ネットゲーム依存症の症状

レス34
(トピ主0
お気に入り3

家族・友人・人間関係

kazumi

こんにちは。夫のことで相談します。
私の夫はCPが大好きで、趣味も仕事もCP関係です。家に居るときは専らネットゲーム三昧なのですが(すでに5年ぐらいはやっている)、最近心配な症状が出てきました。

本人は自覚していないのが依存症の特徴らしいですが、肩がこる、腰がいたい、背中が痛い、寝不足、遅刻が多い、食生活が不規則・・・すべてあてはまるのに本人はそうじゃないと言い張ります。

ここ最近、朝起きて「気持ちが悪い」といっては会社を休むことも多くなりました。しばらくすると体調は戻り、食事も普通にします。そして体調が悪いくせに夜更かしをし、翌朝寝坊→休みます。

いつかクビになるんじゃないかとヒヤヒヤしてしまいます。やんわりと「仕事のストレスじゃないの?一度診療内科にでも行ってみたら・・・」と勧めてみていますが、私が夫に内緒でカウンセリングを受けることも可能なのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ネット(ゲーム)依存症

    医者ではないので私が思うのとは違うかもしれませんが…。
    依存症=毎日しなければならない ですね。
    それだけでも依存症だと思いますので、トピ主さんの旦那様みたく「仕事にも支障が出る」のは末期(大袈裟?)だと思います。
    放っておくと引き篭もりになっちゃいますよ。
    カウンセリングは本人を連れていくべきだと思いますよ。
    あなたがありのまま言っても、本人に聞かなくてはわからない事もありますから。
    一度病院に連れていって、それでも辞める気配がなく、悪化するようでしたらクビになる覚悟を決めた方がいいと思います。
    クビになってから初めて旦那様がどうゆう状態になったのか、自分がどんな事をしたのか とわかるでしょうし。
    まずは病院へ連れて行きましょう。
    「最近様子がおかしいと思うの。仕事の事で相当ストレスが溜まってるのではないのかな?このままじゃうつ病とかになったらアナタが辛いだろうから一度カウンセリングを受けましょうよ。」と。

    ユーザーID:

  • 本人が自覚しないと

    治らないはずです。
    なので代わりにトピ主さんがカウンセリングを受けても無理だと思います。

    いわゆる中毒ですから、パチンコと一緒で
    しばらくやらないでいるとヤル気が減ってきます。

    なんとかPCを使えない状態に出来ませんか?
    故障…電話回線… うまく思いつきませんが。

    ユーザーID:

  • いけると思いますよ

    依存症、嗜癖の症状を持つ人は、身体症状があっても自分ではそんなことないと言い張るものみたいですから、最初は親族や配偶者が相談に行く場合も多いみたいですよ。専門家の感覚で問診してもらえば、安心するし、一度精神科に行ってみたらどうでしょう。行くなら、うつ病や躁病を扱っているところよりは、アルコール依存症やパチンコ依存症等を扱っているところの方がいいのかしら。

    趣味やストレス解消は大事ですが、それで会社を翌日休んだり遅刻するのじゃ本末転倒。出てる身体症状は全てPCなどの目を使い手先の作業のやりすぎで出てくるものです。自分がそうなのでよくわかります。身体症状を自覚し、バランスよく生活する自制心をもてないなら、家族が軌道修正してやらんとならんですよね…ご苦労お察しします。

    ユーザーID:

  • パソコンを家から追放することです

    >私が夫に内緒でカウンセリングを受けることも可能なのでしょうか?

    一般的には無理でしょう。
    ご夫婦お二人で一緒に診察を受けるのは許されるでしょう。

    パソコンを家から追放することを考えてはいかがですか?

    なにはともあれ、ご主人の健康があなたのご家庭の全にかかっているでしょうからね。

    ユーザーID:

  • 自制心の弱い人はネトゲに向きません

    肩こりや腰痛はともかくネットゲームで睡眠不足になり
    それが原因で遅刻を繰り返し、まずい状況にあると
    自覚してないのであれば、中毒になっているともいえます…

    参考までに以下のサイトを…
    http://netgamestopper.hp.infoseek.co.jp/index.html
    ネットゲームで人生を狂わせた人は大勢います。
    たかがゲームでは済まされないので、できれば
    旦那さんの両親も巻き込んで反省させる方向で。

    遅刻が常習となれば、この先に待つのは破滅です。
    私のゲーム内の友人が何人か仕事をやめてしまってますが
    辞める前にはちょっと異常なほどゲームにログインする時間が
    増えてました。
    無事、ネトゲ中毒から抜けられることを祈っております。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • ネットゲー中毒って1

    旦那様はネットゲー中毒になっているように思います。
    体調不良は、単にゲームに夢中で生活が不規則になり引き起こされたものでしょう。

    ネットゲームの世界とは、ゲームに時間を掛けただけ自分の分身(以下キャラ)が、
    ネットを通じた画面の向こう側にいる現実社会の見知らぬ大勢の他人に比べて
     ・誰にも負けない程強くなる
     ・誰にも負けない程大金持ちになれる
     ・他人とやり合って、簡単に相手に勝てる
      勝ったら自慢できるし、うらやましがられたりする
    そしてやり込めばやり込むほど、
     ・金に物を言わせて好きなものが好きなだけ買える
     ・有名人になり、あがめられる
      (有名人とちょっと話せたりすれ違ったら、○○さんと話せたんだ。嬉しい♪
       等のミーハーは実社会と同じ)
     ・ゲーム内の集団の中で(実社会にいる何十人もの)人の上に立てるし、
      動かして命令ができる。

    ((長いですが続きます))

    ユーザーID:

  • ネットゲーって2

    顔の見えないネットでのゲームなので、
     ・現実生活の年齢や職業や彼女の有無、容姿やお金持ちか等一切関係ない。全てはゲーム内のキャラの強さだけ。
     ・顔の見えない気楽さから、異性に声が掛けやすい
     ・長い時間を掛けて作った強いキャラだと、ゲーム内では有名人だし
      お金持ちだし、強いからいざというとき守ってくれるしモテまくり。
     ・人付き合いが面倒になったら、ネットゲームを終了すれば、
      または相手を遮断するゲーム機能を使えば、付き合いは即終了。

    ネットゲームを趣味として割り切れている状態なら、何年やろうが関係ありません。
    ネットゲームをする時間も、車を好きな人が車をいじっている時間と同じです。月数千円か無料で遊べるので、お財布にも優しく楽しく遊べます。
    ただ、どれだけ楽しくても、ネットゲームが余暇にすべき遊びであることを理解し自制できる人は、明日仕事があるなら、趣味であるゲームは程ほどにして寝ます。

    旦那様はゲームにはまるうち自制ができなくなり、
    実生活(を支える仕事する自分)<ネットゲーム上の仮想世界(の強い自分)
    になってしまわれたのでしょう。

    ((長いですが続きます))

    ユーザーID:

  • ネットゲーって3

    この状態を抜けるのには、上のネットゲーの楽しさを打ち砕くだけの現実での大きな出来事(もう後がないような)が起きた場合が多いです。
    中毒にあきれ耐えかねた彼女・配偶者・家族が、
    ・別れ(離婚)を告げた
    ・実家に帰った
    ・子供が情緒不安定になった
    夜更かしで眠たい体でした仕事で、
    ・職場で大失敗
    ・遅刻や居眠りで勤務態度を注意された
    ・首になった
    あとは、貯金がなくなって生きていけなくなったからやむなく止めた。等。

    kazumiさんは今まで優しく見守られたのかもしれませんが、遅刻や欠勤を繰り返されているなら重症のネットゲー中毒状態だと思います。
    そこまで行くと周囲が半端な気持ちでは、ネットゲーをやめません。
    本人が本当にマズイと自覚するまでは、無理やりやめさせてもまたネットゲーをしだす可能性が高いでしょう。カウンセリングを受けられるのもいいと思います。

    ご存知かもしれませんが、あとこちらのサイトも参考に見てはどうでしょうか。
    http://www.geocities.jp/netgamestopper/

    ユーザーID:

  • コンピュータ

    自分も気をつけたいです。もうちょっとでなりそうだと思っています。

    コンピュータがあれば、やめられなくなってしまいます。そういうのを、やめられない体質だからです。

    「四六時中パソコンばっかしてるね」と、
    家族親戚からも、心配されています。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます

    皆さんレスありがとうございます。
    まず・・・CPじゃなくてPCですね(恥)。すみません。

    やはり本人が受診したほうが良いのですね。本人がお医者様(カウンセラー?)とお話をしても、自覚していないのでありのまま話すかどうか不安だったので、毎日様子を見て詳しく知っている私がお話するのが良いのかなぁ、と思っていました。

    最近いつも行っているゲームが繋がりにくいと言って、違うゲームをやっていました。いつものがダメならたまにはゲームしないで居ればいいのに・・・そういう選択はないのですね。中毒者には。

    やはり一度痛い目を見ないと懲りませんかねぇ。全て失う覚悟で落ちるところまで落として見るのも手かもしれませんね。それでも目が覚めなければ離婚も致し方ありません。そこまではつきあってやろうかと思います。

    仕事を失い、家族を失ったら目が覚めるでしょうか。
    でも、そこまでしないとダメだなんて、たかがゲームなのに馬鹿馬鹿しいことこの上ないです。

    ユーザーID:

  • 書き忘れました

    先日依存症についても正直に話し合いました。けれど、夫は、ハマるのはゲームに限ったことじゃなく、どんな趣味でも好きなものを始めれば同じようにハマルから「ゲームだから悪い」っていうことはないと言います。

    ゲーム以外で、PCを使って絵を描いたり音楽を作ったりも出来るじゃない?と提案しても「それもやり始めたらハマル」というのです。「ゲームのように仲間がいるわけじゃないから好きなときにやめられるし、一日十時間もしないでしょ」と言えば「ゲームだっていつも仲間といるわけじゃないし、他の事だってハマれば十時間でもやる」といいます。

    頑として「ゲームをすることがいけない」とは認めません。これもひとつの症状だと思われます。これを聞いて「あ、コイツもう重症だ」とわかりました。

    ちなみに、故障や回線不良も、本人がPCの修理の仕事をしてまして、PCも自分で組むような人ですので壊れても直してしまいます・・・(苦笑)

    ユーザーID:

  • 叩き出す

    まずは、気持ち悪くなる原因をはっきりさせてみては。
    「気持ち悪い」と休んだときに、「病気で会社を休んだ以上、ちゃんと病院に行って見てもらえ」と主張し、心療内科でも普通の内科でもいいからしらべさせる。

    何も原因がない、あるいはネット依存症でしょう、という診断が出たら、次からは「気持ち悪い」と言っても家から叩き出すんです。
    ちゃんと仕事をしてくれば、くたくたになってネットゲームの時間も減るはず。

    母親のようになって厳しく接してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • 本人に自覚させることが大事です。

    上の方も書いていますが、依存症対策の第一歩は「本人が自覚すること」だと思います。本人がその気にならないうちは何しても改善は難しいと思います。

    「今からネトゲを始めようとしている人を止めるサイト」


    というネットゲーム体験者の体験談を公開しているサイトがありますので、これをご主人に見せることをお勧めします。
    単語検索「ネトゲ」で検索できます。

    サイトの掲示板には過度にゲームをし過ぎて健康を害したり、会社を解雇・失業、学校を退学・留年、家庭不和の原因になったりetc様々な体験談が掲載されております。
    全部を読むのは大変ですが「家族の体験談」「社会人の体験談」などが参考になると思います。

    体験談の中にはネットゲームが原因で離婚したり、親が子供の面倒を放棄した例もあるようです。家庭が大変なことになる前に一度閲覧することをお勧めします。

    ユーザーID:

  • 環境を変えるとか・・

    ご心配ですね。
    他の方が書かれているように、
    専門家にご相談されるのがいいのでしょうね。

    あと素人考えですが、同じ場所にいて習慣だけを変えるのは、
    とても難しいことのように思えます。
    引越しができれば習慣を変えるチャンスでしょうし、
    それが無理なら、ご主人のお部屋を移動するとか、
    パソコンを置いている場所を変えたりするのはどうでしょう。

    パソコンを無理に取り上げるのは、別の反動がでそうな気がしますが、どうなのでしょう。

    ユーザーID:

  • 旅行に誘おう

    私もネット好きなのでちょっと心当たりがあります。
    ご主人多分相当ストレスがたまっているんだと思います。ちょっと一人の世界にこもりたいのかも…
    パソコンを使えなくするという意見もありますが、中毒時パソコンを使えないとなんとしてでもやろうとするんですよ。他にやることがなければ尚更。
    パソコンから離すんなら、ネットゲームを思い出させないほど楽しい思いをさせることです。
    可能なら1週間〜10日くらい海外か、国内の自然系の旅行に行くとかはどうでしょうか?
    文明から切り離して山に登ったり、きれいなものを見せて内省を促すのがいいと思います。
    長期の休みが取れないなら、日帰りでも「○○を歩こう」ツアーに行くのもお勧めです。
    外にはこんなにきれいで楽しいものがあるんだって、気がついてそれが気に入ったらしめたものです。
    楽しいときはネットなんて思い出しもしませんから。
    離れている時間が長いほど依存も減っていきます。

    ユーザーID:

  • 私も一時依存症でした(その1)

    私もかれこれ3年ほど前に、はまりました。ファイナルファンタジー11というゲームで、それはそれは面白くて、ゲームの世界なのに、雄大で美しい自然が広がったりしていて、さらには、見知らぬ人と、命がけの(笑)冒険が繰り広げられ、さらに、ゲームの中に、ヤフオクみたいなオークションがあり、購買欲まで満足してしまう。

    私の場合実際の知人も遊んでいたのですが、不思議なもので、ゲームな中なのに、まるで海外旅行したかのように、いろいろな思い出とかも残っていたりして・・・って、まるで今も依存症みたいですね。。

    私の場合2年間、平日は夜4-5時間遊び、週末はほとんどずっと遊んでいました。ほとんどゲームの世界で生活していた感じです。

    その分、リアル生活は人付き合いもなくなり、会社も休みがち、残業しない飲み会出ないなど、かなりひどい状況でした。

    ただ、ある日気づいたんです。これだけ、ゲームの世界で生活しても、得るものってほとんどないんですよね。そして、現在は解約しております。

    ある意味、MMOの世界って現実逃避する桃源郷というか、隠れ里的な空間であったりします。心地いいもんなんです。

    ユーザーID:

  • 私も一時依存症でした(その2)

    ご主人は、まだ、その世界の住人なんでしょうから、すぐにやめることや、ましては、パソコンを家から追放した日には、大変なことになるかもしれません。5年も遊んでいるのならば、ご主人の生活に一部になっているのでしょうから。

    診療内科へ通うよりも、ご主人と一度真剣に向き合って話し合ってください。そして、ゲームを一切止めさせるのではなく、たとえば、遊ぶ時間帯(就寝時間を厳しく管理)や遊ぶ曜日(土曜日は好きなだけ遊ばせるなど)制限を決め、だんだんと、その世界から遠ざかるよう、仕向けてください。

    現在、MMOはどんどん新しいものが発売されており、
    なかなか、大変なことかもしれませんが、頑張ってください。

    ユーザーID:

  • PCを取り上げても無駄です

    36歳バツイチ女性です。
    私の場合は、ネットゲームではなく家庭用のゲーム機でしたが、はまってしまって家事も育児も手を抜きまくり、挙げ句に十年連れ添った夫に離婚を言い渡されました。勿論子供は引き取らせてもらえませんでした。

    完全にゲーム中心の生活になってしまうともうゲーム以外のことはどうでもよくなってしまいます。今のご主人には仕事よりもトピ主さんよりも(失礼)ゲームの方が大切なのかもしれません。

    まずはご主人と話し合ってみて下さい。できればご主人はカウンセリングを受けられた方がいいと思います。

    ご主人が話し合いに応じないようなら、次はトピ主さん自身がカウンセリングへ行き、対処法を教えて貰って下さい。それを実行して効果がないようなら、ご主人のご家族や上司など、ご主人に影響力のある方に相談してみて下さい。

    ご主人がゲームとうまく距離を置いて付き合えないようなら、最悪、離婚も視野に入れられた方がよろしいと思います。

    私は結局、愛する夫と子供を失うまで目が覚めませんでした。今は何であんなにゲームにのめり込んでしまったのだろうと後悔で一杯です。

    ユーザーID:

  • なんでそんなに腫れ物扱い?

    旦那さんはヤバイと思います。仕事に支障が出ているにもかかわらずリアルよりネットを優先し始めているからです。
    でも、トピ主さんの言い分もお粗末です。長時間PCに座ってれば依存してなくても肩や腰は痛くなるし、寝不足で遅刻が多いのは寝ないからです。食生活が不規則なのはピーク時にログインする為に食事時間をずらしたり遅くまで起きているからです。スポーツをすれば痩せて筋肉がつくのと同じくらい普通の事です。
    「痩せて筋肉がついてきた。それはスポーツ依存症よ」って言われても「いやスポーツしてれば普通だし・・・」って思うのと同じく、「その症状はネットゲーム依存症よ」なんて言われても「いや、わかってやってるし・・・」って答えると思います。

    トピ主さんが言うべきなのはその続きです。「なのにどうしてそんなに長時間ゲームしてるの?体調を崩して仕事を首になるほどゲームしないで頂戴。生活を犠牲にしてもネットゲームを続けるなんて依存症よ。」です。
    心療内科の前にもう少しはっきりと、あなたがご主人の最近の生活態度(体調のほうは問題ないです)に危機感を持っている事を話し合ってはいかがでしょう?

    ユーザーID:

  • タイプ別

    ネットゲーム依存にも3タイプあるそうです。
    それぞれのタイプにあった方法や、体験談ものっています。
    よかったら、リンク先を見てみてくださいね。

    http://allabout.co.jp/computer/internetgame/closeup/CU20050523A/index.htm

    ユーザーID:

  • 典型的なネトゲ中毒ですね

    あははー…元ネトゲ中毒者として、耳が痛いです。
    自分は幸いなコトに当時学生で、一線を踏み外す前にリアルの世界に戻ってこられたのでよかったですが…。

    ネトゲ中毒は、自分が自覚しないとどうやっても直りません。
    他の趣味にも没頭するよー…なんて、開き直っているようではまず改善することはないでしょう。

    痛い目みないと、わからないんです。
    痛い目みても、わからないヒトもたくさんいます。
    実際に、国内ユーザ数が最大と言われる某ゲームでは、学校辞めた、留年した。会社遅刻した、早退した、辞めた、クビになった。そんな人種がごろごろしています。
    彼らは何も恥じていませんし、むしろ「ゲームやる時間増えてラッキー♪」くらいなカンジです。

    ネトゲを止めるサイト、これは「今貴方の家族はこういう状態になっているんだ」ということを自覚させるのに非常に有用だと思いますので、もし共感できるものがありましたら、「私は今、家族がこういう状態になっていると感じている」という風に旦那さんに見せてみては如何でしょうか。

    ユーザーID:

  • またまたありがとうございます。

    皆様の親身なレス、とても感謝致します。

    私ももっと真剣に考えて行動に移してみたいと思います。ゲームに対して批判的にただ責めるのでは逆効果だと思うので、「ほんっとに心から体のことを心配している」と涙ながらに訴えてもダメなんですよね・・・。

    もう、どうしようもないのかな。ウチのヤツは。

    ちなみに、皆様が教えてくださったサイトについては、だいぶ前から私も読んでいまして、そこを読んで真剣に悩むようになったんです。

    ネットで検索して出てくるサイトはほぼ読んでいると思います。先日夫にも見せましたが、嫌悪感を抱いていただけでかえって逆効果でした。

    もう少し、頑張ります。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 大人だから厳しいことぶっちゃけるとね…

    最初に親族が精神科などに連絡したり診療を受けるのは、本人を診療室に連れてくる方策や、治療に当たっての家族の心構えなどを教えてもらうため。すぐに専門家に連絡をとってみてください。

    心の病は、真正面からぶつかるのは良策でない、と思う方がいいです。
    うつ病患者は見た目怠け者だけれど、説得や干渉は症状改善に有益でないと知られてきたのと同じ。お怒りはごもっともですが、斜めからクールに見るぐらいで、家族からの専門家との関わりを考えてみてください。

    それと、生化学反応を含みませんから、麻薬や煙草、アルコールより、ネトゲは中毒性が低いと思います。パチンコやギャンブルと同程度でしょうか。
    ネトゲを思うがままやると朝起きられないから、時間を決めてやる。
    酒を毎日飲むとアルコール中毒や肝機能障害を起こすかもしれないから、肝休日を作る。
    この2つを比べたら、酒をセーブする方が想像力(知性)と意志の強さが必要なのでは?

    同じ条件でできるひと・できないひとがいるなら、できない本人の内に理由がある。厳しい現実だけど、本人の嗜好傾向と既にある心理的問題や精神的未熟さが、娯楽への依存理由の大きい部分を占めると思うのです。

    ユーザーID:

  • 前テレビでみた!

    本当にこんな人いるんだな〜。仕事中ヒマだから、そんなおもしろいHPあるなら教えてほしいわっ。
    な〜んてテレビをみながら冗談で家族と言ってましたが(笑)

    とりあえず、テレビ情報によると、前頭葉が働いてないらしいですよ。
    前頭葉とは、『感情・注意・思考などの精神作用や随意運動を支配し、また他の領域と密接に連絡する。』だそうで。だいぶよろしくないようですよ!
    危ないからやめましょうとテレビでは言ってました。

    家にいることが好きで、社交性が低い人とか、他に忘れましたが、そういった方が依存症になるって言ってました。

    ユーザーID:

  • 参考にさせていただきます・・・

    たぶん彼からPCを取り上げるのは不可能です。
    甘いとお思いでしょうが、実際問題簡単に出来るものではありません。それをしたらおそらく夫の方から離婚を切り出されるでしょう。

    旅行、というご意見も、長期の休みどころか2連休も無理なので(たまに休むのでなおさら休みは取れません)、どこかに出かけるのは無理です。
    そのまえに先立つものがありません。近場で日帰りで遊ぶ程度です。それはたまにしています。
    休みは家にこもらないように外に連れ出すようにしています。

    紹介していただいたサイトもずっと前から読んでいるので、私はほぼ全部読んだと思いますし、更新されるたび読んでいます。
    夫にも先日見せましたが、嫌悪感を抱いただけで効果ナシです。末期ですよね。

    ユーザーID:

  • 依存してたかも 1

    私が過去に付き合った人にも依存になっている人がいました。
    彼は、PCを使えなくしてもネットカフェでしていましたよ。
    依存している人は方法を探してでも続けるものです。

    別れたあと、ネトゲで壊れた彼が理解できず、私もネトゲを理解してみようと始めました。
    現実と同じように社会があり、結婚があり、抗争、商売、友人関係がありました。
    しかし、幸い私は「現実>ネトゲ」でしたが、2年ほどはまってしまいました。
    その後ネット社会に嫌気がさしたのもあり、さらに現実に引き戻され、今はネットゲームはしていません。

    その頃ゲーム内で知り合った人がいました。
    彼は高レベルでお金持ちで優しくて、強くて有名人。
    しかし彼の本当を知る機会がありました。

    彼は仕事も家庭も子育てもほったらかしのネトゲ依存者だったのです。
    結局離婚に至りましたが、その妻(同じゲームしていた人です)が言うには、離婚調停でもゲーム内の話をしていたそうです。弁護士や裁判官も驚いていたと。

    彼は離婚後もゲームを続けています。
    職場も自分の親の会社に替え、仕事はあまりせず朝から晩までやっているそうです。

    続きます

    ユーザーID:

  • 依存してたかも 2

    そのことも私がネトゲを抜け出すキッカケの一つだったとも思います。

    本人が自ら抜け出そうとしなければ、周りに何が起きようと動きはないのかもしれません。

    一気に引き剥がすのではなく、少しずつ現実に目を向けられるようにすれば少しは良いかもしれません。
    時間を決めて出かけたりなにか一緒に始めるとか。
    一緒にゲームをしてゲーム内にも現実を取り入れるのも一つの手かも。
    鏡を見せればちょっとは気づくかなぁ。
    でもネットゲームははまらないようにね・・・。

    ユーザーID:

  • 華子さん>

    説得力のあるレスをありがとうございます。
    いろいろな方の体験談を以前より読んでおり、一時ゲームにはまり、その後解約した方のお話には、華子さんがおっしゃることと同じことが書いてありました。

    >ただ、ある日気づいたんです。これだけ、ゲームの世界で生活しても、得るものってほとんどないんですよね。そして、現在は解約しております。

    『ある日気づいた』ってことがとても大事だと思います。うちの夫の「ある日」はいつ来るのか・・・そして、ゲームをしている日数が長いだけに、ゲームをやめたあとの彼が抜け殻のようになってしまうのではないか、という不安があります。

    抜け殻状態になった夫をうまく支えていけるのか、私に出来るのか、考えるときりがないです。

    今は、夫が帰宅するとロクに会話もしないままPCの電源を入れ、没頭する姿をみてただ溜め息をつく毎日です。無意識に「ハァ〜・・・」って出ちゃうんですよね。暢気な夫は『どうした?溜め息ついて』。
    アンタが原因だよ!と怒鳴ってやりたい気持ちをぐっと抑えて部屋を出ます(寝室で本を読んだりして気持ちを落ち着けています)。

    ユーザーID:

  • 治すのに・・・

    依存症は、自身で認める人とそうでない人と
    居ますよね。旦那様ちょっと危ないかも??

    仕事中にトリップとかして、業務に差し支える事が
    多くなるそうですよ。寝不足だから集中力も当然
    低下しているでしょうし・・・

    カウンセリングは本人で無いとダメでしょうね。
    相談という事で聞く事は可能かもしれませんが。

    依存症は強制的に治すのは、本人が止めようと
    言い出してもまだまだ延々続けさせるのだそうです。

    「もういいよ」と言ってもまだまだ!!と本当に
    見るのもイヤになるくらい続けさせるんです。

    休みの日にずっとしているなら、1週間連続でも・・
     だけど、この方法は社会人には向いていないですね
    そうすると、嫌気がさして自分から脱依存するそうです。

    因みに、私の友人は(同い年30前半)
    ネットゲームにハマリ込み、会社を辞め音信不通です

    ユーザーID:

  • 強く言ってもダメだと思うのですが

    >>トピ主さんが言うべきなのはその続きです。「なのにどうしてそんなに長時間ゲームしてるの?体調を崩して仕事を首になるほどゲームしないで頂戴。生活を犠牲にしてもネットゲームを続けるなんて依存症よ。」

    言ってますよ。「依存症」という言葉も出してありのまま話し合いました。ただし、そのような責め口調ではありません。やんわりと、です。やんわり言うことが「腫れ物に触る」とおっしゃるのかもしれませんが、こういう人種って責めるように言っても逆効果だと思うんです。怖いからおそるおそる言ってるわけではなく、責めれば責めるほど反発してくるので喧嘩になって終わってしまいますから、それを避けるために、真剣に静かな口調で「ネトゲ依存」がいかに怖いものなのか話したつもりです。

    ですが、本人は体調を崩している原因がゲームだと思っていないので余計慎重にならなければなりません。

    強く言ってコトが収まるなら悩みもしないのですけれどね。子供なら「いいかげんに早く寝なさい!」で言うことを聞いても、大人では(しかも自分の方が格上だと思ってますから余計)そうはいかないのがやっかいなんです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧