白無垢で披露宴てどうですか?

レス36
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

ココ

来年の春に挙式いたします。式は神前式で行い、その後披露宴を行う予定です。

現在迷っているのは、披露宴での衣裳の事です。式は白無垢を着たいと思っておりますが、その後の披露宴で白無垢のまま入場するか、色打掛を着るかどうかという事です。

私自身どうしても色打掛を着たいというこだわりは無く、衣裳よりもお料理などのおもてなしにお金をかけたいという気持ちもあり、始めは白無垢で入場し、途中で一度だけお色直し(白ドレス)をしようと思っていました。しかし、私の両親は白無垢・白ドレスでは色がなくてさみしい、お金がないなら援助するから着た方がいいと言っております。一度衣裳合わせで色打掛をはおったのですが、どうも似合う感じがしませんでした。色々探せばしっくりくるものも見つかるかもしれませんが…。白いドレスはとても着たかったので変えるつもりはありません。

白無垢・白ドレスでの披露宴はさみしい感じがするでしょうか?実際そのようにされた方はいらっしゃいますか?又はそのような披露宴に出席された方はどのように思われましたか?ぜひ感想をお聞かせ下さい。

ちなみに色打掛を着る場合は衣裳プランに10万円追加になります。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 白無垢で入場しましたよ!

    大丈夫だとおもいますよ!
    私は白無垢とカラードレスを着ました。
    お色直し1回にしたのは中座の時間をなるべく少なくするのと、ある程度年齢を経て自分が思うほど誰も見てないかなーって思ったからでした。式場の方に尋ねたら、白無垢での入場も大丈夫ですとのことでした。
    ただ私もトピ主さんのお母様のおっしゃるように「白無垢&白ドレスでは寂しい感じがするし、雰囲気が変わらなくて見ているゲストがつまらない」と母親から言われ、カラードレスにしました。
    白無垢&綿帽子で式(神前式)を挙げ、そのままの格好でお出迎え。その場で綿帽子をとって、入場しました。かんざしを光るのにすると雰囲気がぐっと変わるとおもいますよ。
    両家の格式や方針が厳しいとかでなければ、一生に一回のことなので、好きな衣装を選ばれては如何でしょうか?私も最初は白ドレスにこだわっていましたが、カラードレスもかわいらしい雰囲気のものもたくさんありますし、見学のつもりで色々見て研究してみてくださいね!
    素敵な披露宴になりますように☆

    ユーザーID:

  • 着てあげてください

    どうしても色内掛けを着たくないというこだわりがあるわけじゃないのであれば、是非ご両親への親孝行の為だと思って、色内掛けを着てはどうですか?
    結婚式は、2人のためという考えもありますが、ご両親なりにあなたの晴れの日の姿を楽しみにしているのです。
    どうしても着たくない!という強いこだわりがないのであれば、ご両親と衣装選びに行って「これどう?」「こっちはどう?」と色んな衣装を身にまとい、見せてあげてください。(おせっかいですが)
    私は、衣装選びに両親も含め4人で行ったのですが、あれこれ試着した姿を見て「さっきのがいいね」「これも着てみて」と言ってる嬉しそうな両親の顔を見て、一緒に来て良かったとしみじみ思いました。
    お金がないのなら援助すると言われてるという事は、それだけ着て欲しいということなんですよ。
    着てあげてください。

    ユーザーID:

  • 色打ち掛けに1票

    白無垢で挙式・お出迎え→色打ち掛けで披露宴入場→白ドレスでお色直しをした者です。
    自他共に認める和風顔・体型なので和装は両方したかったのとやはりウエディングドレスが着たかったからですが、友人に「お色直しで白ドレスって意外だった。色当てゲームしてたのに〜。」と言われました。

    色打ち掛けを挟んでもそう言われるのなら白無垢→白ドレスだとやはり寂しく感じられるのではないでしょうか。

    親御さんが資金援助してでも着て欲しいと仰っているのなら、親孝行と思って着られた方が良いと思います。

    ちなみに白無垢から色打ち掛けへのチェンジはあっという間で、お客様をお待たせすることはありません。

    それと、失礼ですが衣装代10万円を節約したところでお料理を1品増やすのも難しいですよ。お客様の目を楽しませることもおもてなしの1つと思ってはいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • 打ち掛け着なよ〜

    白無垢で式をしたお嫁さんが色打ち掛けで入場って定番だから、自分にばっかり金かけて贅沢!!という意見にはならないと思いますよ。
    上着を替えるだけなので時間もかからないし、親御さんが望んでいるのならぜひ着てあげて欲しいです。
    一発目の衣装(入場時の衣装)は大体あっという間にお色直しに入るので、たとえ似合わなくても大丈夫ですよ。

    ユーザーID:

  • 是非きてあげてください

    結婚式楽しみですね。
    白無垢だけでも素敵だと思いますが、
    ご両親が大切に手塩にかけた娘さんの色打ち掛け姿を見たいと楽しみにされているなら
    是非きてさしあげてください。
    結婚式は1回、ご両親への孝行になる事でしょう。
    羽織るだけで10〜万だなんてと思われるかもしれませんが
    ご両親にとっては、お金には換算できない思い出が欲しいのだと思います。
    素敵な結婚式になるといいですね。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • きららんさんと同意

    私もきららんさんと同じような経験をしました。
    親に「親は女の子が生まれた時から、花嫁姿を楽しみにしているものだ」と言われました。

    衣装選びの時、日頃、10円20円の節約をする母が、「こっちの方がやはりよい」と何万と値段の違う高い方を迷わず選び、私が着ると「やはりこっちがよかった」と目を細めて喜ぶので本当に驚きました。

    白無垢は会場入り口の金屏風前での挨拶の時に色内掛けの上に羽織り、それから白無垢を脱いで色内掛けになるので、お色直しの時間はほとんど掛からなかったと思います。

    親が金を出してもいいから色内掛けを着ればと言っているならそうしてあげてください。

    私は正直、結婚式などお金のムダ、しなくていいと思っていたのだけど、あれだけ満足そうな親を見れば、そのためだけにでもやってよかったと思います。

    ユーザーID:

  • 両方兼用のもの

    タイトルどおり、両方兼用の打ちかけを着ました。
    私も何度も退席するのは嫌だったので
    (でも、ドレスも着たい)
    そういう話を式場の担当の方にお話したところ
    白無垢ではあるのだけれど、披露宴で着ても地味?に
    ならないものを数点出していただきました。

    織り込んである糸がプラチナとかそういうので
    披露宴のライトに当たるときらきらと輝いて
    派手?になるという・・・
    (うまく言えない)

    一度、相談してみてはいかがですか?

    ユーザーID:

  • 色内掛け賛成!

    ココさん、ご結婚おめでとうございます。

    私もきららんさんと同意見です。
    是非ご両親のためにも色内掛け姿を見せてあげてください。

    私も衣装選びの時に、なかなか良い色内掛けとめぐり合いませんでした。しかし「これは似合わないでしょ」と思っていた黒地で十二単っぽいものを羽織ってみたら意外にもしっくりくるではありませんか!笑
    いろいろ試してください、ココさんに似合うものも絶対あります。

    それと、私は白無垢で披露宴会場に入るゲストを迎え、入場の時は色内掛けでした。白無垢から色内掛けは簡単に変身できるので時間のロスもありません。

    ドレスが白ということですので、照明に工夫されてはいかがですか?青やピンクの光でドレスの色も綺麗に変わります。

    結婚式、披露宴が良いものになるといいですね。
    準備大変でしょうけど頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 白無垢良かった!

    友達が白無垢で披露宴の入場しました。
    みんなウェディングドレスでの入場ばかりだったので、
    とても良かったです!

    ユーザーID:

  • 私も白一色でした

    私は白無垢&綿帽子で挙式、その姿でお客様をお迎えして、綿帽子をとった白無垢姿で入場しました。その後お色直しは白いウエディングドレス、同じドレスで髪型だけ変えて二次会に参加しました。
    私も色打ち掛けにあまり興味はなく、試着してもコレ!というのが見つからなかったのです。入場と披露宴の最初の数十分しか着ないのも分かっていたし。
    それに結婚式の「白」は花嫁限定の特別な色なので、それを一日中身にまとえるって素敵なことだなーっと前向きに考えていました。
    色打ち掛けとカラードレスの予算が余った分、綿帽子の中の簪は銀細工に珊瑚のついた少し華やかなものにランクアップしてもらいました。
    式場の人は盛んに「色がなくて寂しい」「白無垢で入場なんて聞いたことない」と言われましたが・・・幸い両親も本人任せだったので本人の希望を押し切りました。

    ユーザーID:

  • 私のとった方法ですが

    私は人前結婚式だったのでできたのかもしれないのですが参考までに。

    白無垢お出迎え後、そのまま出て、人前結婚式を済ませます。そして色打掛の口上を司会に読んでもらいながら披露宴会場で着替えました!

    そうすれば中座することもありませんし、一つのイベントとしてお招きした人に楽しんでもらえます。白無垢と打掛、上っ張りを変えるだけなのですぐに済みますよ。かなり好評でした。そして色打掛で披露宴開始→白ドレス→色ドレスと衣装がえしました。

    色打掛の色ですが、私も赤やピンクの色が全く以って似合わず、サファイアブルーの打掛にしました。コレも「あまり見ない色・似あっている」と大変好評でした。従兄のお嫁さんは、黒い打掛でしたよ。着姿はとっても美しかったです。
    ただ、親族の集合写真のときは、回りの黒にまぎれるようで目立たなくなってしまっていたので、集合写真にはお勧めはしません。

    お金のことはご両親に甘えて、着てみてください。自分でもびっくりするほどキレイかもしれないですよ。そしてウチの旦那は紋付ではなく、裃(かみしも)をつけました……それもあんまりいないので好評でしたよ。

    ユーザーID:

  • 最も寂しくなるのは料理!

    結婚式には数多く出席している者です。

    新婦が白無垢・白ドレスでの披露宴でもさみしい感じはしませんよ。安心してください。出席者はお祝いに来ているわけであり、そのお祝いする本人が決めたことですから。

    しかしながら、「結婚式の主役は新婦」という前時代的な考えを持ったある特定の年齢層の女性がいたなら、後でグチグチ言うことがあるかもしれません。

    料理にお金をかけることはいいことです。逆に言うと、料理をケチると、結婚式自体にケチが付く場合が多い。過去ログを見ればわかりますが、「肉や魚が出てこない」「メインがパスタだった」「デザ−トがグレ−プフル−ツの1/2カット」「アルコ−ルはビ−ルだけだった。」「子供用はウ−ロン茶だけで、仕方なく水をもらった。」という事例もあるようです。

    目の肥えた人が見れば、この結婚式でお金をかけているところはすぐにわかるものです。そういった人達から「いい結婚式でした。」と言っていただけるようにしてくださいね。

    ユーザーID:

  • 問題なし!

    綿帽子を取って、かんざしを変えたり、
    小物を持ち替えれば白無垢でも印象は全然違います。

    でも、お母様が是非にとおっしゃり、
    また費用を負担していただけると言うのならば、
    お母様のために着て差し上げればどうでしょうか?
    色打掛はお母様に選んでいただけば良いでしょう。
    完全に「親孝行!」と割り切って。いかがですか?

    ユーザーID:

  • 色打掛

    ご結婚おめでとうございます。

    私も、きららんさんの意見に賛成です。

    色打掛にも色々なものがありますよ。
    私は挙式披露宴は白ドレスと色ドレスでしたので、
    和装(白無垢・黒の打掛け)は写真だけ残しました。


    色打掛けも色とりどりで、深い緑色と菫色とで迷いました!
    式場でしたら、たくさんの色打掛けが用意されてるでしょうから、
    ココさんに似合う色打掛けがきっと見つかりますよ。

    ユーザーID:

  • 白無垢と白ドレスでした

     私は白無垢で入場後、しばらくして白ドレスで再入場しました。
    そう言えば色内掛け着てなかったな〜と、今になって気がつきました。
    別にヘンじゃないですし、そのことで特に誰からも何も言われませんでした。
    みんな何も考えてないと思いますよ。
    着替える面倒が一回減るからいいかもしれませんよ。

    ユーザーID:

  • 白無垢→白ドレスでした

    私も神前で式を挙げ、そのまま披露宴に出席。そしてお色直しで白ドレスにしました。良かったですよ!

    打ちかけ、絶対薦められますよね。
    でも、和装が洋装に変わるわけですから、お化粧も髪型も全部変わります。それで「代わり映えしない」ってこと、無いですよ。
    (といいつつ、心配でブーケだけカラーブーケにした小心花嫁です)

    あと、どのくらいの時間でお色直しに入るか、一度考えてみるといいかもしれません。
    私は式が和装の分、ドレスを長く着たかったので、入場→主賓挨拶(2人)→乾杯→歓談(5分)でお色直し!というタイムテーブルだったので、予定では大体白無垢タイムは30分くらいでした。なので、30分のために何万もかけて色内掛け着るか?と考えたら、あっさり結論でてしまいました。

    私の場合を書きましたが、結婚式は花嫁さんの思うようになさればいいと思いますよ。ご両親の希望をかなえて差し上げるのも素敵な親孝行だと思います。
    どうかよい結婚式を!!

    ユーザーID:

  • せっかくなら

    一生に一度のことですから、色打ち掛けも着てみては?
    私は結婚式後に「白無垢も着ておけば良かった〜」
    と後悔しました(着物は着たんですけどね)

    着て後悔・着なくて後悔なら、着て後悔した方が、
    同じ後悔でもいいかな?と思います。
    (着て後悔する事は、少ないと思いますけどね)
    ご両親も打ち掛け姿を見たいようですし、
    両親へのプレゼントと割り切ってはどうでしょうか?

    打ち掛けというと、赤で派手というイメージがあったのですが、
    友達の打ち掛けは、白っぽくゴールドっぽくという感じで、
    今まで見たことのない打ち掛けでした。

    白無垢から色打ち掛けになった時の、劇的変化はないものの、
    また違った変化があって、とっても素敵でした。

    ユーザーID:

  • 私も白無垢、白ドレスでした

     私も白無垢、白ドレスでした。
     白無垢と白ドレスだけ着たかったんです。なぜか色モノに興味がなくて・・・(笑)。私の両親も主人の両親も和風顔の私にとても似合うと喜んでくれました。
     披露宴が洋館だったからかな?式場の方も色がなくて寂しいなんて言わずに「お嬢さんのお好きなように」と言ってくれました。最初の挨拶が綿帽子。入場が白無垢に角隠し。お色直しで白ドレス。白無垢は少しクリーム色がかった鶴や亀の綺麗な刺繍の浮き出たもの。白ドレスも刺繍の入った華やかな物にしました。自分の理想通りにできて満足でした。
     衣装にお金のかからない分食事や会場は思い切り凝りました。もし、少人数だったら白無垢、白ドレスでも寂しくは無いと経験的に思います。
     でも、お母様の思いも考慮にいれて選択した方が良いと思います。大事な娘が嫁ぐとき、綺麗な着物を着て欲しいと思うのは当然です。衣装を迷うのはとても楽しいこと。自分と旦那様になる方のお母様と三人で迷ってみるのも良いのでは?

    ユーザーID:

  • 私も白無垢で

    この夏、挙式しました。
    私の場合:
    白無垢「綿帽子」で挙式→白無垢「角隠し」で披露宴入場→お色直しで白ウェディングドレス
    でした。

    私たちは親族のみのこぢんまりとした披露宴でしたし、私自身衣裳にはあまり興味が無く、トピ主さんと同様に、その分お料理代にまわそう!と思ってそうしました。
    でもやはり母は「あら、白しか着ないの?」と、つまらなさそうにしていましたね。うちは妹が色ドレスを着て華やかにしてましたので、まあ仕方ないわね、という感じで済みましたが。

    お母様の気持ちを考えると、やっぱり私も「着てあげた方が良いのでは?」と思います。
    お母様以外にも、衣裳を楽しみにしているゲストの方って、とっても多いと思いますので。
    美しい色の衣裳に身を包んだトピ主さんを見たら、お母様はきっと誇らしい気持ちで一杯になるかも・・・。

    ユーザーID:

  • 白無垢の入場はイチオシです

    やたらめったら人の結婚披露宴に出席しておりますが、白無垢の入場は超オススメですね。
    私が思うに、日本人女性を一番美しくかつ初々しく見せる衣装ではないでしょうか。

    お色直しも、特に必要はないと思いますよ。
    例えば私は、友人が結婚したとき彼女の白無垢姿がものすごく美しく、ウットリしたのに対し、その後色内掛けにお色直ししたときに内心がっかりした事もあるくらいですから。

    ただ、私自身は花嫁になった経験がないので、白無垢姿で長時間高砂に座っていても大丈夫か?インターバルは必要ないか?ということはわかりませんが。

    イチ参列者の意見でした〜。

    ユーザーID:

  • トピ主です 1

    皆様たくさんのご意見ありがとうございます。

    白無垢・白ドレスでもさみしくなければ、白無垢で入場しようと思っていましたが、それ以上に皆様が私の両親の気持ちを考えてご意見を下さったことが驚きであり、嬉しくもあり、その気持ちに気付かなかった自分を情けなく思いました。

    打掛はどちらかというと父の希望のようなのです。
    最初の衣裳の時、母と二人で行く予定でしたが、父も予定を空けて来てくれました。
    母とドレスを選んでいる最中、打掛をじーっと見ている父の姿を衣裳室の人が見ていたらしく、「お父様が打掛を気にされておられるようなので、ぜひはおってみては」と声をかけられました。
    はおるだけと思い、赤い打掛を着てみましたが…うーん…派手すぎて抵抗がある、似合わない気がする…。その日は時間がなく他の打掛は試せませんでした。

    その時は深く考えず、初めから白無垢のままのつもりだったし、お金もかかるし似あわなそうだし、わざわざ着なくてもいいやという思いがありましたが。
    しかし母からの援助の話があり、そんなにさみしい感じがするものなのかな?と悩み、小町に相談させて頂いたのです。

    ユーザーID:

  • トピ主です 2

    今考えると、さみしいうんぬんよりも着て欲しいと思って言ってくれていたのだなと思います。一番大事なのは気持ちなのですね。

    小町で皆様のご意見を読ませて頂き、打掛を着ようという気持ちになりました。

    打掛は赤と黒しかないと思っていたのですが、いろんな色があるのですね。自分に似合う打掛を積極的に探してみたいと思います。

    それでもどうしても自分自身しっくりこなかった場合は無理して着たりせずに正直に親に言おうと思います。
    またその際は、皆様からアドバイス頂いたように、白無垢の種類や照明などを工夫してみたいと思います。

    結婚式は自分たちだけのものではないので、父や母やゲストの方々の気持ちを十分に考慮し、「すてきな披露宴だった」と思ってもらえるような式になるよう、準備していきたいと思います。

    貴重なご意見を下さった皆様、本当にありがとうございました。小町に相談してよかったです!

    ユーザーID:

  • 今更ですが

    色打掛、いいですよ。
    私も白無垢でお迎えし、色打掛で入場しました。
    入場した時に、色打掛に変わっていたので、
    (この時に、角隠しも取り去っていた)
    オオッ、と声が上がったのが分かりました。

    色打掛を選ぶ時ですが、試着したら必ず
    フラッシュを焚いて写真を撮ってみて下さい。
    見た目がゴージャスな金糸の刺繍も、
    フラッシュの光が反射してしまうと
    ただの金の固まりになって模様が見えなくなるなど
    あまりにも写真写りがよくないものが中にはあります。

    素敵なお式になりますように。

    ユーザーID:

  • 着たほうが良いかもね。

    ご両親が援助してでも着てもらいたいと言ってくれるなら、親孝行と思って着てあげたらよいと思いますよ。
    私は結婚式場でアルバイトしていましたが、白無垢で式のあと、お客様をお迎えするのを白無垢で、その後、屏風の後ろで色内掛けを羽織って入場というのがパターンでした。私も白無垢で式のあと、同様に色内掛けで入場し、お色直しをするという感じにしました。やっぱり後で写真などをみても色内掛けは華やかだし、良かったと思います。式は式で集合写真などをとったりして、白無垢姿も残りますし、披露宴は内掛けがお勧めです〜。料金を出してもらって、親孝行のつもりで選ばせてあげてはどうでしょう?こだわりが無いのであれば、問題ないと思います。
    お幸せに〜。

    ユーザーID:

  • 黒振袖

    で挙式、お迎えをしました。その後ウェディングドレスを着て披露宴をしました。

    特に着たいものがなかったので、父母の勧めで選びました。

    私は色が白いらしく、母の「真っ白(白無垢)に肌も白でなんか寂しいわね〜」という言葉で、会場が珍しく黒振袖での挙式をやっていたこともあり、黒振袖にしました。

    我ながら、他の人と全く違う美しい着物を着ることができて、よかったな〜と思います。格式もありました。

    誰もそういう人がいなかったので、参考までに…。
    準備大変だと思いますが、彼を上手におだてて(苦)手伝ってもらうところはやってもらって、楽しんでくださいね〜。
    お幸せに。

    ユーザーID:

  • 同じ着るならお父さんの意向も入れて選んであげて

    着ることに決められてよかった。

    「予定を空けて来てくれた」
    普通そこまでする方は少ないと思う。
    「打掛をじーっと見ていた」
    よほど貴女の内掛け姿を見たいと思ってられるのだろう。

    私も母に「親は女の子が生まれた時から花嫁姿を楽しみにしていたのだ」と言われて仰天。

    貴女の父も生まれた貴女が女とわかった時から嫁ぐ日のことを考え今、感無量なのだと思う。今どき「嫁に行く」も何も無い、男女平等とは言えやはり父世代には「娘が嫁ぐ」という思いで「花嫁の父」の気持が強いのでは。
    金を出すとまで言われたことからもよほど思いが強かったのだと思う。衣装選びに同行までしたのにもし貴女が着なければどれだけがっかりされたかと思うと着ることにされて本当によかった。

    父のためにも着ることにしたなら「何であんなのにしたんだ」と父が感じるようなものでなく、仮に貴女の趣味とは少し違っても出来ればお父さんの希望を入れて選んであげて。衣装選びに同行までした父の気持を汲んであげて。
    父が着て欲しいと思うのを、父へのこれまでの感謝の気持で着て、父に喜んでもらえればそれもまた大きな喜び、思い出の式になると思うよ。

    ユーザーID:

  • 同じ着るならお父さんの意向も入れて選んであげて 2

    >派手すぎて抵抗がある、似合わない気がする…。

    洋服のセンスで和服を見るとしっくり来ないのは当然、ましてや晴れの場の特別な衣装ゆえ通常の洋服のセンスで判断することが違うかも。
    また父には昔からの「花嫁衣裳」のイメージがあると思う。

    「自分の式だし趣味に合わぬものは着たくない」気分かもしれぬが父にとっても一生に一度の娘の花嫁姿、父のために着るぐらいのつもりで希望を聞いてあげれば?
    父がよいと思うのを考慮せず、父が「同じ着るのに何でこんなものを」と思うようなのを選べばがっかりされると思う。

    普段の洋服のセンスで「こんな派手なものカッコ悪い」と貴女が思っても見る人が見れば決して滑稽ではなく素晴らしいはず。

    衣装選びに同行までした気持を汲んで「あまり私の好みじゃなかったけどでも父は満足そうだった」という思い出にすればいいと思う。仮に友達に「派手なのにしたのね」と言われても「父のたっての希望だったので。花嫁姿は親にとっても特別のものだったのね」と言っておけばいいと思う。
    少なくとも昔の感覚では、長年育てて来た娘を手放すような特別な感慨がある。独身最後の一生に一度の衣装による親孝行の機会。

    ユーザーID:

  • 父の喜ぶ顔…priceless

    おめでとうございます。ココさんはとてもお父さん思いの娘さんなんでしょうね。書き込みされた方も親身な様子で読んでいてジンときました。
    私は父を高校生の時に亡くしているので見せてあげたかったなと今あらためて思っています。
    色内掛けを選ぶのは楽しいですよ。私もたくさんの品からあれこれ出してもらい選ぶのに時を忘れました。
    その時彼氏(いま旦那)の父が床に広がる内掛けを眺めて「金襴緞子の〜帯締めながら〜だな」としみじみつぶやきました。きっとお父様の心にも色内掛けの錦絵が娘との思い出と一緒に焼きつくのだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です 3

    みずえ様、皆様、メッセージありがとうございます。こんなに真剣に答えを下さった事を本当に嬉しく思います。

    前回の追記です。最初の衣裳合わせの時に衣裳室の人に「お父様が打掛を気にされているようなので…」と声をかけられ、はおるだけと思いはおりました。気のすすまなそうな顔をしていたのでしょうか、脱いだ後衣裳室の人に「余計な事をしてしまいすみません」と謝られてしまいました。そんな嫌な顔してたのかしら……今思えば父や気を使って下さった衣裳室の人に悪いことをしたなと感じます。

    また、父が衣裳選びに来てくれた時も「もう年なんだし、仕事で忙しいんだし、最近調子も良く無さそうだし、遠いんだからわざわざ来なくてもいいのに…」と思っていました。「来てくれてありがとう」くらい言えば良かった…。

    ユーザーID:

  • トピ主です 4

    おととい、実家(現在別々に暮らしております)に電話をし、「打掛着たい」と伝えました。母はすぐに「その方がいいよ!」と言ってくれました。

    正直、私自身普段から明るい色彩の服は、気恥ずかしくて敬遠しがちなのですが、いい機会なので挑戦してみたいと思います!

    再来週また衣裳合わせに行くので、皆様のアドバイスを参考にさせて頂き、素敵な打掛を探してみたいと思います。

    着ると決まると段々楽しみになってきました!皆様本当にありがとうございました!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧