☆化粧上手になる術☆

レス15
(トピ主0
お気に入り1

美容・ファッション・ダイエット

リネン

30歳、専業主婦です。
この年で言うのもなんですが、私はお化粧が上手じゃありません。
OL時代に毎日化粧はしていて、おかしくはなかったものの(多分)
上手ではありませんでした。
(一応、ベース・ファンデーション・アイブロウ・口紅・チーク・
マスカラはつけていました。)

現在、子なしの専業主婦で時間がたっぷりあるこの時期に
化粧の腕を磨きたいと思っています。

海外在住のため、1日メイクアップレッスン等は通えません。
たとえば、化粧の腕が上達する本や通信教育などご存知でしたら
教えて下さい!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いろいろと試行錯誤!

    仕事柄、モデルさんにメイクしたり、一般の方にアドバイスしていました。

    街中で明らかにメイクに問題あり、と思われる人は、自分の顔をよくわかっていない、もしくはメイク自体に興味がないんだろうなあと思います。でもトピ主さんは興味はあるんですよね。

    「コレだ!」と思えるものを見つけるために、色々なメーカーで色々なアイテムをどんどん試されるといいと思いますよ。

    海外ではメーカーで試供品は頂けないんでしょうか?それから、美容部員にやってもらって比較するのもいいかと思います。そしてお気に入りができたとしても、新しいものが出たら常に試してみたり。お化粧品は常に進化していますので・・・。

    いつも同じものを使っている=いつも同じ顔、ということになってしまいますからね。

    ユーザーID:

  • すみません、私も〜!

    私も30歳ですが、今までほとんど自己流で化粧してきました。
    ですので☆化粧上手になる術☆、私もぜひうかがいたいです。
    よろしくお願いします。

    ユーザーID:

  • コスメ系雑誌をお勧めします

     こんにちは。私は29歳の専業主婦、子無しのしばわんこぶーと申します。私は昔から化粧は好きで、化粧をしている時間がすごく落ち着くくらい大好きです。

     私がよく購入する雑誌はビーズアップ、アーブ、美的です。ビーズアップは結構若い子むけなので、コンビニで買う時は心なしか伏せ目がちになってしまいます。。。でもコスメの基本(ベースからメイクアップまで)がしっかりレクチャーされているので、かなり勉強になると思います。

     アーブと美的は年齢的にはピッタリの雑誌ですが、自分のメイクに納得がいくようになってから読まれてもいいかなと思います。

     雑誌以外ではメイクレッスンを開講しているスクールとかありますが私は無料体験のものを受講した事があります。当たり外れはあると思いますが、プロの方のメイク指導やアドバイスは今後の自分のメイクテクニックにプラスになるので、なかなか良いと思います。
     ちなみに季節ごとにNHKで放送される藤原美智子さんのビューティーレッスン(おしゃれ工房)はメイクのポイントを的確におさえているのでぜひ視聴されるといいと思います。
     

    ユーザーID:

  • すみません

     再びしばわんこぶーです。海外在住なのですね。すっかり見落としておりました。
     先ほども申しましたが藤原美智子さんのメイク本はどうでしょうか。ただ、海外在住という事なので入手できるかどうかわかりませんが。。

     トピ主さんは一通りメイクをなさってきてるようなので、あとは周りから旬のメイクを察知して自分のモノにする方向でいけばどうかなーと思います。

     メイクもファッションと同じで流行があるので、そちらのファッション誌やテレビなどで女優さんなどをチェックするのも一つの手です。私は雑誌以外では友人と一緒に化粧品をよく買いに行ったりして情報交換しています。

     あんまり役に立たないかもしれませんが、共にメイクを楽しみながら勉強していきましょう。

    ユーザーID:

  • うぅーん

    あたしも、メイク上手になりたいです!!
    よくファッション誌に載ってるのを参考にしてます。
    眉毛のカンジで結構印象って変わるような気がします。
    眉毛のカラーリングとかブリーチとかあるけど、
    それはあんまりしたくないので、眉マスカラをつかったりしてます。
    美容室とか化粧品売り場とかで、プロの人にメイクしてもらったり、雑誌などで研究したりしかないと思いますが。

    一緒に頑張りしょう◎

    ユーザーID:

  • 立ち読みした本に

    高い絵の具だからと言って、上手い絵がかけるわけじゃない。
    お化粧もそれと同じ。
    高い化粧品を使わなくていいから、たくさん練習して下さい。


    と、いうような事が書いてあり、なるほど〜と思いました。
    ド忘れしましたが、メイクで有名な方の本でした。
    私はこれを読んでから、お化粧する時間が、絵を描くように楽しいものに変わりました。
    一緒に練習しましょうね!

    ユーザーID:

  • ヨコですが、質問です。

    わたしもお化粧は下手です。あまり興味がないというのもあるのでしょうが、いざというとき困りますよね。
    トピ主さんに便乗して質問です。、こういうときの回答で、よく「回数をこなせば」とか「慣れ」とおっしゃる方がいらっしゃるのですが、「慣れるまで」「できるようになるまで」の間って、どうしたらいいのでしょう?失敗したメイクのまま、外出はできないですよね?いろいろためしたいと思っても、いつやってみたらいいのか。。。
    みなさん夜メイクを落とす前とかに練習するんですか?練習なんかしなくっても本とか見たら1回でできるんですか?

    ユーザーID:

  • 海外なら・・

    海外とはどこら辺ですか?
    欧米だと、雑誌には外人顔用のメイクばっかり載っていて参考にならないかも。

    買うなら日本の雑誌などを買って参考にしたほうがいいですよ。日系のお店ちかくにありますか?
    外国人がよくしてる、囲いメイク(目)とかチークの入れ方とかは、日本人顔に全然会わないですよね〜。

    雑誌のメイク特集とかみてひたすら練習でコツをつかむのが上手くなる基本ですよ。

    わたし(アメリカ在住)の場合はカウンターでメイクしてもらっても、外人メイクしかしてくれないので参考になりませんでした。
    中国や韓国とかのモンゴル系のお国なら、メイクカウンターでやってもらうのもきっと参考になりますよ。

    ユーザーID:

  • 嶋田ちあき先生の本

    嶋田ちあき先生の本、いくつか出ております。エイジレス用、ポイントメイク用などなど。
    すごくわかりやすく写真で紹介されていますので、そのとおりやるとちょっと違う!って周りに言われます。

    以前嶋田先生の1日スクールに通いましたが、本も同じように忠実に再現されています。よかったら参考にしてみてください。

    ユーザーID:

  • やってみる

    私は化粧に燃えてた頃は、ファッション雑誌に時々載っているメイク特集やメイク雑誌を見て、手順をそのまま全部やってみたりしていましたよ。

    特にベースメイク。下地の段階から細かく説明してあるものを見て、愚直に全部実践。雑誌や企画によって様々な手順を紹介しているので、何通りもやってみました。
    すると、自分の手持ちの化粧品でうまく行くやり方とか、とにかくキレイな肌が作れるやり方とか、だんだんわかってくるわけです。で、TPOに合わせて使い分け。

    海外在住ですとこういった雑誌が手に入りにくいかもしれませんが、結構楽しいですよ。勝負の時には渡辺サブロオさんの本で覚えた方法をよく使います。
    アイメイク、リップメイクもまず手持ちのものでやってみます。

    で、こういうのを繰り返していると、必要な化粧品とそうでないものも見えてくるので、無駄も省けます。
    化粧は失敗しても顔を洗えば済むので、家で暇なときになんでも試してみたらいいんじゃないかと思います。

    あとは、似合う色などを女友達にアドバイスしてもらうと、新たな発見があったりしますよ。化粧品店の人より、メイク上手な女友達の方が指摘が鋭いです。

    ユーザーID:

  • ビデオに撮って見る

    30歳の子持ち主婦です。
    『お化粧上手いよね〜』は、女性からも男性からも言われるので、唯一の自信を持っている分野です。
    昔足を骨折して退屈だったとき、今こそメイクの腕を磨こうと、普段どおりにメイクしていろんな角度からビデオを撮ったんです。
    鏡とは全然違いますよ!
    もっと眉が長い方がいいな、とか、笑うと変!とか、改善すべき所が見えてきます。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    アドバイス・質問等、ありがとうございました。

    雑誌等のメークを日々練習することにつきますかねー。
    ほんとたまに〜には、1〜22くらいまでの手順でのメークを
    参考にするのですが、どうも自分ではうまくいきません。
    混合肌なので、ファンデーションがなじみにくいという問題もあるのかもしれませんが。。。
    くずれやすいようで、お昼休みにファンデーションを上からはたいても
    「化粧直しの時間なかったの?」とか言われます。
    スッピンだと思われているようです。

    でもやっぱり日々の練習が大切なんですね。
    日本の雑誌は(3倍くらいの値段はしますが)買うことは
    可能です。

    藤原さんのNHK番組も、次回放送時には母に頼んで
    録画しといてもらいます!

    ちなみに私はドイツ在住なので、カウンターでの美容部員さんの
    手助けは期待できません。(まぶたをラメ紫にそめられます・・)

    雑誌を見て、日々鍛錬してみます!
    ありがとうございました!

    ユーザーID:

  • 私は…

    20代もいい頃になるまでメイクに全くと言って良い程興味がありませんでした…でも、美容系の雑誌の創刊に合わせて読み始めて興味を抱き周りの人に誉められるようにまでなった時はちょっと嬉しかったですね。30になった現在妊婦で腕も鈍りつつあるような気が…
    そんな私が実践したのは雑誌を見ては気になった色を購入して練習でしたね…やっぱり読んでいるだけでは上手くはなりません…自分に似合う色かどうかもやってみなくては…後は…購入してるお店の店員さんと仲良くなって色々実践してもらったり見てもらったり…馴染みにならないと似合わなくても言いにくいみたいです。やっぱり…
    それでも、ファンデの塗り方とかは自分に合った物に出会うまで時間がかかりました。雑誌等に載っているものが全ての人に合うとは限りませんしね。
    海外在住経験がないので雑誌等については詳しくはお答え出来ないのですが…
    国内だったら、美的・Urb辺りを熟読してます。
    後はネットの「@コスメ」などで気になる商品の口コミを参考にしたりしています。
    http://www.cosme.net/

    ユーザーID:

  • 見た目も信じる事

    藤原美智子さんのメイクも、昔は本を買うほど好きだったんだけど
    最近、あれ?と思う事が多いです(汗)
    顔立ちや骨格は皆それぞれ違うのに、眉が同じ形だし、
    白っぽいハイライトを使いすぎているし、
    何よりモデルさん向けであり、日常のメイクとはちょっと違うような・・・。
    基本的にはセンスのいい方だと思うんですが。

    かづきれいこさん、山本浩未さんがお勧めです。
    全然奇をてらってないし、テクニック要らずです。

    メイクの練習は、確かに夜のクレンジング前が
    思いっきりできるし遊べて最適ですが、
    メイクは、屋外や照明が違うとすごく変だったり
    しますよね。家の中では良いと思っても・・・。

    ユーザーID:

  • 下手なのを自覚する

    私もメーク下手です。

    崩れないウォータープルーフのリクィドファンデをお顔全体にまんべんに塗りたくり、その上からルーセントパウダーをはたきます。ヴェール効果で透明感が出ます。

    薄〜く均一にファンデを塗るテクニックがないのでこの方法ですが、色がピッタリ合って化粧崩れしなければ厚塗りでも綺麗に仕上がります。

    口紅の色も控えめに、アイシャドウやチークは難しいので使いません。アイラインとマスカラは取りあえずつけます。
    眉だけはさすがに練習が必要です。

    このメークでも周りからナチュラルメークだと思われているようです。「薄化粧なのに若々しい」と言われます。

    この方法の欠点は、メーク下手を誤魔化せるけど遊びが全く出来ません。ちょっと口紅の色を濃くしただけでも厚化粧が目立ってしまいます。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧