妊婦におすすめの本

レス17
(トピ主0
お気に入り1

妊娠・出産・育児

たまご

現在18週にはいる妊婦です。
妊娠中にこの本を読んで良かった‥というものがあったら教えてください。妊娠とか出産に関わる本で何か読みたいなと思っています。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • これしかないでしょう

    多分、大勢の方が挙げると思いますが。

    鮫島浩二「わたしがあなたを選びました」

    は読んでおいて損はないです!
    立ち読みでも、いいですよ
    妊婦って、感情的になってますからね。
    思いっきり泣いてしまいました。
    旦那にも、母にも読ませました。
    みんな、恥ずかしながら、感動してました。

    あと、個人的には、
    松尾由美「バルーン・タウン」シリーズ。
    妊婦探偵が、妊婦だけが集まるバルーン・タウンで
    難事件(でも残酷じゃない)を解決します。
    会陰切開などの「妊婦じゃなきゃわからない」用語も
    沢山出てきます。
    推理小説がお好きなら絶対おすすめ!です。

    ユーザーID:

  • 「赤ちゃんがきた」

    石坂啓さんの本です。
    切迫早産で身動きがとれなかった私に友達が何冊か本を持ってきてくれたのですが、
    その中の1冊がこれでした。
    石坂さんの妊娠〜出産〜育児体験が綴られているのですが、
    気取らず、媚びない言葉がたくさんつまってます。
    とっても面白かったですし、赤ちゃんが生まれてからの生活の様子が書いてあるので覚悟ができました。
    絶対おススメしたい。

    ユーザーID:

  • 「トツキトウカ」

    他のトピでも挙げたことありますが、
    エイベックスから出てる「トツキトウカ」です!

    妊娠中や産後の気持ちをいろんな方が投稿されたもので
    産後、出産祝いにいただきましたが
    読みながら共感できる文章がたくさんあって
    号泣しちゃいました。

    ユーザーID:

  • シアーズ博士の「マタニティブック」

    シアーズ博士の「マタニティブック」です。

    分厚いし、字も細かいのですが、本当参考になりました。
    月ごとの身体や心の変化が載っていて、それに伴う対処法や考え方が書かれてます。
    シアーズ博士の文章が暖かく、育児や出産が怖かったのですが、励まされました。

    そして、出産前に「ベビーブック」を読まれるといいと思います。
    回し者じゃないですよ 汗

    元気な赤ちゃん産んでくださいね!!

    ユーザーID:

  • お薦め

    以前も同じようなトピがあり、そこでも投稿しましたが「私があなたを選びました」という本はいかがでしょうか?
    きっと、他にも同じレスがつくと思いますが。
    ちなみに、この本は検索すると読む事ができます。
    妊婦の時期だけでなく、育児をしている時にこそ読むと、心が穏やかになれる1冊ではないかと思います。
    あと「桶谷式 母乳育児の本」というのも、とても役に立ちました。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • おめでとうございます

    小児科医・毛利子来(もうりたねき)先生の「ひとりひとりのお産と育児の本」「赤ちゃんのいる暮らし」がオススメです。
    妊娠、出産関係の本を読んでいると「こんな症状は○○かも・・・」とかえって心配になることがよくあったのですが、この本は「〜でも大丈夫」と安心させてくれることが多かったです。
    これから寒い季節になりますので、お身体を冷やさぬよう大切にしてくださいね。安産をお祈りしています。

    ユーザーID:

  • 横森式おしゃれマタニティ

    著者は横森理香さん
    文春文庫から出ています

    私は続編の「産後編」と「育児編」を読みました

    感激物ではないのですが
    産後のどたばたぶりや事件が詳細に書かれていて
    産後編は特に役に立ちました

    著者が自然食を基本に生活している人だけあって
    赤ちゃんに対してもやさしい生活を送るための情報満載です
    産後に何が必要か、その商品の使い勝手はどうかなどと悩んでいたので
    とても参考になりました
    特に乳腺炎になったときには、
    掲載されていたハーブティを飲んで見事改善しました
    (現在も愛飲中)

    軽く読めますので、よかったら見てみてください

    ユーザーID:

  • 漫画本では駄目でしょうか?

    私は、妊娠中に「ごとう和・・・エンジェル日誌」を読みました。35巻位まで発売されていました。今、手元に無いので正確には書けなくてごめんなさい。
    皆さんの、妊娠、出産、子育て体験が漫画本になったものです。私は、色々と考えたり、泣けたり感動する漫画でもありました。
    35巻位まで発売されていますが号数関係なく楽しめます。1冊に4、5話の体験談が描かれています。

    ユーザーID:

  • 私も妊婦ですが。。

    今31wの妊婦です。私が読んで感動しお勧めしたいのは
    “おなかの中から始める子育て―胎内記憶からわかるこれだけのこと”です。池川明先生という、胎内記憶の研究をされている産婦人科医のだされている本です。
    この本を読んで、おなかの赤ちゃんとたくさん会話したい、愛情を持って接したいとすごくすごく思いました。おすすめです。

    ユーザーID:

  • 漫画エッセイですが

    高野優さんの『ニンプの玉手箱』と言う作者の体験談の本。現在3人の女の子のママさんで、この他のも色々と、育児体験の本を書かれていますが、とにかく、笑えます!!大爆笑よし!笑いすぎて破水しないでね(笑)私は出産後に出会ったんですが、後で読めば、『あ〜、そうそう、私も!』って共感できることが多かったですよ。お腹の赤ちゃんとの貴重な時間
    、大切にすごしてくださいね☆

    ユーザーID:

  • 新・赤ちゃん学を知っていますか

    という本です。(新潮社から)
    産経新聞に連載されていて、すごく面白かったので、本になってから買ってもう一度読みました。

    ちょっと学術よりの内容で、子育て一辺倒ではないですが、赤ちゃんの神秘を感じさせてくれる、子育てがすごく楽しくなりそうな内容です。
    パパも読んでくれると思いますよ。

    私はこの本を読んで、子供が欲しくてたまらなくなりました。

    ユーザーID:

  • 吉村医院

    「お産!このいのちの神秘」(吉村正・薯)をおすすめします。吉村先生は本当にすばらしい産科医です。その先生の人生観やお産に対する思いなど、この本にはぎゅっと詰まっています。産むのが楽しみになりますよ。

    ユーザーID:

  • 松田道雄先生の本

    こんにちは。1歳3ヶ月のオトコノコの母です。

    松田道雄先生のシリーズをお勧めします。
    書かれた時代は昔になりますが、いつの時代でも子育てに不安を感じる母親の心はいっしょです。そんな不安に対してやさしく「だいじょうぶだよ」と言ってくれるような本ばかりです。

    岩波新書の「私は赤ちゃん」「私は二歳」。赤ちゃんだって個性のある一人の人間なんだってことを実感させてくれます。
    「定本育児の百科」。分厚いですが、何か一つ育児書をと言われたら迷わずこれをおすすめします。私ももっと早く読んでおけばよかったと後悔した1冊です。読み物としてもとても面白いです。

    ユーザーID:

  • 内田春菊さんの

    「私たちは繁殖している」のシリーズ。(漫画ですが)

    私は妊娠する前から読んでいたのですが、妊娠〜出産〜育児の実体験がよく分かるので面白いです。出産した友達に貸したらすごくウケてました。「面白い!」って。

    今私も妊娠中ですが、妊婦雑誌よりこっちの方をよく読んでます・・・

    ユーザーID:

  • 私も毛利子来に一票!

    私は 産後ピリピリしているときに この本に出会って もう少し肩の力を抜いていいんだと気付きました。

    それまでは 寝ている赤ちゃんの横で 起きないよう、死なないように見張っているような(横で寝ればいいものを・・・)神経質な母でしたが 少し楽になれました。

    ユーザーID:

  • 絵本ではないんですが・・・

    「日記」。
    何でつけなかったんだろう〜〜〜と今でも思ってます。
    何人子供を産もうが、それぞれ全然違うと思います。その子のためにも、「生きている記録」を付けることを是非是非お勧めします。

    ユーザーID:

  • 出産に自信がつきました。

    こんにちは。
    2ヶ月前に無事に出産を終えた者です。
    私が妊娠中に読んで出産に自信がついた本をおすすめしますね。
    一つは三砂 ちづる 著「オニババ化する女たち」
    一見妊娠とは関係ないようにみえますが、本来女性がもっている力を再認識させられて、出産への自信、自分の体に対する信頼をとても強く感じる本でした。
    もう一冊は、高島系子さんの「妊婦は太っちゃいけないの?」です。妊娠・出産期を漢方や食事に気をつけて上手に乗り切る方法などとても役に立ちました。

    最近は、助産師さんによる自然分娩・アクティブバースの機運が高まってきていて、その参考になる2冊だと思います。
    私自身、病院でしたが、助産師さんのみが立ち会う医療介入のないお産を経験してますます内容が理解できたなーと思います。

    よいお産をされて、その後の育児もスムーズにいかれることを願っております。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧