老ネコの歯(長文です)・1

レス23
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

mini

3匹の猫育ての経験があります。うち1匹は8歳で他界。
猫との生活の事はそれなりに習得してきたつもりですが、老体(1匹目の最愛の子です)を世話するのは初めてです。以下のことに対して調べてはみたものの、難しい、あるいは現状維持しかないという内容の資料しか見つからず、できれば実際に経験した方々の知識を教えて頂きたくて投稿しました。
この夏で14歳の雄猫、昨年の1月頃から様子が変わりました。それまでは食欲旺盛で、よく「大きな猫ね」と言われるのが常でしたが急に食べなくなり痩せてしまい、ヨロヨロとする感じになりました。それまでかかりつけの獣医さんや他の獣医さんに診てもらいましたが、老猫にはつきものの口内炎ということで、痛み止めの注射を打つぐらいしか出来ず。年齢を忘れる程に健康だったもので、一時的なものだろうと比較的に楽観視していました。
が、注射をすると短期間は痛がらなくなっても、あまり変わらず食べる量が少ない状態で、どんどん痩せて骨と皮の状態に。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 老ネコの歯(長文です)・2

    一瞬は諦める気が湧いたりもしましたが、どうも本人(猫)としては食欲はあり、私に対して色々とおしゃべりをする性格も変わりません。ただ、食べられない為に体力が落ちてフラつき、口が痛いために警戒心が起き、生まれて初めて私に噛みついたり引っかいたり、また毛づくろいも出来ずに綺麗好きな猫が汚れた体でいたのです。
    まだ生きる気があるのだなと、別の獣医さんにお世話になり抗生物質の服用を3ヶ月続けたところ、少しずつ好転。現在は薬は飲ませていませんが、骨と皮になってしまった時期よりずいぶんと丸くなりました(老齢なので若い頃のように丸々と、とはいきませんが)。毛づくろいもします。
    再び痛がるようならすぐに薬を貰いに行くつもりですが、結局のところ歯槽膿漏のようなのです。食べたいのに食べられない様子を見るとあまりに可哀相で、いっそ奥歯は抜いてあげたいのですが(猫は元々食料を丸呑みするので支障ないとか)、麻酔その他に耐えられるか不安なので手術はしない方向でいます。

    ユーザーID:

  • 老ネコの歯(長文です)・3

    人間のように自然に悪い歯が抜けてくれる可能性はあるのでしょうか?それがすごく知りたいんです。
    また、発病以来からだんだんに「膿」の匂いのヨダレを時々出していましたが、ここのところ匂いは減ってきていて、その代わりに床に水溜りのようなヨダレの跡が見られるようになりました。初めはおしっこかと思いましたが、どうやらヨダレ。割とサラサラで匂いは一時期に比べて少ない感じです。もしかしたら好転の兆しなのでしょうか?
    つい期待をもってしまいます。
    ヨダレを垂らしたり、時には尿もれの兆しがあったり、過食気味であったりして「ボケ」もあるのでしょうが、とにかく歯の痛みをとってあげたいのです。
    経験者の方がいらっしゃいましたら、どうか知恵を頂きたくて書いてみました。

    ユーザーID:

  • ウチの場合は

    ウチのおばあちゃん猫のお話をします。残念ながら今年の夏に亡くなってしまったのですが、18、9年家族の一員でした。

    数年前にやはり歯槽膿漏になってしまって、大変痛がっていました。抜けそうな歯が口の中を傷つけてしまい、非常につらそうでした。

    結局、長年おつきあいをしている動物病院の先生のすすめで、残っている歯を全部ぬくことにしました。歯が全て無くなってしまった後でも、ドライフードが大好きで(笑)。

    なぜだかポリポリ音たてて食べるんです! しかも噛まれるとなんともいえない感じで!長生きをしてもらう為にも早めに歯を抜いてあげた方がよいと思います。

    私は彼女(おばあちゃん猫)が痛がっている時に、何が怖かったかというと、ぐらついた歯が口の中で抜けてしまったって喉をつまらせたり、ぐらついたまま根っこがねじれてしまって、口を閉じることができなくなったり。。心配で心配で。

    何よりも老猫のストレスは大敵です。現在の状態を続けていると、体力も落ちてしまうかもしれません。

    麻酔に対する恐怖はたしかにあるかと思われますが、手術自体はたいしたことがないので、絶対抜歯をしてあげてよかったと思いますよ。猫ちゃんによろしく!!

    ユーザーID:

  • 抜歯

    こんにちは。うちも老猫がいます。14歳です。

    去年、引越して環境が変わったときに、ストレスで歯肉炎になりました。鼻水とヨダレがすごくなり、病院に連れて行ったら「歯肉炎」と診断されました。

    奥歯も溶けはじめていたようです。治療法としては抜歯しかないと言われましたが、私は手術を決断するまでものすごく時間がかかりました・・・手術しようと決めて連れて行ったら、迷っている間に症状が良くなっていたようで、結局抜歯はしませんでしたが・・・

    症状が良くなったのは、先生に言われたことを守っていたからだと思います→(1)ストレスの原因を取り除く(2)缶詰はやらず、ドライフードのみ(シニア用のプレミアムフード)(3)水を多く飲ませる(4)外には出さない

    トピ主さんの猫ちゃんにも、当てはまることがあったらやってみてあげて下さい。

    ユーザーID:

  • 抜歯(つづき)

    ところで、悪くなった歯が自然に抜けるということはないようなので、もし手術したほうがいいのであれば、信頼できる獣医さんを探してくださいね。
    歯肉炎や歯槽膿漏の治療は厄介なので「治療法がない」といって匙をなげる先生もいるようです。私のかかりつけの先生がそうでした。
    納得できなかったのでほかの病院に行ったところ、いい先生にめぐりあえました。

    ちなみに、手術できるかどうかは、病院で調べてもらえますよ(血液検査やレントゲン撮影をします)。私は手術に耐えられるかどうかが一番心配だったので、じゅうぶん調べてもらい、説明を受けて不安がなくなってから手術をしようと決めました。

    トピ主さんの猫ちゃんが少しでも良くなりますように。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • うちの猫は自然に抜け落ちました。

     我が家の雄猫(現在11歳半)も2年前に同じ状態になりました。

    歯槽膿漏で歯肉が赤く腫れ、ぐらつく奥歯が更に歯肉を刺激して、口をつむることが出来ずに涎を垂れ流す状態でした。食べること大好きな猫だったのに、口の中が痛くて食べられなくなり、6キロ近かった体重があっという間に4キロに痩せ細りました。

    涎で毛皮はガバガバになり、自分で毛づくろいする力もなく、見ているのも辛い哀れな姿でした。獣医さんに相談して炎症を抑える薬を頂きながら様子をみていましたが、この猫の場合は薬も体に合い、奥歯が自然と抜け落ちてくれたので、痛みが消えてよだれもおさまりました。

    いまではドライフードをそのまま食べることが出来るようになり、あの頃が嘘のように元気です。猫ちゃんの痛みが一日も早くおさまりますように。他人事ではない感じがして書き込みました。

    ユーザーID:

  • 抜歯が一番です

    タイトル通りです。
    ただ、全身麻酔が必要なので体力がない子だとそのまま目が醒めない可能性もありますから時期はよく考慮して下さい。

    口内炎は甘く見てはいけない病気です。その事はもう十分おわかりですよね。
    動物が食べられない、が意味するところは死です。
    痛み止めは恐らくステロイドだと思います。

    だんだんと効き目の期間が短くなります。
    口内炎の原因もいくつか考えられます、がとにかく出来る事なら早くすべての歯を抜いてください。

    口の痛みさえ無ければまた元の様に元気な子にも戻ってくれますよ。
    自然に抜ける事はほとんどありません。

    ですが今は家猫になっているもとノラちゃんは、拾った時には歯が二本しかありませんでした。明らかにHIVによる口内炎でした。

    獣医さんもこんな状態まで我慢した子に敬意を払いたい、とおしゃっていましたが滅多と無い事らしいです。

    友人の猫は8歳のとき1本を残して全部抜きましたが手術の後は見違えるほどの食欲で、これだったらもっと早くにしておけばよかった、と少々後悔していました。
    せっかく14歳まで生きてくれたのです。

    あと2年・5年・10一緒に生きたいじゃないですか。
    お大事に。

    ユーザーID:

  • 15歳のネコを・・・

    4年前ほどに見送りました。
    原因となった疾患に違いはあるかもしれませんが
    症状が似ているようなので参考までに。

    まず、歯に関しては「自然に抜ける」というよりも
    人間と同じようにグラグラしだしたので気になって
    触っていたらある日ポロッと取れました。
    極限までグラついていても、なんらかの「きっかけ」が必要ではあると思います。
    (麻酔等の処置は一切しておりません。)
    そんな感じで、奥歯1箇所、犬歯3箇所は取れていきました。

    食餌に関しては缶詰をお湯などで更に柔らかくして・・・
    くらい。
    ヨダレ等匂うことに関しては、免疫力が落ちているから、
    体のどこかで化膿性炎を起こしているということ。
    免疫力UPのために私はビタミンCを与えましたが
    今はアガリスクなど様々なサプリがありますので猫ちゃんに合うものを見つけてあげてください。

    猫ちゃん頑張れ!
    飼い主さんも頑張れ!

    ユーザーID:

  • うちのは自然に抜けています

    うちの17歳の雌猫も歯槽膿漏気味です。
    なんで「気味」かと言えば、ぐらぐらだった歯が2本ほど自然に抜けたおかげで、以前よりもずっと症状が軽くなったからです。
    獣医さんには「このまま全部抜けてしまえば、口の中のばい菌もなくなるし、もっと元気になって長生きできるよ」と言われました。

    ひと頃は口が痛いせいか、ろくに餌も食べずにうずくまっているばかりで、もう先は長くないのかなあ。。。という感じだったのですが、最近はすっかり若返りました。

    私は抜歯手術がどの程度安全かは知りませんし、どの猫でも放っておけば悪い歯が自然に抜けるものなのかどうかもわかりません。
    でも、歯がなくなるのは必ずしも可哀想なことではないようですよ、とは申し上げられます。

    ユーザーID:

  • トピ主より

    ありがとうございます。(涙)ワラをもつかむ思いでした。だいたい同年齢の猫ちゃんの実体験で、嬉しく知識を頂戴しました。

    けいこさん、亡くなった猫ちゃんが教えてくれていると感じます。
    手術も念頭に入れる勇気の後押しですね。それで長生きされたんですから。

    じい猫さん、ストレスからだと言ってくれた獣医さんは一人もいません。
    確かに!発病したのが同居猫が8歳で逝ってしまった直後だったり、引越しで悪化したりだったので納得。ドライフードを一切食べずにいたのが、最近は自分から少し食べています。
    水は元々大量に飲む猫で、外へは何年も出していないので大丈夫でしょうか?
    いま薬を出してくれる先生が初めて向き合ってくれた先生ですので、今度相談してみます。

    もぐこさん、まるでうちの猫のことかと、同じ様子です。
    質問してもいいですか?
    抜け落ちた歯は文字通り落ちていたんでしょうか。見てすぐに分かるような形態でしょうか?
    今まさに同じ治療法の最中なので、もし明日落ちていても気づかなかったら、と思いまして。
    ドライフードしか食べない猫だったので、缶詰のみでは満たされず過食気味になるようです。
    現在お元気だとのことで勇気が持てました。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    ここで教えを受けられて幸運です。当の猫の気力にも感謝し、お話を生かして何とか助けたいです。

    はなさん、ひと頃の痩せた様子を思い出すと麻酔が恐怖で、獣医さんも「決断は飼い主さんが下すもの」というので手術はよく考えてみます。

    率直な思いではやはり抜いてあげたいのですが。もとノラちゃんは極寒・酷暑、厳しい外での戦いでどんなにか苦しかったでしょう。

    抱きしめて労ってあげたい。「あと2年・5年・10一緒に生きたいじゃないですか」いつも心にあることですが、読んでからなおのこと頭の中でガンガン響いてます。

    あーにゃさん、膿の匂いは口からだけじゃないということですね。そんな感じがしたこともありました。サプリメントはペット用のものですか?それとも普通に市販されているものですか?サプリとは目から鱗が落ちました。

    ありあさん、17歳なんてすごいですね。トピ中の猫も、つい1年半前までは放っておいても長生きすると確信していたほどの健康体でしたので、憎い口内炎を治してあやかり長生きさせたいです。

    秋色深まり、昨年の冬と違い今はきちんと猫寝の姿勢でスースー寝ているこの子ともどもお礼申し上げます。

    ユーザーID:

  • miniさんへ

    返信が遅くなり申し訳ありません。その後猫ちゃんの様子はいかがでしょうか。miniさんも心配の絶えない日々を送っておられることとお察しします。

    さて、ご質問について。
    犬歯が抜けた時は食器のそばにコロリと柿の種のような姿で落ちていたので、すぐに気づきました。ただ、奥歯に関しては、現物を確認することは出来なかったのです。フードと一緒に飲み込んでしまったようです。そしておそらく、無事に排泄されたのではないかと思っています。獣医さんによって治療方針もいろいろあるでしょうが、まずはその痛みを取ってあげることを最優先にしてはいかがでしょうか。うちの猫は痛みと炎症をステロイドのお薬でかなり抑えることが出来ました。私自身も持病でステロイドを服用した経験から申しますと、この薬は本当に劇的に炎症の痛みを押さえ込んでくれます。その分副作用を心配する声も多いですけれど。

    痛みの減少→そこから食欲の回復→フードが残ったグラグラの歯をなぎ倒すきっかけとなり→奥の歯すべてがなくなって刺激も減り、腫れがおさまる、という具合でした。
    他の方のおっしゃるように、抜歯もひとつの手段だと思います。

    ユーザーID:

  • 口内炎には

    〆られた後かもしれませんが・・

    口内炎には漢方がおすすめです。
    http://cat-page.sanopharmacy.com/

    こちらの薬局でそれぞれの猫ちゃんに合った漢方を処方してくれるんです!
    口内炎以外にも、免疫力がUPするので参考にしてください。うちの16歳の猫もお世話になっています。漢方なので即効性は難しいですが、副作用もなく老猫には本当におすすめです!!

    一日でも長く一緒の時間を過ごせますように。

    ユーザーID:

  • トピ主さんへ

    こんにちは。じい猫です。
    その後、猫ちゃんの体調はいかがですか?

    水をよく飲むのは、いいことらしいです。(突然たくさん飲むようになるのは病気の可能性あり)
    外に出さないのも大事だそうです。抵抗力が弱っているときは、外界のちょっとしたことで体調が悪くなるからだそうです。

    先生とよく相談されることをおすすめしますが、痛み止め(ステロイド)は最終手段にとっておいて、まずは抗生物質で抵抗力を強くすることから始められてはいかがでしょうか。

    うちの猫は、口臭はそれほどありませんでしたが、鼻水がすごく匂っていました・・・それが、抗生物質(白い粉末)を1週間ぐらい飲ませると、良くなったんです。

    お医者さんいわく、老猫は、元気なときにたくさん食べさせて太らせておくのがいいそうです。そのためには、好きなときに食べられるように、いつもフードは出しっぱなしにしておくように言われました。

    ドライフードは、出したままにしておくと酸化するので、ちょっとずつ入れておいて、減ったら補充するといいですよ。

    ユーザーID:

  • 抜歯してください!!

    うちのニャンコも抜歯で口臭も食欲不振も吐き気もおさまりました!そして、消化の良いもの、ネコ缶などを与えるとまだまだ長生きしますよ!!!

    ユーザーID:

  • 我が家はプロポリスと抜歯です。

    既に、お気持ちを決められた事と思いましたが、
    我が家の猫の事もよければご参考になさってください。

    我が家の猫はやはり、食べたいのに口が痛くて
    食べられないというような状態が1年続きました。
    (当初は、薬等で症状を和らげていました)

    結局、それですといいときはいいですが、根本治療になっていないため、8歳の時に抜歯をしました。
    先生のお話だと、歯肉もひどい状態になっていて、抜いた方が良いだろうとのことでした。

    確かに麻酔の心配も充分ありましたがやるならこの年齢の今しかないと思い抜歯をしてもらった所、今では今までが嘘のように元気です。何でも良く食べ、おもちゃで遊ぶまでになりました。(きっと痛くて動きたくなかったのだろうと思います)

    それと、プロポリスをお水に混ぜてあげています。これはもう3年になりますが、風邪一つ引きませんし、免疫を高めてくれるのでこれからの元気のためにもいいかもしれません。

    ユーザーID:

  • ネコの歯石とり

    米国からなんですが、日本ではネコの歯石とりなんてしないのでしょうか?年に一度の身体検査で歯石がたまっていたら、掃除してくれます。麻酔が必要なので、7歳すぎたシニアのネコは、麻酔に耐えられるかどうか検査してからですが、おかげで我が家のネコは全員(3匹)亡くなる16ー18歳まで、ちゃんと歯がありました。

    もっとも動物には麻酔は体に良い事がないので、10歳過ぎた頃からは毎晩寝る前に人間同様、歯磨きして(湿らせたコットンで歯をふくだけです)歯石とりは3、4年に一度位しかしてませんでしたがー

    ユーザーID:

  • トピ主より

    もぐこさん、発病からしばらくは痛み止めの注射でした。数ヶ月前に別の獣医さんで抗生物質の服用に切り替えて症状が良くなり始め、ヨダレや匂いが減りゴハンも食べるように。
    目やにのついた目は釣り上がり、ヨダレ付きの口は半開き・・・歌舞伎のような顔だったのが、今は丸い顔でゴハンをねだってくるのが幸せです。

    しかし問題の歯が残っているので全快とは言えませんし、悪化したら薬を再開しなければなりません。一番願うのは、もぐこさんの猫ちゃんのように食事で抜けてしまうこと。が、アドバイス通り抜歯もよくよく検討してみます。

    モッフルさん、漢方ですか!知りませんでした。私自身もめったに病院へ行かず、栄養補助品や漢方を信用してなるべく西洋薬を体内に入れない主義ですが、猫に漢方を出してもらえるとは全く知らず。このHPでも相談してみます。

    じい猫さん、現在の治療はじい猫さんと同じ方法かと思われます。白い粉末を3ヶ月続けてかなり回復。
    ドライも少しずつ食べるようになり、もう一匹の若い猫用のドライを老猫がつまんでいるようで、若い猫が食いっぱぐれていて慌ててつぎ足したり(嬉しい悲鳴)。できるだけ太らせるよう気をつけます。

    ユーザーID:

  • ドライフードへ

    猫の歯は本来食べ物を引きちぎって飲み込むためのモノであり、人間のようにすりつぶして噛むという目的ではないようですよ
    だから喉が詰まらない大きさなら歯が無くても大丈夫だと思います

    うちの猫は小さい頃からウェットフードオンリーでたまにしか硬い物を食べさせなかった為、6歳ぐらいから歯垢が溜まり口臭も酷くなりました

    その頃に病気をしたので療法食のカリカリに切り替えましたけど、
    ウェットフード:カリカリ=8:2の割合から徐々にカリカリを増やしてあげるんです

    2:8に量が逆転したらお湯をちょっと足して柔らかくして
    また徐々にお湯の量を減らします
    夏場はご飯が腐りやすいので秋冬から始めたらいいと思います

    高齢の猫さんなので、もし抜歯するとなると体力が心配ですね
    高カロリーなご飯で栄養つけてあげてください

    猫個体の好き嫌いもありますが、バターやマーガリン、ヨーグルトも少しずつあげるのも(胃が荒れない程度に)良いのではないでしょうか
    *くれぐれも塩分にはお気をつけて・・・

    ユーザーID:

  • こういうものもあります

    トピ主さま、その後猫さんの容態はどうですか?
    少しずつでも症状が緩和していればよいのですが。

    口内炎、みなさまからいろいろと案が出ていますが、こういうものもあるそうです。

    http://homepage3.nifty.com/abikoah/daitaiiryou-a.htm#aroe

    関西の動物病院ですが、電話で診断の後、処方、発送してくれるようです。

    猫さん、元気になるよう願っています!

    ユーザーID:

  • 家にも老猫が居ます。

     家の猫は今年で22年目になります。
    いつも元気に飛び跳ねて、丸々としていたのに、夏前から食欲がなくなり、激痩せして、2.5キロになってしまいました。
    やはり口内炎にかかり、食事もろくにしませんでしたが、病院でビタミン剤などの点滴をしてもらい、少しげんきになりました。
    7歳以上という缶詰の餌をあげても食べなかったのに、子猫用をあげたらたべました。お皿に乗せても食べないときは、手に乗せてあげると美味しそうに食べてくれます。
    膀胱炎も併発していて出血をしたりしていましたが、今は少し落ち着いています。

     大切な家族の一人なので、何とか長生きしてもらえるように・・・と思っていた矢先のトビだったので、とても為になりました。

     トビ主さんの猫ちゃんも、少しでも長生きしてくれるように、願っています。

    ユーザーID:

  • トピ主です1

    ありがとうございます。全部保存版にしてあります。

    bunbunさん、そうですよねぇ。やっぱり抜歯を推してくださる方が多いです。
    もとはドライが主食でしたが現在はネコ缶、時々自分でドライを食べているんですが、今のところネコ缶を一生懸命アグアグしながら(頭を振り振り)頑張って食べてます。
    かのかのさんの猫ちゃん、遊べるようになって良かったです。

    うちも、数ヶ月前までは痛みのせいで何も出来ないという様子でした。毛づくろいができたりアクビや背伸びができたり、健康であれば何でもないことが今は嬉しくて。
    プロポリスとは人間向けのものですか?それともペット用でしょうか?

    カトリーナさん、歯石とりや歯みがきは何かで読んでいましたが、獣医さんが気がついてやってくれるという場面には遭遇したことがありません。
    歯みがきは「あ〜若いうちからやってあげたかった」と思いましたが、今それをやると指が無くなる恐れが・・・。痛みのせいで口を触ると激怒するんです。健康なときは何をしても怒らない子だったんですけど。

    回復したら挑戦してみたい気持ちです。

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    猫枕さん、発病直後に慌ててドライをお湯でふやかして与えてみたんですが、スープを混ぜたりどうやっても食べず。それ以来やっていませんでした。

    マーガリンが大好きなので時々小指に乗せて舐めさせます。あとは、牛乳だと下痢をするので生クリームを「ご褒美」で舐めさせます。必ず、ゴハンを食べたら生クリームね、と言ってそのたびに舐めさせていたら順番を覚えて、張り切ってゴハン皿の前で待機するようになりました。

    キつねさん、HP覗いてみました。前出の漢方のHPと同じく親身になっていただけそうです。相談してみます。

    はなさん、「に、にじゅうにねんっ!」と叫びました。うちも2.5キロぐらいになってしまいました。今は少し太ったようですが、丸々としていた子がそこまで痩せたときのショックがよく分かります。獣医さんには何となく諦めムードの視線を投げられ、「私は諦めてない」と奮起しました。
    どれだけ長く生きたって、これで良いなんて思わないですよね。できることなら一生私のそばに居てほしいぐらい。ここで頂いた宝の知識を共有して、一緒に頑張りましょう。

    集中して書いていたら、ゴハン〜と仁王立ちで大声で呼ぶ声が。私も努力してみます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧