ドラマ『熟年離婚』を見て。

レス105
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

マリッジ

昨夜スタートの『熟年離婚』をみていて、そうだそうだといくつも頷いてしまった。きっとそう思いながらご覧になっていた妻たちは多いだろうと思いました。
特に、夫役の渡哲矢に対して妻役の松坂慶子が、「あなたはいつも自分で家を買うときもご自分で決めてしまったじゃないですか」とか、「これからは妻を引退して自由に生きたい」等など、全く同じだと思ってしまいました。家はどちらかというと主人が10歳ちかく年が上で亭主関白なので重なる点が多いのだと思いました。奥さんの方がどちらかと言えば強い夫婦なら、妻のストレスも少なく、熟年離婚したい気持ちは少ないのではないかなと思ったりもします。できれば、別れずに老後が平和に暮らせるのかと最近考えてしまいます、子供がいなければ別れやすいのになとも思います。ご主人の引退後の暮らし方たくさんの方からの意見をお待ちしております。47歳、2児の母

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数105

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 分からない

    30代前半の主婦です。
    若輩者ですが失礼します。

    このドラマの感想としては・・・
    夫役の渡さんがかわいそうで見てられませんでした。
    全て良かれと思って、家族のため、自分のために頑張ってきたのにいきなり「離婚してください」って・・。

    妻は、どうしてあんなになるまで言いたいことを言わずに我慢するのですか?
    子供のため?

    思ってるだけじゃ伝わらないです。
    言葉にしなければ分からないことって多いと思います。
    何も言わなければ、夫は不満があるなんて思わないんじゃないかしら。

    定年退職のあの日に、あんな状況で「離婚」と口にできるぐらいなら、もっと早く解決できる方法があったように思えてなりません。
    切ないです。

    ユーザーID:

  • プチシルバーおひとりさま

    離婚はできればしない方がいいと思います。
    年金にしろ物価にしろ不透明な部分が多すぎます。
    と言ってしまうのは楽観的すぎ、悪くなりますね。
    この年になって国の借金に憂うとは・・・。
    国際分散投資もしていますが、所詮庶民レベル。

    借金で豊かな生活?を享受したら、老後はそのつけが
    回ってくると考えた方がいいと思います。ニートもひきこもりも、親の世代が貧しくなることで自然解決するでしょう。出稼ぎに行くのは80歳90歳の老人には無理ですし。こどもの価値が上がり出生率は上昇するかもしれません。

    ひとり口は食えないが、ふたり口は食える。by姑
    イヤなこと言うばあさんだと思いましたがその通り。
    暴力暴言極端浪費夫以外は寄り添うのが正解。
    古女房の価値も老年からが真骨頂。
    今まで続いたことが相性の悪くない証拠ですね!

    ドラマ熟年離婚は見たかったのですが、夫も子供もそばにいたので遠慮してしまいました。ひとりになりたい時はあります。そんな時は無理せず、一週間ぐらいリゾートホテルに滞在するとか。プチひとり市場の充実に期待。小金はあるのよね。(笑)

    ユーザーID:

  • 子供の存在がかなり大きいかと

    身近に熟年離婚した方がいます。何人か。
    やはりお子さんが成人したり、自立したのを期に離婚するケースが多いようです。
    夫婦だけで過ごす時間が増え、改めて夫婦として向かい合った時に「こんなはずじゃなかった」と思うらしいですよ。
    離婚した方がこんなことをおっしゃってました。
    「夫に不満があっても子供に目を向けていれば我慢できた。結局、自分から夫婦で向かい合うことを避けていたのかもかもしれない。」

    なるほどなーと思いましたね。
    子供がいない生活。夫とふたりっきりの生活。うーん、面倒くさそう!って私も危ないかも。

    ユーザーID:

  • ひどすぎる

    旦那様がかわいそうで見ていられませんでした。

    だって、今まで何不自由なく食べさせてもらってどうして定年退職の日に離婚を切り出すのでしょう。

    「家を決める時に勝手に決めてしまって、、、」って嫌ならその場で言えばいいだけの話ではないでしょうか?そして自分の力で働いて子供も養えるくらい稼いだらいいだけじゃないですか?

    離婚は悪いことだと思いません。でもどういう神経であんなことができるのか理解できませんでした。

    ユーザーID:

  • 年金の分割

    2007年(団塊世代の定年開始)に離婚時の年金分割が可能になるらしいです。
    で、2005年から2006年にかけて本ドラマ開始。
    なんか離婚を推奨しているようですね。
    (試算では分割すると夫婦での総額は減るようです)

    ブーム化する宣伝もしたし法制度も準備済みです。
    一時的ブームになるでしょう。
    が、年金だけで生活が廻らなくなる日は近いですし、
    ブームに乗った人は10年位で後悔するんじゃないかな?

    sonaさん
    私も30代ですが、私達の世代は年金だけで暮らす事は無理なので全く関係の無い話しです。
    もし親が血迷ったら止めてあげれば良いと思います。
    そうで無ければ愚行の報い(年金だけでは生活出来なくなる)がありますので見守ってあげましょう。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • sonaさん・・・

    「言葉で言ってもわからない」人っているんですよー。

    あのドラマは渡 哲也がやってるのでカッコイイということもあり「渡さんかわいそう」というご意見があるのは当然かともおもいますが、例えば・・・大地康雄とか(笑)がやるとどうなのかしら・・・なんて。

    ウチの父が全くあのままのひとです。
    びっくりするくらい。「オレが正義」と思ってるのです。
    ちょっと意見でもしようもんなら「お前は黙ってろ!」ってね。
    ウチは、例えば母が国内をじっくり旅行したいと思ってても、行きたくもない海外に無理やり連れて行かれたり(行かないと不機嫌になる)・・・
     父はそのほうが高価(あるいは高級)なんだからいいだろう!と決め付けますが、そういうことじゃないじゃないですか。ほんとあのまま、勝手に決めてしまうんです。

    私は、そういうのを普通に見ていただけに、理解できないひとがいるんだ、ということのほうがフシギでした。
    (sonaさん、気を悪くしたらごめんなさいね。)

    ユーザーID:

  • ドラマは見ていますが・・

    ちょっと極端すぎるかな?というのが私の感想です。

    確かに妻の話を聞かない、一方的になんでも決める、家事への理解が足りない、など夫側にも問題はあると思います。

    でも、妻側のやりかたはあまりにも身勝手では?と昨夜の放送を見て思いました。

    「これからは全部自分でどうぞ」って、食事も自分のものだけ、家事は一切放棄。
    それまでは家事をしてきたのだから、と夫の稼いだお金を使う権利があったと思います。でも、離婚が成立する前から家事を一切せず自分のことだけ。それでも夫が働いて得たお金で食べてる・・・せめて離婚成立するまでは家事は分担してでもすべきじゃないの?と夫が可哀相に思えました。

    なんだか、どちらも極端な表現だなあ〜と。

    まだ私自身は若いので、定年退職した後の夫との関係がどうなるかはわかりませんが、夫と趣味を見つけたりして、穏やかな老後を過ごせるように、若いうちから努力したいと思います。
    熟年離婚は、やはり大変だと思いますよ。できればしないほうがいいと思います。

    ユーザーID:

  • 別れませんが。

    憧れてはおります。
    あと1年後に待ってる定年生活。
    嫌いというほどじゃないんですけどね。
    でも、朝昼晩食べるんですよ。

    会社に行ってたら、朝送り出して日中は自分の時間で、そして生活費を稼いでくれてるんだから、こっちは家事をして当たり前とも思ってますし。
    ところが、辞めたらどうでしょう。
    妻は生涯、定年無しですか。

    私はそう真面目に家事に専念する妻でもないですけど、それでも休日など炊事を休んだら、なんだかサボってる悪いことをしてる、そんな気持ちに自分が責めるのです。
    どこかへ出かけても、待ってる人が気になるし、いっそ別れたら伸び伸びするだろうなと憧れます。

    妻も定年があれば、別れたりしないんでしょうけど。
    残り短くなった、元気で動ける人生を思うと解放されたいと思うのは当然じゃないかと思います。
    夫しだいですね。

    ユーザーID:

  • 要は金づるとして用なしになったから

    離婚の理由なんていくらでも言い立てる事ができるでしょうが、要は「金づるが役に立たなくなったら捨てるまで」ってこと。あとは国家が年金くれますからね。
    女性としては賢い生き方です。

    会社や役所勤めの男は、現役時代どんなに家族に尽くしても退職したら熟年離婚を言い渡される人が続出でしょう。

    そんなこんなで男の未婚率は空前の様相です。

    ユーザーID:

  • 団塊世代の退職後

    あのドラマは今の団塊世代層の退職後に言える話かな〜と思います。
    私の父親も団塊の世代でもうすぐ定年になります。
    だからすごく分かるんです。

    あのドラマでも夫は仕事仕事、子供の事は妻にまかせっきり。子供のことで何かあれば妻の責任。
    これって、今の私たち若い世代では考えれないこと。
    育児は父親も参加といわれてるのに・・・

    でも、私の父親世代はマイホームを買えば男は世間では立派な父親であり夫とみなされる。そういう世間体、外見ばかりを優先する。
    仕事が出来るのも奥さんのおかげ。家庭を守ってるのは妻なのに、そのありがたさも分からず、妻が飯食えるのも自分のおかげとでも思ってたんだと
    思います。

    家族の為に尽くしたことが、夫からは「おまえもお疲れ様、ありがとうな」そういう言葉もない。自分ばかり「わしは家族の為に仕事をしてやったんだ」
    ってね。

    「はぁ?」ですよ。仕事をしていれば、家族のことなんかどうでもいいのか?って。
    大事なときに、仕事の理由をつけては断ったり、運動会にも居なかったり。
    そりゃ辛かったと思いますよ、奥さんは。

    ユーザーID:

  • 主人の引退後の暮らし方についてだけのトピですか?

    自由でもよければ喋らせてくださいな。
    私も気になって観ることがあります。(清盛と時子、民放で再結成?!なんて、おっと脱線ですね)
    私も最初のsonaさんのように、脚本に違和感を持つことがあります。出だしに、有り得なくてもインパクト持たせる為だったんでしょうけど、なんとも陰湿な仕打ちみたいに映ります。指輪を買うほどの愛情の一部も読み取れなかったはずもないと思うし。
    みっちり働き通して裕福に暮らさせてくれた夫に対して「あなたは家族のために何かしてくれたことが1つでもあるんですか」とか、年頃の子供達の行動を見て、「おまえがしっかり育てないからだ」とか・・・ぎょっとしました。自分も教育者なのに他人事か?と思ったり。単なるゼネレーションギャップで、熟年はこういう感じなのでしょうか。
    何が何でも目に見える形でとにかく家庭や子供を成すこと自体が、人並みの仕事だとされているせいでしょうか。私は、性格が信頼できない相手と結婚なんてしたいと思わないけど、していないってことで、人間的に否定されたり、気持ちの話をしてもせせら笑われたことがありますから。
    きっと最後にお互いの認識を改める話だと思いますけどね。

    ユーザーID:

  • 妻がガマンしすぎた結果かと・・・。

    結婚2年目ですが失礼します。

    ドラマの中で、
    夫「俺はてっきりお前が「お疲れ様」と感謝してくれると思っていた・・・」
    妻「貴方こそ今まで、ありがとうって言葉ひとつ言ってくれたことがなかったじゃありませんか」

    このやりとりがとても切なく感じました。

    新婚当時、食事の時「いただきます」すら言わずにもくもく食べ、終わったら何も言わずに席を立つ夫に我慢しきれず訴えたところ、「だって実家のときはそんな事言わなかったし・・・」という彼に対し「私は母親じゃない。そもそもゴハンの支度ができている事に感謝しろ!」って怒鳴ってしまった事があります。
    あれから1年・・・お茶を入れたりすると「ありがとう」と言ってくれます。すごく嬉しいです。
    この何気ない一言って、すべてをチャラにしてくれると感じます。

    現在定年を迎える世代の方々の時代は、夫に口答えするのは非常識だった??からかもしれませんが、やはり日ごろから我慢せずにお互いよく話し合っていればよかったのではないかと思います。
    ドラマの最終回には、元のサヤに戻ってお互いに労わりながら一緒に生きていく・・・ってな感じになってほしいと願ってます。

    ユーザーID:

  • おそらく

    >妻は、どうしてあんなになるまで言いたいことを言わずに我慢するのですか?

    2回見た限りでは、今まで妻が何か言おうとしても「頭から怒鳴られて終わり」だったのじゃないかな。
    聞く耳持たなかった、と。
    1回目でも、子供の話も妻の話もろくに聞かずに押さえつけてしまってましたよね。

    この番組に関しては「ずっと言いたいことを言わずに定年後にいきなり離婚なんてひどい。」という意見が多いですが、私はその気持ち、よくわかります。

    話を聞いてもらえないという状態が当たり前になると、相手にわかってもらおうとか話し合って理解を深めようとか、もう面倒になるのです。
    あきらめてしまうの。
    それがいいことだとは思わないけど、夫にそうさせるだけのものがあったということでしょう。

    ちなみに、妻の親の葬式に出るか出ないかなんて、どんな事情があろうと答えはひとつでしょう。
    そんなこと、言わなくてもわかってよ。って気持ちが積もり積もっての離婚だと思います。

    言わなきゃこんなこともわからないの?もういいわ、ってことでしょう。
    言葉や行動がなくても通じるなんて幻想です。努力が必要なんです。
    夫婦は他人ですから。

    ユーザーID:

  • それより気になったのは

    渡哲也と松坂慶子、この2人「義経」でも夫婦だったんだけどいいのかな、と心配です。

    ユーザーID:

  • 仕事を何だと思っているの?

    働いたことのない年配女性なら、そうだそうだーと言えるでしょうけど、真面目に働いている私たち夫婦には納得できない内容でした。

    妻の言うこと全て腹立たしかったです。
    あの時こうしてくれなかった!と責め、頑として離婚したいと言うなら、なぜもっと早くに気持ちを伝えなかったのか。

    そんなにイヤなら家出して自活すれば良かったのに、
    そうしなかったのは、自分が貧乏や苦労をしたくなっただけで、結局は夫の給料と退職金を頼っているくせに。

    独身時代、仕事で親友の結婚式に出られなかった苦い経験があります。泣きそうでしたよ。それでも仕事をしなくてはならない状況でした。
    実家住まいの独身平社員でも、そんなことがあるのに、専業主婦と子供を抱えた大黒柱の男性なら、必死で働くしかないでしょう。
    立場とお給料の上昇に伴って責任やツキアイが出てくるのは当たり前だし。

    先日、公務員の友人と、行きたいお稽古が平日のお昼間の月2回しかないという話になった時「月に2回なら有休とって行けるんじゃない?」と言われました。
    結局、民間の勤め人の実態を知らない人にはわからないのですよね。
    このドラマの妻も同じだと思いました。

    ユーザーID:

  • 話し合いを放棄してきた結果

    社会に出て働くって大変。日本は「仕事より家族を取ります」なんて言い切れる社会じゃないことも知ってる。お父さんだって楽しいだけで仕事をしてきたわけじゃない。
    お父さんはそんな中でも家族のためにがんばってきたんじゃないの?妻にはそれがわからないの?
    話し合い不足なんでしょうね。でもそれはお互いに話し合いを放棄してきた結果なんだと思う。

    わたしは40代の主婦ですが,あのドラマを共感してみることはできませんでした。腹が立ってチャンネルを変えました。
    でもこうして感想を書いている。きっといいドラマなんだろうと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 私も若輩者ですが…

    30代の2児の母です。

    私もあのドラマは結構ショックでした。
    家族のために一生懸命働いてきたのに、定年退職の日、これから妻との時間を楽しもうと思っていた矢先に離婚を言い渡されるなんて…
    妻の言い分も何だか分かります(夫や子供は文句は言っても感謝する事はない、という所とか)。
    でも、仕事って大変だし…家事だって勿論大変だけど…朝から晩まで働いて、家族のために大きなお家を買って子供たちをひととおり学校に通わせてって簡単な事じゃない、と思ってしまいました。

    トピ主さんの言うとおり、妻が「肝っ玉かあちゃん」みたいな感じだったらあんな風にはならないのかな。
    松坂さん演じる「従順な妻」っていうのも昔からの美徳なのかもしれないけど、母が強い方が家庭は安泰、なのでしょうかね。ドラマの今後が気になります。

    ユーザーID:

  • 私も見てます

    夫は妻への感謝の気持ちを品物で表そうとしたけど、妻はそんな物ちっとも望んじゃいなかったんでしょうね。男性にありがちな事と思います。感謝の気持ちを物で片づけた方が、相手の喜ぶ気持ちが手っ取り早くダイレクトで解るし楽ちんだし、自分の満足感が得られる。ちょっと家事を手伝うとか、「ありがとう」の一言で済むものを。
    あの奥さん定年退職してから切り出すなんてフェアーじゃないという意見が私の周りでも多いけど、私はちょっと違う意見で、あの旦那さんの「身から出た錆」だと思っています。

    ●子供が自分の思い通りにならなければ妻の責任。
    ●家を建ててあげたんだから満足だろう。
    ●家族のために働いてやっているんだから、食事やお茶ぐらい望んだらすぐに出てきて当たり前。
    ●旅行とか物をあげときゃ、自分が感謝してることは伝わるだろう。

    それじゃ嫌われて当たり前。離婚に至らなかったとしても、家に自分の居場所が無くなって孤立するのがオチです。自覚症状が無かったのは本人の責任。

    ユーザーID:

  • あのドラマは結末が見える!

    妻の見通しが甘い。
    勤め先の同級生が下心があって・とか、ごちゃごちゃするんじゃないですか?

    第一、月10万の家賃出せるだけ、給料が出るの?
    もっと若い時に、夫とぶつからないで良い妻ぶっていて、急に不満を爆発させるなんてタイプの人が、勤め先でストレス溜めずに人間関係うまく行くのかしら?
    パートじゃなくフルタイムで、生活費稼ごうと思ったら、この不景気な時代に柔な気持ちじゃ勤まりませんよ。揉めた末にお互いの苦労がわかって、元の鞘に納まるかな?と思って見てます。

    男性も55歳過ぎると体力的にきつくなって、勤めも辛いんだなと日々夫を見ています。
    やっぱり若い時のようには働けないんですよ。
    ご苦労様だと 私は夫に思います。

    私は子供が中学くらいから、「人生一緒に生きていくのはあなたとよ。」と洗脳し、共通の趣味を見つけて楽しんできました。今じゃ、1番の親友ですよ。

    ユーザーID:

  • 積もり積もって…

    初回を見た時は本当に渡さんが気の毒に思いつつも、息子に対するあの態度を見ただけで「ああ、この人は何十年もこのやり方でやって来たんだなぁ。奥さんはずっとそれを我慢してたんだな」と思いました。

    第二回では小出しに「あの時あんなことがあった」「こんなことをされて悲しかった」というのがどんどん出てきましたよね。そういうことの積み重ねだったのだろうと思えば、奥さんが離婚を言い出すのも理解できます。

    今まで我慢してきたのはすぐに子供もでき、家も買ってしまい、そういう人生のレールからリタイアすることは極めて難しかったのだと思います。
    あの夫婦の世代なら「離婚は悪」「妻は夫に従う」が常識だったでしょうし。

    定年になって旦那さんが勤めに行かなくなって時間の余裕もできたなら、自分の身の回りのことぐらいはできるようになるでしょう。
    それを「主婦を卒業したい」と言い出すきっかけにするのは無理な言い分ではないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 頷けます。でも・・・

    あそこまで妻が変わるのもドラマならではの展開なのかなぁと思ってしまいました。

    今まで言いたいことも言えなかった妻が、いきなりあれだけ夫をないがしろにするようなことを
    言えるものでしょうか?

    あれだけの冷たいことを夫に言えるなら、なぜ今まで自分の思いを伝えなかったのでしょう?
    やっぱり、子供が成長するまでは、波風が立たないようにと我慢したのでしょうね。

    「好きなように暮らしたい!」妻の気持ちもよーーく分かります。
    でも、夫がかわいそうで味方したくなるのは渡哲也さんを好きだからかな(笑)

    ユーザーID:

  • やっぱりドラマだなと思います

    夫、仕事一筋だったというのに家事がだいたいできている。
    妻、30年間主婦をして50代でおしゃれなお店の仕事が見つかる。広いマンションが夫の退職金のごく一部で買える。

    経済的、実務的?に離婚しても全然困らない夫婦なんだな。って思いました。だから心の機微だけを追うドラマができるんだと。実際はもっと切実ですよね。

    でも、一つ本当なら凄いなと思ったのは、子供が母の離婚の意思表明に全員驚き、反対していること。これまで一度もそんなそぶりを見せず、家庭面の不安を子供に与えなかった(しかもそれが嘘っぽくなく、3人ともよく育ったようで)ということですものね。

    ユーザーID:

  • 夫婦の関係

    子供がいてもいなくても、夫婦関係をよいコミュニケーションで作っていった夫婦は離婚しないと思います。

    よく「T夫婦」と「Y夫婦」といわれますが、熟年離婚する夫婦は「Y夫婦」が多いのではないでしょうか。

    つまり子どもでつながっている夫婦は、子どもが独立した場合、つながっている意味がなくなるからです。
    T夫婦は子どもが独立しても、夫婦という関係でつながっていれるのです。

    今からご主人の意識改革をしてかなくては、定年後辛いと思いますよ。

    ユーザーID:

  • あれは切ない・・・

    見てて切なくなります。松坂けいこさんがせいいっぱい「ひどい妻」頑張ってますね。私は自分があまり不満を黙ってるって能力がないんで、逆にあんな奥さん見たら「こんなにいっぱい、それもすんごい不満があってよく長年吐き出さずに我慢出来るもんだなあ」とそれに感動。

    でも実際、「お金」は助けられて来てたわけで、その点ちょっとずるいなあと思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 熟年離婚回避?

     トピ主さんと同じ47歳、2児の母です。

     夫は真面目で家族思いですが、自分の考える家庭像から家族がはみ出すことを大変嫌います。揉め事が嫌いな私は、洋子さんと同じく余り反論もせずに過ごしてきました。
     でも最近、これではいけなかったんだなと痛感しています。

     きっかけの一つは子供達。小さい頃のように親の意向を押し付けるだけでは子供は納得しません。あるルールについて自分の意見も聞いてほしいと恐る恐る父親に気持ちを述べ、話し合い、父子で一応の妥協点に到達しました。

     それを見て、多少衝突しても、意見をぶつけ合いながら相手の考えを知るのは大事なんだという至極当然のことに今更ながら気づきました。 

     そしてもう一つのきっかけが「熟年離婚」です。「この夫は独善的過ぎるけど、妻もその都度自分の不満を伝えておけば良かったのに…。それってうちも同じ?」という感じです。初回は夫も一緒に見て笑っていた(ひとごとと思っている?)ので、「奥さんもずっと黙ってちゃ駄目よね。私もこれからは言わせてもらうわ。」と冗談まじりに宣言しました。風通しの良い家庭を目指して、頑張って言いたいことを言っていきます!

    ユーザーID:

  • 黙認してきた妻も妻だ

    ドラマ見てないので夫婦のこれまでがよく判りませんが、それまでの何十年かを夫の言いなりになって(ならざるを得なかったのかな?)暮らしてきて、いきなりキレる妻も酷いんじゃ?
    イヤな事はイヤだと、ことある毎に話し合いを持てない夫婦でいたのは妻にだって問題はあるのでは?
    黙ってたんなら、それで良いんだと夫は思うでしょ。

    自分はこんなに我慢してるのにと被害者面してる人って、判ってくれないと愚痴るわりには、相手に対しての働きかけやコミュニケーション能力が足りない気がする。

    ユーザーID:

  • 逆な気がします

    >奥さんの方がどちらかと言えば強い夫婦なら、妻のストレスも少なく、熟年離婚したい気持ちは少ないのではないかなと思ったりもします。

    と トピ主さんは仰るけれど 逆だと思います。
    散々働かせて 家も手に入れ それで定年したら「不要な夫」として 色々な不満を後で言い別れたいって言うのは 逆に奥さんが強いのではないでしょうか。

    義両親がトピ主さんが目標?にしてるような生活をしてます。
    別れない事で世間体も保ってて・・・。
    口に出すことは不満だらけ。

    ではどうして別れないのですか?
    楽だから?復讐に似た気持ちですか?
    きっと まだ「楽をしたい自分」が居るのはないでしょうか。

    それって 凄いパワーです。そしてズルイです。
    不満なら今 別れましょう。
    ご主人だって もっと自分を大事にしてくれる奥さんを持てるかも知れないですし。
    お子さんの為に別れないなんて おっしゃるなら、それこそ迷惑です。

    結局 合わない人と暮らしてるんですよ。
    本当に弱い人なら 後出しジャンケンみたいなあんな真似しませんよ。

    ユーザーID:

  • まるで女の我侭ですね

    あのドラマを見ていると、熟年離婚はまるで女の我侭みたいですよね。現実社会で熟年離婚をする女性たちは、もっともっと暴力とかモラハラに耐え、生活費もパートで稼ぎ、我慢に我慢を重ねてようやく離婚を選んだ人達なのに、、、。

    あのドラマの奥さんは、今までたいして努力するでもなく、不満といっても「何でも勝手に決めた」なんて愚痴レベルのこと。だったらその時に反論するとか、大声でわめけばよかったのに。反論したからといって暴力を振るわれる状況でもなかったくせに。今まで黙って夫に従う振りをして揉め事を避け、何も知らない夫を働かせて金銭だけはちゃっかり享受してきたくせに、夫が定年したとたんに「あの時は実は不満だった」なんて後だしジャンケンみたいなことをしたら非難されて当然だと思います。

    うちの舅はモラハラ男なので、優しい姑はずっと苦労してきました。その舅が「熟年離婚」のドラマを観て、「最近の日本の女は昔より教育を受けているが、結果的にはずる賢くなっただけだ!」と怒っていました。現実に、苦労に苦労を重ねて熟年離婚を選んだ女性達が可哀想すぎます。

    ユーザーID:

  • 私の両親みたいでした。

    ドラマを面白く見ている者です。
    正直、私の両親を見ているようです。
    そうそう!と頷けます。

    「ドラマをみて、お父さん反省してる?」と母に聞いたところ、「お父さんから、これを見て反省しろ」と言われたそうです。すっごく笑えました。

    結局、父は渡さんの役側にしか立てないし、母は松坂さんの立場にしか立てません。なので、意見は平行線のまま。私は、子供たちの気持ちがよく分かります。

    特に共感したのが、渡さんが松坂さんに「お前が子育てをちゃんとしてないからだ」というような発言があったところです。うちの父親の台詞と同じでした。

    優しいお父さんがいる方が羨ましいと思ってしまいます。育児に参加されているお父様を尊敬しますし、夫にはそうなってほしいです。

    ユーザーID:

  • う〜ん…

     30代のかたがたがおっしゃっていますが、なぜにあんなに我慢するんでしょうね。いやならいやとそのとき言えばいいのに。年代的な特長なのかな。私は40代前半。

    「いや」「だめ」「こうしたい」など、すべていいますよ。いい夫婦とかそういうのではなくて、夫婦なんだからフェアでしょ?稼ぎがないから遠慮するのかなあ。あんなに溜め込んで離婚を宣言など、理解不能。やりたいことやってきたらいいのに。

     熟年離婚はきれいなことではありません。経済力がない主婦が、年金で暮らそうなど夢のまた夢です。現実を見つめる方が賢いでしょう。

     でも、夜遅く帰宅した妻が、食事もせずに待ってた夫に「そとで済ませましたから」。夫は絶句してたけど、自分はずっとそうだったわけで。あのシーンはちょっとすっきりしました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧