食べ物の好き嫌い(夫婦で)

レス20
お気に入り0

ころりん

健康

自分が好きなんだけど、夫が嫌いな食べ物。
逆に夫が大好きなんだけど自分が嫌いな食べ物。

ごはんを作ってる方(主に妻?)、自分の嫌いな物を調理して相手に食べさせますか?

ごはんを作ってもらってる方、食べたいけど食卓にでてこない○○はどうしてますか?
外で食べる、我慢するなど・・。

私のうちの場合。

私が貝類全般苦手です。
あとは嫌いな野菜(セロリ、ピーマンなど)も少々。
夫はこんにゃくとすっぱい物が苦手です。

貝のおみそしるなどはたまに作ってます。
私は汁だけ飲む。
ピーマンなども、別に炒めてだしたりしてます。

こんにゃくは煮物などに入れて、自分だけ食べる。
すっぱい物は、自分のにだけお酢をかけて、夫には醤油やダシで食べてもらうなど。

から揚げの甘酢かけとか好きなんだけど、結婚してから一度も作ってないなー。

なんか、ふと疑問に思ったので。
好き嫌いするなんてと気を悪くする方はスルーしてください。
よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気の毒な夫

     どちらかというと私のほうが苦手なものが多いので、何でも食べられる夫は気の毒です。
     
     特に苦手なのがレバーで、すすんで食卓にのせる事はまずありません。一緒に買い物に行った時に、自分で調理・後かたずけをすることを条件にようやく買ってもいいということになります。後は私の気が向いたときに調理済みのお惣菜か、焼き鳥のレバーを買って出すことはあります。滅多に出さないので出来合いの物とはいえ、かなり喜んでます。
     
     食事を作るのは殆んど私なので気の毒だなぁと思ってはいるけど、触るのも嫌なので仕方がないですよねぇ。

    ユーザーID:

  • アレルギーなので

    甲殻類は出せません。私がアレルギー。
    なので、外に出たときに夫はたべていますね。

    悪いなぁ〜と思いつつも、触ることもできないので。。。

    竹の子とか、さくらんぼとか、年々反応するものが多くなっていきます。
    ど〜すればいいのさぁ〜!

    ユーザーID:

  • 私の一番好きなもの=夫が一番嫌いなもの

    な夫婦です。

    私は鳥が大大大好物なのですが、夫が大の鳥嫌いです。

    動いてる鳥も勿論ダメですが、文字でも鶏という文字を見ると極度に嫌がります(笑)。又、鳥肉は全部ダメです。特にコンビニのお弁当を買う時はすごい時間かかりますよー。原材料を全てチェックして鳥が入ってないか毎回確認しています。鳥の粉末もNGです。鳥ベースのスープは大丈夫なんですけどね。そこがまだ救い。

    なので、うちの夕食に鳥が出ることはまずありません。
    私は大好きな鳥を食べられないとストレスを感じてしまうので、焼き鳥を買って帰ったり、友達と飲みに行く時に鳥専門のお店を選んだり、無性に食べたくなった時はケンタッキーで5ピース買って一気に食べてしまいます(←病的?苦笑)。

    最近は、私がどれだけ鳥を好きか理解してくれて配慮してくれるせいか、お鍋をする時に旦那は豚肉、私は鳥肉と一緒のお鍋に入れられる様になりました。ホント嬉しいです(笑)。

    ユーザーID:

  • あまり気にしなくても

    自分が好きでなくてもちゃんと食卓に出したり、偉いなぁと思いました。自分が嫌いなものは絶対料理しない人もいるし。友人で(女性です)ごはん、パン、めん類を食べない人がいました。これは結構人として致命的ではないかと思います。独特の健康法なんでしょうけど、穀類も食べないとバランス悪いですよね。貝の味噌汁は結構汁に栄養が溶け出しているので汁だけ飲んでもいいのでは。自分も主人も人が食べられる物なら何でも食べる「サバイバル」系なので偏食の多いご主人の話を聞くと大変だなぁと思います。お一人で食べるランチなどストレス発散にお好きな物を好きなだけ召し上がっては如何ですか?太らない程度に。

    ユーザーID:

  • 納豆

    うちの夫は納豆が大嫌い。匂いをかぐだけでも気分が悪くなるそうです。
    かたや、私にとっては大好物。納豆に醤油と芥子を入れて、それだけでも食べてしまうくらい。

    なので、私が納豆を食べる時は、彼の視界に入らないように、そして匂いもいかないように、横を向いて急いで食べなくてはいけません。
    でも、美容と健康に良い納豆、どんなに嫌がられてもこれからも食べ続けてやるー。

    ユーザーID:

  • たくさんありますよ

    うちは主人が日本人ではないせいか、食べものの好みは夫婦でかなり違います。お互い、ひとつだけ心がけているのは、食べず嫌いせずに、一度は食べてみること。それでも嫌なら食べないというふうに決めています。おかげで、初めは苦手だった(というか見たこともなかったはず)おさしみやおすしは、いまや主人のほうが大好きで、どんなネタでも大丈夫というに、違いを克服したものもありますが…。
    主人はラムチョップが大好きですが、私はだめなので、そのときは私はローストチキンを食べるとか。考えてみれば、2人で別々のものを食べていることって多いですね。つけあわせを同じものにすれば、いかにも違う食事をしているという感じにもなりません。。主人の家族が滞在するときは、みんな好き嫌いがすごくて(うちの主人は少ないほう)4種類のメインを作るということも珍しくないので、2種類くらいなんでもないという感じですね。
    どうしても主人がだめで私が食べたいというものは、主人の長期出張中とか、お昼ご飯に私ひとりで楽しんでいます。

    ユーザーID:

  • 鬼のいぬ間の

    夫はカニは好きだけどエビはそれほどでも。私は辛いものを食べるとすぐに腹痛を起こして大変なことに。

    夫は私が仕事でいない時に、辛いものを食べているようです。
    私は夫が仕事でいない時に、大好きなエビを食べています。
    二種類作るのは面倒だし、「このエビは私だけよ」なんていうのもね。
    子供がいないからできることなんでしょうけど。

    ユーザーID:

  • ホントのところ…

    面倒です、食事の準備。

    私と上の娘は、食べる量こそ少ないものの
    好き嫌いはほとんどなし。
    ダンナはエビ・イカ、ブロッコリー、キノコ類
    納豆・梅干し・紫蘇などが嫌い。
    魚は鮭かマグロしか食べないし。。

    定番のごはんしか食べられません。
    お家で八宝菜、エビチリ、シーフードカレー
    エビフライ…思いっきり作って食べてみたい!

    離乳食の娘もいるので、疲れ倍増!
    みんながおいしく食べるには
    別で作るのがいいのかもしれないんだけど
    特別扱いはしません(面倒だから)

    でもね〜、来週ダンナが出張なの!!!
    嬉しいわ〜!!!

    ユーザーID:

  • 好き嫌いが少ない夫婦

    タイトル通りですが、どうしても若干の嫌いなものはあります。
    旦那はトピ主さんの旦那さんと同じでこんにゃくと酸っぱいもの、でも酸っぱいものでも甘酢なんか大好きで酢の物もダシを多めにするとOKですね。
    こんにゃくは「食べる意味がわからん」といいます(笑)私は嫌いではありませんが、格別好きではないのでオデンの時くらい自分だけ食べるかな。
    困るのは「そうめん」ですね。
    昔食べさせられすぎて、嫌いだそうです。
    私は好きなので、実家に帰ったり一人の時に食べるようにしています。
    あとは相手に合わせてるうちに苦手じゃなくなったものもありますよ〜
    年とともに味覚も多少変わりますしね。
    昔は親に食べさせられていた人参も、今では生でバリバリ食べます(笑)

    ユーザーID:

  • ありますね

    結婚前、好き嫌いはほとんど無いと聞いていたのに、私に比べて旦那の方がたくさんありました。
    同じものでも味付けの好みの違いもあります。(私は赤だし味噌汁好き。旦那は嫌いとか)

    通常の食物であるなら頻度は少なくしても絶対に出さないということはありません。アレルギーだとかで無い限り単なる我侭とみなしているので。
    嫌そうですが、嫌だなんて言おうものなら、好きなものを自分で作れなどと三倍は言い返されるので我慢するようです。

    問題は、旦那が嫌いな為に私が食べにくくなるものがあることです。
    旦那は生トマトが嫌いで食べませんが、私は好き。
    でも毎日食べたいという程好きではないので、買ったものを数日内に食べ切れそうも無い時は買えなくなります。
    トマトだけは我が家の食卓にほとんど上らなくなってしまいました。

    ほんと困りますよね・・。

    ユーザーID:

  • ストレス解消

    好き嫌いの差って、困りますよね〜。
    味付けの問題もありますし。

    うちは、基本的に好き嫌いは無視しています。調理方法や味付けによって食べられたりします。
    年齢によっても好みは変わると思っています。
    食わず嫌いは、美味しそうに食べるのを見てると克服できたりします。27年食べたことのなかった納豆を、夫のおかげで食べられるようになりました。

    夫に口論で負けたりすると、夫の嫌いな人参を、すりおろしたり、細かく刻んで好物料理に入れたりします。
    美味しそうに食べているのを見ると、リベンジした感じがしてスッキリします。

    ユーザーID:

  • 嫌いなものはつくりませーん

    私の嫌いなものはだめです。調理できません。
    出来合いものを食べてもらいます。

    ところでずれますが、
    私も旦那もきゅうり類が大嫌い!です。
    食卓にはぜっったいのぼりません。
    納豆とかドリアンとか特殊な食べ物ならまだしも、
    子供ができたら、きゅうりを知らずに育つのかなー
    なんて思ったりしてます。

    ユーザーID:

  • 外食の時に「補給」します。

    嫌いとまでいかなくても、微妙に避けるものとかだったら、大皿料理にして、私はちょこっと、旦那がほとんど食べる、とか。
    調味料(つゆ、醤油、酢)・ドレッシング・添え口(ネギ、生姜、カツオブシ、ミョウガ、柚子その他)類は食卓に幾種類か置いておいて、最後の味付けは各自でしたりします。

    外食に出かけた時に、お互いの頼んだメニューを見て、相手の好きな物を思い出したりとか。

    あと、たまに旦那が食事を作ってくれると、私とまったく違うメニューで、それはそれで普段食べないなぁって思います。

    ユーザーID:

  • 34年も別食です。

    私はアメリカ人と結婚して、34年です。お米のご飯も好きでなく、これにサラダドレッシングをかけている偏った人と、全く違う食事を通してきました。今は27から33才になる4人の娘が家にいた頃は、普通の夕食時間に日本食、ご飯とおみおつけと、野菜の煮付け、金平、サラダなんかと、メイン。早くても8時過ぎて帰って来る亭主はポテト、ジュッと焼いたお肉、缶詰めの野菜をあっためて、とこんな風です。
    夫婦2人の暮らしになって、10年ですが、今は退職して、一緒に食事ですのに、2人違うものを食べています。
    不便?亭主の偏食がひどいので、これ以外の食事の方法を知りません。もう慣れて、カレーも、はやしライスも一人です、なにしろ、はやしの玉ねぎすらだめなんですから。それを知っていたら、結婚をしなかった?あの時はだめでしたね。今さら、離婚をする気はないけれど、今の経験と理性があれば再考の余地あり、です。

    ユーザーID:

  • わかりますわかります

    夫婦で食の好みが合わないほど、寂しいことはありませんよね。
    だって、うちは、あまりにも夫の嫌いなものが多いため、旅行先も、バイキングのホテルしか泊まれないんですもの。
    ほ〜んと、つまんないです。
    その土地の料理を堪能したい、というのに〜

    うちは、主人が好き嫌いが激しく、その上小食で、私は、嫌いな食べ物はなく、食べることが大好きです。

    結婚前には、こんなにも好き嫌いがあるとは知らず、結婚してからわかり、たいへんなショックでした。

    結婚前に、こんなに好き嫌いが激しかったとわかっていたら、結婚はしなかっただろうな〜と、最近は思うほどです。

    最近は、主人の仕事が遅く、食事がばらばらですので、好きなものを食べることが出来ますが、これってある意味すごく寂しいことですよね。

    好き嫌いの激しいひとは、親が甘やかして育てている、と思います。
    義理親はもう少し、厳しく育ててくれていたらよかったのに〜と、思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 家もありますよ〜

    結婚半年、だんだん夫の好みもわかるように。
    私は好き嫌いがなく、何でも食べれるので、夫に合わせることが多いです。

    夫はしいたけと脂身が絶対ダメ。なので、家にはしいたけがありません。
    お肉も脂身の極力ないところを選び、手羽などの鶏皮もとってダシとしてだけ使います。

    あと、変わったもの(私には普通なんですが)を食べず嫌いできたみたいなので、そういうものを作る時は、夫の大好物のおかずも用意します。
    一口だけは食べてみてって言います。

    でも、だいたい好みがわかってきたので、絶対アウトなものは、自分の為と割り切って
    作ります。

    「美味しかった、今日もありがとう」と必ず言ってくれるのは嬉しいですね。
    でも、本当に好きなものだったときは絶賛の仕方がぜんぜん違うので、その反応で読み取ってます。

    ユーザーID:

  • ちぐはぐ夫婦

    私はコレステロールが多すぎてある食品にはドクターストップかかってます。逆にだんなは普通で食べたい放題。
     ミートボール、スパゲティー、ビーフ、たまご焼き、クッキー、ケーキ、アイスクリーム、なんでもござれ。私は野菜中心。
     はっきり言って食べたいものが食べられない私から見ればすき放題食べてもコレステロールに変化のないあいつが憎たらしい。

    ユーザーID:

  • うちもこまってまーす

    主人は、寿司ネタでイカ、エビ類、貝類しか食べられません。あとはマグロもハマチもコハダ等何もかも食べないのでお刺身盛り合わせとかはありえません。単品でイカやホタテだけ買ってきます。私は基本的に好き嫌いがないのですが、主人が絶対食べないものが他にもあれこれ多すぎて(トマト、しらたき、こんにゃく、魚卵、水菜、酸っぱい味全部、香辛料すべて)一人で食べきれる量ではないものは泣く泣く諦めています。たまに実家で母が作って食べさせてくれたりもします。あとは女友達とでかけて思い切りタイやベトナム料理を楽しんだりします。私があえて食べたくないけど主人が大好物のもつ煮込みとかグラタンとかは生協で小さい単位の冷凍品を買って暖めて出したりしています。楽ですよー

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    お答えいただいた方、ありがとうございます。

    さわるだけでアレルギーのでちゃう物は出せなくても仕方ないですよね。
    我慢して、外食などで食べてもらわないと。

    納豆とか、においの強い物は一緒の食卓に出てるだけでもつらいだろうし難しいですね。

    私の友達で、夫がチーズが大嫌いって人がいるんです。
    その友達は、ピザ、ブルーチーズなど大好きなのに・・・。

    一番好きな物が相手の苦手な物って大変だなーと思います。

    別々の物を作って食卓に並べる人も多いみたいですね。


    うちも夫婦そろって苦手な物もあります。
    レバー、辛い物など。
    キムチなんて買ったことないし。

    子供が生まれたら・・・やっぱり一度は食べさせてあげたいかな。


    引き続きご意見お待ちしてます。

    ユーザーID:

  • お互いの妥協点

    結婚前、私はベーガン。夫は肉があれば他は何もいらないというほどで、ついでに濃い味と油が好き。

    さて結婚後、肉や魚を取り入れようと頑張ってみたものの、やはりベーガンの私が作るのは、豆野菜たっぷりのアッサリ和食中心。
    結婚当初、夫は「昼食に好きなものを食べているから」と私の料理に妥協していたようですが、1年後には健康状態がよくなって体重も減り、今では積極的に健康食を食べています。

    私の方は、乳製品と卵はアレルギーで食べられませんが、特別な意味でベーガンをしているわけではないので、少量の肉や魚は食べるようになりました。

    双方の妥協点がすごくいい場所に落ち着いたようです。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧