妊娠・出産・育児

4歳の娘の空想

レス15
お気に入り0

今の母

子供

 4歳半の長女。3歳くらいから空想というか絵空事をよく言うのです。

例えば、夕食が大好きな唐揚げではないと分かったときに、「○○(自分の名前)だけのお家にはねえ、唐揚げがいっぱいあるのよ」とか、あの建物でお母さんとお父さんは結婚したのよと私が言ったときに「○○の昔のお母さんは向こうの建物のたかーいところで結婚したのよ」とか、他のお子さんが私に(ムシキングの)メプチュンはこんな角だよと手で角の形を作って見せに来ると、(ムシキングのことは全然知らないのに)「あのねー、ジュッポンツノカブトはこんな角なのよ」と両手でそれらしくして見せに来る、など。とくに「自分だけのお家」と「昔のお母さんとお父さん」というのがよく登場します。

 今までは面白いなあと思いながら「そうなの、いいわねえ」と相槌を打っていましたが、小学生にでもなれば級友から嘘つきと呼ばれてしてしまうのではないかと心配になりました。

 何か「他人に良く思われたい」というような一種の脅迫観念でも持っているのでしょうか?他のお子さんにもこのような空想現象はあるのでしょうか?絵空事に対して親はどのように反応したらよいのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数15

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • テレビと大人の話と見えるもの

     前世で何か在るとかいう人のことは私には解りません。只、幼稚園のときに極端に母親を怖がる話を先生に言ったり、うちに父親がいないとか、兄弟がいない、友達の話を知らないはずなのに解ったと大人が見てつじつまの合わないことを何度も繰り返す子が何人か居ました。園では絵を描かせていましたよ。

    どうしても色使いや心配なときは専門家に見せていたようです。勝手にって思いましたが、案外親が気が付いていないのと、日中の保育者が祖父母で子供の前でも両親の悪口を言う、時代劇やサスペンスの殺人や強盗、言い争う場面を頻繁に子供に見せる、特定の子供を意識するような話題を家庭でよくしていると、とても空想を通り越した発言が多くなるそうです。

     子供の吸収できる範囲を超えた出来事や繰りかえし特定の子供さんの話題はしてませんか。赤や黒、登場人物が極端に小さい絵やはっきり血や凶器のわかる絵を描くのを見かけたら、幼稚園に言いにくい場合は専門機関を市や公共機関で探されて早く相談してください。夢見がちにしては決まった話の部分に気がかりな面を私も感じました。後低血糖になると発言が空想化するそうです。調べられることをお勧めします

    ユーザーID:

  • うちの娘も

    うちの4歳の娘も同じような感じです。娘の会話の十八番は
    「○○(娘の名)ちゃん国」で、ことある毎に「○○ちゃん国」の話が登場。何か気に染まないことがあると「○○ちゃん国ではね、、」。時には「○○ちゃん国では(例えば)鳥のことをフォリラ-ルーって言うの。フォリラ-ルー、言ってごらん!ほら、フォリラ-ルー」など。泣き叫ぶ下の子のオムツをシャカリキで替えてる最中などに耳元でのどかに
    リピートされると気がおかしくなりそうです(笑い)。
    いくつか架空のキャラクターも持っていて、そのキャラになりきって私と会話もします。キャラクターは例えば
    ご近所の某国人のきれいな奥様に影響(優しくてきれいなので憧れてるようです。)されて、その国のイメージの名前と服装(本人のイメージなのでコスプレ系になってしまってますが)で精一杯素敵な人風に話すなど。あと、お絵描きをしながらずっとお話を作っているし、オペラ風に一人何役かで歌を歌ってることもあります。こう書くと何だか危ない子みたいですが、幼稚園でも、降園後も普通にお友達と仲良く走り回って遊んでいるので、こういう子なんだなと思い、一緒にお話作りして遊んでいます。

    ユーザーID:

  • 今のままで

    とりあえず幼稚園のうちは今のままの対応でいいのではないでしょうか?
    特別人に迷惑をかけてるわけではありませんし、お友達に話しても「へぇ〜そうなんだ」で終わりそうですよね。
    「嘘つき」などの対応について考えるのはもっと先でもいいような気がします。
    ウチにはアルペルガーかも?という感じの年長児がいますが、人の迷惑になることや危険なことでない限り、人と少し違ってる部分も受け入れてやりたいと考えています。
    あまり否定的なことを言うと、自己評価の低い子になってしまいそうな気がするんですよね。

    ユーザーID:

  • 大丈夫・・

    前にし○じろうの親用の本で、このくらいの年の子は、空想や願望と現実が一緒になったり、ウソをついてしまうことがよくある・というようなことが書いてあったように思います。対応などは詳しく覚えてないのですが、叱ったりしなくてもいいと書いてあったような・・・。誰かを陥れるようなウソ(あの子は泥棒なんだよ・・のような)だったり、残忍は話であれば、注意は必要だと思いますが、娘さんの場合は、かわいい空想の範疇ではないかな。と思います。ただ、お話を伺った感じでは「ママに注目されたい」という印象を受けましたので、何かお話してきたときには、しっかり目をみて「ちゃんと聞いてるよ」というように興味をもって聞いてあげたらいいと思います。ウソを言っている子にたいして「うそつき」というと、本当にうそつきになるというので、それは避けたいですよね。
    「へー。おもしろいこと考えるんだね」ぐらいの返答でいいのでは?

    ユーザーID:

  • 横ですが

    匿名さんの「フォリラールー」には爆笑してしまいました。主人にもわざわざ声を出して紹介してしまいましたよ。うちは男の子ですが、ヒーロー物になりきってキックしてきたりするばかりです・・。
    女の子のそういうところって本当にかわいいなあ、と思います。

    ユーザーID:

  • ごく普通だと思います

    4歳児担当の保育士です。4歳児の空想話、普通です。毎日聞かされています。テレビなどを見て受け身な状態でいるより、自分で想像を膨らませていけるのはいいことだと思います。4歳にもなると、架空の人物は出てこなくなるようですが。ただ、人が傷ついたり、痛みを伴うような空想は、やんわり注意します。(誰々が、崖から落ちて、こうなってああなって・・・などの、明らかに作り話だけど、ちょっと残酷なもの)でも4歳児にもなると、分かってくる子もいるので、「そんなのうそだよ〜!!」とかグサグサ言う子も出てきます。そうやって皆、言っても大丈夫なこと、大丈夫じゃないことの違いを学んでいくのではないでしょうか?だからトピ主さんのお子さんは、大丈夫だと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 息子もそうでした。

    懐かしいなあ、思い出しました。
    バスに乗っていて突然、
    「僕はあのおうちに住んでるんだよ」
    「僕、お兄ちゃんと二人で住んでるんだよ」
    と言い出すのです。
    「お父さんとお母さんはいないんだ」
    周りの人は「ではいったい、この女性はこの子の何なんだ?」という感じで私を見ているし、どうしたらいいか困りました。
    やはり4歳頃のことです。
    私の子育てに何か問題があるのか、知らないうちに子どもにひどいストレスを与えてるんだろうか、って悩みましたが、小学校に行く頃にはそういうことはなくなりましたね。
    もう高校生ですが、空想癖などみじんもない、非常にお堅くておもしろみのないヤツになりさがってます(苦笑)
    トピ主さんのお子さんもそういう時期なのだと思います。今までのように「あらそう」って肯定的に聞いているだけでよいと思いますよ〜。

    ユーザーID:

  • ウソではなくて、デタラメ。

    まだ1歳11ヶ月の娘も、どこで覚えてきたんだ??って言葉を良く話します。4歳なら、もう充分、テレビや幼稚園の先生や友達の会話から、いろんな言葉を吸収できるでしょう。

    子供は、デタラメをよく言います。ウソではありません。
    ウソは、他人を陥れようとしたり、自分を必要以上に良く見せようとしたりする時に使います。子供のウソは「こうだったら良いな」「こういうの面白いな」という、デタラメの範囲です。

    ママゴトだって、よくよく考えればウソ事です。気にせず「そう、面白いね」で良いと思いますよ。

    ユーザーID:

  • ヒロシが・・・

    うちの4歳の娘もかなり妄想好きです。

    最近のびっくり妄想は、
    「お父さんとお母さんがお仕事の時に、ヒロシがきてくれて、ご飯作ってくれて、一緒にお風呂入って、一緒に寝るの」
    というものです。ヒロシって、芸人さんのヒロシです。テレビに映ると、「みーちゃんの大好きなヒロシだ〜!」と興奮気味に叫んでいます。これがかなり続いているので最近気になりだしていたのですが、このトピを読ませてもらって、大丈夫かな、と思い直しました。

    もうしばらく子供の妄想につきあってあげましょうね〜。

    ユーザーID:

  • うちの娘も2

    思い出したのですが、娘もしばらくの間、「自分だけの家」みたいな話がしきりに出てきた時期がありました。私と娘は寝付く前、変わりばんこにお話を作っていくことが多いのですが、1時期、どんなストーリーでも最後は主人公(娘)が、自分のお家に鍵をかけて窓を全部閉めて2階のお部屋で美味しいご馳走を一人で食べておしまいになるのです。お話の中でいろいろな人物(私や夫も含めて)や動物になってドアをノックしたりプレゼントを持って行って入ろうとしましたが「駄目、鍵かかってるし、カーテンしてる」って、決して入れてくれませんでした。さすがに気になりましたが、お話をしてる様子も暗くはないし、昼間もいつもと変わりなかったので様子を見てるうちになくなりました。心の中にプライベートな部分があるのよ、っていうことを言ってるのかなあと思い、それは4歳児でも尊重しようと思いました。娘さんは物語はお好きですか?空想が気になるなら、何か物語に誘導してみてはいかがでしょう。読み聞かせる時には今は小学校3,4年向きの本を使っています。空想が好きなのである程度しっかりした長めのストーリーでないと物足りないようです。いかがでしょう。

    ユーザーID:

  • 作家の卵かも?

    えっと、トピ主さんは小説やマンガ、映画などは全く見ない方ですか?世間で人気のあるそれらのものは、子供向けのお伽話から大人が読む文学に至るまでたいてい「絵空事、空想」であり、言ってしまえば作家やマンガ家なんてのは「巧妙な作り話を作るのが仕事」なわけです。
    実際、毎日新聞に連載を持っているマンガ家の西原理恵子さんは「自分は子供の頃から息を吸うようにウソを言う子でした。今それで稼いでます」と言ってます。他の作家でも子供の頃から空想が好きで、お友達にそれを語って好評を博していたという人は多いです。もしかすると、お子さんは作家の卵なのかもしれませんよ。頭ごなしに否定せず「そのお家はどんなお家?屋根は何色?」と一緒に話をふくらませて、楽しいお話をいっぱいつくりましょう。

    ユーザーID:

  • うちの娘は恐竜です…

    うちの5歳の娘は恐竜が大好き。
    「○○(自分の名)は、昔××サウルスだったんだ」、「みんなも恐竜だった頃のこと、忘れているだけなんだよ。○○は覚えている」と言って、恐竜として体験したことをいろいろ語ってくれます…。
    どこで覚えてきたのか、輪廻転生を信じているようで、「ママが死んだら○○の子に生まれてきてね」とも言っています。

    ユーザーID:

  • 自由自在を語れる幼年期1

    そういえば、昔の話を母からよく聞かされました。
    やはり三、四歳の頃ですが、
    私は自分で物語を作って歌うのが大好きだったんです。

    その中では必ずうさぎちゃんが主人公でした。
    うさぎちゃんはほとんど私自身だったんですが、
    いつも色んなことに遭遇し、切り抜けながら、
    お母さんはどこへ〜?と、
    お母さんを探していたそうです。

    母曰く、心ではいつも「お母さんはここよ!」と
    叫びたい気持ちだったと。
    この子は孤独なのかしらと思っていたらしいのです。笑
    でも私の微かな記憶の中では、
    母が毎日そばにいてくれるから、
    私は想像で色んなところを旅して、冒険して、
    また安心な現実に戻ってくることが出来たのです。

    ユーザーID:

  • 自由自在を語れる幼年期2

    こんなふうに、自在に想像して物語ることが
    出来るのは三、四歳から幼稚園くらいまでじゃないでしょうか。
    私はトピ主さんと逆の考えです。

    これから分別が身につき、人の目を気にするようになって、
    社会性が身につき、型にハマっていく気がするんです。
    だんだん想像力を失っていき、ある程度、現実的になる。
    そうして出来上がった頃に突然社会に放り出されて、
    幼い頃の想像力がいかに自分らしく、素晴らしかったか、
    ということに気付くのではないかと。

    だから今は前世の記憶?だろうが、私だけのおうちだろうが、
    お嬢さんが自分の大事なものを毎日作り出して、
    一生懸命に語るその姿を見守ってあげてください。
    想像のおうちはずっとは続かないです。残念なことに。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    皆様、自分の投稿がアップされていることに気付かず(毎日検索は掛けていたのですが、どうしてなんだろう……)、レスが遅れて申し訳ありません。
    トピを上げようかどうしようか悩んだ挙句、思い切って出してみて、少なからずの方々からご経験談などを伺えて、大変ありがたく思いました。

    「きっかけ」さんのレスには少し怖くなりましたが、家ではほとんどテレビを見ないので凶悪な場面に遭遇するようなことはないし、両親・祖父母含め家族は円満にやっていると思いますので、ご指摘のような問題ではないであろうと考えます。

    その他、全てのお名前は書けませんが、概ねこのくらいの子供にはあることで、否定的に見る必要はないというお話なので、一安心しました。
    私もむしろ空想を一緒に楽しむようなつもりで接してあげようと思います。

    どうもありがとうございました。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧