お父さん、ごめんね・・・

レス29
(トピ主0
お気に入り32

家族・友人・人間関係

秋桜畑

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です。ありがとうございました。

    再びでてきてしまいました。
    (何度もすみません。。。)
    トピ主の秋桜畑です。

    重ね重ねお礼申し上げます。
    久しぶりに開いて見ました。
    たくさんのメッセージをいただいており
    うれしかったです。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 同じく

    来月で、父を亡くして丸3年になります。
    トピ主さんのお父様と同じすい臓がんでした。

    3年経った今でも闘病中のこと、最期に手を振ってくれたときのこと、亡くなる瞬間のことは忘れられません。

    大人になってからは、父とはあまり会話もしなかったし、冷たい態度をとったこともあり「なんでもっと優しくしてあげなかったんだろう」という後悔や、「父が生きていてくれたら・・」と思うこともあります。

    今は残された母に、父に出来なかった分も親孝行しようと思ってます。

    お互いに、親を亡くした悲しみを乗り越えられるように頑張りましょうね!

    ユーザーID:

  • 君の姿がいつも目に焼きついているよ。

    父です。

    5歳の娘が一所懸命書いた手紙『お仕事頑張ってね。大好き、チュ』の紙切れ、
    他人が読めば中々判読しにくいだろうな〜って思うような物を大事に
    車のサンバイザーの裏に今でも2枚程置いてます。

    少し遅がけに出来た娘。
    そう言えば、私の父もその父(祖父)も早死にの家系で晩婚の現在では結婚式
    参列は無理かな〜

    でもこの世に生を受けて娘に逢えて良かった。
    一日一日過ぎる度に、自分の知らない奥さんの子供時代を見るようで
    楽しい。

    今はただ、幸せになって貰いたいのみ。
    君の元気な姿が一番の良薬です。

    ユーザーID:

  • いつもそばにいます

    トピ主さん、こんなトピをたててくださってありがとう。
    私の父も10年前、突然倒れ、そのままずっと植物状態のまま一度も意識を取戻すことなく逝きました。
    花嫁姿も孫もみせてあげられなかった。

    子供が大好きな父で、親戚の子供たちが集まると必ずプレゼントを用意したり、飢えで苦しんでいる子供達をテレビでみると、いつも心を痛めているような父でした。
    孫を抱かせてあげたら、本当に喜んだだろうなって思います。

    あれもしたかった、これもしたかった、もっと親孝行してあげればよかった、と後悔ばかり。
    でも、なぜか亡くなってからの父のほうが、身近に感じるんです。
    いつもそばにいてくれる気がするんです。

    ですからトピ主さんもそんなに悲しまないで。
    毎日精一杯生きていれば、一日一日とお父様に会える日に近づいていく・・・・。私はそう思って毎日生きています。
    いつか会えるその日に、一生懸命生きてきたよと報告できるように、そう心に思いながら生きています。

    ユーザーID:

  • 涙が止まりません

    トビ主さんやみなさんのレスを読んでいて、涙が止まりませんでした。私の父も1年半前に、癌が再発して亡くなりました。その時、私は妊娠5ヶ月で、どうしてもっと早く結婚して、子供を産んで、父に抱かせてあげなかったのだろうと、自分を責めました。妊娠を報告したときのあのうれしそうな照れくさそうなベットの上の父の顔が忘れられませんでした。

    でも、トビ主さんの前向きなご意見を聞いて、父は天国で見守ってくれていると思えるようになりました。この小町を読んで、ほんとによかったです。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • お父さん、寂しかったのでしょうね。

    私も、父が、脳卒中で倒れ、後遺症が出て、他にもたくさんの持病が出てきて、通院、治療、長い間の闘病生活を経験されました。

    元気な内は、父が倒れるわけなどないと、鷹をくくっており、父の意見など聞かず、親孝行などひとつも出来なかったのに、病魔と戦うようになり、父の苦しみや焦燥感を目の辺りにし、病院に連れて行けば、誤診も、一度や二度ではありませんでしたしね。
    病魔と闘って、苦しみましたね、お父さん、寂しかったでしょうね。さぞかし、つらかったでしょうね、悔しかったでしょうね。

    元気な時から、もっとやさしく、居てやりたかったと思っても、もう、父はいません。
    私たち子供のために、いつも明るく、強く、よく働くお父さんであったのに、何ひとつ、孝行ができず、悔やまれてなりません。

    また、父を忘れるために、仕事に明け暮れしていますが、晩になれば、ひとり自分の部屋に入れば、父の面影が、私の背中にいるようなあたたかなぬくもりを感じることがあります。

    お父さん、やっと、安らかに眠れるようになったのでしょうか、私も、自分の人生を生きたあと、お父さんのいるところへ、いきたいと思ってます、待っててくださいね。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうございます3

    みなさん、ありがとうございます。
    お一人お一人に返信したいのですが
    まとめる形になってしまいすみません。

    昨日、お墓参りに行ってきました。
    いつもみたいに悲観的になるのではなく
    穏やかな気持ちでお参りができたと思います。

    みなさんの心あたたかいメッセージのおかげです。
    これからは現実を見つめて生きていきます。

    このトピをたてさせていただいて本当によかった。
    いただいたメッセージを大切にします。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 泣いちゃいました。

    秋桜畑さん

    トピ作って下さってありがとう。

    思いっきり泣いちゃいました。
    おとうちゃんに会いたい。

    こんな大泣きする時があってもいいですよね。

    ありがとう。
    秋桜畑さんこれから幸あれと願ってやみません
    わたしも
    いつかおとうちゃんに会う日まで
    有意義に過ごしていきます。


    でもね。
    告知した医者。転移を見逃した医者には悔しい気持ちでいっぱいです。

    人の気持ちのわかる医者にかかっていれば
    その気持ち…どこかにぶつけなければ自分の悔しい気持ちどこに持っていけばいいのか…

    今日は思いっきり泣いちゃいました。
    秋桜畑さんお元気でね。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうございます。2

    ああくんさん、ありがとうございます。

    >誰が亡くなっても、その人との思い出や元気だった頃の声が体に染み付くんですよね、あなたのお父さんは、あなたに愛されてきっと喜んでいますよ。

    優しいお言葉をありがとうございます。
    ああくんさんの言葉にただただ涙がでました。

    >お父さんが笑顔で励ましてくれると思いますし、思い出すたびにあなたを守ってくれるでしょう。
    いつでも会えるんです。
    あなたの心の中に生きています。

    うまく文章がかけなくてすみません。
    とてもうれしいのですが気持ちをうまく表現する事が
    できなくて・・・
    ああくんさんの考え方はなんて素敵なんだろうと
    思いました。お母様もきっと素敵な方だった
    のだろうなと思いました。

    >結果が如何であったとしても、お医者さんを恨まないで下さい、お医者さんも人なのです。

    はい。お医者さんを恨まないようにします。
    ああくんさんのおっしゃるとおりだなと思いました。

    >いつまでもお父さんの事思ってあげてください、
    いつでも側にいるでしょう。

    ありがとうございます。
    強いパワーをいただきました。
    これから頑張ります。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうございます。

    トピ主です。
    みなさんありがとうございます。


    >ピカさん
    はい。これからは前向きに頑張っていきます。
    ピカさんのアドバイスうれしかったです。
    ありがとうございました。

    >あやちゃんママさん
    あやちゃんママさんのお気持ちはお父様にしっかりと
    届いていると思います。(わかったような事を書いて
    すみません。)
    あやちゃんママさんは心の優しい方なのですね。
    ありがとうございました。

    >さこさん
    優しい言葉をありがとうございます。
    私も反抗的な態度ばかりとっていました。
    年を重ねて今だったらもう少し優しく接する事が
    できたのに・・・と反省しています。

    >いつまでも娘さん
    本人に余命の告知はひどいですね・・・
    お父様といつまでも娘さんの気持ちを思うと
    胸が苦しくなります。
    最後のメール心に響きました。

    ユーザーID:

  • 優しいお父さんをお持ちで羨ましい。

    今は亡きお父様へのメッセージを読ませて頂き、いいお父さんだったという事が伝わってきました。

    私にはいいお父さんは不在で、憎らしい大嫌いなくそ親父しか居ないので、貴方がとても羨ましい限りですね。

    もし家の父が他界しても、貴方のような気持ちには決してならず、逆にホッとすると思います。

    家族に愛情を注いで来られた優しいお父さんは、とても大切な存在だったと思います。
    お父さんも天国から貴方たちの事を見守っていてくれますよ・・・元気出して下さいね。
    私も今度生まれ変わったら、貴方のお父さんのような優しい父が欲しいです。

    ユーザーID:

  • 私もいいですか

    私も一昨年父を膀胱癌で亡くしました。

    その年はちょうど娘が産まれた年で4ヶ月の人見知り真っ最中でした。でも父は娘が泣きじゃくっててもしっかり抱っこして可愛がってくれました。

    父が亡くなった瞬間は人目もはばからず、大泣きしました。いまだに実家に帰ると父がいるような錯覚がします。私も今新しい命を宿しました。

    父はもう抱っこできませんが、きっと天国から優しい眼差しで見てくれていると思います。泣きながらこの文章打っているので、滅茶苦茶な文でゴメンナサイ。

    ユーザーID:

  • しまねこさんへ

    トピ主です。
    しまねこさん、ありがとうございます。

    お母様も私の父と同じ病気だったのですね。
    すい臓がんはなかなか発見されにくい病気
    らしいですね・・・

    私の父は会社の健康診断では異常なしでした。
    でも食欲がどんどんなくなっていき、家族も
    おかしいから病院に行った方がいいとすすめて
    やっと近所の病院で受診したのですが・・・
    その病院では発見できませんでした。

    家族を失う事は悲しいですが頑張って乗り越えて
    いこうと思います。

    しまねこさん、ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • ボコボコさんへ

    ボコボコさん、ありがとうございます。
    優しいお父様だったんですね。
    家族を失うのはつらいですね。

    今までは現実逃避していて「どこかで元気に
    暮らしている。今は会えないだけ。」と
    自分に言い聞かせていました。

    でも、最近そう思い込むことが悲しくなって
    きました。
    もう現実をみつめないと。


    >私ももう悲しまず、頑張っていきます。大きくなったら優しいおじいちゃんだったよと子供達に伝えます。

    私も孫を抱かせてあげることはできなかったけれど
    娘が大きくなったらボコボコさんと同じように
    伝えます。
    優しいおじいちゃんだったよと・・・

    ボコボコさん、ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 大丈夫!

    また、会えます。お父さんはいつも近くで
    いっぱいいっぱい応援しています。

    小町のトピで教えてもらったURLです。元気になります。
    http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6468

    ユーザーID:

  • 祖父、祖母 ごめんな・・・・・。

     自分も幼い頃、おかんの祖父が15年前に亡くなり、祖母が6年前になくなったんだよね。
     耳にした時、涙が溢れそうだったけれど我慢したんだ。
     今では何にも感じてはないけど、あの時、祖母が亡くなって10日過ぎたころだったかなあ。布団の中に入って「さて、寝ようか。」と思い、目をつぶって寝ようとした時、金縛りにあったんだ・・・・。2回も・・・・・。
     だけど、その金縛りって、僕に何かプレゼントしようと思ってあの金縛りにあったのかもしれないと思う。うん。あの時、親を呼ぼうとしても金縛りにあっているから、体も動けなかったし、声もしゃべられなかったんだ。普通の人なら怖いと感じるけど、皆さんはどう思いますか。
     最後に心配しなくても良いと思うよ。秋桜畑さん。今、あなたの後にいるかもしれないし、守っているかも知れない。
     そう心配すんな。みんな応援してるから・・・・。
     

    ユーザーID:

  • 母を亡くしました

    トピ主さんのおとうさまと同じく、
    すい臓がんで、母を昨年亡くしました。

    同じような方がいらっしゃるんだなあと驚きました。
    母も、最初に診てもらった個人病院で、
    何も異常が発見できず、その後も、その病院にかかりながら、整形、婦人科、心療内科(精神的なものか?ということで)にも行きました。運動不足と言われ、
    しんどいのにいっぱい歩いていました。
    そうこうしているうちにどんどん体調は悪くなっていき、
    別の総合病院で3ヵ月後、診てもらったときは
    末期すい臓がんで、すでに肝臓にも転移しているような状況でした。
    すい臓がんは、早期発見がむずかしいようですね。

    「裁判になったら医師側が負ける」と母の葬儀のとき
    人に言われましたが、
    訴えたところで母がかえってくるわけではありませんし、私自身は、膵臓がんにかかった時点で、母の寿命は決まっていたのだと思っています。
    つらいけれど、トピ主さんのおとうさまは、娘のあなたが幸せに笑っていることを望んでいらっしゃると思います。私も、母は、笑顔でいることを望んでいると思うのです。お互いに、幸せになりましょう。

    ユーザーID:

  • 私も後悔・・・

    今年36歳。父が亡くなったのは10歳。もうすぐまた命日がやってきます。
    朝登校する前に会話して、学校着いてすぐ連絡がきて、家に帰ったら父はすでに息をしていませんでした。
    最後に会話をしたのは私でした。いつもの様子だと思って気が付いてあげられなかった。
    2階に上がって、ベッドに横になり、そのまま亡くなってしまっていました。

    あれからもう26年。私たちを育てる為に頑張りつづけた母も、今年はとうとう倒れてしまいました。
    健康だから、まだ頑張れるから、と母の頑張りに支えられた人生。

    悲しいことも辛いこともいろいろあったけど、幸せに暮らしていますが、人生の至る場面で父がいないことが残念でなりませんでした。

    また今年も金木犀が香る頃、父のことを思い出します。

    ユーザーID:

  • 私もです

    こんにちは。
    私も父を癌で亡くしてもうすぐ1年がたちます。もう1年もたつなんて信じられません。まるで昨日のことのように思い出せます。

    私は普通に毎日の生活を送っていますが悲しみはちっとも癒えていないような気がします。
    トピ主さんのようなお話を聞いたり読んだりするだけで涙が止まらなくなります。

    いつか懐かしく思い出せる日がくるのだろうか?と思っています。
    やりきれない気持ちになることもあります。もっともっと生きていて欲しかったです。
    だけど私は自分に残された人生を精一杯生きていかなければと思っています。もっと生きていたいと言っていた父の為にも。

    きっといつかまた会えますよ。
    その時まで頑張りましょうね。

    ユーザーID:

  • お父さん喜んでますよ

     悲しいけれど良いお話でした。(感涙!)
    きっとお父さんの所まであなたの声聞こえたでしょう。
    人は必ずお別れのときが来ます、僕も去年今年で、父方・母方の祖母、隣で一人暮らしの大伯父、そして僕の一番の理解者の母を亡くしました。
     誰が亡くなっても、その人との思い出や元気だった頃の
    声が体に染み付くんですよね、あなたのお父さんは、あなたに愛されてきっと喜んでいますよ。
    文章を読んでいて、愛情に満ち満ちていると感じました。
    あなたが挫けそうになったら、目をつぶって、または空を見上げて見てください。
    お父さんが笑顔で励ましてくれると思いますし、思い出すたびにあなたを守ってくれるでしょう。
    いつでも会えるんです。
    あなたの心の中に生きています。
    結果が如何であったとしても、お医者さんを恨まないで下さい、お医者さんも人なのです。
    お父さんも望んでいらっしゃらないでしょう、病気と闘って、精一杯生きたんですから・・・いつまでもお父さんの事思ってあげてください、いつでも側にいるでしょう。

    ユーザーID:

  • 私も・おとうちゃんごめんね。

    私も2年半前に父を亡くしました。

    とっても元気だった父
    私も何故父の病気に早く気づいてあげなかったんだろうと後悔しています。
    父は足に違和感を持ちながら何年も過ごしていました。
    …悪性黒色腫だなんて…
    思いもよらない青天の霹靂でした。
    痛くもかゆくもなく過ごしていたらしいです。
    大学病院で手術をし成功し転移もないって主治医は言ったのに。
    退院間近になって肝転移がわかって…
    その場で本人に余命を告知した未熟な医者。悔しくて悔しくてしかたがありません。

    泣いてもわめいても父は帰ってきません。
    父の最期のメール
    「この世で父娘だったことに感謝しましょう。」
    この言葉を大事に大事にしながらいつまでも父の娘で居たいと思っています。

    ユーザーID:

  • わかります。。。

    私も3年前に父を悪性リンパ腫で亡くしました。
    今でも思い出すと涙が出てきます。
    中学生ぐらいからずっとずっと反抗的であまり口をききませんでした。
    いまさら悔やんでもしょうがないことですが
    花嫁姿も見せてやれなくてごめんなさい。

    秋桜畑さん、1年半ではまだまだ悲しいと思います。
    でもいつか絶対楽しかったことを思い出せる日が来ると思います。
    お子さんが生まれて、きっと天国で喜んでくださってると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 私も。お父さんごめんね。

    お父さんごめんね。
    私、お父さんに心配かけてばかりいたね。

    毎朝、駅まで送ってもらっていたね。
    遅くなったら迎えに来てもらっていたね。
    私のこと命がけで愛してくれていたのに。自分勝手な行動ばっかり。孫をだっこさせてあげられなくてごめんね。嫌いだなんて言ってごめんね。

    本当はね、大好きだったんた。お父さんの一杯の愛情に安心しきって好き放題していたの。

    突然の事故でなくなって、最後の電話の会話が今でも頭に残っているよ。お父さんの遺体を家族の皆に見るのをとめられたから、最後の姿が包帯に包まれた姿だった。だから今でもお父さんが死んだなんて信じられないよ。
    私とバージンロード歩くの夢だったのに。かなえてあげられなくてごめんね。

    父さん、私、お父さんの子供でよかった。愛情を一杯くれて育ててくれありがとう。
    お父さんに似ているって言われるのすごくいやだったけど今はそういわれるとうれしいんだよ。
    ありがとうお父さん。
    でもね時々会いたいって思うの・・・。

    ユーザーID:

  • 私も便乗させて下さい

    辛いですよね。

    私の父もちょうど1年半前に亡くなりました。
    C型肝炎でした。
    ずっと30年近く病気と闘ってきて、それでもまだあと数年は大丈夫だろうと思っていたのに・・・
    最後は突然悪化という感じで、入院して2ヶ月弱で亡くなりました。

    便乗させてもらったのは、私も父の死に責任を感じているから。

    当時、父が助かる可能性が数%残されていて、それは生体肝移植というものでした。
    ドナーになり得るのは血液型の関係で私だけでした。

    私は父のためなら、と思ったのですが、子供が1歳と小さかったこともあり、母や夫に反対され、泣く泣く諦めてしまったのです。本当に辛かった。

    今でも「もしあの時移植していたら父は元気に笑って普通の生活をおくっていたかもしれない」と思うと、心が痛みます。

    助けてあげられなくてごめんね。
    いつか会いにいくから、その時まで待っててね。

    ユーザーID:

  • 気持ち、わかります。

    私も6年前、父を癌で亡くしています。
    結婚前でした。
    最初の癌から3年後の、再発・転移でした。

    定期的な検査でも見つからず、自覚症状が出て見つかったときにはすでに手遅れで、余命半年と言われました。

    後悔していることはたくさんあります。
    今でも夜に、いろんなことを思い出して泣いてしまうこともあります。

    旦那様に会ってもらいたかった。
    孫も抱いて欲しかった。

    ありきたりな言葉だけど、悲しんでばかりではお父様も喜ばないと思います。
    トピ主さんが、お子さんと毎日元気に過ごしていくことが、お父様にとって一番うれしいことだと思います。

    でも、やっぱりときどきは、お父様のことを思って泣いちゃうのもいいんじゃないかなって思います。

    ユーザーID:

  • 涙さんありがとう。

    涙さん、ありがとうございます。
    温かい文章を拝見して心が和みました。
    涙さんはとても優しい方ですね。

    私も孫を父に抱かせてあげることが
    できませんでした。
    父親が元気だったころは変な反抗心が
    あって涙さんと同じ優しくできませんでした。

    病気になってから自分の言動を後悔しました。

    癌で弱っていく父を看るのはつらかったです。
    一番つらかったのは父自身だと思いますが。。。

    涙さんもおつらい思いをされたのですね。
    思い出させてしまってすみませんでした。

    長い間の胸の中の思いを吐き出させていただき
    気持ちが落ち着いてきました。
    聞いていただきありがとうございました。
    涙さん、お互い頑張りましょうね。

    ユーザーID:

  • 同じ病気で母を…

    こんにちは。
    私もトピ主さんと同じく2年前にすい臓がんで母を亡くしました。毎日母を思わない日はありません。

    やはり同じように初めの個人病院では糖尿病と診断されました。その後、食欲が無くなり日増しに痩せていくので、詳しく調べるように強く医者にお願いして、診断が下されたときには余命が半年ほどになっていました。
    今でも違う病院に初めからかかっていれば、もっと長生き出来たかもと、悔いて悔いて…。

    トピ主さんのお父様もきっと素敵な方だったのでしょね。娘さんににそんな風に思って貰えるなんてね。

    私の母は他人に対して本当に優しく気遣いの出来る人でした。母のお葬式には母の死を心から悲しんで偲んできてくださる方々で溢れていました。
    私はそんな女性の娘であることを誇りに思います。

    ユーザーID:

  • 涙が出ました…

     トピ主さんのお気持ちよく分かります。読んでいて涙が出ました。
     昨年父を直腸癌で亡くし、この間1周忌を迎えました。
     疲れやすくなったと話していて間もなく、病気が悪化し病院へ行くと即入院。病気が判明し1ヵ月半で逝ってしまいました。家族誰も体調の変化に気付いてあげれなくて悔やみました。
     海や山が大好きだった父。早く家に戻って出掛けたいと話していた表情を思い出すと今でも涙が出てきます。
     孫達をとてもかわいがってくれた父。

     お父さん、今年男の子の孫が増えるよ…。

     私ももう悲しまず、頑張っていきます。大きくなったら優しいおじいちゃんだったよと子供達に伝えます。

    ユーザーID:

  • わかります

    その気持ち。

    私も父を7年前に亡くしました。いまだに立ち直れていません。結婚して子供もできたというのに・・・・。私の子供を抱っこして欲しかった。

    私は反抗期が長く、高校生の3年間はほとんど口を聞いたことがありませんでした。反抗期が終わっても、なんとなく照れくさくてほとんど口をきいたことはありませんでした。

    体調が悪いのに病院にいかず、ずっと隠していた父。ある日黄疸が出て病院へいくと、「癌です。余命1ヶ月です。入院するなり自宅へ帰るなり、好きなようにしてください。」と見放された父。
    入院しても自分が癌だとはしらず「俺は癌じゃなくてよかった。すぐに退院できる。」と、見舞い客に話していた父。
    母と私はそのたびに廊下で泣いていました。

    父と母は駆け落ちだったため、それはそれは苦労して私を育ててくれました。家を借りるお金がなかったので、私は車の中で育てられたそうです。

    亡くなるときも素直に「お父さん」と言うことが出来ませんでした。

    お父さん、ごめんなさい。育ててくれてありがとう。いつか会いにいきます。その時まで待っていてください。

    トピ主さん、便乗して申し訳ありませんでした。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧