盛岡のお菓子

レス8
(トピ主0
お気に入り0

旅行・国内外の地域情報

りんりん

東北地方のお菓子に詳しい方、教えてください。
ぶじょほうまんじゅう(不調法?饅頭)というものがあると聞いたのですが、どんなお菓子なのですか?黒蜜が入ったゆべしのようなもの?という説明も聞いたのですが、「ゆべし」に蜜を入れるの???
私は石川県在住ですが、輪島に「丸柚餅子(まるゆべし)」というお菓子があります。(柚子の中身をくりぬいて、もち粉や砂糖と柚子の身を混ぜたものを入れて蒸し、その後乾燥させて1個1500円くらいで売っています。)これとは全く別物なのでしょうか?
東北や信州にも「くるみゆべし」というお菓子がありますよね。これも全然ちがいますよね。
同じ「ゆべし」なのに、どうしていろいろな形・味・原料なのか、不思議でしようがありません。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それは、、、。

    お餅の中に黒蜜が入っていて、一口で食べないと中の黒蜜がぶちょっとでてきます。

    ユーザーID:

  • 美味しいですよね〜

    「ぶじょほまんじゅう」は盛岡市八幡町にある「陽月」というお菓子屋さん(御餅屋さんというべきか)で買うことができます。

    一口大の茶色のお餅のなかに黒蜜が入っています。上には確か胡桃が乗っていたような気がします。
    蜜が飛び跳ねないように「不調法」ですが失礼していただきます・・・というようなことが包み紙に書いていたような気がします。(手元になくてすみません)四角い「くるみゆべし」とは違います。

    ぶじょほまんじゅうは盛岡の人でも知らない人が多いですよ。午前中に行かないと売り切れているということもよくあります。
    あと、売っていない季節もあるみたいですよ。

    ユーザーID:

  • 盛岡駄菓子

    盛岡に住んでます。
    はじめ、「きりせんしょ」のことかと思ったのですが、母に「ゆべしの中に黒蜜入ってるのってなんて言うっけ?」と聞いてみたら、ぶじょほうまんじゅうならぬ「ぶじょっこまんじゅう?」という答えが返ってきました。なおかつ「食べたときに口の中でピュっと黒蜜が出てきて人を侮辱するから」というちょっと意味のわからないことも言っていました。
    私は名前を知らずに時々母が買ってくるので食べていましたが、醤油(みたらしではない)だんごの中に黒蜜が入っていてクルミがのっていてウマウマです。一口で食べないと蜜がたれてきて大変なのですが。
    盛岡はわんこそばや南部せんべいも有名ですが盛岡駄菓子も有名です。

    ユーザーID:

  • 盛岡のゆべし

    このことについて詳しいのは
    「盛岡ゆべし学会」というサイトでしょう。

    http://yubeshi.hp.infoseek.co.jp/

    盛岡のゆべしは、柚子を使ったゆべしとも、
    仙台のくるみゆべしとも、全然違うものです。
    素朴な餅菓子といましょうか、お団子系です。
    岩手には「きりせんしょ」という食べ物があるのですが、ぶちょうほまんじゅうも、ゆべしも、その仲間でしょう。

    「ぶちょうほまんじゅう」は、↓このページの

    http://www.ja-iwate.or.jp/syokuji/hanamaki/

    「きょうぎまんじゅう」とほぼ同じものです。
    作り方や材料など乗ってますから、
    なんとなくイメージがつかめるかなと思いますが、
    どうでしょう?

    ユーザーID:

  • 盛岡大好き

    ぶっちょうほうまんじゅう、おいしくて大好きです。
    数年に1回は盛岡に行きますが、売り切れのことがほとんど。
    盛岡のお餅系では、「お茶餅」もすごーくおいしいです。

    その他にもおいしい物がいろいろあるし、街には独特の魅力があるし、盛岡が大好きです。
    早くまた行きたいなあ。いつ行けるかなあ。

    ユーザーID:

  • ゆべしってすごい・・・

    みなさん、ありがとうございます。
    「ゆべし」って、こんなに種類があったのですね。ビックリしました。
    MINMINさん、盛岡出身さん、もりおかっこさん、実際に食べられたのですね。なんだか、みなさんの表現とmaaさんに教えていただいたサイトのおかげで、イメージしっかり湧きました。
    ところで、召し上がったらやっぱり『侮辱的だわ・・・』という気持ちになりました?(うふふ)
    今度青森に行く機会があったら、絶対食べてみます!
    楽しみです、ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • ぶちょうほう、とは。

    りんりんさん、盛岡は、青森県ではなくて
    岩手県の県庁所在地ですので、お間違えなく。

    それでもって、「不調法」というのは、
    お行儀が悪いという意味だと言われています。
    “侮辱的”ということではないはずですが・・。
    (もりおかっこさんのお母さん、ちょっと誤解なさっているのではと思います。)

    中にはいっている黒蜜が液状になっているもので、
    食べるときにお上品に手でちぎったりすると
    蜜が外に飛び出して手や周囲を汚してしまうんです。
    ですから“お行儀が悪い食べ方”ですが、
    ひとくちでパクリ、と食べるわけです。
    それで「ぶちょうほう」というんだと思います。

    花巻で売っている「経木まんじゅう」は、経木(きょうぎ)の上に黒蜜入りのおだんごが3つ並んで(くっついて)売っています。
    それも、経木からはずすと黒蜜が飛び出すので
    経木にくっついたおだんごを、外したりせずに、
    「経木にはりついたままのおだんごを、
     そのままくちに持っていき、経木から直接食べる」
    という行儀悪い食べ方をします。

    ユーザーID:

  • 盛岡は岩手県

     トピ主さん、盛岡は岩手県の県庁所在地です(笑)。盛岡を離れて15年になりますが、なぜか盛岡=青森って言う人多いです、ちょっと悲しいです(笑。

     さて、ぶちょうほうまんじゅ、一口で食べるのでお行儀が悪い=ぶちょうほ おいしいとおもいます。普通のゆべしもおいしいですよ。材木町の山善というところのが好きです。材木町は有名な光源社もあって、歩くだけで楽しい街です。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧