えっ?お彼岸はお盆と一緒?

レス12
(トピ主0
お気に入り0

旅行・国内外の地域情報

彼岸花

今日主人の実家にお墓参りに行きました。そうしたら遊びに来ていた叔父に「お彼岸はお墓参りするものではない。」と言われ、義母に聞いた所「ご先祖様が家に戻って来ているのでお墓が留守だからうちの方ではお墓参りはしない」と言われてしまいました。今までお彼岸の度にお墓参りに行っていたのですが、義母はおとなしい人なので何も言わずに付き合ってくれていました。正直とてもショックです。寝るに寝られずネットで調べたのですが、やはりお彼岸はお墓参りをするとの事。でも義母の「うちの方では」という言葉が心に引っかかっています。ちなみに我が家の墓地にはうち以外のお墓は1軒しか無く、そのお墓にはお花が供えられていました。近所のお墓もです。それでも地域によってそういう風習があるのでしょうか?来年主人の実家に入ります。子供に間違った知識を与えたくないのです。アドバイスをお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 墓参りしてもしなくても

    「ご先祖様が家に戻って来ているので・・・」というのはお盆の勘違いでしょうね。

    お彼岸は、墓参りをしても良いし、しなくても構わないそうです。
    一般的には墓参りをするようですが、うちでは墓参りはしてません。ちなみに東京です。
    でも東京でも、するお家はしますしね。

    「うちの方は」という言葉は、地域を指すかもしれないけれども「うちでは」ということかもしれません。
    「お会計の方は・・・」みたいな、ただの婉曲表現だろうと思うのですが・・・

    ユーザーID:

  • 地域によって彼岸の墓参りをしない所はあります

     こんにちは。私の郷里である福岡県の田舎町にはお彼岸に墓参りをするという習慣がありません。墓参りはお盆だけです。なぜかは分かりません。

     お彼岸のシーズンになると、テレビで線香のCMや墓参りの映像が流れますが、今でも何となく違和感を感じてしまいます。

    ユーザーID:

  • 一般的な常識というより

    そういった風習は地域やその家によって違うと思いますよ?ここで聞いても仕方ないと思うけどな。

    お義母さんや親戚の方によく聞いて「その家のやり方」を教えてもらうのが一番ではないですか?
    というか、それ以外方法がないのでは???

    風習って、何が正しくて何が間違ってるなんて無いんです。その家に代々受け継がれてきたやり方が正しいんです。
    あなたがどこからか聞いてきた「常識」を義実家に持ち込んだってしようがないですよ。

    ユーザーID:

  • その家によって違うので

    お盆、お彼岸の行事、習わしは地域というより、その家によってかなり違うもの。

    たとえばここは東京なのでお盆は7月ですが、同じ区でも、13日が迎え火、15日が送り火の家もあるし、16日が送り火という家もある。

    また、お盆にはお墓に行って、ご先祖を連れて来る・・・という家もあるし、お墓には迎えに行かず、ご先祖が自分で?自宅に帰ってくるとされる家もあります。

    要するに、長い間にその家に都合のいいような形になったのでは?
    トピックさんもエッ?と思うことがあっても、やはりその家に従うほうが無難かも。

    ユーザーID:

  • 地域や宗派による?

    その地方・地域 宗派によって違うのではないでしょうか、
    詳しい事は知りませんが 私の郷里では ほとんどの家で
    お彼岸に墓参りをしますが、うちと親戚筋は 仏壇だけです、

    ちなみにお盆の迎え火はやらずに お墓参りで
    一家そろって迎えに行きます、
    ご先祖って言うか 家族ですから。

    ユーザーID:

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 地域の風習

    冠婚葬祭に関する風習は地域によって様々で、一概にどれが正しくてどれが間違っているとは言い難いと思います。
    叔父様とお義母様がそのようにおっしゃっているのでしたら、そちらの地域(一族?)はそのような風習なのでしょう。
    私の住んでいる地域では、お彼岸にお墓参りに行くのが一般的です。

    ユーザーID:

  • お盆では?

    ご先祖さまが家に戻るのはお盆ではありませんか?。
    私の地方ではお盆になると家に戻るご先祖さまが迷わない様に白樺の皮を門の前で燃やしてお迎えしますし、お盆の明けの朝(遅くとも午前中)にお墓までお送りします。
    ちなみにお迎えは8月13日の夕方、お送りは16日の朝です。

    お彼岸はその年の都合によって墓参りをしたりしなかったり。

    地方によって風習が違いますので、ご主人さまから聞いて頂いたら如何でしょうか。

    ユーザーID:

  • しないところもある

    私の母の実家は、お墓参りはお盆だけです。
    お彼岸は、仏壇に御焼香だけ。
    なぜかはわかりませんが、でも、無理矢理推測すると、こちらは東北の雪の多いところなので、春彼岸にはまだお墓に雪があってお参りできない。
    だから彼岸はお墓には行かないのかなぁ・・・?
    これはあくまで私の勝手な想像ですので・・・。

    ちなみに、夫の実家は彼岸もお盆もお墓に行きます。
    同じ県内ですが、雪はそんなに多くない地方。
    結婚して「お彼岸もお墓に行くなんて、お盆に行ったばかりなのに、ちょっと面倒。」って正直思いましたよ〜。

    ユーザーID:

  • 東京ですが

    お寺が谷中にあります。

    お墓に行くのは、お正月、春・秋のお彼岸、7月のお盆。

    お盆はご先祖様を家にお迎えしているのに、何で行くのかな?と思いますが、まあ、こっちに来ている内にお墓を綺麗に掃除しておいてあげればいいのかなと考え、行っています。

    こういうのって、その土地土地、家々で習慣が違うので、一概には言えません。

    郷に入らば郷に従えの典型的なものですね。

    ユーザーID:

  • 子供には正しく

    言ったらいいと思います。
    そのおじさまも何れあちらに言って、気づくかも?

    春分の日は自然をたたえ、生命を慈しむ日
    秋分の日は先祖を敬い、亡くなった人をしのぶ日

    と書かれていました。
    現世の人が作った習慣だし、これが正しいというのは
    もしかしたらないのかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • ありのまま教えれば?

    「うちの方では」とおっしゃってるなら、そちらの方ではそういう習慣なのではと思います。義母達が無知だとかそういう問題ではないと思いますよ。こういうのは地域によって随分違ったりするようですから。

    >今までお彼岸の度にお墓参りに行っていたのですが、義母はおとなしい人なので何も言わずに付き合ってくれていました。

    義母は貴女の、墓参りしようというやさしい心遣いに感謝し、それを無にしたくないと考えてこれまで何も言わなかったのではと思います。世間一般では彼岸に墓参りすることは義母も百も承知だろうし。義母が黙っていたことは、貴女に対する感謝と評価だと思ってショックを受けないでね。

    子どもには「世間一般では彼岸に墓参りすること」と、「でも風習というのは地域によって異なり、おばあちゃんのところでは少し違うんだ」と両方言っておけば何の問題も無いと思います。

    ユーザーID:

  • 地域や家庭で違うのでは。

    お彼岸にお墓参りに行ってきました。
    千葉県ですが、父のお墓のある墓地は私達以外にもお墓参りの人達がたくさんいました。

    駐車場がいっぱいで、臨時で交通整理にアルバイトの人が雇われていたくらいです。

    もちろん、お盆にもお墓参りしますよ。
    地域や家庭で、風習が異なるんじゃないでしょうか。
    ご主人のご実家のやり方に従うのが、無難ではないかな〜と思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧