カビだらけの出産祝い

レス25
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

ぷぴっぽ

2ヶ月の子を持つ母です。

近々、姑の実家を改築することとなっているのですが、整理している家財道具の中からお宮参り用の子供の着物が出てきたからといって、我が家に送られてきました。ところが、その着物は糸の解れにシミ・カビだらけ…(おそらく戦前のもの)。とてもじゃないけど子供には着せられる状態ではありません。

。その他に、ホコリだらけのダルマ落としや剣玉、不要となったと思われる食器も入ってました…。

出産祝いのつもりなのでしょうが、ちょっと迷惑です。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 良いほうに考えると・・・

    孫が出来たら着せてあげようという思いがずーっとあって大切にしまっておいたのかもしれませんね。
    お年寄りって、全く価値がないか、かえってゴミとして扱うしかないような物を大事そうにくれることがありますよ。
    お姑さんが何歳なのか判りませんが、嫌がらせとかじゃなかったら軽い認知症の始まりで着られるものかどうか判断が出来ないとか白内障で今の着物の状態がよく見えていないとか・・・。
    「着せましたよ、綺麗でしたよ」といってこっそり処分するしかないでしょう。

    ユーザーID:

  • 捨てましょう

    でもこっそり捨ててはいけません。必ず旦那サマに了解を取るのです。というか彼に「そんなモン捨てていいよ」って言わせるようにしましょう。あなたが捨てたのではなく、彼が捨てたと言う事実が大事ですから。
    それでも、お姑さんから「ぷぴっぽさんが捨てちゃったのよ」って思われるかもしれないけど、旦那サマが味方についていればそんなに気に病むこともないでしょう。
    うちもこの手でいろんなものを捨ててきました。ホント、迷惑なんです。それでもうちのダンナがいらない、と断ってくれたピアノ、「じゅらん太さんがいらないって言ったから捨てちゃったわよ。いいものだったのに」って言われてます。義姉に聞いたところ「あんなのもう使えないわよ」ってしろ物だそうですけどね。

    ユーザーID:

  • ゲ!

    捨てるのがもったいないからとりあえず送ったんでしょうけど、普通ホコリや汚れくらい取りません?それ以前にイマドキ「お古」なんて送るのは非常識。こっちが送って欲しいと言ったならともかく。私の姑はさすがにそこまで酷くはないですが、新婚当初自分の趣味ではない食器を送ってきました。私も趣味ではないので捨てました。カビ&ホコリなんて赤ちゃんには良くないのでダンボールに入れておき、押入れの奥の奥にしまってしまいましょう!

    ユーザーID:

  • それは捨てちゃえ!

    捨てちゃえ!

    同じような経験があります。でも私の場合は赤ちゃんのものでなく。。。

    私はアメリカに住んでいて、アメリカ人の旦那です。

    私のお姑さんの姉妹(旦那の叔母)は人形を集めるのが趣味で、大きさは大体 新生児と同じ大きさか、小さいくらいのです。
    今現在、私は妊娠して入るのですが、その叔母さんは彼女のコレクションの人形の服をくれました。しかも黄ばんだ、誇りだらけの服、下着らをダンボール一杯に!要らなかったら捨てていいかからねって、姑に渡し、姑が私に持ってきました。一応、サンキューといいましたが、全部捨てました!すごくバカにされた気分になりましたよ。人形の服なんて! 姑もそんな物受け取るな!って感じですが…。

    赤ちゃんに着せる物はお古でも、汚れた物は着せたくないですよね。

    要らない物をあげる時は、きちんと貰う人のことを考えて欲しいです。

    ユーザーID:

  • うわ

    最悪!!
    義両親さんはそうとうご年配ですか??

    捨てましょう、、そんなもん。
    旦那さんに断ってから。。。。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 捨てないで返すべきでは?

    捨てずに大切にとってあったのでしょう?
    お姑さん(か誰か)にとっては、思い出のある大事な品のはず。
    でも、「もし、役に立つのならば…」と、あなたにあげたのでしょう。
    捨てられるくらいなら、あげませんよ。
    ことわって捨てられるならまだしも、黙って捨てられたら悲しいですよ。
    それとも、「要らなかったら、捨てて」と言われましたか?

    ユーザーID:

  • 育った時代の違いでしょうかね〜

     とりあえず送るから、洗濯なり、ほつれ直しは、そっちでやってよ、使うのはあなた方なんだから、ってところでしょう。でも 豊かな時代に育った私たち側からすると、受け取った時「なにこのホコリ?」って思いますよね。

     私の旦那の両親が、以前、ミカン箱で、お野菜等を送ってくれた時、その箱の内側に、ミカンがつぶれて汁と皮の破片が付着していたらしく、結局、輸送中に発酵したんでしょう。ボウボウにのびた青カビに変身してましたよ。箱を開けたときは、笑いましたよ。「なにこの青カビ」って! 

    次の便では、箱が女性用品の箱だったんですよ。やっぱり、イヤでしたよ。それならまだ「青カビミカン箱の方がマシ!」って思いましたけどね。うふふふ・・・。悪気がないって、分かってるから、だから、私は、大いに笑って、それで終わりましたけどね。

    「かびやホコリは目に見えなくても存在してて、生後半年過ぎたら、母親からの免疫がなくなるから、あかちゃんにとっては、とても危険だから」とか、うまく言って、今後、古着はいらないからとお断りしておけば? 「時代が違う」ということを伝えるいいチャンスだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 証拠写真→お礼状→アンティークショップに売る

    なんかお祝いというより、引越しで出た捨てられないごみを、人の家のクローゼットに捨てただけって感じですね。

    お近くに古道具屋さんはありませんか?世の中にはけっこう骨董趣味の人っているみたいですし、外国人が珍しがってお土産に購入することもあるみたいですよ。そこで引き取ってもらえなければ、捨てても問題ないと思います。

    写真にとってお礼状といっしょに郵送しましょう。
    数枚残して時折目に触れるようにすれば、まさか右から左に処分したとは思われないでしょう。

    場所もゼンゼンとりませんし、お勧めですよ。

    ユーザーID:

  • 思い出を分けて貰えるのは私だけ

    うちも同じですよ 
    初めの頃はムカ!ムカ!きて「うちはゴミ箱じゃねぇ!!」って咆えてました(笑)

    でもね、子供を生んで何となくお姑さんの気持ちがわかる様になってきたんです
    子供のヨダレで黄ばんでキチャナイ産着とかなのに、捨てれなくて・・・
    手に取ると赤ちゃんだった頃を思い出して、も〜胸が熱くなっちゃう位い愛しいんです
    (とはいえ、私だったら人には絶対あげたりしませんよ。他人にはゴミなのは判ってますから)

    ただ、お姑さんは育児が離れたぶん、思い出の品への想いは深いかもしれませんね

    私の場合は、主人の物を1つだけ記念に頂いて、残りはお返ししました
    時々みては「パパが昔使ってたんだ」っ思って何だか愛しいです
    主人も「あ!コレ覚えてる 懐かしい〜。お袋ったらハズカシイなぁ」なんて
    言ってますが、まんざら嬉しそうです

    独身時代に数々の彼女はいても「思い出」を分けて貰えるのは私だけ・・って思えません?

    ユーザーID:

  • これからも度々あるかも受け取り方です

     思えば新居を決めようかとしているころ、義母からの招待でお邪魔すると、家の中に不要となった食器やら貰い物の台所用品、色の変わった毛布と来客用に買い換える前の布団。その時は主人が車だったのでいっぱいに詰め込まれて独身寮まで帰っていきました。お金は置いといて無駄遣いしなければ旅行も行けるしねって満足そうな義母。。

     子供が生まれても帰省するたび、要らなくなった物を廊下に並べ、もって帰らされます。女の子ですけど主人の着ていた服も月齢と関係なく在りました。腹立ちますし、買ったものをくれるにしても閉店セールだの賞味期限切れだの、100均のおもちゃの時は帰る前に壊れましたが、誰かにあげたらといわれ話にならず、限度を超えたところの身内の行動はダメージ大きいです。家に帰って次のごみの日には捨ててます。

    思い出の品もありましたが主人に写真にとって捨てても良いかと言ったら要らないからくれたんだろうし捨てといてよって。。気にするだけ損でした。子供には納得できる物で育てましょう。着せたかどうか聞かれたらはい着せてみましたとだけ答えれば十分。こちらのものをくれと言われないだけましと考えるようにしてやり過ごしてます

    ユーザーID:

  • 着物は使えるよ

    汚いおもちゃ、や食器はご主人に言ってから捨てましょう

    だけど着物は使えます!!

    捨てないで!!!!

    古い着物は価値があり『古布(こふ)』といい売れますよ
    戦前や大正時代の着物は人気があります

    トピ主さんの周りにパッチワークなどの手芸をされる方はいらっちゃいませんか?
    パッチワークをされるベテランの方なら『古布』を欲しがる人は沢山います
    お譲りするか、古布を買い取ってくれる業者に売りましょう

    それか少しお金がかかるけど着物は洗うことが出来るので
    『洗い張り』に出したらいいのです

    ユーザーID:

  • 古い物と言うのであれば

    いっそ古道具屋さんに持って行ってください
    戦前の子供の着物であればコーヒー代(もしかしたら夕食代)くらいにはなるかも知れません。

    生地じたいは古い物の方がとても上等で良い物が多いです

    おもちゃはもしかしたらダンナ様が小さい頃遊んでいた物じゃないでしょうか? だとしたらそれをとっておいた親心だけはありがたくいただいて・・・


    古道具屋さんへGOです(リサイクルショップじゃ無理ですよ)古い布って結構専門店へ行くと高いんです

    ユーザーID:

  • 戦前の着物は興味あるかも

    戦前の着物、個人的には興味があります。

    最近は職人が減って、なかなか良いのがないので。
    本当にいいものなら、ちょっとの汚れならクリーニングするとか、ほつれは修理するとかすればいいし。

    ただ、結構費用が掛かるし、本当に良いものかどうか確認してからのほうが良いかも。

    ユーザーID:

  • 結婚してもらった物がそうでした

    夫と二人で暮らすアパートに引っ越した時、近所の夫実家にあったものとか姑の姉妹(人に物をあげる事が好き)から送られてきたもの等が先に運ばれていました。

    賞味期限が1年前に切れた鰹節、2年前に切れた緑茶、ホコリと汚れでべたべたな旧式の電気ポット、ビニール袋に入れられているが袋が黒く汚れている弁当箱。
    驚きというか、ショックでしたね。

    その後の付き合いで、そういったことを気にしない家族だという事がわかりました。
    自分にアレルギーがあり、カビやホコリは極力家に持ち込みたくないとか、アトピーがあるので新鮮な食材にこだわっているなど自分の思っている事を伝えたら、気にしてもらえるようになりました。

    気にしない人は本当に気にしないのだと思います。

    老眼が強い方だと、ホコリや汚れは見えていませんしね。

    ユーザーID:

  • 多分

    まったく悪気は無いんだと思います。

    老人体験用の眼鏡や体につける重りなどがありますが
    それを全部装着すると・・・
    視野は狭いは物は見えないは重くて動きにくいは。。
    多分びっくりされますよ!!

    おそらくお姑さんはカビや汚れは見えていないだけだと思われます。

    ユーザーID:

  • うちの姑は新しいものしか送ってきませんが

    着物ライターのきくちいまさんの本の中にこんなエピソードがあります。

    …(中文略)きものを着て記念撮影をしていこう、ということになりました。生後2ヶ月の息子に祖母の形見のうちのひとつだった男の子用の一つ身の着物を着せました。この着物、空襲を避けるために土の中に埋められていたのだそうです。…(以下略)

    とてもセンチメンタルなお話だと思いませんか?もちろん、良いお品物だったのかもしれませんが、状態については想像がつきますよね。亡きおばあ様のお気持ちを汲んで、着用できるようにお直しされたのだと思います。

    そのお品物は、ご主人とお姑さんのかけがえのないお品物だったりしませんか?
    もし、そんな感傷的な人ではない、というのでしたら、きっぱりお断りした方がいいですね。そういった贈物(?)今後も続きますよ。(笑)

    ユーザーID:

  • 私なら、

    着せないけど、大事にとっておきます。

    周りの人々の祈りの気持ちがこめられてきてると思うし、その歴史があって、今、丈夫な子が授かったと考えてしまいます。使い捨ての世の中ですが、「これは歴史のあるものだから、大事にね」と教える教育も必要だと思います。老後は自分も「通る道」です。
    お年寄りを大切にする、優しい子に育ててください。

    ユーザーID:

  • 私もショックだったな〜

    思い出します。。。
    こんなのくれる人が居るんだ、しかも姑・・・もしや意地悪してる??なんて思ったりしました。

    私は 「それはお義母さんの思い出ですから〜」って言って断わりました。
    舅に帰りがけの一瞬で「これ!これ○○(息子)のだから持ってかえって」と言って部屋に戻られちゃった時は 持ち帰りましたが 車の中で泣く私に主人がキレて「捨てちまおう!!」と 通りがけのゴミ箱に捨ててました。

    その時は主人はムッとしてましたが、その後 賞味期限切れや期限ギリギリのお菓子(いかにも安いスーパーで買い物しためて送ってきている)攻撃に自分から「いらないから。だったらデパートで1000円とか2000円の普通の美味しいお菓子送ってよ」って言ってくれました。そしたら 義母は孫たちに「お父さんはデパートでお菓子を送れと言いますが おばあちゃんはお金がないので送れません」と手紙を寄越しました。凄く裕福な義母なんですけどネ。要するにケチで 昔の人だから捨てられないからゴミ箱代わりなんですよ・・。捨てるのも嫌な気分なんですよねぇ

    ユーザーID:

  • 気持ちはありがたくいただいて物は捨てましょう

    気持ちはありがたくいただいて、物は捨てましょう。
    悪気があって送ってきたものではないでしょう。
    広い心で、お気持ちだけいただいたらいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • トピ主です

    皆様、いろいろなご意見ありがとうございました。
    問題の着物は、姑のお父様が生まれた時に着たものだそうなので、95年ほど前のものです。特に大切にしていたとか、思い出があるとかではなく、家を整理していたら出てきただけみたいです。
    姑が着物を着せた写真を見たいと言ったらしいので、仕方なくクリーニングに出しましたが、カビは取れたもののやはりシミや匂いは落ちていませんでした。
    手早く息子に着せてデジカメでとり、シミはパソコンに取り込んで画像修正で誤魔化しました。
    なぜここまでしなければならないのかと思いつつも、姑に悪気はないようだし、今後も姑とは円満でいたいので。
    この着物はしばらく押し入れの奥に隠しておいて、皆が忘れた頃にこっそり処分しようと思います。

    ユーザーID:

  • 宗教くさいことを言うつもりはないけど

    処分したら、せっかくの努力が台無しですよ。

    トピ主さんがいただいたものは、「物」ではなくて「気持ち」だと思います。
    なにはともあれ、トピ主さんのお子さんは、お姑さんとも、お姑さんのお父さまとも血のつながりがあり、直接のご先祖様なのです。

    天国のお姑さんのお父様も大変喜んでおられると思いますよ。捨てる捨てないの判断は、お子さんが成長して、お子さん本人の判断にゆだねるのが一番だと思います。

    ユーザーID:

  • お年寄りだから、しかたないかも

    もしそんなことを若い人がしてきたなら、とんでもない非常識と言えるでしょう。でもお年寄りなら生まれ育った時代の価値観などが全然違うのだから(物資の貧しい昔は布物はそう簡単に処分しなかったり)仕方がないと思います。怒らず大目に見てあげましょう。

    私もよそのお年寄りが子供に「これあげる」と古そうなお菓子をくれたりすると「げ!いつの賞味期限だよ」と内心迷惑ですが、おそらく戦前生まれの人の感覚では良かれと思ってやることなのでしょう。「ごちそうさま。後で食べますね。」とにこやかにお礼を言って受け取ります。

    ユーザーID:

  • 神社で…

    我が家でも同じようなことがありました。

    現在は10ヶ月の私の娘に、私の祖母(実母の母)が出産後田舎からお古の晴れ着をお宮参りの掛け着にと送ってくれたんです。

    デザインや色使いも今風ではないし、私自身が数十年前の七五三などでも袖を通したとあって大きな食べ染みなどもあり…。

    でも、まあその古風な雰囲気も却って新鮮かもなどと私はあまり深く考えずに実際に使わせてもらったのですが、
    その時に神社で介添えさんから「素敵な着物ですね」「お宮参りの掛け着とは本来はそういうもの。お子さんが幸せになれますよ」と優しい言葉をかけていただきました。
    たぶん昔の方はそのような謂れをご存知だから、全くの親心からの振る舞いであったのかなあと思いますよ。

    もちろんお古といえど程度もあるので、実際使い物にならないようなものでは困ってしまいますけどね。

    とにかく悪気はきっとなかったのだろうということで、ひとこと。

    ユーザーID:

  • えっ!欲しい

    >問題の着物は、姑のお父様が生まれた時に着たものだそうなので、95年ほど前のものです。

    えええ〜・・・すごい!!
    某お宝発見番組に出したら高値がつきそう。

    文化学園服飾博物館に連絡してみてはいかがですか?
    http://www.bunka.ac.jp/museum/hakubutsu.htm
    もしかしたら、引き取ってもらえるかも。
    そうしたらお姑さんには、「博物館級の貴重な品だそうで、是非引き取りたいと・・・」と言えそうですし。

    ユーザーID:

  • 実はすごく怖いことですよ

    みなさんお優しいですね〜。
    私だったら絶対着せない。ほこりまみれの玩具を家に入れるのもとんでもない。

    というのもどこかの着物関係のページにあったんです。
    古着のカビやほこり、強すぎる防虫剤によって健康を害する危険があるって!

    アレルギーや化学物質過敏症になったら一生それと付き合っていかなきゃいけません。
    特に抵抗力の弱い子供を思えば、吸い込んだカビの胞子が肺で繁殖する可能性だって皆無ではありません。
    着せる前にクリーニングしても、送られてきた箱を開封した段階で胞子は飛散しているから手遅れだし。

    悪気はないだろうと私も思います。
    でもたとえ悪気が無くても姑が明らかに腐敗したものを子供に食べさせようとしたら私は止めます。
    今回は一見ほほえましい話ですが、↑と同じくらい危険だと思います。

    せめてクリーニング(できたら洗い張り)は済ませてから送っていただきたいです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧