• ホーム
  • 男女
  • もっと早く結婚すれば良かったかなと思う人。

もっと早く結婚すれば良かったかなと思う人。

レス23
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

病院嫌い

30代既婚女性、不妊治療中です。

大学生の頃は、「27才くらいで結婚したいな」、OL時代は「30才くらいかな」と思っていました。

しかし現在なかなか子供ができず、仕事のストレスからか婦人病もいくつか見つかりました。
友人達も20代で子宮筋腫や卵巣のう種の手術をしたので、「こんな事ならもっと早く結婚すれば良かったかな」と言っています。

私が結婚をしぶっていた理由は…

・毎日午前様で、仕事以外の事が考えられなかった。(帰ったら寝るだけ)

・友達が皆独身だったので、結婚が身近に感じられなかった。周りに流されて、ちゃんと考えていなかった。

皆さんはどうでしたか?

政府は少子化対策をすすめていますが、皆さんのアイディアを聞かせて下さい。
私的には…

・国をあげて残業や休日出勤を減らす。
(託児所があっても残業が多いと子育てできない。不妊治療にも通えない。恋人もできない)

・同棲ではなく結婚をするメリットを作る。
(扶養控除はあって良いと思います。
兼業主婦は保育所で税金援助を受けているのだし、少しくらいは良いのでは?あ、でも主婦も年金を払った方が良いとは思います。)

です。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • こんな状態で・・・

    31歳で結婚。すぐ子供が欲しかったのですがなかなか授からずに不妊治療をはじめました。

    今はお金をためては体外受精に挑戦!の日々です。

    独身の頃はのん気に構えていました。
    「20歳には20歳の。30歳には30歳の40歳には40歳の結婚がある。自分に一番いいときに結婚のタイミングはやってくるもの」がモットー(?)でした。
    でも、不妊治療をはじめるようになって
    「今、私が20代だったら不妊治療より、しばらくは体質改善に専念してみよう」とかできたのになぁって
    もっと早く結婚すればよかった気持ちでいます。

    少子化が騒がれていますが
     体外受精までいくと働きに出ることも困難(予定が立てにくい)
     ・・・なのに治療費は高額(一回40万超)
     ・・・だけど保健はきかない。
     ・・・なのに主人の会社は給料カットしてばかり
     ・・・そのうえ、サラリーマン大増税なんてされた日には

    子供子供って言われるけど、こんな状態で「できるか-----!!!」って言いたいです。

    ユーザーID:

  • 結婚のメリット

    早くに結婚するメリットって私には子供を持つかもたないかぐらいでした。
    何故なら20代前半に結婚してもメリットなし。
    職場では独身でないと、やりがいのある部署にはいけなかった。
    (未婚と既婚では、大きな壁が立ちはだかっていました)
    とはいえ自分の子供が欲しかったので、やりたいことに2年ほど従事できた事もあり、自分の中で折り合いと諦めをつけて、当時つきあってた彼氏と28で結婚しました。
    少子化対策っていってるけど、不妊治療等に力をいれるより(治療の大切さは重々理解してますが、あえて書きます)
    20代で結婚するメリットが増やした方が、少子化は防げると思います。
    だって女性の原始卵胞(卵子の元)ってこの世に産まれた時から持っている物で、年とればとるほど、古く悪くなるのですから

    ユーザーID:

  • 時間とお金

    27歳で結婚。私はもう少し結婚が遅くてもよかったかもと思っています。トビ主さんもおっしゃるとおり周りが独身ばかりだったので自分だけ窮屈になったような気持ちでした。
    でも子供の事を考えるともっと早く結婚しておけばと思います。2人の時間を満喫してそろそろ子供でもと思うともう30歳です。これでしばらくタイミングをみているうちにあっという間に31,32歳、いよいよ治療となる頃には幾つになっているんだろう…。

    今はそろそろ子供でもという状態ですが、旦那は仕事が忙しく平日は帰って寝るだけ。私も私で仕事が忙しくストレスで生理が乱れる事もしばしば。こんなんで子供が出来るかー!と言いたい。といって、子育て(又は不妊治療)にはお金がかかるから仕事辞められないし。
    やはりまず30代に余裕ある人生をくださいと言いたいです。あとはお金ですね。きっとしっかり子育てしよう!と思っている夫婦程先立つものがないと踏み切れないと思います。
    小泉さん、頼みますよ。

    ユーザーID:

  • 結婚は(もっと)早くしたかったけど

    最良の相手に出会うのが遅かった…。

    今の相手じゃないと嫌だし。
    やっぱり運命ですよね。

    ユーザーID:

  • 来世は早婚で子沢山母ちゃん♪

    私は、初婚27歳、再婚33歳でした。
    そして34歳で第一子、36歳で第ニ子を出産。
    ところが、第二子に発達の遅れが見つかり、1 高齢であり、この先の出産、育児に必要な体力の自信がない 2 第三子に障害がある危険性の、二点を考慮して、第三子は諦めました。
    二人いて、贅沢という意見もあるかと思いますが、少子化対策との事だったので、あえて、出てまいりましたが、三人目を諦めるにあたっては、なんで、もっと早くに結婚、出産しておかなかったんだろうと悔やんでます。
    今だに諦めきれない自分がいます。
    来世では、是非22、3歳で結婚し、すぐに出産、三人は子供をもちたいと思っています。
    少子化対策といえば、やはり、1 第二子からの出産資金、育児手当等の援助。2 不妊治療費の援助(健康保険内の治療を多くする)
    一人も産まない人に産ませるよりも、一人産んだ人に二人、三人と産ませる方が、楽で早いと思います。
    それと同じ理由で、欲しいと思う人にまず援助すべきではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • トピ主です

    皆さんレスをありがとうございます。

    私は体外受精の為に、悩んだ末仕事を辞めました。
    田舎なので、不妊科は平日午前中しか診察がない上、体質的にOHSSの危険が高いので働きながらは無理でした。

    友人は仕事しながら治療していますが、夫婦共に急な出張が多い仕事なので大変なようです。

    世の中では「35才はもう高齢出産とは言わない」とか「40代で初出産」「不妊治療はここまで進んだ」という事ばかり言われます。

    しかし20代の婦人病が増えた今、不妊治療にばかり力をいれず、晩婚化の原因についても見直した方が良いのではないかと思います。

    キャリアアップがもてはやされ、20代で結婚・出産は時代遅れというのはどうかと思います。

    体外受精に保険をというのは、難しいと思います。
    (補助金や医療費控除は良いと思います。)
    40代で結婚する人が増えて、1人数百万ずつ保険を使ったら、とてもじゃないですが保険が破綻するので。

    「専業主婦叩き」や「夫の給料カット」が横行する今、兼業主婦で子育てするのが理想と思われています。
    でも男女共5時に仕事が終わる残業の少ないヨーロッパと同じようにはいかないですよね…。

    ユーザーID:

  • 子供がすぐ出来れば・・・

    32歳で結婚しましたが、ほしかった子供がなかなかできず、5年後にやっと1人目を出産しました。ただいま2人目妊娠中ですが、私は40歳が目前です。子育ては体力勝負とはよくいったもので、もっと早く産みたかったなーと思う日々です。旦那は40歳過ぎているし、お腹の子供が成人式の頃は旦那の仕事はどうなっているかなーと思うと不安になります。

    予定どおりいかないのが人生ですね。

    ユーザーID:

  • すでに割り切りました。

    私も同じく30代既婚女性で、不妊治療中です。現在なかなか子供ができず、婦人病がいくつかあるのもあなたと同じです。

    婦人科の先生は25歳を越えると個人差はあるが、卵巣が弱っていくとおっしゃっていました。子供がどうしても欲しいならばやはり結婚を早くしたほうがよいと思います。大正時代のように、女学校在学中に(今なら高校)、お見合いをして、決まれば中退して、結婚するくらい、結婚は大切なことだと見直されるべきでしょうね。

    少子化対策については、何の期待もしていません。自分の問題、夫婦の問題、家族の問題と思っています。

    扶養控除がなくなることは、増税ではなく、これまでの特権がなくなるということです。別になくても構いません。暮らせなくなったら、夫の両親と同居します。世の中の動きには、ついていくしか仕方がありません。

    税金・年金は結婚後もきっちり納めています。国民の義務だから当然です。

    ユーザーID:

  • 私も少子化について考えます

    このままでは少子化は止まらないだろうなーと恐怖に近い感じです。

    男の人で稼ぎたい!という精神の持ち主は、向上心から人より働き、残業もし、休日も働くでしょう。

    弱肉強食の法則ではこういう男性がのし上がるでしょう。ここに男性としての魅力があって女性もなびくわけですし、男性ならではのこの本能に、国が残業してはいけない、休日働いてはいけないとストップをかけたところで現実は難しいだろうと思います。

    女性が働く分、男性が働いてきた分を削ればバランスが取れそうですけど、より働く女性がより働かない男性と結婚してバランスを取るかといえば、稼ぐ女性もやっぱり稼ぐ男性が好きですし、うまくいきませんよね。

    叩かれそうだけど、働く男性とのバランスを考えれば、働かない女性の選択肢というのも捨てずに確保しておくべきじゃないかなと思います。

    もちろん働く女性の権利も確保されるべきだけど、向上心のあまり女性機能をズタズタにしてまで働くのが自然なのか疑問です。この女性たちが男性とどうやってバランスが取っていくかが大問題なんですよね。
    この場合は専業主夫制度の導入しかないのでは〜、でも女性の本能からして難しい。

    ユーザーID:

  • せめて3年戻れたらなぁ

    24で結婚して26で第1子、28で第2子、なんて計画を立てていたものの、付き合う男性がクセのある人ばかりで、とても結婚までたどり着けませんでした。
    夫と会えたのが33の時。結婚は35でした。子どもはすぐにでも欲しかったので、病院へは結婚して半年でデビューしましたが、年齢のせいか卵が育ってくれません。体外受精も出来る限りTRYしようと思ってるのですが、身体がなんとも・・・。
    1年でも早く夫と会えてたらよかったのになぁ〜と、毎日のように思います。

    少子化ですが、やっぱり産みたくない人に「産みたい」って思わせるより、「欲しい」って思う人に援助してもらいたいです。

    不妊治療特に体外受精が保険が利くようにしてもらいたい。子どもを育てやすい社会を作ることも大事だと思いますが、それ以前の問題として「産む」ことの援助が必要ですよねぇ。いまや不妊で悩んでいる人が10人に1人と言う時代、保険が利かないなんて、あんまりだと思います。

    ユーザーID:

  • 私は逆でした。

    20代前半で結婚しました。相手も同い年。
    結婚が早い分互いの親も若くてとぉーーーーっても元気でした。

    特に彼のお母さんのパワーは物凄いものがあって(中年パワープラス姑パワー?)
    若かった私は反論も出来ず何度涙したことか分かりません。
    そんなお母さんのパワーにまだ若くて経済力もあまり無かった彼も太刀打ち出来ずにいました。
    二人で逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

    30代になった今、そんな彼のお母さんも更年期を過ぎてすっかりパワーダウン。
    やっと引越しをして自分の実家も遠いけど、彼の実家からも離れる事が出来ました。
    そんな状態だったので子供でも出来ようものならタイヘン!と思って今まで子供を持たずにいました。

    それがまた過干渉のタネでしたが言う人はきりがないんですよね。
    でも今はやっと落ち着いたので子供がいてもいいよねって夫婦で話しています。

    こんな私から見ると自分達が完全に自立しきってから結婚すれば良かったな〜と思っちゃいます。

    ユーザーID:

  • 思います

    主人が26歳、私が22歳で結婚しました。
    健康だけがとりえだったから子供をすぐ産んで幸せな家庭を持とうと思っていました。

    20才から子供を望んで出来なかったのですぐに不妊治療をしました。今まで性病にもなったこともなく中絶なんてしたこともなく遊んでないしすぐ出来ると信じてました。

    ところが原因不明の不妊で結局6年かかりました。
    やっと今妊娠出来ました。

    不妊の人は高齢だとか無排卵だとか中絶経験があるとか言う人がいますが若くして子供を望み、夫婦共に異常がないという人も多く居ます。若くして結婚して原因が無く子供が出来ないこともあるんですよ。

    不妊の知識の無い人が多いのが困ります。

    ユーザーID:

  • んー、私は

    26歳で結婚、現在37歳、子供はいませんが、結婚は30歳頃でも良かったと思います。 確かに出産をメインに考えたら早いほうが良いとは思いますが、私の友人にしても兄弟にしても、30歳過ぎに結婚してる人は人生の満足度が高いような感じがするんです。余裕があるというか、じっくり人生を楽しんでいるというか・・・。

    まぁそれは私の周囲だけなのかもしれないので置いておいて、少子化対策。 本気でもっと女性に子供を産んで欲しいなら、子供を持つ女性に対してもっとやさしく寛大な社会を作って欲しいと思います。 結婚出産したら退職が当たり前な企業、待機児童が多くてなかなか預けられない保育園、高い出産育児費用、弱いところから取っちまえ感120%のサラリーマン大増税。挙句の果てに年金はもらえるのかも分からず、頼みの綱の退職金にも魔の手が。こんなんで安心して子供なんて産めません! わずかな不妊費用負担と育児手当増額だけしとけば女は喜んでホイホイ産むだろうって思っているのかしら。 馬鹿にしているわー。

    なーんて思う、不妊主婦なのでした。

    ユーザーID:

  • 高齢結婚OKでも高齢出産は・・・ねぇ

    20代は好きなことや仕事に熱中して結婚は30代で、という人が周囲に多いし、実際世の中はそういった風潮ですよね。30代で妊娠率は生物学的にも下降していくわけだし、不妊治療をする人も多いです。不妊治療をすると場合によっては多胎妊娠になることもありますよね。そのときの年齢が高ければ高いほどまた多胎妊娠のリスクも高くなり妊娠出産が体力的にもきついと思います。

    子どもは産んでから(育児)はもっと体力を使います。とくに幼児は親の体力勝負。双子なら倍。旦那さんも高齢(40歳以上)だったり、仕事も責任のある立場になって気苦労が大きいかもしれないし、
    頼りたくてもご両親が高齢でとてもお手伝いを頼めなかったりするともっときついと思います。両親の介護もあればとんでもありませんね。

    そういうことを考えると、早い結婚の方が自分の体力にもまだ自信があるし、親も若いし、ということでいいのかもしれません。高齢出産の場合、先々を最悪な方に考えてしまいがちですね。う〜ん。

    産みたくても相手がいなければ不可能だし、難しい問題ですね。

    ユーザーID:

  • やばい?!

    私と主人は18歳(同じ年)でつきあい始め、29歳で結婚しました。
    もっと早く結婚しても良かったのですが、いつでもいいか・・・と、得に焦る事も無く、仕事が一段落するまで待ちました。
    そして、現在32歳ですが、まあ子供は自然にまかせて・・・、なんて感じで、特に気合いを入れて励んでいるわけでもありませんし、
    職場でも友達もまだ未婚者が多いため、あまり真剣に考える必要に迫られません。

    仕事はやりがいがあるし、経済的にも余裕があって、ついついのんびりと構えていましたが、このトピを読んで、世間とのズレ?を感じました。

    私が国に望むのは、子供を産み育てやすいように、企業に託児所設置の際には補助を出すとか、医療機関と密接した保育所を増やし、安心して働ける環境にして頂きたいです。
    そうすれば、子供を産みたくなると思います。

    自分の手で子供を育てたいと思うのも立派です。でも、それを楽にするために税金で補助するのは、私は理解できません。
    働いて税金を納める代わりに、国が子育ての環境を整備する。
    これで国にとっても、産み育てる側にもメリットがあると思います。

    ユーザーID:

  • 少子化対策なら

    >・同棲ではなく結婚をするメリットを作る。

    何か違いませんか。

    少子化対策ですよね。だったら、結婚でも同棲でも子供を生みやすくすればよいし、専業主婦でも仕事を持つ妻でも子供を生みやすくすればよいのですよね。

    結婚を奨励したり、専業主婦を奨励したりするのは筋が違うでしょう。

    少子化対策なら、非嫡出子差別を無くして結婚、事実婚、同棲に関わらず子供を産むことがより簡単になったり、仕事を持つ妻も専業主婦も保育所に入れるようにすればよいと思います。

    ユーザーID:

  • 結婚したら

    結婚する前は思いませんでしたが、現実に出産、家を建てると考えていくともう少し早ければ良かったなーと思います。

    結婚7ヶ月目28歳
    今すぐ妊娠しても生まれるのは29歳。
    でももう少し二人の時間が欲しいので確実に30歳を超えるでしょうね・・・。

    それで家を建ると・・・。

    まだ子作りしてないので、不妊だったら大変だなとも思います。
    実際祖母が10年子供ができなかったので。
    (その後3人生まれましたが)

    自分の事だけ考えれば結婚適齢期だったかなと思いますが、「家族を作る」となるとちょっと遅かったかなと思います。

    ・働けなくなって、仕事場での役職がなくなる。
    ・男性の給料だけでは生活ができない。
    これで産まない人もいると思います。

    自分の役職がなくなるのが嫌で、出産2ヶ月で復帰した人を知ってます。

    その辺が変われば産む人も増えるのでは?

    ユーザーID:

  • 同感・・・

    私は30代半ばで結婚して婦人病が見つかり今は治療中です。
    治療が終了次第不妊治療予定なのですが既に40歳手前になるので子供は無理だろうなと半分諦めています。
    万一、出来たとしても健康な子が出来るか心配です。
    それに治療代も高額なので続けられるかどうかも(年齢も年齢なので諦めもつきますが)。
    子供のことを考えたら早く結婚すれば良かったと思っています。
    ただ、過去に良い出会いがなかったので無理でした。今の旦那さんは良い人なので結婚生活には満足しています。
    今更色々悔やんでも仕方ないかなと思っています。

    ユーザーID:

  • まるで昼ドラマ

    土日関係なく勤務と家事。会議と販売促進のために無理な労働をしてました。体を壊すこともしばしば。

    元々、結婚願望の薄い私は、自分好みの人とめぐり合えませんでいました。お見合いの話は早々あったのですが、食事会をし断った場合、後々、家同士の良い関係が崩れるのではと見合いも気が乗らずにいました。

    そんな時、今まで仲良くし出入りのあった家があり、私のおばさんに○○さんを気に入ってるみたいよと持ちかけられました。昔から知ってる人で、お母さんとは仲良し、序々に考えるようになりました。

    ユーザーID:

  • つづき

    おばさんから話が出て3年目にやっと相手に引き会わせ皆で食事会でした。その中で、おばさん夫婦は勝手なことばかり言い、私の将来の話もむちゃくちゃな話になってました。
    (おじさんは父とは義兄弟です)仲に入った、おじおば夫婦のいやしい性格で、悲惨・散々で残酷な経験になりました。

    既に24〜28になってました。後で自分達は骨を折ったよう世間に言われ、私を悪者にしてました。

    私の一番キレイで花の時代は無残にも他人によってむちゃくちゃにされました。随分、傷つき、このことは許せません。
    28歳の時に、結婚と子供のことはどうでもよくなりました。

    その後、良い人にめぐり会い結婚しましたが夫婦とも子供は欲しくなく、欲しい時に可愛い赤ちゃんに会いたいのです。

    周囲は晩婚なので、不妊と勘違いをし、産めないと見下してます。周囲は勝手なものです。知合いに不妊で苦しんでた友達がいて随分応援した経験があります。

    トピ主さんの気持ちを察すると、いろいろ大変でしょうけど、(子供のいないもの同士)諦めずに頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    色々なご意見ありがとうございます。

    まりなさん、私も既に割り切っていて、子供ができなくてもいいかと思っています。後悔はしていませんので。良い人に巡り会えないのなら結婚が遅くなって当たり前ですが、昔の私のように早く結婚しようと思えば出来るのに、ずるずる晩婚になる人もいるのかなと思ったのです。

    あれっぽさんの、少子化と結婚は関係ないというご意見ももっともです。
    ただ、未婚だと何百万もかけて不妊治療してまで子供を産むか多少疑問も残ります。もっと自由な選択が出来ると良いとは私も思うので、専業主婦を奨励している訳じゃないです。

    私も正社員のまま子育てをしたいと思っていました。
    不妊が重くなる前に結婚していれば、自然妊娠でそれも可能だったので、兼業で子育てをしたい人ほど結婚を早くした方が確実かもしれませんね。40才でもすぐ自然妊娠できる人もいるので、もちろん人によりますが。

    ぴょんさんの保育所の充実ももっともです。
    保育所の抽選に漏れて困っている人も多いので。
    税金を同じように納めても田舎の兼業主婦はなかなかその恩恵にはあずかれないし、兼業主婦が皆平等な補助を受けるのは難しいですね。

    ユーザーID:

  • 結婚したかったけど

    氷河期に就職活動をしていて、おじさんたちの「早く結婚すればいいだろう。女だし」に腹が立ち、面接後の電車の中で「男子の初任給が50万位なら結婚する人が増えるんじゃないか」と本気で思ったくちです。
    当時の彼は「結婚するにしても給料が少ない」「祖父母の介護、親の借金、自分の給与のなさ」で結婚を考えられないといい続け、6年間付き合ったものの破局。
    夫と出会いましたが、子供には中々恵まれず、初出産は29歳。私自身が頑強でない事もありますが、しかし20代前半で出産した人たちと明らかに体力・気力は異なります。産後の回復力もやはり若い人とは違い「若いうちに出産しろ!というおばさんたちは、経験者なりの気遣いだったのね」と実感しました。
    昔は10何人も産んだといっても、結婚自体が早かったんですものね。ちなみに私の祖母は15歳で結婚、17歳で初出産、5人の子持ちでした。5人目を産んでも26歳・・・現代であれば再就職も余裕ですね。
    介護も育児も同時進行の世代としては、親世代に「もっと早く産んでくれたら!と思う事もあります。

    ユーザーID:

  • 社会復帰は子育て後でもできます

    私は大学卒業後、数年の社会人経験を経て同い年の夫と結婚。それを機に専業主婦となり3人のこどもを自分の手で育ててきました。専業主婦だった時代には、嫁姑のあれこれ、PTA、転勤も経験しました。

    末のこどもが中学入学後、大学時代に得た資格で専門職につきました。専業主婦として生活した年月の経験は、今仕事にたいへん役立っています。

    今を大切にしっかり生きていれば、結婚も出産も決してキャリアの邪魔にはならないどころか、プラスになります。

    適齢期にぜひ、チャンスがあれば思い切って結婚と出産をし、子育てに専念し、時を待っての再就職が個人としても国民としてもベストだと思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧