こんな悩みは贅沢なのでしょうか・・・

レス14
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

風船

学生の時から付き合っていた人と
今年3月私は退職し、結婚しました。
私の仕事は長期間家に帰ってこれないもので、夫の反対(他の仕事なら賛成)もあって退職。

新しい土地は車がないとスーパーや役所などに行く以外はどこも行けません。でも生活に直接困らず金銭面を考え、一台で夫が通勤に使用。
夫の仕事の性格上、遠距離通勤も無理。

月に一度、私の実家に泊りがけで映画やショッピング等を楽しみにいき(高速で一時間半)、長期休暇は夫の実家へいっています。

夫は優しく面白く、一緒にいる時間はあたたかいし楽しいです。でも友達もできず、パートを考えましたがすぐに妊娠し、しばらくは無理そう・・・・

女友達がバリバリ働き、都内でショッピングや習い事してる話を聞くと憂鬱になり、この先ずっとここで生活すると思うと泣きたくなります。
でも、夫だってまだ同級生が好きに仕事して遊んだりしているのに、自分を養い大切にしてくれることを思うと申し訳なくて、また泣けてきます。

赤ちゃんもすごく嬉しいし夫が大好きで大切にしたいと思うのと、ここでの生活に嫌気がする気持ちが交わって、どうしていいかわかりません。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 高望みは禁物

      人間は、欲求するもの全てを手に入れることは不可能だと思います。
     
      トビ主さんは、友人が手に入れることのできない「垂涎」の宝物を既に手に入れている訳だし、あまり欲を出すと全てを失くしてしまうのではないかと心配もします。

      欲求するものと、自分の満足度合いを天秤にかけて、悩みの解消を図られたら如何でしょうか。

      欲求度合(目標)いが低いほど達成感は高く、満足度が大きいのではないかと思います。
     (トビの趣旨と違っていたらゴメンナサイ。)
     

    ユーザーID:

  • それが普通

    そういう人はたくさんいます。特別珍しい事でもなんでもありません。

    ユーザーID:

  • わかるわ!でもね♪

    妊娠おめでとうございます!
    私も同じような妊娠期間をすごしました。仕事をやめ、車は夫が仕事で使ってしまい、自由に楽しんでいる友人の話を聞いては、いいなーと思っていましたよ。

    でもね。
    今の、風船さんのやるべきこと。それは元気な赤ちゃんを産むこと♪
    自分にない状況をうらやんで、今の自分の状況を楽しまない人生は、悲しいですよ。
    それに独身でバリバリ働いている人も、実は風船さんの生活をとても羨ましく思うかもしれないですよ!

    そして、状況というものは、変わるものです。
    私もその後、夫の収入が少しずつ増え、子供が生まれて病院にも行けないのは辛い、ということで、車を購入。世界が広がりました。
    子供のいる生活は楽しいですよ。子供を通しての友達も増え、楽しかったOL時代の楽しさとは、また違った楽しさや幸せを、子供を産んで知りました。
    風船さんのトピを読んで、私にも悩んでいた頃があったわ…と思い出したくらいです。

    今の風船さんの生活を、楽しんでくださいね!
    考え方しだいですよ。

    ユーザーID:

  • 一般的な家庭ですよね、

    どうして悪いほうに悪いほうに考えるのですか?ご主人の同級生が好きに遊んでいるって、ご主人だって家庭を築いていきたいから結婚したんですよね?

    友人がバリバリ働いていてうらやましいって、そういう友人だってもしかしたら家庭に入って子供もできたトピ主さんのことをうらやましいって思っているかもしれないですよ!(私もかつてそうでしたから)

    新しい土地に住むと最初は慣れないですよね、でも今は自分の好きなことできる時間がいっぱいあるじゃないですか!私は妊娠中は読書とジグソーパズルにはまってました。

    今は子供も産まれ、忙しいですがベランダでちょこっとガーデニングなどしてますよ!赤ちゃんできたら自分の時間って中々とれないので、今のうち満喫してくださいね♪♪

    ユーザーID:

  • 私も同じ

    私も全く同じ思いをしています。
    結婚と同時に海外へ。
    今はその場所も離れ、夫の仕事の都合で中東某国にいます。

    夫は優しいし、お金の心配もない。
    やりたいことは何でもやっていいし、
    買い物も好きにいい状況。

    でも、やっぱり、自分自身で築き上げられる達成感というか、
    やりがいが欲しいんですよね。
    仕事をしていて、その楽しさを知っているだけあって、
    その飢餓感は日増しに増えていくばかりでした。

    私はこちらでは働けないのですが、
    インターネットを使って知り合いを作ったり、
    ボランティアで日本語を教えたり、
    ホームページを作ったりして、なんとかしのいでいます。

    トピ主さんもきっと、できることがたくさんあると思いますよ。
    少しづつでも、積み重ねていけば大きくなります。
    お互い頑張りましょう!

    ユーザーID:

  • リラックス!

    ご結婚、そして妊娠おめでとうございます。
    内容を読ませていただきましたが、
    まだその仕事を続けたかった思いが強いのでしょうね。
    やり残した事がまだまだある、みたいな・・・。

    だからいきなり片田舎?での日中一人きり生活は時間を
    もてあましてしまって、上手く溶け込めないのかもしれませんね。
    それで旦那さんの優しさにつらくなったり、お友達が羨ましかったり・・・。

    妊娠されたのならば、市町村や病院で開催される母親学級に参加されてはいかがでしょうか?
    お友達できますよ!
    また、妊娠中はほんとに時間が沢山あるので資格等の勉強に挑戦するのにいい時間だと思います。
    旦那さんは近所で働くのは賛成みたいなので、出産して
    一段落ついたらその資格を生かせる職場を探してみては?

    それに出産したら忙しくて暫くは環境の事とか考えられなくなりますよ。

    私は結婚してから1年ちょい仕事を続けたのですが
    妊娠を機に昨年退社しました。
    もちろん近所に知り合いはいないし、友人達はまだ現役?
    で働いているので平日は暇で仕方ありませんでしたが、上記のような生活をして楽しかったです。

    ユーザーID:

  • 逆の悩み

    現在43歳、3年半前に結婚しました。
    2歳の子どもがいます。
    夫の収入だけでは生活できないので、現在も結婚前からの仕事を続けて、フルタイムで働いています。
    とにかく半端じゃなく忙しいです。
    夫の仕事がたいへん忙しいので家事協力はまったく期待できず(家にいる時は子どもの世話はとてもよくしてくれますが)、
    私は毎日起床5:30,就寝23:00〜1:00です。
    (日曜日は7:00くらいに子どもに起こされるまで、まったく起きられません。)
    まぁ、好きで結婚したんだし、子どもも欲しくて生んだので誰にも文句は言えません。
    でも、専業主婦になれるものならなりたいです。仕事はとてもやりがいのあるものですが、もっと子どもと一緒にいたい、趣味や勉強の時間も欲しい…。

    だから何だというわけではありませんし自分を不幸だとも思いませんが、こんな立場の人間もいます。
    無い物ねだりをしたくなる気分って、誰にでもあるものですよね。
    トピ主さん、専業主婦ならではの時間の有意義な過ごし方を見つけて、頑張ってください。
    (勝手なことばかり言ってごめんなさい。)

    ユーザーID:

  • 私も同じ

    25歳二児の母です。20歳で子供が出来て、結婚をしてすぐの頃は、トピ主さんのように悩んでました。
    まず、今まで勤めた(旦那と同じ会社)を辞めたことで、社会から見放されたような孤独感を感じました。
    友達も仕事をしているし、しばらくは事あるごとに泣いて旦那にぶつかってました。
    実家は遠方なので月1回どころか年に1回帰れればいいほうで、自分の時間などありませんでした(それは今でも続いてますが・・)

    でも結婚も5年目、子供も4歳と3歳になり、悩みは変わってきました。
    旦那が育児に非協力的なこと。これは上記の悩みよりきついです・・トピ主さんの旦那さんは優しい方のようですし、きっと大丈夫ですよ。

    今は初めての環境の変化や、妊娠など体の変化で不安定になっていると思いますが、時がたてば穏やかになりますよ!
    悲観的にならず、その時その時の楽しみを見つけてくださいね☆

    ユーザーID:

  • 私は

    私は、妊娠中に「ごとう和さん・・・エンジェル日誌」を読みましたよ。
    とても勉強になる漫画本でした。35巻くらいまで発売されています。

    妊娠中でもやる事はたくさんありますよ〜。
    誕生したら赤ちゃんを中心に動くので、今以上にストレスが溜まると思いますので、今しか出来ないことをやっておきましょう。

    子育ても毎日大変ですが、過ぎた日々は戻ってきません。
    子供の成長は、あっという間ですよ〜
    1日1日は長く感じますが過ぎてしまえば、とても早く感じます。

    私も、やり残したことが過ぎてしまってから沢山あります。
    ビデオや写真などもっと沢山撮っておけば良かったと後悔・・・今では、恥ずかしがって撮らせてもらえません。
    読み聞かせや躾もしっかりやっておけばと思いました。

    家族が笑って生活できることが幸せです。

    ユーザーID:

  • 近いものがあるかも

    私は仕事もしているし、自分の車もあるし、ちょっと
    状況は違うけど、トピ主さんの気持ちに同調できる
    のが、「近くに友達がいない」という点。
    仕事の仲間は所詮友達にはなれないし、休日に
    なると、本当に憂鬱でした。ちょっとお茶したり、
    ちょっと話ができる友人ってやっぱりほしいですよね。
    私は、結婚前に、夫の住んでいる地域に単身で
    乗り込み、ひとり暮らしをしました。そのころから、
    ずっと近所に友達はいません。
    そんなの仕方ないのかもしれないけど、
    一時は薬が必要なほどの、うつ状態に
    なりました。そのくらい、友達って大切なんです。
    でも、今は電話ではなしたり、
    休日にがんばって友達のいる地域まで遠出したり、
    夫につきあってもらったりして、
    なんとか今の生活に慣れてきました。
    トピ主さんは、きっと今がかつて自分が陥った
    つらい時期なのかもしれないな・・・と思います。
    そのうち、上手な時間の使い方、
    気持ちの発散の仕方が見つかると思います。
    がんばってね!

    ユーザーID:

  • 働かない選択をしたのはトピ主

    これに尽きるのでは。
    夫の反対で働かなかった。

    私は働くことを認めない男性とは別れ
    認める男性と結婚しました。

    今からでも夫を説得するという手段が残ってますが。
    自分に言い訳、諦めをどこかで許してませんか?

    女性が働きつづけることは、家庭、社会いろんな
    場面で難題があるのは当然と思います。

    ユーザーID:

  • 今はちょっと感情が不安定なだけ。

    いろんな環境の変化に加え、妊娠と言う大きな、そしてとても大切な変化の渦中にいるんです。いろいろ不安になって当然です。贅沢とかそういう事じゃないです。もしかしたらマタニティーブルーも入っているのかも。

    >女友達がバリバリ働き、都内でショッピングや習い事してる話を聞くと憂鬱になり、この先ずっとここで生活すると思うと泣きたくなります。

    産後ですが、私も全く同じように思って涙が止まらなくなった事がありました。

    大丈夫ですよ、そのうち落ち着きます。出産、子育てでもうそれどころじゃあなくなるかも(苦笑)。どうか心穏やかに、マタニティライフを楽しんでください。近くにこういう愚痴めいた事を離せるお友達ができるといいですね。

    ユーザーID:

  • 将来を考えて。

    内容からすると、トピ主様はお若いのでしょうか。
    私も結婚、出産共に友達の中で一番乗りでした。

    周りの友達が羨ましかったですよ、正直。
    育児で髪を振り乱していたとき、習い事や
    旅行三昧で。。。。
    自分で選んだ道でしたが、「もう嫌だぁ」の一言に
    尽きていました。

    でも、私は今、老後が楽しみです。
    子供が成人しても私たちは40半ば、まだ夫は働いて
    いると思うので、金銭的にも多少の余裕がある中、
    ふたりの時間を楽しむことができます。
    今から色々と画策しています(早すぎ?)

    やっぱり、育児も若いときに方が体力的に楽ですし。

    きっと、何年か先に「選択は間違えではなかった」
    と思えることでしょう。

    お互い、頑張りましょうね。
    。。。。でも、車はあったほうがいいかなあ??

    ユーザーID:

  • トピ主です

    皆さん、ありがとうございます。
    書き込みをしてしばらく掲載されていなかったので
    諦めていました。
    偶然、古いトピまで読んでいたら掲載されていたので
    書き込みが遅れました。

    もっと、辛いご指摘があると覚悟していました。
    それほど、自分次第だ!って頭ではわかっていたから。

    新しいトピの依頼をして、その内容になるのですが、
    夫もまた、若くして家庭を持ったことに悩んでいました。私ひとりばっかり不満を募らせてると考えていたのが恥ずかしかったです。
    悩んでいようと、夫婦ともに自分で選んだ道で自覚もあります。そして何より夫を愛していると日々実感します。
    今は、マタニティブルーかな〜 と悩んでも、悩んでることに悩まず、一人の時に泣きたいだけ泣いて、すっきりしてきました。
    自分次第。
    生まれてくる子供と、愛する夫と、あったかい家庭を
    つくることが何よりの幸せだと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧