• ホーム
  • ひと
  • 娘から子宮を摘出すると聞かされたら・・・

娘から子宮を摘出すると聞かされたら・・・

レス43
(トピ主0
お気に入り1

家族・友人・人間関係

東雲ぱー

レス

レス数43

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 上げさせて下さい

    私は健康面でとても親不孝をしていると思っています。

    「結婚してすぐにある病気を発病」と書きましたが、実はそれ以前に手術をしていて、完治したものと思っていたところ結婚してすぐに再発しました。
    手術した時は私のことを思って母は私に病名を伏せていましたが、病室で涙を流していました。再発した時は両親・夫とも泣いたそうです。
    そして現在、その病気を悪化させないために子無しです。

    この状況で「娘が子宮を取る」というのは母にとってとても残酷なことだと思います。でも近所なので言わないわけにはいきません。
    「筋腫だけ取る」とごまかそうとも思いましたが、術後に切除したものを付き添いの家族が確認する可能性があり、ばれてしまいそうです。

    母のショックを最小限に抑える良い方法はないものでしょうか。

    ユーザーID:

  • トピ主さんが一番辛いのに・・・

     病気になって辛い思いをしているのは、本当はトピ主さんだと思うのです。ご自分の体のことですよね。
     それなのに、周囲の人への配慮を一番に考えていて、とてもやさしいと思います。
     いくら娘のことを心配するのが母親だとしても、娘に、これほど気を使わせている母親はどうなのかな?とも思います。私は、周囲の人たちのことよりも、ご自分のことだけを考えていい時だと思います。特に手術前は、気持ちが落ち着かなくなりますよね。
     お母さんが心配しすぎて、気を使ってしまうなら、手術がすっかり終わってから、旦那さんから伝えてもらったらどうでしょうか?
     ご自愛なさってください。

    ユーザーID:

  • 我が子の健康が一番大事

    我が子が元気になるなら、母親はそれが一番嬉しいですよ。

    例えば子宮を取って子供ができない身体に娘がなったとしても、生きているだけでいい・・・母親はそう思うものです。

    少なくとも私は、そう思いますよ。

    元気になって、お母さんを安心させてあげてください。
    それがなによりの親孝行です。

    ユーザーID:

  • ドクターに相談してみては?

    >「筋腫だけ取る」とごまかそうとも思いましたが、術後に切除したものを付き添いの家族が確認する可能性があり、ばれてしまいそうです。

    …とのことですが、私の母が乳癌で手術をした時は、何も見せられずに説明だけでした。
    グロテスクだからと、ドクターが気を利かせてさっさと片付けたそう。

    ですので、あらかじめ見せないようにお願いしておいて、もし見せて欲しいと言われても「グロテスクなので…」「既に処分してしまった…」とか言ってもらってはどうでしょうか?
    もちろん、他のスタッフにもしっかり口止めを…。

    母親の心情に関しては分かりませんので、他の方にお任せします;

    どうぞお大事になさってくださいね。

    ユーザーID:

  • まずは命あってこそ

    まだ母になって日は浅く、母の立場としての意見は難しいのですが、
    姉が5年前に子宮摘出手術を受けました。
    姉は、結婚してまもなくに夫を癌で亡くし、今度は自分自身が癌を患い
    「私は癌に負けない。子宮がなくても子供がいなくても私は生きる」と、
    相当な覚悟の姉に比べて、母の動揺のほうが大きかったように感じました。

    でも、手術までの時間で落ち着きを取り戻し
    「まずは命あってこそ。とにかく生きて」と話していました。

    どのような言い方をしても、お母様はショックを受けるかもしれませんが、
    術後の確認でわかるより、トピ主さん自身の言葉で伝える方が良いと思います。

    アドバイスも何も出来ませんが、トピ主さんの手術が無事に終わりますように。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 私の考え

    本当のことは 話さず「筋腫」で押し通すと思います。親にとって70になっても80になっても子供は子供 心配の種です。今度の摘出後も次の心配をしながら過ごすと思います。心配性ならなおさらのこと 神仏に頼りかねません。私の母も心配性なので なにかあった時は自分のことより母の心配を軽くすることに神経を使ってしまいます。だから余分な事は話さなくなる、すると気を回して悪い方へ悪い方へ考えて自分の体調を崩すというような心配の仕方をする悪循環です。でも話したら話したでそれ以上の心配を膨らましやつれ果てます。私なら話さない。自分の心配だけで精一杯ですよ。

    術前 術後の説明はご主人に立ち会ってもらって お母様には説明を聞かせないようには出来ると思います。が、看病の際 同室の患者さんや看護士さんから漏れないようないい方法はないかしらね。医師や看護士長に相談してみたらどうでしょうか。

    手術の成功とその後の回復をお祈りしております。

    ユーザーID:

  • 母親じゃないのですが。。。

    私の母のことですがいいでしょうか?
    私の母は私が高校生の時に乳がんになりました。
    母は一人っ子で、母の母(私の祖母)はとても心配性だったため母は祖母にがんのことを言いませんでした。
    良性のできものがちょっとあるから取ることになった、と言ったようです。
    本当のことを伝えると祖母は自分が代わってやりたかったと嘆き寿命も縮めかねないと考えた為です。
    幸い母は手術が成功し10年たった今も元気にしています。
    祖母は母の病気のことを知らないまま先月他界しました。

    祖母に心配はかけなかったけれど隠し通すのはとても大変です。
    親戚にも口止めしたり、体調悪いのを隠したりしなければなりません。
    よくよくの覚悟が必要ですからおすすめはしませんがこんな選択もあるということです。

    例えお子さんは諦めていても子宮を摘出というのはお母様には大変なショックだと思います。
    産むつもりはなくても、産まないのと産めないというのは母親にとってはやはり違うのでは?と思います。

    お体大事になさってくださいね。

    ユーザーID:

  • 追伸

    たびたびすいません。

    >「筋腫だけ取る」とごまかそうとも思いましたが、術後に切除したものを付き添いの家族が確認する可能性があり、ばれてしまいそうです

    お医者さまに事情を話して協力していただくことはできませんか?
    私の母は相談したみたいです。

    ユーザーID:

  • 親とは…

    私は以前に卵巣嚢腫で卵巣を摘出する手術を受けています。
    その時に両方の卵巣を取ってしまうかも知れない事を、主治医の先生から聞かされました。
    主治医の先生からの話が終わり病室に戻ると、一緒に話しを聞いていた母親が
    「子供が産めなくても幸せな家族はいっぱいいる。子供が産めなくても○○に元気になってほしい」と言われました。

    私はマダ結婚もしていないから、あまりよく理解できない部分があると思いますが、
    母親というものは、自分の子供の健康を願うものではないのでしょうか?

    ユーザーID:

  • お答えする立場にはないのですが・・・

    こんばんは。

    原因不明の不妊症で、病院での治療は諦めた者です。
    お答えする立場にはないのですが、少し書かせて下さい。

    子供が出来にくいことを母に相談したことがあります。
    本当の気持ちなんて本人にしかわかり得ないのでしょうが、その時母が私に言ったことは「子供は欲しがるものではない。子供がいないならいないで、それなりの生き方があるはず。まず自分を確立しなさい」でした。
    私という子供のいる母には私の気持ちはわかってもらえないのかな、とその言葉を聞いて悲しかったのですが、その後、お互いにその話題を出すことはないものの、何気ない会話の端々に私の幸せを願ってくれているんだな・・・、と感じることがあります。

    親孝行の手段は一つではありませんよ。いろんな方法があると思います。
    とはいっても、現在のご病気のことや手術のことをお母様に伝えるのを躊躇われるお気持ちもお察しします。
    手術を控え、トピ主さん自身がまず大変だと思いますので、お母様には伝えられる範囲で伝え、トピ主さんの回復後に徐々にお話しされてはいかがですか?

    お大事に。手術の成功をお祈りします。

    ユーザーID:

  • ショックは抑えられない

    優しいお母さんだったら多分「健康な体に産んであげられなくてごめんなさい」「健康に育つように食事や生活をみてあげられなくてごめんなさい」とまず自分を責めることと思います。
    そしてまた再発して娘が自分より先立つかもしれない恐怖を感じ、絶望し、
    更に自分が孫を抱けない寂しさも感じると思います。

    このショックを抑えることはできないと思います。ただ立ち直るのを少しでも早めたいのなら、「こんな体でも産んでくれて感謝してる」「私は今も昔も幸せだし、これからも幸せになれる」「子供は別に欲しいと思ってないからショックではない」といった肯定的な言葉を掛けて、出来れば読み返せるように手紙などで渡したら少しは落ち着かれると思います。

    ユーザーID:

  • 娘をもつ母です。

    と言っても、まだ子供は小さいですが。
    もし我が子だったら・・・って真剣に考えました。

    我が子がトピ主さんの状況だったら・・・
    「一刻も早く悪いものは取り除いてほしい」そして今の状況を包み隠さず話して欲しいです。
    子供は産めないって分かっていても、子宮摘出はそれを決定的にするもので、親としては本当に不憫に思うし、そういう風に産んでしまったと自分を責めると思います。
    でも、それは親として当然の感情だし、トピ主さんの言動でどうにかなるものでもありません。
    そして「心配性だから隠す」のではなく「心配性だから、全てを話す」方がいいと思います。変な疑念を抱かせないためにも・・・
    娘が手術をしなくてはならない病気なのに心配するな、という方が無理です。話を聞いて泣いてしまうかもしれないし、取り乱すかもしれない。でも、我が子の現実を受け止めることも母親の役目です。母親ってそんなに弱いものじゃないです。(と私は思います)

    ユーザーID:

  • 逆の立場ですが。

    ご病気大変ですね。
    私の場合、母親の気持ちはわからないの
    ですが私の経験から言います。

    私の母は20年ほど前に、子宮筋腫で子宮摘出
    の手術をしました。
    私はまだ小学生か中学に入った頃で、とても
    心配でしたが良性と聞いていたし術後の経過
    もよく、今も元気ですので安心しています。

    しかし何年かして兄弟より、実は癌だったと聞か
    されました。ショックでしたが母は私たち子供に
    心配はかけまいと思い黙っていたのだと思います。
    未だに母は、その事を話しませんし、私が本当の事
    を知っているとは思いもしないでしょう。

    結果的に元気になって、今もいてくれるので子宮
    をとっても良かったと思っています。
    孫の命とあなたの命を天秤にかけることは、絶対
    できませんがお母様は少なくとも、娘のあなたを
    第一に考えているのではないでしょうか?
    勇気を持って、話されて見てはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 横ですが、一人の娘さん、

    「子供は欲しがるものではない。子供がいないならいないで、それなりの生き方があるはず。まず自分を確立しなさい」

    その時にどのような関係だったのか知る由もありませんが、私には素晴らしいお母さまのように思えます。私なら母にはそう言ってほしいと思う言葉です。

    トピ主様、1日も早いご回復をお祈りします。

    ユーザーID:

  • 娘の立場ですが。

    私は20才の時に、卵巣のう腫で卵巣を1つ摘出しました。

    その卵巣は奇形で、医者の説明によれば、母親のお腹の中にいるとき細胞分裂の段階ですでに問題があったそうで、このような症状はよくあることだそうです。

    しかしその医者の説明のためか、私が入院していたある日、母がごめんねと私に謝りました。

    私は全く気にしていなかったので、すごく意外でした。というのは私は3姉妹の末っ子として育ちましたが、繊細でかつ優秀な姉がおり逆に私は健康で独立精神が強かったため、母は姉の方に手をかけ、私はお父さんっ子として育ち、母親に対する親近感が余りありませんでした。

    しかしそれ以降、全くというほど母親の態度が変わり、母の愛情というものを強く感じるようになりました。母にはかなりのショックだったようです。(続く)

    ユーザーID:

  • 娘の立場ですが。(続き)

    私は今アメリカに留学中で35歳で未だ独身であり、一人の人生も全く平気なのですが、親としてはその手術のこともあって普通の女性の幸せというものをもてない事を気にしております。が、私は特に結婚や子供を持つことに夢を持っていないので、今のままで充分恵まれ幸せであること、自分の夢を実現したいことを手紙に書いて送りました。

    私はトピヌシさんのように優しく人の心を思いやれるような人間ではないので、今年の始めに乳がんの疑いがあったことも親に話してしまいました。幸い、癌ではありませんでしたが。確かに親としては心配だしつらく悲しいことだと思います。

    でもそのような状況でも私が強くたくましく生きていけることを、そういう人間に育ったことを、そして私は充分幸せであることを伝えたいし、そういう自分の生き方を知ってほしいと思います。

    あまり参考にならないかもしれませんが、もしトピヌシさんのお母様が摘出のことを知ることになっても、あなたが充分幸せに生きているということを伝えてあげればいいのではないでしょうか。

    でも心配性なお母様とのことですから、隠しとおせるとしたらそのほうがいいかもしれませんね。 お体お大事に。

    ユーザーID:

  • 言わないという親孝行

    私の母は別の病気ですがやはり手術をする大病を患いました。
    祖母に心配をかけない為に実際よりも軽い病名を告げ、医師も私達も祖母には本当のことを言いませんでした。

    母の祖母に対する親孝行だったと思っています。

    手術後摘出したものを家族に確認させる件ですが、全員でなくてもいいので(私の場合は家族代表で私だけが確認しました)、トピ主さんが事前にご主人と執刀医師にお願いしていけば、お母様が確認する必要がないと思いますよ。

    また同じ病院で2度手術したのですが、執刀医師が違ったせいなのか、1回は確認をしませんでした。(そういう場合もあると思ってください)

    病院で医師や看護婦長に説明しておけば患者情報として周知徹底してくれると思います。

    お大事に。

    ユーザーID:

  • なんともいえない・・・難しいです

    自分が、20代前半で乳がんの手術をしました。
    母にも祖母にも打ち明けました。
    二人ともすごく心配してくれたのですが、毅然としようと努めていた母と違い、祖母はもう心配なのが丸出しでした。

    なぜこんな若くして!というショックと混乱の余り、そのような体に産んでしまったとか、小さい頃からの食事が悪かった、等と母を責めたりしました。

    ただでさえショックを受けている母に追い討ちをかけるようなその様子に、私もとても心が痛みましたが、必死にお参りに行ったりする祖母の様子を見ると、きついこともいえず・・・。

    その後再発した時は、もう祖母には言いませんでした。
    今でも、どちらが良かったのか分かりません。大切に思ってくれるからこそ、もうこれ以上心配かけたくないという気持ちと、逆に心配させてあげるのも孝行かという気持ちと・・・(変な言い方ですが)。

    結局どちらを選んでも、こっちが完全に正解!という答えはないものではないでしょうか。
    答えになってなくて申し訳ないです。

    ユーザーID:

  • 話さなくてもいいんじゃないですか?

    トピ主さんはすでに別の家庭をお持ちなのですから、
    お母様に話す必要はないと思うのですが。
    今後、何かあったときにはご夫君が医者に説明してくれるでしょうし、お母様に話しても心配の種か、嘆くかであって、話すことによってけっして良い結果は得られないように思うのです。
    トピ主さんがご自分の病気や、体調についてお母様の力を借りたいと考えていらっしゃるのであれば話す必要もあるかもしれません。
    もう大人なのですからお互いに知らないことがあっても当然に思います。

    ユーザーID:

  • 母は強し

    お優しいトピ主さんに感動しました。

    さてさて、しっかりもののトピ主さんに対してお母様は心配性だとか。
    わが家もそうなのですが、相手がしっかりすると自分は結構弱くなってもいいや、となるものだと思いますよ。
    もしトピ主さんが演技でも不安な態度を見せて、支えて欲しいと頼めば、お母様だってきっとしっかり娘を支えようと強くなると思います。

    そして手術前はお母様を安心させるためにも、おかあさんのお陰で頑張れそうだわ、と一言告げてあげて下さいね。

    ユーザーID:

  • ご主人が、いらっしゃるんですよね?

    それならば、「筋腫の部分だけ取った」と言い切ることも可能です。
    配偶者がいなければ、親御さんが「子宮全摘術」と書いた手術承諾書に、サインしなければいけませんでしたが…。

    取った子宮も、「ご主人だけ」というのも出来ますし、「皆、血に弱いので、見せてくれなくていいです」と言われた患者さんもいました。

    主治医や病棟スタッフに、その旨を伝えていただければ、手術前から手術後を通して「筋腫核出術」として口裏を合わせるように配慮すると思います。

    もちろん、本当のことを話し合って、親御さんも納得された上で手術を迎えられれば、それが一番良いのですが…
    親御さんの嘆きや悩みを解消できないまま、トピ主自身も不安を抱えたまま、手術台に乗るのは、決してお勧めできません。

    手術までの日程が短く、親御さんへの説明が上手く行えそうに無いのなら…
    「天使の嘘」を吐いても構わないと思います。

    一度、主治医や病棟師長に相談してみてください。

    ユーザーID:

  • >横です(一人の娘さん)

    >「子供は欲しがるものではない。子供がいないならいないで、それなりの生き方があるはず。まず自分を確立しなさい」

    とても感動しました。力づけられました。こんな言葉をかけて下さるなんて、素晴らしいお母様ですね。一人の娘さん、ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 素直な気持ちになったら言う

    読んでいてたまらなくなりました。

    病を抱えている辛さ、治療への不安、そして周囲への配慮。本当は辛いことでしょう
    私は摘出まで行きませんでしたが、独身の時に手術経験があります。母と2人で摘出しないで済むことはできないか病院をまわりました。母も気丈に私と一緒に苦しんでくれました。

    結婚されていると自分の事に考えているのかもしれませんが、東雲パーさんもお母様に話すことが必要だと思います。

    「子宮を取ってスッキリする」というのが本心ではないような気がします。そう思ってがんばっているような文面に思えてなりません。

    母親って思う以上に懐が深い物です。海よりも深いって言うじゃないですか!子供の命が一番です。自分の気持ちを全部話してほしいです。

    ユーザーID:

  • えっと

    お母様が心配なさるのは子宮筋腫という病気の事?
    癌の疑いもありましたということは良性だとハッキリわかったんですよね。
    それとも子宮をとるということを心配しているの?
    子宮をとると女性ではなくなると思ってるということでしょうか?

    トピ主さんは確実にお子さんをあきらめたんですよね。
    お母様はそのことに関してはどう思ってるのでしょう。
    まだ「もしかして」という期待を持っていらっしゃるのでしょうか。

    そこらへんがハッキリわからないので何ともいえないんですが、お子さんを産まないと決めたという前提で書きます。

    私は子供が2人いますが3人目妊娠中にお腹の子供と一緒に子宮もなくしました。
    冷静に書きますが子宮がないメリットは生理がないので生理痛に悩まされなくなった。
    そして毎月の出血がなくなったので貧血から開放された。
    ナプキンなどを買わなくてよくなった。
    旅行なども気軽に行ける。
    今思いつく限りではそのくらいかな。
    デメリットはありません。なぜならば子供を産めないとあきらめたから。

    ユーザーID:

  • えっと2

    そういうメリットをお母様に話したらいかがでしょうか。

    女性として大事なのは卵巣の方です。
    トピ主さんは幸い片方の卵巣はそのままということなのでホルモンの分泌がこれからどうなるのか医師と相談していくといいと思います。

    女性として大事なのは卵巣の方です。
    トピ主さんは幸い片方の卵巣はそのままということなのでホルモンの分泌がこれからどうなるのか医師と相談していくといいと思います。

    なんか冷たい文になってしまってごめんなさい。
    心理的なことは他の方々がレスされているので私は書きません。
    ただ子宮がなくなることのメリットを少しでも知っていただいてお母様に話しやすくなってほしいのと、トピ主さんが少しでも気が楽になればいいと思い、物理的なことしか書きませんでした。
    私も難病持ちであちこちガタがきてるんですよ。
    でも人生って楽しいね。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    出てくるのが遅くなってすいません。
    みなさん、たくさんのご意見やアドバイスをくださってありがとうございます。
    お一人ずつにお返事できなくてごめんなさい。
    みなさんのレスを読ませていただきながら、改めて冷静に自分と向き合いました。

    そうですね。母のことを考えれば、一切を黙っておくという選択肢もありますね。
    でも隠すなら一生隠し通す覚悟が必要ですね。
    もう一つの病気(ぶっちゃけ甲状腺癌です)が再発した時に私は本当の病名を知らされたんですけど、その時に強烈に思ったのが「なんで言っておいてくれなかったのー!」でした。だから途中でばれたら、病気のことと言わなかったことでダブルでショックを与えそうですね。
    嘘をつけない性格なのでポロッと言ってしまいそうです。それに疎遠だったらまだしも、甲状腺の方で通院のために頻繁に実家に帰るので、今の時点でそこまでの覚悟は・・・。

    やっぱり頼りたい気持ちがあります。それに、言っておけば後々自分が楽だという気持ちもあります。結局は私のエゴですね。本音はやっぱり話したいです。

    ユーザーID:

  • トピ主です 2

    一生黙っておく覚悟がないとなると、話す、と言うことになりますね。
    そうなるとやはり母にショックを与えないと言うのは避けようがないことなんですね。
    私のエゴを押しつけることになるとわかっていて全てを話すか半分話すか、ですね。

    全てを話す時は、筋腫の核出よりも子宮全摘の方が出血が少なくて安全等、メリットの部分やなぜその方法を選択するのかを丁寧に説明したいと思います。

    半分話す時は・・・。実はまだ手術についてはハッキリ決まっていなくてこれから医師と話し合う段階です。たぶん11月頃になりそうです。ですから術後の切除した物の確認や口裏合わせについてはこれから決めることができます。
    夫も血が苦手なのでまずは人選を考えたいと思います。個人的には記念と自分の記録のために写真を撮ってもらいたいんですけど。

    ユーザーID:

  • トピ主です 3

    でも優柔不断かもしれませんが、まだ迷っています。
    甲状腺癌の手術の時を思い返すと、そういえば一時期半宗教的なものにはまっていたような記憶がありますので。
    ただ救いは、母がほぼ毎日孫(甥姪)の子守に忙しいことです。
    もしも話したとして、昔と違って私の病気のことばかりを考える時間は少ないかもしれません。

    今回の件で本当は一番かわいそうなのは心配性な私の夫なのですが、今までの経緯を小出しに知っていますので、とりあえず私の前で目に見えて落ち込むようなことはありません。子供ができないことが決定的になるのはやはりショックのようですが。
    話すのか話さないのか、話すならどのタイミングで話すのか。
    まだ時間がありますので、みなさんのご意見を参考に、夫とよく話し合って決めたいと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です 4

    長々すいません。少し補足です。
    結局子無しと言うことになっていますが、以前から私たち夫婦間ではそのことはなんの問題にもなりません。
    逆に数々の病のおかげで絆が強くなっているように感じます。
    両親・義両親共に思うところはあるかもしれませんが、私たちは夫婦だけで十分楽しいですし幸せなので、その点では親孝行できていると思います。
    そして私たちそれぞれに兄弟があり、それぞれに子供ができたので、双方の両親は一応孫を抱くことができています。
    幸いなことです。

    ユーザーID:

  • トピ主です。トピズレですが本音を言うと・・・

    私は甲状腺癌(肺に転移)のおかげで、ショックでいちいちへこまないように、病気に対してはドライに対応するというのが身に付いています。そして切って治るんだったら切っちゃえGoGo!的な考えと性格なので、自分と周りの人間の反応の違いにとまどうことがあります。母はもちろん、夫も義母も心配性です。いい加減に見える父でさえ、私の甲状腺癌の再発がわかった時から胃潰瘍持ちです。本人が一番平気なのかもしれません。

    だから逆に心配性の気持ちに鈍感で、不用意なものの言い方をしそうなので余計に気を遣ってしまいます。
    私としてはもっとドライにオープンに病気について話したいのですが、それは周りの人間には酷なんでしょうか。
    長く病気とつき合っているので一般的な感覚が麻痺してしまっています。

    ユーザーID:

  • お母様にとってはあなたが一番大事なはず

    子宮があなたにとって悪さをする臓器になったのでしたら、摘出も止むを得ないです。

    お母様にとっては、子宮という臓器よりも、まだ見ぬ赤子よりも、あなたと言う娘が最も大切なのではないですか。

    聞けばもちろん不憫に思うでしょうね。
    だからと言って、摘出を中止するという選択がないのでしたら、サラッと話してしまいましょう。

    術後の確認は、家族にはさせないでと医師に頼んでおけば結構です。頼めば画像で保存しておいてくれるのではないでしょうか?後でご本人が確認したらいいのです。

    私は母(急死)が亡くなった数ヵ月後に摘出しました。父が臓器の確認をして撮影しました(笑)私が命じておきましたので。
    「おお、綺麗な子袋だなぁ」と言っておりました(笑)

    あまり深刻に悩まずに、サラッといきましょう!

    ユーザーID:

  • あるタレントさんのお話し

    以前、テレビで見たことがあるのですが、若い女性タレントさんが、突然の病で放射線治療を受けることとなりました。当然、子宮にも影響が出て、将来子供を産めない体となる、という話だったと思います。

    彼女は、そんな体になったら母に申し訳ない。自分もいつかは子供を持ちたいと思っていたため、放射線よりも成功率の低い治療法を選ぼうとしました。

    しかし、彼女の母親は、たとえ子供が産めなくても、自分の娘が健康でいてくれるのが一番うれしいと話し、彼女は放射線治療を決意し、いまでは完治しています。

    どんなときでも、母親は子供の健康を願っているものです。子宮を摘出するときいて、動揺しない人はいないと思いますが、それ以上にあなたの健康を願っていると思います。そんな心遣いをするあなたを誇りに思っていると思います。もし、お母様が悲嘆にくれるようでしたら「そんなに自分を思ってくれる母親がいて幸せだ」と言ってあげてください。

    ユーザーID:

  • トピ主です6

    >みみさん
    レスありがとうございました。
    子供を諦めたいきさつがいきさつなので母としては胸を痛めているのではないかと・・・私が思っているだけですけどね。
    手術することに関しては私としてはメリットの方が多いので推進派です。
    母に話すとしたらその点を強調したいと思います。

    >ああサッパリさん、ちぃさん
    レスありがとうございました。元気でいることが親孝行なんですね。がんばります。

    ユーザーID:

  • トピ主です7

    婦人科で入院日を決めてきました。1ヶ月以上先になります。でも今日は先生の時間が余りなくて、手術についての説明やその他いろいろなお話は来月頭にすることになりました。でも日程がハッキリすると気持ちも引き締まりますね。
    とりあえず、迷惑をかけることになるだろう義妹と、実家の隣に住んでいる弟(カメラマン候補)に話してみて、様子を見ようと思います。
    義母にも、他人のことでも心配して具合が悪くなる人なんですが確実に迷惑をかけることになるので、義妹に相談してタイミングを見て話そうと思います。
    母に関しては話すにしてももう少し考えます。

    はじめにも質問させていただきましたが、話すタイミングについて改めてお尋ねさせていただきます。
    心配性の方ってどのタイミングで聞きたいものなんでしょうか。
    余裕を持って早めに話した方が良いのか、手術日がある程度近づいてから話した方が良いんでしょうか。
    よろしくお願いします。

    ユーザーID:

  • 母は強し

    体調はいかがですか?

    だんだん具体的になってきたそうですが、
    自分の体の事ばかりでなくお母様の心情にまで
    気配りされる貴女の優しさに感心します。
    私にも娘がいます。

    ひとりの母として話をさせてください。
    娘が手術など大変な事はやはりリアルタイムで知りたいです。自分の事以上に心配もし、わかったときは取り乱すかもしれませんが、娘と同じ気持ちになり、少しでも娘に寄り添いたいからです。娘の病気は自分のこと以上に悲しく辛いものですが、母は強いです。

    必ず貴女の力になりたいと思い支えになってくれることでしょう。貴女も周りのみなさんに甘えても良いんですよ。母は娘のどんな事も必ず受け止めます。

    ユーザーID:

  • 私も同じような病気になりました

    私も同じような病気になり、ハタチで子宮を摘出しました。最初は母が半狂乱みたいになって、「こんな体で産んでごめん」と毎日泣いてました。その母を見て、私は逆に励ましたり、「病気が治ったんだしいいや」と思ってました。
    でも1年、2年とたち、周りの女性への劣等感や無神経な言葉にショックを受け、今度は私が鬱に。そんな時、一番そばで励ましてくれたのが母でした。「あなたが生きて元気だったらそれでいい」「世間の常識にとらわれなくていい」と慰めてくれました。

    病気の苦しみ(術後の回復、その後の心の問題も含め)に心を通わせ、守り、慰め、助けてくれるのは一番身近な同性の母親だと思います。

    ユーザーID:

  • 母として、そして娘として 1

    私にも娘がおります。
    まず母親としての気持ちを述べるなら、娘の体の事は一刻でも早く知りたいです。そして一緒に頑張りたい。
    私は決して強い人間ではないので聞いたばかりの時は取り乱すかもしれないし、多分泣き出すでしょう。
    でも隠されるほうがもっと辛い。
    娘にそこまで心配をかけていたのかと、不甲斐ない自分が情けなくなり、一人きりで耐えていた娘にいくら詫びても詫びたり無い気持ちに苛まれるでしょう。
    一度落ち込んでも母親って強いものです。
    だって子供は自分の命より大切なものなのですから。

    ユーザーID:

  • 母として、そして娘として 2

    次に娘の立場としての気持ちです。
    私の母親はもう何度も癌の手術を繰り返しています。
    母には頼りにならない夫(私の父親)と一人娘の私しかいない為、私に心配はかけまいと必死で気丈に振る舞い、トピ主さんのように「切って治るならゴーゴー」と明るく笑い飛ばしています。
    でも本当は心配で不安でたまらないハズ。
    同じ娘を持つ母親として娘に心配かけたくないという母の気持ちはわかりますが、一人で頑張ろうと無理している母の姿を見るのも辛いものです。
    時には弱気になってまわりに頼って少しでも心を休ませて欲しい。

    たとえウソをついたとしても肉親にはわかります。
    大切な人だからこそ辛い事・苦しい事もわけて欲しいと肉親は思っているのです。
    どうか一人きりで抱え込まないで肉親にも寄りかかって下さい。

    ユーザーID:

  • ショックはショック。

    お母様の性格から とても心配されていて 貴女が病気なのに なんて思いやりのある方だと思いました。
    また、そういうお母様の子供だから「母はどう思うだろう」とご心配なさるのでしょう。

    ショックですし 自分の子の病気は母親って自分を責めてしまうものです。
    でも そう思いながら「生きてこそ」と踏ん張るのが母親です。

    もし取り乱してしまうお母様なら トピ主さんが「取らないと癌とかの心配が尽きないの。生きたいのよ。応援してね」とか言われてはどうでしょう。
    そうしたら 少しは早く頭が切り替わるかも。ずっとずっと自分を責めてしまうのが 大抵の母親です。
    これは どうにもならないです。
    でも真実を知りたがるのも母親です。

    ユーザーID:

  • トピ主です8

    先日、直接迷惑をかける義両親と義妹に話しました。まずは義妹にだけ話すつもりが、流れでほぼ同時に全員に話してしまいました。心配性の義母の反応を特に心配しましたが、周りに子宮の手術をした知り合いが多いせいか意外と普通に聞いてくれました。ひょっとしたら陰で心配のあまり具合が悪くなっているかもしれませんけど。でも少しホッとしました。
    実家の両親には11月に入って術前の説明を聞いてから、全部話すか部分的に話すか決めた上で話そうと考えています。

    >momoさん
    お辛い体験をされたんですね。私の母も私が初めに癌になった時、陰で泣いたと思います。
    でも今元気であるならそれで良いんですよね。いろいろあったとしてもお互いに充実した日々を送りましょう。

    ユーザーID:

  • トピ主です9

    >母さん、肉親よりさん、香織さん
    ご心配いただいてありがとうございます。
    でも他の方々も含め、優しいとか思いやりがあるとか仰っていただく度に、何だか申し訳ない気持ちになります。とても正直に言ってしまうと、母に話すことに対して慎重になってしまうのは、母の為というより自分の為があるからです。
    以前に経験済みですが、告知後や退院後の心身共に弱っている時に自分以外の人に神経を使うのはとてもキツイです。↑のさざなみさんのお気持ちがわかります。さざなみさんのように黙っていられないところが我ながら弱いし甘いと思いますが。
    そのことを考えたから、母親の心理や1番ショックが少なくて済む方法を知りたかったところがあります。もちろん心配をかけたくない気持ちもありますが、自分本位で決して優しい娘ではないと思います。

    体調の方は変わりなく普通に良いです。これから術前検査や手術本番に向けて風邪をひいたりしないように気をつけます。

    ユーザーID:

  • トピ主です10

    今日、外来で心電図や出血時間測定などの術前検査をしてきました。
    そして、その帰りに実家によって両親に入院と手術のことを話してきました。
    筋腫が以前よりもかなり大きくなってきたこと、生理の量が多くて貧血になること、放っておくわけにはいかないこと、手術では筋腫だけ取るよりも子宮ごとはずした方が出血が少なくて安全だということ、を話しました。それと、今は入院期間も短いし、大丈夫だよ、とも。

    今まで母についてかなり心配しましたが、いざ話してみると母は案外普通に聞いてくれました。少し暗くなっていましたけど、「もう子供も作らないし、仕方がないね。」って。ひょっとしたら陰で泣くかもしれませんが、思ったよりも受けた印象では大丈夫そうでした。やはり今回は癌ではなく、完治する病気だったことが大きいかもしれません。
    私の取り越し苦労だったかもしれませんが、やっと話が出来たことでホッとしました。これで後は手術を待つのみです。
    みなさん、ご心配をおかけしてすいませんでした。そして、ありがとうございました。
    術後落ち着いたらまたご報告させていただきたいと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です。無事に退院しました。

    先日子宮と筋腫の摘出手術も無事に済み、予定通りの日程で退院することが出来ました。
    手術には夫と私の両親が立ち会ってくれ、摘出した物の確認は父がしてくれました。写真の方は先生にお願いしたところ、手術後に必ず病院の方で撮影する写真をいただくことが出来ました。

    母は入院中ほぼ毎日のように甥っ子達の散歩がてら様子を見に来てくれました。手術直後は顔面蒼白な私を見て少なからずショックを受けたようですが、その後は私の回復が私自身想像していたよりも早く、あまり病人然としていなかったので安心したようです。
    今現在私は身体の調子がまだ元通りではないので自宅でのんびりと療養しています。

    一人で煮詰まってトピを立ち上げましたが、みなさんからいろいろとご意見をいただいたおかげで冷静になることが出来ました。本当にありがとうございました。
    全てが無事に済み、元気になりましたのでご報告させていただきます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧