プラスのパワーをためる方法

レス16
(トピ主0
お気に入り12

心や体の悩み

ミー子

浅見帆帆子さんの本でプラスのパワーをためるといいこがとが起こるということがよく書かれていますが、実際皆様はどうやって実践されていますか?
私はひとつ嫌なことがあると、全体的に気分がしずんでしまったり、マイナスのことを考えないようにしようとしてもなかなかさっぱりやめることができません。
こういうこと実行したら考え方がかわった、よくなったということがあれば教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 簡単な事から・・・

     私もなかなか実行できないでいますが、本に書いてあった通り、家の掃除をしたり、部屋をきれいにしたり、そんな感じでしょうか。
     あと、人の悪口も言いたくなっても我慢するようにしています。

    ユーザーID:

  • 誰にも言わない

    自分に起こったラッキーなこと、いいことは誰にも言わないのです。
    両親や兄弟にも言わないです。

    反対にイヤなことや不愉快なことは言います。まあ、あまりやりすぎると嫌われるのでほどほどに、同情を買う程度に言います。

    周囲に自分のマイナスを放出したら、聞いてくれた人には、優しくしてフォローもしておきます。

    ユーザーID:

  • 前向きといわれる私のやっていること

    それは、どんなつらいこといやなことがあったときも、家路につくときに「明日ここを通るときは、きっともっとましな気分で通れるはず」と思いながら帰ることです。
    明日はどんな気分で通るんだろう。やっぱりがっくりしてる?いやいや、実はどんでん返しですごいいいことが?こんなことがあるといいなーなんて考えています。

    後はやっぱり、部屋の掃除。心の乱れは服装、部屋の乱れ、ってかんじで、まずまわりを整えることにしています。寝る前に今日一日のことを振り返り、屋根のある家について、布団で眠ることのできる状況に感謝して、明日が今日よりいい一日であることを祈って眠ります。

    でも、こういうことを考えられること自体が、根っから前向きな性格なのかも。

    ユーザーID:

  • 私も愛読してました。

    あれって、嫌な事をポジティブに捉えようってよりは、普段から日頃の行いよくすると、運も見方してくれますよという感じですよね確か。私は親の手伝いをする、かな・・・。

    ユーザーID:

  • ひとり、ぼんやりと自然を眺めて

    わたしも、人の悪口を言いたくなっても、言わないようにしています。
    (どうしても、我慢が出来ない場合は、愚痴れる友達を見つけ、一緒にランチなどして、気分転換していますが・・。)

    あとは、部屋の後片づけも、そうです。

    パワーを溜めるのには、自分の部屋の窓を開けて、窓の外から遠く見える「空」「山」「新緑の木」など、ぼんやりと眺めながら、お茶でもしながら、くつろぐのもひとつです。

    ひとりで、好きな郊外の町に出かけて、散策し、喫茶店で、飲み物など飲んで、くつろぐのもひとつです。

    ユーザーID:

  • 呪文

    マイナスのことを考えている自分に気が付いたら、その時点で呪文を唱え始めます(もちろん頭の中でですよ)

    「ありがとう、ありがとう、ありがとう...」

    心がこもってなくても、とりあえず唱えます
    そうすると気がそれるのか、イヤな事を考える時間が減っていきますよ

    呪文はきっと何でも良いのだと思います
    ただ、帆帆子さんの本に、「感謝することは良いこと」とあったので、単純に「ありがとう」にしています

    皆で幸せになりましょうね♪

    ユーザーID:

  • 狂ったかのように部屋で踊ります。

    音楽に合わせて全身をバタバタさせたり飛び跳ねたり、自己流サンバを踊ったりします。
    ついでに顔も動かしまくります。大口開けたり、ゴリラみたいに鼻の下を伸ばしたり。

    要するに、変な顔して激しいタコ踊りをするのです。
    やる前と後で、かなり気分が変わりますよ。

    カロリーが消費できるわ表情筋は鍛えられるわ汗かいて代謝が良くなるわで、めちゃくちゃ得した気分になれますから。

    ユーザーID:

  • 出会えてラッキー!

     一番辛かったときに、この本と運命的な出会いをしました。優しく易しく書いてあり、この本なら私も出来る部分があると思いました。

     具体的には、掃除をしたり、親に電話したり。いつもにこにこしていたり(自分が気持ちいいから)、愚痴はほとんど言いません。いろいろあっても、これで良かった、あとは自然の流れに任せよう、きっと良い方に行く、と思うようにしています。

     ラッキーが多くなり毎日が楽しくなりました。以前の私より何倍も幸せです。
     海外旅行に行く時、鞄のすみにいつも入れて行きます。お守り代わりでもあり、日本語の情報が減るので頭に入りやすいこと、実践するのに最適だから。

     みんなが好きかはわかりませんが、私には大事にしたい本です。幸せを分かち合いましょう。

    ユーザーID:

  • 感謝のキモチ

    私がやっていること、というか
    いつも自然と感謝しています。

    そうすると、道を歩いていても蝶や花が
    キレイだな〜と思えてハッピーな気分。
    夕焼けも、月を見ても、「何かいいことありそう」

    夫にも「いつもありがとう」と思えて
    この平凡な生活も幸せだと思える。

    感謝できるから幸せなのか、幸せだから感謝できる
    のか…でも、おすすめ。

    あと、気分がのらない時は、お掃除!ピカピカに
    して玄関も水ふきして、気分もさっぱりです。

    ユーザーID:

  • ポジティブになりたい。

    部屋をきれいに整理し掃除をする。
    友人と電話したり、ランチしたり遊ぶ。
    旅行に行く。ドライブに行く。
    漫画を読む。
    アロマやお風呂でリラックス。
    など自分の楽しいと感じることや、嬉しいと感じることをします。
    自が分幸せな気持ちのときは、人にも優しくできるので。
    すぐ悩んだり落ち込んだりする性質なので、なるべくすこしでも前向きに考えるよう、日々の些細なことを楽しめるようにがんばり中です。

    ユーザーID:

  • 自分を否定しない事?

    横ですが、みーみさんの内容を読んでいて胸があったかくなりました。
    なかなか難しいかも知れませんが、何でも心で感じながら丁寧に物事をこなせば、それが自分にとってのパワーになって行く気がします。
    それが掃除でも料理でも挨拶でも。
    あと穏やかな人の側に居るといいかも。

    ユーザーID:

  • 私の場合・・・

     私もトピ主さんと同じように、なかなかマイナスの
    感情を封じ込めることができず、何年も悩んでいま
    した。

     浅田さんの本は数年前に立ち読みはしましたが、
    購入まではいかずにいました。私が最近読んでよか
    った本は和田秀樹さんの『いいことを考えるといいこと
    が起こる』と、あの有名な『マーフィーの法則』です。
    特に後者は、『マイナスの感情が起こりやすい時間帯が
    ある』ことを指摘しており、私の場合、会社の帰路が
    どうしようもなく、心がすさむのですが、やはりその
    時間帯はそうなりやすい時間帯のひとつであることが
    書いてあり、目からウロコでした。そうとわかれば話
    しは簡単。疲れた帰路にそういうことを考えない。
    ただそれだけです。

     それから、自分が行ってみたい南の島や、愛する
    飼い猫達や、彼氏のことなど、自分がリラックスする
    『ネタ』を頭に入れておくと、簡単にマイナスの感情を
    リセットできるようになりますよ。

     リセットできるようになってから、本当に不思議と
    良いことばかりが起こります。トピ主さんもがんばって
    ください。

    ユーザーID:

  • ノー天気

    ちょっと極端かもしれませんが、ずばり『引越し』!部屋の掃除をあげてらっしゃる方が結構いるようですが、同じようなものです。住んでいる場所は生活の基盤。気持ちよく暮らせないと、物事うまく行かないような感じがしますねー。そして何かで『人の体は寝ている間に生まれ変わるから、シーツを最低一週間に一回は換える(洗濯する)』(普通ですか?)と聞いて、どんなに忙しくても実践しています。悪いものはどんどんお取替え〜!!そしてどなたかも言ってらっしゃいましたが、『ありがとう』と唱える。雑誌にも載ってました。お陰さまで、仕事がうまくいってます。あとは彼氏ができればなぁ〜!!この何でも聞いたことを鵜呑みにして実践してしまうノー天気なところが、私にとってはプラスなのかもしれません。なにごとも考え方次第ですね。

    ユーザーID:

  • 実感

     浅見帆帆子さんの本に出会って愚痴をほとんど言わなくなりました。失敗したり落ち込んでも、学びを見つけようと努力しています。
     先日、以前お世話になった方がとても辛い状況だと伺い、愚痴にお付き合いしたのです。お会いして挨拶した時から数時間。途中から胃が痛くなり、翌日ダウンしました。愚痴ってものすごいマイナスのパワーなんですね。よ〜くわかりました。
     辛い時ほど、前を向いた方が良さそうです。大事な自分のために。今回のことはいい勉強になりました。

    ユーザーID:

  • 単純ですが

    ずばり
    家の掃除,生理整頓、清潔を心がけ身なりを整え、正しい食事かな。
    衣食住を正しくするだけで「よい気」ってやってくると思います。
    たまに神棚に柏手打ったり
    その日嫌な事があると外から帰って玄関を空ける前に塩を撒きます。

    ユーザーID:

  • 感謝の気持ちが大切だと思う

    いいトピですね! 皆さんのご意見、なるほど〜と思いながら読ませていただきました。

    私の場合ですが、ほとんどの方がおっしゃっているとおり、部屋の整理整頓には日頃から気をつけています。いつも部屋をキレイに保つようにしていると、気づけば何かいい事がふと起こっている気がするんですよね。

    それに加え、私、私の家族や親戚、友達などに事故や病気がなく健康でいること、私がこうして普通に暮らしていけることには常日頃から感謝しています。「何もモンダイなく過ごしているのが当たり前」なのではなく、こういう事に感謝の気持ちを持ちながら過ごしていると、プラスのパワーも更にアップしている気がします。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧