キャリア・職場

28歳。一生続けられる仕事を見つけたい!

レス13
お気に入り1

ちーちゃん

働く

28歳で事務職(総務部で秘書業務担当)のOLです。
この先、まだ結婚の予定はありませんが、結婚したとしてその後パートナーが病気、リストラ等で働けなくなったとき、今のままの自分では代わりに稼ぐ事ができません。私の職場は、育児休暇などとても取れる雰囲気ではなく(もちろん法律上では取れますが、復帰後の仕事はないだろうと思われます)秘書といっても、上司のブレーンとしてではないので、代わりはすぐにでも見つかります。秘書の仕事は好きですが、年齢とともに今の自分の仕事の内容ではそろそろ次の道を考えなければ感じています。
女性が、結婚、出産をしたあとでも将来なんとか生活していけるだけの生活費を稼ぐにはやはり資格を撮っておくのが賢明だと思うのですが、おすすめの資格はどんなものでしょうか。現在持っている資格は、秘書検定1級、中学校教師免許、TOEIC835点、簿記3級ですが、これらの資格を活かせる職業でもかまいませんので、ぜひ教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数13

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 少しは自分で調べようよ

    28歳ということで、少しは社会をご存じですよね?

    今自分が持っている資格を活かせる職場を、他人に訊ねるのですか?
    転職サイトや情報誌を調べて、少しは自分なりの見解を出しましょうよ。

    でないと、アドバイスする方も漠然としすぎて難しいです。

    ユーザーID:

  • どの仕事も、十分ではない。

    少し前の自分を見ているようで、ついつい書かせていただきます。

    「女性が、結婚、出産をしたあとでも将来なんとか生活していけるだけの生活費を稼ぐ」
    今の日本ではこれは多分限られた相当能力のある女性にしか実現できないことだと覚悟してください。
    結婚出産を見越して、「必ず収入が見込める」ことはどんな大企業にいっても、ない、と思ったほうが良いです。

    「結婚したとしてその後パートナーが働けなくなったとき」を仮定して人生設計をしてしまうと、肝心のパートナーを見つける余力がなくなってしまう危険性があります。
    自分の足場を固めるのに一生懸命で、他の人のことなど、見ていられずに私は結局独身です。
    絶対稼げる資格、というのは弁護士や会計士でも、どうかな・・という程度です。
    資格をもっていても、たぶん貴方の目的には何の足しにもなりません。
    独身でバリバリ働く時に評価が上がる位しか利点もありません。

    今出来ることを丁寧に行うことが一番求めていることに近い、かもしれませんよ。

    ユーザーID:

  • 一生ものの資格なら

    やはり、医者、弁護士に代表されるように、医療、法律関係かな。(看護士とか行政書士とかもあり)

    あとは会計士。

    なかなか、一生ものの資格や仕事ってないのですよね。
    一生ものとなるとそれなりに難しくて、やや簡単なものになると制度の変更や、技術の進歩でそれほど貴重なものでなくなることもあるし。

    資格とは違いますが、昔はタイピスト、テレックスオペレーターは一生食べていける、と言われていたそうです。
    今を見るより、先を考えてから資格や仕事を考えた方がいいです。

    ユーザーID:

  • 資格ゲッター?

    はじめまして・・・

    資格って持ってるだけじゃ意味ないのでは
    ないでしょうか?

    お話を伺うと、新たに何かを始めるよりも
    「代わりのいない」秘書になるように努力した
    方がいいのでは?と思いました。

    知り合いで出産後も会社に復帰した秘書の方も
    いますし・・・秘書こそ、長く続けられる
    一生ものの仕事だと思いますけど?求人情報を
    見たら、わかりますよね?

    年齢制限など、キャリアがあれば一般事務より
    かなり緩いですよ。

    それとも、会社勤めではなく家でできる仕事の
    資格という意味だったのでしょうか?

    それにしても、資格があるというだけでは
    難しいのではないでしょうか?

    先の方も書いていらっしゃいましたが、曖昧すぎ
    て返答が難しいです・・・

    ユーザーID:

  • 資格でご飯は食べられません

    こういうトピックを見ると
    必ず思うことがあるのですが
    資格はあくまで資格

    資格=仕事(収入)安定

    では決して無いんですよ

    難関国家資格取得(合格)しても
    研修と勉強に追われ
    尚且つ就職活動だって
    三十路を過ぎれば実務経験の有無を問われますし
    就職先を見つける事だって
    世間であまり知られていないだけで
    本当に大変なんです

    資格取得(合格)後の辛さを乗り切るためには
    その資格を自らなぜ目指したのか
    明確に自分で見極めなければなりません

    ただ「安定した収入が得たい」
    その程度の目的意識では
    あなたの考えるような
    将来性のある資格の勉強を乗り切ることは出来ませんよ

    本当に自分が学びたい・もっと知りたい
    という気持ちにかられない限り
    勉強はなかなか続くものではありません

    ユーザーID:

  • まだまだ厳しいです

    他人に意見を聞いてお願いするのではなくて、自分で探すしかありません。
    世の中はまだまだ厳しいです。

    求人する側は一生続けたい希望があっても、採用側は
    いつあなたをリストラするかわかりません。

    ユーザーID:

  • 目的持ってる?

    教師はダメなの?

    公務員、それも教員って一番男女差なく、産休・育休、
    その後の職場復帰がしやすい職な気がするんですが、免許を持っているなら
    どうして採用試験を受けないのですか?
    この資格を持っているのになぜ聞くの?

    それに一生続けられる仕事につながる資格は何ですかって、よく小町で見かけますが、
    資格だけで保証されてしかも簡単にとれるんだったらみんなそれ取ってますよ。
    それに普通の仕事はどれも年配の方まで働いていらっしゃいますけどねぇ。
    レースクイーンとかじゃない限り…

    トピ主さんのおっしゃる「なんとか生活していけるだけの生活費」って
    どのくらいなんでしょう?

    リストラならパートナーはバイトでも何でも働けるでしょうし、
    将来のパートナーの病気…は、結婚してすぐ病気になるわけじゃないので
    保険なり貯蓄なりするでしょうし…
    (まあすぐならないとは言い切れないですが…、多くの場合は。)

    当面、月20万稼げればカツカツでもなんとかやっていけますよね。
    普通にパート・バイトでも稼げますよ。

    60超えたおばちゃんが清掃バイトを朝早くから掛け持ちして
    がんばってるもの。

    続きます。

    ユーザーID:

  • 目的持ってる? 2

    そうじゃなく、資格があれば高い確率で職が得られる…というなら士業または師業。
    弁護士、弁理士、会計士、税理士、教師、医師、看護師…など。

    ただ、こういうのってモラルや倫理的な点から考えると「食うに困らないから」という理由でなってほしくないです。

    本当にこの手の質問って、もっとなんとか聞き方ないんかな〜と思います。

    結局、上記の士・師業は、その資格がないと仕事ができない場合が多くて、人を相手にする仕事で、その人の生命、生活、人生を左右することが多いわけです。

    だから資格が必要なのです。
    なので簡単に「女でも一生続けられるから」って選ぶもんじゃないと思うの。

    〜〜検定とか、他の〜〜士っていう資格の中でも単にその人のレベル、スキルを証明するだけの資格っていうのは、実務が伴ってこそ役立つもので、資格を持っているだけでは仕事の有無は保証されないから、資格があってもその人次第。
    努力しないと資格は生きないのです。

    だから、生活のためにお勧めの資格、なんて聞き方、失礼だと思いません?

    ユーザーID:

  • 教師になればいいのでは?

    教師になればいいだけでは?一生食べていけますよ。
    団塊の世代の退職で、英数国を中心に採用は大幅増です。

    私だったら転勤がいやなので、小学校で英語教育が始まることを念頭に、
    小学校の免許を取得して、名門私立小学校にでも勤務しますね。

    ユーザーID:

  • 資格よりも本人しだい

    40代半ばのおばさんですが・・・。

    私の周りでもパートや正社員で働いている同年代の女性は多いですが、資格のおかげで食べている人は「看護婦」「教師」「保育士」「言語療法士」「臨床検査技師」「薬剤師」といったところでしょうか。「教師、保育士」は子供を生んでも辞めずにキャリアを続けている人ばかり。
    再就職しやすいのはやはり医療系の資格を持った方々です。

    一方特に資格はないけど仕事を頑張っている人も多いですよ。学校の事務を見つけたり、はじめはパートで
    始めてスーパーや銀行でフルタイムで働きだしたり、主婦になって取る資格は「ホームヘルパー」さんが多いようですが、友人と頑張って事業をはじめちゃった人もいます。塾の講師になった友人もいますし(拘束時間の関係上、子育て卒業してからのひとが多い)子育て支援の会社つくった人もいます。

    要は本人のやる気しだい。資格があれば有利かもというものでもないようです。あっ、でもパソコン得意だと事務のパートは見つけやすいですよ!

    ユーザーID:

  • 忘れてた

    友人の出世頭二人を忘れてました。

    一人は自宅で幼児向きの英語教室をはじめた人。人柄と教えやすさで評判となり、昨年教室用に自宅を改装してました。個人的な英語の家庭教師も頼まれたりしているようです。

    もう一人は保険のおばさんからはじめて今は「ファイナンシャルプランナー」の資格で働いている友人です。でもはじめは保険の仕事はものすごく大変みたいでしたが。彼女は友人には一切保険の勧誘をしませんでした。今は証券取引アドバイザーの資格(?)の勉強もしようとしています。勉強家で人格者です。

    この二人は多分自分で「食べて」いけるくらい稼いでるはずです。

    でもそれは「資格」のせいではなく「本人の努力」のせいです。子供生んでからでも頑張れば食べていけます。凡人の私には無理ですが。

    今から取得できて、持ってさえいれば十分食べられる「資格」の心当たりは残念ですがありません。

    ユーザーID:

  • あなたが道を切り拓く

    資格云々のことではない提案なのですが・・・

    >私の職場は、育児休暇などとても取れる雰囲気ではなく(もちろん法律上では取れますが、復帰後の仕事はないだろうと思われます)

    そこを頑張って復帰する、という選択は、はなから却下ですか?
    復帰後、元の部署に戻れるという保障は確かにないかも知れません。
    育休明けに毎日残業当たり前の部署に異動させられていて、夫婦そろって保育園に迎えに行けず、泣きながら仕事を辞めた友人も知っています。

    ただ、トピ主様は全てが「たぶんこうだろう」というマイナスの予測で話を進めていらっしゃいますよね?

    私の友人のように、どうしても退職に追い込まれる状況をワザと作られる可能性も十分考えられますが、やってもいないのに
    >復帰後の仕事はないだろうと思われます
    「思われます」って・・・
    前例がないのなら、あなたが前例になってもいいのですよ。

    そもそも、結婚後は仕事を続ける気がなく、寿退社→主婦→夫のリストラor病気を機に再就職、というケースを想定してのご質問であれば、全くの的外れな提言です。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさんのおっしゃるとおり、とても曖昧な文章で返事がしづらかったにも関わらずのレスをいただき感謝しています。
    資格を取ったから一生仕事が保証されるなんてことはないですよね。大変浅はかで、反省しています。

    実は、通信で日本語教師の勉強を夏ごろから始めていたのですが、友人の旦那さんが仕事をやめたこと(今は友人が稼ぎ頭)、自分の仕事の行き詰まり、母の病気などが重なり不安になり、自分のやっていることは正しいのだろうかと大変マイナス志向の小心者になっていました。

    まみさんの“今自分が持っている資格を活かせる職場を、他人に訊ねるのですか”本当にお恥ずかしい限りで、あせって小町にすがってしまった自分を情けなく思っています。
    レスを読み再び日本語教師になるための勉強を始めました。

    仕事を通じて覚えた秘書業務、英語力、学生時代の社会科教師の勉強はすべて将来日本語教師になったときに影ながら活きてくるのではと思います。

    ぴきぴきさんの“今出来ることを丁寧に行うことが一番求めていることに近い、かもしれませんよ”は、本当ですね。
    不安ばっかり感じていても何ともなりませんので、自分のことを信じ、勉強を続けます!

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧