• ホーム
  • 男女
  • DV夫へのこの気持ちを忘れないように・・・。(長文)

DV夫へのこの気持ちを忘れないように・・・。(長文)

レス40
(トピ主0
お気に入り1

恋愛・結婚・離婚

放心ママ

26歳で3人の子持ち、夫は38歳です。
もともと短気で口が悪く、たまにですが手も出す夫と結婚して4年です。やはり子供のことを考え、離婚すべきか意見をお聞きしたいです。
ありがちですが、結婚前は「女に手を上げるなんてことは・・」云々、自分が常識人であることを言っている人でした。今は私を罵倒したり殴るのは「お前が悪いから」「お前の悪いところが子ども達にうつるだろ」と、子どもが見ている前でも叩きます。以前、「子どもの前で殴るのはどうかと思う」ことを言いましたが、頭に血が上るとおさえられないみたいです。この時点で子どものことを考えてすぐに離婚しなかった私は愚かな母親でしょうか。
昨日も仕事のミスを私のせいにして「言い訳するな」と3回ほど殴られました。更に反論したり、「冷静に話そう」と言っても「俺は冷静だよ。人の上に立ったような気になるな。」と気に食わないようです。
時間がたつと私の夫への憎悪が段々薄れていきます。そして忘れた頃にまたDV…。「ああ、あの時もこうだったじゃない!どうして決断できないの!」と、自分の馬鹿さにもあきれます。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 動いて動いて

    とりあえず、離婚届を取りに行ってはどうでしょうか。
    実際にするしないは、後で考えてもいいですから。
    相談所に駆け込むとか、そういうの考えると腰が重くなって
    そうしてる内に、つい記憶が薄れてしまうのかもしれないから。
    まずは小さな事からでも。行動しましょう。

    あなたに何らかの非があったとしても、
    殴るなんて非人道的です。わかりますよね?
    暴力を子どもに見せつけるのも、正気の沙汰ではありません。
    強者ぶりたいだけの人です。あなたの旦那さんは。

    何でもいいから行動に移しましょう。
    思考や行動が停滞すると、麻痺してきますよ。
    あなたが旦那さんに疑問を感じていられる内に、
    行動に移すのがいいと思います。

    ユーザーID:

  • 続きです

    一歩を踏み出せずにいます。子どもは「ママの方がいい」といいますが、「でもパパがいなくなると寂しい」「怒っているパパは嫌」らしいです。(長子4歳)
    こんな私に、離婚する決断をさせてください。子どもにとってもいい決断と納得させてください。
    少し状況を説明します。私は学校勤め(第3子出産後退職して今は非常勤で勤務)でそれ以外は主人の自営業の手伝い。主人はとっても働き者で努力家です。お互いの実家は私は遠方ですが理解のある若い両親。主人は母のみで近くですが最近再婚したため関係は薄い方?です。私の両親は「我慢して我慢して耐えられなくなったら帰って来い」といっています。(詳細はまだ話していません)
    長文読んでいただいてありがとうございます。

    ユーザーID:

  • まず専門家に相談と、それから・・・

    まず、役所や女性センター、弁護士会などに問い合わせてDV相談や、シェルターなどでネットで検索して専門家に相談してみたほうがいいと思います。

    これだけは言えますが、DVの親は子どもに決して良い影響を与えません。DVの連鎖を断ち切る子供もいますが、大抵好むと好まざるとにかかわらず、連鎖します(相手を馬鹿にしたり、暴力を振るったり、またそういう相手と結婚したり・・・小町でもDVなどで検索してみてください)。

    そして、トピ主さんは共依存(これも検索してみてください)になっていませんか?DV加害者が優しいのは、ハネムーン期といわれる周期的なもので、反省しているわけではありませんよ。彼らにとっては優しくしている時が異常であり、通常が、人が変わっている状態なんです。ただ、離婚すると経済的に困窮する場合もありますので、まずはお子様と自分の意識改革(楽しみを家庭以外に持つことと、DVは悪いと自覚すること)が大切だと思います。

    ユーザーID:

  • 同じでした・・

    私も20代で三人子供がいます。しかし夫からのDV
    に耐え切れずに結婚後9年目にしてやっと調停にて離婚成立しました。

    DVされた後は夫がすごく憎たらしくて悔しくて腹が立つし自殺したくもなるのですが、しばらくすると優しい夫に戻る為、私も憎悪の気持ちが薄れて何事もなかったかの様な状態に戻ります。で忘れた頃またDVを受けまた憎悪・・その無限ループに陥ります。

    そういう人はもう治らないしあなたも共存症になってしまいます。自分が正常な状態でいられる内に悪の連鎖を断ち切らないと一生そのままです。

    今はあちこちに支援施設があります。逃げた後の生活もなんとかなります。(実際私はなってるし)今離婚しなくてもいつでも逃げれるようにまずは情報収集から。

    怪我をしたなら診断書を貰いメモ等を細かくつけておいてください。頑張って。

    ユーザーID:

  • エスカレートする前に

    もっとひどくなって、トピ主さんが気力も、体力も使い果たす前に動きましょう。このままだと、お子さんにも手をあげるようになりますよ。

    お子さんの心に傷をつけないため、将来のため(連鎖するのです)そしてなにより、あなた自身のためです。公的な立場で専門知識を持った方(役所に聞けば分かります)に一刻も早く相談し、動きましょう。

    タイトルにある「この気持ちを忘れないように…」とおっしゃるのなら、DVをされている時にこっそり録音(小さなレコーダーを常にポケットに入れておいて)されてはいかがでしょう?のちのち証拠としても役にたちますよ。(ビデオの方がなおよいですが、現実的に難しいとおもいますので)録音したものを持って、相談に行かれるといいです。

    市(町)内に相談機関がなかったとしても、県の相談機関は必ずあります。とにかく、あきらめないで声をあげて、行動してください!

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 今すぐに

    お住まいの自治体の役所にはDVの相談窓口があります。管轄の警察署にもあります。まずはそこに相談しましょう。女性センターなどがあればそちらでも相談に乗ってくれます。これからどう動くべきかを教えてくれますし、必要ならシェルター(宿舎)に入れてもらうこともできます。
    暴力を受けた記録をきちんと残しましょう。警察署に行って調書を書いてもらうこともできます。これだけでご主人に連絡が行くことはありません。ただ、警察に調書が残るだけです。離婚調停などになったときに効力を発揮します。暴言などもいつ、どのようなことを言われたか、客観的に事実のみを記録します。このあたりのことも、相談窓口で教えてくれます。
    まずは動くこと。そうすると自分が今後どうしたいのかが明確になっていきます。

    ユーザーID:

  • 難しいですよね

    共依存の関係を打ち破るのはとても難しい事だと思います。DV被害者の方達はまず、「これぐらい・・・」など自分が「被害者である事」の自覚すらあまり持てない事もあるのではないかと思います。
     なんて、実は私がそうだったのですが。
    今は離婚して、心身ともに元旦那から離れてみて、寂しくはあるけれど、心はとても穏やかです。もぅびくびくして旦那の顔色をみたりしなくてもいいのです。これは今だから言えます。
     DVの共依存の関係は健全な関係ではありません。不自然であり、かついびつな関係です。そのしわ寄せは必ずと言っていいほど、妻・子どもの精神面に大きな悪影響を及ぼします。
     まずは、DVを受けた証拠づくりから始めてはどうでしょうか。そして、自分なりに、うーん、難しいとは思うけれど「これをされたら決断しよう」とか線をひいておいた方が良いかな・・・あと女性センターなどに電話相談してみて、客観的に自分の状況を他人にはなしてみるのも良いのでないかと思います。ファイトです。

    ユーザーID:

  • いいんじゃないですか

    離婚しちゃっても。
    ただしトピ主さんが逃げるのじゃなければ、トピ主さんたちを良く知っている公平な第三者に見てもらってから判断してもいいと思います。
    トピ主さんの話からでは、「手を上げるなんて言語道断」という意見しか少なくとも私は出せません。

    ユーザーID:

  • 警察を

    DV法が施行されて数年たっています。

    殴られた時に警察を呼んでください。奥さんの一言で夫は拘留され調書を取られます。法に訴えれば、間違いなく有罪、前科がつきます。

    ということをご主人はご存知でしょうか?
    念のため、診断書をとり、警察に相談してください。その時点でデータが作られマークされます。

    知り合いの奥さんは、この話を夫にしてとりあえず暴力はおさまっています。情に訴えたり説得することには意味がありません。

    ユーザーID:

  • 離婚して大丈夫

    トピ主さん、離婚するべきです。
    離婚しても大丈夫です。自分を信じて。

    あなたのわるいところが子供たちにうつるって、
    そもそもあなたが悪いわけでもないし、例え
    悪い部分があったとしても、それは人間として
    当然のこと。だんなさんだって悪いところが
    あるのに、それに対してあなたは暴力で
    押さえつけようとしますか? 暴力をして
    いい理由なんてありません。これは絶対です。

    子供たちにうつるとしたらだんなさんの
    暴力癖です。これは確実に子供たちに悪い
    影響を与えます。だんなさんの暴力こそ
    子供たちに伝染してしまいます。

    そのだんなさんとこれから一緒にいていいことは
    ありません。あなたにとってもだし、なによりも
    お子さんにとって。 お子さんのために
    離れてください。

    ユーザーID:

  • まず相談

    DVの窓口が市町村役所にあります。

    まず、落ち着いているときに相談してください。
    そして、次にDVをされた直後に相談員に電話なり、直接行くなりして、高ぶっている状態で相談に乗ってもらいます。

    専門家なら、そのギャップも十分理解してくれています。助けを求めるトピ主さんを付き放す事はありません。

    他人がいやならご両親でもいいです。とにかく、直後の状態で誰かに相談してください。時間が経てば優しくなり、自分の気持ちも落ち着くからといって、DVを受けているときはとても悲しくて辛いでしょう。

    子供たちも、殴られているママを見るのは悲しくて辛いと思います。殴っているパパを見るのも、とても辛いはず。

    個人的意見としては、すぐにでも離れてほしいと思いますが、放心状態&揺れている心があるうちは、踏ん切りはつかないものですよね。

    でも「相談してみよう」というほうに心が揺れた時を見逃さず、行動してください。お願いします。

    ユーザーID:

  • 決断するのはトピ主さん

    シンプルに考えてみませんか。

    幸せになる為の努力(苦労)は必要ですが、幸せになれそうでないと思うなら、その我慢やめた方がいいですよ。

    私はそういう風に考える事ができずに、長い間、我慢しました。私の中の、小学生の時から染み付いた、正しいか正しくないかという価値判断で、物事を決めてしまっていたのです。耐える事、頑張る事、とにかく家庭を守るという事が正しいと思い、それが、子供をもった親の責任だと思い込み、自分の心の叫びを封じ込めていました。

    そしてある日、心が暴れだし、私が私でなくなっていく事に恐怖を感じ、自分の心の求めてる様に行動したのです。結果、離婚。今、あの苦しい生活の中では考えられなかった新しい生活が始まってます。

    トピ主さんの人生にとって今の苦労が必要なのか、わかるのはトピ主さん貴女です。トピ主さんが幸せになればお子さんも幸せになれます。

    ユーザーID:

  • 結婚は自己責任

    男性だけが悪いとはいいきれないと思います。その男性を見抜く力が独身時代になかったからの結果です。弱い心が生んだ結果です。結婚を決断したのも自分、子供を生んだのも自分です。だんなさまのせいだけではないと思います。今は、心を強くして、離婚にしても、決断する力をもつだけです。母親の人生を子供は背負います。暴力のある家庭を子供にみせつづけるのも母親です。挫折のある人生でも、ひとり親でがんぱって生きる姿をみせるのも母親です。あなたが、流れをつくっていくんです。これからの流れを自分でつくるんです

    ユーザーID:

  • 放心ママさんへ

    海鳴りさんのおっしゃってる事本当なので
    ご主人に言ってみたら?
    うちの場合も元夫が暴力を振って来た時に
    通報して警察官に来て貰い現行犯逮捕されました。
    警察の生活安全課に相談に行っておくと
    いいですよ。もし地方裁判所の保護命令を申し立てをしたいという時に警察やDV相談機関に相談してないと相談してから申立書を提出という事になりますから。相談した時にちゃんとした記録を残してもらいましょう。

    ユーザーID:

  • DVは・・・

    別れたほうが、子供のためにはいいらしいです。
    殴られる母親を見ると、いずれ子供にも影響を及ぼします。
    母親を軽んじる、いずれ伴侶にもDVをする、心に傷を負うなど。
    あなたは自分が我慢すればいいと思っていますでしょうが、夫が増長する元と思います。
    あなたの悪い癖が移るよりも、夫のDV癖が移るほうが怖いです。
    DVの証拠をしっかりとって、警察や弁護士に相談の上、離婚を進めてはどうでしょうか。
    DVに走る男の人は元々小心者です。
    しっかりと証拠固めをしていけば、大丈夫と思います。

    ユーザーID:

  • 離婚希望なんですよね?

    これから、離婚が成立するまで、第四子妊娠なんてことがないように、お気をつけ下さい。
    女性を縛る為に、意図的に妊娠させようとする男性もいるようです。
    昨今、26歳で3人の子持ちというのは、感覚的に「多いな」と思ったので。
    がんばって下さいね。

    ユーザーID:

  • トピ主さんは、DV被害者ですが・・・(あえて辛口)

    お子さんにとっては、虐待の加害者(加担者)です。

    DV被害者が、子どもの為に別れられないと言うのは、詭弁です。
    本当に子供の為を思ったら、すぐに行動しなくてどうしますか!
    日々、子どもに害毒が浸み込んでいくのですよ。

    他人に暴力を振るえば、傷害罪で逮捕されるのに、なぜ、家庭内で妻に対して暴力を振るった時だけ許されるのでしょうか。妻は人でないのですか?こんな変な話はありません。侮辱の極みです。

    どうか行動して下さい。あなた自身の為に、お子さんの幸せな将来の為に。

    子どもを、あなたの生活の手段や道具にしてはいけません。お解りですね。
    変化しない事は楽ですが、良い事ではありません。

    この日本は国民を見捨てはしません。
    裸で飛び出しても、必ず生きていけます。子どもが居るからこそ、生きていけるのです。生活保護でも飢えたり着る物がなかったりなんてありません。

    あなたが、子どもの生存与奪権を握っているのですよ。強くなってください。

    ユーザーID:

  • これを読んだら、警察署の生活安全課へ

    海鳴りさんのおっしゃるように、暴力をふるわれたら、即警察は身を守る上で大事だと思います。しかし実際は逃げるのに精一杯かもしれないし、逮捕されることに躊躇してしまっても無理はありません。
    トピの文章に「昨日も殴られた」とあります。今日は9月30日、一週間前のことになりますね。記憶が曖昧にならないうちに、いますぐ所轄の警察署に行ってください。24日の暴力の件を調書に残しましょう。トピ主さんが傷害罪で訴える意思を示せば、ご主人は逮捕されます。その意思を示さなければ、調書が残るだけです。でもこの調書こそ、ご相談のタイトルのことを行動に移すことになります。
    私は上記のことを実行した者です。自治体の女性センターでカウンセリングも受けました。動くのは勇気がいりましたが心から良かったと思っています。トピ主さんの力になれれば、と思います。

    ユーザーID:

  • これを読んだら、警察署の生活安全課へ・2

    続きです。
    私のことをもう少しお話します。
    女性センターで初めてカウンセリングを受けたとき、暴力をふるわれてから半月が経っていました。自分の中では落ち着いた日常を取り戻している、と思っていました。でも、その時点で私は鬱状態にあって、PTSDである、と診断されました。ショックでした。自覚がまったくなかったので。
    その後、カウンセリングを重ねて、いまは本当に落ち着いています。夫とは離婚していません。それが私の出した答えです。カウンセリングはまだまだ終了できません。まだトンネルの中です。でも、動いて本当に、本当に良かったです。

    ユーザーID:

  • 結局、こういう人は

    DV夫と言いつつも、文面を読む限りでは、あなた自身に「こんな主人の顔も見たくない」「こんな家、一刻も早く出て行きたい」という切羽詰った気持ちがないように思えるのですが。
    「子供の事を考え離婚すべきか」という事ですが、こういう人は、周りが積極的に離婚する事や、警察に相談する事をすすめても、本気で腰を上げる事をしません。そういう人を、何人も見てきました。
    暴力を振るわれても、時間とともに、その怒りも薄れ、また同じ事の繰り返しなんですよね?
    そして「あのときも、そうだったじゃない」というような事を思い出すんでしょ。
    第三者から見れば、暴力を振るう父親、決断できない母親、どちらも子供にとって良い影響はないでしょう。

    ユーザーID:

  • トビ主です

    みなさま、こんなにご意見ありがとうございます。

    どの方も(もちろん辛口の方も)、ありきたりではない、まさに私に向けられた言葉で本当に相談してよかったと感謝しております。

    警察に被害届も、気持ちが高ぶっているときは「やってやるっ!」と思うのですが、冷静になると「何もそこまでしなくても…」と、情が沸いてきます。決して私が優しいというわけではなく、私にも非があったかも、と思うからでしょうか。

    「そこまでしたら、許さない」という線引き、子どもへの虐待であること、「どうにかいい方向にいくかな」ではなく私がもっと真剣にならなくてはならないですね。
    本当にご意見ありがとうございました。

    何度も何度も読み返したいと思います。

    ユーザーID:

  • 子供は忘れない

    私が子供の頃 両親がひどく喧嘩していた時期がありました。
    親戚の事やなにやら色々な事があった時期で 互いにストレスをため 情緒不安定になっていたのかもしれません・・
    罵る母を殴る父 私達は怖くて部屋の隅で動けずに ただ早く終わるようにとだけ思っていました
    今でもその光景は忘れません はっきりと憶えています。
    トビ主さんのお子さんは まだ小さいかもしれませんが、
    そういう事は しっかり子供の記憶に残ります
    経済的な事等あるんでしょうが、それ以外そういう人といて良いことなんて何もないのでは?

    よく 父親がいないのはかわいそうだから・・という人もいますが、
    こんなもの(DV)を見続けたら トビ主さんの子供は
    「気に入らない事があったら人を殴って憂さばらしすればいい」という同じような人間になるか、
    母親に暴力を振るう父に「死んでしまえ!」と憎むか・・
    どっちかですよ。

    ユーザーID:

  • 悪くない・・・

    トピ主さんは悪くないでしょう。
    暴力振るう側が悪いに決まってます。
    DV受けた女性って「私にも非があったのかも」と思うらしいですね。DV夫から「おまえが悪い」と言われ続けてたせいでしょうか。
    あなたは何も悪くないでしょう?
    DVから守るシェルターってのがあるんですよね。
    お子さん連れて避難しましょうよ。

    ユーザーID:

  • 私は母に一緒に逃げてほしかった

    私の父親も母親に暴力を振るう男でした。
    その矛先は私にも向けられていましたが、私の母親は動いてくれませんでした。
    トピ主さんと同じように情がどうのと言っていました。

    母親は自分で選んで父親と一緒にいるのだから、そりゃあ情もあるのでしょうが、
    私にとって父親という男は家族という名の犯罪者でしかありませんでした。
    母も私も蔑ろにするような男の方が、子どもよりも大切なのかと、心の底から失望しました。
    同時に、この状況から抜け出す道を絶たれてしまった事に深く絶望しました。
    家を出るまで毎日が死んだ方が楽なのにと思うほど辛かったです。
    親への思慕も敬愛の気持ちも私の中には育ちませんでした。

    もう何年も会っていませんが、このまま訃報が届いても涙一滴出ない気がします。
    両親に対する怒りと憎しみが今でも消えないからです。

    トピ主さんの文章からは本気で逃げなければという必死さがあまり感じられません。
    DV被害者が加害者から離れる事が容易ではない事は解ります。
    どうするかはトピ主さんが決める事です。
    ただ、トピ主さんのお子さんには心から同情します。

    ユーザーID:

  • もっとひどい父親でした。

    題名通り、毎日の様に罵声・暴力を繰り返す父親でした。(今でもたまに罵声はあります)

    理由は馬鹿みたいなことです(DVは大体がそうですが)根本は【自分が気に入らない】ことをやられたら切れる、ただそれだけの男でした。
    母親が死ぬのではないかと毎日布団にくるんで泣き続け、泣いて止めても「こいつ(私のこと)生意気な目で見やがって、お前そっくりだ」と更に父親の暴力はエスカレートする始末でした。(そのくせ機嫌のいい時は近づいてくる)

    と、トピ主さんはまだここまでひどくはないと思いますが、子供には嫌なくらい影響します。本当に。今でも父親のことを許せないし、消えて欲しいとすら思います。
    うちの母親は生活面で離婚はやめましたが(もう共依存だと思います)離婚してくれていたら、母も私も幸せになれたと思います。

    今でも怒鳴り声を聞くと怖いです。人が傍にくると恐怖を感じます。どうぞ、お子さんがそうなる前に決意されて下さい。DVは哀れですが、治りません。本人にもし治す気が起きても簡単には治りません。
    トピ主さん自身の幸せとお子さんの幸せ。それだけを考えて行動されて下さい。

    ユーザーID:

  • 非はないです

    トピ主さんの二度目の投稿読みました。このまま何も変わらないんだろうなあと思いました。

    想像してください。お子さんが大人になって結婚した時に「配偶者に殴られた。でも私も悪かったから」と相談されたら、「そうね。あなたも悪いものね」と言いますか?「訴えなさい。すぐに逃げなさい」と言いますか?

    あなたの今の対応をお子さんはずっと覚えています。大きくなったら「お母さんはあの時こうだったじゃない」と言われます。

    だから毅然として下さい。殴られても、なあなあで済ます親を子供は尊敬できません。

    何も離婚だけが道じゃないと思います。暴力を振るわないように夫に話す為に警察を使ってもいいんじゃありませんか。お子さんの為にちゃんと解決してください。

    ユーザーID:

  • トピ主さんは悪くないんですよ

    旦那さんから殴られることについて、トピ主さんには非はありません。
    DVする人は、自分が気に入らないこと全てに「お前が悪いから殴られるんだ」と言います。
    「お前が悪い」と言われ続けることによって、「私が悪かったのかも」と思い始め「私が悪いから殴られる。仕方ない」となっていきます。

    私は若い頃に付き合っていた人から暴力を受けました。
    上に書いたとおり「お前が悪いんだ」と言われ続け、「私が悪かったのかも。私が間違ってたのかも」と思っていました。
    やっとの思いで別れることが出来(殺されるかもと思ったけど)、DVから離れて生活するようになったらよく分かりましたよ。

    「洗脳されていただけ」と。 それは普通ではないんですよ。

    だから、トピ主さんが殴られるのはトピ主さんが悪いからではないです。
    旦那さんが悪いです。

    でも、そのままだと子供にとって良くありません。
    子供をDVから守れないのはトピ主さんが悪いです。
    すぐに行動してくださいね。

    ユーザーID:

  • トピ主さん、

    >>警察に被害届も、気持ちが高ぶっているときは「やってやるっ!」と思うのですが、冷静になると「何もそこまでしなくても…」と

    私の元夫はモラハラで時に暴力を奮いました。私もあなたと同じように、事を大きく荒立てるのが躊躇されて、長年を過ごしてしまいました。

    私のそういうところは、結局、私内部の依存症の表れであり、それが夫のような人を惹き付けてしまったのだと気づきました。ある意味、私の内面的な問題でもあったわけです。だからと言って、人間的に成長し、気づいた後までも、依存症のモラハラ夫と共に生活し、私も子供達も不安で不快な家庭生活を続ける必要はないので、離婚しました。

    出会いや結婚の時点では共に未熟な共依存であったとしても、長年の間に片方のみが成長し、共依存を卒業してしまうことだってあるのです。

    あなたの「何もそこまで」という思いは、実は、あなたの勇気の無さへの口実であり、自分を欺瞞に陥れているだけで、共依存からの離脱が淋しく怖いのではありませんか。それを夫は察していて、夫のDVに大きな優位点を与えているのではありませんか。ご自分をよく分析してみてください。応援しています。

    ユーザーID:

  • あなたは悪くない。相手が悪い

    >私にも非があったかも、と思うからでしょうか。

    私はDV関係のトピでは同じことを言っていますが、自分に厳しい人間が、自分の非を考えるとそれこそいっぱいでてくるでしょう。
    「やり直せるかも」「もう一度だけ信じてみよう」そうして人を信じることは、決して悪いことではないのです。

    し・か・し、相手次第です。トピ主さんは、詐欺師(DVだって警察沙汰になりますので、同じようなものです)を信用しているようなものなんです。相手が悪すぎる。
    そして、DVの家庭に育ったお子様たちのレスをしっかり読んでください。

    また、小町トピで「(DVの両親を持って)私は結婚できないでしょうね」という内容のがあります。そういう思いをさせたいですか?「DVの両親を持っているなら私なら反対します」というレスもありました。

    できるなら、子供がDV親(両親)を断ち切るのではなく、やはりトピ主さんが断ち切ってほしいです。

    ユーザーID:

  • このページを

    配偶者に殴られ続けてきた妻、今子どもまでもが、彼女を殴るようになっています。旦那は息子にこういいます。「俺は、見えるところはやらんぞ、見えないところにしろ」
    ぞっとしました。
    こうならないうちに早く、行動を起こしましょう。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧