子どもが障子を破ることって・・

レス37
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

ゆっきー

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 破ってよい日

    子どもの頃障子を破いてもよい日がありました。
    そう!大掃除です。

    障子を破くのってすごく気持ちが良いです。
    普段は、大事なものだから破いてはいけないけれど
    その日だけは思い切り破いたり穴をあけたりしていいんだようっと言われていました。

    今も子どもにはそう教えています。そして全部破き終わったら、子どもの目の前で障子を貼って、これからはまた破いてはだめなのだよ・・と伝えています。

    ユーザーID:

  • よそはよそ

    ご自分はキチンと躾けているなら、それでいいのでは?
    わざわざよそのご家庭と比べる意味がわかりません。
    それぞれの考え方があるんでしょう。
    トピ主さんの家の障子を破られたわけではないんでしょう?
    私は出来るだけ子供には「ダメ」と言いたくないので、家の中では出来るだけ好きに暴れさせてます。
    障子も、最初はダメだと言っていても、一度破かれたら「もういいや」ってなってる家庭が多いのでは?
    よそでは、キチンと注意しますが、自分の家くらい少し自由に遊ばせてやりたいです。
    子供によっても、すぐに注意を聞き入れられる子と、何度言っても分かってくれない子といると思いますし。
    他人の事は関係ないでしょ。

    ユーザーID:

  • そうですねぇ

    叱っても教えても、破ってしまう子は破ってしまうような・・・。
    でもそれでも教えるべき、とは思いますけどね。

    トピ主さんのお子さんはおとなしいほうですか?
    うちは女の子二人で、わりとおとなしいほうだと思います。
    障子はずっと綺麗でした。
    ところが主人が誤って小さな穴を開けてしまったんです。
    そしたらその穴を子供がグリグリと開け始めて・・・。

    綺麗だと手が出せないけど、ちょっと破れると、もっと!って気分になるんでしょうか(笑)

    これをきっかけに障子ははずし、今はロールスクリーンを取り付けています。

    ユーザーID:

  • 正しいと思う

    ゆっきーさんの考え方で正しいと思います。
    でも、言っても聞かない子ってのはいるんです。ウチの弟がそうでした。障子はおろか、襖までやぶりましたから。いくら叱っても、破る楽しさを覚えてしまってからでは小さい子はダメみたいですね。破れたものをそのままにしていたらどんどんエスカレートしました。直すお金もなく、母が弟と一緒に襖にかわいい・きれいなカレンダーを貼ったらピタリとやめました。

    ヨソでもしないかと心配…されているようですが、やりますよ。まだ我が家とそうでないものの区別がつかないんだから、仕方ない。施設の和室を育児サークルに貸した翌日みたら、障子が見るも無残な状態に。母親も慣れちゃってるのかひと言謝って終わり。張り直せとは言わないけれど……謝ればいいんでしょ的で気分悪かったなぁ そして厚顔にも次を頼んできたのでお断りさせてもらいました。後で聞いたらどこの施設も出入り禁止状態だったそうです。

    そうはなりたくないですね。

    障子に限らず「畳のヘリを歩かない」「敷居を踏まない」「戸はゆっくり静かに閉める」と言ったこと、子供にはちゃんと教えたいです。

    ユーザーID:

  • 遊びで破かせてるような家は論外です。

    うちはとにかくよく動く子でした。
    身体を動かして遊ぶのが好きなんです。

    うちも障子が破れましたが、
    わざとではありません。
    障子を故意に破くのではなく、
    遊んでいるうちに例えば手が当たったり、
    持ってた絵本の角が当たったり、
    ころんだり!して
    破れてしまうのです。

    住環境の問題ですね。
    跳ね回れるプレイルームのようなスペースが用意できない以上、仕方のないことだと思っています。

    運動量が少なくても全く平気なお子さんもいますから、人それぞれです。

    マンションなどで、家の中では走らない、飛び跳ねないと厳しく躾けているご家庭もありますが、
    大人の都合を押し付ける育児はしたくありません。
    三歳くらいで聞き分けるようになってきてから、
    TPOで行動していく事はきっちり教えていきたいですが、

    基本的に動く事が仕事のような乳幼児期は思いっきりのびのび育ててあげたいです。

    障子がびりびり結構です。

    ちなみに迷惑はかけたくありませんので、
    乳幼児を連れて、障子のあるようなお店には行きません。
    のびのびさせられないお宅へも伺いません。
    長い人生、行動が制約されるのは一時のことです。

    ユーザーID:

  • 破らせない派です

    もちろん破らせない派です。
    でも、びりびりに破れている家庭を「しつけができていない」とか「最近の若い母親はダメだ」と非難するのは大袈裟だと思います。うちの義実家は、姑によると「障子はびりびり。壁は落書きだらけ。」だったそうです。それもそのはず、子ども達(夫と義妹二人)は、ものすごくパワフルな子どもだったそうです。池に飛びこんでヤモリを捕まえ、下校中にトカゲや蛇を素手で捕まえるタイプです。姑が3人の子をつれて電車に乗り、一番下の義妹Bの世話をして、ふと横をみると上の子二人がいない。ハッと上を見上げたら電車の椅子の上の荷物置きに夫と義妹Aが登っていた。そういう家庭でした。
    ちなみに夫も義妹も今はとても常識的で物を大切にし、して良いことと悪いことをきっちり理解していますよ。姑いわく小学低学年のうちは壁紙も障子も諦めて放置し、高学年になってからビシっとしつけたそうです。

    ユーザーID:

  • うちも

    空けさせたくない派です。
    道路に面してるお宅とかは障子がビリビリだととても目立ちますよね。思わず張替えたくなっちゃいます(笑)
    小さい子供でも何度も言い聞かせれば理解しますし、誤って破いてしまっても親がその度に直す姿を見ると悪いことをしてしまったと思うようになります。
    小さい子供がいるんだからしょうがないと思ってると子供もそれが当たり前になるでしょう。
    結局は親の性格なんでしょうね。

    ユーザーID:

  • 破らせたくない派です。

    1歳7か月の女の子がいますが、障子は破らせたくないです。張り替えも大変だし、一度破るのを許すと、それこそビリビリのビッリビリにされそうだし。何より、和室が人通りの激しい駐車場に面しているので、障子が使用不可になると、かなり厳しいからです。貼り替えるまで、シャッターを降ろしたまま、薄暗〜い室内で過ごすなんて嫌です。
    ちなみに今は、引っ越しの荷物を窓から入れる際に開けた線上の破れと、娘がホウキをぶつけて出来た3cmくらいの穴の2か所ます。で被害が済んでます。娘も普段から言い聞かせてるので、開け閉めの際も丁寧に扱ってるようです。

    ユーザーID:

  • 前に似たようなトビがありました

    2歳児がよそのお宅で障子を破った場合の弁償方法で、業者に頼むか、素人技術で直すか、菓子折りで済ますか・・・それで圧倒的に業者に頼む、頼んで欲しいという方が多くびっくりしました。子供がいる家庭では1度は破いてしまうことがあるのではないでしょうか?
    私は大ざっぱな性格なので、あまり気にしませんが、
    世間は厳しいと痛感しました。2歳児はよその家に行ったら、とにかく目を離さないことですよね。

    ユーザーID:

  • トピ主の言うこと、大正解!

    >自宅でさせていると外(レストランやお友だちの家)でしてしまうのではと心配にもなります。

    その心配、大正解です!
    家でやっている事が悪い事だと思っていないんです。そういう子が家に来るとたーいへん迷惑します。

    「障子は破って遊ぶものではない」部屋を仕切るものだから。
    「椅子の上に靴で上ってはいけない」汚れた所に座るのは服が汚れるし、気分が悪いから。

    理由を考えればやってはいけない事だというのは分かると思います。まだ小さいのだから時には失敗する事もあるでしょうが、それを教えてあげるのが大事だと思います。

    ユーザーID:

  • 私も聞きたい

    そうですね、私も常々、思ってました。
    うちにも9歳と4歳の息子がおりますが、2人共、小さい頃から障子に手をかけるような事があれば、厳しく叱ってました。
    なので今は、触りもしません。

    そう、トピ主さんの仰るように、子供のする事だし・・・と障子も襖も破れ放題の家も見受けられます。
    いつか、子供も障子を破らなくなる日が来るでしょうが、どっちがいいんでしょうね?
    うるさく言う方がいいのか、ノビノビ育てた方がいいのか。

    私も破れ放題の家の方の意見、伺いたいです。

    ユーザーID:

  • 子供の頃、おじいちゃん家でやってた

    時代が違うので同じとは思いませんが
    自宅と、おじいちゃん家でやってました。

    しかし他ではやりませんでしたね。
    子供ナリに、やって良い場所、いけない場所は分かってました

    ユーザーID:

  • 私の母の自慢

    私の母は外孫内孫全部で10人居ますが、誰ひとり
    わざとは障子は破きません、もちろんうちの子も
    ですが・・。男6人・女4人です、昔からの家なので
    障子の数は凄い多いですよ。

    やんちゃとか関係なく
    躾けだと思います。うちも特に厳しく躾けた訳じゃ
    ないけど、破きませんでした。もうその孫達も子供を
    持つ年齢になってしまいましたが・・。

    ユーザーID:

  • やはり教え方かな

    もう大きくなりましたが、
    2つ離れた男の子二人の母です。
    家では思いっきり暴れ回る子どもたちでしたが
    障子や襖を破いたことはありません。
    (純日本風の家で、4面がすべて障子か襖だったりします。そんな部屋ばかり・・)
    物心つかない頃から、障子はガードしていました。
    (つかまり立ちで破られそうだったので)
    それで何となくわかっていたのか、
    まったく破らないまま育ってくれました。
    友人達には奇跡のように言われます。
    でも、廊下のガラスは2回割りました。

    障子も、ふすまも、小さいうちは親の手でガード。
    ある程度大きくなったらしつこく言い続ける。
    それしかないと思っています。

    ユーザーID:

  • 覗いてみたい

    ご自分が小さかった頃、障子に穴を開けて外の景色を覗いて見たことなかったですか?いけないと判っていながら張り替えたばかりの障子に指を・・この感触忘れられません。別の世界を見ているような気持ちって
    素敵じゃない。私の子供たちも楽しんでたように思います。そのうち破らなくなりましたよ。

    ユーザーID:

  • 叱ってもらえることは美徳。

    うちに来て障子に穴あけたのは、自分のお家の障子もぼろぼろなお家の子でした。
    いつものごとくで、やっちゃいました。
    もう一人は自宅には障子が無くおばあちゃんのおうちにある子で、母親曰く「おばあちゃんちでは好き勝手やらせてもらってるからつい」だそうです。
    こういう場合、破られたお家のママが率先して叱ってあげると効果あるみたいです。嫌な役ですけど。
    少し他人に叱られる方が記憶に残るらしい。

    やはりはきちがえた自由やのびのびは、躾てあげないと余所で迷惑や恥をかくことにもなる。躾は大事ですね。

    ユーザーID:

  • 破るタイプと破らせないタイプ

    はっきり二通りに別れるとは確かにそうですね。私の母の実家は、兄弟は多かったけれど、一度も障子を破らせたことがないのが祖母の自慢だったそうです。
    一方義母は、うちの子供達は元気が良いので障子はいつもビリビリだったんですよ〜とそれを自慢話にするくらいでした。それを聞いて母はいやがってましたが・・・
    うちは、そんな主人の子供だけあって一時期はビリビリでしたが、ある程度大きくなったら破らなくなったので、どちらでも大したことではないんでしょうけどね。

    ユーザーID:

  • 必要な躾とノビノビさせることは違う

    「障子を破らないように躾ける」ことと「ノビノビ育てる」ことを対極のようにいう人が居て驚きです(ちぇるさんとか)
    しつけはしつけ、ノビノビ育てることがしつけによって阻まれるとは思えませんが?
    物を壊さないことは当たり前のこと

    障子を破ることの楽しさが破ってはいけないという常識、言いつけ、物を大切にしないとという思いを上回るのは躾の失敗、親が甘いとしか思えません
    障子を破らなくても、ちょっと遠出しての大きな公園で走り回るとか縄跳びをするとか
    ノビノビ(元気よく?、行動的に?)活動する機会はもてると思います

    よその家でもやりますと書いていらっしゃる方も居ますが
    おもちゃではないものを壊して遊ぶということを許してしまう甘さとともに、人のものと自分の区別もつかないって非常に危ないことだと思います・・

    壊せないうちに行かせない ではなく壊してはいけないと教えるべきだと思います
    子供はいつか大きくなって子供だけで遊びにいったりもするんです

    ユーザーID:

  • 必要な躾とノビノビさせることは違う

    障子が破れてもふすまが破れても気にしないおうちもあると思います
    うちもそうでした
    破ってはいけないことを理解した上でですが
    故意でなく破っても怒られやしませんでしたし
    時には破れても長く放置されていたりも
    犬が覗いて破ることはありましたが
    犬でさえ破ってはいけないこと、触ってはいけないこと、覚えてくれました
    幼稚園くらいだった兄弟も元から破れた部分があろうが、わざと破って遊んだりしませんでしたよ
    おもちゃではないということを教えるのをあきらめて仕方ないと開き直るのではなく
    よその物や幼稚園小学校へでてから触れることがあるだろう公共物に対して、おもちゃとそうでないものの区別、壊してはいけないものを壊して楽しんでる
    人のものをとって壊してしまう遊んでしまう
    そうなったらどうしますか?
    教えても行動に静止がききにくいタイプの子供も居るかもしれません、覚えの悪い子も居るかもしれません
    でも、親が教えることをあきらめるのは無責任だと思います
    破らせるか一日中ガミガミ言ってないといけないくらい障子を破る事が習慣になっているのなら、いっそ障子を外してしまえばいいと思います

    ユーザーID:

  • 悪いことだと

    徹底的に言ってあげればよいと思う。
    悪いことだ。とっても失礼なことだと。
    よく目にする光景ですが、びっくりします。

    ユーザーID:

  • 子供でも話せば分かる

    私は主人がいなかったら、障子ビリビリの口だったと思います。

    私の考えは<子供なら破る>という理屈でしたが、主人が障子の穴を見つけて破ろうとする幼子に「破ったら駄目でしょ!」と、言ったんです。

    まだハイハイの頃でしたが、それ以来破ろうとしない子供を見て「子供って聞き分けがあるんだあ」って主人の教育にえらく感心しました。

    それ以来<言えば分かる>という教育をしてきました。

    なので我が家の障子、襖は子供がいる割にはきれいでした。

    ホント、他所のお宅で襖が骨だけになっているのを見ると
    <話せば分かるのに>って少々気の毒と思って見ています。

    ユーザーID:

  • やらせてあげてください!

    ウチの子は障子にはパ〜ンチ。
    ふすまはお絵かきのキャンバス。
    ウチの中はちょっと汚い環境でしたが、
    ここはやってもいいところ。
    ここはやってはいけないところとシッカリわかってもらいました。
    実家はウチのように子供のパ〜ンチのアナだらけにされたくなかったようで、クラスチックの障子紙を使ってました。
    なので、実家の障子は未だに健在です。
    ふすまへのお絵かきは結構好きで、よくやっていました。
    書くところが下の部分だけなので、書き終わったらいらないカレンダー貼って置くとそこがキャンバス(?)になります。娘はここが一番大好きでした。
    今は、ふすまのカレンダーの下をいつか孫に見せようともくろむ私ですが、いい思い出になると思います。
    子供はやっていいこと悪い事、良くわきまえていますよ。
    だから、失敗したらお母さんとお子さんと謝ればいいでしょうし、どこかでやってしまうのでは?と言う心配も無用と思います。

    ユーザーID:

  • 破れ放題でした

    子供の性格ですよね。だめだと言っても破くし・・。私の躾が悪かったとも言えますが・・・。お化け屋敷みたいになってました。なんで、障子なんかあるんだーと八つ当たり状態でした。
    そんな子も、女子高生になりました。親よりも善悪わかります(?)。案外、優等生だったりします。お転婆ですが。
    不思議と下の子二人(男、女)は、ほとんど破きませんでした。興味がなかったのか?
    我が家の場合で言えるのは、赤ちゃんの時の障子破りは、その後の人生には、なんら関係ない。と言う事です。

    ユーザーID:

  • 私の妹の子は

    私は、まだ乳児の母で、よく分からないのですが、
    私の妹には、息子が2人います。
    破ります、破れます!?(笑)
    いつもが故意ではないようですが、ビリビリ!
    障子も、襖もです。
    「いけない」とは言っているようですが。
    しかし妹は、かなり呑気に構えていて、
    「でもまぁ、どうせ家は汚くなるし。
    時期がくれば、全部、張替えなきゃいけないから」
    とも言っています。
    そして、それらの穴の上に、
    お稽古ごとの賞状をはったり、
    あいうえお表や、単語のカードをはったり、
    地図や国旗表をはったり、
    子どもの絵をはったりしています。
    ある程度、整然とはってみれば、
    ちょっとしたプレイルームみたいで、楽しいです。
    ボロ隠しも、こんなふうにしてみればいいかも、
    と私も考えてしまいました。
    ちなみに、その息子たち、私の家に来たときは、
    障子も襖も破りません。

    ユーザーID:

  • どうなんでしょう

    「張替えの手間や見た目」というより、やってはいけない事と思います。
    うっかりぶつかるという事は、大人子供関係なくあると思いますが「子供が小さいうちはねぇ」と言われる方は、その考えも結構ですが、よそでそういった事をしないように言い聞かせてあれば問題なのでは?と思います。
    それと、よその子に障子をやぶられた場合、業者に頼んで欲しいという希望が多かったという事ですが、やっぱりそれは「子供だから仕方ない」とみなさんが思ってないって事なのでしょう。世間は冷たいという意見もあるようですが、マンションの駐車場などで、たとえわざとじゃなくても、子供が車にキズをつけたりした場合、弁償するでしょう?大人がうっかりぶつけた場合でも、相手の車の修理は負担しますよね?
    それと同じでは?子供とかわざとじゃないというのは、相手には関係ないって事を理解するのも大事かと思います。

    ユーザーID:

  • そういえば・・・

    割とうるさい両親だったのにも関わらず、障子については特に言われた記憶ありません。
    という訳で、うちの障子は常にビリビリでした。

    私と弟がしょっちゅうビリリっとやってましたね。
    なんだか気持ちよくて。

    でも、何も言わずに障子を張り替える母を見てると、なんか罪悪感を覚えてしなくなりました。
    自然に・・・

    そういう子は他の家でもやるのでは?との事ですが、そんな事ないですよ。
    やっぱり自分の家とは違いますもん。

    どこに行っても大人しくしてましたねぇ・・・
    わざわざ障子の事について教えなくても、「よそのお家に行ったらお行儀良く」する事を教えてたら、そんなヤンチャしないと思います。

    障子くらい、わざわざ教えなくてもそのうちにしなくなると思うんですが。
    障子ひとつであんなに遊べるのも子供時代ならではだと思うので、私だったら子供が出来てもうるさくは言わないかなぁ。 

    ユーザーID:

  • びりびり

    障子を破らずに2歳頃の子供と暮らせている方が多くて驚きでした。上手に言い聞かせているんですね。

    私もダメ!と厳しく言ってきたつもりでしたが、破られましたね(涙)夜や昼寝に使っている部屋なので、一人で目覚めた後、好奇心に負けてやってしまったようです。もちろん叱りました。

    ただ、その後、「○○ちゃんがビリッてしちゃったの。メッ!」なんて言ってるから後悔したのかも。

    早く整った部屋に戻りたいです。

    ユーザーID:

  • 男女でかなり違うと思う

    のびのび育てていて,木登りもするし塀歩きもしますが,テーブルには乗らないし障子は破りません。テーブルに乗るなは教えたけど,障子は特に教えたわけではありません。
    あまり入らない部屋にしか障子がなかったからが一番大きいかな。あとは女の子であることです。いくらお転婆でも男の子とは動きが違います。言えば聞きますし。
    そういう違いもあるんじゃないかな。
    もちろん躾が出来ていなくて男女関わらずファミレスあたりで靴のまま椅子に上がっている子もいますから,一概には言えないですけれど。

    ユーザーID:

  • 一度破かれたことがあります

    息子が6歳のとき、ひどい悪戯をしたので寝室に入れて反省したら出てきなさい!ときつく叱りました。(鍵はかけていません)

    30分後反省して出てきたので、シャワー浴びさせて寝室に着替えを取りに行ったら。。。。
    ・・・ぁあ!やられた!
    部屋中の障子がビリビリに破かれていました。
    よほど腹に据えかねていたのでしょうか。

    ただその障子は、そろそろ張り替えようと思っていた時期であったこともあり怒りはわかず
     「やってくれたねえ
      でも。。ちょうどいい機会かぁ!」
    って感じでした。

    翌日丸一日かけて貼りなおしの手伝いをさせました。
    障子を貼る作業がどれだけ大変であるか
    自分がしたことが悪いことであったことを身をもって知り、
    綺麗になった障子の気持ちよさに子どもなりに感動したらしく
    それ以降一度も障子をわざと破いたことはありません。

    でも、私は障子も襖も消耗品だと思っていますので
    わざとでなければ、破いても怒らないでいようと思っています。
    近所の子が家で暴れて襖に穴をあけたこともありますが、注意は促しましたが、怒りはしませんでした。

    ユーザーID:

  • 自分の場合

    子供の頃から家には障子がありました。障子は綺麗な方でしたが、何度か破ったことがあります。でも厳しく叱られたことはないですね。

    私の両親は障子に穴を開けたら、叱る代わりに本人に穴を埋める修理をさせていました。父は幼児にそういった作業をさせるのが非常に上手でしたので・・・
    多分、「自分で修理する」=「破ってはいけない」と自分の中で理解したのでしょうか、意図的に破ることはなかったです。

    また、小学校低学年から障子の張替えを手伝わされていましたので、自分で張替えた障子だからこそ、破ってはいけないという意識が働いていたのでしょうね。
    もちろん、張替える前の障子を自由に破って良いという特典(?)はありましたが、破れていない障子の方が張替えが非常に楽ということに気付いてからは、障子を破りたいという意識はほとんどなくなりましたね。

    いまは子供にも自分と同じように修理させています。とりあえず叱らなくても障子を破らなくなりましたね。
    この方法が万人に通用するとは思いませんけどね。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    短い間にたくさんのご意見をありがとうございました!
    やや破らせない派が上回っている印象でしょうか?
    何人かのかたがおっしゃていたように、幼い頃に破ろうが破るまいが、大人になってからにはたいして影響がない、というのも一理ですね。

    じゃあ幼少期の躾ってなんなんだろうという別の疑問もふつふつと・・。
    まあ障子を破る破らないはささいな範疇なのかもしれないですが。
    一見どうでもよさそうなことを躾けるか躾けないかが、子ども心の成長でどう影響しているのかも知りたくなりますね。何も影響がないとはどうしても思えなくって・・。

    私がこの質問をしたのはお友達の中には自由な方針のかたもやはり何人かいて、うちで遊んでもらう場合、今後注意していいのか迷ったことと、そもそも破らせないのは厳しすぎるのかなぁと素朴に思ったからです。

    ユーザーID:

  • むしろ修繕を教えたら?

    遊びで破るのは論外ですが、間違えて破ることすら許さないとなると、活発なお子様にはちょっと難しいかも知れません。むしろ、障子の張りなおしや修繕を教えることのほうが大切ではないでしょうか。
    大人なのに、障子の修繕すらできずに業者に頼むような奥さんがいましたが、きっと子どものころに障子を張る練習をさせてもらえなかったのでしょうね。
    私が子どものころ、間違えて破ってしまったらピシっと注意はされましたがわざとでなければ許してもらえました。そして母と二人で修繕しましたよ。小さな穴ならば、モミジや桜の形に切り抜いた障子紙で塞いだり、大きな穴ならば本物の落ち葉を拾ってきて障子紙の裏表から挟むこともありました。ついでに全部張り替えてしまうこともありました。張り替えの苦労を知ればおのずと障子を大切にあつかうようになります。
    壊したらとり返しのつかない陶磁器、なんとか修繕できる障子やふすま、など手加減を覚えることにもなります。また、床や絨毯を汚した時にも一緒にしみ抜きさせることで、どの汚れは落ちるけれど、どの汚れはおちないと感覚的に知ることも大切だと思います。

    ユーザーID:

  • 破らせないではなく

    破ったら叱る位のスタンスがいいのでは。

    実際躾は難しいもんで、一発でうまく聞き分ける子と、そうでない子がいます。自分の子も他人の子もそう変わりありません。
    する前からくどくど「これはダメ」と言っていても実は説得力はないと思います。
    穴を空けてしまった時に、「これはダメ」と言うことが大事なのでは?
    それを言うタイミングや年齢、子どもの個性もあると思うし、ほんと躾はマニュアル通りに行きません。

    よそのお宅では、別の対策をするのがよろしいです。
    いつも障子に興味をもつタイプなら障子に近寄らせないようにしたり、そちらのお宅には2度と行かないことも。
    うちでやらない子も相手方のお子さんの誘導でやってしまうことだってあるんです。(うちはやった)

    私は常にやった後すぐに叱ります。
    上の子はそれでかなり有効でした。
    下の子はまたそれがうまく行きません。ほんと躾は…

    ユーザーID:

  • もう少し柔軟に

    えっと、障子を破らせるかどうかは、多くの人がレスしてるように、各家庭のしつけに任せていいと思います。

    よその家の障子は破ってはいけない

    これは絶対だと思います。もしお宅に来たよその子が、障子を破ろうとしたら「おばちゃん家のは破らないでね」といっていいと思います。当たり前だと思いますが。

    物事を固く考えすぎかなあと思います。
    もう少し柔軟になりましょう。

    これはまた別の話になりますが、バイオリニストの千住真理子さんの家は、白い壁に落書きし放題だったそうです。
    (それを賛成してるのではなく、そういう教育方針の家もありその家のこが立派に育ってるという例で)

    うちは、障子破りましたね。禁止してても、ちょっと糊がはがれそうなところから剥いてしまったりね。。
    昨年末に破れ難い障子というのに張り替えました。

    ユーザーID:

  • やっていい場合、悪い場合

    障子は破ってはいけないものだと教えるのは案外簡単かもしれません。
    不注意でぶつかって小さな穴が開いた場合でも怒鳴りつけて厳しいセッカンすれば恐怖と苦痛から障子にちかづくこともしなくなるでしょう。

    でも目的はそれではないはず。
    我が家でやっていいこといけないこと。
    ヨソでやっていいこといけないこと。
    ヨソも多種多様でその場の状況やそれを管理している人の考え方でOKになったりNOになったり。

    郷に入っては郷に従え。(臨機応変な対応力)
    自分が管理者、所有者になったときその物にされたら嫌なことは自分以外の誰かの物であってもやらない。
    (所有者の意思の尊重)
    この二つを学ばせれば十分だと思います。

    障子を破っていい家(場所)なのではなく、管理者(人)からGOサインが出ているからOKなのだということを勘違いしなければ、この程度のヨソのうちのルールはとくに疑問視しなくてもいいと思います。

    ユーザーID:

  • よその家で破らないとなぜ分かるの?

    友人の子ども(2歳)が遊びに来たときに、障子を破られました。

    我が家は夫婦2人暮らし。友人に、ウチは子ども仕様?の家ではないことを説明しましたが「分かってるって。うちの子おとなしいから平気よ!」と太鼓判。

    でも・・やられました。和室にフラフラ入られ止めようとしたところ時すでに遅し。ビリっと両手で障子を破って笑っていました。友人はなんと「あーやっちゃった。うちではやらないのにねー。ゴメン」とケロっとしてる。私は、

    「業者さん呼んで張り替えてもらうね。来たら請求書回すわ。そのほうがお互いスッキリするでしょ?」

    友人は不満気にうなずきました。数日後業者さんにきてもらい張り替え。その場で友人に電話。業者さんに代わって話してもらい、結局、直接請求書を持って業者さんが友人宅に行くことで(近所なので)話がつきました。

    笑って許してくれる人ばかりではありません。私みたいな人も多いと思いますよ。

    ユーザーID:

  • それを言い出したらキリがない

    よそのおうちの障子を破ることは絶対ダメでしょう。でもそれぞれの家庭内の躾とは、ちょっと次元の違う話だと思います。たとえば自分の家ならおやつをねだる子も「よそのお家ではおやつをねだってはいけない」と躾されている。そういう問題ではありませんか?
    近所の家は壁もふすまも落書きだらけでした。でもその家の子がうちに遊びに来ても、我が家の障子を破ったり壁に落書きしたことはありません。それどころか、5歳なのに玄関で靴を揃えたり、おやつの後にお皿を台所まで返しに来た姿に感動しましたよ。逆に、家がすっごくきれいに片付いている家庭の男の子がうちにきた時、おやつをボロボロ食べこぼして「ごちそうさまでした」も言わずに席を立って遊び始めた姿を見て、そのギャップに驚きました。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧