因果応報についてどう思いますか?

レス79
(トピ主0
お気に入り20

心や体の悩み

こりこり

レス

レス数79

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 因果応報はあります、因果はめぐる2

    「感謝」は幸せをもたらします。良い事だけでなく悪い事でも受け止め方次第で感謝に値します。
    誰しも春の中だけでは生きていけません。夏の熱も冬の寒さも知らなければその中に生きている喜びも分らなくなると思います。良い事ばかりしか知らないとその有難さが分りません。大変な思い・辛い思いをしたからこそ、ささやかな事にも幸せを感じられるのではないでしょうか。
    負の感情を起こしていると自分が幸せになれません。自分が損です。勿体無いですよね。私は我が身でそれを感じました。これも自分自身への因果応報かもしれません。自分を大切にしていないという。自分が大切なら、因果応報はあるとは思いますが自分自身が恨みの感情から解き放たれるというのが1番なのではないでしょうか。自分が幸せになるために!人を恨んでいては自分が幸せになれません。私は今、自分自身に言い聞かせるつもりでこれを書いています。
    私はまだ不快な人には感謝できる境地にはなっていませんが、自分の心次第で環境も状況も運命も変わるという事は分かっていますので、自分の頭の方向を感謝の方向に向けていこうと思います。良い事をすれば良い事が返ってきますから。

    ユーザーID:8427301405

  • 因果応報は必ずあります、因果はめぐる

    因果応報はあります。自分がした事は良い事も悪い事もいつか必ず巡り巡って何らかの形で帰ってきます。自分に起きた事もあれば知り得る範囲に起きた事も一杯あります。自分に起きる事も子孫に来る事もあります。

    また人を呪わば穴二つです。人を憎み恨んでいると相手にも悪影響は来ますが自分自身にも来ます。私は恨み憎しみの気持ちで一杯で暗くなっていた間は友人もあまりできず起こる事もあまり良い事はありませんでした。そして相手に危害を加えてやろうという気持ちを起こしていた時は同じく他者に危害を与えてやろうという人が寄ってきて私自身が危険な目に遭いかけました。2回ありました。どちらも危機一髪のところで正気に返り難を逃れました。神仏の御加護があったと思います。

    色んな事が色々あった私が導かれたのは「感謝する」という事でした。自分を辛い目に遭わせた人・物事にも感謝するという事でした。17年たった今でも完全には許せていませんが人生皆師・自分を磨く「と石」で私を磨き鍛え高め成長させてくれたと考えを変える事で自分の想念が変わります。想念が変われば運命が変わります。考え方を変え感謝出来るようにすることです。

    ユーザーID:8427301405

  • 無宗教ですが…

    因果応報は必ずあります。

    すぐにでは無くとも、忘れた頃に…
    また自分に返ってこなくとも、
    親の因果が子に移る…の言葉があるように
    長い時間をかけて返ってくる事もあります。

    反省の度合いが大きい人は、
    すぐに返ってきてやりなおしの時間が与えられます。

    よって…人を裏切ったり、
    罪を犯したりはしてはいけないと言う事です。
    そんなの嘘だ〜と思う方は、どうぞ実験してみて下さい。

    ユーザーID:4363894844

  • 正しい因果応報の理解 2

    順現受業では、自分のした事が1年後に自分に返ってくる場合があれば、10年後の忘れた頃に返ってくる場合もあります。

    以上をふまえると、あんなに悪い事をしているのに何の報いも受けないで暮らしている人って沢山いますよね。
    でもその悪業の応報はその人の子供、又は孫にふりかかってくるのです。

    反対に、あんなに良い人が、どうしてあんな目にあうの? という人。
    その人の親、又は祖父母の業の応報を受けているのです。

    ちなみに宿業(しゅくごう)という言葉がありますが、先祖から受け継いだ業の事をいいます。善業、悪業、両方です。

    先祖が良い事をしていたなら、その子孫は幸せになります。
    自分もふくめて、自分の子孫の幸せと繁栄を願うなら、良い事をすればいいのです。

    良い事(善業)とは、人の為、人の喜ぶ行いをする事です。

    ユーザーID:2166364095

  • 正しい因果応報の理解 1



    仏教では、因果応報には4つ種類があります。
    自分のした事が結果として出る時期です。

    1つ目は、順現受業(じゅんげんじゅごう)
    現世にして現世に応報。
    自分のした事が自分に返ってくる。

    2つ目は、順次受業(じゅんじじゅごう)
    現世にして次の世代(自分の子供)に応報。
    自分のした事が自分の子供に返ってくる。
    逆をいえば、自分の親のした事が自分にふりかかっている。

    3つ目は、順後受業(じゅんごじゅごう)
    現世にして次の次の世代(孫)に応報。
    自分のおばあちゃん、おじいちゃんの悪業が自分にふりかかってくる。

    4つ目は、順不定
    現世にした事はいつでるかわからない。

    続きます

    ユーザーID:2166364095

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • あると思う

    常にあるとは限りませんが、目にしたことはあります。
    脳内出血で半身不随になった叔母は、
    家の猫に子猫が生まれる度、ダンボールに入れて川に流していました。
    脳内出血で倒れた時、これがいわゆる、それかなと思いました。
    冷酷にそう思える私も、人間性がいいとは思えませんが。

    ユーザーID:7992794706

  • トピ主です。

    その後、投稿有難うございます。
    お礼が、遅くなり、申し訳ありません。
    こうやって、今、書き込みをしていると
    最初に投稿させていただいた時と、
    今とでは、私の精神状態が、違うのが、わかります。
    ずっと皆さんの因果応報に対する考えを読んできて、
    皆さん、真面目に、真剣に人生を歩んでいらっしゃる
    方ばかりだなあという印象を受けました。
    「真面目」に生きるということは、私はとても大切な
    ことだと思っております。

    こうやって、いろいろ悩みながら、生きていくのだと
    今更ながら、あらためて、年甲斐もなくお恥ずかしいのですが、思い、頑張らねばと思いました。どうやら、心が
    弱っていたようです。

    本当にいろいろ有難うございます。

    江ノ島んちゅさんの紹介しておられた、「シルバーバーチ
    の霊訓」をア○ゾンで注文しました。楽しみです。

    ユーザーID:

  • 因果律の法則

    同じことをされてしまう?はこの場合違う様な気がします。
    姑舅に色々手を尽くした結果なのですから、放っておくしかないのでしょうね。(魂が未熟な為)頑固な自己中心の考えは間違っていると認識しない間は何を言っても聞く耳を持たないです。その行為が正しくなければいくらうそぶいても、人が離れていく心が晴れないなどいつかは自覚せざるを得なくなる時がきます。それはトピ主さんのせいではなく本人達の責任ですから。
    そしてまだ見ぬ嫁への不安ですが、これから日々正しい行ないを心掛け他の人のためになることをしていく、そして姑舅を反面教師にし、へつらわず変に期待もせず嫁というより一人の人間として接すればよい結果を生むと信じましょう。

    のんのんさん達の疑問は誰しも考えますが、シルバーバーチはそれについての答えの一つに「時に不公平のように思えることがあるのは全体の一部だけを見ているからです。全体が見えるようになれば考えが変わります。地上にいる限りその短い期間で無限を理解することはできません」

    もっと詳しいことを知りたい、納得いかないと思われたら是非読んで吟味してみてください。

    ユーザーID:

  • 完璧に作用するという因果律の法則

    因果応報はないと仰る方もいますが、残念ながら因果応報(因果律)はあるようです。
    スピリチュアリズムの最高峰である「シルバーバーチの霊訓」全12巻(潮文社/近藤千雄・訳)では何度もきっぱりとそう断言しています。

    <原因があれば結果があり蒔いた種は自分が刈り取ります
    その作用には情状酌量といったお情けはなく機械的に作動し 数学的正確さをもって結果が生じます
    その結果がまた原因となって新たな結果を生みそれがまた次の原因となって行く この過程が絶え間なく続きます
    死の床でいくら懺悔の言葉を述べても すでに始動している因果律の働きを止められるものではありません
    行為の一つひとつ 言葉の一つひとつ 思念の一つひとつについて自分自信が責任を取るのです
    すぐに結果の出るものもあれば地上生活中には出ないものもあります
    しかしいつかは必ず成就されます
    間違った事をすればその償いをしなくてはなりません
    正しい事をすればその分だけ幸福感を味わいます
    理屈は簡単なのです 摂理はごまかせません>

    過去の過ちに対しての因果律には腹をくくり二度と間違いはしないと誓い、正しい言動をする事が大事だと思います。

    ユーザーID:

  • あったり、なかったりする

    単純に分類すればパターンは4つあり、

    1.善行をした(ので)現在幸せ
    2.善行をした(のに)現在不幸
    3.悪行をした(ので)現在不幸
    4.悪行をした(のに)現在幸せ

    不幸な境遇になった時に、
    因果応報、いい気味と陰口を云われるか、
    あんなに良い人がどうしてと涙を誘うか、
    周囲・本人の解釈の違いだけでは?

    ユーザーID:

  • 福神漬けさん

    一番経済的にも仕事的にも被害を被っているのはその俳優です。

    最初の離婚で6,000万円相当の現金と月々20万円以上の養育費を支払って前妻に納得してもらい、離婚成立。

    その結果その俳優は財産を失い、問題の現妻の実家に2世帯を建てる羽目に。そして妻に頭が上がらなくなり、居心地悪く、また浮気。

    そして今度のことで過去の浮気のことまでばらされ、仕事が何本もキャンセル。
    このクラスの俳優なら代わりはいくらでもいるので、若くもない彼の俳優人生は先細りでしょうね。

    もう一人の有名俳優は一時見事にブラウン管から姿を消してました。今では主役は過去の話。舞台の端役ばかり。豪邸も借金で取られ、子供達も彼の元を去り、久しぶりにTVで見たらすごい老け込んでました。

    略奪婚を仕組んだ女性が因果応報なら、男達は天罰というところでしょうか。

    やっぱりあると思うな。
    少なくとも何の罪もない子供を泣かせるようなことをしたら罰は受けると思う。

    ユーザーID:

  • わかりません。

    あるのかどうか。。私にはわかりません。
    まともな環境で育ってこなかった私には
    因果応報などあるのかどうかなんてわかりません。

    私の今までの苦しみが浮かばれる日が必ずくる。
    それを信じずには乗り越えてはこれませんでした。

    でも、生まれながらにして恵まれた環境で
    幸せをめいっぱい与えられて過ごしている人たちより
    私が苦労した分幸せになれるのでしょうか?

    答えはわかりません。
    でもわかることは、因果応報などという言葉で
    他人や自分の幸や不幸を測る事よりも
    自分のベストで生きる事が大切だということです。
    精一杯生きれたなら、そこに意味はあると思います。

    ユーザーID:

  • よいしょさま

    よいしょさま、たしかに略奪愛は悪いと思いますが、その場合、一番悪いのは幼い子供たちと妻を見捨てた某俳優なのでは??

    一番悪いことしている男の方にはまた若〜い恋人ができて楽しそうなので、女だけ罪かぶるって因果応報ではないような気がしますが、いかがでしょう?

    ユーザーID:

  • 絶対あるね。

    絶対ある。と思います。

    会社で、口癖のように部下や同僚に対して
    「使えない」「出来ない」「いらない」と
    言い続けてきた女の上司がいました。
    新しく入ってくる新人をことごとくいじめ、
    仕事を教えもせず育てもせず。
    そんな彼女は今、まわりや彼女の上司から
    「いらない」「出来ない」「使えない」と
    言われて、彼女が今まで部下やいじめ抜いてきた
    同僚にした仕打ちとおんなじ状況に立たせられて
    います。

    まわりはまさに「因果応報」だよね、と言ってます。
    かわいそうだなとは思うけれど、そんな彼女に助けの
    手を差し伸べる者はひとりもいません。

    多くの人を追い詰めて苛め抜いて辞めさせてきた
    彼女もまた、今、上司や会社に辞めさせられるで
    あろう立場に立たせられています。

    ユーザーID:

  • えっと

    悪いことをすると、大切な子孫に災いがある というような因果応報は、自分が子どもの生き方を決めるのだと思っている親が多かった時代の言葉。今の時代はもう変わって来たと思います。影響はあっても生き方まで背負うことはない。

    悪いことがおきて、どうしても受け入れられないときに、今までの流れで仕方の無かったことなのかもしれない、以前に自分もおなじようなことをしたことがあるから仕方が無い、と思えるために、反省することは反省するために、因果応報という言葉は使うといいと思います。

    ユーザーID:

  • 納得したい

    いいことでも悪いことでも、日頃の行いの大小はあまり関係なく、言葉だけではなく思ったことや日頃の態度全てが何かに結び付く場合もあるのだと思って、いいと思ってやっていることもそうでない場合もあったりで、一つの現象に執着しないで生きていったほうがいい というふうに拡大解釈・誤釈することにしています。

    誰かが行いのわりにいい思いをしていても、見ている人はその人の一面だけしか見られないのだから、わからないものだと感じています。ただ、誰もが善人だという人が早死にした場合は、いい人だからこそ早くに全うしたのだとか、天から選ばれたのだとかの言葉や、輪廻転生などの考えが、やはり浮かびます。そうでないとやりきれないから。納得する理由を探してしまうから。

    ユーザーID:

  • momomiさんへ

    私も因果応報はあると考える一人です。
    でも詳しいメカニズムなんてよく分からないですけどね。

    世に生きて行く上で気の合わない人に何かされた程度では因果応報とは考えませんが、行く先すべて嫌な人がいて嫌がらせされたら「もしかして私何かやってた・・?!」なんて考える可能性は大です。

    でもそんな事考えたって仕方ないのでとりあえず「まぁ、人生勉強・修業・・かな。(汗)」なんて考えていきますね。

    どこかの国の将軍様みてごらんなさいよ。
    贅を尽くした暮らしで取り巻きに囲まれて過ごしてますが、誰も信じる事ができない寂しい人生送ってるでしょ?マザーテレサは人類を愛して尽くしたから皆から愛されてますし。

    沢山の人を苦しめ悲しませても、愛して喜ばせてもそれなりに跳ね返ってきますよ。
    だったら周囲の人の喜ぶような事をしてあげられるといいですね。
    だって『情けは人の為ならず』っていうじゃないですか。きっといい事ありますって。

    ストレス多い世の中ですが、皆様頑張りましょうヨ♪

    ユーザーID:

  • 今実証している

    某中堅俳優の離婚騒動。

    突然家を出て、兵糧攻め。子供の教育費もないの一点張り。愛人にマネージャーをさせて、離婚を突きつける。

    この奥さんが20年以上前にこの俳優の元奥さんにやったことがそのまま身に降りかかっているではないですか。元奥様との間に乳幼児3人の子どもがいたんですよ。

    「因果応報」とはまさにこれ。

    俳優に非があるとはわかっていながらも、どこか冷たい世間の目。「自業自得」と言わんばかりのコメンテーターもいるしね。

    別の大物俳優夫婦も同じような形で離婚してたな。
    やっぱり子供が3人いる時不倫して、略奪婚。
    奥さんになった女優も親子ほどの年の差のある女性に夫を略奪されて離婚。

    あると思うな。

    ユーザーID:

  • ないです。

    自然界は弱肉強食です。
    自然の原理としては、「因果応報」なんて
    あり得ないと思います。

    実際、世の中の人間がみな平等に暮らしているか
    いうと、まったく違いますよね。

    悪いことをしてそれが自分に返ってくる人も
    いるけれど、返ってこない人もいる。
    一様にそうだとは言えないでしょう。

    だからこそ、結局のところ自分が幸せに
    なるには「やったもの勝ち」、常に自分の
    ことを考えて行動しないといけません。

    でもこれを認めてしまうと規律のない社会に
    なってしまうので、自分たちで自分たちの
    行動を規制するように「因果応報」という考えを
    人間が考え出したのではないでしょうか。
    「神」と同じですね。

    ユーザーID:

  • ないと思います

    因果応報・・ないと思います。ただ何かあったときに「あの時私がしたことが返って来たのかな」とは思うかもしれません。

    でも・・もしそんなものがあるなら私はとっくになんらかの罰を受けていると思う。

    何年も前の人たちの「一生恨んでやる」「あんたなんかまともな人生を歩めるわけがない」「いつか復讐してやる!」・・声、声、声・・。今も残っています。

    復讐してやると言った人は数年後に病死しました。それを私の引き起こした出来事が原因で心労が溜まり病気になったと言う人もいました。

    私はそうは思ってませんけど。いつの時代も騙す人間と騙される人間がいて、騙されるほうがバカなんです。

    ユーザーID:

  • 横です。ちょっと解らないんですが

    因果応報があると思われる方は、
    自分が誰かにいやな目に合わされた時も、
    「因果応報だ。仕方ない」と納得されるのでしょうか?

    だとすると
    Aが誰かに悪意を働いた(因果発生)

    AはBから悪意を受けた(応報)
    同時に、”B”に因果発生

    Bの因果は、Aの因果を精算するために働かされた「応報」とも取れるんですけど、
    その因果も応報を受けるんでしょうか?

    それとも、天災や事故のみを「応報」と考えるのでしょうか?

    ユーザーID:

  • わたしも知りたい

    私自身は因果応報に身をつまされたことがあるのですが、他人に関しては??です。
    悪だくみをし、人を陥れて平然としている人間が幸福の絶頂にいたりするのを見ると、わからなくなります。
    人生経験を積まれた方のご意見、これまでの実例がありましたらぜひお伺いしたいです。

    ユーザーID:

  • ドミノ

     ある本に載っていた臨死体験者の証言です。

    「そこには、人を傷つけてばかりいた私の姿がありました。そして、私が傷つけた人たちが、今度は別の人を同じように傷つけている姿がありました。
     この被害者の連鎖は、ドミノ倒しのように続いていって、またふり出しに戻ってくるのです。そして最後のドミノは、もともとの加害者である私だったのです。ドミノの波は、向こうへいったかと思うと、また戻ってきます。」

     これを読んで、因果応報ってこういうものではないかと思った次第です。自分に波が返ってきた時に、ドミノを倒すことを止められたら。。ドミノの波は、そこから先は止められるのではないかと。もう気付かなくてはいけないよ、と教えてもらったように思います。

    ユーザーID:

  • ない

    ないです。自分の子供には教育上あると教えるかもしれません。
    あると考えたい人は、過去にとらわれている人ですよね。 僕はもっとサバサバ生きたいなあ。
    くだらない占いも信じないし。

    ユーザーID:

  • デジタルな達悟

    人生訓としての因果応報が主な関心のようなので、脱線になりますが、、

    いまは地球全体の大気の振る舞いをコンピュータで力ずくでシミュレーションしようと言う時代です。人間の心理や生理、それから諸々の社会的関係をモデル化できたら、なにができるでしょう。

    古来から言われてきたあまたの形而上の存在を、シミュレーションとバーチャルリアリティによってあぶり出せるようになるかもしれません。そしたらこういう議論自体が、懐かしい思出となるのでしょうか、、.

    いまから楽しみです。

    ユーザーID:

  • あると思います

    全く同じ現象じゃなく、また、本人に直接あるわけでもないでしょうが、例えば子や孫、配偶者など本人が大事に思っている人へはね返っていくんだと思います。

    今はさほど不幸を被ってなさそうな相手でも、人生死ぬ瞬間までわかりません。思いもよらない心痛める事態が、忘れた頃に襲いかかる仕組みなんではないかなー?なんて思います。

    そう思わないとやってられないと思いません?

    ユーザーID:

  • 因果応報、、、

    今までの半生を顧みると、「因果応報」とは耳の痛い言葉です。
    いろいろ反省すること多い日々です。

    私もいろいろ嫌なことをされましたが、考えてみると自分もかなり悪いことをしてきました。

    私の好きなことわざがあります。

    Malice hurts itself most.

     −悪意のある人の最大の被害者は悪意のある人自身である。

    これ、真実だと思います。

    ユーザーID:

  • 因果応報、あると思います。

    っていうか、無いと納得いきません。

    小学中学と、かなりひどいいじめに合いました。
    私にも非はあったと思いますが、
    そのいじめっこたちに災いが起きることを
    祈らずにはいられません。

    社会に出てからは、今まで職場環境や人間づきあいに
    困ったことがなく、かなり恵まれている私。
    苦があった分、いいことがめぐってきていると
    思っています。

    ユーザーID:

  • かめさんに1票!同じ考え!

    かめさんのレス内容同感です!
    でも、かめさんの言っている事を理解出来ない人には
    何度説明しても理解しがたいでしょう・・
    わかる人はわかるのです。

    なるべく腹が立っても仕返しは考えないようにしています。
    マイナスのパワーを蓄積してしまうと、必ず痛い思いをするからです。病気や精神的ストレス・・
    形に表れるとしんどいのです。
    形に表れた後は、プラスマイナス0になりますが。

    でもありがとう、と言われる事をすると気持ちがいいです。心が晴れプラスパワー炸裂!蓄積されると良い事があります。心もゆったりできます。

    生きている因果応報とはこれじゃないでしょうか?
    死んでからの因果応報とは、今生の逆を歩むような気がします。

    因果応報が無いと言っている人は、生まれ変わった時にしか気付かないのかも・・・
    私は「ある」という前提でお話をしていますので
    こういう考えになります。

    ユーザーID:

  • ずるい人はどこまでもずるい

    要領のいい人に、因果応報なんてないと思います。
    たまに、報道で、殺人犯が重い罪で裁かれることを見聞きしますが、迷宮入りもたくさんあります。

    それと同じで、ずるくて逃げ足の早い人に、因果応報なんてありません。

    逆に何もしていなくて、本当によい人であるにもかかわらず、苦労が絶えない気の毒な人もいます。

    世の中は不公平にできています。因果応報という考え方は気休めに過ぎないと思います。

    でも、私はお寺で、地獄と極楽の話を聞くのは大好きです。本当にそうであるなら、どんなによいだろうと心が洗われるからです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧