• ホーム
  • 学ぶ
  • ●デュエルマスターズカードにはまりすぎてる息子…

●デュエルマスターズカードにはまりすぎてる息子…

レス33
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

月見

小学3年生の息子のことでご相談します。
デュエルカードに春頃からはまってエスカレートしています。

というのも、どうしても欲しいカードを手に入れるためにお手伝いをしてお駄賃をためてコンビニへ買いに走るのです。

最近は毎日のように「ほしい!手伝いしたい!」と異常な感じになってきたので、「いくらおこずかいが増えても、小学生が簡単に使ってはいけない」と言ってストップさせています。しかし、自分でも納得できる説明ができません。

土日は公園や図書館へ連れて行ったり、他の遊びもいろいろしますが、頭の中はデュエル一色といった感じ…。

私はカードゲームをきっぱりやめさせたいところですが、子どもたちを見ているとそう簡単にはいきそうにありません。

ただ、オークションで異常な高値で売られたり、近所の子が上級生にカードを奪われたということも実際あったので、そんな遊びはおかしい!と思うのです。

子どもに対してどうすればいいいのでしょう。お知恵を貸していただきたいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 我慢させて。

    私はいまでもそうなんですけど、昔から熱しやすく冷めやすい正確。でも一度はまると、かなりそれに没頭してしまうタイプ。

    なので息子さんの気持ちよ〜〜〜くわかります。でもね、だからといっていくらお手伝いしてるからって、お金をちょこちょこ渡すには関心しません。自分で稼ぐまでは決められたおこづかいでやりくりするしかない、それ以上は「我慢」というのを覚えたほうがいいと思います。それに「お手伝い」=「お金」となってしまいます。

    欲しくても、小学生のうちは「我慢」してもらうしかありません。もしくはもっとハードルをあげて、「通知表でよくできましたが、1つ増えたら、1つカードをかってあげます」という風にするとか(通知表だったら年3回しかもらわないですよね?)

    ユーザーID:

  • まずは偏見をなくす

    「やめさせたい」と思う気持ちはなくした方が
    良いと思います。
    だって、そういうはまり方をする息子さんには
    問題はあるかもしれませんが、カードゲーム自体には
    何の罪もありません。そうですよね?
    カードゲームを悪とするような感覚は捨てた方が
    良いと思います。カード然り、ネトゲ然り。
    自制心を持って遊べない側の問題で、ゲーム自体に
    罪はありません。一時期のポケモンだって
    そんなものでした。でも、ポケモンは悪ではないし、
    有害でもありません。考え方によっては頭の回転が
    早くなったり記憶力や集中力の上昇につながるかも
    しれません。
    なので、「カードゲームなんて」「そんな遊びは
    おかしい」なんて考えは偏見でしかないし、
    どっちかといえば育児にとって偏見の方が有害で
    あると思うのでそういったものは捨てた方が
    良いと思います。

    ユーザーID:

  • (続きです)

    あと、否定的に話すから伝わらないというのもあると
    思います。好きな物を否定されれば誰でも嫌だと
    思います。お小遣いの範囲でしているなら別に
    構わないと思うけれど、どうしてもと言うならば
    やはりきちんと話すしかないと思います。
    少なくとも趣味の制限や禁止は悪循環と悪影響しか
    ないと思います。
    熱中するもののために努力する、足りなくなったら
    より多くの努力をしようとする…それくらいの
    熱中なら別に問題はないと思いますよ。
    もし他に支障が出ているなら別ですが、そうではない
    なら趣味にくらいどっぷり漬からせるのも大切な
    ことだと思います。
    息子さんの自制心が問題なら、禁止で解決は
    根本的な解決にならない上、趣味まで奪うことですし
    問題から目を背けているだけだと思います。
    趣味も楽しみ、かつ自制心を身につける方法が
    ベストだと私なら思います。

    ユーザーID:

  • 今までの

    お手伝いによるお駄賃制をやめて、一ヶ月ごとのお小遣い制にしてみてはいかがでしょうか。

    一ヶ月にあげるお小遣いの金額をキッチリ決めて、それ以上あげなければ、お子さんもお金の使い方を悩みながら考え始めるかもしれません。月の初めに全部使ってしまえば、後半は使えませんしね。お小遣いは早いうちから与えた方が良いというような事を本で読んだことがあります。

    カードに関してですが、私は女なのですが小学生の頃、一時期ビックリマンシールを鬼のように集めていた頃があります。専用のシールファイルがパンパンに膨れ上がっていました。でもいつの頃だったか気付いたらやめていました。

    違うことに興味が移ったのかな?
    自分が飽きることがなくても周りの友達が興味をなくすかもしれません。最近の子供は大人っぽいですからね(苦笑)子供の趣味も変化していきます。

    その時まで、一番楽しめる時期に楽しませてあげてみてはいかがですか?(もちろんそれによる暴力なんかは駄目だと言ってきかせないといけませんが…)

    ユーザーID:

  • 分かります・・・

     私にも3年生の息子がいますが、様々なカードがはやるのでそのたびに欲しくなって私とけんかになります。

    最近はムシキングカード、ちょっと前はポケモンカード、もちろんデュエルモンスターカードも・・・。

     常にそのことを考えているほどではないですが、どこかに買い物に行くと「〜カード、買って〜。」なので、うちも小遣いで買うようにさせていたら、あまりにも稼ぎが少ないので、最近は手伝いもしなくなってしまいました。

     手伝わないのも良くないですが、それによってカードを買う意欲も少し落ち着いてきたように思えます。

    今持っているカードで満足して遊べたり、友達とカードの交換をしたり、買わなくても楽しめるようにもっていけるといいですよね。

     カードに対する興味もそのうち飽きてほかの事へと移行していくとは思いますが、お金の使い方は今の時期にしっかりと教えたほうがいいと思います。

     たとえ自分が手伝いをしたお金にしろ、何でも欲しいものを好きなだけ買ってしまっていいか、もともとそのお金は両親が苦労して働いて得たものだということなど、しつこいぐらいに言っています。

     あまり参考にならず、すみません・・・。 
     

    ユーザーID:

  • カードゲームの楽しみ方

    お子さんはカードを集めるために、新品で全部買っているのですか?
    せっかくのカードゲームですから、友達やネットなどでトレード(カードの交換)をさせてみてはどうでしょう?

    要らないカード同士を交換すればお金は浮くし、もうデュエルを卒業した人から大量に譲っていただけることもあります。
    あとはカスカード(弱いカード)でも相手に勝てるよう頭を使ってゲームするのが何より面白いものです。

    スレ主様は辞めさせたいとおっしゃられているのに、こんなことを言っていいのかという感じですが、私はコンピューターゲームより、人と対面するアナログゲームの方が交流にもなるのでいいのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 我が家流

    お小遣いとか遊びについての考え方は、もうそのおうちのやり方でいいと思います。

    我が家はお小遣いは家計から出せる範囲が決まっているので、毎月の決まった額のお小遣いとは別に、子どもが「もっとお駄賃ほしいからもっとお手伝いしたい!」と言ってきても断っています。お金に関しては、ないものはない です。
    お手伝いは、やってほしいときに頼んで殆どはやってくれるので、ご褒美はたまにお駄賃(微々たるボーナス感覚)、大体はおやつのグレードアップで双方満足です。

    その手のものに関しては、うちの子どもも高い商品を一度だけ貯金をはたいて買ったことがありますが、その後お小遣いがないと他の物が買えないと知って激しく後悔したり、カードの相場の変動などを観察して冷静になったり、交換で大損して後で愕然としたり、ごっそり盗まれてからは防犯に気をつけたり、いろいろあって、今は自分なりの価値観をもっているようです。

    ユーザーID:

  • 追加です

    それから、誕生日やクリスマスその他のプレゼントとして、こちらが予算を決めて、選ばせています。親子ともに今日は特別♪楽しいねえ♪みたいな日があるのも、子どもが小さなうちかなと思っています。

    ユーザーID:

  • やめさせたいですよね〜

    でも仲のいいお友達うちで流行ってしまうととめられませんよね。

    いくつか注意していたことを・・・

    カードには、「死体愛好者」「虐殺の王」等酷いものが。親の義務として、こういうのは意味を教えてデッキから外させました。

    盗っちゃう子いますよね。自分で管理することを覚えるいい機会ですが、集中して狙われないよう気をつけて。コンビニから帰り道の子のカードをチェックして、くれくれ言うショウモナイのもいました。交換も、どう見てもこちらが不利というのが多かったです。

    パックで買っていて、なかなかお目当てのカードがゲットできないことがあります。
    単に確率の問題でなく、外袋を仔細に観察していいカード入りか判る人たちがいるらしく、売れ残っているパックにはロクなものがないということも。オークションで「かなり傷ありお子様用に」とかを買うのも手です。

    うちは今は下火になりましたが、今度はGBA、デュエル系の方がまだましだったかと思う日々です。

    ユーザーID:

  • 心配ですよね

    私の知り合いが休日子供たちを集めてデュエル用のカードを売っています。でもそのやり方があまりにも汚くて、購入するのは気をつけた方がいいかと思います。

    あまり市場に出回らないプレミアカードがあるらしく、子供達が良い値段で買ってくれるからと、なんと雑誌から拡大コピーして少し加工してカードに貼り付けて売っています。見た目は上出来で子供も本物だと思ってそのカードを高値で買っているようです。

    この前その人は一日で10万儲かったと自慢していました。そういう大人もいるので気をつけた方がいいですよ。

    ユーザーID:

  • ここでカードゲームをしたことがない人に聞くより

    カードゲームのプロの方に相談してはいかがでしょうか?
    「カードキングダム」と言うカードゲーム専門店があります。そこのホームページを見る限り、このお店の店長さんは本当にカードゲームの事、子供達の事を真剣に考えられているように私は常々感じています、また、カードゲームにのめり込む子供に戸惑うお母さん達の相談にも気軽にメールで応じられている様です、一度、ホームページをごらんになって下さい。

    ユーザーID:

  • お手伝いとは何か?

    中学になった次男も未だに買ってますから、お子さんの気持ちも、心配する親御さんの気持ちも、よおく解ります。

    確かに価値の判らない人にはただの厚紙。そんなのにお金を掛けるのは異常な気がします。
    でもじっくり観察していると、デュエルにはものすごく頭を使います。理解力・記憶力・応用力を必要するので、ゲームボーイ等で遊んでいるよりはいいかなと思っています。
    とにかく、ルールは決めて、デュエル以外では他人にカードを見せない、持っていかない等の自己防衛策を大人が考えてあげるのも重要かと思います。


    と、お小遣いを欲しがるのは、また別の問題です。
    お手伝いとは、困ってる人、手を借りたい人が頼むものであって、「させて」と言う物ではない。自分本位にものを考えない事。「本末転倒だ」と、とくと説教しましょう。その意味が解るまで「お手伝いナシ」でもいいくらいです。
    そうやって時間を掛ける事で、冷静さも取り戻してくれる事を期待したいですね。

    ユーザーID:

  • わかります

    うちの子は小学4年生ですが、デュエルマスターの他に、遊戯王、虫キング、プロ野球の選手カード集めにはまってます。男の子ってどうしてこうカード集めにはまるのでしょうね。

    私も一時期なんとかやめさせようとしましたが、こちらがやめさせようとすればするほど彼の「欲しい!」熱に火がついてしまうようだったので、1ヶ月に一度決まった額のお小遣いを渡すことにし(決められたお手伝いをすることが条件)、そのお小遣いの範囲内であれば好きなものを買っても良しとしました(我が家の場合、500円)。

    ただし、お金がなくなった時点で次の月まで我慢しなければならないこと、お小遣いがなくなっても補てんはしないことも説明しました。

    はじめはお小遣いをもらった時点ですぐにカードを買いに行ってましたが、最近は「今週はカードは我慢して、野球ボールを買うために100円だけ貯金しとこう」などと少しずつ我慢することや、計画して買い物をすることができるようになったみたいです。

    お金の価値を教えるのって本当に難しいですね。お互い子育てがんばりましょう。

    ユーザーID:

  • うちはピークを越えたみたいです

    今中1の長男が、小4くらいのときからどっぷりはまりました。中学に入り部活の方がおもしろくなったのか、今は弟に誘われて時々勝負するくらいです。

    うちはデュエルを機に、
     ・小遣い帳に毎回きちんとつけること
     ・カードを買うときは必ず親に申告すること
    という条件で小遣い制(学年×100円)にし、お金の管理をさせました。金額に不服があったようですが、二人で協力しあって買っていました。

    誕生日もクリスマスもカードをねだられましたが、この時ばかりは欲しいモノでなきゃ仕方がないので、20パックくらい(3150円)買ってやりました。それ以外は全て小遣いの範囲内です。(時々こっそりおばあちゃんにたかってたかも)

    ただ、友人同士で明らかに不公平な交換やカードの売買が行われたことがあったので、学校からそれらは絶対にしない、もし発覚したらデュエル禁止にする(実際一度禁止になりました)というお達しをだしてもらいました。

    トレーディングカードはお金にロスが出るのだと、何度話して聞かせても、それに夢中な間は聞く耳もちません。だからうちはこんな方法をとりました。アドバイスでなく体験談ですみません。

    ユーザーID:

  • 我が家は2年生

    「そんな遊びはおかしい」と思うのであれば、そのまま伝えては?そのまま伝えても分からないかもしれませんが、それだけ夢中になってる子供を今さら納得させるのは難しくはないでしょうか。
    自制心うんぬんと言う方がいましたが、まだ小さい子にそこまでは難しいと思います。ですが、その言い分も一理あるとも思います。
    ですので我が家では「先々自制心を持てるように」を心がけて話しています。(先々どうなるのかわかりませんが)
    カードに関しても欲しがり始めた頃に「もっともっと欲しくなる前に言っておくね」と前置きをして「他の子はたくさん持ってたとしても、うちではお父さんもお母さんも、反対ってわけではないけど『賛成ではない』という気持ちだからね」と言いました。
    たまに欲しいという時は買いますが、いつもいつもは言いませんし、理解してくれています。
    それと、我が家ではお手伝いは当然無償です。できる事はやる。というのがお手伝いと教えています。
    何かを「とても」制限してる家でもありませんし、言葉を理解するようになった時点で、とりあえず何でも言い聞かせてみる方法できました。

    ユーザーID:

  • まちがえました。ごめんなさい。

    酷いタイトルのカードがあるで〜と発言した者です、これはデュエル・マスターズではないそうです。失礼しました。

    お金のことが気になっていらっしゃるようなのでついでに・・・

    デュエルゲームは、自慢できるようないいカード「だらけ」でなくても勝てます。強い人が組むデッキはシンプルです、同じカードが3枚ずつあったりしますけど。だらだらとパック買うのは、非常にお金の無駄ですよ〜、メーカーはそこを狙っているのでしょうけれど。

    そういうデッキを入手して勝ってみせたら、お金ほしいパックほしいと言わなくなり、的を絞ってカードを揃えるようになりました。有機的にデッキが見えるようになったせいか、いいカードを沢山持ち歩かなくなったためか、なくさなくなりました。

    3年生だとまだ無理かな・・・

    で、ようやく仲間内で常勝するようになったら落ち着いたみたいでした(笑)。

    あまりやってほしくない遊びですが、相手あってのゲームで友達も増え、カード構築をいろいろ考える過程もあるし、計算が速くなったとも思います。

    注意して見守ってあげてください。全面禁止は少し様子を見てからの方がいいかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • そのころの年頃にはよくあること

    私の子供のころは、ビックリマンシールがはやってました。子供達は躍起になって、シールを買うためのお金を稼ぐためにお手伝いしたものです。
    あのころも社会現象になって、シール目当てにチョコを捨てるということも問題視されてました。もちろん、珍しいシールはオークションで高値で取引もあったと記憶しています。
    あのころとまったく変わってないな、と少しほほえましくも思います。
    子供にとってはコレクターズアイテムというのはとても魅力のあるものです。子供同士のコミュニケーションの手段でもあるのです。たとえデュエルマスターのブームが終わっても、形を変えて別のアイテムが現れ、子供達をとりこにしていくことでしょう。
    本来のカードゲームのやりかたで、友達と交換していけばいいという考えもありますが、最近の子供達にそれができるかどうか。カードを取られた、取ってないというトラブルに発展する恐れもあります。子供のけんかに親が出てくることもあるでしょう。
    コレクター熱はいずれはさめるもの。いまは子供のお小遣いの範囲内で、買ってあげたらいいと思います。

    ユーザーID:

  • 趣味として認めてあげたほうが・・・

    他の方も書かれていますが、ネットの利用は効率が良いように思います。
    子供にネット売買させることに抵抗があるのでしたら、欲しがっているカードを、特別なプレゼントの時にトピ主さんが購入してあげても良いのではないでしょうか?

    次にお金を欲しがることについてですが、お手伝いの習慣は良いことだと思いますので、それは続けさせたいですね。
    そこで、「ゴミ捨て週○回」「毎日のお風呂洗い」など項目や回数を決めて、それを達成できたらその月(週)のお小遣いを定額で渡すというのはいかがですか?

    あげたお小遣いの使い道については文句を言わないようにしてあげて下さい。
    大人でも趣味にかかる費用は興味のない人から見れば勿体無い・くだらないと思うものありますよね。

    ユーザーID:

  • 横:子供同士の交換はお気をつけ下さい

    子供の学校では、カードの交換は禁止されています。

    上級生が下級生のレアカードを無理やり交換させたり、後から「本当は交換したくなかった」と親に言う子が出たり、「合意だった」「いや、無理やり持っていった」と揉めたり、とにかくいろいろ交換によるトラブルがあったからだそうです。

    我が家に遊びに来た子が、カードの交換をしてと言い出した時のことですが、(中には黙認している保護者もいます)家の子は「ダメって言われてるから、ダメ!」と断っていたし、他の子も「カードの交換はしちゃいけないんだよ〜」と言っていたのに、その子は「交換してーー、交換してーーー」と何度も言っていました。
    その度に皆に諌められるのですが完全無視、ちょっと怖いくらいの執拗さでした。

    それまでは、「最近は面倒くさいんだな」「要らないカードを交換するだけなら良いのに」と思っていたのですが、あの場面を見て「なるほど、これか・・・」と思わず納得してしまいました。

    ユーザーID:

  • もはや遊びではない

    ファミコンやPSのようないわゆるテレビゲームの場合、
    ソフトをひとつ買うと、飽きない限りはある程度長く遊ぶ
    ことができます。

    それに対し、こういったカードゲームの場合、カードを
    半ば習慣的に買う必要があり(数枚ではゲームにならない)
    、また持っている枚数も優劣の対象になりがち
    (あの子は100枚も持ってる!すげー、とか)です。

    ゲームに罪は無い、というレスがありましたが、私はそう
    は全く思いません。

    なぜなら、買いつづけることが前提の商品だからです。
    交換というのは、ある程度手持ちがあって初めてできる
    ことです。

    定額にしたところで、もはやとっとと使い切った挙句に
    買えないと泣き喚くような状況になるだけだと思います。

    瞬間的に大変な事になるかとは思うのですが、この機会に
    思い切って禁止してしまう(ある程度買うことは認めて
    いたが、ちょっと度が過ぎるからなど、きちんとした理由
    付けは必要ですが)のも手だと思います。

    ユーザーID:

  • もうひと言言わせて下さい

    れむさんが書き込まれています。

    >カスカード(弱いカード)でも相手に勝てるよう頭を 使ってゲームするのが何より面白いものです。
    >私はコンピューターゲームより、人と対面するアナロ グゲームの方が交流にもなるのでいいのではないかと 思います。

    うちに息子も、「勉強にもそれくらい打ち込めよ〜」と言いたいくらい、カードの組み合わせに真剣に頭を捻っていました。また、手持ちカードにランク付けし、相手の歳やカードの強さ応じて使うカードを選び、できるだけ対等に戦えるように工夫していたのには感心させられました。少なくとも息子の仲間内では、上級生が目を光らせて、アドバイスもしていたようです。

    彼らは、対戦している人間を他の子が取り囲み、みんなでワーワー言いながらいつも遊んでいましたよ。

    母親同士でよくデュエルについて話しましたが、結局対戦する相手がいるから楽しいんだという仲間関係ができているのだから、まあ仕方ないかなと言うことになりました。彼らは、デュエル目的で集まっていましたが、ゲームが無くても遊べる友人関係が出来ていたと思います。

    ユーザーID:

  • ゲームよりも

    このケースでは、マズイのはお小遣いは手伝いすれば無限に手に入る、と、欲望するだけ行動して叶えてよし、と、お子さんが思ってしまっている状態ではないですかね。

    ストレートに「ウチではお小遣いは○○○円以上は、やらん!やりくりしろ!」で、いいと思います。ゲームに詳しい方にしてみれば、工夫次第で勝てるデュエルができる額の小遣いは既にもらってるわけだし。理由なんていらないですよ。

    お子さんに足りないのは、我慢と忍耐、だと思います。
    我慢と忍耐がない人間は、自分のことしか見えず、周囲の事情や自分の置かれた状況を、時々立ち止まって理解しようとする余裕がもてなくなります。

    とりあえずは、お母さんが、カードコレクトにはまり込みおねだりの激しい態度を良くなく思っていることを、理解させることからだと思います。カードゲームの是非をお子さんが考え、お母様に申し立てるのは、周囲の人間の気持ちに気づくことが出来てからの話と思います。

    ユーザーID:

  • カードがただの紙に見える日

    加熱してる最中に言っても無駄。
    それよりどなたか月額制のおこづかいにしてみてはおっしゃいましたがとてもいいと思います。
    買いたいものを決まった額でどういう計画で買うか。
    欲しい新しいのが出る日を調べさせ当日までにその費用を用意するにはどのくらい今から準備すればいいのか、それを買うかわりに何を我慢しなくてはいけないのか?
    買物のセンスや自分で物事の選択・判断する力を養わせる教育材料にしてみてはどうですか?

    ブームってかならず去ります。
    自分や周りが飽きてしまうのが早いかテレビとか漫画が終わった時点でやっぱり熱って引くものだと思います。
    そのとき息子さんの手元に残るのがただの紙の山だけではもったいないのと思うのです。

    ユーザーID:

  • バランスと経験

    うちの息子たちもカード大好きです。

    友達との遊びのツールだから欲しいんですよね。
    コンピュータ・ゲームなどもそうなんですが、生活全体の中でバランスを失わなければ良いと思っています。

    カードの世界もゲームの世界も仮想の世界。
    現実の自分の生活を見失わないことを言い聞かせています。攻略本、解説本含め、仮想の世界に夢中になって、身の回りの始末など、やるべきことがおろそかになっていたら、しばらく預かることもあります。
    ある程度は管理する、って形で支えてあげるのも親の仕事かな?とも思うので。

    お小遣いのことなどは家庭ごとの価値観もあるでしょうから何とも言えませんが、小3の子が使うお金の額として適当かどうかは親御さんが判断してあげて下さいね。

    数年後に紙クズ(?)になったカードを見て、本人達がおネツをあげていたことをどう感じるか・・・それも、経験させてみなければ分からないことだろうと思い、今は「もったいないなぁ」と思いつつ静観しております。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    たくさんのご意見ありがとうございます!
    ご家庭によって意見がみんな違うのだと実感しました。

    今日までのご意見すべて読めば読むほど余計悩みが大きくなってしまいました。
    ゲームのやり方がまったくわからない私は「カードを買い続けなければいけないゲーム」という意見と「手持ちのカードで勝負できる(…3年生には難しい)」という意見ありましたね。
    手持ちカードだけで長く遊れば、むしろいい遊びに思えるのですが。年上、年下混ざってトランプゲームや将棋みたいにほのぼのとしたイメージあります。
    学校で交換禁止にしているところもあるんですね。そうして欲しい!

    とりあえず、家のお手伝い=お駄賃はやめて毎月300円くらいの小遣い制にして自分で管理させようかなと思ってます。交換や購入を禁止したらゲームに興味を無くすか、逆に荒れるか…??親の腕の見せ所ですね。ハァ〜(難しい)私も鬼の心になって期限付き(1ヶ月くらい)で遊びを禁止してみたらその頃には忘れてくれてるかなと思ったりもします。
    ああ迷っています…

    ユーザーID:

  • お小遣いを定額制 1

    お小遣いを定額制にするに一票です。

    すくなくとも「カードゲームなんて」という理由で禁止するのは良くないと思います。
    私自身、子供の頃親にマンガやゲームを一切禁止されて育ってきましたがお金がある程度自分で使えるようになった今、反動でものすごいことになっています。(苦笑)トレカも何万もかけて集めているし月に2本くらいゲームを買うしマンガもたくさん読むし自分でも描くしとにかく禁止されていたこと全てにのめり込んでいます。
    一方、男だから(?)禁止されていなかった弟は一時期を過ぎたら興味薄になったようで山ほどもっていたバトル鉛筆やゲームソフトを何の未練も無く売り払って勉強に専念しています。

    一概にはいえませんがある程度やらせていた方がいいのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • お小遣いを定額制 2

    ところでトピ主さんはカードゲームでお子さんと遊んであげていますか?
    たくさん一緒に遊んであげて、ゲームを肯定してあげたうえでなにか言うのと端から見てるだけの立場でいうのとでは説得力が違うと思います。
    トピ主さんがお子さんの気持ちを理解できる立場にあるということをお子さんが認識できる状況で、しばらくは手持ちのカードだけで遊ぼうと諭したり、お小遣いの範囲でなら買ってもいいと決めたりするといいのではないかと思います。
    (子供のころの私の親に対する気持ちは「ゲームやったこともないくせに。っていうか”できない”くせに(そんな人の言うことなんか聞きたくない)」でした。)

    ユーザーID:

  • あるある〜

    うちの弟(いまはもう成人していますが)も小学生の頃は色々なものにはまってましたよ。
    ミニ四駆にカード、釣り、シール集め…などなど。
    男の子って一時期ものすごく凝って、集めたりしてるときがありますが気付いたら飽きてることが多いですよね。
    トピ主様の息子さんもすぐに飽きちゃうのでは?
    ブームが去るのはあっと言う間ですよ。

    ただ、お手伝い=カード というのはよくないですよね。お手伝いをさせてその場でお小遣いをあげるのではなくて、お手伝いの状況を見て月ごとに金額を決めてあげてはどうでしょう?今月はこれだけしてくれたからこれだけね、という感じに。もちろん前借りなんて禁止です。

    ユーザーID:

  • 禁止するより金銭教育

    このゲームで楽しむには対等の立場で、真剣に相手してくれる友達がいないと、そもそもゲームとして成立しません。
    自己中だったりマイルールを出したりでは誰も遊んでくれないのです。カード交換で何度もトラブル起こす子も然りです。
    また、やたらと強いカード集めていても勝てない(らしい)です。
    そういう意味では一人でこもりきりになるTVゲームよりずっと良いです。

    問題はカードを少しずつでもずーっと買わなきゃいけないところで、これは金銭教育のいい機会だと思っては?
    親の目が届く今のうちにカードの買い方を指導しましょう。
    大人になってから歯止めが利かなくなったら大変ですよ。

    ユーザーID:

  • 遊びに熱中できるのは良いこと

    親御さんとしては、「自分の息子が悪いんじゃない、こんな遊びがおかしいんだ!」と思いたいのかもしれませんが。。。

    トピ主さんも、親から見たらつまらないことでも一生懸命になったことがあるでしょう?
    アイドルの写真を集めたり、小説に夢中になったり、手芸に打ち込んだり。
    アイドルの生写真が高値で売られていたり、漫画家のサイン色紙が高値で取引されたりといったこともありました。

    ジャイアンがのび太やスネ夫のおもちゃを奪ったりするのも、昔からよくあることみたいです。

    そのうち、くだらなく思える瞬間が必ずきますが、ずっと自分の中で大切な思い出として残るものだと思います。
    働き盛りのオジサンたちにガンダムネタを振ると、本当に楽しそうに話し出して止まりませんね。

    親御さんは、「遊んでないで勉強しなさい!」で良いんだと思います。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧