    病院へ行っても薬をあまりもらえないように感じています。
    処方されても、日本のように胃薬がセットにはなりません。
    抗生物質なら抗生物質だけで飲むので、私は胃がやられました。(だから帰省した時に胃薬を買ったのです)

    カイロはあまり手に入らないと思うので、必要なら持って来た方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • 食べ物。

    意外ですが、ストッキングは、圧倒的に日本のものの方が質がいいです。破れにくい。
    こっちで買ったものが酷くて、安物だからかと思って、メチャメチャ高いヤツも買って穿いてみたけど、全然話にならない。必需品ではないですけどね。

    シャンプーリンス類のアドバイスがありましたが、よっぽどお肌が弱いってわけじゃなければ、現地のものを買ったほうがイイです。第一、水質が日本と違って硬いので、日本のものを持っていっても、洗剤類を含め、やけにヌルヌルしたり溶けにくかったりします。

    乾物類は軽いしかなり保存が利くし、和食!と思ったときに作って食べられるので、非常におススメです。ストッキングと一緒に郵送しておくといいですよ。特にゴボウ!なかなか売ってません。きんぴらとかサラダとか、自分が好きじゃなくても、日本人の知人にあげても喜ばれると思いますし。
    ひじきとか。海苔とか。売ってますけど、バカバカしいほど高いです。

    余談ですが、一度、友達に、わざわざ日本から、スナック菓子とかとマンガを送ってもらったことがあります。日本のお菓子が恋しくて。

    ユーザーID:

  • 真面目な話、国語辞書

    海外留学には国語辞書が有用です。
    私が留学した時、滞在していた日本人にそのことを言われたのですが、思いもよらない話にピンと来ず、最初は「何かの冗談?」と思ったのですが、「外国にいると日本語を書く機会がないので漢字を忘れてしまう。日本に手紙を書いたりする時、漢字がわからなかったり間違えたりすると恥をかくので国語辞書は必須。日本の国語辞書はこの国では手に入りにくいからね」とのことでした。

    私も滞在するうち、次第にこの助言になるほどと頷けるようになりました。
    今はネットでも国語辞書が使えるかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • 日本人の多い町

    フライブルクに住んでました。
    フライブルクはとっても日本人の多い町です。
    町には「松山オフィス」という名の日本語案内所まであります(松山市とフライブルクが姉妹都市)。
    そこに、行けば日本の新聞も毎日読めるし、本も借りられるし、さまざまな情報交換もできます。日本人同士の「不用品売りますコーナー」(掲示板)もあって、私はそこで、炊飯器10ユーロで手に入れました。
    アジアショップもあるし、駅の近くの中華系定食屋では、3ユーロ90でかなり満足できる食事ができます。
    大学のメンザも格安です。

    どうしても持っていったほうがいいのは、頭痛薬とか胃薬などのちょっとした薬、パソコンくらい。留学っていっても、本格的に大学に長期(学位とるまで)いるのであれば、本や生活用品など日本で梱包しておいて、住所が決まったら家の人に船便で送ってもらえばいいのでは?

    私は2年フライブルクにいて、その後日本人の全くいないところに移住しましたが、そこでフライブルクの便利さを実感しました。とにかく日本人には住みやすいところです。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    パスポートとお金があればよかった・・って感じでした。結果的に。
    別に日本食が恋しく思うこともなかったし、、近くに中国と韓国の食品のお店もあったので日本っぽいものも食べられたし。。ただ1つあげるとしたら現地で自分にあうサイズのジーンズがなかったことでしょうか。。上はいくらでもあるんですけどね。。

    ユーザーID:

  • 7号サイズなら服を持っていったほうがよい

    下着、洋服、日本の7号サイズ、A65カップでしたら必要。私自身日本でS-Mを買っていましたが、こちらのXSでも余ることがあって、服選びにはとても時間がかかります。それとズボン。最近の流行は腰で穿く極端に股上の浅いものばかりで、体系によっては合いません。カシミヤやシルク等材質の良い服を探すのも難しいですよ。
    耐寒用のババシャツもオススメです。
    フライブルクには日本食レストランもあります。ただオリジナル和食材は基本的に高いので、ちょっと怪しい食材も多いけれどアジア系食料品店で大概調達できます。
    個人的に気に入っているのは、日本の畳が貼ってあるスリッパ。ドイツはどこも室内履きになりますので、必要です。

    ユーザーID:

  • ビューラー

    こればっかりは、こっちの人の目とカーブが合わないんですよね〜。

    ユーザーID:

  • 極論

    「現地で調達出来る」
    なんですよぉ〜
    ジャングルの奥地に行くわけではないのでしたら、探せば日常生活に困る事は無いと思われます。

    でもね、持って行った方が便利と言えば便利な物
    皆さん書いている薬・雨具・生理用品・体温調整の為の服etc・・・
    これは今度は数え切れない位あります。
    質や値段が日本とは違う事を念頭に入れておいた方が良いです。

    あとシャンプーや石鹸は持病(アトピーで肌に合わないとか)がある場合は大切になるかもしれません。
    薬も外国製の方が強いと思います。
    体が敏感な方は注意が必要かな?!

    私は体が丈夫で、現地で何でもするわ!という意気込みでしたら、殆どの物は持っていく必要ないんですよ(私がそう)
    でも、日本と同じ条件で過ごしたいと思ったら、荷物がトンでもなく多くなる。
    これが現実じゃないかな?!

    そんな私でも大切だと思うのは「現地語の医学用語」「いざと言う時の連絡先」です。
    これは必要になる時が来るかもしれません。

    ユーザーID:

  • コンパス

    ドイツということに限りませんが、未知の土地に行くときは、少なくとも始めのうちは言葉が不自由ということもありますし、コンパス(磁石)は意外に有用です。目的の場所への地図をまず頭に叩き込んでおいて、必要に応じてコンパスを見ると的確に歩けます。ただし、あまりおおっぴらではなく、時計でも見るようなさりげないやりかたでどっちが北かということを確認すれば良いのです。

    ユーザーID:

  • 薬、ノートパソコン、電子辞書。あとは気持ち次第。

    留学で持ってくるといいものは?と聞かれて私がいつも答えるのは薬、ノートパソコン、電子辞書です。

    あとは本人の気持ち次第だと思います。「現地で済ませる」という考え方は大事ですが、極端に現地に同化しようとして上手くいかず深刻なホームシックになってしまった人を何人か知っているので、あまり無理しすぎないのも大事だと思います。

    例えば洋服。ドイツではまずサイズがかなり大きめなので、在独日本人の多くは洋服探しに苦労しています。好きな服を着ることで元気が出たりすることもあるし、やはりある程度は持ってきた方がいいと思いますよ。(ちなみに私は5年間にドイツで買った洋服は3着しかありません・・・。)

    シャンプーは髪との相性もありますが、水との相性もあって、日本のシャンプーはドイツの水では泡立ちにくい、という面もあります。

    それから、お気に入りのCDなどはパソコンに取り込んでおくといいかもしれません。落ち込んだときなどに好きな音楽があるだけで救われたりするので。トピ主さんがよく本を読む方なら、同じ理由で本もお持ちになったらいいと思います。

    ドイツはいいところですよ!新生活、楽しんでください!

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧