後悔、人生の中での決断

レス40
(トピ主0
お気に入り2

キャリア・職場

ふゆ

みなさんは今までを振り返って、すごく自分の決断に後悔をしてしまった事ってありますか?

私は今まで生きてきた中で、色々決断を下す状況の中でも迷わず、自分が選びたい方が解っていたので、迷う事はありませんでした。
その決断後も、とくに過去に振り返る事もなく平和だったと思います。
後悔って言う程でもなく、こうしてても良かったかも、というくらいでした。

しかし今回、すごく迷った出来事がありました。
迷いに迷い、でも最終的に自分で決断をして、最初の何ヶ月は納得の行くものでしたが、今になってもう後にも戻れないのに後悔の嵐で。

正直、自分のこの気持ちと、どう向合い合えば良いか解りません。
皆さんは、もう変えられない事で、過去の選択に後悔した事をどう忘れていますか?
自分でふっきる努力をし、時間が解決してくれるしか無いのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 結婚を後悔

    夫とは結婚前の後も愛し合っていますが、義両親からの干渉で鬱病になりました。結婚を後悔しています。どんなに愛する夫でも、こんな義両親がいると知っていたならば結婚はしなかった。結婚式の1週間前にはじめて義両親と顔を合わせ、一週間後の結婚式当日にもう1度顔を合わせた時にはものすごい後悔しました。
    義両親からは私の人格そのものを否定され、「人権は舅から与えていただくものであり、嫁が人権を持てることを当たり前と思うな」といわれました。実両親から教育を与えてもらい、私も努力して勉強し、勤勉に働き、積み上げてきたものを全て否定されました。結婚は人生の墓場だと思います。夫は午前様なので相談もできず、毎日毎日、私は働いていない時間は泣いていました。生ける屍ってこのことですね。離婚する気力もありません。義両親を突っぱねる気力もありません。今の希望は「義両親は私よりも先に死ぬ」ということだけ。義両親が死んだら、また私の人生を取り戻せると、そのことだけを楽しみに待っています。

    ユーザーID:

  • 自分を知る

    後悔しているうちは、「過去の選択に後悔したことを忘れること」は決して出来ないと思います。

    私は、これまで後悔する必要のないこと全てにいつも後悔してきました。

    でも「自分の選択したことを認めてあげる」ようになってからは、どの行動にも後悔という感情を抱いたことはありません。トビ主さんは、何らかの理由があって、その行動を取ったのだと思います。そんな自分を誇りに思えば後悔する必要なんてないと思います。

    自分でふっきる努力をするのではなく、自分の取った行動を認め、褒めてあげて下さい。

    ユーザーID:

  • 目標を持ちましょうよ

    後悔しているコトは、子どもができない人生かも、という事
    結婚前に婚前検査をしていれば今、悩む私はいなかったと思います。

    でも、悔やんでいても時間は戻りません。
    至った答えは、前向きに生きること。
    幸い、趣味は主人と同じなので、更に趣味が深まるようにお互い勉強をしあったり、磨きをかけるようしています。
    また、独身の頃から習っていた着付けを再開したり、自分の時間を大切にするようになりました。
    ずいぶん、目線が変わります。
    まだまだ欲しい気持ちにフタはできません。でも、後ろ向きな人生こそ何も生み出しません。
    そぅ思えたから、頑張れる自分を褒めたり励ましたりしながら毎日を送っています。

    お互いにがんばりましょ!

    ユーザーID:

  • 迷った時は

    どういった事かは分かりませんが、
    その時迷うってことは、どちらを選んでもさほど変わらないのではないでしょうか?
    だから迷うのだろうし。
    どちらを選んだとしても、後で”あちらを選べば良かった〜!”と思うのでは?

    選んだら、後悔しないようにやっていくだけ。それしかないです。

    私の後悔は、大学受験かな。その時ドキで後悔しないよう真剣に取り組むことが大切なんですよね。

    横ですが、ねねさんへ
    一度しかない人生です。もっとのびのびと自分らしく生きて欲しい。諦めないで!

    ユーザーID:

  • 音楽をあきらめて語学。

    大学に行くまえに音大を希望したが親に反対された。音楽で失敗すると潰しがきかないとか散々言われて、音大はあきらめて英語の学校へ。親のせいにはしたくないけど、あの時、音楽を続けていたら、もっと自分の人生に納得がいっていたような気がします。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • お気持ちわかります。でも

    人間誰だって、選択に迷ったり、後悔したりしますよね。私も同じです。

    でも10年ほど前だったかな「どう決断するかより、決断後どう生きるかが大切」という言葉を何かの記事で読み、ハッとしました。

    人間は、二つの人生を生きられないのだから、もし仮にもう一方を選択してたからと言って、それがうまく行ったかなんて分からないじゃないですか。

    戻れるものならもう一度やり直すということもあるかも知れません。でも、それが無理なら自分の選択が正しかったと信じて頑張る他ないでしょう。

    こういう私も「最大の後悔は結婚」です。お見合いで、人生経験豊富な周囲の勧めでしたが、最終的には自分で決めたんです。

    夫には不満だらけですが、心優しい頼れるふたりの息子に恵まれたんだと「前向きに」「与えられた環境の中、精一杯」生きてます。

    ユーザーID:

  • これからが大事。

    私が一番後悔したことは、高校を中退してしまったこと。
    本当に後悔しましたが、その後の人生を送るうちに、高校を辞めてなかったら、今の私はいない。と思うようになりました。

    私は今現在の自分が大好きなので、尚更そう思います。
    もし、高校を卒業していたら?

    きっと全く違う職業について、全く違う人生を歩んでいたでしょう。
    今の主人とも出会えなかったでしょうし、今仲良くしている友達とも会えなかったでしょう。
    高校を辞めて色んな仕事をしました。
    その経験は、今の私の財産だと思っています。

    もし今、高校生に戻って中退するのを止めれるとしても、私はそんな事したくないです。
    この人生を選んで良かったと、心から思っています。

    後悔する出来事は誰しもあるでしょう。
    でも、その後の人生をどう生きるかが、後悔を引きずる人と「結局これで良かった」と思える人を分けるんだと思います。

    トピ主さんも、後悔を引きずりたくなければ、これからの人生を頑張って歩いてください。

    ユーザーID:

  • 次なる変化

    まーちゃんさんのレスは、なかなか言い当てていて素晴らしいなと思いました。

    私も過去のいろんなことに後悔をしてきたし、これから後悔することもあると思いますが、過去はもう変えられないものです。過ぎ去ったものに思いを馳せる時間があるなら、次の一歩を踏み出す時間にしたいと思っています。

    次の一秒を、後悔でため息をつくのか、希望や充実感で笑っていられるかを決めるのは、この今の一秒にかかっていると思います。そして後悔を繰り返さないように自分の行動を変えていくことが大切になると思います。

    ユーザーID:

  • ちょっと違うかもしれませんが、、

    私は20歳なんですが、もうこの年でたくさんの後悔、決断を間違えたことが多数あります。
    みなさん、そうやって間違いを繰り返しながら生きていってるんだと思いますが。。
    若い私にでも、それなりにツライことはありました…
    だから私も、今からじゃどうしようもないことを後悔することが多いです。
    そうやって考えていると頭の中がグチャグチャというか悲しみとかイライラとかがおこってきませんか?
    なので、そういうときは友達にその頭の中で考えていていることを話して、辛いんだよー!!とぶつけます。
    そしたら何かしら、励ましや慰めなどいろいろなことを言ってくれて、あぁそういう風に考えればいいんだと納得というか、スッキリすることができます。
    つい最近、やっとそういう手段で後悔する頻度が減り始めました。成長してきたってことなんかなーなんて思います。
    あと、ちょっと前に放送していた「曲がり角の彼女」のなかのセリフなんですが、
    「逃げてもいい。その逃げた先で何かが出来たらいいじゃない」と言っていました。
    今でも思い出して頑張ろうと思えます。
    この言葉は関係ないですかね。。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    皆さん、沢山の意見や経験談有難うございました。

    自分が悩んで決断した事、自分の為に認めてあげたい
    って思うようになってきました。

    その時はその時で納得して決断した事、きっと
    遠回りしながら別の道へ行く為の決断だったのかも...
    そう思いたいです。

    決断の中での、例えば、二者択一..もし
    両方選んだ結果の未来が見えるのなら選ぶ答えは簡単ですよね。でも未来なんて選んでみないと解らない。
    でもみんな自分で選んだ場合はうまくいい方を選ぶように
    できてるのかな?

    長い目で見て、過去の決断に納得が行くようこれから先の
    人生頑張りたいです。

    ユーザーID:

  • 私も結婚を後悔しています。

    結婚するまで、こんな過干渉で支配的な利己主義の老夫婦について悩むとは思っていませんでした。夫の両親のことです。

    思えば、結婚前にもいろいろあったなあ。
    妊娠してるのか?って姑になる人にさんざん電話してこられたり、○○家の人間になる人、な〜んて言われたり、、。

    結婚してから人格を持つことも許されず、今までの私の歴史みたいなものをすべて否定されたような気持ちでいます。
    うつ病にもなり、病院通いしましたよ。

    激しく結婚を後悔しています。
    あの時やめればよかった、、、、、。

    ユーザーID:

  • 横ですが、ねねさんへ

    嫁の人権は舅から与えられるものである、そんなことをお舅さんが、正気でおっしゃったのですか。
     現在の民法では、結婚は両性の合意にのみ行われるとされていて、家同士の結婚ではなく、別々の人格を持った個人が結婚するはずです。何の権限があって、舅が嫁に人権を与えるなどと言えるのですか。人権というのは最初から、国民一人一人に与えられているはずです。同居なのでしょうか。心の病になってまで、そんな義両親の面倒なんか、見なくていいはずです。
    基本的には夫婦の間が上手くいっていれば、それでいいのですよ。
     舅や姑というのは、たいがい自分ことしか考えていないし、ご都合も自分達に合わせています。そんな人達の言葉に傷ついたり、悩んだりするのはもう辞めて、自分本位に考えていればそれでいいのではありませんか。義両親と嫁というのは、しょせん他人であり、平行線です。短い時間なら表面上合わせ、嫁として損をしないように上手く立ち回るだけです。権謀術数に励んで、賢くこなしてください。

    ユーザーID:

  • どっぷり

    後悔の海に浸かるのが良いですよ。

    私もすんご〜〜〜〜い後悔をしたと、その当時はもう生きる気力もなかったです。でも結局は「なんだ」って事ですよ。

    例えば大事な何かを無くしたとしても 縁がなかったとあきらめる事も出来ますが、それ以上に、その縁がなかった事で自分自身が逆に救われている事もあるんです。

    迷って迷って出した答えに後悔するのは、大きな意味があると思います。結局その「迷った」という事に意味があるはずで、後悔は、おまけみたいなものだと思ってます(あくまで自己分析)

    デパートですごく気に入って購入するか否かで迷ったけど、結局、購入しなかった場合、気になって翌日またデパートへ行き、その商品が売り切れてたら酷く後悔するんです。でも同じ商品がまだあったら?後悔しないんです。人間って、そういうものでは?

    ユーザーID:

  • 一年前に戻れたら・・

    私の切実な思いです。

    今更戻れるわけもないのに、自分で下した決断だったのに、自分を最優先にして決断した結果、大切なものを失ってしまいました。

    たぶん、将来に向かって、この現実から何かを学ばなくてはならないのだと思います。今後、同様のことが起きたら、正しい選択ができるように・・。

    でも、今は決断を誤ったことが悔しくて、悔しくて、そこから抜け出せません。

    ユーザーID:

  • 反省はしても後悔はするな

    長い人生の間、後悔しなかった事がないと言えば嘘になるけど、後悔ってしてもしょうがないんですよね。

    AかBかという選択があってAを選んだ場合、後で幾ら後悔してもBを選び直すわけにはいかないんだし、たとえ数年後、Bを選び直しても、その数年間にはBも状況も変わっていますし、自分だって変わっているからね。

    過去を変える事はタイムマシーンが発明されない限り無理なんだから、反省はしても、後悔はするだけ無駄です。

    トピ主さんの後悔がどんな物かわかりませんが、後悔した後は、何が失敗(?)の原因だったか反省し、どうしたら今の状況をより良い方向にむけることが出来るか、出来る事は何か、建設的に考える方向にエネルギーと時間を使ったほうがイイですよ。

    ユーザーID:

  • 小さなことかもしれませんが・・・

    私も後悔し続けていたことがあります。
    高校1年の時、8年間続けていたサッカーをやめました。
    そのとき、理由をつけて試練から逃げようとしている自分に気付いていました。それでも耐えられず自分自身から逃げてしまった。部活に勉強にと一生懸命に取り組んでいる友人を横目に、その後私はどんどん殻に閉じこもっていきました。何より逃げた自分が許せなかった。

    でも何年か経って、あのときの決断があるから今の自分がいることに気が付きました。確かに今の私にもうサッカーはありません。でも、代わりにたくさんのものを得ることができました。

    時間は戻ってきません。
    今歩んでいるこの自分を認めてあげることが出発点だと思います。

    トピ主さん、辛い時はこうやって寄りかかって良いと思います。
    がんばって。応援してます。

    ユーザーID:

  • 何度生きても同じ選択をする

    私も一つだけ、人生の中で後悔していることがあります。思い出せば苦しいです。

    でも、わたしはいつも、「たとえタイムマシンに乗って過去へ戻ることがあっても、私はきっと同じ選択をしただろう」と思うのです。
    だってそのときに自分が一番いいと思って選んだことなんだもの。

    そう思うと私は諦めがつきます、というかつかないけれど、受け入れて生きていこう、と少し前向きになれます。

    ユーザーID:

  • やはり、結婚を後悔しています。

    学生時代、同棲するほど好きな人がいました。
    ただ、彼の中では結婚が合理的ではないということで25才で別れを選び、今の夫と結婚しました。
    40を過ぎた今、その彼に再び再会する機会があり子供も二人いるが結婚はせずに通い婚をしていると話してくれました。
    今の私は夫や子供には不満はないのですが、離れた義両親と義兄弟に悩まされ、その上で自分の親の介護の心配もあるのが現実です。
    もしあの時、結婚に拘らず好きな人と暮らし子供を産むことを選択していたら、、、、と現実的な後悔をしてしまっています。

    ユーザーID:

  • 後悔するより打開しよう

    「後悔」って文字通り後からするものであって、後になって悔やんだらからってもうどうしようもなかったりしますよね。
    「後悔なんてするだけ無駄、そんなヒマあったら今後の事考えろ」これ、私の持論なんです。
    後悔した事は沢山あります。小さいのから大きいのまで。
    でもそんなのほんの1日です。後は「いつまでも後悔しててもしょうがないんだし・・・」と吹っ切ります。
    戻らない過去をいつまでも悔やむより(悔やんだって結果は変わらないよー?)、先の事考えようよ!後悔した事を少しでも打開する努力をするとか!人生は短いのだよ!

    ユーザーID:

  • 教訓にはしても後悔にはしない。

    時間を遡ることは,絶対にできません。

    従って,そのときの決断によって生じたことは,決して消えません。できるのは,これから未来に向かって自分がする行動のみです。

    状況が悪ければどのように打開するかを考え,進みます。そのとき,自分の人生で経験した決断とその結果を教訓として利用したらいいじゃないですか。

    他人の経験も参考になります。
    歴史を学ぶ意味の一つもそこにあるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 思うに

    後悔のない人生はあり得ない でしょう?

    要は、
    『失敗した、後悔している』
         ↓
    『そしてどうする? そこから、何を学ぶか?』
    なんだと、思います。

    後悔を忘れるように努める とか
    嵐が過ぎ去るのをただ待つ 
    受動的対応より、
    能動的対応の方が、結果的に得るものは大きい、
    『ころんでも、タダでは起きない』ことになると思います。

    一番初めにレスされた方へ...
    誰かが死ぬのだけを待つ人生、それでいいの?
    後悔を生き続ける人生は、しんどくないですか?
    今すぐでなくていい、元気が戻った時に、いいの?と問うてみては如何ですか?
    Love yourself....って思います。 

    ユーザーID:

  • 横ですすみません:ねねちゃん頑張れ

    すみません横ですがどうしても「ねね」さんのこと気になってしまいました。

    大丈夫ですか?人格否定とか人権ないとか、そんなこと言う人間の話をまともに受けてちゃだめですよ。そういうことを言う自体、それこそ人格を疑います。自分なりに歩んできた一人の人間に対して、そんな暴言を吐くなんて!

    ねねさんはご自分の誇りと歴史でそんな義両親ねじふせちゃってください。まじめで誠実な人ほどそういう宇宙人みたいな人をまともに相手して心を病んでしまうんですよ。小さい緑色のアブラムシだと思って無視ですよ無視。

    ユーザーID:

  • この先をよくしたい

    今まであーだった、こうだった、やっぱこうすればよかったと思っていても時間の無駄。それでも落ち込むことは幾度となくありますが、私はいつも昨日より今日の方が好きです。明日はもっと好きです。

    嫌な事がたくさんあっても、それらを常に挽回していく人生でありたいしそんなふうに生きているつもりです。自分の人生の可能性を信じることができる、楽しめることができる性格であることに感謝しています。

    とここまでは本音でもありますが、不安や涙や無力感に打ちのめされることもあります。そんな時、心の中で私がつぶやくのは決まって「ここで終わってたまるか私の人生」です。

    ユーザーID:

  • 私の後悔

    大学のときに、お嬢様大学へ行こうか、好きな英語を生かして外語大へ行こうか迷いました。結局、お嬢様大学へ行ったのですが、その後、しばらく後悔しました。編入で他の大学へ行こうと思ったりもしましたが、ヤル気のなさと成績がそこまで出ず、諦めました。

    そして大学を卒業してからの就職。専門職と事務職と選択がありましたが、そのときに何を思ったか、事務職へ就職。後悔しました。その後、その専門職に変わろうとしたが、人気がありすぎて諦めざるを得ず…。

    しかし、働いて何年か経ってから留学しました。好きな英語を大学で勉強し、その知識を生かして専門職に就職することが出来、素敵な人と出会い、結婚もしました。

    後で考えてみると、もし外語大へ行っていたら、もし日本で専門職に就いていたら、どっちかひとつでも叶っていたら、留学はしていなかったなと思います。夫とも出会っていなかったかもと思うと、この2つの後悔に感謝一杯です。

    その時は後悔しても、その後の生き方で挽回することは出来ると私は信じています。

    ユーザーID:

  • 結婚退職したこと

    もうウン十年近くも昔のことなので、後悔しても始まらないのですが。。
    長い交際期間を経てシアワセな気持ちで結婚した途端、
    夫から「誰のお陰で食ってるんだ」「悔しかったら稼いでみろ」と言われました。

    収入が無いというのは、ここまで人権をないがしろにされるものなのか、と仕事をやめたことを激しく後悔しました。

    すぐに子供ができ、転勤も多い状況だったので、なかなか仕事を始めることが出来ませんでしたが、子供が小学校に入るのを待って仕事に就きました。

    二度と、夫に上の様なことは言わせない、と頑張ってきました。今年で勤続15年になります。
    娘達には「私のようにならないよう、どんな事があっても仕事はやめちゃダメよ」と言ってます。

    ユーザーID:

  • 後悔じゃなくなる人生にする

    後悔は数知れずしましたよ。生きてたくないくらい。けど、今は全てよかったというか…後悔はしていません。
    それは本当にすごい人に出会えたから。別にお金があるとかでないけど、でも本当に尊敬できる旦那です。
    なので彼と出会うためには、今まで後悔してきた経験全てがなかったらたどり着けなかったのではと思います。
    まさか自分がこんな発想できるようになるとは想像もしてませんでした。
    後悔するような経験してきたから今がある。今が本当に大切で幸せだから、もう過去を悔やんだりしてません。

    ユーザーID:

  • いっぱいありすぎて。

    結婚そのものが、親の期待に合わせようと、それが
    自分自身の考えと勘違いしたまま、学歴の高い人と
    結婚しました。
    今、思うことは、人間、学歴を一番に考え、人を見ると
    失敗するということです。
    あたりまえのことなんですけどね。
     
    小さいころは、野に咲く花の好きな、土いじりの好きな、絵を画く事の好きな、女の子でした。
    成長するにつれ、変わっていきました。変わったことに
    ついて疑問に思うことなく、就職、結婚・・・

    今、母が亡くなったこともあるのでしょうか、
    本来の自分を思い出し、そうすると、ここにいることが
    いこごち悪く感じます。
    せめて、子供にはおしつけることなく、つぶすことなく、見栄をはることなく、好きな道で自立して、幸せを感じてほしいと心から願っています。
    私は、子供を幸せにする手助けをしながら、忙しすぎた今までの自分を慰め、小さな生きがいを今、捜しています。遅くない、遅くないと自分自身に言い聞かせながら。

    ユーザーID:

  • 損すると思う方を選ぶ

    結婚する時に、すごく迷いました。本当にどうしたらいいかわからなくて、「○宿の母」に並ぼうか・・と思ったりもしました。その頃、三浦綾子さんがその著書の中で「どちらがいいか迷った時は、自分にとって損かな・・と思う方を選ぶ。

    そうしたら、後の後悔は少ない」と言ってらっしゃるのを読みました。そんな考え方をネガティブと思う人もいるかも知れません。でも、私はそれ以来、本当にどちらが良いのか・・と迷う時は、自分の損になるほうを選ぶようにしています。
    そうすると、不思議と後悔はないですよ。

    ちなみに、その時に結婚を迷った人とは、今年で結婚18年目。腹の立つ日もありますが、この人と結婚して良かった、と思いつつ幸せに暮らしています。

    ユーザーID:

  • たとえ

    今その選択に後悔してるとしても、その時のあなたにとってはベストだと思って選択したんでしょ?

    私も「あの時こうしていれば」ってさんざん後悔したことがあります。でも、何かの本で、上記のことを読んで、「そういえばあの時はあの時なりにさんざん悩んで決めたんだ」ってことを思い出したんですよね。

    その時はベストだと思って選択した。結果、間違っていることに気がついた。そしたら、間違ったと気づいた時点でもう一度選びなおせばいいだけの話なんじゃないかって思います。生きている限り人生は何度だってやり直せる。そうじゃないと生きてる意味ないじゃないですか。

    今はこっちを選んで後悔している。でも案外あっちを選んでいても後悔してたかもしれないですよ。

    ユーザーID:

  • ねねさんへ提言 ふゆさんへ質問

    ねねさんへ
    離婚する気力もない、義両親を突っぱねる気力もない、午前様と言う理由だけで、旦那様にも相談すらしていないのナイナイづくしですね。
    一番大事な「気力」が無いなら、それはあなたがそれを受け入れているということです。

    自分の人生は、自分で判断して、行動しながら「切り開いて」いくものだと思います。
    あなたを「生ける屍」にしているのは、結局のところご自分自身だと思いますよ。

    「自己憐憫」というやつが、前向きの人生にとって、一番の敵だと思っています。

    ふゆさんへ
    本当に本当に後には戻れないことなのでしょうか?
    事柄が具体的でないので、アドバイスのしようがありませんが、相当勇気を持っても「やり直す」とか「なかったことにする」ということにはできない事柄なのでしょうか?

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧